1172807 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ブルーシャ西村 Official Blog

PR

楽天プロフィール

設定されていません

モバイル

ケータイ
スマートフォン

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

ぶひぶひの一人旅!v… くま(#´艸`)プププさん

ウエディング&イベ… 上等沖縄司会屋さん

失われた【本質~The… 黒犬べーやんさん
ウォータールーの予… サンドラ1008さん
free-simply 出来事… flowergreen8さん

ブログリンク

コメント新着

g71@ Re[2]:弁才天リング☆(03/22) アドバイス、ありがとうございました(^…
ブルーシャ西村@ Re[1]:弁才天リング☆(03/22) g71さん、こんにちは。 カキコありがとう…
g71@ Re:弁才天リング☆(03/22) こんにちは、お久しぶりです。 ふと疑問…
ブルーシャ西村@ Re:まだまだな私ですが・・(03/04) tomu1234さん、カキコありがとうございま…
tomu1234@ まだまだな私ですが・・ ブルーシャさん  今年に入りブルーシャ…

フリーページ

ニューストピックス

楽天ダウンロード

ランキング市場

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

おすすめアイテム

楽天カード

最新競馬予想

購入履歴

お買いものレビューがまだ書かれていません。

 

全1853件 (1853件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2015年04月18日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:記事
日本人として嬉しいニュースですね!!
大万歳!!!

Yomiuri Online 記事より、転載
2015年04月17日 13時24分

「若手バレエダンサーの登竜門「ユース・アメリカ・グランプリ」の最終結果が16日、ニューヨークで発表され、シニア部門(15~19歳)男子でドイツ留学中の速水渉悟さん(18)(京都市出身)、女子で東京都小金井市の栗原ゆうさん(16)がそろって1位となった。

 ジュニア部門(12~14歳)女子では兵庫県宝塚市の山田ことみさん(13)が2位に入った。ジュニアより年少のプレ・コンペティティブ部門男子では京都市の増田慈いつく君(12)が1位を獲得した。

 シニア部門は最高賞(グランプリ)が該当者なしだったため、日本人2人が事実上のトップとなった。

 速水さんは2月の「ローザンヌ国際バレエコンクール」で決選に進出しながら入賞を逃しており、「今回は悔いなく踊れたので、素直にうれしい」と話した。ドイツのバレエ学校に留学中で「寮での自炊生活を通して精神的に強くなったと思う」と笑顔を見せた。

 栗原さんは海外のコンクールは初めて。「言葉にならないぐらいうれしい。すごく緊張して演技では失敗もしたけど、お客さんの歓声がとても温かかった。これからも練習を重ねてもっと強くなりたい」と話した。

 山田さんは「またニューヨークに来て大きな舞台で踊れるように練習したい」と喜んだ。

 大会は1999年創設。全米や世界各国の予選を経てニューヨークで決選が行われ、ローザンヌと並ぶ若手バレエの登竜門とされる。」

リンク先は、

http://www.yomiuri.co.jp/culture/20150417-OYT1T50067.html



(以下、ブルーシャ記す)

 ホントに嬉しいニュースですね!

 日本人の星たちですね~!

 ここ数年、日本人の若手バレエダンサー達が、世界のバレエの登竜門に優勝したり上位入賞することが増えましたね。
 素晴らしいです。

 アジア人だし、体型が白人ダンサーに比べたら不利なのに、そういった生まれつきの肉体的条件を差し引いても余りあるほど、ダンスの才能と実力が伸びてきた日本人が多くなったのですね。
 ダンスやバレエのオーディションは、手足の長いスタイルの良い白人ダンサー達と同じ土俵に立って平等に勝負するため、手足が短くて背が低いとどうしても不利になるのです。(ショービジネス、パフォーミングアーツなので、お客様に有料でお見せする職業なため、その前に体型で落とされるのは仕方ないですよね。)

 戦後からのバレエ教育の内容、ノウハウ、メソッドが日本にも蓄積されてきた証拠ですね!

 私は12年間以上、チャコットのニューヨーク特派員を務めているので、ずっとバレエとダンスの取材をし続けてきたため、なおさら嬉しいです! おめでとうございます。私がニューヨークで、ダンス取材を続けてきた12年間の間に、若手の日本人ダンサー達の実力がすごくアップしていきました。
 きっとバレエ・ダンス用品の会社のチャコットが陰ながらその日本全国のダンサー達の力となり、支えとなってきたのだろうな~と思い、嬉しくなりました。チャコットの本社ビルは東京、渋谷にあります。
 チャコットの支店は日本全国に散らばっていて、バレエ少女達は皆、小さいときからチャコットのレオタード、タイツ、シューズを使いますよ。私もずっとチャコットのものを使っていました。懐かしいです。

 ジュニア部門(12~14歳)女子で2位に入賞した、兵庫県宝塚市の山田ことみさん(13)は、もしかして、四條先生の流れをくむ方かもしれないですね。もしかしたらたどっていくと、私の後輩(バレエの)にあたるのかもしれません。そうだとすると、嬉しいですね☆ 宝塚歌劇団と音楽学校のある宝塚市は、バレエ教育が盛んなところなのです。

 日本人ダンサー達が世界で活躍することが増えていきそうなので、彼らがまたニューヨーク公演で踊る際には、私はまた取材させていただくことになると思います。

 日本についての明るいニュースで、本当に嬉しいですね☆☆☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年04月18日 11時03分33秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年04月15日
カテゴリ:不幸の予防方法
 前回続きです☆

前回、イルカの記事を書き込んだ後、読者の方々や友人知人から、いろんな予知情報が届きました。どうもありがとうございました☆☆☆

そして、私の日本の友人たちからもたくさん情報が届き、東京方面でもしかして地震が起こりそうだということでした。日本列島が真っ二つに割れるかもしれない予知もありました。

ニューヨークに住んでいる私達もその日本の地震に対して何かしたい、何とかならないものかと思い、みんなでお祈りしてみようということで、私の周りの人々に声をかけて集めました☆

お祈り&めい想を数名ですると、光のパワーが増幅して大きくなるからです。きっとてきめんに効くかもしれないと思いました。

「めい想&お祈り会」とだけお伝えして、ニューヨークで人を集めてみました。

地震予知のことや、大難を小難にしたいことなどの緊急の内容はもちろん伏せていました。


決行は、ニューヨーク時刻で4月12日夜の時間帯です。日本時刻では13日午前中のことです。

フタを開けたら、7名だけ集まりました。

当日、急用で来れなかった方々が3名でましたし、他にも急に家のトイレが詰まって逆流してきて水浸しになったけど「なぜか無性に、どうしても行かなければならないっ!」と本能的な強い衝動が起こって居ても立ってもいられなかったので放ったらかして無理して来た方もいました。目に見えない邪魔も入ったし、いろんなハプニングもあったのですね。

7名を集めて、簡単に説明して、「皆さん、日本の地震回避のお祈りのご協力をありがとうございます。感謝いたします。」と伝えると、皆さんそんなつもりでやって来たわけではなかったので、本当に驚いていらっしゃいました。

トイレが逆流して邪魔が入っても、どうしても行かなければならないという強いお導きでやって来てくださった方は、「ああ、だからか~!」というように後になってその強いお導きの衝動を納得していました。

そして、7名で90分ストレート(連続)で、途切れなしで、めい想&お祈りをし続けました。
すごいパワフルでしたよ。

その時に皆に、注意点を伝えましたよ、もちろん。こういうお祈りの時のコツは、自分や自分の家族や友人知人だけでもなんとか助かりますように~とかだとダメなのですよ。

本当に神に通じるコツは、「全ての人々、全てのものたち、万物万象の幸せを願います」という内容なのです。ここんとこだけ注意して、ホントにものすごく真剣に、念じ続けました。

「万物万象が幸せでありますように。そして私達の人生と学びを続けるための舞台であるこの地球が、大災害で破滅しませんように、もうちょっと持ちますように。」のようにお祈りし続けました。

無言で、真剣にめい想、誰も眠っている人はいませんでした。

そして、危なかった4月13日は、とりあえず何事もなく過ぎましたので、ああよかった~!と皆で喜びました☆ ほんの少しでももしかしてお役に立てたならよかったです。ほっとしました。

「スーパーセブン」の仲間達です(笑)。

スーパーセブンの皆さん、本当に、無償の愛をありがとう☆☆☆ よくご協力くださいました☆


また続きを書きます。これも「不幸の予防方法」の一つです。

今年は、まだ予断なりません。

引き続き、今年中はご注意ください。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年04月15日 10時52分07秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年04月10日
カテゴリ:記事
きなくさいニュースですね。。。

ご用心を。


NHK News Web より、転載。

「イルカ約150頭打ち上げられる 茨城」
4月10日 14時21分

10日朝、茨城県鉾田市の海岸にイルカおよそ150頭が打ち上げられているのが見つかり、地元の人たちが救出作業に当たっています。

10日午前6時半ごろ、鉾田市の海岸に多数のイルカが打ち上げられていると通報があり、鹿島海上保安署で調べたところ、鉾田市の海岸4キロほどにわたって、およそ150頭のイルカが打ち上げられているのが確認されました。

鉾田市によりますと、打ち上げられたのはイルカの一種「カズハゴンドウ」で、いずれも体長は2メートルから3メートルあり、多くは体じゅうが傷つき、衰弱しているということです。

・・・・・

アクアワールド茨城県大洗水族館によりますと、カズハゴンドウは、小型のクジラに分類されることもある、浅いところにはいない種類で、こんなに多くの数が打ち上がるのは珍しいということです。

近くに住む男性は「これだけ多くのイルカがこのへんに打ち上がったのは見たことがない。まだ生きているのでかわいそうです」と話していました。

茨城県内では4年前の平成23年(2011年)3月5日にも、鹿嶋市の下津海岸に52頭のカズハゴンドウが打ち上げられているのが見つかっています。


リンク先は、

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150410/k10010043721000.html


(以下、ブルーシャ記す)

 ・・・これはきなくさいニュース。不気味です。

誰にも止められないかも。。。

2011年3月5日に同じような場所に同じような状況で52頭のカズハゴンドウが打ち上げられたのですよね。

そしてその6日後、11日にあの災害。


今回は4月10日にそれと似たようなことが、150頭が打ち上げられていたのですね。

その数は2011年3月5日の3倍ということ。←つまり、当時の3倍くらいの強さで磁気が狂っている可能性がありますよね。

4月10日の6日後だとすると、4月16日くらいかな。

3日後だとすると4月13日。

翌日の11日に何も無いことを祈ります。その頃に大き目の地震があったら、すぐ逃げるほうが良いかも!


2011年3月11日の前にも、大きめの地震があった後に、あの大震災が起こったのですよね、たしか。


4月13日ごろ~16日ごろは、大地震に用心しておくほうが良いですね。

関東、東北は用心するに越したことないかもしれないです。


そういう時期に限ってなぜか東京から沖縄へ旅行する予定(笑)の私の友人がいるので、なんかとってつけたみたいな状況ですよね。なぜ4月13日発の飛行機チケットを事前に取っていて、しかも東京から沖縄へ行くのでしょうかね??? 後になって理由が分かるのかな~と、このイルカの記事を読んで思いました。彼女の家系のご先祖様からのお導きなのでしょうね。


関東か東北で震度6くらいの大き目の地震がホントに起こったら、もっと大きな本震が来る前に、すぐ逃げたらどうかな☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年04月11日 00時02分32秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年04月08日
カテゴリ:不幸の予防方法
前回続きです☆

ちなみに、ニューヨークで2012年12月初めにこの到達体験をして自分の肉体の殻を突き破ってから、このときから少しだけ神(根源、宇宙意識、非顕現)に直結で融合し始めたのだということが分かりました。最近私のアトリエに遊びに来てくださった沖縄の霊能者(霊的覚者)の先生から、その後指摘されました。「全て(カルマ)焼きつくしましたね。自分でわかっています。52時間も続けたの? すごい強い意思の力だね~。普通は真似したら、肉体脱いでサヨウナラ~ですよ。普通は病院に入院することも、この肉体を大事に保つためには大切なことなのですよ。」などとおっしゃっていました。私はバレエを3歳から13年間やって肉体を鍛え抜いたからもつのです。バレエをやっていたのは偶然ではないのですよ。

私はこの体験のときから確かに大きな変化があり、神(根源、宇宙意識、非顕現)の設計図の情報を確実に取り出して皆さんに見せること知らせることが出来るようになりました。それが「私の役割」なのです。神(根源、宇宙意識、非顕現)に直結で到達したからこそ、その設計図の図面の情報を取り出すことが出来るのです。つじつまが合っています。
その体験の後、2013年12月に学研から本を出版したので、その本の中にはかなりギリギリまで神の設計図の情報を書いてあります。内容はかなり赤裸々です。
神(根源、宇宙意識、非顕現)に直結で融合していなければ、神の設計図の図面は誰にも決して取り出せないですよ。沖縄の霊能者の先生にもこのように指摘されました。「神の設計図の図面を取り出せたのだから、もうあなたはすでに根源(非顕現)にいます。他の誰にも神の設計図は取り出せなかったのですよ。もう、こんこんと神の智恵の泉から情報が湧き出てきます。どんどん作品として出していってください。」というような内容を言われました。

私はそれから(2012年12月初めから)も、毎日瞑想を続けていて、さらに少しずつ神の世界(根源、宇宙意識、非顕現)に融合する割合を増やしていく努力をしています。直結で融合したといっても私はまだまだこれからで(笑)、神の世界(根源、宇宙意識、非顕現)に99%以上融合するまで、融合するパーセンテージを増やしていく努力が続きます。私の努力の方向性はこれです。途方もない努力ですね。瞑想も自分との戦いなのです。努力次第です。

その後、周りの人や私の知らない人々も、なんとなくそういう事態(非顕現)を感じて分かる日が来たようで、最近になってポツポツと、「ブルーシャさんのことを誤解していました。私はあなたに悪想念を送っていました。ごめんなさい。お許しください。」と直接謝罪してきてくださった方が数名でてきました。そういうお便りも届きました。何?私の学研の本についてかな?悪想念を送ってたとは、本の内容について反感が湧いたとかでしょうか? 「幽界の者に違いない」という誤解でしょうか?
とにかく何か、本人なりに、相手に悪想念を送ったら自分に何倍かになって帰ってきた、結局「相手は自分だった」という体験があったのでしょう。本人がそういう体験を通して、「あ!全てが一体(ワンネス、つながっている)とはこういうことか~」と気がつきますものね。「恨んでいる相手、呪っている相手、嫉妬している相手は結局ご自分自身なのですよ。」

続きはまた書きます。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年04月08日 09時21分43秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年04月06日
カテゴリ:ニューヨークにて
昨日も、絵画教室を開催していました☆

冬季は屋内のアトリエで静物デッサン基礎クラス、夏季は屋外でセントラルパーク写生教室を開催しています。

最近はまだ寒いので、毎週日曜日2時から、私のアトリエで開催中です。

オープンクラスで、前日までに参加の旨をご連絡いただいたらご参加いただけます。

ニューヨーク在住の方がほとんどですが、時々、ニューヨーク旅行中の方々が飛び入りでご参加くださいます。


先月からアトリエのビルに無料の会議室が出来たので、生徒さんたちと相談して、最近はその会議室で行っています。

壁も天井も備品も全て真っ白一色で、テーブルとイスも真っ白なので、その空間にいると白い世界の中にいるような錯覚になり、ビル内はシーンとしてとても静かなので、精神が落ち着きます。

白は神(根源、宇宙意識、非顕現)の世界の色です。

瞑想で最後に到達する世界は「真っ白一色」です。

神(根源、宇宙意識)の世界は白しか無くて、無音無臭で、白以外なにも無い世界なのです。
私の場合、2012年12月初めに瞑想でそこ(神、根源、宇宙意識、非顕現)に到達する直前には、通しで丸2日間以上、52時間の間ずっと蓮華座で瞑想状態のまま体が動けず、神の世界へ行っていて、変性変容が起こりました。52時間経っていましたが、あっという間の出来事のように感じられました。
その後はビフォーアフターの全く違う世界に自分がいて、周りの全ての物質の周波数が音楽(曲、メロディー、多重アンサンブル)を発していて、同時にあっちこっちから、壁や天井や床や水道のパイプから音楽が聞こえ続けていて、それが2週間以上毎日続きました。
全ての物質はそれぞれ違う周波数を発しているということは聞いたことがありましたが、それが音楽となっていることはこのとき初めて体験で知りました!
そして、そのときに聴こえ続けてきた音楽のアンサンブル曲を数曲、その体験の際に書き留めて保管してあるので、いずれMIDIで作曲して皆さんに聞こえる形で音楽として仕上げます。(この私の仕事も先で待っていますね~。まさに天上界からの音楽です。)
この体験はまたいずれ、機会があれば書きたいと思います。(書いてもうまく伝わらないかな~?講演で口で説明するほうが伝わると思います。)

ですから、神の色「白い世界」の中で、落ち着いた環境で、集中してデッサンできるので、生徒さんたちも上達が早いです!

まるで瞑想ルームみたいな会議室がちょうど先月からできて、しかも入居者は無料で使用できるので、「必要なものは全て用意されるな~」とありがたく受け取りました。

日曜日はオープンクラスなので、ご参加ご希望の方は、前日までにお知らせくださいませ。
大歓迎です☆






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年04月07日 05時16分13秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年04月02日
カテゴリ:ジュエリー
不動明王の「降魔の剣」ペンダントのお客様からのお便りを掲載します☆
病院勤めの方です。

ご贔屓くださいまして、ありがとうございます☆

感謝いたします。

ジュエリーをお気に召していただけて嬉しいです。

アーティスト冥利につきます。


「降魔の剣のネックレスは私を護ってくれています。

8月の勤務移動や引越で身に着け無かった時期は仕事のストレスで過食気味でしたが、3月になって(再び)身に着けるようになったら緩和され気持ちが楽で過食も落ち着きました。
最近、感じた事です。

今日は(職場の病院に)ネックレスを着けて行かなかったのですが、トラブルばかりで疲労しました。」





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年04月02日 12時56分42秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年03月22日
カテゴリ:ジュエリー
  • Benzaiten_Ring1.jpg


2014年の作品で、弁才天様リングです☆
オーダーメイドの作品です。

18金イエローゴールド
ブルームーンストーン(スリランカ産)1.2カラット
マンダリンガーネット1.02カラット

弁才天様ネックレスをご注文くださったお客様が、弁才天様リングもきっと可愛いだろうというイメージをお持ちで、ご注文くださいました。

デザイン画と頭の中だけでの想像から、少しずつ形にしていって、お作りいたしました。

きっと可愛くなるだろうな~と、私もお客様も意気投合して、作っていきました。

弁才天の顔の部分をリングにして、首と肩を表すその下のループとサブの宝石はゆれるデザインにしました。

その宝石のゆれ具合は、あまりグラグラゆれないようにするため、ループを直径が太めのワイヤーを使ってお作りして、ループ同士のすき間も狭くしました。


・・・仕上がってみると、想像していたものよりも完成品の実物のほうがすごく可愛い作品となりました!

可愛い~!と、お客様はとっても喜んでくださいました。


2人で相談しながらお選びいただいた宝石の組み合わせはとても個性的で、他に無いデザインと宝石で、1点物です。

インクルージョンが無くて色がきれいなブルームーンストーンが入手困難になっていましたので、それを今のうちに使っておくことに決まりました。

ブルームーンストーンがメインの宝石(弁才天の顔の部分)になるので、その淡いブルーの色身に似合う、コントラストが効いているお色をご提案して、大胆にオレンジ色の宝石(マンダリンガーネット)に決めました。

淡い水色とヴィヴィッドなオレンジ色の組み合わせです。

サブの宝石は白いダイヤモンドが一般的なのですが、何でも白いダイヤを使えば無難ですがクラシカルなデザインとなり、他でもよくある宝石の組み合わせとなります。

今回は、「もしサブで似合う宝石が見当たらなかった場合は、仕方なく最終的に無難な白いダイヤにすればいいですね~」とお話しながら、色々な宝石を引っ張り出して見比べて選んでいきました。
「でも白いダイヤをサブで使うとよくあるクラシックな組み合わせになるから、それは無難ですがもったいない気がしますね~」などとお話しながら、最終的に大胆なオレンジに決まりました。

お客様はごゆっくり、数日間は考えていらっしゃいました。

宝石の色を合わせたり選ぶ時には、宝石同士を並べたり離したりしながら、デザイン画と見比べて想像しながら、バランスを考えて見ていきます。
この、宝石選びの作業も楽しいです。


ブルームーンストーンの色と18金のイエローの色も、ピッタリ合っています。


・・・そういういきさつがあったので、完成後に実物をご覧になったお客様も、「想像していたよりもすごく可愛い~! 実物のほうがいい~! やっぱり作ってもらってよかったです~!」とおっしゃって、驚かれていました。

「やっぱりマンダリンガーネットを組み合わせて良かったですね! オレンジが効いていますね! マット仕上げにしたので、そのデザインには金はマットなほうが合っていますよ!」などなど、私はご説明しました。

この指輪もけっこう大きめで分厚く、重厚感があるので、バランスを考えてマット仕上げにしました。


お客様のアイデアとご希望でお作りしてみました「弁才天様リング」の記念すべき第一作目です。

可愛いから私も欲しくなってしまいました~。

作っている時も楽しかったです!


後に、例えば指輪のバンド状のところに穴を開けて小さなダイヤモンドを左右にパヴェで3粒ずつくらいとか、入れることも可能です。
ダイヤは後から入れようと思えば入れられるものなのです。

私は、このデザインにはパヴェのダイヤを入れないほうが、シンプルで力強くて良いと思いました。


お客様に喜んでいただけてよかったです!
嬉しいです。

ご贔屓くださいまして、ありがとうございます。
感謝いたします。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年03月22日 16時04分31秒
コメント(3) | コメントを書く

2015年03月17日
カテゴリ:ジュエリー
先週から、日本の私のジュエリーのお客様がニューヨークにいらっしゃって、ご滞在なさっていたので、私のブルックリンのアトリエに遊びに来てくださいました。

平日昼下がりのことでした。

私のジュエリーのお得意様です。
沖縄の霊能者の先生(霊的覚者)でもあり、以前から(2011年3月からだったかな?)、私のジュエリーの波動がすごく高くて白光を放っていて愛に満ちているとご指摘くださり、たくさんご注文くださってきました。
指輪7個(!)とネックレスや、他にもオーダーメイドでご注文をいただいてきました。
私の作品についてご理解くださっているお客様のお1人で、本当にありがたいです。

「このジュエリーは、白光を放っていてあなたの愛に満ちているので、身に着けた方もその周りの方々も置いてあるその家のご家族も、あらゆる災難から守られています。必要な方々のところへ行き渡っています。波動だから、同じような波動が合う方が来て、ご縁がある方のところへ行っていますね。」などなど、以前からそのようなことを何度も何度もおっしゃってくださいました。

1年ちょっと前からも、「これはただのアクセサリーじゃないですよ! このあなたのジュエリーを着けた方は、身体の病や不調なところが癒されていったり災難から守られたり、様々な現象が起こっていきます。」などと何度もおっしゃってくださいますが、なぜそうなのかその現象の仕組みについては深くは理解していませんでした。

私の作品は沈黙しているので(笑。作品自体は言葉を使ってしゃべらない)、作品はその波動を言葉としているからです。人それぞれ、作品を観たご感想は様々だと思います。

それについて今回、私に詳しくお答えくださいました。

「愛を込めて作っているので、このジュエリーは”愛そのもの”となっているからです。
”美”は神です。(美は神が形を変えたもの。)
”愛そのもの”が形を変えたジュエリーを身に着けると、その愛の波動が高いから、愛によって癒されたり災難から守られたりするのです。

そして、宝石、鉱物は親和力に満ちているから、魂が汚れた人間よりもよっぽど高い波動を放っているものなのですよ。その高い波動で人間が守られることは昔からたくさんあるのです。

あなたは自然に今まで、それぞれのお客様に合った波動、必要な宝石を選んで、行き渡らせてきています。それもあなたの役割の一つです。

師のスリ・ユクテスワが弟子のヨガナンダに、ある星の影響を受けて将来あらわれる肝臓病を防ぐために、ある宝石をつけた腕輪を作ってもらいなさいとアドバイスして、”物に頼りたくない”と言って無視したヨガナンダが本当に後日、肝臓病になり、後でその宝石と腕輪のアドバイスの正確さを知ったというエピソードがあります。これはね、波動の影響で、本当にそういうことがあるの。

あなたは、このようにそれぞれのお客様を星の影響から守る、それぞれに必要な波動の宝石を自然に選んで今まで行き渡らせてきているのですよ。
あなたは波動で選べて、どれが必要かズバッと的確に分かる能力があるのです。
・・・」
などなど、私の特質と能力、役割、ジュエリーなど作品についてもいろいろ、たくさんご説明くださいました。それでだいぶん、理解できました。
感謝しています☆

「特にジュエリーやアクセサリーなど身に着けるものは注意して選ばなければ、コワイのですよ。ネガティブな波動を放っているジュエリーもあるから、そういうものに惹かれて身に着けて身体が不調和になり災難を引き寄せたりすることもあります。それでね、私はあなたのジュエリーの話をするのです。」とおっしゃっていました。


もともとこの先生は若い頃に長い間、ある職人だったので、私のアトリエのジュエリー製作の道具や薬品などにご興味があって、興味深そうに製作道具の一つ一つを手にとってご覧になっていました。

鉄やすりやツイザーなどこまごました道具の1本1本をお手にとってまじまじと見つめて、長い間ひっくりかえしたりにぎってみたりしていらっしゃいました。

私はおもてなしをどうすればいいかな~と、この方にも喜んでいただけるにはどうすればいいか少し前の日に考えて、職人だったからきっと製作の実演をしたらお喜びになりそうだな~と思いつきました。
(・・・もし女子だったら美味しいケーキをご用意すれば喜ばれますが、この方は本物の覚者なので「不食」で、もう長い間、飲まないし食べないしトイレも行かないし寝ない(眠らない)ため、何もお召し上がりにならないからケーキも飲み物も要らないし、どうすればいいかな~と考える必要がありました。)

それで、製作の工程の一部分を、短くまとめてご説明して、火も使って金の指輪を2個ろうづけ(溶接)してお見せしたり、温めた薬品につけたり、削ったり、金を金槌でたたいたり、キャスティングの説明や、型作りの制作方法をいくつかご説明したり、いろいろご覧いただきました。

すると、ろうづけした後に漬け込んで、金銀プラチナに付着した汚れを全部きれいに落とす薬品(調理器具で保温して使用)に、とても興味を示していらっしゃいました。
「へえ~! 金に付着した汚れが全部落ちるの! 
人間の魂の汚れ(カルマ)を全部落とせるこんな薬品があったらいいね~!
大きなドラム缶か何かに入れて、人間を1人1人漬け込んだら”魂の汚れ”が全部落とせたら、簡単でいいね~。」
と、ご冗談まで飛び出して、ご機嫌でいらっしゃいました☆

・・・つづく。
(またこの話の続きを書くこともあると思います。)





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年03月18日 02時56分49秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年03月05日
カテゴリ:ニューヨークにて
昨晩、世界的なスペイン人フラメンコ・ダンサー(バイラオーラ)の、サラ・バラスのNY公演を観に行きました!
(ダンス公演の取材の仕事です。)

Ballet Flamenco Sara Baras
”Voces, Suite Flamenca”

です。


以前、サラ・バラスの公演を拝見した時に、感動して、それ以来、私はファンになりました☆

うわ~!すごい上手なダンサーだな~!しかも、すごく美しい方だな~!顔も美しいし身体も美しすぎる~!美脚~!・・・それなのにすごい迫力と速度と大音響のサパテアード!! 
美しい方なのに、ヤワな踊り方じゃないのです。
また観たい!

と思ったものでした。


サラ・バラスのような切れ長の目はスペイン人では珍しい顔立ちで、あの顔はスペインでは特に美人とされているものです。

私は絵描きなので画像や映像が記憶に残りやすい体質で、人物をオブジェとして造形を捉えてしまがちなのですが、それで彼女の美脚と顔の美しさが目にこびりついてしまっています。

サラ・バラスの美脚は恐るべし美しさで、この世の自然の造形と思えないくらいで、「これは人間の、しかも20年以上も足を床にたたきつけて乱暴に扱ってきたダンサーの脚なのでしょうか?」というくらい、驚きの美脚なのです。
足が、特にヒザ下がマネキンみたいにまっすぐで綺麗なのです。
20年以上も足を床にすごい重力でたたきつけ続けたら、普通は、足に負担がかかって曲がったり変な筋肉がついて形がくずれたりしてしまうものだろうと想像するのですが。
でも、バラスの足はまっすぐでツルンとしているのです。

そして、何も鍛えたことが無い足だと、ぶよぶよしているだろうとお察ししますが、バラスの足はダンサーとして鍛え上げられているので、積み重なった鍛錬からくる独特の「美」があふれています。


美しい世界的な大御所です。
すごいです!

バラスのように、ダンサーで、自身のカンパニーを創って世界巡回できるような実力がある方は、なかなかいないですよ。

今回の世界公演ツアーは、スペイン政府がスポンサーなので、スペインの国代表で認められて「スペインの文化を宣伝する」役割として、バラスがその役割を果たしているのですよ。
世界中きっと、バラスの公演に魅了されて、スペイン文化のイメージがアップすることでしょうね。


昨日の公演も、楽しかったです☆
詳しくは、また記事を書く仕事(NY特派員)で発表しますね。


ニューヨーク・シティー・センターで上演中です。3月4日から7日まで。
NYに滞在中の方は、よかったらぜひ、ご覧ください。

http://www.nycitycenter.org/tickets/productionNew.aspx?performanceNumber=8667#.VPh0iHyG-So







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年03月06日 01時45分39秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年03月04日
カテゴリ:不幸の予防方法
前回続きです☆

「事件事故に巻き込まれないように出来る技術」があります。

この「テッパンの安全技術」のことを、肝に銘じて、よく覚えておいてください。

2014年、さらに今年2015年は、ますます、巻き込まれるか助かるかは危機一髪、助かる者は絶対に助かるし、巻き込まれない者は絶対に巻き込まれない、という風に現実化する速度が速くなっていますから、気をつけるほうが良いです。

「助かったはずなのに!」とものすごく強く嘆き憤るような事件事故ばっかり(!)、確かに去年今年からますます増えているので、もう書かないといけない時期に突入してしまってるな~と自覚しました。

事件に強く憤っている方々は、私や周りの人々だけではないとお察しします。
世の中全体で、そのように憤る人々は多いでしょう。

もし私がこの「テッパンの安全技術」のことを詳しく書いたら、未来で助かる子供は助かりますよね。
これは、未来で助かる子供が増えるということだから、その家系にとってもプラスになり、良いことだとお察しします。

今の時期なら、自然に、この情報に耳を傾ける人々も増えているだろうと感じます。

つい最近までのまだ速度が遅い時期だったら、この情報を出すためには時期が早すぎて、”子供がいる方はできるだけ離婚を避けてください”と唱えると、賛成する人々の方が多いですが、一部からは反発も受けていたものでした。でももうそういう時期ではありませんね。

今現在(2014年7月15日以降)は、自分が発した思いは良いことも悪いことも即、自分に何倍にもなって返ってくる時期に入ったので、もうそれ以降はそういった生霊は一切飛んでこなくなってしまいました。

私は書く仕事をしているので、その職業柄、反発する人々からの生霊も飛んできていたものですから、それ以前は、毎日、寝る前には必ず1回、自分でお祓いをしていたのですよ、実は。
それが、去年7月15日以降は、即、発せられた本人に返って行っているのが観えるし感じられるようになり、一切、何も生霊がこちらへ飛んでこなくなっているのです。
0.1秒もかからず、発せられたところへと返って行っています。
それは時間軸関係なく、今現在発しておられる生霊も、過去に書き込んだりしてその時に発し終わった生霊も、過去の分もさかのぼって発せられたところへと、返って行き続けているのです。
「謝罪の大切さ」が身にしみていく時代になりましたね。そういう自分本人へ帰っていく生霊を止めるには、嫉妬したり恨んだり足を引っ張ろうとした相手に心からの謝罪をして帳消しにすると、直るのですよ。(これも自己責任ですね。)

誰かに文句を言うなら本人に口で言うようにしないと、もしメールでののしったりどこかへ書き込んだらその文字の波動は消さない限りはずっと自分に返るから、なんとも!自業自得ですよね。
書いた文字の波動は、ずっとエネルギーが残り続けてしまうのですね。
うわっ!
ですから、メールで文句を言ったりののしったりネットに書き込んだりするクセがある方は、心から謝罪して消してもらうとかするほうが、それ以上自分に返らなくなるから身のためですね。

文字の波動って、作用し続けてしまうのですね。


だから、今ではもう、お祓いの行為さえも必要なくなってしまったのです。
えらい時代になりましたね。
これが、アセンションなのですね。


やっと「真実をさらに書くことが出来る時代」になったということです。書くことで生じる生霊(反発、反感)に対して安全な時代になったのです。


ネガティブな生霊(反発、反感、恨み、怒り、嫉妬など)は、今現在は、誰かに向けて発したら、即、その本人へ何倍にもなって返る時代となりました。地球の波動がますます上昇中だからです。アセンションの症状です。

あまりにも知らなさ過ぎるご様子の方も多いので、知ったら助かる子供も増えるということで、やっぱり書き記すほうが良いな~と思うのですよ。

急がないといけない時期ですね。

書かなければ!

すごい胸騒ぎがします!

1人でも多くの子供が未来で助かってもらいたいと思います。

この説明をしようと思ったら、限られた文字数では難しいので、次の出版物の中に、原稿を盛り込む努力をしますね。

どこから説明したら効果的か、しばらく考えてみます。

・・・去年提出する予定だった原稿を、やっぱりもうちょっと吟味してから推敲を重ねて、書いて公開しても良い内容かどうか慎重に考え抜いてからにしようと思い、まだ提出していないのです。

もう少し推敲してから、仕上げて提出しようと思います。

もう少しの間、お待ちくださいませ。



これは、実は「本人次第」、子供のことはその「両親次第」ということで、本当は「自己責任」なのです。

子供の魂の波動は、その子の家庭環境とご両親が非常に大きく影響します。これは誰が何と言おうが、真実です。

1人でも多く助かってもらいたいです。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年03月05日 00時02分59秒
コメント(6) | コメントを書く

このブログでよく読まれている記事

全1853件 (1853件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

総合記事ランキング
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.