1298373 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ブルーシャ西村 Official Blog

PR

楽天プロフィール

設定されていません

モバイル

ケータイ
スマートフォン

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

うさうさゴージャス! くま(#´艸`)プププさん

失われた【本質~The… 黒犬べーやんさん
ウォータールーの予… サンドラ1008さん
free-simply 出来事… flowergreen8さん
沖縄でウエディング… 上等沖縄司会屋さん

ブログリンク

コメント新着

ブルーシャ西村@ Re:うわっ!(06/27) ぞねさん、カキコありがとうございます。 …
ぞね@ うわっ! 今週は私も YOUTUBE で「白鳥の湖」見て感…
ブルーシャ西村@ Re[1]:前回続き☆(06/10) flowergreen8さん、カキコありがとうござ…
flowergreen8@ Re:前回続き☆(06/10) ブルーシャさんこんにちは、お久しぶりで…
ブルーシャ西村@ Re[1]:スーパーセブンのその後☆(04/28) ロバ吉0806さん、カキコありがとうご…

フリーページ

ニューストピックス

楽天ダウンロード

ランキング市場

占い

キーワードサーチ

▼キーワード検索

おすすめアイテム

楽天カード

購入履歴

お買いものレビューがまだ書かれていません。

 

全1871件 (1871件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2015年07月31日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:読者のお便り
  • photo-13.jpeg


ジュエリーのお客様から、とってもステキなお写真をお送りいただきました。

アセンションのクライマックスであった7月23日、24日の2日間の出来事について、かいつまんだ内容を書きましたので、様々なご連絡をいただきました。
お便りをありがとうございます。全て目を通させていただいています。

このお客様からのお便りの一部分も、掲載させていただきますね。

「先日の7月26日の夕日の写真を送ります:)

黄金の光の雲とピンクの空で
本当にありえないくらい綺麗でした。」

「追伸です。

ブログの最新記事をさっき読んで、
強烈な頭痛がしていた時と時期が同じ(7月23日~24日の2日間)だったのと

(7月26日に)空がやけに綺麗だな。。。って思ってたので
こういうことだったのか〜と理解できました。

すさまじかったですね。。。

最近、やたら空気中や自分の周りに綺麗な金粉みたいなのが見えて
これからもっと金粉だらけになっていくのかなと思うと
うれしいです:)」

(以下、ブルーシャ記す)

 きれいな夕日のお写真ですね~。

 素晴らしいですね。

 美しいですし、神々しくて波動が高い写真なので、皆様にも喜ばれると思い、掲載させていただきますね。

皆様に幸あれ!

 ブログに書きました、7月23~24日の大量の光が降り注いでいるクライマックスの時(アセンション、次元上昇)、体感していらっしゃったのですね!

さすがです!
「やけにきれいだな~」と思い、思わず写真を撮っていたのですからね! 完璧に捉えていらっしゃいますね。
しかも私がブログで説明する前にすでに写真を撮っていたのですから。スゴすぎます。

その後は、現在は、ご体調もスッキリなさっていることでしょう。
無事に突き抜けましたね☆
今は最高に波動が高いですよね。

 ホントに幸せですね~。

 ニューヨークも、セントラルパーク写生教室は、気持ちが良くて最高な時期です☆

(セントラルパーク写生教室を、毎週日曜日午後2時から開講しています。受講料は20ドルです。)





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年08月01日 03時02分10秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年07月29日
カテゴリ:不幸の予防方法
前回続きです。

「今までの光が弱い時代でしたら、人間関係の問題が露呈するには5年間くらいかかっていたことでも、すぐに1~2ヶ月で露呈して気が付けるようになります。化けの皮がはがれるまで5年間くらいかかったのが、1~2ヶ月以内ですから、すごい速度が速まりましたよね! 地球の波動が高まった、光のせいです。」←(2014年の状況)
 
「深入りする前に、家族ぐるみになる前に、神から守られますから、ご安心ください。」

「去年から今年にかけて、離婚問題が噴出した方々も多いことでしょう。」

これについて。もう少し詳しく説明しますね。

去年の2014年には、人間関係の問題が露呈するには5年間くらいかかっていたことでも、すぐに1~2ヶ月で露呈して気が付けるようになっていました。
そのため、犯罪に巻き込まれたりさらに大きな被害を相手から受ける前に気がつくので、家族ぐるみの付き合いになることは無いため、助かる方は助かるようになりました。いじめ問題も然り。いじめに発展する前に相手の性格の問題点をすぐ気が付くので、いじめられる前にサッと避けているから問題化しなくなってきています。(神があなたを守るからです。)

この「化けの皮がはがれる速度」は、この2014年の時点よりも、もっともっと速くなっていきます。いじめ問題は減っていくことでしょう。(その前に避けることができる時代になるからです。)

(現在の時点では、1~2ヶ月もかからず、数日間、数時間となっていることでしょう。今後はもっと速くなり、即、露呈するようになっていきます。)


上記の問題点と同様に、今までの光が弱い時代でしたら表面的には収まっていた夫婦間の問題点が、地球の次元上昇とともにあらわになっていき、去年2014年に離婚問題が噴出してきた方、どうにもこうにも収まらなくなってきてしまった方は多いことでしょう。夫婦間の問題が露呈するまでには今までだったら5年間くらいかかっていたようなことが、2014年には1~2ヶ月で露呈してきているはずですから。
そのため、ご夫婦でののしりあい、つかみあいの大喧嘩をなさる方々も多くなっていることでしょう。(もしもそれが婚前に露呈していたら絶対に結婚には至っていなかったような問題点が、浮き出されてきていたのです。)

実際に、2014年に離婚した方々も増えたこととお察しします。
今年2015年には、もっと離婚問題が噴出している方々が増えていることでしょう。
これらも、波動がクライマックスに達して次元上昇(アセンション)したから、この地球の浄化された波動に夫婦間にある汚れの波動が合わなくなってきているからですよ。(浄化と汚れは、波動が合いません。)
また、2014年~2015年には、今まで以上の速度と人数の方が重病(ガ*など)が表面化してきていることでしょう。

そういった、人間関係、夫婦関係の問題点、離婚問題、ガ*などの重病の勃発が、地球の波動の上昇(アセンション)とともにますます増えていきます。

同時に、いじめ問題、パワハラ、モラハラ、セクハラ、マタハラ、誹謗中傷などの世の中の問題も、それが起こる前に消えていきますから、段々今後は減っていきます。
なぜ?
「いじめてやろう」「誹謗中傷してやろう(足をひっぱってやろう)」「呪ってやろう」「ねたましい」(嫉妬心)と思った瞬間に同時にその自分の発した悪い意識の波動が自分自身に返ってくるので、そう思った人ご自身がすぐに倒れている時代になるからですよ。そして倒れて重病を発し、亡くなります。
そういう時代がやってきます。

もっと先の未来に、最後は、良い意識の波動の人々だけが地球上に残るようになっていきます。←(これがアセンションの真実です。)

だんだん、その時が近づいてきました!!!

その時を迎える準備のため、ブログや本で、
「自分の意識をコントロールして高い波動で保つコツ」
「やらないほうがいいこと」
「不幸の予防方法」
を何年間も書いてきました。その前に間に合って本当に良かったです! 皆様のお役に立てて嬉しく思います。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月31日 11時18分18秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年07月28日
カテゴリ:不幸の予防方法
皆様、7月中はいかがお過ごしでしたか?

日本も暑いことでしょう。
NYも、暑かったです~。まだ真夏日が続きます。

さて、去年、7月15日を境に「生霊が即、発せられたところへと戻っていくようになり、全くこちらに来なくなってしまった」 → つまり、「地球の波動が最高潮に上がった。特に7月15日を境にして幕が2つに引き裂かれた」ということはブログに書き記してお知らせしました。
「生霊(嫉妬、怒り)を飛ばさないように気をつけて」という注意事項もお知らせいたしました。

私の体感では去年7月15日以前と以後では、3000倍以上光の量が増えて波動が上がった、と記しました。

覚えていらっしゃる方々も多いことでしょう。


それ以後も、時々書きましたが、地球に宇宙から降り注がれる光の量はどんどん増え続けていっており、地球の波動がどんどん高まっていき続けていました。(次元上昇、アセンションのことです。)

そして今年の7月に入り、その光の量はさらに急激に増え続け、クライマックスのようになっていきました。
その間、7月中に私はバケーションでハワイにも滞在しました。

そしてさらに、どんどん光の量は増え続けていって、つい最近、7月23日、24日の2日間に宇宙から降り注がれる強烈な光の量は今まで体験したことのないようなものでした。
強い光です。

その7月23日、24日の2日間でさらに私の身体にも変化があり、あまり食べず、体が軽くなりました。
それを越えて、翌日の7月25日になると、地球の波動が今までよりも最高潮に達していることを体感しました。

今振り返ると、7月23日、24日の2日間は、今までにないくらい、地球始まって以来のクライマックスでした。
アクエリアス(水瓶座)時代、フォトンベルトも同時に重なっているので。

とうとう、7月25日からは、全く自分の修正が間にあわない時期に突入してしまいました。自分が何か思った瞬間に、即、自分に返ってくる時期となりました。つまり、嫉妬や怒りを発した瞬間にすぐ自分に返ってきますから、修正しようにもどうにもこうにも間にあわないのです。
聖書に書かれている、「幕が二つに引き裂かれる時」です。良い波動の意識状態、悪い波動の意識状態の人々の、2種類にパカッと世の中が分かれていく時のことです。人々が、二極化することですよ。

そのせいで、最近もどんどん、おかしな事件や事故が多発しているのですよ。ニュースを見ていると分かりますよね?
亡くなる方も多いです。
去年から重い病気の症状が勃発する方も多いです。去年から急にガ*が発覚したりとか。今までの生き方と意識の波動の汚れが病気などの症状となって、去年からさらに表面化してきたのです。事故も同じです。巻き込まれる人は巻き込まれます。


でも、意識の波動を高く保ち続けるように努力して、それに常に気をつけていれば、絶対に波動の悪い事件事故には巻き込まれないので、ご安心ください。
自分の中の波動の悪さ(汚れ)が事件事故、ガ*を引き寄せるのです。汚れは汚れを引き寄せます。
自分の中に意識の波動の悪い部分(汚れ)が無ければ、波動の悪い事件事故病気は引き寄せられません!コレは断言いたします! 良い波動は悪い波動とは全く合わないから、寄ってもこないのですよ。
そのために、私は数年間、このブログで、意識の修正の仕方を伝えてきました。少しはお役に立てて、皆さん間に合ってよかったです! ホッとしていますよ。

逆に、浄化されたきれいな意識状態は、同じように浄化している高い聖人や神様の波動を一致して引き寄せますから、運が良くなり、もう要らないといってもどんどんと幸運が引き寄せられてきます。これは本当ですよ!

また、良い波動は悪い波動とは全く合わないから、人間関係も清算が進みますよ! 去年から急に顕著になってきたことと思います。合わない波動の人々とは、全く合わないようにすぐに露呈してきてしまいますから、関係は続かないです。
今までの光が弱い時代でしたら、人間関係の問題が露呈するには5年間くらいかかっていたことでも、すぐに1~2ヶ月で露呈して気が付けるようになります。化けの皮がはがれるまで5年間くらいかかったのが、1~2ヶ月以内ですから、すごい速度が速まりましたよね! 地球の波動が高まった、光のせいです。 
去年からは特に、意識の波動が良い人(汚れ(負のカルマ)が少ない人)は波動が悪い人(汚れ(負のカルマ)が多い人)とは全く合わなくなるので、大きな問題に発展する前にジ・エンドとなりますから、良い意識状態の方(自分の意識と家系の汚れの少ない人)は犯罪や事故に巻き込まれることは無いですよ。
深入りする前に、家族ぐるみになる前に、神から守られますから、ご安心ください。
これは本当の話ですよ! 去年中は身近で実際に、このような人間関係の大清算が驚くべき速度で起こった体験談は、いくつか聞いています。神があなたを守るのですよ。

去年から今年にかけて、離婚問題が噴出した方々も多いことでしょう。

気をつける方法について、本やこちらのブログにたくさん書き記しましたので、ご参考ください。
最低限書き記しましたことを守っていれば、テッパンで神から厳重に守られますから、ご安心くださいませ。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月31日 11時16分13秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年07月21日
カテゴリ:記事
大分前の記事で、ときめいたものを貼り付けしますね。

ロマンティックな記事だと思いました!

記事の一部を転載しますね。


時事ドットコムより。

「2000年前の天然真珠、豪先住民の遺跡で発見」

「【シドニーAFP=時事】オーストラリアの考古学者らが3日、同国沿岸部にある先住民アボリジニの遺跡を発掘中に、「極めて珍しい」2000年前の天然真珠を発見したと発表した。同国の遺跡で天然真珠が発見されたのは初めてという。
・・・
真珠は直径5ミリメートルで、色はピンク・ゴールド。また形がほぼ完璧な球体だったことから、研究チームがマイクロCTスキャンで分析したところ、養殖の真珠ではなく、2000年前の天然真珠であることが分かった。

アボリジニの文化では昔から、真珠を生み出す二枚貝が雨乞いの儀式に使われており、貝の殻は海から1500キロ離れた砂漠地帯からも発掘されている。だが、雨乞いの儀式がどれほど昔から行われていたかについてはまだ分かっていなかった。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2015/06/04-14:29)」

リンク先は、

http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_all&k=20150604032814a



(以下、ブルーシャ記す)

 ロマンティックだな~と思いました。
 
 特に、私は日本のアコヤ真珠の上等なルースを使用しているジュエリーをデザイン・制作していますので、”真珠”と観て、このニュースにときめきました~!
 お陰様で、私のジュエリー”サラスヴァティー”は大好評をいただいて、たくさんのご注文をいただいています。ありがとうございます。感謝いたします。
 日本人なので、日本ならではの日本産アコヤ真珠を使って何か納得のいくデザインのジュエリーを作りたいと願い、完成させたジュエリーです。

 代々ご先祖様ご家族が真珠業者の方からお聞きしましたが、アコヤ真珠の上等なものは上手にお手入れをすると700年以上はきれいに保たれるとのことです。それを覚えていたので、このニュースの”2000年前の真珠が発見された”ということには、驚きました。

 真珠って、保存状態が良いと2000年以上も持つのですね~。

 ちなみに、真珠はカルシウムなので、真珠のネックレスなどジュエリーは、毎回使用後に汗を拭いてお手入れしてあげなければ、放っておくとカルシウムが変質してしまい、黄色くなったり表面が痛んだりします。
 
 2000年前の真珠が発見されたなんて、表面に汗などカルシウムを変質させるような成分や汚れがつけられていなかったのでしょうね。そうでなければ保存状態が良くなかったはずなので。

 しかも、天然真珠は、希少なため、もしも天然真珠が市場に出回ったとすればおいくらになるのだか想像がつかないです。
 現在のアコヤ真珠は、養殖の技術が発達したお陰で、多くの人々に手に入るようになったのですよね。
 天然真珠は、本当に、まず、滅多にお目にかかれるものではないです。なかなか採れないです。

 ジュエリーを作っている私にとって、すごい大きなニュースでした!

 この発見された真珠は、アボリジニの儀式に使われた貝の中から見つけられて、その後に珍重されて飾られたものなのかな~。。。

 真珠はパワフルだと感じます。
 浄化と癒しの効果が大きいと思います。

 真珠層の分厚い真珠は本当に輝きが綺麗で、癒されます~。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月22日 02時30分39秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年07月09日
カテゴリ:記事
お久しぶりです。
しばらくバケーションの旅に行っていました☆

さて、すごいニュースを貼り付けますね。

ホントに、差別化がなくなってきていますね!
差別、区別の無くなっていく方向へと、どんどん時代が変わってきていますね~。

先日の同性愛者の結婚を認めることになったアメリカのニュースをはじめ、今回のニュースも白人の伝統文化に黒人がとうとう認められたということですものね。

人種や性別の区別、差別が無くなってきていますから、素晴らしいニュースです。


時事ドットコムより。

リンク先は、

http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_cul&k=20150701032931a



一部を転載しますね。

「【ニューヨークAFP=時事】世界最高峰バレエ団の一つ、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)は6月30日、ミスティ・コープランドさん(32)をプリンシパル(首席ダンサー)に昇格すると発表した。米ニューヨークを拠点に、その78年の歴史を通して世界トップクラスのダンサーを迎えてきた同バレエ団で黒人女性がプリンシパルになるのは初めて。

4月に公開された米誌タイムとのインタビューで、コープランドさんは、健康的なイメージとはどういうものか、どんなバレリーナがあり得るか、その手本を示すことが自身にとって重要だと話し、「バレリーナは白人女性でなくても、すごく痩せてなくてもいいんです」、「それが、アメリカン・バレエ・シアターが私を通して示そうとしていることであり、米国人がどう見えるかや、米国では夢がかなうこと、また努力と周りの支えによってなりたいものになれることを示しているのです」と語っている。

 コープランドさんは今、アメリカン・バレエ・シアター初の黒人女性プリンシパルとして歴史に残ることになったが、同バレエ団は20年前に、アフリカ系アメリカ人男性のデズモンド・リチャードソン氏をプリンシパルに任命している。同氏は現在、自らが設立を支援したコンプレッションズ・コンテンポラリー・バレエ団の共同芸術監督を務めている。

・・・」
【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2015/07/01-16:02)


(以下、ブルーシャ記す)

 おっしゃるとおり、素晴らしいです!
 
 ABTはとてもオープンですよね。

 黒人ダンサーが白人がほぼ全体を占める世界最高峰のバレエ団の中で踊っていると、黒い肌に白いチュチュを着ていたら、ファッション的に肌の色が目立っている様子がうかがわれたものでしたが。
黒肌だと、みんながはいている白人用だったバレエの白い(薄肌色)タイツを着用している姿は、1人だけ素肌が透けて見えて色がタイツの色と地色が混じってそこだけグレー色に見えたものでした。
(注:そういえば、アメリカでは、日本にはあるスタンダードの色、「肌色」という色が無いのですよ! 肌色があの色というのは、差別だからだそうです!・・・アメリカでは、肌の色は、白も薄桃色も、イエローも、赤も黒もあるからです。・・・そして、「美白」はNGワードだそうで、絶対に美白をうたう化粧品はタブーだそうです。人種差別になるからなのです。日本では美白化粧品が普通に売られていますけれど、アメリカには美白化粧品は無いです。色を白くすることが「美白」とい美の基準になるとしたら、だったら黒い肌の人はどうなるのよ~?というブーイングが起こるからですよ。)

 でも、数名黒人バレエダンサーが混じっていることなら最近は時々あることですが、頂点のダンサーである主役を務めるプリシパルに、黒人が抜擢されることは、ABTではかつては無かったことなのです。

 「白鳥」を黒人ダンサーが黒い肌のままで踊るなんて、「黒い白鳥」なんて、それは誰も観たことが無いのだから画期的ですよね!
 観たいです~!!!

 「黒鳥」(オディール)を黒い肌のダンサーが演じるのもこれまた画期的です。

 「白鳥の湖」のオデット姫を演じるコープランドが、楽しみです。


 ・・・「眠れる森の美女」が、王子様のキスによって100年の眠りから覚める姫を黒い肌の姫となって演じるなんて、それもまた画期的で、想像がつかないです~。
 黒人の眠れる美女が、白人の王子様のキスによって目覚めるのですか。。。それは新しい解釈!ですね!

 「ロミオとジュリエット」の、中世が舞台のイタリアでの、白人のジュリエットを、黒人が演じるのですか!・・・想像がつかないですが、その黒い肌のジュリエットに沿う白人のロミオが側でとうとう自決するのですか! 
 きっと、最初から肌は黒くなかったかのように、白人のジュリエットだったかのように自然に演じきるのでしょうね。

 ああ。これは、想像してみても、画期的すぎます。すごすぎます! どうやって、黒人が黒人のままで白人のお姫様達を演じきるのでしょう? 楽しみです。(・・・まさか、山海塾とか大駱駝鑑とか暗黒舞踏のダンサー達のように、全身&首&手足&顔&頭全体を白塗り化粧して出てくるわけではないと思うのです。きっと黒い肌のままで、グレー色に透けて見えている白タイツのままで、そのまま素の状態で演じきるのでしょう。)

 とにかく、白人の文化であったはずのクラシックバレエの、しかも世界最高峰のバレエ団の一つのABTで、黒人ダンサーがプリンシパルに選ばれたのは、歴史的なニュースですね。
 もともと物語の筋書き自体が、白人のお姫様を主人公に描かれている白人の文化に、黒人が主役になるなんて、それは天地がひっくり返るほどの度肝を抜くようなニュースなのです。

 皆様、いろいろ、バレエのお姫様登場のシーンを想像できるでしょうか?

 すごい世の中になりました。

 平等になってきて、嬉しいですね。

 ABTでは、韓国人ダンサーもプリンシパルを務めているので、それも画期的な抜擢だと思います。


 ABTが変わってきました。時代とアメリカが、変わってきてオープンになってきた証拠かな~と思いました。

 これからが楽しみです。

 コープランドを、応援しています☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月12日 04時18分45秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年06月27日
カテゴリ:記事
ニュースのリンクを貼り付けます。一部転載します。産経ニュースより。

「米最高裁、同性婚認める」

【ワシントン=小雲規生】米連邦最高裁判所は26日、同性婚の是非をめぐる裁判で、同性婚は憲法上の権利であると認める判決を下した。この判決によって州が定めている同性婚を禁じる法律はすべて違憲となり、全米で同性婚が認められることになる。

 判決は「同性カップルは異性カップルと同様に親密な個人的関係を持つ権利がある」と指摘。「結婚が合衆国憲法上の基本的人権であるすべての根拠が同性カップルにもあてはまる」とした。9人の判事のうち5人がこの判断を支持した。

 オバマ大統領は同日、ホワイトハウスで「判決は米国社会を強くする。すべての米国人にとっての勝利だ」とする声明を発表した。
・・・

http://www.sankei.com/world/news/150626/wor1506260058-n1.html




(以下、ブルーシャ記す)

 これは、よかったですね☆

 時代が変わってきているのですね。

 同姓カップルは、キリスト教の聖書に「大罪」と明記されてしまっているから、キリスト教圏ではすごく奇異な目で観られるし、差別が多かったそうです。

 スペインでは、同性愛者はけっこう最近まで、牢屋に入れられていたそうです。

 ・・・そういった、キリスト教圏の、スペインのゲイの友人達がたくさんできて、彼らにそういう葛藤とか自分の心の闇を見つめ続けたり、様々な思考と生き方の足跡を追って、私自身がすごくカルチャーショックを受けて勉強になりました。
 私は日本出身なので、日本ではゲイや同性愛はさほど差別は無いでしょうし、「別にお好きになさったら良いじゃないの~!」という感じで、オキャマのタレントも多いですし、キリスト教圏に比べたら差別ってほどのことはなかったと思っていました。
 その日本の状況と比べたら、キリスト教圏では、ゲイの差別は大きくて、犯罪扱いだった時代もあったほどでした。

 その、スペインのゲイの友人達のなかから、アーティストとして活躍している人々に焦点を当てて私が書いて、出版した本が、「マヨルカ島のゲイ友達」(ポット出版)です。

 ある友人は、両親と家族に10代の早いうちから、自分がゲイであることを告白したら、父親からベルトのバックルの部分で殴り倒されたといいます。
 
 またある友人は、父親もゲイだったのだけど、親の世代ではスペインではそれは「異常」とされていたから苦しんでいました。父親が若い頃、教会の神父さんのところへ懺悔&告白しに行ったら、「若い時期の一時の迷いです。結婚したらゲイは治ります。」と言われて結婚したら、子供が3人生まれてもゲイは治らなかったのです。それで、私の友人達3兄弟と奥様を残して家を出て行ってしまい、ゲイの彼氏を見つけてカップルで暮らしているのが現状です。
 ゲイは治らないのだそうです。・・・しかし、「ゲイは治るから、結婚しなさい」と言った神父さんも、全く悪気はなかったのでしょうね。その当時は。
 やがて時が経って、その私の友人もゲイ、妹もレズになりました。上の妹は極度の男好きになりました。ゲイは遺伝性もあるのかな~。「私はゲイだ」と言ってご主人に家を出て行かれて、残されたお母様も気の毒で、今は1人で暮らしていらっしゃいます。
 他の友人で、父親がゲイで母親がレズの実の息子さん三兄弟は、全員が3人ともゲイになりました。昔は、スペインでは、同性愛者でも無理やりにでも周りも本人も結婚させていたのでしょうね。

 ・・・そういう私の友人達のことを見ていると、同性愛は遺伝もあるのかな~とか、思ったことがありました。先天的なものみたいですよ。だから治る治らないという問題ではないです。無理やり押し込めたり、治させようとするものではないのです。もう、好きなように放っておいてあげてくださいよおおおお~!!!とすごく思いますよ。色んな経験からそう思います。

(ですから、ご子息がゲイになったご両親は、父親か母親かどちらかの同性愛の遺伝子がご子息に現われたのだと重々承知なさって、ご子息はご自分の一部だと認めて、受け入れてあげてください。そのように切に願います。決して、ご子息を責めたり、とがめたり、「結婚して跡取りを作ることが長男の義務だ!」とかいって無理やりお見合い結婚させようとしないであげてくださいね。肉体的にはご子息には何の責任も無い、遺伝なのだから。)

 この本、「マヨルカ島のゲイ友達」(ポット出版)は、私のデビュー作です。写真集と対談&インタビュー集です。2001年出版です。
 14年前の本ですね。その出版の前から、3~4年は取材を重ねていて、書いてまとめたものなので、かれこれ1997年頃から準備していた本でした。
 デビュー作なので、若い頃の私の思考の足跡が詰まっています。
 当時から、いろいろよく思索していました。

 スペインと日本の、比較文化の内容でもあります。

 かなり重苦しいテーマの本です。

 「ゲイ」のテーマが、今頃、アメリカで認められたので、大分、時代を先取りしすぎていた本でした。その先取りしていた本を出版してくださった、ポット出版は、すごいな~、よくあの時期に出してくださっていたな~と思います。感謝いたします。これもご縁ですね☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年06月28日 00時45分02秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:ニューヨークにて
今週は、ABT、バレエの「白鳥の湖」を観に行きました!

すごくスッキリしました~。

癒されました。

やっぱり、私にとって、一流のクラシックバレエ公演を観に行くことは一種のヒーリング効果がすごくあります。
一流の美の波動、時間に淘汰されて残ってきた古典芸術に触れると、その美しい波動に包まれて、ヒーリングが起こります。

「白鳥の湖」も全体を通しで観ると、オーケストラの生演奏とバレエが相まって、クライマックスはわ~っと盛り上がって、すごく感動しました。
チャイコフスキーの音楽も劇的なのですよね。
「白鳥の湖」も10回以上は観ているのに、何度観ても感動します。

その日は、私はクンダリーニ・ヨガのクラスに出た後に、続けてバレエ公演を観に行ったせいか、相乗効果があったみたいです。

クンダリーニ・ヨガは呼吸法と組み合わせるせいか、どういうメカニズムかよく分からないですが、私が今までにやってみたヨガの中で一番、浄化に効き目がありました。
身体の調子が改善されていくのが分かります。

恐るべし!クンダリーニ・ヨガです。
良いヨガを見つけました。

クンダリーニ・ヨガは、格闘家、アスリートの選手達も、トレーニングに取り入れているそうですね。

火の呼吸という呼吸法をやります。


お陰様で、楽しい一日でした☆
ジュエリーの仕事もはかどりました☆





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年06月27日 07時54分29秒
コメント(2) | コメントを書く

2015年06月19日
カテゴリ:ニューヨークにて
昨日は、ニューヨークで開かれている美術展のレセプション・パーティーへお伺いしました。

「海を渡ってきた日本人芸術家たち」
場所:日本クラブ
6月18日~7月15日

(1950年代から70年代に日本からニューヨークへ来て住み始めた、日本人芸術家の大先輩方24名の美術展)
リンク先は、

http://www.nipponclub.org/upcomingevents.php#508



私がスペインからニューヨークへ引っ越してきた直後から、長年ずっとお世話になっています日本人画家の作品も展示されています。
先生からレセプションのご招待をいただきましたので、出席させていただきました。
この大先輩、大先生とは2002年末位から親しくさせていただいているので、早いものでもう12年半は経ちます。

毎週、この画家の先生がヌードモデルを3時間雇ってデッサンやスケッチをなさるので、彼の近しい友人達の芸術家達が集まってシェアする「ヌードモデル・デッサン会」をしてくださっています。日によって、いろんな人種のヌードモデルが来ます。黒人、白人、ラテン系・・・。そこに私も12年半前から時々、参加させていただいています。
(この話は、以前、ブログに書いたことがあります。)
毎週、コツコツと、何十年も(!)欠かさず続けていらっしゃいます。
素晴らしい努力の姿勢です!!!
皆で見習っています。

先生の親しい人々がご自宅に集まるデッサン会なのでオープンにはしていないのですが、私も長く仲間に入れていただいています。
私の仕事が忙しくなってきてからは行けないことが多くなりましたが、また週1回、コツコツと通う予定です。

私の親しい友人達が日本からNYに来て滞在中に、このデッサン会に連れてきたこともありました。
20年位前からの友人(大先輩)の音楽プロデューサーがNYで音楽製作中に、この会に来てデッサンしたこともありました。
「自分の人生で、なかなか体験できないことが出来た!」と喜んでいました。その日は黒人女性ヌードモデルでした。
先生にとっても、違う分野で大活躍している音楽プロデューサーと接することが出来て、刺激になって楽しかったようで良かったです。

この先生ご夫妻は、私にとても親切にしてくださいました。ニューヨークに来た直後から、時々夕食に呼んでくださり、すごく励ましてくださったのです。当時の私に強い影響をいただきました。
私が仕事を、絵画、ジュエリー、作家(文章)、ジャーナリスト(取材)、音楽、スペイン語、バレエ関係もやっているので、そういう私の活動をどう続けていったらいいのか、一つだけ選ぶほうが良いのかどうかニューヨークに引越し直後に考えた時期もありました。

若い時期は、日本人の年上の方々から色々、「何でそんなにいろいろやっているのですか?一つに絞らないのですか?」とか、言われたものですよ。
(最近では私に向かってそのようなことを言ってくる方々は居なくなりましたし、波動が合わないから接点が無くなりました。波動が合うもの同士が集まりますし、波動が合わないものは自然と集まらなくなります。また、やり続けると誰にも何も言われなくなります。最初は、チャコットの特派員の仕事のことでさえ、”あなたは絵描きなのに、なんでバレエの仕事をしてるのよ?ちゃんと分かって観ているの?”とか、日本人女性はつっかかってくる場合もありました(笑)。”・・・あの~、3歳から13年間バレエを学びました。”と答えると、無言でブスッとした方もいました。でももう12年以上バレエの仕事をしているのだから、今は昔ですね(笑)。)
これが幼少時からの素の私なのだから、色々やっているのが自分では普通の姿なので仕方がないのです。表現したいものは常にあって、その時々で表現方法を変えて作品を作っているだけなのです。

先生はいつも、「やりたいことを全部やったらいいんだよ! 周りの言うことは気にしないほうがいいよ。無視するほうが良い。」と、私にすごく強く説得し続けてくださったのです。
「全部やったらいい!池田満寿夫だって色々やってたんだから。それでいいんだよ!」と力説してくださったその張本人が、この先生だったのです。
先生のニューヨーク時代の大親友が、今は亡き池田満寿夫さんだからです。
池田満寿夫さんは、芸術家(画家・版画家・挿絵画家・彫刻家・陶芸家・作家・映画監督)でした。芥川賞作家でもありました。

先生にとったら、親友だった池田満寿夫さんと私の姿が重なっていたのです。それで、色々なお話をしてくださり、励まし続けてくださいました。
先生は私が本を出版する度にとっても喜んでくださり、ご購入くださいました。CDも買ってくださいました。本当に感謝いたします。
私は自分の信念を曲げるような性格ではないですが、あの時期にニューヨークで池田満寿夫さんの例を出して私を励ましてくださった先生の存在があったからこそ、「よし!こんな活動でも許してもらおう。これが私なのだから、このまま続けていこう」とさらに強く決心が固まったのです。
心強い先輩です。

・・・そして、現在の私に至ります。本当にこれでよかったと思います。

今の私の活動の姿があるのは、この励まし続けてくださっている先生のお陰も大きいです。感謝しています!
精神的な面で、今の私を育ててくださった方のお1人です。
私のニューヨークの父とも言えると思います。いつか私の本の帯を書いていただこうかな~。。。

池田満寿夫さんも、この展覧会のテーマと同じく、当時、日本からニューヨークへ渡ってご活動なさっていた方のお1人ですよね。本来なら、ご存命でしたらこの美術展に作品を出展なさっていただろうな~と思います。

この先生達の時代は、ニューヨークへ渡るのは大変なことで、長男だったから土地を売り払って渡航費にあてて来たとか、一度ニューヨークへ渡ったら渡航費が高すぎて日本に帰れないから、20年帰らなかったとか、そういったエピソードも多くお聞きしました。
この美術展の大先輩方の皆さんは、そうやって、大変なご苦労をなさって当時、渡航なさって活動していらっしゃったのだと、思いを馳せました。

久しぶりにお会いした先生は80代半ばでも元気ピンピンで、まだまだ長生きしそうで、安心しました~。
まだまだ10年は生きて製作できそうな勢いです。
今でも毎日、作品製作に没頭なさっていて、睡眠、お風呂、食事以外は全ての時間をかけて、作品製作を毎日長時間し続けていらっしゃるのです。労働時間は毎日、14~15時間はいくのではないかな~と思います。

ヌードデッサン会で休憩時間でも、そそくさと自分の作品の作業の続きをしていらっしゃいます。

1日のうちほとんどが、美術作品の製作に頭をフル回転させていらっしゃるのです。すごいです~!

先生がお元気なうちに、また私もデッサン会に通いますね☆ 私と波動が合う人々だから12年以上もデッサン会の集まりが続いているので、心地良い仲間でありがたいです。
(時々、ブログでご報告しますね。)





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年06月21日 01時02分29秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年06月18日
カテゴリ:ニューヨークにて
現在、ニューヨークではABT(アメリカン・バレエ・シアター)の上演期間中です。

先日、ABTの”ロミオとジュリエット”を観に行きました☆
3時間の超大作です。(バレエやオペラは、一つの作品が長時間なのです。観るほうも集中力が要りますね。)
原作はシェイクスピアです。

久しぶりにABT公演を観劇しました。
バレエの”ロミオとジュリエット”は10回以上は観ていますが、やっぱり何度観ても素晴らしい舞台芸術だな~と思いました。
何回も観ていて覚えているのに、とっても感動しました。
観終わった後は、心が洗われたのが分かりました。
ホントに、「心が洗われた」というのはこういうことだな~と思いました。上質な舞台芸術を生で観ると、目に見えない上質な美しい波動をたくさん受けるのでしょうね。
多分、ヒーリング効果も大きいのでしょう。
バレエを観た感動の余韻は、1週間以上は続きます(笑)。
私にとっては、バレエ公演の鑑賞はヒーリングみたいなものです☆

ABTは音楽もオーケストラの生演奏なので、その音楽と舞台上のバレエと演技、舞台セットが同時に重なって相乗効果で、強弱があって盛り上がったり、クライマックスが何箇所かあるので、わ~っと盛り上がって感動するように、良く練られて作られていると感心します。
物語がシェイクスピア原作だから、通して観ると感動が大きい作品になるのかな? それもあるかもしれません。

ABTのダンサー達のバレエも素晴らしかったです。
クラシック・バレエは古典芸術ですが、久しぶりにABTを観ると、改めて、「バレエって素晴らしいなあ~、良いものだな~」とつくづく思いました。
私はやっぱりバレエが本当に好きなので、バレエにかかわった仕事をさせていただけて良かったです。

お陰様で、私はチャコットのニューヨーク特派員を12年以上務めさせていただいています。
チャコットのWebマガジンの”Dance Cube”に毎月、バレエとダンスの記事を書いています。

ニューヨーク特派員の仕事は、こんなに長く続けることになるとは当初は想像していませんでした~。12年間以上続けているので、長く続けたな~と思います。
お陰様で、その間、様々なダンサー達と知り合いましたので、時には楽しいお仕事です。
元ABTプリンシパルのアンヘル・コレーラ、フラメンコのバイラオールのフアン・デ・フアンなど。

現代的なダンス作品がたくさん上演されるニューヨークの場所柄で、バレエだけではなくコンテンポラリー・ダンスやタップダンスの取材もしています。

また来週も、ABTのバレエ公演を観に行く予定です☆

このニューヨークでの日頃の、バレエ鑑賞の感動の余韻と美しい波動の影響は私に積み重なっているので、バレエから頂いた良い影響(上質な美しい波動)をお客様へのジュエリー作品製作へ還元させていただいています。ニューヨークでも日々、美しい波動に触れるように努力を続けています。(ジュエリー製作のためにも、なるべく触れる波動(物、人、場所)を選んで、気をつけて暮らしています。美しいものに囲まれて生活するように心がけています。)





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年06月19日 21時08分46秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年06月10日
カテゴリ:不幸の予防方法
さて、前回書き込みの続きです。

お客様からのお便り「妖精さんが出現した」体験のお話の続きです☆


>「お母様は、昔、「これは売れる!」という物たちがはっきり霊眼で観えたので、ゆるぎない自信と直観でそれをつかんで、しかもお父様を表に立ててビジネスを大成功させたそうです。ホントに凄い方です。でもこのような方は、決して表には出てこないのですよ。世間からは引っ込んでいるものです。」

↑ これについて。

「でもこのような方は、決して表には出てこないのですよ。世間からは引っ込んでいるものです。」・・・これはなぜでしょう?

想像つくでしょうか???

・・・

答えは、大げさに言うと、「誘拐されるから」(または誘拐される危険性があるから、それを未然に避けるため)ですよ。

本当に強力な霊能力者の家系の方々は、全員、世間からは引っ込んでいるものなのです。私の周りの人々はそうです。

本にも書きましたが、強力な霊能力者なら、審美眼が正確だから物事の波動を瞬時に見分けるため、「選択が正確」ということしか人生で起こらないですし、「選択を間違った」ということは起こりようが無いのですよ。そのせいで、当然のことながら、霊能力で選ぶことは正確だから、ビジネスでも大成功できるのです。
そして、こういった方々の共通点は、強力な霊能力で人間の魂も一撃で見抜くから、当然、配偶者も引き寄せて一撃でつかむため、「離婚がありえない」のです。「配偶者を選び間違える」ということが起こらないのです。それが本当の霊能者なのです。これは私の体験のことだけを言っているのではなく、このお客様ご一家、お母様の体験も同じなのですよ。時々、こういう霊能者の方々は存在しますが、世間からは引っ込んでいて、表には出ていらっしゃらないのです。

そしてこういう霊能力者が表に出てしまうと、その「正確な審美眼」を利用しようとするハイエナかピラニアが寄ってきてしまい(笑)、エライ目に遭うのは目に見えているし、誘拐されて使われてしまうから、最初から表に出ないようにしているのです。

例えば。
ハイエナに監禁されて(笑)、
「どれが売れるのか、言え! 言うんだ!」
「どの株が値上がりするのか、言え! 言うんだ!」
「霊能力で引き寄せて探し出したお得な仕入先、取引先業者を、言え! 言うんだ! 私にも教えろ!」
「どの男が彼氏(配偶者)として私にもおすすめなのか、言え! 言うんだ!」
「あんたが使っている不動産屋オーナーを私にも教えろ! 言え! 言うんだ!」
「私にもあんたの知り合いのXXを紹介しろ! 言え! 言うんだ!」
「あんだが親しくしているXXさんの集まりの会に、私も連れていけ! 私も得したいんだからなっ!」
・・・
などなど、こういうハイエナ群がり事件が日常的に起こってしまいますよね(笑)。
ハイエナ事件が起こらないように、ハイエナが居そうな世間からは引っ込んでいるものなのですよ。表に出たら大変なことになってしまいます。


また、表に出て活動してしまうと、もし霊的な活動をして海外へ周ると、例えばどこそこの国の政府当局に目をつけられてしまったらそのご本人はやがてその国へ入国できなくなってしまうのですよ。空港でパスポートを見せただけで、すぐ別室へ連れて行かれて取調べを受けて、入国できないのです。霊的なことは目に見えない世界のことなので、時には危険思想と見なされてしまい、それで活動することは難しい面が多いです。

そういうもろもろのことがあるから、表立っては活動しない霊能力者が多いですし、この私の知っているご家族のように「霊能力は的中するし外れないから、その審美眼をビジネスに生かして別のことで発揮して大成功している」方々も多いのです。

面白い世界のお話でしょう?

でも全て実話なのですよ。

某国へ入国できなくなった方も実話です。
ですから、本当に大事な方(どのケースでもナンバー2。例えばこのご家族の場合はナンバー2のお母様。)は表には出ずに引っ込んでいます。隠されていて、守られているのです。
表に出しても大丈夫な方(波動で霊的レベルが本物の霊能力者には分かるから、ハイエナには狙われもしない方。ハイエナが見向きもしない方)がナンバー1の側近として3名くらい表にかつぎ出されていて、カモフラージュされているものなのです。
どのケースでも、本当に大事な能力者のことは隠されていて、守られています。(表に出してしまうと別の組織に狙われて誘拐されるからです。)

面白いでしょう?

ですから、本当に注目すべきお方は、どのケースでも表に出ている方ではないのですよ。本当に注目すべきな大事なお方は、ナンバー2として引っ込んでいるのです。
きっとどの組織でもそうだと思いますヨ。

ちょっとずつ、書ける範囲で書くこともあるかもしれません。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年06月13日 04時07分23秒
コメント(2) | コメントを書く

このブログでよく読まれている記事

全1871件 (1871件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

総合記事ランキング
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.