378900 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

独学で合格!FP3級試験・スピード合格への

PR

Freepage List

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Category

Mobile

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

 

2007.04.15
楽天プロフィール XML
カテゴリ:相続・事業承継
3級FP技能士 合格講座 中野克彦 中島智美 藤崎仁
相続事業承継.gif

(59) 土地所有者が、その敷地にアパート、貸家、貸店舗等を建築して、その
   家屋を賃貸している場合、その敷地を貸家建付地といい、その相続財産
   の評価額は、「自用地としての評価額×(     )」とされる。

   1) (1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)
   2) (1-借地権割合)
   3) 借地権割合




藤崎仁
 解説者:藤崎 仁

    (税理士、CFP(R)、1級FP技能士)




(59) 正解:1 【貸家建付地】

自分の土地に自分の建物を建てて自分で住んでいるような場合、その土地を自用地と呼びます。

   ┌─────────┐
   │         │
   │   自用地   │
   │200平方メートル│
   │         │
 ──┴─────────┴──
  500C(借地権割合70%)
 ───────────────

上のような路線価のある自用地の評価額は、500,000円×200平方メートル=1億円となります。

   
この自用地を他人に貸し付けた場合、貸した人はその土地を思い通りに使うことができなくなります。

この他人に貸している土地を貸宅地といいますが、思い通りに使えない分相続税評価額は小さくなります。
  
   ┌─────────┐
   │         │
   │  借 地 権  │
  ─┼─────────┼─
   │  貸 宅 地  │
 ──┴─────────┴──

ちなみに借りている人の土地を借りている権利を借地権といいます。

貸宅地と借地権それぞれの評価額の計算は、

借地権の評価(借りている人)…自用地評価額×借地権割合     
                  →1億円×70%=7,000万円

貸宅地の評価(貸している人)…自用地評価額×(1-借地権割合) 
                  →1億円×(1-70%)=3,000万円

となります。


さらに、この問題のように自用地にアパートや貸店舗等を建ててその家屋を他人に貸した場合その敷地を貸家建付地といい、その相続税評価額は選択肢1のとおり

自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)

で計算します。
 
          │
   ┌──────┼──┐
   │      │  │
   │      │  │
   │貸家建付地 ┴──┼─
   │         │
 ──┴─────────┴──

上記の例で賃貸割合を100%とすると、

1億円×(1-70%×30%×100%)=7,900万円


の評価額となります。
         
 

────── COPYRIGHT (C) 2007 Hitoshi Fujisaki All Rights Reserved. ──────






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2007.04.15 13:29:22




Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.