057240 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

眞砂子さんの猫殺し騒動

全832件 (832件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 84 >

2010/01/04
楽天プロフィール XML
カテゴリ:読書
アミダサマ,沼田まほかる,新潮社,2009.7.20.

ミハルは死んだ(殺された)子供である。
ミハルの呼ぶコエ(声)が聞こえるものが3人いる。
この物語の語り手の位置にいる浄鑑、その母の千賀子、そして悠人(ユウト)だ。
浄鑑は滅んでいく他の2人を止められず、見ているだけだ。
千賀子はミハルを育てた無職の父綿本に金と(自分の)性を提供し、保護する。その供応の跡を浄鑑は見つけるが何もしない。むしろ母の身体と精神をおもいやり、後方支援する。
そして千賀子は綿本を跡形もなく殲滅する。
浄鑑は当然のようにその後始末をする。

悠人はなにをするかわからない男だ。
悠人の自由な行動を彼の愛人の律子(母性)と祖父の多摩雄(社会=法)が体を張って阻止しようとする。
束縛する。
悠人には2人が結束しているように見えてくる。そのシステムが理解できるように思われてくる。
祖父を殺し、彼は解き放たれ、ミハルの元へ走る。
ほとんどミハルまで到達したと思われたが、律子によって悠人はこの世に引き止められる。

私もおととしの暮れにガザ爆撃で死んだ(殺された)少年の死体を見てから、年賀状(あけましておめでとう)が書けなくなった。
何が(おめでとう)だ。

私にもミハルの呼ぶコエが届いているのだろうか。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2010/01/05 04:06:48 AM

2009/10/08
カテゴリ:カテゴリ未分類
夜明け前の信号の緑色が好きだ、と彼は言った。
空のそれとあやういほどに似通った色調の山並みは、濃淡のバランスを

くずさず、同じリズムで視界の両脇に向かって伸びていく。
ぽつんと灯っている緑。

闇の中で、ぼんやりと自分の体液をまわりに滲み出しているそれ以前の

緑より安心してしまう、と彼は続ける。

何か用事があって、その場所を離れていた人たちが帰って来る。以前と

同じ人間がそこにいる。

過去に遭った人たちに感謝するあの哲学者のことばのように、
そのような緑の存在について彼はしゃべっている。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009/10/09 04:05:20 AM

2009/09/30
カテゴリ:カテゴリ未分類
少し仰角で見なければならない。
その目の辺りの表情のあいまいさが、相手の返事をうながしていることばの抑揚のなさとあいまって、発したことばの伝える意味と感情を打ち消した。


「……△×●◎▼××*◎×…………」

ひとつづきの音のつらなりだけがそこにあった。
目の前を歩いているカメラマンの背中向けて自動的に発射したあの兵士のように、自分の感情も意志も持たないまま、ことばは、ひとかたまりの物質として、受け入れられることを拒んで彼の頭と同じ高さにふわふわと浮かんで存在していた。

「いままで、バンカケしたことなかったね」
もう一人の男が軽い説明口調で言う。

「よかったら、住所とお名前を教えてくれる?」

車の後部座席に30台のメガネをかけた背広姿の男が、かばんをかかえて自分の足もとにめを落としている。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009/10/09 04:03:41 AM

2009/09/16
カテゴリ:カテゴリ未分類
「無痛文明」(森岡正博さんは坂東さんの出身高校の後輩)ということばを思い出して、クリアに構造がわかったように思えた。

彼女があのエッセイで言ったことは次の2つだ。
1.(他人がそうするのを否定しないが)私には不妊処置は不自然であるように思えてできない。
2.だから私は裏庭に子猫を捨てている(殺している)。

この騒ぎは2.について起こった。
1.についてはどうなんだろう。
小谷野敦さんがつとに指摘されているように、ひとつの生命の自由を奪い、私的所有し、種を商品化し、そのものから〈癒し〉のような快楽を得ることは「殺生」でしかない。彼等が得ているものとほぼ同等量の(負の)エネルギーが「保健所の大量虐殺」という形で現れている。「大量」の意味はペットの商品消費量と同じものであり、ペット商品流通からの利益がなくなれば「殺生」は、前近代で行なわれていたような、最小単位のものになる。山から下りてきたクマの処分と同じ感覚で、生活しているものがその生活の延長上で行なうものになる。

坂東さんのように、保健所や獣医の「安楽死」などにまかせずに、その自分の所業(殺生)に直接かかわろうとするとどうなるのだろう、というのが、彼女のエッセイの2の顛末だ。
この無痛文明=消費文明の中で生きているわたしたちには、それが許されていないということなんだろうと思う。
人工的にコントロールされているのを先のAERAで読んだ。(犬を殺さないドイツの常識,AERA,朝日新聞社,2009.9.7.)日本もいずれそうなるのだろうか。秒読み段階なのだろうか。

『傀儡』(「無痛文明」から自由な人たちの物語)がゾクゾクするほど面白い。何度も読み返している。そのたびごとに、物語の中の沙依拉夢の移動とともに、(言語化できない)幸福の中に生きているのを感じる。いまのところ、まだ私は。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009/09/16 07:28:35 PM

2009/03/04
カテゴリ:崖の下のミュー
ルサンチマンってやつだよね。下手だけなのかもしれないけれど。

不思議な微笑が彼の顔の一部から体全体ににじんでいく。

笑うものは呪われよ、じゃないけどね、やはりその方向は逆じゃないかと。

すきまに猫のひげ一本も入らないくらいの間隔で話を合わせたつもりでいると、好奇心に満ちた猫の眼がこちらをうかがってくる。

タメイキをついた猫がまた部屋の中をうろつきだす。窓の桟に瞬間移動してねそべり、自分の体をなめ始める。


自分の欲望をかなえてくれるように自分を超越したものに祈る、投影する、それではダメなんだよね。

向こう側の、窓の外、上空の雲が切れ、鋭い輪郭を持った白色のエネルギーが猫の細く柔らかい毛を一斉に掻きたてる。

>ある作品が、それが祈りとして捧げられた者たちの手に届き・・・

近くにあった本の開いたページを読む声がする。


引用;アラブ、祈りとしての文学,岡真理,みすず書房,2008.12.19.





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009/03/04 05:41:41 AM

2009/03/03
カテゴリ:崖の下のミュー
痛くなかったのか、と脈絡なく尋ねた。

目の前の男は、眼で確認する前に手が自然に動いて排除してしまうようなかたちで、一瞬のすきまのうちにその問いに肯定の返事を与え、他のものは(猫とともに)それに気がつかなかったことにして彼がこの部屋の空間に帰ってくるのを待っている。

カモミールの香りと苦く焦げた土の臭いが混じりあって、机の端にある気まぐれな電気アロマポットから噴きだしている。

駅前通りの歩道を見たかい?
敷石が剥ぎとられた道路は、つぎの日には新しい素材で美しく覆われているんだ。
地面の凹凸はそのままで。
道路が平らにならされ、堅固なもので舗装されるまでの一時しのぎなんだけれど、地面のそれぞれへこんだ箇所やもりあがった場所にひとつひとつ名前があったことは、まだきみやぼくの記憶の中に残っている。
近い将来、あの道が完成した後、ぼくたちは何もなかったようにその上を歩くんだろうか?





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009/03/03 06:56:08 AM

2009/03/02
カテゴリ:崖の下のミュー
振り返って夜間の病院を見あげると建物の角を吹き抜けの階段が黄色い光に照らされてずっと上へと続いている。
空調の低く重い振動が、食い残されたたましいの死すべき部分に共鳴し、ぱらぱらと薄っぺらい断片が振り落とされていく。

圧倒的な粘度の高い物質で占められた空気の中を進んでいくと、前方の暗くぼやけた道の先には乾いた闇が存在していた。小さく燃えあがる光が走り去るのが見える。

引用;超自然的認識,シモーヌ・ヴェイユ,勁草書房,1984.10.25.





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009/03/02 07:11:28 AM

2009/03/01
カテゴリ:崖の下のミュー
鳥葬ってあるだろ?

という彼の言葉を聞いて、ぼんやり者は二人が同じものを見ていたことに気がついた。

それが行われることをなにかで知った何羽もの鳥が、その場所のまわりに集まる。
この子猫を助けたやつが言うには、まさしくその状態だったそうだ。
そいつはここで昼ごろまで話していて、ここから自分の家に帰る途中、数匹の子猫の鳴き声が聞こえた。

ぼんやり者と目の前の男の間にあの竹林の映像が結ばれる。

見ると5匹の子猫が、野菜を入れるダンボール箱の中に、農産物運送の際使われた薄い緑やピンク色の詰め物にうまって収まっている。そのうち2匹はもう動いていなかった。その時、気配を感じたので顔を上げると、頭上の送電線に10羽以上のカラスが無言のままとまっていた、というわけ。

で、さっきのおおげさなことばになるわけだ。

本箱の前に積んである本の上に投げ出してある使い古したイヤマフにちょっかいをかけていた子猫が(話をしている二人を意識して)大きなあくびをする。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009/03/01 06:29:02 AM

2009/02/28
カテゴリ:崖の下のミュー
戦争?戦争なんてものは、ほんの偶然に左右されて起こってくる物で、いつもどこかで周期的にあるもんなんだから、そんなことより毎日ぼくたちに起こっているあれやこれやを考えようよ。もしかしたら、その延長に戦争の原因みたいなものもあるのかもしれないよ。

白黒の子猫の前足の付け根を指で探りながら、彼はしゃべっている。
以前彼が言っていたこととの矛盾点を発見したが黙っていよう。
たしかに、最近の事件をみていても、他人に対して突然びっくりするくらい大きく強い憎しみの感情をぶつける人や、上からの逃れられないつながりに縛られて、しかたなく他人の命やそれと同じくらい大切なものを、自分の手を使って消してしまうように追い込まれてしまう人が目立つ。いまのわたしたちの行動も、戦争の最中の人間たちがそうであるように、同じようなものによって、すでにコントロールされているに違いない。

昔からきみは、「クラス一丸となって」みたいなことが嫌いだった、とぼんやり者は、ニヤニヤ笑っている男にことばを返す。

猫が彼の手から逃れ、赤いじゅうたんの上であくびをしながら前足をそろえてのばし、大きく腰をつきだしてのびをする。かすかな猫の体臭が部屋から窓の外へ流れていく。

遠くの電柱の一本から黒い鳥が羽ばたき、電柱から延びている送電線の末端が揺れ、白い光を放つ。雨はすでに止んでいる。


この男は、そのくせゴール前までのパスワークはうまかったんだ、といくつかの試合の記憶がぼんやり者と目の前の男の記憶の中によみがえる。


引用;UTOPIA by SIR THOMAS MORE
http://oregonstate.edu/instruct/phl302/texts/more/utopia-I.html





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009/02/28 07:00:37 AM

2009/02/26
カテゴリ:崖の下のミュー
ロッカーの前で制服を脱いでぼうぜんと立っていた彼女は、はたして次の日休んだ。
みんなが安心したことに、無断欠勤ではなく、ちゃんと断りのメールが会社に入っていた。彼女はこの会社で生きるつもりになっている。
いままで同じようにして退社した人は数人いるし、彼女だってそのうち仲が良かった何人かは引き止めていたはずなのに、がまんの限界がきてついあんな行動に出てしまったのだろう。ひとごとではなくなったのだ。

うちが売っている商品の中には、たしかに売っていて「罪悪感」を感じるものがある。
あの毎日来る「ハトおじさん」に食パンを売るのにしても、仕入れのタイミングが少しずれて、そのためにほんとうに自分が食べるためのパンを買えなくなった人もいる。野良のハトに人がエサをやることで同一地域に集中的にハトが集まってきていろいろ迷惑をしている人もたくさんいる。この地域はそうでもないが、条例で無責任なエサやりを禁止しているところもあるようだ。
困っている生き物に同情して、自分の感情を勝手に移入して、自分の気が済むことを優先にした行為は、ひとごとでしかない。それは歯止めが効かない。そんなことができるのは、個人を超えた存在だけなのに。
そして、その結果、同じような感情を持っているものが集まれば、個人を超えた存在になれると勘違いする人もでてくる。そこには、自分たちに敵対するものへの憎悪の感情はそのまま保存されている。彼らは地獄に行く人たちなのだ。

うちの経営者がかって言ったことばがある。
「飢えている子どもの前で、ハンガーストライキは有効か」

つまらない冗談だ、と思う。
強いられた飢餓と自分で選んだ飢餓とは違う。
強いられた飢餓の場合、肉体的にも精神的にも自由は奪われている。

精神的に自由な個人が自分のできることをしても、その声が届く範囲は、ほんとうに狭い。
だから自分を受け入れてくれる人たちへの感謝のあいさつは必要だ。
いまパンを必要としている人に、そのようなことばを投げてもほとんど届かないだろう。
しかし、パンだけを投げ入れても、彼らから奪ったものは彼らに戻らない。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2009/02/26 06:55:26 AM

全832件 (832件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 84 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.