984601 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

* Hidamari*Life *

2009.10.26
楽天プロフィール XML
カテゴリ:栄養療法

ダダモ博士の血液型健康ダイエットで
B型におすすめの食材、避けたほうがよい食材を まとめました。

(※アレルギーのある人、食事制限のある腎臓や肝臓の悪い人には当てはまりません。)




肉類
B型は動物性タンパク質を効率よく代謝できる
鶏肉は内臓と筋肉に含まれるレクチンのせいで B型の体には合わない
七面鳥には含まれていないので、鶏肉の代わりに食べるとよい
羊肉は ぜひ食べて欲しいですが、脂肪分の少ない部位を選ぶようにする
筋肉や内臓の組織をつくるのを助けるので 代謝を高めることが出来る
非分泌型は分泌型より肉類の量を多くとるようにする


○ 羊、牛、子牛、七面鳥、きじ、レバー(子牛)

× 鶏、鴨、うずら、りす、膵臓、胸線、豚肉、ベーコン、ハム、亀 

 (非分泌○、分泌×)ハツ、馬




魚介類
魚介類はB型にとって素晴らしいタンパク源で、筋肉をつくってくれる大切な栄養の宝庫
特に非分泌型にとっては大切な食材です。免疫機能を高め、細胞の成長因子の産出をコントロールする
オメガ系脂肪酸を含む魚は、特におすすめ。また魚介類にはDHAが豊富に含まれている
これは神経や組織、成長機能を高めてくれますので、B型の子供にはとても大切な栄養素
避けたほうがよい魚介類には、B型を害するレクチンやポリアミンが含まれている
冷凍の魚介類は、獲れたての新鮮な魚介類に比べて、非常に多くのポリアミンを含んでいる


○ タラ、こだら、サバ、しいら、鯛、ちょうざめ、メルルーサ、いぼだい、ハタ、このしろ
  鮭、舌平目、ぬまがれい、キャビア、かわかます、おひょう、真いわし、あんこう
  にしん、あわび、ナマズ、かじか、ぶだい、マンボウ、あみきり、イカ、まぐろ、めじな
 きんめだい、ボラ、こばんあじ、きゅうりうお、たい、キス、めかじき、甘鯛、こい

× かぶとがに、アンチョビー、はまぐり、バス、ロブスター、えび、巻貝、マス
  いがい、牡蠣、うなぎ、タコ、白ちょうざめ、かえる、カニ、にじます

 (非分泌○、分泌×) マナガツオ、かます、ぶり、エスカルゴ
 
 (非分泌×、分泌○) ほたて貝




乳製品と卵
分泌型ならほとんどすべての乳製品を食べることが出来る
0型やA型とは違って、B型は乳製品で筋肉や内臓組織をつくり代謝を活発にすることが出来る
ただしB型に中には乳糖分解酵素のラクターゼが少なく、乳製品をうまく消化できない人もいる
非分泌型はチーズの菌に免疫が過剰に反応しやすいので、たくさん食べ過ぎないように注意する
乳製品は粘液の産出を促すので 鼻の感染症を繰り返したり、風邪をひきやすい人は注意する
卵はB型にとってDHAをとるための貴重な食品ですし、筋肉や内臓の組織をつくるため欠かせないタンパク源
セリンやコリンといったリン脂質はB型の神経系・免疫系の働きを助けてくれる
飼育にホルモンを使っていないオーガニックの乳製品を探すようにする


○ ヨーグルト、フェタチーズ、全乳、低脂肪乳、スキムミルク、カッテージチーズ
  モッツァレラチーズ、リコッタチーズ、パニール、ファーマーチーズ、やぎチーズ
  ブリーチーズ、コルビーチーズ、グリュイエルチーズ、ヌシャテルチーズ
  クリームチーズ、エダムチーズ、カゼイン、ゴーダーチーズ、クアルクチーズ
  シャーベット、バター、バターミルク、サワークリーム、ホエー、ギー、鶏卵

× ブルーチーズ、ストリングチーズ、アメリカンチーズ、アイスクリーム、いくら

 (非分泌×、分泌○)
 パルメザンチーズ、カマンベール、チェダー、モントレージャック、マンステールチーズ
 プロボロネーチーズ、ヤールズバーグチーズ、スイスチーズ、エメンタールチーズ




豆類
豆類に含まれるタンパク質はB型の体に合っている
体に合った豆類と魚介類のタンパク質で、十分に筋肉を作ることが出来る 
大豆製品にはB型抗原にはよくない働きをする酵素も豊富に含まれているので控えるように 
緑豆などB型の体内で凝集作用を起こすレクチンを含むものは避ける


○ らい豆、赤インゲン豆、白インゲン豆、そら豆、

× 味噌、あずき、ひよこ豆、レンズ豆、緑豆(もやし)、
  豆腐、テンペ、、大豆フレーク、大豆顆粒、豆乳(分泌○)

 (分泌○、非分泌×)大豆 ← ×大豆製品は×なのに大豆は○???
 これはどういうことなんだろう?と 疑問だったのですが・・・
 ダダモ博士の英語原書を見ると、TYPE B SECRETOR(分泌型)はNeutral中間?
 TYPE B NON-SECRETOR(非分泌型)はAvoid避ける? となっていました。
 非分泌は避けて 分泌は中程度に考えるって事??? よく分かりませんが
 我が家では 大豆はそんなに好きじゃないので食べてません。





ナッツと種子
ナッツと種子はB型にとって大切なタンパク源
くるみにはオルニチン脱炭素酵素を阻害してポリアミン濃度を低下させる働きがある  
ひまわりの種やゴマなど、B型の体内で凝集を起こすレクチンを含む食品にはとくに注意して避ける


○ くるみ、マカダミアナッツ、フラックスシード、アーモンド、ペカンナッツ、栗、レイシ

× ヘイゼルナッツ、カッシューナッツ、ピーナッツ、ピスタチオ、ごま、ヒマワリの種
  松の実、けしの実、ベニバナの種、かぼちゃの種(非分泌○)  


続く・・・





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009.10.26 10:35:07
コメント(4) | コメントを書く




■コメント


 Re:ダダモ-B型の食材-タンパク質(10/26)   nekochan_59 さん
ご訪問ありがとうございます。

食事療法の研究をされているんですか?
(2009.10.26 10:11:45)

 (。・ω・)ノ゙ コンチャ   鳩勝 さん
そうそう 分泌 非分泌って
鳩もなんだろうって思っていたんです
O型の鳩は大豆製品よく食べているんでw
あとキャベツも~
たくさん食べなければいいのかな^^ (2009.10.26 18:09:35)

 Re[1]:ダダモ-B型の食材-タンパク質(10/26)   minto* さん
nekochan_59さん

訪問&書き込みありがとうございます。
研究というか・・・ そんなたいそうなものじゃないんです
栄養療法を受けていまして、その記録と勉強の覚書きなんですよ~ (2009.10.27 17:35:31)

 Re:(。・ω・)ノ゙ コンチャ(10/26)   minto* さん
鳩勝さん

さらに非分泌、分泌に分けられるんですよ~
我が家も検査したら
夫と私は分泌、母は非分泌でした。
非分泌の方が、まれなんじゃないのかなと思うんですが
またその辺のことは、いつか記事にしますね。 (2009.10.27 17:45:01)

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.