129175 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

『暮らしとお金』 FP HISAが綴る 日々の雑感

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

楽天プロフィール

設定されていません

モバイル

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

コメント新着

かみかわ@ Re:◆設備投資ようやく起動か? 投資CFは流出になるのが個々の企業に取…
かみかわ@ Re:◆人口が減っていく! はじめまして。女性・高齢者の労働力化率…
noga@ Re:◆奨学金・制度の改革が必要だ(07/31) 宇宙の成り立ち、古代文明の有様、外国の…
ササキコジロウ@ 参院選で不正選挙が行われます。 参院選で不正選挙が行われます。  昨年の…
プラダ トート@ gcjlvw@gmail.com カッコいい!興味をそそりますね(^m^) プ…

 

全1005件 (1005件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2014年07月23日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:証券投資とお金

kaoru7.gif

●アベノミクスが息切れ?・・という声もあるが、実は日本の今の経済状況は、本格的な株高へのターニングポイントなのだという。

●それは景気循環サイクルから見た見立てだが、超長期(約60年)の景気循環サイクル・コンドラチェフの波と言われる経済循環波動だけでなく、長期(約20年)のクズネッツの波、中期(約10年)のジュグラーの波、短期(約4年)のキチンの波など、4つの波がいずれも上昇局面に入っている・・ということのようだ。

●かつて1904年の日露戦争から第1次大戦を経てしばらく12年ほどの期間。次は1957年から神武景気・岩戸景気・東京五輪を経た1967年のいざなぎ景気までの10年ほど。そして今回が3回目の4つの波がいずれも上昇する時期にあたる・・というのが根拠だ。

●超長期・コンドラチェフの波は、道路や鉄道・橋梁などの社会インフラの整備を反映する。

長期・クズネッツの波は、東京五輪に向かって、マンションやオフィスビルなど住宅・商工業施設などへの投資などが該当する。

中期のジュグラーの波は、企業がデフレ時代に溜め込んだ約300兆円の資金を、大企業中心にようやく設備投資に振り向けつつあること、

さらに、リーマンショック以来の、在庫調整が進んだ萎縮した企業の経営姿勢が、より積極的に変わりつつある・・・短期のチキンの波を反映している。

●四つの波が、いずれも一致して上昇へのターニングポイントに差し掛かったというのだから、実に頼もしいよね?

●2020年にかけて、日経平均3万円になるような歴史的大相場になる可能性もあるとは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の景気循環研究所長の予想だ。

 

●安倍政権は、法人税減税・女性の積極活用・外資の誘致・インフラをはじめとした輸出の促進・宇宙などインフラ投資など、次世代の社会への展望も示している。安定政権ゆえ、しばらく停滞気味だった、日本もようやく光明が見えてきた気がするね?

サムスンや中国企業に代表される、もはや コモデティ化した製品群、家電やスマホ、汎用半導体などから脱却して、次世代の付加価値商品群をいかに構築できるかがポイントだろう。

ガンバレ日本!だね

●ここしばらく日本は買いだね!

 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年07月23日 11時14分39秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年07月21日
カテゴリ:年金とお金


kaoru7.gif

●標準世帯という言葉がある。日本が敗戦後、国家を立て直す際に、夫婦二人を基準にして、将来の生活を担保する年金制度の
設計をしたからだ。

夫が40年、会社に勤めて厚生年金に加入し、定年までの平均月給が、34万8千円、妻は20歳から60歳までずっと
専業主婦(パートはしててもOK) ・・というものだ。

 長らく政府はこのような世帯を基準にして、年金制度を構築してきた。


●人口構成がさほど変化のなかった。高度成長期からしばらくは、矛盾もなく機能していたが、ここにきて、制度自体が疲労を起こしている。

●つまり1997年に、それまで代表的だった、夫が稼ぎ、妻が家を守る式の世帯・約950万世帯をピークにして、その後は共働き世代が一気に増えて、2013年には共働き世帯が1065万世帯になり、専業主婦世帯の745万世帯より300万以上多くなった。

●また一方で、単身世帯の増加も顕著だ。厚労省の推計では、40年間に単身世帯数は2倍超になり、世帯全体の3割にまでなっている。

晩婚化や ニートなどを強いられて未婚のままの人や、90年代の就職氷河期の正社員になれなかった人など、
単身生活の原因はさまざまだ。

●このまま推移すると、65歳以上で単身世帯数右は、1975年に61万世帯だったのが、2013年に
573万世帯(9倍)  さらに2035年には762万世帯にまで増加するとのことだ。

●厚生労働省の見立ては、この世帯数の変化に対応できてるとは言い難く、単身世帯の年金水準を考慮する重要性が大きくなっている。

しかし、今だこの問題に焦点を絞った諮問機関なり、政策が打ち出されたという話は聞かない。


●国民年金だけに加入した人は夫婦世帯なら満額13万円だが、一人だけなら6万4千円にしかならない。

将来支給される年金額は減っていくことが予想されるため、生活が立ち行かなる人が増えていく恐れもある。

●様々な世帯に対応できる、きめの細かい年金政策が求められるところだ。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年07月21日 21時25分04秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年07月16日
カテゴリ:健康とお金

kaoru7.gif

●若い頃にアルバイトで引越しの仕事をやったことがある。重い家具を本腰入れて持ち上げるのは大変だった。
そのときはなんの違和感も持たなかったが、その後10年ほどたって、ぎっくり腰を初めて経験して、こういうものかと初めて腰の大切さを知った。

●なにせ1週間というもの、寝た姿勢から起き上がれず、ひたすら横になってた記憶がある。特効薬があるわけでもなく湿布薬を貼るだけだった。いわば太平洋側の大地震と同じで、腰に溜まった筋肉の疲労が、ちょっとしたキッカケで解放されるということだろう。そういう意味で人体の正常な反応なのだ。


●当時の原因は、いわゆる椎間板が、正常位置からはみ出して、神経を圧迫するいわゆる椎間板ヘルニアだった。-ある意味分かりやすい症状で、腰を壁に向かって伸ばしたりして、時間を経れば治ってきた。後でわかったのだが、人体にはマクロファージという免疫細胞がいて、患部の細胞を食べてしまい、正常状態に戻すんだってね?ヘ~って驚いた記憶がある。


●それから 幾年月がたち、ふたたび慢性腰痛に悩まされるようになった。

当時の医者が言ってたが、そのうちそうなるよ・・と言われた記憶が改めて蘇るわけだ。


●腰椎は5つの骨が連結していて、頭蓋骨(6キロ位)以下の24個のS字状の背骨を支えてるのだが、実はその下に位置する、逆三角形の骨が仙骨だ。


●どうやら この骨が、全体の骨格の要となってるらしく、腰から上を支え、体重を足の方に逃がす、ショックアブソーバのような役割の様らしい。


●これ専門の医師や整体師がいるらしく、この骨と、隣接する骨などの間の歪みやストレスが、腰痛を引き起こすらしい。つくづく人体の構造には感心させられる。


●その仕組みを知ってからというもの、人類のかつての尻尾の名残の尾骨から上に、三角形に広がる仙骨の蝶番のような構造のくぼみを 尾骨側から順番に指圧していくと、実に気持ちがいいことを発見・実感した。


●肩でも首でも、凝ってるとそこを指圧すると痛いよね?でももみほぐす・・と実に気持ちがいい。そこは患部なのだ。


●つまりこの場所 ストレスの堆積地ってわけだ。その快感を得て以来 暇さえあれば、指圧しているが、すごく気持ちがいいのだ。押した瞬間は痛いが、次第に気持ちよくなっていく。いわゆる指圧のツボがあるって事だろう。

なんだか最近は至福の時にさえ成っている。


仙骨の間からは、神経が様々な場所に向かっており、とりわけ女性の子宮や、卵巣との関係も密接なんだって。

骨盤を形成するひとつの骨が仙骨で、仙骨の前面に位置する子宮は、靭帯で仙骨に支えられている。それゆえ仙骨の歪みは女性ホルモンのバランスを少なからず壊すことが確認されてる。


●要の位置にあれば、長時間不規則な姿勢のままだと 当然矛盾が出てくる。たとえばパソコンに向かっての 前かがみの作業は、背筋を伸ばしたときに比べて、仙骨の背骨に対する正常角度(約25)から大きく乖離する。
それが仙骨腰痛をもたらす大きな原因らしい。つまり重いものを運んだりする現業作業というわけでなく、事務職にも多い腰痛なのだ。
●詳しくはWEBで仙骨  検索してね!  多分へ~そうなんだ・・と思うから。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年07月16日 16時38分58秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年07月09日
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●前日銀総裁・白川氏にとって、現黒田総裁との比較をされるのは酷だろう。

いわば民主党の政策で、財務省出身者が排除され、棚ぼたで総裁になったからだ。様々な制約の中で、デフレ脱却を思考したが、ほとんど効果を上げる環境になく退任した。

●安倍政権になって、ようやく環境が整い黒田日銀は、解りやすい目標数値・2年で2%の物価上昇を目前にしている。麻生財務大臣が 難しいのではないか?  ・・と現職閣僚の立場で有りながら疑問を呈したが、その後の推移は日銀のシナリオに近い推移をたどっている。




●頼もしい限りだが、安倍政権が豪州と交わした経済・安全保障連携も 同じくらい頼もしい。集団的安全保障の閣議決定が、当然背景にあるが、牛肉やワインが安くなるのは好ましい限りだ。




●街角の景気も消費増税をクリアして、再び回復貴重にあるし、日本の経常収支も知財の所得収支が改善して、貿易赤字をさらに補いつつある。




●九電の川内原発もどうやら再稼働しそうだし、三井商船の北海航路が定着すれば、さらにエネルギー輸入の低コスト化が進む。

あわせて、洋上の大規模発電が進み、脱原発化もゆっくりだが進んでいる。

17年からのシェールガス輸入開始や、18年からの日本近海でのメタンハイドレートの商業生産が成功すれば、さらに経常収支は増加するのではないか?




●1億人の人口維持を安倍政権はようやくまとめたが、女性の能力活用を目指した国際会議を、今後毎年日本で開くそうだ。いわばダボス会議の女性版を目指すというものだ。 政策だけなら国内だけでも出来そうなものだが、世界に向けた、広報戦略の意味もあるのだろう。




●安定政権の時間を得た、安倍内閣は様々な政策を出してきており、よくやってるのではないか? 民主党の失政や期待ハズレは、そういう意味で日本に貢献した・・と言える。




●東南アジアへの外交はなかなかしたたかで、あとはロシアとの平和条約だね!領土を含めて、どう解決するか? 1昨日死去した旧ソ連シュワルナゼ外務大臣は個人的には北方領土は日本のものと言っていた。




秋まで待とう。同時期にはAPECもある。おそらくこの時に激変する可能性があるわけだ。 ロシアは中国と蜜月と思われがちだが、実はそうでもない。

インドやベトナムに潜水艦を売ってるし、警戒してるのだ。




既に中国の国力の方が勝り、今後むしろ中国包囲網の方になびくのではないかと思われる。




●今後50年 ロシアは中国への天然ガスをパイプラインで送る契約を交わしたが、ウクライナでも分かるとおり、立場を変えれば中国の生命線を押さえることになる。

●南シナ海は 米国などに海上封鎖されると、中国はエネルギーを運べない。スエズ運河は米国の影響下にある。日本は海上輸送路を東にずらせば運べるが、中国はそうはいかないのだ。ベトナムやフィリッピンとの南シナ海での係争はこういう背景があるわけだ。




●南シナ海の水深は深く、黄海のせいぜい200メートルと比べれば、原潜を潜らせるのに最適だ。黄海から沖縄方面に出るには、日本の優秀な哨戒機の餌食になる可能性が高いので、結局南シナ海しかないんだね。




●安倍内閣の支持率が10%下がったというが・・ 宰相は必要ならば、国民の反対があっても、やらなければならないことはある。歴史の検証しかその効果を証明できないからだ。

日米安保は 数十年前多くの闘争をもたらしたが、結果、日本の高度成長をもたらした。

民意が常に正解とは限らない・・ということはある。参考にしつつも政策を実行していくのが、ステーツマンの役割だろう。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年07月09日 10時05分51秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年07月07日
カテゴリ:証券投資とお金

●このところの韓国に対する日本人の怒りは、様々なところに現れている。


従軍慰安婦などの執拗な対日批判は、どうやらほころびを見せ始めている。

朝鮮戦争の時、実は元大統領=現大統領の父親が・・なんと大統領権限で

米軍向け政府公認の慰安施設を作り、9000名強の慰安婦が米兵相手にドルを稼がされていたという・・・こと・・さらには奨励さえされていたことが、公文書による公式記録で明らかになった。


1年前に。人権団体?  から議会で疑惑を追求されたにも関わらず、政府は自国の恥については口をつぐみ、1年も調査もしなかったことが、なんと韓国内で今追求されているのだ。


●それによれば、なんと当時の米兵相手の慰安婦・約120人から、政府に損害賠償請求を請求される事態になってしまった。日本の批判ばかりして、米国には何の対応もしない政府の不条理に怒っているのだとか?

中国成金資本家が買収を試みた、日本批判もよくする米国のリベラル誌・ニュー入ヨークタイムズ紙が報じている。


興味深いのはこれが韓国内の人権団体から請求されたことだ。もっとも、民主主義の成果ではなく、北朝鮮系の国内混乱操作ではないか?・・・と言う疑いもあるのだが・・・


●ともあれ、日本人からすると、溜飲を下げる・・ということだと思うが、だからといって 悪質業者の強制や旧日本軍の間接的な関与が全くなかったかどうか?・・とは・・・もはや70年経過した現在ではなかなか証明が難しい。


またこの手の話が、現代の基準に照らせば悪であることに間違いはない。


●人を殺すのが戦争であって、最前線の兵士に、心の平安を一時もたらすこの手の話は、多分どこの戦場でも聞く話だろう。倫理的に良い悪いを含めて、それが生身の人間だからだ。


●そればかりではない。

ベトナム戦争時に 韓国軍がベトナム人相手に虐殺を行ったことや、ベトナム人女性を暴行し、その事が原因で生まれた混血児の存在が、同国で社会問題になっていることが、ジャーナリストや、日本の学者の研究で次第に明らかになっている。

自国の恥を封印して 他国ばかりを貶めるのは 国家の品格を著しく貶めるのは自明だ。



●ところで  世界位の投資家は実に冷静で、よくその国の本質を、証券市場を通じてよく見ているね。

MSCI(モルガンスタンレー・キャピタル・ インターナショナル)・・という世界23カ国の、先進国とみなされる国家の株式銘柄を組み込んだいわゆる株価指数がある。

全世界でこの指数に投資するファンドはゴマンと有り、1600超の優良企業対象に、8兆ドル(816兆円)位がこの指数を使って運用されている。


●欧州危機を招いたギリシャでさえその銘柄の一つだったが、韓国は今回の見直しにおいても、先進国カテゴリーに入らなかった。

つまり世界の証券市場からは、安定的かつ優良な韓国市場とは思われていないことを示している。


●サムソンに代表される、いびつな経済構造や、輸出を睨んだ政府主導のウォン安介入・裏取引や、国際取引の不自由・外人投資の制限など、日本の証券市場で言えば、東証1部ではなく、ジャスダックの新興銘柄という扱いだ。


●今回の見直しでは、先進国入りどころか、今後、当分その可能性がないことを示している。2009年以来、韓国の6回目の挑戦は儚く消えた。


 この国の本質に対して、世界の投資家は実によく見ているね・・・というのが実感だね!






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年07月07日 10時33分13秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年06月30日
カテゴリ:国力とお金
国際問題からひとつの感想を紹介する。




●安倍首相はなかなかしたたかに振舞ってるのではないか?

アジアにおいて反日を標榜するのは、中国と韓国2国でしかない。この2国を除いて最も尊敬を受けてるのは日本・・・というアジアや国際常識に対して、彼らは自らは決して認められない。

認めると国内の政治が持たなくなるためだ。

いわば反日は政治手段となって久しい。これは指導者自身はわかってるはずだが、決して自国民に本音は言えない。




●韓国はどうでも良い。・・というのは経済的にも、安全保障面においても、日本が切羽詰って本気になれば、日本には逆らえない立場・構造に、かの国は置かれているからだ。




●中国はどうか? 習近平の「中国の夢」は 少し時代錯誤ではないか?

なるほど歴史を鑑みれば、中国は世界史に大きな影響を与えてきたし、それはどこの国でも認めるところだ。

日本も例外ではないが・・ところが最も中国の古の文化が保存され継承されてるのも日本・・・という  彼らから言うとなんとも懐かしく、かつ苛立たしい あるいは共感する文化は京都や奈良の仏閣や派生する日本文化  あるいはシルクロード研究の中にしっかり保存されている。

旅行者が日本を旅すると何とも言えない郷愁を覚えるのは、上記理由による。




●習政権になって、強気の外交は事ごとく失敗している。米国とASEANと日本・豪州・フィリピン・ベトナムとの連携を結果的に促し、わざわざ自国が孤立する道を選んでいる。孫子の兵法を生み出した国とは思えないほどの愚行だ。




●また国内では新疆・チベットなど思想弾圧・民族弾圧がかつてないほど進んでいる。台湾と香港の反発は、同じ流れだが、これほどまでに素人考えでも自国の不利になることをするには必ず理由があるはずだ。




●11月のAPECでは中国がホスト国になるが、その場で日中初めての首脳会談が開かれそうだ。振り上げた拳を下ろすのは、プライドの高い中国では難しい。




●日本の製造企業の中国投資は半減して、環境やエコ投資・サービス業投資を望む中国は、軍事を含めて本音では日本無しでは済まされない。




経済成長率の鈍化のみならず、今までの成長率至上主義の反動・・すなわち環境問題・水質や空気の悪化・砂漠化・シャドウバンキングによる金融不安・バブル崩壊・高齢化・一人っ子政策の中国人民解放軍への影響・生産労働人口の減少・年金制度の不備・新疆・チベットなど民族問題がこれほどまで山積する国で、共産党軍の予算だけ増えていくのは 米国との軍拡競争後に破綻したかつてのソ連が彷彿される。




●従って必然的に中国国体は崩壊するのが予想されるが、ソフトランディングかどうかが問われる所以だ。

●70年も前の戦争を未だに、反日教育で強制しなければ国内が成り立たない中国の内政に同情さえしたくなる。庶民は、実はそんなプロパガンダに飽き飽きしているのはWEBなどの意見で推定される。




●・・・が、一方で日本軍国主義を批判する中国が、新疆やウイグル・ベトナムやフィリッピンにしている行為が、かつての日本を批判する資格を有してるかどうか?中国の為政者は、つくづく考えてみる必要があるのではないか?




遅れてきた周回遅れの帝国主義は、現代政治ではスマートではない・・のは世界の常識だ。











楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年06月30日 14時56分22秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年06月27日
カテゴリ:国力とお金
●富岡製糸場が世界文化遺産に登録されて誠に喜ばしい限りだが、日本各地に地場の環境を活かして、頑張ってる企業がたくさんある。




●そんな中、山梨(甲州市)の葡萄酒メーカー(あえてワインとは言わないが・・・)中央葡萄酒が、英国で開かれた世界最大級のワインコンクールで金賞を受賞したらしい。




●世界90カ国以上で販売されるワイン専門誌 デカンターが主催する影響力のある賞らしいが、日本のワインメーカーが受賞したのは初めてのことだ。




●いわゆる日本で知られている大手のワイン製造メーカーの出展でなく、老舗のメーカーで、「デカンター・ワールド・ワイン・アワード2014」で最高級ブランド「キュヴェ三沢 明野甲州2013」の白ワインが受賞した。

日本では5400円での販売。

●香りや酸味が評価された・・ということらしいが、総数で1万5007本が出品されたうちの、454本が金賞ということで、内158本がリージョナルトロフィーを受賞した。

これは、アジアで生産された最優秀ワインの評価で、「リージョナルトロフィー」を別のワインで受賞済みだ。




●必ずしも世界のトップに立ったということではないが、もとより食に関しては元々個々の好みがあるわけで、しかも世界各地の食文化との比較になる。




ともあれ、日本産がその一角に位置できたことは喜ばしい限りだ。

和食文化はいまや世界の潮流になってきてるが、欧州の文化・・ワインでも日本のメーカーの奮闘が期待されるよね!












楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年06月27日 11時15分43秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年06月25日
カテゴリ:国力とお金

●サッカーは残念だった。・・が、どうも日本人は錯覚していたような気がするね?

香川や本田が欧州の有名チームへ高額な契約料で雇われ、あたかも日本チームの全体が水準以上になったかのような錯覚をしていなかったか?


●ザッケローニには申し訳ないが、前回、「岡田監督の時代、前哨戦でなかなか勝てず監督辞任まで取りざたされた。

しかし、結果的に1次リーグを突破して、16強までには進んだことを考えれば、今回はなにやら、拍子はずれだった。


●全体を見ても  やはり、相手方のちからの方が上だったように思えるよね?

●まあ しょうがない・・暗い話は一時おいて 少し明るい話をひとつ。


●原発が止まって、日本のエネルギーコストが高止まりし、貿易赤字の拡大が長らく続く。

資源は日本のアキレス腱だったが、近い将来日本が資源国になる可能性がより高くなった。


●日本近海には、燃える水・・と言われるメタンハイドレートが100年分以上 埋まってるのは、既に周知の事実だが、それを海底からCO2の濃度を高めないように、いかに取り出すかが商業生産の課題だった。


●悪念だったか、和歌山沖など太平洋側では、既に世界で初めて、1000m前後の海底からメタンガスを取り出すことに成功した。世界の埋蔵量では、これ原油の埋蔵量をはるかに凌ぐ量らしいんだね?


●今回調査では、実は日本海側にも取り出しやすい地形があり、しかも多分もっと浅い海底下数十メートルから採掘が可能のようだ。隠岐おきや山形などの地域だ。


●6月24日から7月1日まで、政府は海洋資源調査船・白嶺を使って、日本海側 上越沖・秋田・山形沖で掘削調査を行うとのこと。


●日本海側は表層型と言われ、太平洋側の砂層型より埋蔵量の把握が遅れていたが、より浅い地域に、メタンハイドレートの塊が大量にあることが確認された。


●これ以外にも、日本の排他的経済水域は世界で6番目になるほど広く、掘削技術さえ確立できれば、レアアースなども100年分以上埋まってるわけで、日本の将来もそう暗くないだろう。

●サッカーはダメだったが、「頑張れ日本」だね!







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年06月25日 15時13分02秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年06月24日
カテゴリ:健康とお金

●日本で予備軍を含めて950万人とか1200万人とか言われる糖尿病患者。

長期間高血糖が続くと、様々な弊害が出てくる。

●投薬ならまだしも注射までするようになると、いかにも病人という感じで当人は、滅入ってしまうのではないか?

ちなみに筆者も10年以上投薬をしており、新薬の出現もあるのか、このところ ALb1Cの数値が低下して良好だ。この気分はさわやかなものだよね!


●普段は食欲も十分あり、何ら病気の自覚がないので、ある意味厄介だが、それでも10年以上血糖が高いと足裏の感覚がマヒしてきたりする。

またその他の神経障害が進む・・ので要注意。神経障害はどこかが悪くなってもセンサーが働かない・・ということだから、気がついたら悪化していたということで、投薬は欠かせない。


●今回の朗報は、神戸学院大学とデンマークの製薬大手・ノボノルディスクと組んで、注射の必要なくインスリンを細胞内に取り込めるようにしたことだ。


●インスリンは、のみ薬の形態では、細胞内に上手く取り込めず、注射に頼っていた。

今回の成果は細胞膜透過性ペプチド(CPP)と言われるタンパク質(アミノ酸分子が18個繋がったもの)とインスリンを組み合わせて、飲み薬にしたことだ。


●すると、薬が胃に入ってからも、消化液で分解されずに小腸まで届いて、

まずCPPが粘膜に張り付き、次にそのままでは細胞膜を通り抜けられないインスリンが、引きずり込まれるように粘膜内部に取り込まれることで、血管内に入り、血糖値を下げられるようになったことだ。


●この成果 実は糖尿病だけではなく、他の疾患・肝炎・骨粗鬆症などのバイオ医薬品にも応用できそうで、注射なくして飲み薬に変えられ、患者の負担が大いに軽減される可能性がある。


医学の進歩は  心強い 2年以内に臨床試験に入るそうだ






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年06月24日 16時22分11秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年06月20日
カテゴリ:健康とお金
●と・・いっても全ての人ではない。ご安心を・・・

一定以上の収入のある人(年間の年金収入が単身で280万円以上ある人)については、2割負担とする・・ということだ。

●2015年来年だね・・8月以降 2割負担となる。軽度の介護予防サービスは市町村に移したり、医療機関の役割分担を促すため基金を儲けるなど、制度の効率化を急ぐらしい。

●2000年に介護保険制度ができて以来、制度利用者の自己負担割合は1割だったが、所得の多い高齢者にはより相応の負担を求める・・・ということだ。


●介護予防は デイサービスとホームヘルパーを17年度までに、市町村に移行して、従来の全国一律サービスを、地域の実情にあったモノに変えるのが主旨だ。


●これはやむを得ないね。とにかく高齢者が増え続ける日本では、許容出来る範囲で譲り合うしかない。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年06月20日 11時58分37秒
コメント(0) | コメントを書く

全1005件 (1005件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

ブログリンク

お気に入りブログ

まだ登録されていません

日記/記事の投稿

サイド自由欄

設定されていません。

フリーページ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.