140463 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

『暮らしとお金』 FP HISAが綴る 日々の雑感

PR

Comments

face of hatsudai@ Re[1]:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) Hiro-Sさん >この中国の分析の文章はHisa…
face of hatsudai@ Re[1]:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) Hiro-Sさん >この中国の分析の文章はHisa…
Hiro-S@ Re:◆朝日新聞・慰安婦誤報のその後(08/18) 日本は勿論、お隣の国も、左翼オバケみな…
Hiro-S@ Re:◆中国の対日開戦ができない理由 (08/11) この中国の分析の文章はHisaさんが書かれ…
かみかわ@ Re:◆設備投資ようやく起動か? 投資CFは流出になるのが個々の企業に取…

Recent Posts

Free Space

設定されていません。

Let's link!

Category

 

全1096件 (1096件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2015.05.28
楽天プロフィール XML
カテゴリ:健康とお金

kaoru7.gif

●高血圧の人は 現在も常時降圧剤を飲まなければ、血圧が高騰し様々な障害が出て、ほとんど死に至る疾患・・・心筋梗塞や脳梗塞などに繋がる。永らくこの疾患と付き合うには、ずっと薬を飲み続けなくてはならないなど、うっとおしいがしょうがない・・と言うのが常識だった。

●ところがだが、降圧剤に代わって、新開発のワクチンを、年に1~2回投与することで。2割程度の血圧を下げることも視野に入ることが、ラットの実験で確認された。しかも効果は半年ほど続いたそうだ。

●大阪大学の研究だが、血圧を上げる物質・アンジオテンシン2に着目した。、他の物質と一体となったたんぱく質を作り出す遺伝子を、ワクチンとして体内に投与すると、免疫細胞がこのたんぱく質を認識して、アンジオテンシン2の機能を弱める抗体ができる仕組みだそうだ。

●ワクチンが作るアンジオテンシン2は血圧を上げないように操作してあるそうで、ラットの実験では先ほどの2割り程度の血圧の低下と、寿命が平均2ヵ月半ほど延びたとのことだ。

●人体への臨床試験を2~3年以内に始めたいそうで、成果が確認できれば、コレ画期的じゃないだろうか?

●年に何回かのワクチン投与で 血圧が下がるなら、生活習慣病の概念が相当変わる。生命保険・医療保険の
診査対応にも影響を与え、健康保険の薬剤費も大幅に減少して、社会保障費の低減に繋がるだろう。介護業界にも影響大だ。

●報道記事がまだ控えめだが、裾野はかなり広いのではないか?大阪大学にはがんばってもらいたいものだ






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.28 08:26:13
コメント(0) | コメントを書く

2015.05.27
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●働く年金世代が急増、60歳代後半の4割が 年金をもらいながら働いている。(39年ぶりだという)

その就業率は14年で40.7%にもなるそうだ。実に1975年以来の高就業率で、40%台も21年ぶりだという。

女性だって、31%と初めて3割を超えた。筆者は一つ下の世代に属するが、こんな話聞くと大いに力づけられるね!実に60歳代後半で374万人が働き、前年比1割り増しだ。10年間で5割増だと言う。

●昔は60で還暦、赤いちゃんちゃんこでお祝いされたものだが、いまやほとんどそれ何の話って?感じだね!

実際かつては 高齢期の就労は年金の少ない自営業者が中心だった。しかし近年は様変わりして、会社や団体、官公庁などに雇われて。お金を稼ぐ高齢者が増えたようだ。

●高齢者は消費活動が現役世代よりも多い。60歳以上は所得の9割を消費に回しているとの数字もあり。

GDP成長にも寄与している。

●かつて高齢者の働く場所は、中小商店や農業で働き収入を得ていたが、大型小売店の増加や農業の衰退で、自営業者は3割以下にまでも減っているらしい。結果 会社員の平均年収は(前世代)で約340万円と自営業者より2割も高くなっている。

●高齢者の就業分野は、流通業が8万人増え.医療介護が7万人増、製造業が6万人増、宿泊・飲食が5万人増、建設業が4万人増と人手が足りない業種に集中しているようだ。

●スキルを持つ高齢者活用は、企業にとっても有効だ。例え正社員化ができないとしても、継続雇用や定年延長も方策の一つ。

生産労働人口が減るなか、高齢者や女性の活用は喫緊の日本経済の課題だろう。今の動きを見てる限り、そう悪い方向に日本が行ってるようには見えないのが、唯一の救いだね?






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.27 09:28:46
コメント(0) | コメントを書く

2015.05.22
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●中国と日本が新幹線を中心とした高速鉄道建設で、新興国中心に凌ぎを削ってる。タイでは タクシン派のインラック政権時に、日本式の採用が決まりそうだったが、政変で一度振り出しに戻ってしまった経緯がある。

●チェンマイ・バンコック間の700キロ位を新幹線で結ぶと言うものだ。現在の暫定軍事政権首相が

一時は中国寄りかと思われたが、どうやら性能面や安全性など、また過度の中国依存を避けることもあるのか、日本政府と新幹線採用を決めたようだ。1兆数千億円の投資で、台湾に続いて2国目だね。

ただチェンマイは20万人の人口しかなく、東京・大阪間のような巨大都市間の需要とは桁が違う。

●その為 採算が合うのか?と言う疑問はあるが、ともあれ喜ばしいことでまずは1勝目だね。インドも続いて巨大な高速鉄道計画があり、日本は有力になっているが、こちらは国土も広く 全路線が日本になるとは限らない。

●中国は、アジアインフラ投資銀行の設立で、インフラ投資を優位に進めたいようだが、日本も対抗して、このたび国際協力銀行やジャイカを通じ、柔軟な融資計画をアジア開銀と連携して出せそうだから、なかなか頼もしいネ!






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.22 10:21:21
コメント(0) | コメントを書く

2015.05.20
カテゴリ:暮らしとお金

kaoru7.gif

●永らく円高で悩まされたが、アベノミクスによる、円安定着が各方面に様々な影響を与えている。典型的なのはサービスの収支・主に旅行者の使うお金だ。なんと1959年以来、日本人が海外で使うお金より、外国・主に中国・韓国.台湾・香港などの訪日者が使うお金のほうが、55年ぶりに多くなった。

●原発が止まり、電力をまかなうため、天然ガス等の輸入が増えて、ここしばらく貿易の赤字は膨らんでいた。最近は原油安が良い影響を与えて、貿易赤字が減りつつあるが、製造業が海外に出てしまったので以前ほど輸出が増え、貿易収支の黒字が出る効果が少ない。

●しかしこれしょうがないね? 円高時に海外に出て行った製造業やサービス業が、各地で成果を上げて、その配当や利息収入(所得収支)が貿易赤字を補ってる形に変わったと言うことだ。ある意味 裏腹の必然的な効果だよね?

●今回の旅行収支の改善は、オリンピックに向けて、クールジャパンのアピールにうってつけだ。経常収支の黒字が上記の内訳で、黒字が続けば、23年連続世界一の対外純資産残高を更に増やすことに繋がる。この額325兆円にもなり、海外ブログなど観てると、日本は世界中に日本領を持ってるのと同じ・・なんて見方もある。政府負債が1000兆を越えても、まだ余力があると思われてる所以だ。

●一方コレも、えっ!?とは思うが、日本の世帯平均の貯蓄が1800万円になったとの事。一体誰が持ってるの?・・と思う人もいるだろうが、あるとこにはあるんだよね。この数字あくまで平均値だからだ。

●勤労者世帯いわゆる現役では、13年比3.7%増の1290万だった。が・・60歳以上の高齢者世帯では。0.4%増の2372万円となる。一番多い層(中央値)では1052万円がその金額で、13年比では2.8%増だった。このあたりでやっと 多くの現役組の実感では納得できるのではないかしらね?

また、これも本来は世代別の額が必要なのだが、世帯あたりの負債額は2%増の509万円となる。

一概にいえないが、金融資産の多い層は負債も少なく、もっぱら勤労者世帯の実態に近いのではという気はするね?負債額を引いてみれば 正味金融資産の実感に近くなるかも・・・

ベースアップされた企業で恩恵を受けた人もいるが、中小企業では余力もそう無いだろう・。

●既に住む持家があり住宅ローンの負担が無ければ、株式などへの投資余力があると言える。・・・

が、学費の負担やその他で手一杯では、なかなかアベノミクスの恩恵も受けられない。高齢者から現役の若い世代へ、富の分配が成されるような政策が、どんどん実施されていかなくてはと思うよね!

 

 

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.20 10:51:04
コメント(0) | コメントを書く

2015.05.14
カテゴリ:食とお金

kaoru7.gif

●メバチマグロは ホンマグロほど魚獲制限が無く、回転寿司なんかでも人気商品だったと思うよね?

しかし2.3日前、資源量が減ったため捕る量を制限すると言うニュースが流れたばかりだった。


●しょうがないね~と思いきや、今度はサンマまで制限がきそうだ。目黒のサンマで親しまれ、長らく庶民の味だったが資源量の減少ではコレもしょうがないか?

●何でもサンマは漁期が7月から6月までとなっており、2015年は26万4千トンと魚獲枠が26%も減るそうだ。

制度ができた1997年以降最も少ない量となる。枠はあっても13年は最低の15万トンしか捕れず、築地市場でもキロ549円の高値で取引されていた。

安定していた時期はキロ300円前後だったが、10年以降は400円以上の相場で高止まりした状況が続いていた。

●漁が本格化する9月以降も不漁だと、更に値上がりする可能性もあるとの事。

●日本人の食生活も多様化したが、サンマを含む光物は、健康志向の食生活を願う人にもってこいの魚だろう。早く資源の回復がなされて、安くなればよいが・・・






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.14 13:56:47
コメント(0) | コメントを書く

2015.05.13
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●このところのアジアインフ開発銀行など、鼻息の荒い中国だが、足元では忍び寄る危機・・と言ったところだろうか?

先のブログで、製造業の倒産が増加というのを紹介したが、今度は不動産でもニュースが飛び込んできてる。内陸部・重慶で大手の不動産開発会社が資金繰りができず、600戸の高層マンション建築がストップしたとのことだ。コレほんの氷山の一角だ。

●今年1~3月新規の住宅着工面積は前年比で2割減り、昨年通年の14%減より更に落ち込んだ。

政府の新常態という望ましい目標より、予想外に落ち込んでる事が覗われるね?

中国のGDPは不動産投資が現在でも15%も占めて、いびつな構造の主役だが、この落ち込みは建設機械やセメントなど製造業にも大きな影響を与える。

自動車販売も4月は199万台と前年比0.5%減で、2年7ヶ月ぶりのマイナスとなる。

●1~3月の成長率の伸びは1,3%となり、年率で言えば5,2%だ。物価の総合的な動きを示すGDPデフレーターも、リーマンショック以来初めてのマイナスだと言う。また上海先物市場での銅先物価格が11年比で4割減だ。あれこれ考えると、既にデフレ状態という声さえある。

●内需はどうかというと?

宅配便など5、割り増し成長のサービス業もあれば、14年に50兆円だったWEB通販が、3年後には140兆円にもなろうとするなど、一定の伸びがあるようだ。

●が・・850万もあるアリババでのネットショッピング窓口は、偽物の商品で溢れかえり、もはや対策ができないと、ほとんどあきらめ顔らしい。

結局この状態は ずっと解決できず、善良な中国国民からすれば、わざわざ、日本にまでやって来て、信頼に足る日本製品を買って帰るなどの消費行動が続くのだろうね?

●思想とか哲学、それに基づく教育、拠って立つその国民の素養は結局、最終的に自国民の利益にブーメランするんだね? 

ブーメランはいわゆる従軍慰安婦問題で日本を糾弾する、韓国・朴政権に対する皮肉だが、同じことが中国で起こっている。画期的新製品を出そうにも、すぐパクリが出るのなら、誰もまじめに製品開発はやらないだろう。まじめな中小企業や、ソフトウェア産業が到底中国で育つとは思えない理由だね?

●スーパーコンピュータ開発にも、面白い現象がある。国策で米国製のパーツを作って世界最速の機種を開発したものの、誰もその高機能を使いきれず、ほとんど産業界で利用者がいないのだ。

このたび、米国は最新のソフトウェアは国防上、中国に提供しないことを決めた。中国はどうするんだろうね?

●かつて旧ソ連は軍拡で米国と争い、結果国内矛盾を解決できずにソ連崩壊を招いたが、中国の今の、特に軍事の動きはその相似形のように筆者には見える。

●国内の矛盾の解決なしに、時の政府が信任されることなどありえないわけで、それをそらす手段としての反日政策などは、既に周辺国から見透かされている。

●鼻息荒い中国だが、案外足元の矛盾はよく理解してるようだ。・・・が、大国のプライドがそれを許さない。なんとも難しい国際政治の世界だね~

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.13 09:41:56
コメント(0) | コメントを書く

2015.05.11
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●4月29日、5月5日の中国メディアの報道を紹介する。・・・と

いすれも中国の製造業の衰退と、生き残る道はあるのか?  ・・と言う報道だ。

●公式報道では中国の高度成長は終わり、新常態とか言われる質を伴った成長を目指す・・と言うのが現政府の方針と思われている。

●しかしそれでも7%前後の成長が見込まれると言うが、現実の鉄道貨物輸送量は2012年を境に、前年比マイナス0.9% 13年は同0.9%減、14年は、同7%減と言う実態がある。何しろ李首相が自国の統計が信用できず、この鉄道貨物輸送量統計や銀行融資など参考に、政策を決める・・と言うのだから、一体GDP統計は実需に伴ったものか、常に疑問視されている。また2010年から13年にかけ、工業製品製造の民間企業数は、なんと26%も減っているのだ。今後も倒産件数が増えることが予想されてるのだ。

●米コンサルティングのボストンコンサルティングでは、中国の労働コストは、既に米国・台湾・韓国と同程度にあるという分析だ。中国経済の発展状況が、全体として未だ途上国水準なのに、ひとり同コストのみが高騰したのが、衰退の原因だという。

●中国製造業は広東省で受託製造をスタートとするのが多く、7ー8年前では、午後9時になっても灯りがついている工場が多かった。・・・が現在9時にはほとんど消灯しているらしい。工場賃料も1平米約270~290円だったものが、173円程度に落下して、ほとんど需要が失せている様子が推察できる。

●インドネシア・インド・タイ・ベトナムは中国より3ー4割も人件費が低く、中国国内の製造業は、我々日本人が思ってる以上に、まさに存続の崖っぷちにあるようだ。

●生産設備の過剰は、すでに報道されるように稼働率が70%前後なのに、様々な理由でどうやら実需を超えて生産のみ進む、いびつな経済構造・過剰生産がGDPの伸びを支えてるようだね?自由経済社会ではあまり見られない、すぐさま調整される話だろう。

●今日、中国当局は政策金利を引き下げた。中国がアジアインフラ投資銀行を急ぐ理由は、ほとんどこの中国経済の崖っぷちを反映しているのだ。日米が当面参加しないことに対して、日本人は64%くらいだったか賛成している。賢明な意思判断だね!

●GDPが日本の倍くらいになったものの、中国の経済は多くの問題が日本以上に山積している。日本は自国の経済改善に粛々取り組み、あまり中国に振り回されること無い工夫が必要だね。

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.11 18:15:20
コメント(0) | コメントを書く

2015.05.05
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●最近 中国国営ないしは共産党関係メディアで、日本に対する記事が奇妙に軟化してるのが感じられる。

例えば旧満州帝国のエリア・現在の黒龍江省一体の米作について,日本がかつて、長い期間苦労して品種改良し作りあげたブランドが花開き、貢献した日本人と伴に、味が美味しいと高評価されてる。

いわば日本の貢献を素直に?認めてるのだ。手放しで評価するなど、かつては考えられなかったことだ。

以前はかならず、「偽満州国」と言ってたのが、現在は「旧満州国」に置き換わった。

●又、中国製造業界が、今ピンチに陥っている。景気の減速に伴い、倒産が今後、急激に増えていくだろうと予測されている。つまり人件費の高騰やOEMに依存した、立ち遅れた開発技術などから脱却できない企業はどんどん淘汰されるということだ。

●製造業に置ける付加価値は、より高度な製品群を生み出す事と言えるが、どうも中国にはクラフトマンシップや職人気質と言われるような、産業構造の基幹部分が無い。

いわゆるパクリが、さも近道と言わんばかりのようだ。もっともパクリの技術・・と言うのもある様な昨今ではあるが・・・

●中国当局自身も、実は実態をよく認識している。、より労働コストが低い東南アジアに、日本を始めとした製造業外資の移転が、さすがに気になるようで・・どころか自分もベトナムなどに出て行かざるを得ない状況だね?

日本に至っては、80円の円高から120円へ、25%も 円安になった。パナソニックは1円・円安で確か12億円だったか利益が減ることから、40種の家電製品製造を国内回帰させる予定とか。大手企業も続々国内回帰だね。

●ドローンは最近 話題を提供することが多くなったが、現在の出荷は、実はほとんど中国製らしい。機を見て敏と言うことかもしれないが、大した技術のいらない物は容易だ。

しかし、スマホのソニー製・画像センサーは、アップルとサムスン向けで供給が手一杯で,中国はこのセンサーが なかなか手に入らないという。I-PHONEでさえ、実に約40%が日本製部品なのだ。

● また軍事報道においても中国報道は、日本のヘリ空母「いずも」について、ことさら脅威をあおるわけではない。冷静と言うか抑制された論調で、日本が軍国化している・・と言う国内論調をたしなめている姿勢が見られる。

●背景には、宣伝戦が得意な中国とはいえ、実は製造業の衰退がそのまま国力の衰退につながり、離陸できずに、中進国の罠に陥る・・ことを危惧してるのだ。

その為には、現在の製造大国の師匠である日本と、疎遠になるわけにはいかない・・・切羽積もった環境があるのだ。

●アジアインフラ投資銀行もその延長にあるが、図体が大きくなったとは言え、不動産・固定資産投資に偏ったGDPの成長は、既に破綻しており、インフラ開発しか中国の生き残る道が無いと理解してるのだろう。

●しかしながら日米の参加しない銀行の、信用度合い格付けは、債券発行の金利コストを高くする。

自国の利益をもくろんでスタートしたはずだったが、欧州の予想外の参加を招き、自縄自縛に陥っている中国政府のようだ。結局世界に生きるとは、自国の国益のみでは無理なんだと言うことを、中国は理解するしかないね?

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.06 02:41:51
コメント(0) | コメントを書く

2015.05.02
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●今晩もTVでやってたけど、中国のアジアインフラ投資銀行が、世界に様々な話題をかもしてる。

日本でも、共産党の財布代わりなどとんでもない・・と言う意見や、中に入って、欧州と組んで中国の独走を食い止めろなんて意見もある。実際4月末の会合では、ガバナンスの問題など決め切れないことが多いようだね?

●中国の狙いは、最終的には人民元の基軸通貨化があるだろうが、世の中そう簡単ではない。結局、当初欧州の参加は予想外だったようで、主に中国主導で、世界のインフラ投資に関われるような、国益重視が大きな要素だったろう。

●つまり景気減速で、国内にだぶついた鉄鋼製品の処理や、高速鉄道や原発・道路や港建設整備を新興国に売る・という実務が主な目的だ。金融を通じて影響力を高めたいはどこも考えること。もちろん世銀やアジア開銀などでは米日の権限が強くて、中国の主導が取れないことや、新興国からの既存の機関に対する不満を拾い上げる趣旨・・・もあったということは否めないが。

●景気減速で、マネーが流出して外貨準備も大分減り、世界から中国は借金しまくっているのが、別の実態で、不足資金を他人のふんどしで確保して国益につなげる・・と言う野心も見えるよね?

●興味深い報告が、中国財務部・部長が発表している。今後中国は5~10年以内に、中進国の罠に陥る確率が50%以上ある・・と言うのだ。

●中進国の罠とは、一人当たりGDPが1万ドルを超えて、3~4万ドル以上の先進国へ脱皮できない状態を言う。つまり国としてのGDPこそ大きくなるが、国民1人あたりが豊かになりきれないまま、国家自体が経済的に老いてしまう状態のことを言う.たしかまだ1万ドルは超えてないのが中国の実態だ。

●コレを避けるには少なくとも6.5~7%の経済成長を成し遂げる必要があるが、しかしながら、このところの減速は覆いがたい。今後5~7年の間に ゆがみの修正・構造改革ができないと、先の中進国の罠にはまる・・と言うことだ。

●実際 労働生産人口は既に2年ほど前から減っているし、一人っ子政策の人口構成は、今後中国社会に、ボディーブローのような負荷を与えるようになるだろう・・・ことは想像できるよね?

●原因として5つ上げている。解決策でもある。農業改革の遅れ・戸籍改革の遅れ・就業問題の解決・土地改革の遅れ・社会保険整備の遅れだ。

●このうち戸籍の問題は深刻だ。農民戸籍と都市戸籍は、国内に二つの階級を作り出し、およそ共産国家とは乖離した格差を生んでいる。また土地使用権をわずかな額で農民から取り上げ、市場に売って予算を作り上げた地方政府の錬金術も既に限界だ。各地の鬼城・ゴーストタウンが物語ってるよね?

社会保険も、97年以前は、国営企業は年金保険料を払っていなかった。そのため、制度を維持するには政府が資金を拠出する必要がある。この額膨大になるのではないか?

軍事費に多額を投資するほど余裕はないはずと思えるが、どうだろう。 

●つまるところ、中国政府は足元の経済・財政実態を案外と理解していて、アジア・インフラ投資銀行という、大博打を打ったとは、一面から見れば言えるだろう。

ところが国際機関となれば、そうそう自分が望む通りには進まない。  例えば中国はWTOに加盟したものの、先のレアアースの協定違反敗訴を含め、27戦全敗なのだ。つまり国際社会での常識にこ慣れていない実態がある。

●強気な政府広報とは別に、かなり焦っている様子が垣間見れる・・というのが筆者の見方だが、さて皆さんはどう思いますか?

 

 

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.02 22:50:15
コメント(0) | コメントを書く

2015.04.29
カテゴリ:国力とお金

kaoru7.gif

●恥ずかしながら筆者は、都心の近くでパナソニックの介護施設を見かけることがあり、へ~ あの電器メーカーが、こんなことやってるの?って認識だった。 多分余剰人員対策でやってるのかと思いきや、どうもそうでもないらしい。

●日本を代表する日立やパナソニック シャープやソニーのTV事業が、世界で成り立たなくなって、いち早く日立が事業構成を見直して、パナソニックも続いた。売り上げ規模が8兆円程度だが、直近で確か4300億円ほどの営業利益を出すまで回復したのではなかったか?

●狙いは住宅投資とも関連するが、介護事業を2018年までに、従業者を10倍の2万人まで増やすらしい。現在1位のニチイ学館の4万人に次ぐ。およそ電器メーカーとは思えないね?

●国内の介護サービス事業は14年比で1,7倍の2.8兆円規模になるらしく、住宅・住設事業への関連も高くて、成長戦略の柱としての策だ。

●現在関西中心の施設も10倍の200箇所に増やす。25年度には売り上げも6倍の2000億円を目指すらしい。大学新卒も15年度は150人、18年度には600人予定と言うことだから、本気度は確かだね。

●雇用層も主婦や退職シニアにまで広げ、経験者を中心にした中途採用も、契約社員・パート社員待遇で15年度250人、18年度は5400人を雇う計画だからかなりのものだね?

●定着率を高めるため、中途採用者も正社員での雇用だ。事業フィールドは主に短期滞在や、訪問介護などになるらしい。当然その背景には、本業といえるかつての松下電工の住宅リフォームや、介護器具や設備、家電製品の売込みがあり。ニーズの吸い上げなどアンテナの役も果たす。

●最近ではデジタルカメラ普及の流れで、経営危機に見舞われた富士写真フィルムが果敢に医療分野に事業転換して成功したのが有名だが、世界に冠たる電器・電機メーカーの挑戦は、実に頼もしいよね? ちなみに 首位の米コダックは潰れてしまったから意外に日本企業も柔軟なんだよね!

●高齢社会の日本では、このマーケットが市場化するのが、人材活性化を含めたGDP成長に大きく寄与するはずだ。日本を代表する電器メーカーが一歩踏み出したのは、実に喜ばしいのではないか?






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.29 19:44:49
コメント(0) | コメントを書く

このブログでよく読まれている記事

全1096件 (1096件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Calendar

Archives

Mobile

ケータイ
スマートフォン
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.