001544 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

for your 絵画

PR

サイド自由欄

モバイル

ケータイ
スマートフォン

ニューストピックス

楽天ダウンロード

2012年10月31日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
クロード・モネ(Claude Monet, 1840年11月14日 - 1926年12月5日)は、印象派を代表するフランスの画家。「光の画家」の別称があり、時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求した画家であった。モネは印象派グループの画家のなかではもっとも長生きし、20世紀に入っても『睡蓮』の連作をはじめ多数の作品を残している。ルノワール、セザンヌ、ゴーギャンらはやがて印象派の技法を離れて独自の道を進み、マネ、ドガらはもともと印象派とは気質の違う画家だったが、モネは終生印象主義の技法を追求し続けた、もっとも典型的な印象派の画家であった。

フルネームは当初オスカル・クロード・モネ(Oscar Claude Monet)であったが、本人がオスカルの名を好まなかったため、通常は「クロード・モネ」と名乗っていた(改名したのかどうかは不詳)。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012年10月31日 14時13分11秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
油彩画の構造

油彩画は絵画の内でもすぐれて明確な積層構造をとる媒体である。塗膜の接着を良くする意味で、"Fat over lean"という慣(ならい)に従い、上層が下層より油分が多くなるようにする。油絵具による塗膜にそのまま水性絵具を重ねると剥落などの問題を起こすので避けられる。経年によって、鉛白などは乾性油と反応し金属石鹸を生じ、透明度が高まるので、凡そ100年以上経過すると描き直しや躊躇いが見えるようになる。これをペンティメントと呼ぶ。パウル・クレーの『ドゥルカマラ島』のように、経年による絵具層の変化が利用された作品も知られている。油彩の基本的な構造は以下の通りである。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012年10月31日 14時12分17秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
絵画(かいが)は、絵具などの特定の描画材料を用いた描画を、意図的に特定の支持体に対して行うことによって成立したもの。〔絵画は, ある物質の表面に故意に色をつけてつくり上げた「もの」にすぎない〕[1]。ペインティング(英語: Painting)とも呼ばれる。

板や布に描かれた油彩画やテンペラ画、フレスコなどで描かれた壁画を指す。紙に描かれた水彩画などは含めるが、木炭や鉛筆で描かれたもの(デッサン)は含めない。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012年10月31日 14時11分28秒
コメント(0) | コメントを書く
総合記事ランキング

おすすめアイテム

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.