5428556 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2011.12.25
楽天プロフィール XML
カテゴリ:犬の病気
 人も犬も年をとるといろんな病気になる。生き物の宿命だ。
加齢性の白内障は病気というよりも皮膚のシミや皺と同じで老化現象の一つだ。
目のレンズの役目をしている水晶体が加齢と共に白濁してきて、物がかすんだり、ぼやけて見えるようになる。中年で加齢性白内障になる人もいるし、かなりの高齢者でも進行してない人もいる。生まれ持った遺伝子が関与している。

 加齢性の白内障は徐々に進行するので、高齢者でも本人は日頃はさほど気にしてない。クルマの運転免許証の更新時の視力検査などで始めて気づく人が多い。
 白内障の手術後に視界の鮮明さに驚喜する。見るものすべてが明るく、色鮮やかに見えるからだ。

 老後のことを考えて、人の白内障についても犬の白内障についても、あらかじめ勉強しておくのは良いことだ。愛犬のパロは4歳半なので、まだその時期ではないが、機会があるときに勉強しておこうと思って、人と犬の白内障について調査してまとめた。

 人と犬の白内障の点眼薬は白内障の進行を遅らすと宣伝広告している。
しかし、その効果は無いというのが薬の専門家の見解だ。
その化学成分はピレノキシンという。その薬効には科学的な根拠はないと厚生労働省も公表してある。白内障薬に科学的根拠はない! 厚労省
しかし、人用だけでなく、犬用も、点眼薬として販売され続けている。おかしいではないか。

 当時の厚生省が人の白内障の点眼薬として認可したのは52年も前だ。その化学成分がピレノキシだ。実際に、人や犬に薬効があったと確認したのではなく、モルモットの目の組織切片を使い、試験管の中の実験(in vitro)だけで点眼薬として認可されたとのこと。

 今では、その認可に疑問が投げかけられている。薬効があるということに科学的な根拠が無いと指摘されている。
白内障を治す薬ではなく、その進行を防止するのでもなく、その進行を遅らすだけの薬ということだが、それにさえ疑問があるとのことだ。どれだけ遅らすかについては何の記述も無い。信じるものは救われるのではなく、信じるものは騙される。

 では、その薬は何のために発売されているのか。答えは単純だ。
製薬会社と眼科医が儲け続けるためだ。長年販売し続けてきたから、いまさら、販売をやめろといっても困るというのが既得権益者の見解だ。
 治療薬としては何の薬効も無いタダの水みたいなもが販売され続けている。高価だ。現在の厚生労働省を信用しきっているが国民が被害を受けている。変な世の中だ。

 人用だけでなく、犬用としても、ピレノキシンなどを化学成分とする点眼薬が発売されている。
人に効かない薬は、犬にも効かないのは当たり前だ。だませれないことが肝要だ。
高価な薬を買って、、愛犬に毎日3~4何回点眼しても加齢性白内障の進行を防止できないようでは、カネと時間の無駄だ。徒労に終わる。

 そのカネで美味しく栄養満点の鶏の骨付き肉などを食べさせ、かわいがって遊んでやることのほうが良い。愛犬の白内障は自然の摂理だと深い愛をもって静かに受け入れる心構えが大切だ。

 人の場合、白内障は手術で治る。水晶体を取り除き、人工のレンズと置き換える。コンタクトレンズを眼中にいれるような手術だ。最先端の白内障手術はプレチップ法と言う。目だけの局部麻酔で、片眼の手術時間は3分程度だ。血は出ず、痛くもかゆくも無い。入院の必要もなく、その日に帰宅できる。
費用は保険10%自己負担の場合、両眼で8万円弱だ。

 プレチップ法を行っている全国の主な病院名 手術装置は一台8,000万円とのこと。

 図書 白内障の秘密 赤星隆幸著 ¥1200 朝日出版社
      白内障の手術を受けようかと思っている人にはわかりやい本だ。

 犬の医療技術は人のそれよりも100年遅れている。例えば、人の避妊手術は卵子の通る管を縛るだけだ。それで妊娠はしない。
 ところが、犬の場合、卵巣や子宮を切除する。野蛮な手術だ。犬は卵巣ホルモンが無くなり、モルモン欠落症のいろんな病気になりやすくなる。犬は精神的にも肉体的にも酷い更年期障害症状を一生背負うことになる。

 つまり、犬の白内障の手術も安易に信用しないほうがよい。手術をして喜ぶのは獣医だけだ。飼い主は金だけを騙し取られただけですむが、愛犬は健康被害を受ける。つまり、手術をしなかったほうが愛犬は健康だったということになりかねない。

 その費用は保険がきかないので、数十万万円になるだろう。カネだけの問題ではない。
獣医の手術の技法や装置に疑問点が多い。更に、手術後の愛犬の家庭内での飼い主の処置や点眼がうまくいくかどうかには疑問がある。
 上述のように、人の白内障の手術時間は片眼3分程度で済むが、その後が大変だ。
一週間は目に圧迫を加えないために洗眼禁止と就寝時は専用の保護メガネ着用だ。
細菌剤と炎症防止の2種類の目薬を毎日4回点眼する。最低でも2ヵ月間だ。
目の内部は特殊な構造なので目薬での殺菌がしにくい。細菌が入ると失明する危険が大きいとのこと。

 仮に、愛犬のパロが将来白内障になっても絶対に獣医の白内障の手術は受けない。獣医は倫理的にも技術的にも信頼できないからだ。
獣医は手術に失敗して他人の愛犬をひどい目にあわせたり、麻酔死などで死亡させても手術代は請求する。医療ミスの補償をしない悪質なふざけた獣医が多い。職業上の倫理観が欠如している。獣医は愛犬家を騙して儲けることが日常化している下賎の職業だ。

 白内障の点眼薬に科学的な効果がないと指摘されていながら、その認可販売から半世紀以上経た現在も販売され続けているのは、既得権益団体の力が如何に強いかを示している。賄賂接待付け届けが威力を発揮している。
製薬メーカーや医師会はそれまでの利益を失いたくないし、医薬品として認可した厚生労働省も、役人の天下り先の確保などの甘みを失いたくないので、「効かない薬」と解っていても、その薬の取り消しをしないのだ。被害を受けるのは、「効かない薬」を騙し売りされている国民だ。既得権益団体や天下り役人がほくそ笑んでいる構図だ。

 犬の狂犬病ワクチン注射制度も同じような構図だ。狂犬病が根絶した清浄国である日本の犬には狂犬病ワクチンの予防接種は必要ではないのに、いまだに、法律でその接種を毎年強要している。
世界の狂犬病清浄国で、法律で狂犬病ワクチンを強要している国は日本だけだ。少なくとも、文化先進国で日本のような制度のある国は無い。日本以外には、そのような悪政が永続している国は知らない。

 狂犬病予防法は戦後の混乱期の不衛生時代に蔓延した狂犬病を撲滅するために昭和25年に制定され、すべての犬に狂犬病ワクチンの接種を義務づけた。その狂犬病はその制定の7年後に撲滅した。つまり、狂犬病予防法の目的は完全に達成した。

 なのに、犬の狂犬病注射制度はそのまま残って現在に至っている。
製薬メーカーや獣医師会などの既得権益団体の利益を守るためだ。厚生労働省の役人も、当然のように、既得権益団体の賄賂接待付け届けを内密に歓迎する。将来の天下り先の確保にもつながる。
現行の狂犬病注射制度は一般の国民には害こそあれ益は無い。悪政そのものだ。

 一度食らいついて甘い血をすったダニは獲物から牙を離さない。日本の狂犬病注射制度は獣医界が食らいついた甘い汁だ。つまり、日本の獣医界は日本国のダニだ。国民の愛犬家のカネを吸い取って儲けている。最も被害を受けているのは何の病気も罪も無い愛犬たちだ。
 獣医の狂犬病ワクチンの副作用で愛犬たちが毎年3,000匹殺されている。殺され損だ。獣医は補償をしない。カネの亡者の無法者だ。詳細は狂犬病ワクチン副作用被害:日本は5万匹! 内3,000匹毎年死亡!にある。

 人や犬の白内障の点眼薬も犬の狂犬病注射制度も既得権益団体の利益を守っている悪政だ。
科学的な根拠のない無用な薬やワクチンが国民に騙し売りされている。

厚生労働省の医薬品行政の暗部の一端だ。何も知らない国民が被害を受ける。半世紀も続いている悪政だ。それが日本の政治・行政の実情だ。


関連随想集

 犬の白内障もサプリメントでは治らないぞ! 人の白内障を治す薬さえない!

参考随想集


 ひば油は天然のノミ蚊ダニの忌避駆除剤だ! 芳香無害で人の食品や化粧品の殺菌剤にも!

フィラリア症の予防薬と治療薬の随想集 フィラリア予防薬無用論!

避妊・去勢有害無用論の随想集
 混合ワクチン有害無用論の随想集

   民主党よ!次は犬の狂犬病注射廃止を公約に 一千万人以上の愛犬家が賛同する!

 狂犬病注射有害無用論の随想集


        狂犬病予防注射の問題点については通常のHPにも詳述。

 狂犬病予防ワクチン注射のからくり  狂犬病予防法は御用済みの悪法だ 



              


 ノーリードの愛犬たちと警官の写真50枚! 条例にノーリードの例外規定があるぞ!

  公園犬ノーリード禁止は条例の曲解だね






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2012.04.14 23:32:16
コメント(3) | コメントを書く





■コメント


 気楽に書き込んでください 歓迎です    Paroowner さん
ワンちゃんの好きな方の投稿を歓迎します。

ただし、獣医や業者のブログ荒らしはダメですよ。

- (2011.12.25 11:06:24)

 狂犬病とてんかん   蘭丸ママ さん
はじめてこちらのブログにお邪魔します。
あまりの衝撃についコメントさせていただきました。
うちのフレンチブルドッグ5歳は去年はじめててんかんの発作がおきました。
2日続けておきて、焦って動物病院へ連れて行くと
2回も発作が起きたということは薬を飲んでください・・と言われて、病院へ行く前にインターネットなどでてんかんについて調べてから行ったので、覚悟はしていたのですがもう10ヶ月経ちますが一回も発作は起きていません。
狂犬病の予防接種後1ヶ月くらいで発症したのでまさかと思いましたが、すごい衝撃でした。
何の疑いもなく発作を抑える薬を毎日2回飲ませていますが
それさえも疑わしく思えてきました。
こえからどうしていいのか不安です。 (2012.04.14 22:55:13)

 Re:狂犬病とてんかん(12/25)   Paroowner さん
蘭丸ママさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q

あなたは、ブログ「愛犬問題」の開設者にいったい何を相談したいのですか。何を聞き出したいのですか。はっきりしませんね。

 何が不安ですか。

 一度頭を冷やして冷静になってください。
そして何を教えてもらいたいかをじっくり考えてください。そして、一度、気になることを紙に鉛筆かペンで書き出してください。

 そして、あなたが書き出したことが、あなたが経験した月日通りになっているか確かめてください。
つまり、月日の古いことを先に書き、月日の新しいことが後になるように書き直してください。

 最後に、私に何を聞きたいかを一行くらいの短い文章で書いてください。

 なお、あなたご投稿は狂犬病やてんかんに関係のない白内障の随想のコメント欄に投稿されています。

てんかんについては次の随想集があります。

「犬はワクチンや避妊・去勢でてんかんになる! その随想集」
http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/19016

 その随想集を読んでから、その随想のコメント欄にご投稿ください。

----------

>はじめてこちらのブログにお邪魔します。
>あまりの衝撃についコメントさせていただきました。
>うちのフレンチブルドッグ5歳は去年はじめててんかんの発作がおきました。
>2日続けておきて、焦って動物病院へ連れて行くと
>2回も発作が起きたということは薬を飲んでください・・と言われて、病院へ行く前にインターネットなどでてんかんについて調べてから行ったので、覚悟はしていたのですがもう10ヶ月経ちますが一回も発作は起きていません。
(2012.04.14 23:32:16)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示 


サプリメント 


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


★狂犬病注射有害無用論


混合ワクチン有害無用論


狂犬病ハガキ・戸別訪問


★ノミ蚊ダニ駆除 


ひば油 殺菌殺虫剤


超音波ノミ・ダニ撃退器


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


臆病犬喧嘩犬を直す


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


噛まない幼犬に


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


★楽しく暮らす知恵 


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミング無し


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


ニンニク入浴法


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


不良消臭サプリ


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


ネット上の詐欺広告


ブータンの犬は幸せだ


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


ニキビダニ・アラカス


狼爪


麻酔死


てんかん


皮膚病


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


足の関節を痛めた


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は無用


線維肉腫(癌)


骨肉腫


血管肉腫


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎


真菌性皮膚病


耳が臭い ひば水で!


血尿血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームドコンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ Re[2]:はじめまして(11/18) 室内犬初心者ママさん、こん〇〇は。 Q(^…
 室内犬初心者ママ@ Re[1]:はじめまして(11/18) 病院で去勢しないと病気になりやすいと言…
 Paroowner@ Re[1]:犬の手作り食材鶏の骨手羽先の先が好評!(06/16) tomokoさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q 愛…

Mobile

ケータイ
スマートフォン
m ケータイにこのブログのURLを送信!

Archives

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.