2171146 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

木漏れ日の空間にようこそ !!

PR

モバイル

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

フリーページ

★☆悪事をばくろするには !!


★2枚舌でなされた事件です!


★探偵社に調査依頼をする


★蜃気楼が映し出された !


★本来の使命が放棄された !


★事件の事件たるを暴露する !!


★相手側相互間の問題である ! !


★最早逃れる道はなかりけり ! !


☆補足と説明をします


☆参考と所見を述べる


●社会と宗教思想iについて


●因果応報の実情を語る


●因果応報を総括する


●カルト宗教とキリストの教え


●間違った霊界解釈とは・・


◇超能力に付いて・・


◇奇跡をを呼ぶ能力でなくてはいけない


◇超能力と犯罪に着いて・・


◇超能力の種類は人により異なる


◇超能力は神の手中に在るものである


◇祈りと超能力について・・


◇超能力の闘いもあり得る(1)


◇超能力の闘いもあり得る(2)


○謝るなら本人に謝らなくてはいけない


◇超能力の闘いもあり得る(3)


◆テレパシー能力の開発ノウハウとその意義


◆自分の認識機能でしか外界を認識できない


◆霊的絶対支配体制とテレパシーの関係は?


循環文明2巡目を語る


宗教裁判と神の存在について


○ノストラダムスの予言は事実だったのです


●霊思想の実情と体験


○予言は先送りされたのか?


○ストーカーと同じではないか?


○災難に遭ったようなものです


○殺すと云うものが何処から出てきたのか?


○この世の事実を霊の論理で否定はできない


○この世の事実を霊の論理で否定はできない


★☆★記載済み記事原稿保管(A)


01 pickout.account %


02 pickout.account %


03 pickout.account %


04 pickout.account %


05 pickout.account %


06 pickout.account %


07 pickout.account %


08 pickout.account %


09 pickout.account %


10 pickout.account %


11 pickout.account %


12 pickout.account %


13 pickout.account %


14 pickout.account %


15 pickout.account %


16: pickout.account %


17 pickout.account %


18 pickout.account %


19 pickout.account %


20 pickout.account %


◎a-file01~10 (さくさく)


◎a-file11~20  (白くま)


▲△▲記載済み&予定記事原稿保管(B))


21 pickout.account. %


22 pickout.account %


23 pickout.account  %


24 pickout.account  %


25 pickout.account  %


26 pickout.account  %


27 pickout.account  %


28 pickout.account %


29 pickout.account  %


30 pickout.account  %


31 pickout.account  %


32 pickout.account %


33 pickout.account  %


34 pickout.account %


35 pickout.account  %


36 pickout.account  %


37 pickout.account  %


38 pickout.account  %


39 pickout.account  %


40 pickout.account  %


◎afile21~30<もっとアクセス>


◎afile31~40(ボリューション)


◆◇◆記載済み記事原稿保管(C)


41 pickout.account  %


42 pickout.account  %


43 pickout.account  %


44 pickout.account  %


45 pickout.account  %


46 pickout.account  %


47 pickout.account  %


48 pickout.account  %


49 pickout.account  %


50 pickout.account  %


51 pickout.account %


52 pickout.account %


53 pickout.account %


54 pickout.account  %


55 pickout.account  %


56 pickout.account  %


57 pickout.account %


58 pickout.account  %


59 pickout.account  %


60 pickout.account  %


◎b-file41~50(アクセスアップ<トラ)


◎b-file51~60(リード&トラ)


A;記事を巡回表示しています★☆★


▼【記事の要点を記す(1)】


▼【記事の要点を記す(2)】


▼【記事の要点を記す(3)】


※記事の要点を記す「控え:1」


※記事の要点を記す「控え:2」


※記事の要点を記す「控え:3」


B:世界に広がる有用記事▲△▲


▽【雑記事(1)】


▽【雑記事(2)】


▽【雑記事(3)】


※雑記事「控え」:1


※雑記事「控え」:2


※雑記事「控え」:3


C:何故?何故?何故?◆◇◆


◎トラフィック保管(234x60)


◎トラフィックBanner(88x31)


※原稿保存(2)


※banner保管(234x60)


◎トラフィックBanner/3(468X60)


◎MyBaneer保管


◎空きページ


※魔法の自動小銃の効用説明書き


D:周回記事要点を記す●○●


$1 【良心と小乗に関する記事】


$2 【人生哲学と社会風潮に関する記事】


$3 【私の言い分と主張】


$不定表示記事(控え)1


$不定表示記事(控え)2


$不定表示記事(控え)3


●○●掲載すみ原稿「保管」(D)


■トップページ控え


■楽天アフリエイト・テーブル


■HTML.タグ関係控え(実用初歩)


■タグ関係控え(画像と表)


タグ編集


タグ


【重要】改めて自己紹介させていただきます


キーワードサーチ

▼キーワード検索

ブログリンク

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

予約購入! New! 登歩十歩さん

★あなたの愛が 永遠… New! 人間物語・とね しゅんじさん

人生80年時代の生涯… cgbsnetshopさん
2020末法元年 … jikugawaraさん
newひめようこのワー… ひめようこさん

コメント新着

ApuMSq iltbjxu@ ApuMSq <a href="http://iltbjxujspbk.com/">iltbjxujspbk</a>, [url=http://tzpbaja ApuMSq &lt;a href=&quot;http://iltbjxu…
まゆみ@ 相互リンク 初めまして、人気サイトランキングです。 …
gzaeiolj@ isUzseGhmtdrrd tImrOc &lt;a href=&quot;http://mfwynyl…
ergcvurwuke@ cXDauucKMtx Hc9zCv &lt;a href=&quot;http://unofppw…
pmdvnuhu@ abVFbsCDUctVWHyFw r2cjyG &lt;a href=&quot;http://ycrhgft…

 

2010.03.16
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


霊格の高低を測る目安の一つは、(霊性の高低でもよい⇔霊的に目覚めている高さ⇔霊格は用語の問題)どれだけ他を教導できるか?です。高低は数は、問題ではありません一人でもよいのです。間違ったことを教えれば害その身に返るのですから、正さは本来は関係ないのです。自分の信じるところを行うことになります。しからずし、教えると云うからには看板として正さがなくては不可能です。悪魔の手口を他人教えれば手下にできると思うのは、浅はかと云うものです。一時は通用しても常に寝首を掻かれる心配が付きまとうのです。自分一人で悟ったように思っている人はあまり高い霊格ではないのです。

参考として幸福の科学大川総裁記、教祖の教科書で教える人は7次元存在で、自分で教科書を創れる人は8次元存在だと云っています。私は、自分の教科書で戦ってるのですから霊的には如何なる宗教組織に対しても謀反には相当しません。又、私の記した宗教理念に関して「オレもそう思っていた」人が私と同じょうに自分の所信として現わして内容関しては、「自分がアップでアチラはダウンだ」などと主張するつもりはありません。そう言ったらおしまいなのです。霊的なことは間違は、いつかは、指摘されるようになっていると信じます。注意すべきは如何に信念といえども矛盾があってはいけないのです。

そのようなことはあの世に却ってからでないと解らないことです。唯、言えることは、共通のアップを持つブラザーの存在は居るに違いないと思っています。又、私は、組織を持っていないのだから、批判は受けることはあっても、反逆を受けると云った意識を持ちようがありません。以上が私の本来の気持ちですので、余計なお節介は中傷とみなします。霊格の高低は、面積や体積はもっていないのです。現実には霊格を例えば立てとして、行いを横線と考えれば、誰でも面積をもっているのです。さらに面積が光の量とすれば、体積は質と量と考えることができます。即ち、霊的な力とみなすことができるかと思います。



【家内と尚子が幸福の科学に相談している可能性があります。】
おふくろさんの遺族に言わせてもらう、「オレが行動する時は殆ど家内と同席して牧原や、一度だけウラでトヨタの関わりががあるかいなかの様子を一人で探りに行っている)知っ、その他親戚に訪問しているのです」「オレにはウラのありようが解っても、家内には解らないのです」「同席しても基本的な見解の違いが生じるのです「単独行動などできる分けはありません。家内の精神活動に欠陥があることは否めないのです。いっぱしの人間のような顔をされては心外なのです。

自分のできること、即ち実務的なことくらい不平を言わずに行ってもらいたいと想って何故わるい。以上の主張が平等性を欠いているような「言い草」をされれば喧嘩になるのは当然です。家内の親族に伝えておいてもらいたいです。家内も不公平だと思っているのです。負ける分けにはいかないのです。(家内に負けるのでは生悪魔に)その場だけで、私に勝てばいいような気持ちになっているから(劣等感のウラ返し)自称養父一党に跳弄されたのです。敵が見えないのです。

屁理屈を並べて、アレコレ言分など言うだけヤボであることを説明していただきます。言い分を言いだせは私もいくらでもあるのです。尚子は、私が「自称父とそっくりだ」と非難しましたが、何で自称養父のもの言いを知っているたのか?尚子と同席する場で争ったことなど一度もないのです。彼は私のような物言いはしないのです。もの言いはよいのですが、行為がいけないのです。「姿勢がそくっり」にしても同じことなのです。行為がいけないのです。この項に関しては家内と尚子が、幸福の科学に相談に行っている可能性もあるのです。

「山口の印鑑⇔自称養父の姓⇔を捨ててもよいか?」と言いました。幸福の科学の指導しそうなことなのです。三文判などす必要があれば買えばよいのです。何のめに聞くのか?一々断らなくてもよいのです。「自分の責任外のことだと言いたいのだろう」「潜在意識など指摘すれば、又喧嘩なのです」国民の皆様には厳重な監視をお願いします。勿論、家内の鈍感は承知の上で結婚したことですが、不都合が問題はないのです。敏感な人でも不都合は起きるのです。

検察に、家内に対して、次に関する事項にについて「家族のために私が何がしかのことを行ったと云うことは何か?行わなかったと云うことは何か?」尋問していただきたいと思います。
「知的所有権に関するものは私には光になったが自分には何も益するものはないし、現金収入にもならなかったから、家族には関係ないのか?」「実務的なことは自分で行ってくれ」と言言いたいのだろう」「迷惑だと思っているのだろう」協力しなくては光などになりはしないのです。「金品は私が持参すべきものなのか?」以上は私の言い分です」どうしたらよいか?私を怒らせるなと注意するしか仕方がないだろう。





【家内の姿勢が直るらなくてはヤッテはいけません】
私は道理筋道さえ通ることを行っていただけば、特に護っていただく必要はありませんが、家内をはじめ家族はカルト側から食いつかれる恐れがありますので、国際的な諜報機関もどうしようもなくなると思います。したがって家内のホローを放棄した行為は、例え当事件と関係のないことであっも断固として許すことはありませんので、ご理解とご協力をお願いします。姿勢の問題なのです。姿勢を改めなくてはヤッテいけないと思います。膝元で分けの解らないことを行われて「何ができるか?」です。

国松さんは永久にウラ情報を持参して私の所に来る者は永久に通さないと言ったのか?事実なら何時かは理由を言わなくてはならなくなるでしょう。高橋佳子の思想に従うと、霊的に許すとは、自分が悪くないと思うのに「自分が悪かった」と云うことになる可能性があります。私の場合は謝罪する相手は、家内と云うことになります。自分が悪いのに「悪かった」と云えなくなった人は、誰かの慈悲にすがるしかなくなるのではないのか?私は家内の慈悲にすがるしかなくなるのです。谷口建彦は私と真っ向勝負を望んでも、土俵の上にさえ上がれない者など勝負できる分けがないのです。土俵の外で力勝負を行うしかないのです。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010.03.19 17:55:49
コメント(0) | コメントを書く



■コメント


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.