989145 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

* Hidamari*Life *

2012.02.02
楽天プロフィール XML
カテゴリ:サプリメント


L‐アルギニン

非-必須アミノ酸で、硝酸の前駆体である。
硝酸は動脈壁筋肉弛緩剤で、動脈を広げるのに有効。
結果として、高血圧と冠動脈疾患に有効。

脳下垂体が正常に機能するために必要。
オルニチン、フェニルアラニン、その他の神経化学物質と共にアルギニンは
脳下垂体の成長ホルモンの合成とその救出に関わっている。

胸線を刺激することで、免疫機能を改善する。
胸線は病気とたたかうT細胞が攻撃命令が下るまで貯えられているところで
複数の研究がアルギニンがT細胞の数を増加させ、体の癌に対する防衛を助ける
ナチュラル・キラー細胞の産出の引き金にもなることを明らかにしている。

30歳を過ぎると脳下垂体からの分泌がほぼ完全に停止してしまうから
アルギニンは成人には必要である。

効能
・男子の精子数を増加させる。
・免疫反応を助け、傷の治りをよくする
・体に貯えられている脂肪の代謝を助け、筋肉組織を丈夫にする。
・精神、身体的に鋭敏にさせる。

たくさん含んでいる自然の食品
ナッツ類、ポップコーン、カーロブ(キャロブ?)、チョコレート、玄米、オートミール
レーズン、ひまわりの種、ごま、小麦全粒粉のパン、すべての高タンパク食品

500~1,000mgを1日2回 病状によって もっと大量が有効かもしれない。

注意
サプリメントは成長期の子供に与えてはいけない(巨人症の原因になりうる)
精神分裂病(統合失調症)的状態の人にも与えてはいけない。
ヘルペスの人がアルギニンのサプリメントや、アルギニンを多く含む食品を摂ることは強く反対されている。
1日20~30g以上の摂取は勧められない。(関節肥大や骨の奇形を起こす危険がある)。

肌が荒れて皮が厚くなってきたらアルギニンの摂りすぎ。摂取量を減らせば元に戻る。
肉体的な外傷はすべてアルギニンの必要量を増加させるから、食事で多く摂るようにしなければならない。

※自分や家族の飲む栄養素の覚書きです。 Ρ Ԥ
気になる点や 覚えておきたい点だけまとめています。 
記載間違いもあるかも知れませんし、詳しいことは、本などで確認ください。

ビタミン・バイブル完全版  今日からあなたもビタミン革命  アミノ酸特集ページ







Last updated  2012.02.13 11:57:24
コメント(0) | コメントを書く




■コメント


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.