2875158 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

再出発日記

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

『京町屋拝見』 New! Mドングリさん

80年前より―その3… New! narcisse7さん

無言の写真館 II New! マックス爺さん

昔語り:ハンドルカ… New! 天地 はるなさん

森友学園の追及の手… New! 伊東 勉さん

カレンダー

「再出発日記」バナー
(abi.abiさんより頂きました)
           ようこそいらっしゃいました
この日記は、書評、映画評、平和論、考古学、旅の記録等何でもありの「ごった煮」日記です。
別にここは議論をするためのプログではありませんが、異論反論は歓迎いたします。
ただ私が「信頼して議論できる相手ではない」と判断した場合にはスルーさせてもらうことがあります。
もちろん、私がコメントしたりTBを送らせて貰った相手は無条件で異論反論に付き合わせてもらいます。(自分の家に招待して相手をしないなんて失礼ですものね)
この方針は私の私生活の時間の確保のためです。
あしからずご了承ください。
なお、誹謗中傷、迷惑のコメント・TBは削除させてもらいます。



九条を守ろう!プロガーズ・リンク


Under the Sunに行こう
2017年02月25日
XML
テーマ:本日の1冊
カテゴリ:水滸伝

「岳飛伝3」北方謙三 集英社文庫

しかし、金国と講和をするなら、梁山泊はどういう国の姿を求めているというのか。物流による支配は、金国も南宋も拒絶する。それでも、染み出す水の流れのように、物流はどこへでも入ってくるのか。
「楊令の理想が、そのまま生きるのか」
「それは、わかりません。自由市場は、闇市ということになるのですから。しかし自由市場は、物流のひとつのかたちに過ぎません。物流はどんなかたちをとることもできるのだ、と私は思います」
「ならば、梁山泊は国を見ていない。人を見ているだけだ。つまり民ではないか。そして民が、揃って豊かになるのか。民のほとんどは、今日のことしか考えていない。結局は、商人が勝手に支配する国ができあがる」
秦檜は、わずかだが酔いを感じた。
「梁山泊と金国との講和、というところまでにしておこうか、許礼。それ以上は、きわめて見えにくい」
「はい、私も見えません」(95p)

当代随一の知識人、秦檜にも見えるはずはなかった。誰も、楊令さえも、見えてはいなかったのだから。しかし流石に秦檜、一瞬とはいえ、現代世界の自由市場の問題点までも見透かしてしまった。ただ、大切なのは「替天行道」に導かれてこの時代にあって「帝を戴」かず「民が揃って豊かになる」道を、梁山泊の人々は夢を見て、未だそこから外れていない。ということだ。空想的社会主義と言えばそれ迄だが、そのためにこの大河物語の中では、何百人という英雄たちが死に、何万人という兵士たちが死んだのである。

黒旗兵の照夜玉は、危惧した通りに胡土児に討ち取られ、大水滸伝一話以来の登場人物九紋竜史進は生を拾う。已に水滸伝以来の英雄たちは11人を数えるばかりであるが、智多星も操刀鬼も退場の日は近い。宣凱、王貴、張朔の成長は著しいが、彼らに何処まで替天行道の志が貫徹するのか、あと14巻を愉しみに辿ってゆきたい。

2017年2月9日読了





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年02月25日 11時39分48秒
コメント(0) | コメントを書く


キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

KUMA0504@ Re[1]:1月に観た映画(02/14) narcisse7さん >サイレンス(沈黙)はテ…
narcisse7@ Re:1月に観た映画(02/14) サイレンス(沈黙)はテレビで紹介(NHK?…
KUMA0504@ Re[7]:国立台湾史前文化博物館 2017台湾旅4-3(01/25) narcisse7さん >>有孔石鏃って、実は初…
KUMA0504@ Re[1]:台北の街めぐり(上) 2017台湾旅6-1(02/03) Mドングリさん >日本式の家屋がこれほど…
Mドングリ@ Re:台北の街めぐり(上) 2017台湾旅6-1(02/03) 日本式の家屋がこれほど残っていること、…
narcisse7@ Re[6]:国立台湾史前文化博物館 2017台湾旅4-3(01/25) >有孔石鏃って、実は初めて見ました。私…
KUMA0504@ Re[5]:国立台湾史前文化博物館 2017台湾旅4-3(01/25) narcisse7さん >こんばんわ。 >地理的に…
narcisse7@ Re:国立台湾史前文化博物館 2017台湾旅4-3(01/25) こんばんわ。 地理的にも当然なのでしょう…
KUMA0504@ Re[1]:熊列車の秘密 2017台湾旅5-3(01/30) 嫌好法師さん >どこかの食堂の卓の上にあ…
嫌好法師@ Re:熊列車の秘密 2017台湾旅5-3(01/30) どこかの食堂の卓の上にあったあの帽子で…

バックナンバー

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.