977514 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

ブルーシャ西村 Official Blog

PR

楽天プロフィール

設定されていません

モバイル

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

床ずれの、その後! くま(#´艸`)プププさん

失われた【本質~The… 黒犬べーやんさん
ウォータールーの予… サンドラ1008さん
free-simply 出来事… flowergreen8さん
沖縄でウエディング… 上等沖縄司会屋さん

ブログリンク

コメント新着

flowergreen8@ Re:コメント続き♪(10/23) New! ブログに詳しく書いて下さりありがとうご…
ブルーシャ西村@ Re[1]:読者からのお便り♪ 妖精さん☆(10/17) flowergreen8さん、こんにちは。お久しぶ…
flowergreen8@ Re:読者からのお便り♪ 妖精さん☆(10/17) ブルーシャさんこんにちは 日本は今年も秋…
ブルーシャ西村@ Re[1]:去年のジュエリー作品(超大作)(09/05) ピーコ1962さん、カキコありがとうご…
ピーコ1962@ Re:去年のジュエリー作品(超大作)(09/05) ブルーシャ先生 こんばんは^^ 美しいビ…

フリーページ

ニューストピックス

楽天ダウンロード

ランキング市場

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

おすすめアイテム

楽天カード

最新競馬予想

購入履歴

お買いものレビューがまだ書かれていません。

 

全1812件 (1812件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2014年10月23日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:読者のお便り
さて、最近書き込んでくださいましたコメントに、さらに詳しいお返事いたしますね。

>そして、
>有名人のことをあたかも友人のように言う人は、
>ほんと、信用出来ないです。

↑ これ。この書き込み下さった方はとてもまともな感覚で、当たり前のことですね。社会的マナーとモラルがある方です。
きっと、ご両親がちゃんと育ててくださり、ご両親ご自身もこういう社会的マナーとモラルができているきちんとした方ですね。
子供は親に似るのですよね。
子は親の鏡、なのです。

「有名人のことをあたかも友人のように言う人のことは、信用出来ない」という感覚は、とってもまともなのです。
 これについて、少し詳しく解説しますね☆

 なぜこの方が本能的に、「信用できない」と判断したのか。


「本当に心から信用している仲間や人なら、他人に話さないしブログなどに書かないし、”ウらない”。」からです。

 本当に心から信用している仲間なんだったら、その人のことは大切にするから、周りに吹聴したりブログなどに勝手に書いたり、”ウらない”(売らない)ですよ!

 勝手に”有名人の誰々は私の友人だ”とか言いふらしたり吹聴したりブログに書いたりすることは、情報を”ウってる”(売っている)のですものね。

 ウっても構わない&仲間じゃないという認識の場合しか、勝手に吹聴したり書かないですよね?

 周りの人々に吹聴したり勝手に書いたりすることによって、なんらかの大きなメリットがあるからそういうことをするのですよね。メリットが大きいから、そんな嫌われると分かっているようなことをしてしまうのですよ。
 現金な人なのです。信頼しあっている友人関係よりも、お金の方が大事、という人です。
 費用対効果が大きければ、計算してその人に近付くのですよ。
 宣伝に使うとか、ね。
 例えば、MLM(ネットワークビジネス)をやってるとかで、自分の配下獲得につながるとか、収入に直結するメリットが大きい場合は、不特定多数に対する釣りのネタとして、有名人に近づいて友達になろうとして結局自分のビジネスの宣伝に使うこともけっこうありますよ。そういうビジネスの宣伝に使われちゃった被害を受けた有名人は、けっこう世の中にいらっしゃいますよ。そういう被害を受けた体験は、実際に私も周りでよく耳にしますよ。そういう現場を実際にその場で見た体験もあります。
 有名人の誰々も認めて使っているこの製品は、素晴らしい!とか(笑)。
 有名人の誰々が私の友人なんだから、誰々とご飯を食べに行くような間柄なんだから、とか不特定多数や他人にアピールすることによって、そういう有名人好きで弱い方たちがたくさん寄ってくるのですよ。何か美味しいネタやチャンスがあるのかもしれないとちらつかせて。自分と同じような波動の人を引き寄せていくのですよ。似たもの同士は集まりますから。

暴走族は暴走族と、酒飲みは酒飲みと、集まってくっつきます。
波動が合わない者同士はくっつきようがないのです!

だからその人の周りを見たら、必ず同じような人同士で集まって親しくしているものなので、その周りのことも同一視して間違いないですよ。


>そうゆう事を言う人が、
>私の周りでは最近男性に多いんです~、、
>女性化しているんでしょうか、、

↑・・・もしかして、その男性達は、MLM(ネットワークビジネス)とか、何らかのビジネスに利用しようとしてそういうことを言っていらっしゃいますか?

または、その男性達の親がまともな人々じゃない(ズレている)ということもあるでしょうね。
(もしMLMやってるかどうか、その親がおかしいかどうか分かったら、お返事くださいね。)

>えっ!そんなこと言ったらその人離れていくんちゃう?
>ってことも平気で自慢しています、、

↑この感覚も、とってもまともです! この書き込んでくださった方は、まともな価値観の、マナーが出来ている方ですね~。
当たり前のマナーなのですよね。

 「その人離れていくんちゃう?」という直観、感覚も、とってもまともです。ごもっともですよ。
 その人にとったら、「仲間じゃないと認識されてて何もしゃべれない話せない食事もお茶も一緒には行けなくなってしまった相手」、ということは、ホントに、信用してお付き合いする友人関係ではないですよね。

 話したことや場を共有した行動を片っ端から一部分切り取って、勝手に言いふらしたり書いたりできちゃう感覚なのは、絶対に「仲間」ではないです。

お話できない&ガードして手加減しなければならないのは、友人ではないです。

友人って、お互いにプライバシーを尊重しあえる関係なのです。

 その結果、「その人(有名人)が離れた」ということは、目に見えない世界(霊的世界)ではどういうことが起こっているのか、解説しますね。その人(有名人)を擁護します。
 これは、「送信&受信」の結果が現れているのですよ。
 最初にその人(有名人)を「心から信用していない仲間だと扱って、他人に話したりブログなどに書いてしまい、”ウった”(売った)」という「送信」(意識、行動)を宇宙へと投げかけたのですよね?
 その結果、相手は姿を変えた自分なのだから、自分がやった行動が即、自分へ返るから、「信用されない」という「受信」を受けたのですよ。
 自分が送信したことと同じことを、受信するのですよ。
 この世は、送信&受信の世界なのです。
 「信用を裏切った(売った)」という送信の結果、自分が「信用されなくなった」という受信を受けているだけの現象です。
 ・・・そしてやがて、周りの人々からも信用されなくなっていくのですよ。

・・・この問題も、掘り下げたら、親の代から続く膿、問題がかなり潜んでいますね。根が深すぎる問題ですね。くわばらくわばら。 

そういうわけで、最近書き込みました整体師の先生の話も、有名人たちと長年のお付き合いが今でも続いていて信頼されている先生ということで、上記のマナーとモラルがある素晴らしい先生なのだと良く分かるのです。
そうでないと、有名人と長い付き合いは続かないですよ。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月24日 07時09分10秒
コメント(1) | コメントを書く

2014年10月21日
カテゴリ:ニューヨークにて
秋~春にかけて、毎週日曜日、ニューヨークで静物デッサン教室を開講しています。

昨日も、静物デッサン教室で教えていました☆

生徒さん達の職業は様々です。

りんごなど、静物画のデッサン基礎を教えています。

楽しんで描いていただいています。


昨日は、日本から旅行中の方もご参加くださいました。

いろいろ盛り上がりました。

静物デッサンは、対象を見つめて、黙々と皆さん、描き続けているので、観察して描いているうちに、1時間半以上も経っていました~。2時間近く経っていたかもしれません。

でも、なかなか終わらない&まだ何時間も描きたい感じになっていらっしゃったのですが、今回はここで区切って、また次回に同じ物を見て描いていただくことになりました。

描くのに慣れてきたら、だんだん早く描くようになっていきます。少しずつ、訓練です。

デッサンすることを楽しんでいただけて、嬉しく思います。


充実した日曜日の午後でした☆

私も楽しかったです。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月21日 09時59分35秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年10月17日
カテゴリ:読者のお便り
読者からのお便りの一部分を、紹介します。

この方は、ジュエリーのお客様なのです。

ありがとうございます☆

「最近、部屋にティンカーベルみたいな金の粉が
ふわ〜〜っと舞ってたり

部屋の中や
私の体の近くに、ものすごい綺麗な
20センチから30センチくらいある
大きくて綺麗な青と紫のような光があって

なんだろう?って不思議に思ってて
今日、整体の先生(霊能者)に聞いてみたら

「妖精ですよ!!愛してますって伝えてあげてください」
って言われました。

妖精?!でかいなー!!ってビックリしてたら
ブルーシャさんのブログに
花の意識や妖精の話題が出てたので
面白いな〜と思って読んでました。

楽しい記事でした:)」


(以下、ブルーシャ記す)

 ステキな体験ですね!
 
 それは妖精さんか天使ですね!

 姿形、形態が無い、そのような色つきの霊体で現れることが多いですよ!
私もまさに、全く同じ体験をスペイン時代からずっと何度もしてきました。

スペイン時代から、天使もいくつか出てきましたが、例えば、大天使ミカエルはきれいな薄いブルーの霊体で、大天使ラファエルは薄いグリーンっぽい色が少しかかった白のような色で出てきましたよ。

大天使ミカエルと大天使ラファエルは、天使で、妖精さんのような感じでした。この2つとも、キリスト教系の霊的存在です。

 アメリカに来てから、「大天使ミカエルは、日本の不動明王と全く同じだよ!」と、間違っている説を信じ込んできっぱりと言い放っている方にお会いしたことがありましたが、それは違いますよ! 信じ込んでいる方はそれで幸せなので、そのままほとんど突っ込まずに置いていますが。そういうのは、そっとしておいてあげるほうが良いのです。いちいち、他人を修正しないですよ。
 あまりに信じ込んで言い放つので、その時に「そうなの?」と聞いてみたら、「うん、そう聞いたもん。」と言っていて、どっかで耳にした不確かな情報、他人が言っていた情報をそのまんま信じ込んでいることが分かり、自分で観て体験で確かめた情報ではないことが判明しましたから。他人からの受け売りの情報を、話しているだけだったのです。スピ系の業界ではよくありますね~。まあ、目に見えない世界の話ですからね。いいかげんなものなのですよね。
 自分で観て体験した情報しか、確かなこととして他人に話してはいけない法則が、宇宙の法則なのですよ。
 他人からの受け売りを、さも自分が考えた情報のように言い張るのは、大きな罪を作ることなのです。負のカルマですね。

 大天使ミカエルと不動明王は、全く違う雰囲気と波動と役割の霊的存在で、霊的階層(位階)が違います。

 私は、大天使ミカエルと不動明王の両方に直接お会いしたことがあって目で観たことがあるので、体験があるからはっきり断言できるのですよ。実際に出現したので。

 まあ、厳密に言うと、宇宙の根源から観れば、どの霊的存在も同じ根源から発生したものなのだから全一体、同じ存在と言えますから、大天使ミカエルも不動明王も同じ(全一体、ワンネス)と言えますね。そうすると、私達人間も大天使ミカエルも不動明王も同じ(全一体)とも言えるのですよね。・・・そういったレベルの論争になりますね。

 また近々、大天使ミカエルと不動明王の位階の差について、書ける範囲内の追加情報をこちらで書きますね。しばらくお待ちくださいませ。


 妖精さんのお姿は、目で視覚的に見えるというよりも、脳裏(のような脳の部分?)で視覚とは別の部分ではっきりと妖精さんのティンカーベルのような羽のついた姿が見える(感じる)ことが多いですよ。

 きっと、その霊体と通じてきたら、姿が見えることもあると思います。

 
 そして、このお客様の信頼している整体の先生についてのエピソードも時々お聞きしてきましたが、この整体の先生はとても知られている方で、実は霊能力者なのですがそれは伏せて施術をしていて、整体だけでなく霊視して観えることでアドバイスや調整もなさっているそうなのです!
 この先生も、霊能者としては生きないように気をつけていらっしゃって、あくまでもスキルを身につけて整体師として施術して仕事をしていらっしゃるのです。

 でも周りは気がつくから、お客様からは絶大な信頼を寄せられていて、著名なスポーツ選手達やセレブ達などそうそうたる客層を抱えているそうです。このようなお客様のプライバシーは秘密厳守していらっしゃるので、そういったセレブの方々の個人情報はどこにも表に出されずに、整体師の仕事をしていらっしゃいます。素晴らしくまともな感覚の方ですね。これは当たり前の社会的マナーですものね。

(私自身もセレブの方々の顧客情報は決して表に出さないように秘密厳守していますので、この先生のお気持ちと価値観が良く分かります。
 有名な誰々が顧客とか、有名な誰々は私の友人とかすぐ言う方は、信頼できないですよね。どう考えても友人とは言いがたい間柄の有名人を、すぐ自分の友人だと周囲に言いふらしたりブログに書いたりする人は女性には結構、多いですよ。”私の友人”と聞いていたから、有名なヒーラーに”XXさんの友人なんでしょう?”と聞いたら、”いえいえ、XXさんは友人じゃないですよ!単なる私の最近のお客様で数回、施術したことがあるだけなんです。”と言っていたケースは、私は何度も体験がありましたから(笑)。有名なヒーラーにその時、私は、”ええ~!友人じゃないのですか?何で友人だって言いふらしてるんだろう?”と言うと、”さあ。・・・。”と無言でしたよ。
 そういうわけで結局、長い目で見たら、普段いっしょにつるんでいる周りの友人たちからも信頼を失うため、みんななんとなく離れていってしまうのですよ。そして同じような波動の人とつるみます。すごく寂しいから、有名な人と友人と言いたがるのかもしれないですね。どうどうめぐりの悪循環が潜んでいます。 
 有名人、セレブの方々などに信頼していただけて友人やお客様として長く関係が続けられる人柄は、間違いなく秘密厳守が出来て、個人的な情報を周りの他人へ決してウラない方(勝手にブログに書いたり周りに言わない)、社会的モラルとマナーが出来ている方なのですよね。そうでないと、有名人との友人関係は長くは続かないものだと思われます。)

 そのため、私もこの整体師の先生にも興味があります(笑)。

 整体師など、他人の身体に直接触れる職業の方は、どうしてもさまざまな方が持つ波動、邪気、運命なども受けてしまうものなので、自分でその受けたエネルギーの浄化の処置を出来る方でなければ、長くは続けられないものだと私は分かっています。
 この先生のように、実は霊能者の方は、神に通じていて守られているので、邪気を浄化しつつ、施術を続けられているものなのです。それプラス、この先生は愛に満ちているため、その愛の光があればこそ全ての邪気を浄化できるのです。
 普通の人だと、身体が持ちません。愛の光が少ないと、邪気が浄化できないです。

 その整体の先生のエピソードをいろいろ、お聞きしてきたので、このお便りも私にはすんなり理解できましたし、共感しました。

 そしてこのお客様も、数々の不思議体験をしてきている霊能者の素質がある方で、強力に守られている方です。

 私のことを見つけてくださったのはもうずいぶん前、七福神のことを書き記した初期の頃に、探し当ててくださいました。
 「・・・・・といったこういう者がいるから、探しだして見つけるように」みたいな強烈な衝動が起こって、探して見つけ出してくれたのですから、私も驚きました。

 不思議なご縁なのです。

 また続きは書くこともあるかと思います。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月18日 03時29分49秒
コメント(2) | コメントを書く

2014年10月15日
カテゴリ:芸術活動について
1~2週間に1回、私の自宅で、自分で活け花(フラワーアレンジメント)をして飾っています。

お花を活けておくと妖精さんたちが集まってきて止まってくれるからです。妖精さんのお家(?)がお花なのですよ。私の家の場合。

私はアーティストなので、活け花もアートの延長線上にあるため、とっても興味があります。
活け花も構図が命で、全体のバランスだけ、気をつけたら後は気ままに自由に差していけば、自然に仕上がります。
活け花、フラワーアレンジメントは、誰でも気軽に出来るアートだと思いますヨ!

私は日本で活け花を習ったことは無いですが、昔、ニューヨークに引っ越してきた直後に、著名なフラワーデザイナーのところで数ヶ月間アルバイトをしたことがあるので、その時に基本のフラワーアレンジメントの処理の仕方、活け方を教えていただきました。
その時にやった仕事は、驚くほどそうそうたるものでした。例えば、ニューヨーク・タイムズの大きなパーティー用の立体的なフラワーアレンジメント(会場の各テーブル)、ビルのクリスマス用のアレンジメント、ニューヨーク・シティー・バレエの劇場に飾る巨大な高さ2mくらいの立体的なアレンジメント、結婚式のブーケの作り方も教わりました。
毎日毎日、早朝出勤で、エキサイティングな大きな仕事を身近で手伝うチャンスが続きました。
へえ~、ニューヨークのスター・フラワーデザイナーは、毎日、こんな大きな仕事を抱えているのか~と感動しましたよ。
こんな素晴らしい経験は、人生でなかなか出来なかったことでした!
そのアルバイト経験が思いのほか、お花の知識を得られて、後々の今まで生活の中で大変役に立っています!

花の種類によって、茎の先の処理の仕方(木槌でたたいてつぶして水の吸い上げを良くしたり、下から上に向けてナイフで10cmくらいの断面で長く割いたり。)、茎の切り方、おしべの取り方、痛んでいる花びらだけを抜く、大部分の葉っぱを取り除く(葉から先に痛んでいくので、痛んだ葉が水に浸かって水が濁ったり腐ったりしないため。)、花を順番に花瓶に差し方などなど。基本がたくさんあります。

フラワーアレンジメントは、花それぞれの処理の仕方の基本を押さえておけば、誰でも簡単に出来るし、家の中が美しく楽しくなります☆

日本の活け花は左右非対称のデザインが基本ですが、西洋のフラワーアレンジメントは左右対称、シンメトリックなデザインが基本です。だいたいの感じです。
中には、西洋のフラワーデザイナーの方でも、日本の影響を受けて、左右非対称のデザインを取り入れている方もいらっしゃいます。

それに、活け花が家の中にあると、それだけで気持ちが良い空気が流れるので、お花は欠かさないようにしています。

アメリカは日本よりも生の切り花が安いので、こちらでは気軽に活け花を飾れるのです。何種類かお花が入っている花束がスーパーで4~5ドルくらいなのですよ。

上等な花束でも10ドル、15ドルでありますし、蘭の鉢植えは10~20ドルくらいです。胡蝶蘭でも20ドルであります。日本では考えられないですよね!

長持ちするお花は、菊科のもの! 菊もマーガレットも長持ちします。きっと菊は生命力が強いお花なのでしょうね。
断然、長持ちしますから。
調子良く手入れができた時は、菊の活け花は家で1ヶ月以上も(!)長持ちしたことがありますよ。
私の自宅の中では、いつも菊はなかなかしおれないし、枯れないです。1ヶ月持つので、家や私の波動と菊の波動が共鳴して、合っているのかもしれないな~と思います。

あとは、ユリも1ヶ月くらいは長持ちしますよ。
一つの茎から何個かお花がついていてつぼみも混じっているものなので、お花のおしべ(花粉)を取り除いて活けたら後々、汚れないですし、きれいに長持ちします。
ユリはものすごい濃い香りを放つので、苦手な方は苦手ですが。私はユリも好きです。

バラは香りが好きなので、たまにバラを活けると香りで癒されますね~。生のアロマテラピーですね。

バラはあまり日持ちがしないですが、時々、気分を変えたいときはバラを選びます。1ダース12本のバラでも10ドルくらいです。

・・・

そういうわけで、1~2週間に1回、私は欠かさず家でフラワーアレンジメントをデザインして活けていますが、最近の出来事で、不思議なことがありました。

2日前のことです。

いつもは花束を買ってからその晩にすぐ活けていますが、バタバタしているためなかなか落ち着いて活けられなくて、その花束はそのまんまの姿でバラバラにほどいて無造作に水を入れた花瓶に活けたままだったのです。

それが気になって数日経ってしまったので、やっと2日前にちゃんと活けてあげようと思って、作業し始めました。
私の場合は、スイス製のフラワーアレンジメント用のナイフ(7~8ドル位)を使います。長年使っていますがまだまだ健在です。

まず台に新聞紙を広げてその上に花をばさばさっと広げて放して置きます。花瓶には水を多めに入れて横に置きます。

そして花1本1本手に取り、葉っぱをむしって、茎を下から切り捨てて新しい断面を出してあげて水の吸い上げが良くなるようにして、活けていきます。

そのように、いつものように作業し始めたら、お花たちが1本1本(一人一人)、私に意識で話しかけてきたのです!

「私のこの茎は、このあたりで切って、下は捨てて、活けてほしいわ~」と!

え? 

お花さんがなんか、私に訴えてる!

最初はビックリしましたが、お花さんはテレパシー(意識)で私にそのように、具体的に、「切ってほしい茎の場所、心地よい茎の長さ」を指定してきました。

お花さんに言われたとおりに、”ここね? 分かった。ここで切るね。(グサッ)・・・これでいい?”と、切てみて意識(テレパシー)で聞き直したら、
”そうそう!そこで切ってほしかったの!ようやく心地よくなったわ~!ありがとう”とお花さんが言うのですよ!
”そうだったの?今までの茎の長さだと気持ち悪かったの?”と聞くと、
”うん。ちょっと茎の先が痛んできてたから、水の吸い上げが良くないし、気持ち悪くて調子が悪かったの。でも切ってほしい長さに切ってもらえたから、元気になったわ! ありがとう”と意識でお花さんが言ってきたのです。

そして2本目のお花さんも、”私はここで切ってもらいたいのよ~!”と意識を送ってきて、また私に切ってほしい長さと場所を具体的に指定してきました。
”ほう、そ~ですか! ここで切ってほしいのね?”と私も意識で聞いて、”ここですか?”とナイフの先を当てて確認して、”そうそう、そこよ~!”とお花さんが答えて、グサッと切りました。
すぐに花瓶を回して、1本目のお花の隣に交差して活けると、”そうそう、傾きはそのあたりにしてほしいわ~!そこよっ!ありがとう”とお花さんが私に言いました。

お花さんご自身が、切ってほしい長さと場所、活けてもらいたい傾き加減と場所を私に指定してくるのですよ!

えっ!
こんな出来事は生まれて初めてだったので、本当に驚きました。

3本目のお花さんも全く同じでした。切ってもらいたい長さを指定してきて、活けてもらいたい場所、傾き加減も指定してきました!

4本目、5本目、それから後のお花さんたちも全部同じでした。
全部で1ダース12本くらいのお花を活けたかな~?

それぞれ、切ってもらいたい長さがまちまちだったのですが、お花さんご自身が指定してきた場所と傾きのとおりに活けてあげたら、あらおくさん、自然にバシッとキマッた左右非対称のデザインの活け花に仕上がっていたのですよ!

ばっちりキマッています。

素晴らしいバランスで美しいアレンジメントが出来上がっていました!

お花さんたち全員が、活けてもらいたい長さと位置を指定してくれるなんて、私はただそれに耳を傾けて従って手を動かして手伝ってあげるだけなので、なんて簡単で楽なのでしょう!!!

お花さんたちはその後、すっかりのびのびしてくれて、みるみるうちに水を吸い上げて花びらはパシッとピンと張ってきて、活き活きして美しく咲いてくれています。

”ありがとう、ありがとう! お陰で気持ち良く咲けるわ~”と、それ以来、四六時中、お花さんたちが私に意識で言ってきています。

お花さんにも意識があるのだな~と分かった、素晴らしい体験を現在進行形でしています。

妖精さんたちもお花さんたちに止まっています。

・・・石や宝石たちだけでなく、お花さんたちとも意識で会話ができるようになったのだなと思った出来事でした。

今までお伝えしたように、地球全体の波動が上昇し続けている最中ですし、7月15日以降はさらに地球に降り注がれる光が強くなったので、その影響もあるのでしょうね。

人間界と自然界(お花さん、石、宝石など)や、幽界(幽霊がいる次元)が重なってきているのですね。

続きはまた書きますね~。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月15日 10時06分09秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年10月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
日本に来ている台風19号。

日本の天候も荒れていますね。

まるで地球、大地が、自らの身体(地球)を浄化しようとしているようです。

地球も一つの生命体ですからね。


東海の一部も暴風域になるとのこと。

そして、14日午前中には三陸沖に進むとのこと。(この頃には台風ではなく、温帯低気圧に収まるとのことですが。)

原発たちがある場所なので、気になりますよね。


原発が倒壊しませんように。原発が無事でありますように。と願います。


秋はこれから、ニューヨークもハリケーンの季節になります。こちらでも気をつけて対策をしておきます。水の備蓄とか。


日本の皆様もお気をつけくださいませ。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月14日 01時25分33秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年10月11日
カテゴリ:不幸の予防方法
エボラ・・・が蔓延してきていますよね。

ニューヨークにエボラ患者が増えてくるのも時間の問題だと思います。

ニューヨークは特に、アフリカ諸国からの移民も旅行者も多い場所ですから。アフリカ諸国との人の行き来が多いです。

今現在は、地下鉄に乗っていると、同じ車両で誰かが”ゲホゲホ”とか、”コホン”とか咳をするだけで、近くにいる人々が一斉にそっちをジロッと見て、顔をしかめて口鼻を手で押さえていますよ。いぶかしい顔をしてにらみつけていらっしゃいます。
特にブラックの方が咳込むと、ものすごいにらみつけて口鼻を手で押さえて息を止めている人々がけっこういるのですよ。
嫌そうな顔ってもんじゃありません。嫌悪感むき出しにして嫌っている顔を、あからさまにしていらっしゃいます。そういう人々がここのところ、急に増えました。
1~2週間前くらいからそういう光景を良く見かけます。

たぶん、エボラが広まってくると、ニューヨークでもアフリカ諸国の人々に対して差別が大きくなりそうな気がします。
他の地域に比べるとニューヨークは黒人差別がほとんど無い、珍しい場所なのですが。
でもアフリカ発の病気が蔓延してくると、差別がぶり返してくるかもしれません。

病原菌を運んでくるなっていう雰囲気が流れ始めてきています。地下鉄、駅構内とかではすでに。


でも、人間はそんなにアホじゃないと思っているので、だんだん学習して、予防、治療が確立されてきて、エボラは今年年内くらいには収束してくるだろうな~という気がしていますよ。
私はそのように、全く心配していないのです。

ニューヨークで流行ってきても、エボラはインフルエンザと似た感染の仕方をするみたいなのでそこから考えて、インフルエンザ対策を強化して気をつけていればいいと思います。

手洗い、うがいをこまめにする、
アルコール消毒液を携帯して殺菌をこまめにする、
サンドイッチとか手でつまんで食べる前は、手を消毒する、
コロイダルシルバー携帯、
上質な生のプロポリス(グリーンプロポリスなど殺菌力のあるもの)常備、
ステビア酵素など常備、

疲れをためないでこまめに週1回は休みを入れる(疲れをためないようにするだけで免疫力がアップする)、
ストレスを避ける、
体力的に無理をしない、
ワンコとかを可愛がってなでなでして癒されて和む、
石とか水晶クラスターとかを愛でて癒されて和む、

などなど、です。

あとは、メディテーションして落ち着くことかな。

私は以前、上記の酵素の類(経口)や上質な生のプロポリスで、暑いニューヨークの夏に感染症にかかりかけても殺菌力が強くて1日で治って消えた経験があったのです。
その感染症は、周りの2~3名がかかっていましたが彼らは入院して絶対安静で抗生物質漬けで、1週間くらいして退院していました。後で聞いたら、私がかかったのと全く同じ症状だったのです。
私は病院に行かずに、おかしいなと思った症状が、ステビア酵素と生のグリーンプロポリスですっかり消えて熱も出ませんでしたから、驚いたのです。
すごい殺菌力です。
私だけ入院せずに治ったのですから。
生き証人なのです。

天然の無害なものの中にも、ものすごい殺菌力の強いものがいくつかあるのですよ。

コロイダルシルバー(ナノコロイドシルバー)も殺菌力が強いので、インフルエンザ予防に使っています。スプレー式のものもあって、うがいの後に口にプシュプシュするだけです。
これもいざというとき、おかしいなと思った時に急いで殺菌すると間に合うと思います。

私はけっこう楽観的で、全く心配していません。

ニューヨークでは誰もマスクしていなくて、マスクをすると犯罪者に間違えられたり白い目で観られるからしにくいですが、マスクは仕事柄、何百枚も常備してあるので、蔓延してきたら遠慮なくニューヨークでもマスクして歩きます(笑)。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月12日 03時00分54秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年10月09日
カテゴリ:不幸の予防方法
さて、現在の、生霊がもとあったところへ返る速度について、詳しい情報を書きますね。

夏に書いたお話2つについて、さらに詳しく書きます。

2014年07月19日の書き込み、

「7月15日以降、生霊が返る速度が1秒になっている!」

2014年07月30日の書き込み、

「7月15日が境目☆」

・・・これについて。このときは短く、要点だけ、結果だけ、気をつけると良いことだけを書きました。


「7月15日を境にして、明らかに波動、エネルギーが違います。

地球の波動がさらにどんどん上昇しています。

地球に降り注がれる光の量がどんどん増し続けています。


6月と7月前半を比べたら10倍ほど光が増していて、さらに7月前半と7月15日以降を比べたら、300倍以上光が増しています。

つまり、6月と7月15日以降を比べたら、3000倍以上も光が増しているのですよ! 」

このように書きました。

これはどういうことか、少し説明しますね。

なぜ、3000倍と私に分かったのか、体感したのか、どこからその数字が出てきたのか、書きます。

これは、私が体感している「生霊が元あったところへ返る速度」からこの数字を出しました。

今年6月頃はまだ、邪悪な(ネガティブな作用をする)エネルギーの生霊が私のところへ飛んできたらそれに向けて愛の光を集中していたら、全て溶けて消滅するまで約50分間くらいでした。

そして、7月に入ってから、その速度(生霊が溶けて消滅する速度)が、約5分間くらいになりました。

そして、7月15日を境目にして、15日から急激に、生霊が飛んで来たと思ったら”即”元あったところへとブ~ン!と返っていくようになったのですよ。即だから、1秒です。

それで、ざっと計算したら、50分間 → 5分間 → 1秒ということで、

これは、・・・10倍の速度になり、さらにそこから300倍の速度になったということです。

つまり、50分間の頃から考えたら、1秒になったので、3000倍の速度になったのですよ。

単純に簡単に考えたら、3000倍の威力になりました!

7月15日以降、どんどん地球に降り注がれる光の量が増え続けているので、現在は3000倍どころではなく、もっと強い威力になっています。
でも体感は”即”で1秒なので、それ以上ははっきりした数字は体感では出していないだけです。

1秒がコンマ1秒とか、それ以下になっていっています。

最初は、7月15日から、「なぜ、私に向かってきた生霊が元あったところへ返るのが1秒になったのだろう? 私の霊的パワーが急に3000倍になったということなのだろうか? どういうことが起こっているのだろうか?」と不思議に思っていたのですよ。

でもそうではなくて、それまでに私の準備が出来ていたので、光が増した時期に突入してもついて行ける、追い風を受けたというだけのことだったのです。

3000倍の威力は、増えた光の量なので、地球上の皆さんに同じように注がれていますから、他の準備が出来ていた皆さんにも同じことが起こっていますよ。

その反対に、霊的な学び、カルマの解消、心の準備が出来ていなかった方々は、自分でついつい生霊(嫉妬心、怒り、恨み、悪口など)を発して送ってしまったらそれは”即”一秒で自分に返ってくるのですよ。自分が発したものが元あった自分のところへとすぐに返るのです。現在はそういう状況になっていますよ。これは真実です。

ですから、自分で生霊を毎日のように発している人は、自分自身の手によって自分がつぶれますよ。気をつけて自分を修正してくださいね。

人々が二極化する時代へ突入してしまったのです!

これは私は分かっていたので、今までの10年間、災いを事前に防ぐために「不幸の予防方法」をずっと長い間唱え続けてきたのです。今なら、なぜ私がそれを言い続けていたのか、皆さん、ご理解いただけると思います。少しは人々のお役に立てたので、良かったです。嬉しいです。

2000年前にイエス様が予言なさっていたこと、時期に入りました。「幕が二つに引き裂かれる時期」のことですね。過去に言われていたこととつじつまがあっているし、一致していますね、見事に。

これを私は霊的な体感で把握しました。


ただね、生霊には目も耳もついているので、飛んできた瞬間に元あったところへ返るといっても誰から飛んできたか、日時も分かるのですよ。「今、悪口言ったな!」ということも。それは今現在は、その生霊を発した人に返る時は、発した分量の3000倍以上になって返っていくのですよ! よ~く覚えておいて、自分で修正してコントロールしてくださいね。

そういうふうに、自分が発した生霊が3000倍以上になって自分へ返るとどういう現象が起こるかというと、自分の幽体が真っ黒になります。それは敏感な方なら、”ど~ん”という波動が落ちた感じになり、どよよんとした空気に包まれて、黒くなります。夫婦喧嘩も多くなりますよ。事件事故に巻き込まれやすくなるし、病気にもなります。

黒く落ちた体感がでるから、生霊を発した本人もすぐ気がつきます。そういうふうに、自分ですぐ気がつく時期に入りましたが、修正がなかなか間に合わない時期でもあるのです。

それを分かっているので、皆さんが簡単にそれを防げるようにと、願いを込めて、以下のように簡潔に気をつけたら良いことだけを書いたのですよ。このように書きましたよね。

「急激な変化が宇宙規模で起こっているので、波動の上昇についていけない方もいらっしゃると思います。

今こそ、常に意識の修正をし続けて、八正道を気にかけて暮らし、意識を高め続けるようにお気をつけてくださいね。」

八正道というのは、「ウソ」をつかないようにするということも入っています。お世辞もウソなのですよ。

それなのに、こんな時期に、とんずらしたいからといってテキトーにとっさに「ウソ」で塗り固めて逃げようとしたり、それをとりつくろうために何度も何度も「ウソ」をつき続けると、ああた、それはダイレクトに自分へ返りますよ。

お世辞を言い続けるホステスとかに限らず他のいろんな商売をやっている場合は、常にちょっとしたウソをつき続ける仕事の場合もありますから、これからの時期、職業によってはウソなしでは難しい方もいらっしゃるかもしれませんね。

それでも、出来る限り、ウソにならないようにお世辞を言うとか、事実を褒めるようにするとか、工夫して修行が必要ですね。

事件事故に巻き込まれないように、お気をつけくださいね☆

機会があれば、またお話をします。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月10日 01時07分58秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年10月07日
カテゴリ:記事
最近、天変地異、天候異変、猟奇的事件、事故のニュースがとても多いですが、そんな中で、日本についての明るいニュースがありましたね!

転載しますね☆

読売新聞より。

「日本の薬でエボラ出血熱治療、仏の患者退院」

「AFP通信によると、フランスのトゥーレーヌ保健相は4日、エボラ出血熱に感染し、日本の製薬会社が開発した抗インフルエンザ薬で治療を受けていたフランス人患者が治癒し、入院先から退院したと発表した。

 患者は民間団体「国境なき医師団」に所属する女性看護師で、西アフリカのリベリア共和国で医療活動中にエボラ出血熱に感染。
9月半ばにパリ郊外の病院に入院し、富士フイルムホールディングスのグループ会社、富山化学工業が開発した抗インフルエンザ薬「アビガン」の投与を受けていた。
薬はエボラ出血熱の治療薬としては未承認だが、仏政府が投与を要請し、仏国内での使用を許可した。」

http://www.yomiuri.co.jp/world/20141005-OYT1T50026.html?from=yartcl_popin


↑ 日本の薬で、エボラ出血熱が治癒したなんて、すごいニュースですね。嬉しいですね。

抗インフルエンザ薬なのですね! インフルエンザ対策をしていたら、エボラにかかりにくくなるのかもしれませんね!

親会社の富士フィルムの株価も上がっていますね! (きっと上がるのは一瞬、しばらくの間だろうと思いますが。でも嬉しいですね!)

この薬を開発した研究者の方々は、とっても嬉しいでしょうね! 自分がやっていることが、人のお役に立てて、人の命を1人でも救ったのですからね!


ニューヨークにもエボラが上陸して広がってくるのは時間の問題だと思います。

インフルエンザ対策をしておくしかないですね~。あとは、巻き込まれないためには自分の波動を下げないでおくことを気をつけるので、新たに負のカルマを作らないようにして暮らすことが大事ですね。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月07日 09時10分29秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年10月05日
カテゴリ:記事
興味深い記事を見つけました。リンク先を掲載しますね。

消費税上げたのは、良くなかった政策ですね~・・・。

今後の日本経済の行方が気になっています。



「現代ビジネス」独占インタビュー 

ノーベル賞経済学者クルーグマン

「日本経済は消費税10%で完全に終わります」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40411



「・・・
実際、アベノミクスが実行に移されてから、株価も上昇し、景気も回復基調に入ろうとしていました。
しかし、私はここへきて、安倍政権の経済政策に懐疑心を持ち始めています。

というのも、安倍政権はこの4月に消費税を5%から8%に増税し、さらに来年にはこれを10%に増税することすら示唆しているからです。

消費増税は、日本経済にとっていま最もやってはいけない政策です。
今年4月の増税が決定するまで、私は日本経済は多くのことがうまくいっていると楽観的に見てきましたが、状況が完全に変わってしまったのです。
・・・」





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月05日 11時02分26秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月30日
ニュースを拝見しました。

「連れ去られ死んだふりした男児」

12歳の男児が、公園で首を絞められ、死んだふりをしたのですね! とっさに!

それで、犯人は逃げたから、男児は助かったのですよね!

すごいっ!!!

この男児、すごすぎます!!!

肝が据わっていますね。素晴らしい。

「えらいでっ!」と言ってあげたいです。

フツー、12歳でそんな機転が利くでしょうか? 

12歳でそんな危機的状況でも落ち着いて、冷静に行動して、しかもそんな、誘拐の犯人に首をしめられている時に心臓バクバクになってしまわないで死んだフリをやってのけたなんて、ホントにすごいです。

普通は気が動転してしまい、心臓バクバクになってしまいますよね。フツーの12歳ならそんなものだと思います。

想像してみましたが、大人でも、そんな事態に巻き込まれたら気が動転してますます最悪な結果へと進んでしまうものでしょう。

きっとこの時、この12歳の少年に神が降りて、助かったに違いありません。すごく厳重に霊的に、特別に守られている少年ですね。

この少年は神がかっています。

もしかして、将来を担った「神の子」かもしれないですね。(クリスタルチルドレンとか。)普通じゃないですよ。神懸っています。
それでも、周りの人々はそれに気が付いても、少年は無事に淡々として育っていってもらいたいですね。

この少年をとっさに守りぬいたのは、神様とご先祖様たちでしょうね。霊的な奇跡が起こったと思います。
このご家庭は家系がずっと長く続いているはずで、絶対に離婚家系ではないですね。
家系の霊統が太く続いていると、その子孫は守られる力がもとから強くなります。そうすると、この少年のような奇跡が起こって守られるのは、結果に納得します。

その反対は言うまでもないです。
(過去の事件事故、犠牲になった方々の家系、親の状態も観察してみると分かりますよ。
最近のニュースでも、犠牲者の親について調べる度に、”あっ!やっぱりそうなのだな”と気が付くことばかりです。)

いざという時、例えば、災害でも、噴火でも、助かるかそうでないか、見えないものに守られるか守られないかの境目は、親たちの行いも関係しています。家系の3代以上前からの努力の差も入っているのですよ。

「積善の家には必ず余慶(よけい)有り。積不善の家には必ず余殃(よおう)有り」なのです。これは宇宙の法則です。
真実です。
誰もがまぬがれられません。

正確に言うと、積善の家系にはその波動に合った霊的世界の階層(高い階層)からカルマが少ない魂(またはカルマが無い魂、輪廻転生の輪から外れているにもかかわらず兄弟姉妹を助けるために降りてくる)が引き寄せられて転生してくる、ということなのですよ。

何かがあって巻き込まれる人は、本人のカルマが現われます。
小さな子供7歳以下の場合は、特にその前に親が離婚すると霊的に守られる力が半分以下になってしまいます。その結果の事件事故の報道はちまたですごく多いです。(7歳までは子供は霊的に厳重に特別に守られているのです。)

そういう場合でも、親のカルマが子に出たのではなくて、その親のカルマの波動に合っている魂が子供として生まれるからそれが後に現われる、ということです。だからそれは本人のカルマなのです。

ですからカルマは本人が昔、前世かどこかで作ってしまったものが現われているだけです。
でも、親と子供はカルマが似ている魂同士が引き寄せられて、家族を作っています。
だから親を観るとどんな子か分かります。
その反対に、子を観るとどんな親か分かります。
これについて、また機会があれば説明しますね。

私はこの少年のような体験を、身近でたくさんみて育ってきたので、だからこそ体験経験の例はたくさんありますが、家系の状態、親の状態とその子供の状態、犠牲になるか助かるかの違い、運命の分かれ目について、具体的には書くことができないです。
語弊がありますからね。
誤解も多いでしょうし。
ですから、結果だけ書いています。
気をつけると良い点だけを述べるようにしています。
要点のみ書いているのは、そのためですよ。

私の言っていることは、たくさんの裏付けがあって確信していることだけです。
断言いたします!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月01日 08時00分12秒
コメント(0) | コメントを書く

全1812件 (1812件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.