1120753 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

毎日感じたこと、時々は台湾のこと

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Favorite Blog

もう年金は貰えない… New! hiryu4398さん

小説「64」を読んで New! 七詩さん

孤高の鳥 New! manmaru2897さん

新宿「鳥じゅん」 archeologistさん

【子連れ台湾・台中… みん1001さん

Comments

Freepage List

Mobile

ケータイ
スマートフォン

Headline News

2010.10.13
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
1923年(大正12年)10月14日、トルコ共和国が首都をアンカラに移しました。

トルコの都市といえば、イスタンブールを思い浮かべるひとがほとんどでしょう。

イスタンブールは、人口が955万(2003年現在)でトルコ第一の都市ですが、首都ではありません。

首都はアナトリア半島中央部にある、人口373万のアンカラです。

1923年(大正12年)のトルコ共和国建国までは、オスマン・トルコ帝国の時代であり、その首都がイスタンブールでした。



第一次世界大戦で、オスマン・トルコはドイツの同盟国としてイギリス、フランスの連合国と戦いました。

奮戦むなしく敗れ、トルコの領土は連合国に分割占領されました。

占領に反対、抵抗する勢力が各地で蜂起しました。



その勢力を統合して、連合国に立ち向かった人物がムスタファ・ケマルでした。

第一次世界大戦中の1915年(大正4年)、首都イスタンブールに近いガリポリ半島にイギリス軍が上陸しました。

ムスタファ・ケマルは、そのイギリス軍を巧みな作戦で撃退し、国民的英雄となりました。



大戦終了後の連合国への抵抗でも、ムスタファ・ケマルは真価を発揮しました。

アナトリア半島に上陸し、アンカラに向かっていたギリシャ軍を、1921年(大正10年)8月、サカリヤ川の戦いで撃破したのです。

この勝利を背景にして、1923年(大正12年)7月、スイスのローザンヌで第一次世界大戦の講和条約であるローザンヌ条約を、敗戦国としては有利な条件で調印しました。



同年10月29日、アンカラの国民議会は、イスタンブールのオスマン政府を消滅させ、トルコ共和国の成立を正式に宣言しました。

初代大統領には、ムスタファ・ケマルが就任しました。

ムスタファ・ケマルは、政治と宗教の分離という、イスラム国家では初めての試みを成功させました。



これまでは、トルコ語をアラビア文字で表記していましたが、アルファベットに改めるなどの『西欧化』『近代化』を推し進めました。

1938年(昭和13年)11月10日、ムスタファ・ケマルは57歳で死去しました。

彼は大統領として、独裁的な権力をふるいましたが、『ケマル・アタテュルク(トルコの父)』として現在でも尊敬されているのです。



日本人がアラブ諸国からトルコへ入国すると、目にする掲示がアルファベットであり、意味はわからなくても、読めるため、安心するそうです。

それは、『ケマル・アタテュルク』のおかげなのです。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2010.10.13 23:18:13
コメント(6) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.