142680 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

『暮らしとお金』 FP HISAが綴る 日々の雑感

PR

Comments

face of hatsudai@ Re[1]:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) Hiro-Sさん >この中国の分析の文章はHisa…
face of hatsudai@ Re[1]:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) Hiro-Sさん >この中国の分析の文章はHisa…
Hiro-S@ Re:◆朝日新聞・慰安婦誤報のその後(08/18) 日本は勿論、お隣の国も、左翼オバケみな…
Hiro-S@ Re:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) この中国の分析の文章はHisaさんが書かれ…
かみかわ@ Re:◆設備投資ようやく起動か? 投資CFは流出になるのが個々の企業に取…

Recent Posts

Free Space

設定されていません。

Let's link!

Category

 

全1109件 (1109件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2015.07.02
楽天プロフィール XML
カテゴリ:食とお金

kaoru7.gif

●昨日記事内容は、江戸前と言われる食文化だが、当時はまだまだ魚や鳥は、庶民にとって高値の食卓素材だったことを紹介した。

●翻り現代はどうか? 新興国の漁労が進み、魚資源が枯渇の危機に置かれてることはたびたび紹介した。古くは鯨、最近ではホンマグロやウナギ・やサンマなどだ。

●ところが複雑な現代の流通構造では、店頭に並ぶ規格に合わないなどの理由で、大量の水産資源や野菜が廃棄されたり有効な活用がされてなかった。資源の浪費と言う点でこれほどの無駄は無く、業界では様々それをビジネスにすることがはやっている。

●例えば、宅配業者の大地を守る会(千葉)では、魚で70品目、野菜で20品目の規格外商品を、2~5割ほど安く配っている。3枚おろしの真鯖は400gで758円、大きめのニンジンが5kで1382円だとか。

●オイシックスでは、アウトレットコーナーと称して、野菜・くだもの・鮮魚が3割ほど安く販売されている。マッシュルームの軸部分(石付き)を1パック70gを213円で販売したところヒット商品になったとのことだ。

●生活協同組合連合会(パルシステム)ではもったいないプロジェクトと称して、コーンやかぼちゃを裏ごしした上で、離乳食やスープに使えるよう冷凍加工して宅配中だ。茎が長いブロッコリー230gが320円で茎が長いままに残してあるそうだ。

●アクトフォー(佐世保市)では、もったいない魚セットと称して、魚市場で水揚げされたものの取引規格外のため、値のつかない魚を下処理して、真空パック・748円(送料別)西、全国に配送している。注文後2日で届くそうだ。

●黒酢の寿司(東京都墨田区)では宅配すしお任せセットとして、スギ・アブラツノザメなど普通は流通しない魚をマグロやエビなどとのネタと合わせて、都内23区限定で宅配とのことだ。30個入りの並は3402円 特上は3867円だそうで。

回転すし・ぶっちぎり寿司(大阪豊中市)でも、ヒメジやミノカサゴ・イトヒキアジなど水族館でお眼にかかる魚まで並ぶ。

●いずれも農協や漁協で定められた規格に合わず、生産者が自ら消費したり、ジュースやソーセージに加工するしかなかった資源にスポットライトをあてる試みだ。天候不順で規格内作物が品不足のとき、それを補い役目もあるし、そもそも僅かサイズが違うと言うだけで、そう味は変わらないわけだから、今後もニーズは高まるだろうと想像できる。よね?

●手に入れるには、それぞれの会員になることが必要だ。宅配事業者は、加工用より高い値で、規格外魚や野菜を買い取ることが多い。生産者の収入安定ををねらって、供給を確かにする狙いがあるようだ。それでも 消費者には3割以上も安くなるのなら,送料込みでも安いもしれないね?

 

●ドイツなど一般に環境に配慮していると思われていた国でも、先日の報道では、確か相当の食品ロスがあって問題になっている。飽食の限りを尽くす国があると思えば、その日の食に事欠く国さえあるのが地球上の現状だ。せめて、豊かな国こそ無駄な食材を生み出さない心がけが必要だろうね?

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.07.02 07:30:59
コメント(0) | コメントを書く



2015.07.01
カテゴリ:食とお金

kaoru7.gif

●今日の読売新聞に江戸時代の魚や鳥、穀物の相場が載っていたね。ドイツ人シーボルトが、1826年に日本橋で調べた当時381種の値段だ。

●1両は4000文で、1文は米価などから換算すると、10~15円。現在価値では1両4~6万円に相当すると言う。

●米は1升で124文・約1240円から1860円になる。対して魚類はやはり江戸っ子には高い食材であったようだ。タイ・カツオが3両・12万円~18万円
とりわけ初ガツオには値段などあってないような相場だったらしい。

サワラ・マス・カレイなども1尾1万円以上だった。安かったのはイワシが120~180円 はぜが100円~150円 現代のフグは高級魚だが、当時は毒が嫌われ、2000円から3000円だった。

●総じて魚の7割以上は米1升より高く、庶民には特別の日に食べる食材だったようだね?

●魚ではないが、29種の鳥類でも、8割くらいが米より高く、鶴などは8000文 カモが1000文・鶏400文・すずめが16文だった。鶴なんて食べてたんだね?8万から10万円と言うことか?

●比較的、安かったのが貝類で、米より高いのは16%だけで、あわびやほら貝でも1500円~2250円くらいの相場だった。想像できるのはイワシやハゼ・貝類の寿司などは 安かったのではないか?イカも100文だったので 現代よりは高い食材のようだね。


 

●発掘でも、巣鴨遺跡の町屋のゴミ穴からは貝類は多く見つかるが、魚はほとんど見られない。

対して会津藩邸のあった港区では。大量の魚の骨が発掘されるようで、それでもアジなど1000~1500円以下の魚が62%、 4000~6000円以上の魚も12%位の比率で見つかったそうだ。

大名でもそんな感じだから、なんとなく江戸庶民は、現代の寿司のイメージから来るのか、日常的に魚が食べられていた・・と言うのは少しオーバーなイメージだったようだね?


 

●クールジャパンはいまや世界に通じた 食文化だが、シーボルトの調査はその後の日本食の発展に興味深い話題を提供してくれている。


 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.07.01 11:49:06
コメント(0) | コメントを書く

2015.06.29
カテゴリ:健康とお金

kaoru7.gif

●加齢による体のガタは誰にも訪れる。人類が直立歩行をするようになって、体重の7割程度を支えるため、背骨や骨盤などの骨格を全能の神は造ったと思われる。

●筆者も随分前にぎっくり腰を2度ほどやって、その時、いずれ腰に腰痛が出てくるから覚悟しなさい・・・と医師に言われたものだ。そんなものかな?・・・って感想だったが、今まさにその苦痛を味わってる。

●椎間板が神経を圧迫するのは、卒業した?と思っていたら、先日 右腰の深部が痛くなり、 実際今までもたまに自覚症状があったのだが、今回は様子が変だ。仕事で歩き回らざるを得ないが、だんだん右足が痛くなって、歩けなくなり、ヘタリ込んでしまった。

●いろいろ調べると、 コレ坐骨神経痛の典型だそうだ。カンケツハコウというらしく、仙骨か腰椎で神経を圧迫してるか または脊柱管が狭くなり神経に触れてるかで、神経の中でもっとも太い坐骨神経を通じて、足先にまで麻痺が広がる症状らしい。

●整形外科の診察も考えたが、おそらくMRI撮って、 投薬とアドバイスで終わりそうなので、今回保険は効かないが 今後のこともあり、初めて整体院を訪ねてみた。ちなみに初診料1080円 治療費5400円だ。

●神経痛の駆け込み寺と称してるだけに、結構 忙しいらしく予約も4日ほど先の夜の時間帯しか取れなかった。22時までやってるから、かなり稼いでるんだろうね・・・とは想像できる。

●問診と仙骨あたりを指圧して、患部がどのあたりか   深いね~とすぐ把握したのには多少驚いた。そこから先は、効果があったのかどうかは1回では解らない。HPを持つ整体師でも、手の内をあまり明かさないからだ。助手と二人で、患部あたりの仙骨上に強い指圧を加えながら、(ずれを修正してると言うことらしい)
足をびんびんと、かなりの強さで引っ張ることの繰り返しだ。

●とはいっても 問診含めて30分強の時間だ。翌日は確かに足先の麻痺は軽減したような感じだったが、今は逆にぶり返してる感じもするよね?もっともパソコンの前に、背筋を丸めて座ってるので そのせいかも知れず良く解らないのだが・・・

●坐骨神経によるものと、血管の疾患による麻痺もあるようだから、やはり整形外科も訪ねるきかな~と悩んでるこの2、3日だ。しかし、体の異常はもろメンタル面に影響を与えるね。どうしても精神的にめげてしまう。

以上、中高年ブロガーの呟きでした。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.06.30 13:27:58
コメント(0) | コメントを書く

2015.06.22
カテゴリ:国力とお金

●南シナ海で中国と対峙するフィリピン、ベトナムも対中国では同じ構造ではあるが、フィリピンはとりわけ米国と近い関係がある。そのフィリピン、日本からP-3C哨戒機を20機購入することで折り合ったようだ。

●もともとP3Cは 米国製の哨戒機で、本来、冷戦時代にソ連の原潜を捉えて攻撃できるよう、米国の200機に対して日本の保有が110機と、かなり多くの機体が日本で活用された。米国の対ソ連対策で日本が役割を分担していたのだ。

例えば 海上自衛隊の基地が、内陸の松戸なんかにあったりするが、ここから海上哨戒に出かけてるんだよね!

●冷戦が終了して、対ソ連に対する役割は低減した。しかしながら、優秀なこの哨戒機は、中国の潜水艦を完璧に捉えて破壊する能力を持っている。有事には、第一列島線から東には、おそらく潜水艦は出て来れないだろうと思われている。

●しかし 日本はコレに代えて、より航続距離や性能の高いジェット機の哨戒機・川崎製のP1に移行しつつある。フィリピンには、P3Cの性能をアップした機体を1機・葯170億円ほどで売却して、南シナ海の哨戒に当たらせる意図があるようだ。総額で3400億円ほどか? 南シナ海は水深の浅い東シナ海(最大200メートル)に比べ、潜水艦が潜りやすい海域だ。

●その海域に、P3Cが フィリッピンにより配備されるってのは、相当の対中国への牽制になるだろうね?

さらには、フィリピン同様 べトナムとも海自は合同訓練を行っている。米国の牽制もあり、一時的に埋め立てを中止したポーズの中国だが、おそらくは軍事施設を含めた、この海域の軍事化は修正されるのではないか?・・と筆者は思っている。

●中国が古代、この地域に覇権を持っていた時とは時代が違うのだ。国際法は何より優先されるわけで、中国に味方する国は皆無だよね?身の程を理解できるかどうかは、その国の品格を表彰する。

●賢い選択こそ中国の利益に繋がるわけで、日本発の実るほど頭を垂れる稲穂かな・・をかみ締めてもらいたいものだね!






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.06.22 21:03:02
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:健康とお金

kaoru7.gif

●今までもガン細胞に焦点を当てて 放射線を当てる治療・・と言うのは聞いた気がするが、東大などのチームによると、極小カプセルにガドリニウムという元素をつめこみ(大きさ55ナノメートル)、ガン患部にカプセルが集中したところに中性子線をあてると、ガドリニウムが放射線を出して近くのガン細胞を殺すのだと言う。

●どうやら体外から、単に放射線をCTなどで確認しながら、浴びせるのではなくて、組み込まれた体内のカプセルから放射線を出すと言うのがみそだね。

前立腺ガンなどでも、患部に放射線を出す物質を埋め込むが、この場合は、極めて微小なカプセルで、血管からガン組織にしみだすように造られており、患部に集まるようになってるらしい。 つまりこの仕組みが最も重要だが、報道ではあまり詳しく説明が無い。

●カプセルの開発は、正常組織をほとんど傷つけず、ガンを治療できる可能性を秘めており、マウス実験では効果を確認済みという。
カプセルをマウスに注射し、24時間後に患部に向けて中性子線を当てると、ガンの増殖が大きく抑えられたと言う。東大では、数年以内に臨床試験を始めたいとのことだ。脳腫瘍など手術が困難な部位のガン治療にはもってこいだね?

●しかしながら、昔ミクロ決死隊と言う、未来の医療映画があったが、既に違う形で近い状況が生まれてるようだ。

それにしても筆者もそろそろガンになる年代だから 早く実用化して欲しいもんだね・・何しろ日本人の半数がガンで亡くなる時代は ほんのこの20年くらいの近未来のことだから。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.06.24 08:43:36
コメント(0) | コメントを書く

2015.06.18
カテゴリ:趣味とお金

kaoru7.gif

●理化学研究所・神戸で進んでいた加齢黄班変性のiPS細胞治療が足踏みしているらしい。
初めての臨床に神戸は挑んだ。
しかし、
成功前提に患者本人から採取した細胞から、iPS細胞を6人分造り、患者本人に2例目として移植を試みようとしたものの、どうやら、本人由来の細胞に、複数の遺伝子異常が見つかり、2例目以降が実施できていないようだ。
そういえば、視力低下が抑えられた・ガンもできていない。の二つは確認できたが、最終的に1例目が成功したのかどうかは、いまだ発表されていないのではないか?

●京大に保管されてる、他人の細胞から造ったiPS細胞のほうが、安定性という意味ではメリットがあるらしい。
遺伝子異常が少ないうえ、コストも低く、必要なときすぐ使える。

どうやら本人由来のiPS細胞が、なぜか役をしてないようだね?厚生労働省では、移植後の細胞の遺伝子解析を求めた経緯があった。しかし明確な基準まで示せなかったのが、今回の事態で明らかになった形か?

●いずれにせよ、 新技術は試行錯誤の連続で、なかなかiPS細胞が、社会の隅々まで役に立つまでには
それなりの時間もかかりそうだね~






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.06.18 13:53:34
コメント(0) | コメントを書く

2015.06.17
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●世界中を敵に廻す感のある、中国の南シナ海サンゴ礁埋め立てだが、さすがにアセアンや日・豪・ベトナム フィリッピン・G7 とりわけ米国の埋め立て即刻中止の要請や警告を受けて、このたび埋め立てを終了するとの発表をした。しかし軍事施設はこれから建設と言うから、ポーズだけと言うことだろう。

●日本領の沖ノ鳥島も実は、満潮時には、ほっておくと水没の危険があるので、サンゴ礁周囲をブロックやコンクリート・チタンで固めて、かろうじて島を維持してると言う現実がある。コレによって相当の排他的経済水域が確保できてるのだ。しかしながら、中国・韓国は 沖ノ鳥島は岩に過ぎないと言っている。・・・が、国連は島と認めている。

●ところが中国が埋め立てた人工島は満潮時には、完全に水没していたのだ。国際法上、島と認められないのだから、いくら其処を埋め立てても領土にはならない・・と言うのが米国他の国際常識だ。

●さてこの後どうなるか?ポーズはとっても 自国領だと言うのだから.あまり状況は変わらないのではないか?ましてやレーダーや軍事施設をつくれば、到底他国は認めず、22海里内に艦船や航空機を派遣するしか道は無くなる。

人民解放軍をはたして、習国家主席が指揮できてるのか? は昔からの疑念だが、どうにも前時代的な志向と行動のように思える。孫子の兵法を生み出した知恵がどこに行ったのか?と考えさせられるような行動パターンだね?

●それにしても中国と言う国は、他国・主に日本を名指しして、侵略の歴史を認めよとか言うが、現在中国がやってることに、そのままお返しをしたい雰囲気だね?ましてや天安門事件のような、自国に都合が悪いことには口をつむぎ、他国ばかりに歴史云々の批判をする国だ。このような国から、果たして高速鉄道技術をコストが低いからと言って、アセアンをはじめとした新興国が導入できるか?筆者にははなはだ疑問だね!

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.06.17 12:10:14
コメント(0) | コメントを書く

2015.06.15
カテゴリ:健康とお金

kaoru7.gif

●梅雨もこれから本格化?明ければ今年も猛暑かな?
そんな暑い日には、あっさりした感触のソーメンを食べたいって思うこともあるよね!

●イメージとして 白い麺だけだから 太らないし~ と思うことも無理も無い。
材料は小麦と塩から作るシンプル食品だ。

しかしウーマンウェルネス研究会の調査では、食べ過ぎにご注意と 言っている。

ご飯1杯・150gが、約250kcalに対して、ソーメン2束・100gは、なんと350kcalもある。
1.4倍も高カロリーなんだそうだ。

●ソーメンだけだと味気ないと、テンプラなども一緒に食べたりすれば、相当なカロリー食となる。
イメージと実際が違うんだね?

●加えて スポーツドリンクにも注意が必要だとか。こちらは糖分や塩分が含まれており、かなりの運動をした後には効果的だ。・・・が、普通のデスクワーク程度では、糖分は消化されず体内脂肪になるし、塩分は血液中の水分を増やして体にむくみが出たり、高血圧への悪影響もある。

●食品メーカーのイメージ戦略で、なんとなく思わせられてる事って結構あるから、少し疑ってみることも必要かもね?

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.06.15 07:23:50
コメント(0) | コメントを書く

2015.06.11
カテゴリ:健康とお金

kaoru7.gif

●人体はつくづく不思議なものだ。
偏頭痛を持病で持ってる人は一体どのくらいいるのかと思ったら、国内で840万人だと言う。筆者は幸い症状が無いが、頭痛があるというのはうっとしいだろうね?
筆者の50肩も、少し軽くなったが、半年過ぎても完全に直っていない。頭の中が痛いと言うのは想像できるだろう?

●偏頭痛ののメカニズムは、詳しく解ってないが、実は患者の半数で心臓に卵円孔という小さな穴が開いてるのだと言う。穴といっても2~3ミリなのだが、肝臓でできたセロトニンという物質が、この穴を通り脳の動脈に入ることが原因と見られてるんだそうだ。

●岡山大学では、この小さな穴をカテーテル(細い管)でふさぐことで改善する、新しい治療法を始めたようだ。
従来の薬物治療では、効果が無かった人向けだが、まだ保険が使えず130万円くらいの費用がかかるのが難点だ。

●もともと脳梗塞の再発を防ぐための治療法だったが、患者のうち、偏頭痛がある19人で実施したところ、18人の頭痛が消えたり、症状が改善した。
卵円孔が見つかった患者には、効果が高そうで 今後の費用逓減が望まれるところだ。

それにしても 頭痛の原因が 心臓の穴にあるとは?  人体はホントに不思議だね~






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.06.11 07:35:02
コメント(0) | コメントを書く

2015.06.10
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●外から見ると日本経済はどう見えてるか?韓国経済新聞社紙面から紹介する・・・と

ほぼ1世代続いた日本没落・中国浮上・・と言う、北東アジア経済地図が大きく変わろうとしている・・との認識だ。

●日本の今年1~3月の成長率は1%(年率3.9%)と韓国0.8%を上回った。中国は4~6月で予測値が6%台に落ち、5%台へのハードランニングまで懸念されている。ジャパンサプライズとチャイナショックの到来だ。

●韓国・中国・日本は互いに密接な垂直分業構造で成り立ち、一方で競争相手でもある。貿易面で見れば、相互に赤字と黒字が入り混じり、経済の長期構造が変化すれば、衝撃波が生ずる・・と言う。韓国に限れば 日本の浮上や中国の沈没は、どちらも自国にとって良くないのだ。

●日本国政府は直近の報告で、先ほどの1%の実質GDP成長を発表したが、4期連続の伸びになる。物価上昇を含む名目値では、実に2.3%(年率9.3%)になる。1990年以来の最高値だそうだ。

●この水準だと今年は韓国成長率を超えそうだと言う。経常収支も、旅行収支がクールジャパン政策で持続的に黒字化し、4月単月では、1兆3264億円にもなった。

●原因は設備投資の改善が牽引していることが大きい。1~3月で2.7%増加し、小売・流通などサービス業が大幅投資に踏み切った。その為、本格的消費回復軌道に入ったと言う見方も出ている。

●日本企業の体質改善は顕著で、売上高はそう伸びてないのだが、経常利益は2012年以来、最高水準を更新、1~3月では、7年ぶりに22兆2600億円の経常利益を稼ぎ出した。倒産も724件と前年比で13%減り、1990年以来最低だと言う。

●円安や原油安が支えていることはあるが、日本企業が円高時に構造改革を進めたことが大きい。

アベノミクスのコレまでの成果は、案外と素直に韓国誌は認めているよね?

 

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.06.10 08:28:30
コメント(0) | コメントを書く

このブログでよく読まれている記事

全1109件 (1109件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Calendar

Archives

Mobile

ケータイ
スマートフォン
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.