391212 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

パース通信 ( Duke in Perth )

PR

カレンダー

お気に入りブログ

原稿送付。仮眠。北… New! CASHFLOW101さん

法人の利益を個人に… New! 相良利満(さらり・みつる)改め 相良利修(さらり・おさむ)さん

高齢者受講 hy3de8さん

最近の出来事 健美… 黄金ガールさん

昔の不動産屋とへん… さくら1013さん

タイ人顔の考察 manachan2150さん

楽天通販 中高年ご… 楽天通販 お父さんのお気に入りさん
今日のおやつ通信 今日のおやつさん
「流行通信」 楽天 … 「流行通信」さん
Sky in Australia mickcat26さん

サイド自由欄

コメント新着

duke3@ Re[1]:Hot Water Syatem(07/13) kimi@やあこさん ----- 暑がりで寒がりの…
kimi@やあこ@ Re:Hot Water Syatem(07/13) 火事寸前だったなんて危ないっ! 気をつけ…
duke3@ Re[1]:Hot Water Syatem(07/13) hy3de8さん ----- 日本のテレビを拝見する…
hy3de8@ Re:Hot Water Syatem(07/13) 随分と危ない状態だったんですね、気を付…
duke3@ Re[1]:日本滞在日記(9) パース帰国後の感想日記(06/19) hy3de8さん ----- 気の短かい私でも真顔で…

バックナンバー

日記/記事の投稿

カテゴリ

 

全1261件 (1261件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2015年07月31日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:Vines Golf
最近は雨が続いていましたが水曜日は珍しく好天
気温は低かったけど晴天でパースの冬のゴルフは最高です。

パースの冬は7月の中ごろが底のようで、これから徐々に
最低気温も10度近くなりお日様が出れば体は楽になります。

ゴルフは最初のハーフはドライバーが池に入るはウッドは曲がるし
いつものように散々の出来で肩を落としておりました。

一緒に回った友人が「私はグリーンを狙うとき自分の得意の距離を
残すように1打めから良く考えてクラブを選んでます」と言ってます。

私の考え方だと1打めはできるだけ飛ばそうとしてドライバーを使う
事しか考えてなかったので目に鱗の発言でした。
私も50年以上もゴルフをやってきて何を今更言ってるんでしょうね。

もう年で飛ばなくなったんだから少しは頭を使ってゴルフをすべきだな
と、遅まきながら気がついたようです。

ミドルホールではもうツーオンは不可能なドライバー飛距離なのだから
3打めでグリーンを狙える距離にもっていけばいいのではないか
長いことゴルフをやっていてなんでこの方法に気づかなかったのか
気がつけばこの方法はそんなに難しいものではなかったのです。

一番得意な距離と信頼性が高いクラブを使って
グリーンを狙う地点まで安全に球を打っていけばよいのですよね。
何もティーアップして気持ちよくドライバーを打つだけが
スコアアップに結びつくわけではないのにやっと気がつきました。

50年近くゴルフをやっていて気がつくのがちょっと遅かったみたいです。
だからお嬢さんに父さんは学習能力ゼロだといわれるのでしょうね。

後半のハーフは良く考えてグリーンを狙える距離になるよう
毎度クラブの選択をして実行したら見違えるような好スコアを叩き出しました。

ゴルフは耳と耳の間を良く使えば向上すると再確認いたしました。
後はパターの精度を上げていけばまだまだスコアアップが狙えると
明るい希望が出てきたようです。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月31日 09時31分31秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年07月27日
早いものでパースの冬はもう27回目ですが、年々寒さが身に沁みて来るのは
加齢の所為だと思いますが、これでは日本の冬は寒すぎて到底暮らせないわよ、と
奥様にいわれて本当にそうだなあ、と納得してしまう弱っちくなった私です。

今年日本に行ったとき2ヵ月半も結構のんびり出来たので
学生時代からの悪友たちとも何度も交流でき楽しい時間を沢山過ごしましたが
当然のことながら皆70歳の爺になって病気持ちも多いし
中には一足お先にって感じであの世に旅立った奴らもいます。

会って飲んだり食ったりしてると癌を患ってるやつが多いのに驚きます。
肺癌、胃癌も多いのですがなぜか悪友たちの大腸癌罹患率が高いのです。

お前らと違って俺は貧乏だから美食をしないし、最近は菜食だから
旨いもの食ってばかりのお前らと違って通風にもならないよ、と僻みつつ
威張ってますが立派な糖尿病患者であることは間違いありません。

日本から帰ってきて主治医のDr.Gayのところに行ったら
私の日本での友人たちの話を聞いて、早速念のため便の検査と
定例の血液検査をするよう指示されました。

4-6月は日本で糖尿の飲み薬とインシュリンはサボらずにいたので
それほど心配もせず検査結果を聞きに行きましたが
大腸癌は発見されず無事無罪放免となりました。

ただ、日本でおいしいものを食べてばっかりいた所為か
体重が増え血圧も少し高くなったようです。
最近PCの前に座るとすぐに眠たくなるのもビタミンDが不足してるらしい
ので錠剤を飲んだほうが良いよ、との助言を貰いました。

当地の医療はGPといわれるホームドクターが
本当に重大な疾患があると思うと専門医を紹介してくれるので
日本の大病院みたいに患者が溢れて受け付け2時間診察5分ということは
無いけど、ただ英語で診断結果を話してくれるので
日本語で説明してくれる日本の医者のほうがなぜか安心できるみたいね。

私も日常英会話はどうにかこなすけど病気に関しては
英語力に不安があるので毎回先生から診療結果の文書ももらってる。
Medical Treatment Consultation and Review

医学用語は難しいけどこれなら家に帰ってからでも
専門辞書片手によく読んで理解に努めています。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月27日 01時08分32秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年07月22日
日本の7月は台風が来たり連日の猛暑で大変だと
お見舞い申し上げます。
パースの今は冬の峠にいるようで、日本で今年買ってきた
冬服が活躍して寒さを凌いでおります。

今まで江戸っ子ぶって長袖の下着なんか着ないよ、って
威張っていましたが寄る年波に勝てず股引まで履いています。
半袖のインナーの上に長袖のインナーを重ね着して
シャツを着てその上にセーターを着て羽毛の上着まで着込んでいます。

そして冬になると雨が多くなり道路もスリップ事故が増えます。
今日も夜少し雨が降ったと思ったらすぐ近くの交差点から
ドーンという音が聞こえ野次馬の我々はすぐ家を飛び出しました。

普段は交通事故が発生すると警察がやってくる前にレッカー車が
飛んできて、時には救急車よりも早く到着します。
我が家も交差点の近くにあるのでレッカー車の運ちゃんが
事故があったら謝礼を出すので私のほうへ連絡してください、と
何社か以前営業にやって来ました。

でも今日はそのレッカー車が信号機に突っ込んだ事故でした。
信号機は折れ曲がり道路のあっち側の電線に影響があったのか
周りの家はみな電気が消えていて停電のようです。

お蔭様でこちら側の家々は停電も無く助かりました。
交通事故の救出に飛んでくるレッカー車が信号機に突っ込む
交通事故とはまるで漫画のような出来事でした。

他の車も巻き添えにならず怪我人も出なかったのが不幸中の幸いでした。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月22日 01時36分31秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年07月17日
今現在のパースは冬の真っ最中、朝晩は零度にはなりませんが
空気が乾燥してるので深深と冷え寒がり爺さんは凍えてます。

江戸っ子は伊達の薄着だよ、なんて見栄を張って威張ってましたが
今では厚手の長袖の下着と股引を履いて寒さ対策に励んでいます。
年寄りは冷えると体の内外が硬くなり脳梗塞、心筋梗塞なりやすく
筋肉も弾力性が無くなり夜中に足が攣ったり難儀しています。

それでも手足のつりには今回日本に行ったときに旧友に教えてもらった
ツムラ順天堂の芍薬天草湯を購入しすっかり良くなりました。

年をとって来ると、どうしても食べ物の栄養やビタミン、ミネラルだけ
でなく市販のサプリに頼ることが多くなりますが、
幸いなことに我奥妻は家庭料理の名人で、特にパースなんかでは
外でおいしいレストランを見つけるのは至難の技だと痛感してます。

我々夫婦は就寝、起床に時間差がありますので朝食だけは
私一人でコーヒーを沸かしパンを焼き簡単に済ましてます。
それでも昼夜とも奥様の手料理ですから運の良さをかみ締めてます。

日本に滞在してたときも娘たちは毎夕食を奥様の手料理だったので
父さんは不要だけど母さんだけでも早く日本に戻ってきてほしいなぞと
虫の良いことをほざいておりました。

サプリですがもう10年以上大蒜エキスのKyolicを毎朝2錠飲んでいるせいか
馬鹿と何とかは風邪を引かない諺通りか、お蔭様で風邪を引いたことがありません。

奥様の私に対する肉食から草食への改造計画も順調なようで
最近は肉より野菜のほうがおいしく感じるようになりました。
長いものには巻かれろ、短気は損気を胸に刻み静かな余生を過ごしましょう。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月17日 02時00分11秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年07月13日
パースの夜はとても冷え込みます。

最近はシャワーの湯温設定も最大の熱さにしても
湯量も極端に少なくなってしまい長い時間浴びることも
出来なくなってお風呂の楽しみも激減してました。

湯船にお湯を満たそうにもお湯の出がちょろちょろですから
満杯になるころにはすっかり冷めて使い物になりません。

仕方なく給湯器の設定温度を変えてもなかなか改善しません。
夜間に外に出て給湯器をチェックしますとガスの炎が
外部まで伸びていて壁や樋の部分まで黒焦げになってます。
どうやら使用中止にしないと危険なようです。

昨年、給湯器を取り替えてもらったプラマーはどうも誠実な感じではなかった
(ついでに塗装の仕事を頼んだら非常に出来が悪かった)ので
仕方が無く以前モーリースタジオの給湯器の修理に来てもらった
Prompt Plumbing という業者にチェックをお願いしました。

このままでは火事になる寸前だったようで、修理も不可だったので
勿体無いのは充充承知のすけ、ですが新品に交換いたしました。

当地の業者は信用できない輩が多いのですが、まだ22歳というこの兄ちゃんは
16歳から働いているボスニア生まれの苦労人らしく
お金がたまったら日本に行きたいなんて言うものだし
$1000で暖かいシャワーを浴びれればまあ良いかな、と
思って設置をお願いいたしました。

1年間の保障も貰ったし、旨く動かなかったらすぐ飛んでくるよ、と
いう言葉を信じ1週間ほど毎晩使ってますが、どうにか順調に
ここのところ温かいお湯の恩恵にあずかっています。

シャワーのお湯は強めで熱めでないと風邪を引いちゃうよ。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月14日 02時13分18秒
コメント(4) | コメントを書く

2015年07月09日
パースに戻ってきて久しぶりに当地の悪友Hサンから
日曜日に麻雀のお誘いを受け嬉々として朝10時の約束に出かけました。

日本に居たときは麻雀人口が多いので知り合いのフリー雀荘に
行けば何時でもできたのですがパースではそうは行きません。

今日のメンバーはパースの日本レストランオーナーが3人と
私、無職の無頼派貧乏老人の組み合わせです。

メンバーの一人は金も暇もあるまだ50代のバリバリの
ビジネスマンですが狭い街であるパースではなかなか自由に
若さとお金に任せた夜の遊びもままならない状況らしいです。

日本に居れば遊ぶところはいくらでもあるしお金と時間があれば
好きなところに行って好きなことをする機会に満ち溢れています。

と言う訳でパースの遊び人たちは徒党を組んで東南アジアまで
足を伸ばし奥様がたの目の届かないところで自由に遊んでいるらしい。
まあ皆さん子供じゃないので現地妻を作ったり悪い病気をもらったり
しないようにすればパースの激務を忘れて良い息抜きになると思います。

麻雀のほうは第1局が始まって4順目ぐらいに不要牌を整理していた
私が捨てた一筒が、なんと親の面前筒子混一色、中(ドラ)3発
の跳満貫という交通事故級の被害にあいました。
黙聴で開始早々の4順目に跳ね満貫放縦と言う大不運でした。

このままで、すぐに箱点ドボンで終わってしまうのは悔しいので
闘志をかきたて地道に努力を重ねどうにか2着まで回復いたしました。

私の場合最初にガツンとやられるときは後半はツキが来るようで
終わってみれば小額ですが私の一人勝ちという結果になりました。
私の持論では麻雀は腕よりもツキが大事で、いくらつかなくても
焦らず不貞腐れず頑張っていればやがてツキも戻ってくるという
人生と同じものだと思っています。

人生も同じで連戦連勝は夢の世界だけで実際は6勝4敗で上出来
51%勝ちでも勝ちは勝ちなので満足しなければいけないと思ってます。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月09日 12時50分51秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年07月04日
6月12日に東京からパースに戻り早3週間が過ぎ暦も早7月
パースでの日常にどっぷり浸かり何かと忙しい日々を過ごしてます。

どこかに仕事で出かけるわけでもないのですが生きていれば
銀行に行ったり、買い物に行ったり、洗濯物を干したり、昼寝をしたり、
ゴミ出しをしたり、庭の手入れをしたり、車の手入れやガソリンを入れたり
映画を見に行ったり、パソコンの前に座ったり、メールを見たりなどなど
何もしないでボーっとする余裕も無く毎日がどんどん過ぎていきます。

日本に行ったときに大量に買った本も老眼が進んだと言い訳をして
読書に励むことなく本箱に入れたまま大半が放置状態です。

PCはスケジュール表やメールをGoogleに変更したのですが
以前使っていたデータの移管や新ツールに慣れる為の試行錯誤や
勉強に毎日格闘しています。

おまけに会計士からTax Returnが6月年度末だから
2014/7月から1年分の経理書類を8月ごろには提出してください、と
催促を受け1年間記帳をサボっていた付けを払わなくてはなりません。

微々たる年収の老いぼれ爺でも税務申告、納税は国民の義務だから
仕方なく今月中に終えようと頑張っていくつもりです。

私は自分でも十分理解している無法者老人ですから
豪州国民の義務であるすべての選挙権も返還しても良いですし
日本も選挙権が18歳以上になって若い人が元気を出すためにも
老害である高齢者の選挙権も全員が返上すればよいと言う極論保持者です。

今回日本に行ったとき爺婆の銀座と言われている巣鴨のお地蔵様へ
出かけましたが、我々夫婦も70才という高齢者ですが
周りの人ごみは当然のことながら総べてと言って良いほどの
高齢者だらけで我々は若手の爺婆じゃないかと思ったほどでした。

我々夫婦もこれからどんどん老化が進みますし
日本の高齢者社会も待ったなしでやってきますので
尊厳死や安楽死の是非も国民全員が真剣に議論すべきですね。

ただ、安楽死については死にたく無い人を簡単に殺すことは無いように
厳格な立法と運用を進めてもらいたいものです。
私もボケたり体の自由が利かなくなったりしたら
尊厳死でいいと今は思ってますがいざ自分がそうなったら
まだ死にたくないよー、とじたばたする可能性大でしょうね。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年07月04日 21時14分08秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年06月26日
日本からパースに戻ってきて早2週間、加齢とともに
月日の経つのも加速度が付いてきて日々慄いております。

今週水曜日は約3ヶ月ぶりに当地での旧友H氏とバインズでプレー。
居合い道の達人で親友のK君にに教えてもらった、居合い道斬心の術
を心がけてスイングしたら何か飛距離が伸びたようです。

よく言えば素直、悪く言えば単純な私には良い助言だったと思います。
パースの冬は朝晩涼しいですが昼間は長袖のポロシャツでは暑い位です。
スコアは気にせず健康管理のため水曜日はゴルフに勤しむつもりです。

長袖の肌着などは江戸っ子は着ないんだよ、と奥様に言ってましたが
冬の寒さにはかなわず爺さんが伊達の薄着といっても仕方ないですね。

また日本人会ゴルフコンペもここの所サボっていましたが
あまり参加しないで居ると五社ももうくたばってしまったかと
心配?いや喜んでもらうかもしれないので嫌われっ子
世に憚るではないですが久しぶりに顔を出そうと思ってます。

日本に滞在中はノートパソコンを持参して利用してたのですが
メールソフトやスケジュール表は、自宅のデスクトップPCと同期して
無かったので、パースに帰国後両方のPCにを同期するのに手間取りました。

結果的にはメールはGメールにアカウントを作り、すべてのE-mailを
Gメールに統一しデスクトップPCでもNotePCでもipad Miniでも
アクセスできるように変更いたしました。
今までのBeckyメールソフトはフィルターをいくら設定しても
Spam メールがやってきて困ってましたがGメールは使い勝手がよろしいようです。

スケジュール表も以前から舞暦と言うソフトを使ってましたが
クラウドを独自に持ってないのでこれもGoogleカレンダーに変更し
現在使用法を勉強中です。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年06月27日 00時45分48秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年06月19日
先週の金曜日にパースに戻って早1週間、当地での暮らしの
ペースにやっと戻ってきてお気楽生活を再開いたしました。

日本に居たときでも夜も朝も遅いグダグダな生活でしたが
パースに戻っても朝早くからの用事があるわけでもなく
時差が1時間しかないので日本のテレビを見てグダグダAgainです。

おかげで以前は豪州のテレビもニュースを中心に見ていましたが
たまにしか見なくなってパースの日常から段々遠ざかっていくようです。

スーパーやコンビににはよく行きますが、相変わらず日本と違った
愛想のないサービス、対応でこれにも直ぐ慣れました。

日本のコンビニに行ったときアルコール類(例えば梅酒)を買うとき
店員さんに成人認証を必ず求められました。
あちらはマニュアルに従って尋ねるのはわかっていますが、思わず
「何を言ってるんだよ、顔を見ればわかるじゃん」と言ったら
苦笑されてしまったよ。

マニュアルに従うのは良いかもしれないけど、常識的にこんな爺の
俺に成人認証はないでしょう。

スーパーのレジの方もロボットのような型に嵌った挨拶をしているので
もう少し人間くさい挨拶をしたほうが良いと思うのは不味いのかね。
お客もいろいろなやつが居るから画一的な挨拶に統一してるのだろうね。

スーパーの上のかたも訳のわかんない客も多いので
当たり障りのない挨拶を従業員に教育してるのだろうし、 
礼儀正しいのは良いことだけど気持ちの入った挨拶とは難しいものだね。

こっちのスーパーのレジは若いのは素っ気無いのが多いけど
ベテランにもなれば冗談も言ったりして結構人間くさいよ。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年06月19日 19時18分53秒
コメント(2) | コメントを書く

2015年06月13日
6月12日早朝6時にパースに戻ってきました。
11日の午後奥様の妹夫婦に羽田まで送ってもらい、空港には友人のHydeさんが
見送りに来て貰い、無事午後5時05分発のSQ便に乗りました。

何か理由はわからなかったのですが2-30分離陸が遅れたようで
シンガポールに到着時では電動カートに乗せてもらい特急で
パースまでの乗り継ぎ便に連れて行かれました。

乗り継ぎの時間が1時間で、おまけに第1ターミナルから第3ターミナルまで
かなりの距離あるので慌てて駆け込みましたが最後の搭乗客になったようです。
どうやら預けたバッグは乗り遅れたようで次の便になりました。

おかげで通関も手荷物だけで検査場で長く待たされることもなく
荷物は12日の午後にでも着くから連絡します、と言われ手ぶらで
タクシーに乗り込み帰宅いたしました。

朝早く帰宅したのですが、パースはもう冬の季節で寒くて震えました。
居間の真ん中を手早く掃除機で清掃し早速コタツを設置いたしました。
コタツに足を突っ込みテレビを見ながら飯を食いお茶を飲んで寛いでいると
すぐにパースの日常に戻ることができました。

家に戻り車をチェックしましたが残念なことに私の愛車はバッテリーが上がっていて
13日の午後に日本のメカニックの方に来てもらい交換していただきました。
遅れた荷物は12日の夕方にシンガポール航空の方が運送屋を手配してくれ
我が家まで送り届けてくれました。
シンガポール空港もなかなかサービスがよいものだと感心いたしました。

東京での生活は忙しく充実していましたが、刺激の少なく美味しい物も少ない
パースの生活もそれなりに捨てがたいものがあります。
しばらくは東京ロングスティの疲れをのんびりと癒そうと思ってます。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年06月14日 02時32分43秒
コメント(4) | コメントを書く

全1261件 (1261件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

総合記事ランキング
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.