335750 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

京都情景 graphis kyoto

全1985件 (1985件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

May 30, 2015
楽天プロフィール XML
カテゴリ:展覧会
Room1

http://gallerymorningkyoto.com/2015exhibition/shinoharaminami2015.html

私は自身の日常から切り離せない要素である「ゲーム」をキーワードに制作を行っている。

テレビゲームは一見切れ目のない空想の世界に見える。
しかし、その世界は完全なる空想ではなく、現実の場所・ものや、過去の遺物などから発想を得たものが紛れ込んでいる。

私はゲーム内の世界観にハサミを入れ、切り分けて、発想の元になったであろうモチーフ(subject)の資料・写真や、類似物に置き換える。そして置き換えたものをキャンバス上で再構築する。そうすることで、既視感のあるモチーフと、それらが繋ぎ合わされて再現されたゲーム空間との齟齬を生み出そうと試みている。

ゲーム世界を巡った記憶を元に画面を構成し、視点・経験を筆跡に残し、連作にすることによってエリアチェンジを繰り返していく。そして鑑賞者には、自分がフィールドを巡った軌跡を、作品群を通して追ってもらいたい。/篠原 南


SHINOHARA Minami

1990年生まれ
2014年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画 修了

グループ展
2013 FOCUS(TEZUKAYAMA GALLERY,大阪)
2012 アートピーポーマッピン(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA,京都)
2010 四条ストリートギャラリー(京都)


昨春の大学院修了後、初個展。
展覧会テーマの「麒麟」は伝説上の生き物であり、また、作家が日常体感しているオンラインゲームに登場するモンスターの名前。
自身のリアルの象徴としてピックアップされます。
「日常」であり「あたりまえ」であるゲームのなかの光景と記憶が油絵の具というメディウムを使って絵画化されています。
ゲームを体験したことのない者にとってはひとつの現実の光景として捉えられ、その色彩、筆の疾走感は世代を越えて饒舌です。
ご高覧ください。/ギャラリーモーニング







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 30, 2015 03:48:02 PM
コメント(0) | コメントを書く

May 17, 2015
カテゴリ:展覧会
長井奈津子作品

長井奈津子

http://gallerymorningkyoto.com/2015exhibition/nagainatsuko2015.html


だれかのために 


かなたをみあげ 
ひかりを感じて 
空気を追いかける
影を踏む音   
心がひらく   

花は咲く    
ひかりを通し  
見返りを求めず 
告げることなく 
散っていく   

夜には月が   
雲が浮かぶ   
誰かに     
なにかに    
今日もひとつ  

なにかを    
だれかのために 



<略歴>
長井 奈津子

個展
1992 信濃橋画廊  
1993 信濃橋画廊 apron
1994 信濃橋画廊 
1995 GALLERY ZERO
     信濃橋画廊5
1997 信濃橋画廊 
1999 CUBIC GALLERY  
2002 CUBIC GALLERY
2011 CUBIC GALLERY


グループ展など
1990 5人展(GallerySAORI)
1991 芸術の森展 <学長賞受賞> (大阪芸術大学)
1992 SIX KINGDOM (Gallery 阿呍館)
     芦屋市展 <芦屋市長賞受賞> (芦屋市民センター)
     17th展 (大阪国際交流センター)
1993 主張する小さなオブジェ展 (信濃橋画廊94.96.00)
     ウインドウディスプレイ(IMPビル)
1997 176展 (茶屋街画廊)
2009 painting+ (CUBIC GALLERY) 
2010 painting+10(CUBIC GALLERY)
2011 painting+2011(CUBIC GALLERY)
     くじら   (CUBIC GALLERY)
2013 painting+2013(CUBIC GALLERY
     CUBIC GALLERY 第四楽章フィナーレ
                  (CUBIC GALLERY)

JAPAN FESTIVAL BALI 2013
                  (Bali Indonesia)





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 17, 2015 08:10:44 PM
コメント(0) | コメントを書く

May 12, 2015
カテゴリ:展覧会
Photo

ありふれた日本の風景。建築物や看板広告、自動車のある街の風景は、スナップ写真のようにフレームで切り取ると、
およそ絵になる景色ではないように思えます。
写真は、その矩形の中で納まる景色について正確に再現してみせますが、見ていたものは本当にそれなのか? 
なにか、現実とのズレを感じます。
写真の枠の外にある景色の続きや、時間差で見たものの印象、風や光、気温などの感覚。記憶に残らない何でもない物。
それらが「見ていたもの」であるといえます。 美崎慶一



略歴
1965 兵庫県 神戸市生まれ
1990 京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻 卒業

個展

美崎慶一
2010 信濃橋画廊(大阪)・信濃橋画廊apron(大阪)
    イマジン語学スタジオ(芦屋)

    ギャラリーモーニング gallerymorningkyoto(京都)



1993 ICギャラリー(大阪)
1994 信濃橋画廊(大阪)
1995 信濃橋画廊5(大阪)
1996 信濃橋画廊5(大阪)
1998 Pin&Line 信濃橋画廊(大阪)
1999 信濃橋画廊(大阪)
2002 イムラアートギャラリー(京都)
2004 信濃橋画廊(大阪)
2005 ギャラリー菊(大阪)
2006 信濃橋画廊(大阪)
2008 信濃橋画廊5(大阪)
    信濃橋画廊5、(大阪)
2009 「drawing展」うつわクウギャラリースペース(芦屋)
    信濃橋画廊(大阪)
   ギャラリーモーニング(京都)
2010 信濃橋画廊・信濃橋画廊apron(大阪)
    イマジン語学スタジオ(芦屋)
    ギャラリーモーニング(京都)
2011 ギャラリーモーニング(京都)/'12





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 12, 2015 12:18:01 PM
コメント(0) | コメントを書く

April 21, 2015
カテゴリ:展覧会
Twitter


野の花がいっせいに花を開いて春第2幕、賑やかです。
パラソフィア(京都国際現代芸術祭)会期中の展覧会、第5弾。

中川雅文 NAKAGAWA Masabumi 4月21日(火) 〜5月3日(日)

http://gallerymorningkyoto.com/2015exhibition/nakagawamasabumi2015.html



h o r i z o n  ー ホ ラ イ ズ ン ー

・・・
・・


ゆっくり眠って先延ばし

水平線は想像上のもので、と。

ある人が云った。

地平線の果てには楽園がある。と、も。

まるい星で、僕は未だ探して描いている。 中川雅文


<略歴>
1975 京都生まれ 大阪市在住
1997 大阪芸術大学卒業(研究室賞)

【個展】
 1999 信濃橋画廊(大阪),2000,2002
 1999 大阪府立現代美術センター
 2003 ギャラリー風(大阪)
 2008 Gallery Den(大阪)
 2008 Gallery Den 58(大阪)
 2010 2kwgallery(大阪),2011
 2012 ギャラリーモーニング(京都),2013
 2013 Gallery Den mym(京都南山城)
    
【グループ展】
 1993年より、韓国、和歌山、大阪、東京、京都で多数。

参考文献として「美術手帖 2007/3月号」「信濃橋画廊ー2010」
収蔵 兵庫県立美術館(信濃橋画廊コレクション)]



夜が街を覆いはじめるころ、家路を急ぐ人たち。
コウコウとした照明のなかを大禍時をスルーする人びとのその横で、枝分かれした夜世界へ向かう人がいる。
おうまがときのその奧、深夜が流れるその場所では、人とひととの距離は縮まり、ふかしぎな時間が流れる。
そこでのキャストたちはベールで顔を覆いながらつぎつぎと仮面を付け替えてゆく。
起承転結の消え失せたムコウガワの舞台の情景が、こちら側の世界のコトバに置き換わるように絵が出来上がる。
そして、まだ知らぬムコウの出来事がポッカリとモーニング・タイムをこえてギャラリーに現れる。
絵画、十数点、ご高覧ください。/gallerymorningkyoto

・・・
・・








楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  April 21, 2015 03:33:28 PM
コメント(0) | コメントを書く

April 13, 2015
カテゴリ:ひびひづき
Yamabetitle


gallerymorningkyoto


今回の展覧会「ワーキングアクア2015」では、様々な場所で取材した樹木に水などの流れを重ねながら配置し動きのある風景画を描いています。
作品は、見ることでさまざまな空間を生み出し、見ることによってさまざまな時間につながります。
絵画の形式へのオマージュと越境、記憶の生成と風化に関わりながら、遠さと近さ、破壊と再生、過去と現在と未来を同時に見せる絵画。
水に由来する青を中心に使い、さまざまな色彩のニュアンスや描線を重ねながら、風景の気韻のようなものを表したいと思いました。そこには私たちの自然観の変化、生活基盤に対する深い感情が通奏低音としてあることを感じています。 山部泰司



gallery morning kyoto
139th. Exhibition

In the exhibition “Working aqua 2015”, the landscape paintings contain a sense of movement through the composition and layering of trees researched at different areas and flowing water.
When one looks at these pieces, various spaces are created and various moments are created.
As both an homage and transgression to the formality of painting, these works interconnect through the process of creation and depletion of memory, while expressing the far and near, destruction and regeneration, and the past, present and future.
By mainly using the color blue that is derived from water and overlapping different colored tones and lines, my objective is to convey something much like the elegance in landscapes.
I feel that there lies our deep emotions towards our daily life and the changing perspective on nature, much like a basso continuo. YAMABE Yasushi





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  April 13, 2015 12:09:15 PM
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:展覧会
Codamaayaka

gallerymorningkyoto


花のような人 “Those who are like flowers ”

私にとって花は、気ままで美しいものの象徴だ。
四方八方好きなように伸び、色づき、咲き散らかして生きている。
身近な人物にもそんな花に似た美しさがある。
日常や記憶からそれらを見逃さないように、描きたいと思う。



2010年より人物を主に描いています。今回の作品のほとんどは実在のモデルを目の前にして描いていて、その他のいくつかは、花などの自然や、旅先の記憶、身の回りの出来事からのイメージを組み合わせて絵にしています。

人物を描く上での私の試みは、たわいない会話の隙間や考え事の最中など、ふとした瞬間に表れるその人らしさが凝縮された表情を描くことにあり、そのため友人や家族など、心を開いてくれやすい近しい人物を多く描いています。

また、その人の生きた印象をできるだけ端的に、新鮮に描き捕まえるために、顔立ち等、メインの部分を描く時間はおよそ30分程度の比較的短い時間で仕上げます。色は、モデルと話しながら浮かんだ色を使って、よりその人の魅力を引き出せるように選んでいます。

遠い世界でなく日常の中にある、花のように気ままな美しさを見逃さないように、忘れないように描くことで、私なりにこの世界を肯定したいと思っています。児玉 彩


For me, the flower is a symbol of beauty and carefreeness.
They grow anywhere they want, in many colours, and their blooms are so lively.
I can see that kind of beauty in the people who are familiar to me.
I’d like to capture the moments I experience with them, so they are not lost.

Since 2010, Ayaka has focused on portraiture. Most of the works for this exhibition were created from face-to-face sessions with real models. Inspiration for the remainder of the works is drawn from flowers, memories of places traveled and her daily life.
Ayaka aims to capture the natural expressions of the models in a relaxed environment. She records the true emotions of the models at the time the painting is executed, and the essence of the subjects are further explored through the artist’s imagination.
Her works of portraiture are focused on representing the true character of the model. As a result, her models are often people who are familiar to her, such as friends and family who feel comfortable opening themselves up in her presence.
Ayaka said the models all left "lively impressions" on her, and she wanted to attempt to capture that essence in a minimal way. her production of a single work often takes around 30 minutes. She selects her colours during conversation with the model, allowing the colours to reflect the mood of the moment, and the overall personality of the model themselves.
In her own way, by drawing and painting the carefree beauty of people, in small moments of
time, she is attempting to turn the spotlight on the importance of everyday people, and the nature of daily life. These are things we often cast off AS being commonplace, and Ayaka wishes us to take a moment and appreciate that there is great beauty in the simplicity of these small moments in our day-to-day lives.





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  April 13, 2015 12:04:11 PM
コメント(0) | コメントを書く

March 22, 2015
カテゴリ:展覧会
飯田真人work

油画出身ながら、IIDA MODELとも呼ぶべく、機械的ではあるけれど、生き物を連想させるようなフォルム、鮮やかな色彩の立体作品を発表しています。
今回は同型の作品を多数制作し、より空間全体をつくりあげる展示です。

http://gallerymorningkyoto.com/2015exhibition/iidamasato2015.html







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 22, 2015 01:38:40 PM
コメント(0) | コメントを書く

March 3, 2015
カテゴリ:展覧会
Photo


各々の時間は各々の時間でしかなく、普通であることはあたりまえに普通であり、
特別なことはもちろん特別で、それは共有を強いることはできないものだけども、
固定観念を脱却しようと試みる。

廣田美乃


I will try to break away the stereotypes.
Hirota Yoshino

PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭と同時開催の京都アートマップ
 Kyoto Art Map 2015 Featured Exhibitions参加展覧会。

http://gallerymorningkyoto.com/2015exhibition/hirotayoshino2015.html

Kyoto Art Map 2015 Featured Exhibitions Facebook

gallerymorningkyoto Facebook







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 3, 2015 12:51:48 PM
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:展覧会
本展覧会では、2人それぞれのテーマを持ち制作してきました。
川崎は鮭の切り身、藤本は空想上の生き物である巨人をモチーフにしています。
それぞれのモチーフに対する愛着とこだわりを持ち、木版画ならではの温かみや色彩などを活かした表現を目指しています。私達の世界観を楽しんで頂きたいです。

Kawasakititlefujimoto

藤本眞奈河崎麻祐子

河崎麻祐子 KAWASAKI Mayuko
私は鮭の身の鮮やかさや肉厚感、筋の曲線に魅力を感じ作品をつくり続けています。
断面の鮭、四角い鮭、次はどのように変化させ進化させていくか。
ちょっとおもしろくて、見てもらう方々に楽しんでもらえるような作品作りを目指しております。

藤本眞奈 FUJIMOTO Mana
私は、私自身が興味を抱くあらゆるもの、ことからインスピレーションを受けて想像したキャラクターをモチーフに、木版画を制作しています。
見る人がそのキャラクターにまつわるストーリーを想像してみたり、クスッと笑ってもらえたり、マンガやゲームにワクワクしていた幼い頃を思い出して、少し懐かしんで貰えるような、「遊び心」が感じられる作品を作り続けたいです。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 3, 2015 12:33:14 PM
コメント(0) | コメントを書く

February 12, 2015
カテゴリ:展覧会
Matuuraremains

賑やかなしじま 
 

雑踏の中では、うるさすぎて何も聞こえてこない。その中にいることは、限りなく沈黙の中にいることに近いように感じる。ひとつひとつの音は連なり、私の中には何の言葉も残らない。

私は、物事が記憶されていくことで、積み重なった痕跡を描いている。日々撮った写真をコラージュしていくと、それぞれのイメージは意味をなくしていき、輪郭や名前、それをそれと認識できる要素が崩壊していく。例えば、魚の鱗や雨粒の写真を撮ったその瞬間は、それが何であるのか認識しながら撮っているが、部分をトリミングし、コラージュすることで、もはやそれが風景なのか、体内なのか、どこに存在するものなのか、わからなくなっていく。そのようにイメージが更新されていくことで記憶がうすれていくような感覚をキャンバスにトレースし、刻み付けたい。

出来上がった像は、何かを強く主張しているかのようでいて、何も語りかけてはこない。まるで騒音が最高潮に達する寸前の、賑やかなしじまに立っているかのようである。

松浦 茜

Close to Silence

The noise of the crowd stops me from hearing anything. I feel that it is like being close to a limitless silence.

Each sound is connected but no words remain within me. I paint the traces of things that remain in my memory, and as I create collages with photographs that I have taken the meaning of the images disappear. An outline, a name, those recognizable elements are destroyed. For example, the moment I photograph fish scales or raindrops they remain recognizable, however after trimming and making collage they become parts of a landscape or body, they take on an uncertain existence. I want to be able to trace and engrave the fading memory of these changing images on my canvas. The completed image seems to express something strongly, but in fact it says nothing.

I am standing in a noisy silence before the waves of sound reach their peak

MATSUURA Akane



■松浦茜展 MATSUURA Akane 2.10(火)〜15(日)
朝陽が雲間から射し込むときに、地球と空の間の空気がその存在感をあらわにするときがある。
その一瞬は、息をのむうちに過ぎ去り、いつもの風景にもどってしまう。
30、20、10、0, 信号が青に変わり横断歩道で多くの人が交錯する。一人ひとりは目的を持って動いているのだけれど。スレチガイの中でじぶん以外の人の意味合いを知ることは、だれも求めていない。
朝、そして朝。赤、青、赤、青。とりまく風景は何回も更新されてゆく。
客観が主観の表皮に浮き出るように、いくつもの記憶のかけらがそのしがらみからとかれたように流れこむ松浦絵画、賑やかなしじまへ。ギャラリー・モーニング 寺久保吉完
・・

http://gallerymorningkyoto.com/2015e…/matsuuraakane2015.html
京都芸大大学院一回生。よろしくお願いします。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  February 12, 2015 06:32:30 PM
コメント(0) | コメントを書く

全1985件 (1985件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

Rakuten Profile


ギャラリーMorningさん

京都市美術館の近くの現代アートギャラリー

フォローする

Favorite Blog

伊賀は枚方より標高… New! ふろう閑人さん

植物切り抜き帳:「… New! 天地 はるなさん

海の絵 New! 友田いさおさん

審議の品位 New! 柳居子さん

いいこと、いいもの New! たまよみ.さん

大峯に登ります。山… あかるくヒカルさん

上賀茂の流れ 歩楽styleさん

Comments

林 澤平@ 体罰 教師 米田 満子へ 片山 謙男は椅子、蹴った事は覚えているら…
siinomi1566@ Re:水の流れ、気の流れ、下口美帆展開催。(07/08) こんばんは 偶然の産物でしょうか? 素敵…
ギャラリーMorning@ Re[1]:雨とライブレッドとバター&珈琲。(06/18) siinomi1566さん お元気でなによりです。 …
siinomi1566@ Re:雨とライブレッドとバター&珈琲。(06/18) こんにちは お久しぶりです。 私も、バタ…

Let's link!

Archives

Freepage List

Mobile

ケータイ
スマートフォン

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.