133042 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

『暮らしとお金』 FP HISAが綴る 日々の雑感

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

楽天プロフィール

設定されていません

モバイル

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

コメント新着

face of hatsudai@ Re[1]:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) Hiro-Sさん >この中国の分析の文章はHisa…
face of hatsudai@ Re[1]:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) Hiro-Sさん >この中国の分析の文章はHisa…
Hiro-S@ Re:◆朝日新聞・慰安婦誤報のその後(08/18) 日本は勿論、お隣の国も、左翼オバケみな…
Hiro-S@ Re:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) この中国の分析の文章はHisaさんが書かれ…
かみかわ@ Re:◆設備投資ようやく起動か? 投資CFは流出になるのが個々の企業に取…

 

全1047件 (1047件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2014年12月19日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:国力とお金

●日経・大機小機に興味深い記事が出てたので紹介したい。日本は人口減少社会に入った。今の出生率だと 今世紀末だったか8700万人にまでなり、4000万人ほど人口が減少する。

現在の1億2700万になるまで、、明治初期に3500万人、明治の終りで5000万 日中戦争時の約7000万 1967年に1億人を超えたことなど、あまり意識しないし、20008年には第2次大戦前の2倍の人口になったなんて、ほとんどの日本人は理解してないのではないか?


●国土面積が比較的近い英国・ドイツ・フランスなどと比較してみよう。人口密度をほぼ同じにすれば、英国並みなら日本の人口は9800万人になる。ドイツ並み密度なら8700万人、フランス並みなら、4300万人の人口で良い。
アメリカに合わせればなんと1250万人になってしまう。

●現在の福祉・税制などは、およそ人口1億人超を前提に組まれてるので、当然このままだと国家経営は成り立たない・・・・のは自明のことだ。

●さて、そうならどうするか?ってことだが、日経誌では、従来型成長モデルは人手とハード産業の高付加価値化が、成長の主な手段だったが、その経験を、一度捨てて見たらどうか?提言している。なかなか言うは易しだが・・

●具体的には、地方中核都市のコンパクト化だ。あわせてネットワーク化も図るべし・・というもの。この辺は留任した 石破さんに頑張ってもらいたいものだね。

●人が住まなくなった地方都市で 生産性の高い農林水産業を展開するなど・・農業は既に野菜工場などが稼働しているし、日本の木材は、いつの間にか世界と比べて、値段が割安になっており、政策が進めばダンゼン林業が有利になる可能性を持っている。

●ここ重要なのだが、いったん都市へ人を集積して、ソフトパワーを磨く。

ついで地方の空いたスペースを活用して、国際レベルの第1時産業を育成するというものだ。

●つまり人手に頼らず、国全体を高機能・高付加価値のある構造に変えるという構想らしい。


●産めよ増やせよ・・は既に旧来型の発想で、心地よい人口密度を維持しながら、その人口を維持するためには何が必要か? を考える・・ということらしい。

●なるほど・・・なんだか人口が減ってくことが日本の衰退に即つながる・・と考えがちだが、国土のアンバランスを肯定的に捉えた上で、その格差解消を測る考え方が必要なんだね?




●いささか目からウロコの感触だ。政府にもこんな考えがあっていいよね?






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年12月19日 10時58分26秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月18日
カテゴリ:国力とお金
●今年の1~11月までに 日本を訪れた外国人が既に1200万を超えたそうだ。月に100万ペースで増えてるらしいので、年内に1300万人は超えそうだね?




●このところ石油などの輸入材が値下がりしてrきたものの、円安というのに貿易収支はまだ赤字だ。かろうじて、海外に積み立てた、企業や日本国民の投資や資産からの上がり(利子や配当等)が、かろうじて貿易赤字を埋めていた構図が、少し変わりつつある。




●従来は日本人が海外に出かけて その国にお金を落として、その国の経済に貢献していた。

しかし、アベノミクスによる円安効果や、政府の誘致策が効果を出して、外国人・とりわけ中国人の来日が非常に多くなった。




●日経誌によると、政治の対立など、ものともしないで来日する特に若い中国人は日本のアニメで育っている日本ファンが多い。




●彼らが興味を示すのは、例えばアニメの中に頻繁に出てくる「おでん」・・という食べ物を食べてみたいであったり、親子連れでは自治体が作ってる防災・地震シミュレーターの体験であったりして、不思議な国ニッポンの体験を望むらしい。




●中国では小さな頃から学校で反日教育をし、抗日ドラマをこれでもかと見せられてきたせいで、当初日本人に良い印象を持って来日する人は少ない。




ところが 初めて来日したら、人々の素養の良さ、親切 サービス精神など、教わってきたはずの日本人なんて、何処にもいないことに初めて気がつくわけだ。




●このギャップに遭遇して、思考が進むと、逆に日本ファンになる人が多い。

中国サイト、レコードチャイナを見てると、来日した中国人が帰国して、素直に感想を述べ、日本を褒めちぎり、悪く言う人がほとんどいないことが分かる。それを読んで  また訪日希望が増える好循環ができてるようだ。







●相互の理解と言うのは この様な草の根が一番大切なようだね?それにしてもフランスは年間に7000万人が訪れるらしいから、もっとやり様があるのではないかしらね?





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年12月18日 18時25分13秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月12日
カテゴリ:相続とお金

kaoru7.gif

●来年から相続税が一般的に増え、従来関係ないと思われていた都市住民にも応分の負担がかかるようになる。


●いわゆる資産家と言われる層では、今までもその対策がされていたので、そう影響ないかもしれない。・・・が、首都圏にそれなりの住宅及び敷地を持ち、預貯金等の金融資産をもつ世帯では、相続人の間で揉め事が起こるリスクがある。


●そこで政府は、金融資産1600兆円を保有する日本の家計のうち、大部分を保有する60歳以上の高齢者から、子、孫への資産移転を促すため知恵を絞っている。マネーの循環が景気対策にもなるからだ。


●代表的なのは 住宅資金や教育資金で、それぞれ時限を設け、500万円、1500万円など一定条件を付けた上で、非課税で子供や孫に贈与できる税制

を既に用意している。


●加えて、来年度(4月より)からは、子育て費用、具体的には、結婚費用(披露宴費用や新居の家賃などで300万円まで、また出産費用は分娩費用や不妊治療費、ベビーシッター代や保育料・病気の治療費用などが当たるが、子育てに関する費用の、子・孫一人1000万円までの贈与に対して、贈与税を免除するというものだ。


●一方相続税逃れのハドメもある。

効果を得るには、結婚式場や病院・保育園などで受け取った領収証を金融機関に提出して、口座から非課税で受け取る方式を取るが、贈与を受けた子孫が、50歳になった時、もし口座に残高があれば、それには贈与税が課税されるというもの。


●親や祖父母が亡くなったあとの相続税課税逃れを防ぐためだ。

このほかに相続時精算課税制度というのもあるが、小規模宅地の控除が使えないことなどもあって、利用は低調のようだ。


●確かに親や祖父母が それなりに金融資産を持ち、相続税が心配な層のお金持ち税制と言われなくもないが、ともあれマネーは動いてlこそ経済の活力につながる。


全体として 機能するのが望ましいね!










楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年12月12日 16時46分31秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月09日
カテゴリ:国力とお金
●年内の選挙予想を聞いてると、自民党が予想に反して、善戦しそうな雰囲気だね?




アベノミクスの息切れもあり、もう少し減らすのかと思いきや、自民単独でもかなり伸びそうな観測だ。




●野党の批判は本当に情けないのが多い。麻生副総理の失言が問題視されてるが、・・と言っても、分かってる人は、何が言いたいのかすぐわかる。




●いちいち野党が目くじら立てなくとも、大方の日本人は言わんとしてることは分かっている。少し野党は日本国民をバカ扱いしてるんじゃないかしらね?




●少子高齢化は今に始まったわけでなくその補正のために、喫緊の課題として、社会保障政策の中で、どう予算を配分するか?・・・に政府初めとした各界が知恵を絞ってる最中だ。ときの副総理がそれをわきまえないで発言するはずもなiいではないか?







●麻生さんは総理大臣をまがりなりにも務めた人だ。余りにもこの様な低次元の批判しかできない野党の実力やレベルがわかろうというものだ。




●アベノミクスは確かに、消費増税後、足踏み状態だが、この政権で株価は2倍になり、デフレも脱却されつつあることは自明だ。対中国対策としても、安全保障上の中国包囲網と言える体制を作り上げた。対して野党に、この政策を上回るビジョンがあるようには到底思えないね?




●はかの野党に、これほど短期間に何ができたのか?とりわけ民主党の迷走はみっともないね?

一度は政権を任せた日本国民だが、とても国政を任せられるとは思えない。

アマチュア政権の末路を見る思いがするが、これは筆者の一方的な意見です。そう思わない人には ごめんなさい!

ちょっと言い過ぎ?








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年12月09日 17時52分07秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月05日
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●英・フィナンシャルタイムス中国版は、過去5年で中国の投資は、約5兆8000億ドル(807兆円)のムダを招いたとしている。

●TVで報道されるように、中国GDPの伸びは、投資とりわけ不動産投資が担ってきた。

実需に基づけば何ら問題がないが、地方政府のGDP成績至上主義が災いして、見かけ倒しの箱ものばかりが出現した。このあたり、かつての日本のバブルにもいえるが、何しろ中国のこと桁が違う。

●ショッピングセンターや 大規模高層マンション、レジャー施設など施設はできたものの、人影が見られない施設がそこらじゅうにある。

●このような現状に、中国メディアは、今後の中国に、日本がどんな見方をしてるか?可能性として4つの道を示して論評している。

●一つは中国は、米国を中心とした自由主義スタイルの中で、自国の居場所を見つけ、国際秩序を変えることなく自国の発展を模索する・・というもの。現状維持スタイルだ。

●二つ目は、国際秩序への挑戦と言える。経済や軍備の拡大に基づき、米国中心の世界秩序に反目し、中国中心の世界体制を構築しようとしている・・というもの。影響力を周辺に与えるため、まさに今、南・東シナ海で周辺国と揉め事を起こしてる・・という見方だ。

●3に 悲観論がある。高齢化や福祉制度の未熟さなどが災いして、成長率の鈍化とともに、社会の負担はますます大きくなり、GDPこそ大きくなるが、実のある成長は維持できなくなるとの見方だ。

いわゆる中進国の罠にはまり、国家こそ大きくなるが、発展する前に老いてしまい、国民ひとりあたりGDPは伸びが止まり、近い将来、中国はおちぶれる・・というもの。

●第4は 引き続き安定的に成長はするし、外交面でも尽力して強大化するというものだ。が、現在は米国に対抗できるほどではない。

少なくともアジアにおいて、自国に有利な環境を構築するため、序々に修正を図るが、周辺国との摩擦が減ることはなく、中国の夢・・の挑戦は遥か遠い道程・・と言える。

●実際のところ習体制は、「中国の夢」達成を掲げて、スタートしたが、今までのところ周辺国との摩擦を増やし、国内にも民族問題を抱えて、あまりうまくいってるようには見えない。

習発言を聞くと、国内向けの発言は、どうやら、自らの権力体制を維持するための方策・方便だったようにも見える。

●もしかして、権力確保までの道筋としてならば賢い・・・と言えるが、外交的には、周辺国の警戒を招き、安全保障上の中国包囲網を許してしまった。明らかな外交上の失敗と言えるだろう。

●日中対話が、遅まきながら始まったが、安倍・習 首脳会談での握手には、どちらの顔にも笑顔が見られない異常なスタートだった。

それでも経済や民間交流はどんどん進んでる。観光客は史上空前だし、民間ウェブサイトを見れば、日本は嫌いだが、学ぶべき国・・という意見は共通する。

●ウェブ上で、日本人の素養を認めない中国人はほとんどいないし、国内プロパガンダで反日教育を受けてきた分、そのギャップに驚く中国人が多いのは想像できる。

ようやく 多くの中国人が 共産党の文化的鎖国政策からさめて、外を見始めた・・というところだろう。

●世界と共生できる中国が、独裁国家にできるのか?は甚だ疑問だが、世界に台頭するほど世界からの視線はきつくなることは自明のことだ。少しずつ賢くなることを期待したいものだね?









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年12月05日 15時27分41秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月04日
カテゴリ:健康とお金

kaoru7.gif

●誠に長生きの秘訣は 日進月歩だよね!
血液は人体をめぐり、栄養や各種情報を供給し、もっとも重要な組織・細胞のアイテムだろう。

●実は近年の急速な医療技術の進歩で、あらかじめ血液検査をすることで、脳梗塞・心筋梗塞、ガン、認知症、うつ病,脂肪肝の罹患リスクを測れるようになっている。


●予防医療は、もっとも大切で、病気が悪化する前に治療が可能になり、健康保険財政悪化も 抑えられる。
高齢社会の日本ではもっとも大切なのは 誰でも解るだろう。

●脳と心臓の血栓による病気については、LOXインデックスと言い、従来は悪玉コレステロールの受容体として認識されていた。ところが、実はこの受容体のほうが、罹患のリスクを正確に測れることがわかった。
この数値 コレステロールの量ではなく、質に注目した数値だが、数値が高い人は、そうでない人に比べて、脳梗塞が3倍、心筋梗塞が2倍のリスクがあることがわかった。

検査費用が約1万2千円程度。全国医療施設で検査可能だ。

●ガンについては、アミノインデックスがんリスクスクリーニングと言うのだが、1回の採血で 大方のガンになる可能性が解るという。難しかったすい臓がんも来年から可能だそうだ。

味の素と共同で、三井記念病院では、20種のアミノ酸血中濃度が変化する点に注目して、ガン罹患のリスクを把握する方法を開発した。費用は2万円程度。
ガンが疑われたら、肺はCT検査、胃ガン・大腸ガンは内視鏡検査、前立腺ガンはPSA・MRI検査、乳ガン子宮・卵巣がんはMRI検査でさらに突き止めることが大切だ。


●認知症はどうか?
MCI(軽度認知障害)の人は、放って置くと、5年で半数が認知症になる。それだけに早めにそのリスクを予知することが大切だ。アミロイドβが発症の20年前から 次第に脳内に溜まる事が原因になるが、この変化を観測することで、MCIのリスクを測るわけだ。費用は問診・相談含めて2~3万円

●うつ病リスクも解る。血中のリン酸エタノールアミン(PEA)濃度が低下することがその信号になる。なんでも90%以上の確率で うつ病診断が可能だそうだから、薬の選択治療効果の制度も向上したらしい。


●肝硬変も予知可能になった。
先の味の素の事例では、アミノインデックス技術を使って、メタボ検査を開発した。血中のアミノ酸バランスから内臓脂肪の蓄積具合や、高インスリン血症、脂肪肝などを一度で調べられるとのことだ。


●はしょってしまったが、血液検査で 多くの病気が防げる事になったのは画期的だ。
そろそろ健康が心配される中年世代、一度はこのような検査をすることをお勧めしたいね!






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年12月04日 09時39分56秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年11月21日
カテゴリ:健康とお金

●しょうがないね? 政府は大して必要がないにも関わらず、、高齢介護者などを病院に預けっぱなしの状態・・・いわゆる社会的入院をなくすことにより、およそ3000億円の医療費削減を目指した。 これを踏まえて、2006年に、これら療養病床への介護保険適用を廃止する旨を表明していた。



しかしながら・・・


●今回の措置は やはり時期尚早だったということだろう。これを補う医療体制ができてないことが大きい。


●これら介護療養病床存続の要件は 5つある。

1、重篤な疾患のある人や合併症のある認知症高齢者が、入院患者数の一定割合以上いる。

2、たん吸引やチューブでの栄養補給などを受ける人が、一定以上割合いる。

3、終末期ケアを受けてる人の割合が一定以上いる。

4、生活機能を維持改善するリハビリを行っている。

5、地域に貢献する意志を持ち貢献している。


・・などが条件だ。一定割合がどの水準になるか? 来年4月実施をめざして調整が進む。


●約7万1千床もあるこれら病床は、来年4月から「療養機能強化型」とその他カテゴリーに分かれる。


新区分では、医療措置の必要が高い人を受け入れている病院を存続させる方針だ。


●上記5つの条件は 全て満たす・・ことが必要だ。これにより介護報酬を厚くして、経営悪化を防ぐ狙いだ。


一方で その他病院は、介護報酬を引き下げ、リハビリ中心の介護老人保健施設への転換を狙っている。


●介護や支援の必要がある65歳以上高齢者は、2012年で約305万人いて、25年には470万人になる模様。

介護保険を申請していない人を含めた推計では、12年で462万人になると予想。

これら数字から、将来認知症になる可能性がある人が、400万人としている。



●認知症をめぐる徘徊や行方不明、成年後見人の犯罪など、社会の歪みは

顕著だが、国家としてのスタンスは、悲観に陥らず、この状況をいかに経済の活性化に寄与するか・・楽観的でありたいものだ。


●こう言うと 介護している方からは怒られるかもしれないが、筆者も初期の認知症の老母を観ている。一人ではなかなか生きていけない個人をサポートすることは、成熟した国家の責任であり、また今後日本に続く高齢国家への事例にもなる。


●人や機関が 行動するとき 悲観か楽観か?により、その後のフェーズは全く異なるものとなるだろう。官僚の評判は久しく不評だったが、今こそ厚生官僚の奮起を促したいところだね!


●日露戦争当時、・・「皇国の興廃 この一戦に有り 各自奮闘せよ」・・

とZ旗を掲げてバルチック艦隊を撃滅し、その後の日本の進路を開いた、明治人の気骨を是非 示してもらいたいものだね!










楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年11月21日 14時45分52秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:健康とお金

●昔から知られた効能だが、生姜はほんとに便利な植物だ。

下着メーカー・トリンプは生地に生姜の粉末を付着させて、吸湿と発熱効果を高めたインナーを発売した。

黒生姜という、熱帯地方に自生する生姜中の、ポリメトキシフラボンという成分が、その効果を持つのだという。

生地に付着したものを洗っても、効果は持続するとか・約150グラム分の生姜を使い、下着に成分エキスを付着させるのだとか。


●化粧品ブランド・アユーラからは、入浴剤も出ている。「生姜香草湯」という。血行不全や手足の冷えに効果アリらしい。

じわじわ体を温め、血行改善の効果を期待できそうだ。


●せんねん灸、で有名なセネファでは、「せんねん灸オフしょうがきゅう八景」というロングセラーを持つ。お灸のもぐさの中に生姜成分を入れてるのだとか?


●強いコリがある部位や足裏など、肌の厚い部分に使うと、体全体を温める温熱効果が高いのはしょうがの特徴だ。

先のせんねん灸では、銀座の治療室で体験ができる「お灸教室」をやってるのだとか・・是非行ってみるといいね!


●おっと食べるのを忘れては困るよね?

お茶漬けの永谷園の話だ。2007年から生姜部を開設して、効能や食べ方の研究をしている 。

9月から「「冷え知らず」さんの温生姜スープ たっぷり野菜 粕汁風」・・・を発売した。即席スープを多く出しており、生姜の特性にゾッコンの様子だね?


●ポイントはいかに生姜の温熱効果を引き出せるかだが、加熱後に乾燥させるなど、各社の工夫は様々だ。おまけに「”ほっ”とヨガ」まで提案して、毎日の運動が必要と、ヨガスタジオ「LAVA]と提携している。



●生姜の殺菌作用や温熱効果は 古くから日本人に知られていて、生活に取り入れられてきた。主に口からの摂取だが、近代になり科学的な成分分析によって、薬としての効果も確かめられるようになった。


●生の生姜には「ジンゲロール」が含まれ、殺菌・解熱・手足の血管を広げるなどの働きがある。それを乾燥させ加熱すると「ショウガオール」という成分に変化して、胃腸壁に作用し血流を良くして、体の深部から温めるのだそうだ。



●寒くなるこれからのシーズン 温泉に浸かったあとは、生姜の入ったスープで体の芯から感じる「暖かさ」が欲しいものだね?

ためしてみよう~~






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年11月21日 14時43分48秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●リーマンショック後 日本の株も売られて232兆円まで下げていた、東証1部銘柄 時価総額が、7年ぶりに500兆円を超えた。


●12年末からのアベノミクス相場が 貢献したが、当然この買いは海外投資家によるものだ。


14年累計で外人買いの累計は 初めて買い越しになった。


●これ日銀総裁 黒田さんの小気味良い金融緩和アナウンスが効いてるよね!

2%インフレ目標に陰りが出るやいなや、大方の予想を裏切ってバズーカ砲第2弾を打ち出した。海外勢もこれには賛意を表す向きが多い。


しばらく投資環境がモヤモヤしていた時だけに、不安を払拭した感じだったからだ。


●衆院解散が取り沙汰され、報道では解散の方向で消費増税延期を担保したい政権だが、海外投資家も解散総選挙で政権が安定するなら、株価にはプラスと見る向きが多いようだ。・・が果たしてどうか?


●解散総選挙が決まり、年末は忙しいね?






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年11月21日 14時42分22秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:国力とお金
●デフレ脱却がままならず、GDPの規模で足元がふらついてる日本だが、どっこい製造・技術立国としての日本は健在だ。




●このほどトムソン・ロイターがまとめた特許データを元に、知的財産・特許動向の観点から見た、世界で最も革新的企業や機関に、日本から39社を選んた。コレ凄いよね! 実に4割が日本企業なんた!







●例えば ボーイングが航空機用炭素繊維を、東レに総額1兆円分発注したなど・・・日本にしかできない分野が非常に多いのだ。

ガジェット化したスマホでも。基幹部品のCーモスセンサーではソニーの部品なしでは成り立たない。案外としっかり儲けているのが日本企業なのだ。







この成果、米国でさえ抜いて堂々の一位だ。もっとも米国の場合 製造業から他分野にいたる裾野が広く、彼らから言えば大したことはないかもしれないが・・・







●ちなみに、アジアでは韓国4社 台湾2社 中国に至ってはわずか1社しかない。科学分野ノーベル賞受賞者が22人と、特に今世紀、突出する日本に対して、韓国.中国の反応は、そうじて自虐的だ。パクリ文化は所詮そのレベルに

落ち着くしかないよね?




●ホンダが小型ジェットを生産して 三菱がリージョナルジェットを開発、航空分野にも日本企業が乗り出す。米国製造旅客機も今や3割以上が日本の製造が担う。動力系だけだなく、素材、とりわけ炭素繊維はこれら航空分野でも、燃料電池車分野でも最有力素材だろう。




●日本人があまり知らない事の一つとして、軍事産業がある。実はこの分野は、技術的に日本企業の最前線だ。従来武器輸出が禁止されてたこともあり、地味というかタブーな分野だったが、いつの間にか世界でももっともフロントランナーになっていたなんて、多くの日本人は知らない。

例えば戦前から、戦艦や戦車の砲身など造ってた、日本製鋼所などわかるだろうか?




●戦車にしろ、潜水艦にしろ、ステルス戦闘機も、日本の最新技術で、できないことはほとんど無いわけだ。各国から技術提携や、豪州のように日本の潜水艦を10隻程度買いたい旨の意思を示してる国まである。




●人口減少阻止が国家の難題なのだが、まだまだやれる糊代は大分ありそうだ。

年内解散・総選挙が決まったが、早く安倍政権の、早期組閣と難題に注力願いたいものだね?








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年11月21日 14時32分14秒
コメント(0) | コメントを書く

全1047件 (1047件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

ブログリンク

お気に入りブログ

まだ登録されていません

日記/記事の投稿

サイド自由欄

設定されていません。

フリーページ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.