911656 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

フランスのブルゴーニュから

全て | ■フランスの生活 | ◆日本人だから見える | ★食べ物の話題(その他) | ☆その他 | ★フランス人に食べさせる和食&日本の食材 | ■石をつかう文化 | ■フランス人って・・・ | ☆音楽、絵画 | ■フランス国内旅行 | ☆私とパソコン | ●クイズ:これは何でしょう? | ★ワイン&ブドウ畑 | ★チーズ | ■植物・自然・四季 | ■食事会・パーティー | ★ワイン関係イベント | ★キノコ、キノコ狩り | ◆フランスへの土産&持って行くもの | ■イベント&行事(ワイン以外) | ★レストラン | ◆フランスから見た日本 | ブログ管理に関して | 同じテーマの記事 目次 【随時更新】 | 連続記事 目次 【単発テーマ】 | 同じテーマの記事 目次 【新ブログへ】 | ◆時の話題 (フランス)
2007/10/31
楽天プロフィール XML
カテゴリ:☆音楽、絵画

フランスで生活するのは良いな、と思うことの一つに、クラシック音楽のコンサートが楽しいということがあります。

コンサートに恵まれているというのではありません。有名な演奏家のコンサートに行ける機会は、日本の方がはるかに恵まれていますから!!

私を喜ばせるのは、コンサート会場が変化に富んでいるという点です。

普通の現代的なコンサートホールがあり、野外コンサートもあるというのは日本も同じですが、歴史を感じさせる様々な場所がコンサート会場になるのです。

- 19世紀にフランス各地に立てられたオペラ座

- 教会や修道院

- ローマ時代の劇場

- 昔の建物の中にある装飾の美しい部屋

- 昔そのままの雰囲気を残す野外の一角や広場

これらはフランスには限りませんね。ヨーロッパでは当たり前のこと。でも、日本にはない・・・。

音楽を聞くには雰囲気はいらないのかも知れませんが、やはり美しいところで聞く音楽は格別に嬉しくなります。

というわけで、今回のバロック・コンサートも気に入りました♪


◆Chapelle royale

ヴェルサイユ宮殿の中にある、王様のためのミサを行っていたチャペルで行われたのです。

もう外はすっかり暗くなってから、ヴェルサイユ宮殿の中、しかもチャペルにいるなんて、気分が良いです。

聞いたのは、ブルゴーニュ地方出身の(ディジョンで生まれた)ラモーの曲。

演奏も、とても良かったです。

音楽を見ながら、壁や天井の装飾を眺めました。




ここを見学したときには、いつも2階の部分の入り口のところからだけしかチャペルの中を覗き込めんでいませんでした。

今回のコンサートのときは、オーケストラ席を予約したので、初めて足を踏み入れることになりました。

ところで、チャペルの1階部分には、観光客のための説明パネルがありました。私はそこにも入れるチケットの買い方をしていなかったのか?・・・ インターネットで調べたら、少なくとも最近は、観光客が入れることは確かなようです。


◆ヴェルサイユ宮殿のゲーム

ヴェルサイユ宮殿を見学するときは、なんだか面白い気分になります。

もう10年くらい前になるかも知れませんが、CD2枚からなるビデオゲームがあったのです。

一時は、かなり夢中になってやっていました・・・。かなり難しいのです!

3次元のアニメで、昔の状態の宮殿が舞台になっています。誰が犯人かを捜すようなストーリーなのですが、かなり真面目なゲームで、部屋や作品などについての説明も出てきます。

それで、歴史などについても勉強してしまうというゲームです。当時、フランスではかなり話題になったのでした。

あと一歩というところまで行ったのに、私はゲーム完了になることはできませんでした。

でも、何度も試したおかげで、このドアをあけると、どんな部屋に出るか、などを覚えてしまったのでした。

観光客は入ってはいけない場所なのに、その先に何があるか分かっているというのは、なんだか面白い気分になります。

このチャペルも舞台になっていました。

司祭さんが衣装などをしまう部屋があって(どこにドアがあるかを知っているぞ~!)、そこにある家具の引き出しを明けると、解決を導くヒントが出てきたのでした・・・。

■いつか暇になったときの私のためのメモ:

このゲーム(Versailles - Complot à la cour du Roi Soleil)でゲームを完了するためのヒントを出しているサイト:
microjo
Solution Astuce
Soluce de Versailles Complot à la cour du Roi Soleil



◆チャペルの見学

コンサートが終わってから、チャペルの中を見学しました。
さすが王家のためのチャペル。素晴らしいです!

できるだけゆっくり眺めていたのですが、他の人たちも同じ思いだったらしくて、しばらくたっても、まだ人影はたえません。

そうなったら!

細い階段をあがって、2階に出てみました。ここにも席が作られていたのです。

王朝時代は、聖歌隊などは2階席にいたのだそうです。そういうスペースがあったので、イスに座ってみたりしてしまいました。

黄金のパイプオルガンを身近に眺めました。


★ ヴェルサイユ宮殿のオフィシャルサイト: Château de Versailles
すご~い! このサイトの外国語バージョンは、英語版の他は、日本語版だけです!



■管理人のメモ:

GRANDS MOTETS DE RAMEAU
Le Concert Spirituel
Hervé Niquet, direction
Stéphanie Révidat, Hanna Bayodi, dessus
Mathias Vidal, haute-contre
Marc Mauillon, taille
Stephan MacLeod, basse-taille

-- Chapelle royale

* チャペルは450人が座れる広さがある







最終更新日  2007/11/12 08:02:58 PM




Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.