1950712 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ブルーシャ西村 Official Blog

PR

楽天プロフィール


ブルーシャ西村さん

21世紀の弁才天

フォローする

モバイル

ケータイ
スマートフォン

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

お月さまへ引っ越し! くま(#´艸`)プププさん

失われた【本質~The… 黒犬べーやんさん
ウォータールーの予… サンドラ1008さん
沖縄でウエディング… 上等沖縄司会屋さん

コメント新着

joshuarose@ Re[1]:体験談☆「体感して識別」(08/08) ブルーシャ様、早速のお返事コメントを頂…
ブルーシャ西村@ Re:体験談☆「体感して識別」(08/08) joshuaroseさん、カキコありがとうござい…
joshuarose@ Re:体験談☆「体感して識別」(08/08) ブルーシャ様、こんにちは。いつも大変有…
g71@ Re[4]:アリゾナ・ターコイズ14金ネックレス♪(06/28) 文章が中途半端ですみません(><;あり…
ブルーシャ西村@ Re[3]:アリゾナ・ターコイズ14金ネックレス♪(06/28) g71さん、カキコありがとうございます☆ 実…

フリーページ

ニューストピックス

ランキング市場

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

購入履歴

お買いものレビューがまだ書かれていません。

全1981件 (1981件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2016年08月24日
楽天プロフィール XML
8月の先日、ニューヨークでバスに乗っている時に、とおりがかった公園に鎮座している巨大岩が、私に強く話しかけてきました。
暑い日でした。

「こんにちは!
私はここにずっといますよ!
ず~っとここにいるの!
あなたに会うのは、久しぶりじゃないの~!
懐かしいね~。
いっぱい話したいことがあるよ。積もる話がたくさんあるからね~。
一度、ここに寄っておくれやす!
待ってるよ!
またね~!」
・・・みたいな感じでした!
テレパシーで私の内在の部分へ送ってくる感じで、ものすごく強い声だったので、それを受け取った私も気にかけています。

それ以来、その巨大岩さんの姿とテレパシーの声が焼きついていて、気になっているのです。
その巨大岩さんの名前は何ていうのだろう?

巨大岩さんの前をバスで通りがかったのはほんの数秒で、一瞬の出来事だったのですが、それからずっとこの巨大岩さんの意識が私の周りに常にいて、子分みたいな感じでずっとくっついて来るのです。
それで、いつも私と一緒にいるので、いつも気になっている状態が続いています。
・・・もしかして、巨大岩さんも私を守ってくれているのかもしれませんね。とにかく今は一緒にいます。

巨大岩さんが鎮座しているのは、シティーアイランドへ向かうバス路線の途中、道路脇に続く広々した公園のようなピクニックエリアみたいなところの一角です。

1日がかりくらいの遠足になるのですが、ニューヨーク近郊にあるシティーアイランド(City Island)という小さな島に、夏季には友人達と一緒に、食事をしに行くことがたま~にあります。(シティーアイランドでは日本人はほとんど見かけないです。・・・でもたまに、大阪の人っぽい男性2人組とかを見かけたことがありました!さすが大阪人、美味しいものがあるところには、遠くてもどこにでも出没します!)

ニューヨーク近郊で遠足に適したところは、海があって砂浜も近くて、リゾート気分が味わえるような場所として、ロングアイランド(高級住宅地、別荘地)やシティーアイランドがあります。友人達はもっぱら、ロングアイランドにリゾートに週末出かける人が多いですが。
ロングアイランドかシティーアイランドは、ニューヨークから遠くまで飛行機に乗ってリゾート地に行かなくても、近場でリゾートできる場所です。

シティーアイランドは、アメリカ東海岸の大西洋、この近郊で採れる新鮮なロブスター、シュリンプ、貝、とうもろこしやイタリアンなどの簡単な料理を食べられるレストランが、島中にたくさんあります。
とても幅の狭い小さな島なのでなんにも無い感じのところなのですが、島の横はすぐ海で、岬の際にレストランがずらっと建っている感じです。
レストランからは海が見えるし、潮の香りで癒されます。
オープンスペースのレストランもあります。
夏の暑い日に、夕食に出かけて夕涼みするのが楽しい場所です☆ 
夕方の海辺は楽しいです。かもめの大群が寄ってきたり、大きなカモみたいな水鳥、巨大な魚群、アライグマ、スカンクなどの夜行性のヤツも夜9時くらいになったら出てきます。

巨大岩さんの鎮座している場所を地図でだいたい、確認してみています。
またバスで通りがかった時に確認して、一度バスから降りて巨大岩さんのところに会いに行きたいと思います。

・・・というわけで、私は石や宝石さんたちとお話ができるので、宝石のことも詳しいですし、レアな宝石たちがたくさん寄ってきてくれるのです。宝石だけではなくて、岩ともお話ができるのだな~と再確認しました。
そして、宝石たちや岩たちは、私にいろんなことを教えてくれるし、たくさん情報を送ってくれます。

シティーアイランドの近辺、ブロンクスの端のほうにも、大昔、ネイティブ・アメリカンが住んでいたことがあるのかな?と思いました。
この巨大岩さんは、私のことを覚えているということ、久しぶりだね~と言っていますが、大昔、私はこの土地にも住んでいたことがあったのかなと思いました。
それで、過去に住んでいた場所にまた舞い戻ってきているのかな~と思いました。

または氷河期時代にはこの辺り一帯は分厚い氷河に覆われていて、氷河の下にあった地域なので、このようなNY近郊の黒い平べったい岩たちは氷河の下にあったはずです。
私のことを、久しぶりだね~と言った巨大岩さんは、私にいつ会ったことがあるのかな~と気になりました。もしかして氷河期よりも前の時代なのかもしれませんね。

大西洋にあったと言われているアトランティス大陸の端と、この巨大岩は近かったか同じものだったかもしれないですね。沈む時に大陸の端は飛び散ったと思うので。

ニューヨーク近郊にたくさんある、セントラルパークにもたくさんある黒い平べったい巨大岩たちとも、私はご縁が深いのだな~と思いました。大昔、このあたりに私は住んでいたことがあったのでしょう。
それでご縁の深い場所に私は舞い戻ってきていて、ここで長く無事に生活しているのでしょうね。ニューヨークの土地自体が私を歓迎してくれているような感じがしています。だからこそ、ビザも無事に取れたし、出会いも上手くいっているし、善い人々とのご縁がたくさん出来たし、仕事も上手くいっているし、仕事で関わる人々や、宝石商との出会いも良いのでしょう。ニューヨークの土地や空気が私を守ってくれているような気がするのです。
誰でも、そういった土地とのご縁もあるのでしょうね、それぞれ。
歓迎してくれているような土地に住むのが一番良いと思います☆

この巨大岩さんの話、また続きもあれば、書きますね☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年08月24日 06時56分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月22日
カテゴリ:不幸の予防方法
さて、前々回の書き込みに、お礼のお便りがたくさん届きました。
多くの方々の生き方の指針として、お役に立てて光栄です。
たくさん喜んでいただいて、嬉しいです☆

その続きの情報を詳しく書きますね。
ちょっとずつ、重要な情報を開示していきます。
知っているのと知らないのとでは、結婚相手として誰を選ぶかとか、結婚するかしないか、他にも人のご縁を選んでいく人生の大事な選択時に、正反対の大きな結果に分かれていき、女性は特に二極化していきます。

女性の人生は特に、パートナーの男性の選び方によって大きく二極化していき、人生が変わっていきます。

誰でも本人自身は本能ではよく分かっているので、「この人とは結婚はしたくない」と思う場合は、それは内在の神からの重要なサインなので、自分のハートによく聞いて従うほうが後悔が少ないです。

その恋人や友人のご縁の選び方の指針として、カルマの縁、カルマの返り方について、情報を追加しますね☆


霊能力者のおばさま(霊眼がある。でも霊的な仕事は一切していなくて、表には出ていらっしゃいません。)にもお聞きして、裏付けが取れた内容を皆様にシェアします。
この霊能力者のおばさまとの問答はたくさん行間にあるのですが、いろいろ、重要な部分をできるだけ再現してみますね。
情報を精査し、裏付けがとれたものだけ編集しなおします。

前々回に書き込みました内容で、
>「10年分のカルマはとんでもない量だよ。大量すぎて、何が返ってくるのか分からないよ。
ドカンと一度に返ることもあるけど、たいていはカルマというのは、魂を汚してるから波動が低くなっていて、いつも毎日、少しずついろんな不運なことがこまめに返ってくることが多い。」

(私の質問):これはどんなカルマの返り方になるのですか?

「ドカンと大量に一気に返る場合は、例えば霊的に進化して波動がいちじるしく高い方の側で過ごしたり学んだりして一定期間を一緒に過ごしたら、負のカルマが返る速度が何倍も何十倍もすごく速まることが多い。霊的に進化して波動が高い人(アバター、ホログラム)の側で過ごすことは、光に触れることと同じだから、浄化が早まるの。

霊的に浄化が進んだらカルマが返る速度が速まるから、それまではゆるやかに返ってきていて今生では返らない予定だったカルマは静かにその人の奥底に潜んでいたのに、光に触れて浄化が進んだら一気に潜んでいたカルマが表に出てきてしまう場合があるんだよ。このケースには、カルマがガ○となって浮き出てくることが多かった。
他の病気や事故になって一気に出てくる場合もある。
あとね、火事と泥棒に入られる場合も多いんだよ。
盗難に遭った人は負のカルマの縁を抱えているからなんだよ。
負のカルマをお金に姿が変わって火事で燃やしてもらったり、泥棒にお金(その人の負のカルマ)を持っていってもらったんだから、良いんだよ。

特にお金を取られちゃった人は、負のカルマが多いからそうなっただけなんだよ。
そういう負のカルマの縁をもともと自分が持っているからそうなるの。

全部、起こる不幸な出来事は、最初からその人の中に事件事故のカルマの縁があるから、起こるんだよ。縁がないと起こらないの。

霊的に波動が低い人達ばかりに囲まれて同じようなレベルの人々とだけ一緒に過ごす場合は、浄化の速度も遅いから、少しずつしかカルマは返ってこない。ゆるやかにゆっくり返る。同じ波動で心地良いから、ゆるやかにしかカルマが返ってこないから楽だし、似た者同士が集まって一緒にいるんだよ。

ゆるやかに少しずつカルマが返ってくる場合は、毎日のように小さな不運や小さな不幸がちょこちょこ、いつもずっと続く感じで返ってくる。小出しにちょこちょこ返る感じ。」


>「その不法の人はカルマの悪影響を与えているから、親しい全員(恋人、両親、ごく親しい友人)がその同じカルマをもらうんだよ。その人はどれだけ周りに迷惑をかけているか。」

(私の質問):本人と恋人は一心同体だし、同じ負のカルマの量同士でしか男女関係はくっつかないという宇宙法則があるから、その恋人も同じカルマをそっくりそのまま全部もらってしまって、返ってくる事実は知っています。
男女関係の相手は、その本人の魂のレベルと波動そのものですよね。それは知っています。
でも、その両親、ごく親しい友人とか、周りの人々まで、その人のカルマを全部もらうのですか?

「カルマを全部もらうよ。10年以上続けた不法の人のカルマはとんでもない量になってるから、何が返ってくるのやら想像がつかない量だよ。
そのカルマは全部もらうから、周りの親しい人々も同じようにとんでもない量のカルマになっていて、何が返るかしらないよ。例外は無いよ。

もともと同じカルマの縁がないと、そんな重い負のカルマを持っている人が自分の周りに近寄って来ないんだよ。
その重いカルマの縁を自分が最初から持っているからこそ、そういうカルマの人が近寄ってくるの。
周りの人々の姿は、自分の姿そのものなんだよ。」


>「同類が引き合って一緒に集まるんだよ。
・・・
なぜそんな不法の人が近寄ってきたのか?
それはその人自身の中に同じ縁(不法と同じカルマ)があるからだよ。
同じ縁が無いと、カルマにまみれた汚れた魂の人は寄ってこないの。」

>「波動が合わないと、不法の人なんて来ないよ。
同じ不法のカルマの縁がある人のところにだけ、波長が合うからそういう人は行くの。
・・・
言っとくけど、私(霊能力者のおばさま)とは波動が全く違うから、神(父なる神)は、そんなカルマの人を私には近寄らせないようになってるの。
・・・
おいでっていったって、絶対に近寄って来ないよ。
・・・
私の家の前まで来ても、絶対に部屋の中にははいれやしないよ。」

これについて。

「波長同通」の法則のことですね。

同じカルマの量の者同士が集まってくっつくという法則。

集まっている人々は、親しい人同士で、その負のカルマの量もお互いに影響しあっているということなのですね。

特に、重い負のカルマを持っている人(10年以上とか長期間不法の人など)は、その周りの親しい人も同じカルマをもらってしまっているということ。これは知らない人が世の中に多いのではないか、と思いました。

そして、神が全てを調節しているから、偶然は無いということ。

神がある人(役割がある)を守る場合は、重い負のカルマを持っている人(10年以上とか長期間不法の人など)は、絶対に周りに寄ってこないようになっているということ。
家の前まで来ても絶対に部屋の中には入れないとのこと。

もともと本人の中に同じような負のカルマがある人は、そのカルマの縁があるから縁で引き合って、親しくなり、周りに集まっていくとのこと。

波動が合う人同志で集まっていくものだし、波動が合わないと自然に出て行くし疎遠になるのだから、全て放っておけばいいということなのですね。

自然に、カルマの量に応じて、収まるところに収まります。

よく分かりました。
皆様もご理解が深まったかと思います。

続きはまた後日!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年08月22日 08時46分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月19日
カテゴリ:ジュエリー
8月9日発売の、学研「ムー」9月号で、ブルーシャ西村のブレスレットの特集、販売の記事が掲載されています。
(学研「ムー」は、1979年創刊の老舗雑誌です。37年も(!)続いている月刊誌です。
平均発行部数は、63,697(印刷証明)。)

今回は、「ブルーシャ西村の神秘のアートジュエリー」という特集です。

こちらは、ムーでのグッズ販売の企画です。
去年と同様、その後また1年間かけて商品開発に取り組み、ムー編集部に何度も通って、担当の方々と打ち合わせをさせていただき、ついにここに完成しました。

1年間かけて丁寧に企画を温めて、石と宝石の世界市場調査を続けて、希少で他では手に入りにくい石を使って、破格でご用意させていただくことができました。
特に鉱山の閉山後は、年月が経つごとにつれて、石は市場価格が高騰し続けていくのが常です。

現在は希少価値の高い宝石を厳選してデザインしました。
私が自らデザインして手作りしたシルバー925製のジュエリーパーツを使い、デザインは8種類、色味はピンクとブルーです。

全てに、カリブ三大宝石の一つとされている、ドミニカンブルーアンバー14mm玉を使用。ドミニカ共和国産。アンバー(琥珀)の中でも、ブラックライトなどの紫外線を浴びると黄色から青色に色が変わるものをブルーアンバーと呼び、産出量が非常に少ないため、激レアです。パワーが強いです。
(希少価値が高いため、高額で取引されています。通常は、日本の宝石市場でこのドミニカンブルーアンバー14mm玉は1個で4~5万円しています。)

ブルー系:2012年に閉山したスリーピングビューティーのターコイズを使用。1970年代のデッドストックの濃くて鮮やかな青の原石をカットした、さざれビーズを使用。天然無着色。ザッカリー処理。
(これは、市場では1カラットあたりのお値段で計算され、本来は高額で取引されているものです。
でも私は魔法のように引き寄せの力が強いので、お買い得価格でご提供できます。
この鮮やかなまっ青のターコイズは世界的に激レアで、一般に出回っている薄い水色のターコイズとは雲泥の差です。ペルシャ産のオールド・ターコイズでたまに見かけるような、幻の色です。
私はこの真っ青なスリーピングビューティーがペルシャ産のオールドターコイズのように高騰するのを霊眼で見えて、数年前から見抜いて予測していたため、すさまじく強い胸騒ぎがあって、何年も前から入手し続けてストックしてきました。周りの友人達はもちろんこの私の行動をよく知っていて、私のこの予言的中の証人です。
この目も覚めるような真っ青の発色は、視覚的にも目にする度に見とれてほっと癒されると同時に、幸運の塊です。天然の色の波動が高いです。
ホントに、天然無着色でこの真っ青の石が存在するなんて、ありえない!というほどキレイで、美しいです。
紙面の写真をじーっと観ているだけでもほわ~っと満たされて癒されて夢心地になる方々が続出で、お便りをたくさんいただきました☆)

ピンク系:2010年に鉱脈が涸渇した、アルゼンチン産のロードクロサイト(別名インカローズ)の、濃くて鮮やかな半透明のローズピンク色のビーズ5mm玉を使用。
(現在の宝石市場では、この色のロードクロサイトは希少価値が増して、この5mm玉のブレスレットは5万円であるかどうかというものです。入手困難です。こちらも私が霊眼で価格高騰を予測して見抜いて、何年も前から集め続けていた、デッドストックをムー読者のために放出しました☆)

よかったら、お近くのコンビニや書店で、学研ムー9月号をご購入してチェックしてみてくださいませ☆☆☆

このクオリティーでこのお値段の企画は、私も滅多にできないものです。他では真似できない品揃えとお値段です!
「これでもか!」と、てんこ盛りに、張り切って私の大事なお宝デッドストックを放出しまくり、多くの方々へ還元させていただきました。
私の役割の一つは、人々へ財宝を与えることなのです。(弁才天は芸術の女神様で、財宝を与える役割もありますので。)
この企画のブレスレットは、市場価値が高いもので今後もさらに年月が経つほど価格高騰し続けていく宝石をてんこ盛りにしてあるので、お客様の現物資産となることでしょう☆
喜んでいただけたら嬉しいです☆

6万部以上の老舗雑誌に掲載されて、全国区で紹介されたので、私のお客様達はとっても喜んでくださっていて、お便りやご感想もいただきました。今までの私のお客様達、応援し続けてくださっているファンの方々へ、感謝いたします。
お客様のお陰様でございます。

ご贔屓くださいまして、ありがとうございます☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年08月19日 06時31分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月16日
カテゴリ:不幸の予防方法
書き込みいただいた内容に、コメント続きです☆
ありがとうございます☆

>「この”体感”に関しては 私事で恐縮なのですが、同じく 大好きだった人でイイ方のはずでしたが、全身の細胞が必死で抵抗しているのを感じてびっくりした経験があります。
ココロと体は違った意見でしたが(!)体の(というか細胞の)意見に従ってよかったのかもしれません。(いまだにカルマが汚れている感じは全くない方なのですが。。)」

↑ これについて、解説いたしますね。
霊能力者のおばさま(霊眼がある。でも霊的な仕事は一切していなくて、表には出ていらっしゃいません。)にもお聞きして、裏付けが取れた内容を皆様にシェアします。

前に書いたことがありますが、私のジュエリーのお客様には霊能者も何人かいらして、サラスヴァティー(蓮の花の指輪)を金銀セットでご購入くださった霊能力者のおばさまがいらっしゃいます。(金銀は、陰陽のエネルギーで対になっているそうで、このおばさまは両方を同時に用いるそうです。)
このおばさまは生まれつき霊眼を授かっていますが、「指輪の蓮の花がパーッと開いちゃったのを観ちゃったのよ!これはすごい指輪よ」とおっしゃって、霊眼でそれを観て以来、この私の作品を多くの方々へ奨めてくださっています。
この方も血筋で、霊眼を持って生まれる人々が多い家族で、昔は身分が高かった家系にお生まれになっています。霊眼というのは徳が多い家系に徳を積んでいる魂が授かって生まれるもので、一瞬で霊的な情報を多く読み取り、正確だということです。(霊眼を持つ人は、急には2代や3代では、家系に生まれないです。家系をそこまで浄化するのは10代はかかります。)
負のカルマが少ない場合は、見えるものが多くて、霊眼が保存されています。カルマで自分の魂が汚れると見えなくなります。

この霊能力者のおばさまとお話していた時に、お話されたこと。今年1~3月ごろにお聞きしたお話です。
魂の波動が低い(汚れていて悪い波動)場合について、解説してくださいました。
その内容は、
「この世(私達が住んでいるこの地球上の3次元の世の中)のルール、決まり、法律を破ると、それは1回につき1個の負のカルマになるから、魂を汚しているよ。
この世のルールは守らないといけない。
どんな小さなルールでも、守らないといけないんだよ。

たとえ、霊的なことを学んで修行を積んでいる者であっても、この世のルールを破ったらカルマになるから、学んだり修行する意味ないよ。学んでもカルマを付けて汚していたら、浄化が追いつかないよ。
不法なことって、ついつい習慣で毎日のようにやり続けてしまっている人がいるよね。

大げさな極端な例を出して分かりやすく説明するね。普通はここまで極端な人はまずいないから。
例えば、ここに不法な事や不法滞在をやってる者がいるとする。それは1回につき1個の負のカルマを作って生きていること。
それをやった回数によって、くり返し同じ不法のことを何回もやり続けるとその度に負のカルマを作っているから、たとえば不法滞在は1日に1個のカルマになるとすると、1年で365個のカルマ、10年ではその10倍、20年ではその20倍のカルマを作ってしまうこと。それはとんでもないすさまじい量になる。20年というと、今から反省して霊的修行を積んだとしても、追いつかない量だよ。
しかも、毎日同じ不法の事や不法滞在をやって生きるだけで、1日ごとに1個、毎日毎日負のカルマを作って生きていること。もう、1日も早く止めないといけないけど、今まで作った分のカルマは普通はまず永遠に消えないから、どうしようもないよ。魂をカルマで汚してとんでもないことにしている。
10年分のカルマはとんでもない量だよ。大量すぎて、何が返ってくるのか分からないよ。ドカンと一度に返ることもあるけど、たいていはカルマというのは、魂を汚してるから波動が低くなっていて、いつも毎日、少しずついろんな不運なことがこまめに返ってくることが多い。

そして、その恋人も同じカルマだよ。同じ波動だからくっついているのだから。
周りの親しい人も同じこと。同じ波動で心地よいから一緒にいるのだから。
だから、それを知っている周りの人全員に、その不法の人はカルマの悪影響を与えているから、親しい全員がその同じカルマをもらうんだよ。どれだけ周りに迷惑をかけているか。それもカルマになるから、終わらないね。
それを知っている親兄弟ももちろん同じカルマを作っていること。

同類が引き合って一緒に集まるんだよ。
その同じような負のカルマの縁をもつ人のところへ、不法の人は寄っていって集まってくっついているんだよ。
なぜそんな不法の人が近寄ってきたのか?それはその人自身の中に同じ縁(不法と同じカルマ)があるからだよ。
同じ縁が無いと、カルマにまみれた汚れた魂の人は寄ってこないの。」

私の質問:”自分には接点が無くて寄ってこなくても、もしその不法の周りの人が心配してかわいそうだからと引っ張って無理やり積極的に連れてくる場合は?”

「波動が合わないと、不法の人なんて来ないよ。
同じ不法のカルマの縁がある人のところにだけ、波長が合うからそういう人は行くの。
私(霊能力者のおばさま)のところには、不法とか不法滞在の人は1人も来ないんだよ。言っとくけど、私とは波動が全く違うから、神(父なる神)は、そんなカルマの人を私には近寄らせないようになってるの。
全部、神が調節している。
おいでっていったって、絶対に近寄って来ないよ。
私の目の前にそういう人が現れたら、その人は自分の波動と私の波動の違いをなんとなく感じて、私が怖くて近寄ってきやしないよ。霊眼でその人が隠していることまで全部観えるのだから、隠したって丸見えなのに、怖いはずだよ。隠していることが、パッパッと、見えてしまうの。
近寄れるもんなら近寄ってみなさい。私の家の前まで来ても、絶対に部屋の中にははいれやしないよ。」

私:”そういうもんなのですか。”

「そういうもんだよ。波動が違うと、おいでっていったって近寄ってこないんだよ。来たとしても居心地が悪くてすぐに自分から出て行ってしまうよ。
そんな人に向かって”来るな!”と私が言う必要も無い。
追い出さなくても、出てく時は「自分から」出て行くんだよ。自分から自然に出て行くから放っておけばいいの。波動が合わないんだから。
私にはそんなカルマの縁が無いから、そういうカルマを持つ人とは縁ができないの。」

私:”近寄ってきたとしても、「自分から」出て行くのですか?
  放っておけば、波動で合うところに行き、合わないところに行っても縁ができないということですか?”

「放っておけばいい。全部、波動だから。神が調節している。偶然は無いんだよ。」

私:”波動が低い人と親しい人とか、なんとか助けようと思って霊的に波動の高い人のところに連れて行こうとする人は、不法の人と同じ波動だから引き合うのですか?”

「同じ波動だから心地よい、同類ということと、引っ張って連れてったら周りの人達にかかる迷惑まで、まったく考える余裕が無いからでしょう。
でも、罪を知っていて、それでも連れてきて周りに迷惑をかけるのなら、その人もカルマになるよ。
あとはね、善い人は、悪い人に簡単にだまされやすいの。
根が善い人はね、”悪い人なんて世の中にいない”と思い込んじゃってるから、そういう善い人ほど悪人にだまされやすいんだよ。多分、悪い人のことを良い面もあるし良い人だと思っているんだよ。」

私:”不法ってそんなに重い負のカルマを作ることになるなんて、知らなかったです。
じゃあ、たとえば、不法のことを今日からやめるとか、不法滞在なんかだと後から合法的に滞在して生きることに直したとしたら、今までに作った負のカルマは消えますか?”

「消えない!
今までに作った分のカルマは、消えないよ!
それが膨大な量だったとすると、10年20年とかやり続けたことだとすると、とんでもない量になってる。それだけのことが返ってくるんだよ。
カルマが消えると思ってるんなら、甘いね~。
今生で返ってこなかったら、来世ではもっと条件の悪い環境に生まれて苦労したり、今よりももっと大変なことが返ってくるよ。来世で返る場合は、何倍もの量になって返ってくる。」

・・・などなど。とのことです。
この問答の情報については、助かる方々が多いことでしょう。
続きの情報もたくさんあるので、また後日、シェアしますね。

このコメントの方は、上記のこのような霊能力者のおばさまの見解、そのご本人が隠していることまで観える場合は、こういった様々な波動とその影響まで観えてしまうということ、それに近い感覚があるのだとお察しします。

>「大好きだった人でイイ方のはずでしたが、全身の細胞が必死で抵抗しているのを感じてびっくりした」
・・・これは、まさに波動で感じられたのですよね。
その波動で感じた、「全身の細胞が必死で抵抗している」ということはその方が隠している負のカルマの量なのでしょう。
「大好きだった人でイイ方」・・・これも、悪いことをしている人ほど、毎日ウソをついて暮らし続けているから、表面的に善人を装うことは簡単なことなのですよ。だまされやすい人は簡単にだまされるでしょう。
毎日ウソをつき続けて暮らしている不法の人は、ウソにも慣れているし、ウソがばれて嫌われることにも慣れているから、ウソくらい平気で、同居している配偶者とか恋人を完全に長期間だましつづけたり大事なことを隠し続けることくらい簡単にできるのです。一見善い方に見えても、全て波動には現れているので、波動で感知して、あとは大事な事を長期間隠し続けていたこととか見逃さないようにして、気が付いたら良いと思います。

もう一度、最近書いたことをはりつけますね。

「あの男性(犯人)は、悪い人ではないと思うのよ。良いところもあるのよ。」と言う人々も多いものですが、どんな人も神の御心によってこの世に誕生しているのだから良い面も悪い面もあるもので、どんな極悪な犯人にも必ず良いところはあるのですよ。
・・・
完全に全部が極悪でしかない人は、この世の中にはいないと思います。どんな犯人にも良いところがあるものなのです。ペットの犬や猫を可愛がったりとか。
「負のカルマが多すぎて魂の波動が低い男性」が「悪いことをしているけれど根は良い人で良い面もある」ということは当たり前によくあることです。」


「女性も二極化しているのですよ。
本人次第なのです。」


また、この霊能力者のおばさまの解説情報を、続きを書こうと思っています☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年08月22日 08時05分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月13日
カテゴリ:読者のお便り
お便りの一部分を掲載します☆
ありがとうございます☆

「ブルーシャ様のブログで、タカラヅカのシカゴNY公演の記事がとても印象的でした。

清く正しく美しくの言葉も強く胸に響きました。

ブログからチャコットダンスキューブのホームページに行き、ブルーシャ様の記事を拝読致し、どうしても観に行きたくなりさきほどチケットを購入しました(^ ^)
・・・
キャストは、ビリー役 峰さを里さん、ヴェルマ役 湖月わたるさん、ロキシー役 大和悠河さん、ママ役 初風諄さん です。ブルーシャ様のチャコットの記事を拝読し、初風諄さんの回を選びました。
タカラヅカの舞台を観に行くのも初めてですし、ブルーシャ様のブログを拝読したタイミングで観劇できるチャンスに恵まれたこと、深く深く感謝を致します。

清く正しく美しくの精神についても教えていただきありがとうございます。

楽しんできます!」

(以下、ブルーシャ記す)

 ダンスキューブの私のレポート記事を読んでくださり、ありがとうございます。

(私は、チャコットのニューヨーク特派員を13年以上続けさせていただいています。
ニューヨークのバレエとダンスの記事を毎月、書いています。
長年のバレエ経験が生かされています☆ 
私はニューヨークに来てからですが、今はタップダンスに転向しています。実はタップダンスも、バレエ経験があるとその基礎が生かされるのです。
クラシックは何でも、踊りならバレエ、音楽ならクラシック、美術ならクラシック絵画などは、その分野の基礎となるのでその後にその分野のあらゆることに応用が効きます。
タップが盛んなニューヨークならではで、ニューヨークにはタップ愛好家が多いので、有名な先生のレッスンがたくさんあります。
タップを踏みしめて踊ることは、ストレス解消にピッタリです!!!)

 宝塚の「清く 正しく 美しく」というポリシーに共感してくださり、嬉しいです☆

 宝塚歌劇団の有名な歌、「すみれの花咲く頃」というのは、宝塚市の花がすみれだからだと、昔、バレエを学んでいた頃にお聞きしたことがありました。
すみれは小さな紫の花で、控えめな、奥ゆかしい美しさがあって、上品な雰囲気のお花ですよね。
花言葉は「誠実」「貞操」。
すみれは聖母マリア様に捧げるお花でもあるそうです。

 すみれの花のイメージ、雰囲気、花言葉は、まさに宝塚歌劇団のポリシーである「清く 正しく 美しく」にピッタリですね☆

 私が幼稚園の頃に、宝塚市の花がすみれだと知って、すみれの花がとても気に入りました。
ステキなところに生まれて住んでいるな~嬉しいな~美しいな~と思いながら、毎日暮らして育ちました。

 すみれと故郷の宝塚市にも、とても感謝しています☆

 宝塚シカゴの公演を、楽しんできてくださいね~。
 初風諄さんのあまりの歌の上手さに驚かれることでしょう! (まるで、特別ゲストでオペラ歌手を呼んだかのようでした。)





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年08月13日 14時05分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月11日
カテゴリ:読者のお便り
さて、お便りにコメントいたします。
前回続きです。
ありがとうございます。

同じような経験があるという方々から他にもお便りをいただき、多くの方から共感いただきました。
いくつも、お礼のお便りをいただきました。

書き込み情報が、多くの女性達のお役に立てて嬉しいです。
この情報は、女性の運命と人生を変えてしまう大事な内容ですものね。
知らなかったら、魂の波動の悪い男性を伴侶にしてしまいかねないですよね。

例えば、不法ドラッグや不法滞在や沖○のレ○プ犯にも妻子がいますものね。いろんな報道を見聞きすると、妻子がいるXX犯や不法の男性がたくさんいるのです。その女性の親は悲しんでいることでしょう。相手の負のカルマの量を体感できないほど自分の魂が汚れているから、波動の悪い男性と同じくらい自分も波動が悪くなっていて気が付かないですし、同じ波動同士で心地よくなじんでしまうから、くっつくのです。

もし、波動の高低や負のカルマの量が見える眼鏡があったとすると、それをパッとかけて見て、ある男性のものすごい負のカルマが汚れとなって見えたり、汚くただれているように見えたら、貴女はその男性を選ばないし、近寄らないでしょう。

「あの男性(犯人)は、悪い人ではないと思うのよ。良いところもあるのよ。」と言う人々も多いものですが、どんな人も神の御心によってこの世に誕生しているのだから良い面も悪い面もあるもので、どんな極悪な犯人にも必ず良いところはあるのですよ。
覚○剤事件で報道された男性に妻子がいても、きっとこの男性にも良いところがあったから結婚した女性がいるということなのです。
完全に全部が極悪でしかない人は、この世の中にはいないと思います。どんな犯人にも良いところがあるものなのです。ペットの犬や猫を可愛がったりとか。
「負のカルマが多すぎて魂の波動が低い男性」が「悪いことをしているけれど根は良い人で良い面もある」ということは当たり前によくあることです。
でも、だからといって、伴侶を選ぶ時に片目をつぶってわざわざ魂の波動の低い異性を選んでしまわないでくださいね。

そのまま「まあこれでいいや~。彼氏はいないよりいたほうがまだましかな~。まあこんな私にはこの程度の男性しか寄ってこないから、寄ってきた中から選んだらコレしか無かったのだから仕方がないや~。皆、こんなもんだよな~。自分で”この人が最高!”と選んでいる女性なんているのかな~?他の人もこんなもんでしょう。・・・ブツブツ・・・。」と消極的に、向こうから自分へ近づいて寄ってきた男性の中から、特に何度も何度もしつこかった男性を選んでしまい、流されてそのまま年月が経ってしまった女性は、けっこう多いですよ。あまりにもしつこかった男性に根負けしてしまって、流されて恋人になってる女性は多いです。

「悪い人ではないから」「根は良い人だから」と頭で考えて「強烈にしつこい男性」に流されてしまわないように、シングルの女性は特に気をつけてください。

伴侶として、波動が高い異性を選ぶことは、大事なことです。これで人生が分かれます。
触られて身の毛がよだつ異性、全身に悪寒が走る異性は、あなたの内在の神からのメッセージですから良く聞いて、避けてくださいね。

このお便りの方のように、蕁麻疹も同じく、神があなたに「これは悪い波動ですよ、避けなさい」と知らせている大事な症状です。
悪寒、蕁麻疹、身の毛がよだつのは、避けるほうが身のためなのですよ。
あなたご自身の本能のセンサー、直観を信じてくださいね。


霊能者の先生達や霊能力者のおばさま達、直観霊感が優れているジュエリーのお客様達が多いのですが、その方々とも時々お話したり、確認している、裏付けの取れた内容、情報を主に公開しています。内容の精査には気をつけています。
そういった霊能力者の先生達と、こういった、人々の魂の波動の高低の違い、差について話していた時に、
「友は選びなさい!」
「人を選ぶことと避けることは常にしないといけない」
「ある人を避けることと嫌っていることは全く違うこと。嫌うのではなく、避けることです。」
ということは、皆さん、おっしゃっていて、一致しています。
聖人ババジやサイババも、「友は選びなさい!」と強く断言しています。

また、お客様の個人情報は一切表に出さない主義なので書いたり話したりはいたしかねますが、中には、有名なあるスター俳優の親御様が私のジュエリーを愛用してくださっています。
私でも知っている、誰でも知ってるスターの親御様です。
そのスター俳優の親御様とお話していた時のこと、この上記のような、悪い低い波動を身体で体感して人を避けることについて、大事なことをお聞きいたしました。
「人生の時間は有限なのだから、くだらない人と接してお話したりつきあっている時間がもったいないから一切話す必要ないですよ。もっと有効なこと、やるべきことに時間を使わないともったいないです。」
というお言葉をいただきました。
「一切、話す必要ないですか?」とお伺いすると、
「一切話す必要ないです! 時間の無駄です!」
「気を使う必要ないですか?」
「気を使う必要ないです!」とキッパリ!すがすがしいくらいのバシッとはっきりしたお言葉をいただきました。
・・・さすが、ご子息がスター俳優に自然に育った親御様なのですから、含蓄がありました。
おそらく、不法の男性とは最初から一切口をきかないのだろうな、全く接点が無いのだろうな、波動が合わないから接点が一生無いのだろうなとお察ししました。

一切話す必要ない、
時間の無駄、
なのだそうです。これで良いのですよ。

不法の波動の低い男性と、例えばこのスター俳優の親御様や霊能力者のおばさまとは、全く接点が無いことでしょう。自然に淘汰されていき、波動で分かれ、住み分けて生きているのが世の中の姿でしょうね。

仕事柄、いろんな人々と接する場合について、様々な問題点とか、気をつけることなど、次回にまた、コメント続きをいたしますね。

お便りをたくさんくださり、ありがとうございます☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年08月22日 07時09分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月09日
カテゴリ:不幸の予防方法
前回書き込みについて、お便り、体験談をいただきました。
その一部分を掲載します。
共感してくださり、ありがとうございます。

有益な情報を一歩踏み込んでシェアしたことで、多くの方々のお役に立ててよかったです。
知らなければ運命が分かれる、重要な情報ですから。
「知らぬが仏」のままではなく、有益な情報を知ったら、「知ったことによって人生で助かることが多くなる」「優位な方向を選ぶことができる」というふうに役に立ちますよね。

「自分で選ぶ」
「自分で選ぶことができる知恵」
ということが大事です。
流されて生きるのではなく、あなたがより良いものを「選ぶ」ということを大切にしてください。

私のほうにも多くの方々からの喜び、感謝の波動(良い波動)がたくさん返ってきています。
とても感謝していただき、ありがとうございます。

(その反対の、恨みやネガティブな生霊の波動がきた者はわずかでした。お祓いが必要ない程度でした。他人に迷惑を与えている側の人は、ごく少数派だったのですね。)

多くの方々に喜んでいただき、お役に立てて光栄です。
やっぱり書いてよかったです。


「8月8日のブログ
体験談☆「体感して識別」を拝見致しました。

ブルーシャさんがおっしゃる通り、私も何度か経験があります。
元々、他人に触られるのが苦手で、人に触ることがある時は了承を得てから触ります。

何かをされたわけではないのに、ある男性が苦手で避けていましたが、一緒の職場だったので近くにいました。
数日で蕁麻疹が出来て会社を休みました。
たぶんですが、その男性が影響しているのではないかという感じでした。

肌が触れると影響があることは、知りませんでしたが
今まで自然と避けて生活していました。

いつも有益な情報を教えて頂き
ありがとうございます。」


「人から触られる事を、避けていたことは影響を受けないといういい面があったのですね。
ほっとしました。」


コメントは次回!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年08月22日 07時09分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月08日
カテゴリ:不幸の予防方法
7月29日のお客様のご感想☆「清く正しく美しく」に書き込んだ内容について、続きを書きます。
詳しい体験談、情報のシェアです☆

「普通の友人関係よりも、男女関係のほうが同じ波動の者がくっつきます。例外は無いです。
つまり、相手の男性は汚れた波動だけど自分(女性)は浄化されたきれいな波動ということは絶対になくて、自分(女性)もその男性と全く同じように汚れた波動なのです。

そうでないと、ちょっと触れただけでもゾーッと全身身の毛がよだつからすぐ波動を体感するため、近寄れないのですよ。
波動って、そのように体感します。」

↑ この内容は、実際に様々なご体験談をいただいたことや、その対処方法についてお話しなければならなかったことなどがあって、深い意味があるため、書きました。

全部は説明いたしかねますが、その一部分だけを書きました。
書ける範囲内で。

今回は、この情報は、知っているのと知らないのとでは運命が変わるので、他の多くの方々のためにもなる有益なことのため、その補足説明をします。

過去に積んできた負のカルマが多すぎるため波動が汚れた異性について、ちょっと触れただけでもゾーッと全身身の毛がよだつからすぐ波動を体感するということ。
これは最近、実際にニューヨークで身近な方からこのような体験のご報告と相談を受けたことがあった、実話でございます。
本当にあった体験談です。

こういう悪い波動に対して身の毛がよだつ感覚は、種の保存のためより良い異性を選ぶ本能が備わっている、女性ならではの感性です。
特に女性は、波動を感じ分けるセンサー、体感する能力がもともと備わっています。
その波動を体感する能力は、自分よりも低い波動のことは丸見えで、自分より高い波動は見えないのです。
「自分より低い波動は丸見え、自分より高い波動は分からない」という宇宙法則によります。
つまり、負のカルマが少ない女性(浄化されていて綺麗な魂で、汚れが少ない)はそのセンサーが正常に働くから低い波動を体感して身の毛がよだちます。

でも反対に、負のカルマが多い女性(魂にカルマの汚れが多い)は、そのセンサーが汚れに覆われているから、人類全体の中でカルマが多すぎて波動が低いほうの男性と同じくらい自分の波動も低くなってしまっているので、身の毛がよだたないし、なじんで心地よく感じている状態です。

女性も二極化しているのですよ。
本人次第なのです。

では、その体験のケースを、書ける範囲内でご説明しますね。
実際の例があるほうが、説得力があると思います。

普段の生活の中で、時々、男女混じって数名で集まる機会があるものです。それはどこでも同じですよね。日本でもニューヨークでも。
夏になり、薄着の季節がやってきたので、普段よりも肌が露出した状態で出かけるようになります。

ある日、私も同席した場なので事実ですが、その日皆が帰ってから、あることで相談を受けました。(作り話ではありません!)

ある男性からなれなれしくその女性が”ポンポン”と強く広範囲の面積の腕を触られた時に、ゾ~ッと全身に悪寒が走ったそうです。
頭の先からつま先まで全身を、ゾ~ッとすさまじい悪寒でした。
それからその晩は、悪寒で気分が悪かったそうです。
そのため、私は遠隔でその後、その方がある男性から受けた邪気を取り除きました。(←私がやっているのではなくて、神に頼んでお願いして、お祈りするだけです。神がやっています。)

これは、どういうことが起こったのか分かりますか?
解説いたしましょう。
キネシオロジー、キネシオロジーテスト、キネシオロジー反応、筋反射テスト、筋肉反射テスト、といった語句を、ググッて検索して、チェックしてみてください。
この女性にこの反応が、ある男性に対して起こったのですよ。

つまり、自分よりだいぶん低い波動の男性に触られた時に、それが自然に筋肉反射テスト(キネシオロジーテスト)になっていて、男性の低い波動を「全身の悪寒」「身の毛がよだった反応」として体感したのです。
この場合は、この女性のほうがある男性よりも波動が高いということ、負のカルマが少ないということです。この女性のほうがある男性よりも浄化されている綺麗な魂なので、このような反応が起こったのです。

普通は礼節のある男性なら、なれなれしく女性の肉体を触らないものですが、ここはニューヨークなのでそういった礼節の無い男性もたまにいるものです。ごく少数派ですが。母親が育て方を間違ったのか、または母親も同じような人だったのでしょう。ちゃんとは教育されていない状態なのです。

こういう礼節の無い男性の問題は、日本では起こらない問題かもしれません。
日本はその反対に、男性は全体的に礼節があります。
日本はそういう礼儀を重んじる文化ですし、日本の母親なら男の子を上手に育てる伝統があるということに、海外に出てから気がつきました。

でも、こういった礼節の無い男性、なれなれしく女性の身体を触る男性、負のカルマが多すぎて魂の波動が低くなっている男性でも、女性のパートナーがいるものです。
その場合は、その伴侶の女性はこの男性に同じように触られた時に、「全身の悪寒」「身の毛がよだった反応」が起こらなかったから、自分と男性がよくなじんで、一緒にいるわけです。
なぜ同じように「全身の悪寒」「身の毛がよだった反応」が起こらなかったのか?それは、その女性もこの男性と同じくらい負のカルマを多く作りすぎているから魂の波動が低くなっていて、同じように低い波動同士だからよくなじんだということなのです。

筋肉反射テスト(キネシオロジーテスト)で「全身の悪寒」「身の毛がよだった反応」が起こったのなら、この男性となじまないですから一緒にはいられないです。
女性も、このように、波動で二極化しているのが、実際の世の中の姿です。

なんだかんだ言って、男女は自然に、お互いを選び合っていて現在に至っているのですよ。カップルの問題を片方のせいにするのは間違っているというのは、解説するとこういうことです。波動で自分が選んでいるのです。男女の相手は、自分の魂の姿そのものです。


その頃から、この上記の女性があの男性から、「自宅でぜひパーティーをさせてほしい、遊びに行かせてほしい」としつこくしつこく、しつこくしつこくしつこく、何回も何回も言われ続けたため、困惑していらっしゃいました。
「え!全身悪寒が走ったような男性なんか、絶対に家に入れたらダメだよ! 入れないほうがいいよ! 遠まわしにお断りしたらどう?」と私も心配していたほどでした。
この方は1人暮らしの女性なので、そのような波動が低い男性のことは余計に気をつけたほうが良いです。


さらに詳しく、対処方法を解説します。

魂に汚れが多くて体表のチャクラの波動が低く落ちている人と、魂に汚れが少なくなって磨いてきて波動を高く保っている人が、”ポンポン、と腕をたたいたり”直接肌と肌を接触すると、一瞬でその人の体表のチャクラがズトーンと同じ低いレベルまで落ちます。

今までに積み上げてきた負のカルマの量、魂に付着した汚れの量には差があります。
その差は、人と直接接触しなければ移らないです。
でもこの世で洞窟にこもって生活するわけにはいかないですから、毎日どこかで影響を受けたり与えたりしています。

ですから、それを知った今からは、他人へのボディータッチはなるべく控えてあげてください。
ポンポンと腕をたたいたり、肩をたたいたりするのは、お互いにやめてあげてください。
夫婦間、恋人間は同じ魂の汚れの量なので構いませんし、問題ありません。

後は、普段の生活の中で、波動が落ちている人(負のカルマの量が多い人、汚れが多い人)と一緒に飲食を共にしたり、肌を接触すると、上記に書いたように自分の体表のチャクラも全部同じところまで落ちますから、自分の責任で選んで行動してください。

なんとなく波長が合わないという感覚は、神からのサインですから、そういう自分に内在する神の声を良く聞いて、飲食を共にする相手、肌を接触させる相手を識別して選んでください。

また、このような波動の低い男性とだんだんなじんでしまい恋人になったとしても、その後プロポーズされてなんとなく「この男性と結婚はしたくない」と本能が知っている場合は、それも神からのサインですから、自分の魂と身体のセンサーの声を良く聞いて、識別して選んでください。

人生とは、波動を識別して選ぶ、ということのくり返しです。
結果は二極化していきます。

シングルでこれから恋人を選ぶ方は、この感覚が一番大事ですから、波動の高い男性と低い男性を見誤らないように、身体に表れるサインを重要視して選んでください。

肌が実際に触れなくても、触られなくても、ちょっと1mくらい近づいただけで悪寒とか身の毛がよだつとか、心地よいとか側にいたいとか、体感する反応が起こります。そういう、ご自分の身体の声、魂の声をよく聞き取るようにしてくださいね!

また、知らないうちに周りから悪影響を受けたり、また反対にあの男性のように周りへ悪影響を与えていたら、申し訳ないですよね。


情報を知って、ご自分で判断して、取り入れてください。
識別して、取り入れ、気をつけることは、ご自分で行ってください。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年08月22日 07時08分40秒
コメント(3) | コメントを書く
2016年08月05日
カテゴリ:読者のお便り
前回のお便りにコメントいたします。
お便りをありがとうございます☆

このお便りの方は私のお客様なのですが、似たような人は集まるのだな~と、またつくづく思いました。
宝塚歌劇団のこと、四條秀子先生のこと、音楽学校のことをよくご存知の方なのですね!

しかも大分年上の方なのに、私にまで丁寧に敬語をお使いくださり、敬意を表してくださりありがとうございます。こちらこそ感謝いたします。
とても光栄です。

年上の方からも、私の書き込みに共感していただいて、ありがとうございます。
同じ考え方、同じ価値観の方が読むと共振、共鳴して、共感くださるものです。
私と波動が合う方が読むと、共感いただけます。

その反対に、波動が合わない方が読むと、反発もあるだろうと思います。
でも、私は今でもバレエに関する仕事をしているのですし、宝塚市出身なので仕方がないことです。
ブラジルで育ったサッカー選手やサンバのダンサー達のような感じで、私は宝塚歌劇団のお膝元で生まれ育ったのです。
そして幼少時からの、四條先生の影響で、「清く 正しく 美しく」を条件反射のように当たり前の価値観として身に付けて育ったということです。
きっと他の方々も、ご自身の地元の物事が、同じように身近に感じられることでしょう。


1つのことに対して無難にまとめて当たり障りない範囲で書くと、結局、反発も受けないですが、強く共感してくださる方も出てきません。

強い共感をしてくださる方を早く見つける方法が、一歩踏み込んた内容を書くことです。
すると、かけがえのない読者の方、お客様など、同じ波動の人々が自然に集まってきます。
このような、波動が合う人々が大切なのです。
末永く大切にさせていただきます☆


このお客様がおっしゃるとおり、今回の書き込み一連、「清く 正しく 美しく」については、本当に意味深いものがあったのだと思いました。

「清く 正しく 美しく」を必ず守って暮らし続けていれば、自然に負のカルマを作らないですし、自分を大切に扱いますし、負のカルマを作りすぎた生き方をしてきた人を伴侶として選ばないので、自然に幸運金運は強くなりますし、出会い運も良くなり道が開けてきますし、目に見えないもの、守護霊や神からも強く守られます。

開運、出会い運向上の秘訣は、毎日を「清く 正しく 美しく」を守って暮らし続けることだったのだと、分かりました。
これさえ気をつけておけば、その人は波動が上がるため、かなり開運になっているので、振り返るといつの間にか、皆さんもどんどん運や出会いが良くなっていきますよ。

このお客様がおっしゃるとおり、
>「その四條秀子先生のお弟子さまとなられていたブルーシャ先生は
ご幼少より厳しくお教えを受けられていたんだと」

・・・これは、確かに四條先生からは強い影響を受けました。
でも厳しく教えられたという記憶ではなくて、生きた聖書のような、聖人のような暮らしをし続けていらっしゃった四條先生の近くにいるだけで、先生からは黙っていても目に見えない大きな良い影響をいただきました。

私の両親も家族も、四條先生からは良い影響をたくさんいただいていました。
聖人とは、黙っていても周りに良い影響を与えるということ、そういうものだなとよく実感しています。
今となって、気がついたことです。

両親も家族も、未だに四條先生の話を時々するほどです。・・・どれだけ皆に大きな影響があったかということですよね。

昔、ある日、私の自宅の玄関外側にある花壇のところに、赤いバラが(土に)2本ささっていたことがあったのです。
謎のバラ2本です!
それに気がついた私の家族達は、
「これは、四條先生がお散歩で家の前まで通りかかったから、バラをさしていかれたのではないかな? 呼び鈴を鳴らしてくれたらよかったのに! こんなことをなさるのは、四條先生らしい行動だわ~。多分そうでしょう。他にそんなことをする人がいるかな?」と口々に言いました。

・・・そして、後日、四條先生にそのことを確かめたら、やっぱりそうでした! お散歩の途中で私の自宅前を通りがかったのだけど、そのままそっと赤いバラ2本をさして帰ったそうです。
「XXちゃんの家の前まで来たわよ~!」っていう印、跡を残したそうです。でもそのまま黙って帰られました。
そういうふうに、粋で、つつましやかで、奥ゆかしい性格の方です。

私が先生からバレエを習い始めたのが3歳で小さかったため、先生に育てられたような面も大きかったからでしょう。当時は私の両親も若かったですから。それで私の家族のことを気にかけてくださっていたのでしょう。
先生がお亡くなりになる前に、じつは私に形見をくださって、今でも大切にしています。スペインに上陸する時にも「四條先生と一緒に行こう♪」と心の中で思っていて、持参しました。ニューヨークの自宅にも今でも持っています。
今はもう時効だから言えると思いますが、四條先生のベレー帽を形見にいただきました。

ベレー帽といえば、画家がかぶっていますよね? 今思うと、私がその後の人生で絵画とアートの道を選ぶ、その予兆が現れていたのかもしれません。

先生の写真もたくさんいただきました。

何事も、偉大な本物の先生から直接学び続けるという経験は、その人の魂に大きな良い影響を残すのです。体験から私は確信しました。

皆様も、何かを学ぶ際には、自分なりに本物の最高の先生を選んでくださいね。
そして、魂の交流の体験を、刻んでいってください。

お便りをありがとうございます。

全てに感謝いたします☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年08月22日 07時08分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月02日
カテゴリ:読者のお便り
お客様からのお便りの一部分を、掲載いたします☆

ありがとうございます☆

ブルーシャ西村先生へ

タカラヅカの四條秀子先生の記事を読ませて頂きました。
とても感動です。
ありがとうございます。
心より感謝を致します。

61歳の  若さでお亡くなりになられた四條秀子先生
そのご生涯は独身でいらっしゃいました。
・・・
清く 正しく 美しく、
この  言葉のなかには
ダンスや  声楽や  容姿の美しさを磨けばよいものではないことを
四條秀子先生はお教えされたことと思います。
・・・
タカラヅカの生徒さんは入学式を迎えたその日から 本格的な
清く 正しく 美しく
が始まるようです。
・・・
タカラヅカの  お舞台の  美しさの元には
このようなお努力なしでは成り立たないものだということだと
・・・
四條秀子先生はタカラヅカのトップ娘役さんで
バレエの神様と言われていたかた。

四條秀子先生がタカラヅカを退団後は
宝塚音楽学校の先生(バレエ教員)となられた訳ですが、それには
清く 正しく 美しくを
真から表現出来るかただったのだと思いました。

その四條秀子先生のお弟子さまとなられていたブルーシャ先生は
ご幼少より厳しくお教えを受けられていたんだと

そして今回のタカラヅカの記事を書いてくださったことには
本当に意味深いものがあったんだと
あらためて思う次第でございます。
・・・
8月12日は四條秀子先生のご命日です。

そして わたくしがとても意味深きものを感じますのは
日航機墜落の  あのお日にちと同じ日が四條秀子先生のご命日であること!

タカラヅカの(四條先生の)生徒さんであった北原遥子さんのご命日でもあり
北原遥子さんは三矢直生さんとご同期生です。
・・・
ブルーシャ先生
わたくしは凡人です。
日々を悔い改め生活をしなければならない者です。

ですがこの度はこの様に
ブルーシャ先生とコンタクトを取らせていただけましたこと
・・・
ブルーシャ先生
感謝を致します。
ありがとうございます。

本当の意味である
清く正しく美しくを  日々の目標に  頑張りたいと思います。
ありがとうございます。


こちらこそ、ありがとうございます。
感謝いたします☆
コメントは次回!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年08月03日 02時28分26秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1981件 (1981件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.