1097226 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

Wander Photo Life

ニューハーフショー


曼谷人妖


私はタイ国は「寺と人妖」と色んな人から聞いていた。
そして旅行前にこの「人妖」について辞書を引いてみた。

辞書には「お化けのような人間」とか「化け物」とあった。
その後、何を指して「人妖」と言うのかと思った。

そして、何となく分かったのが旅行の二日前だった。
「人妖」とは「ニューハーフ」の事だった。

そのニューハーフのショーがタイでは有名で、
これを見て来るようにと上海の人より言われた。


DSCF8174.jpg


日本ではその人達の事を蔑(さげす)んで「オカマ」などと、
言っているが、この呼び方好きではありません。

私も学生の頃にニューハーフのお店で、
レジ係のアルバイトをやったことがあります。

レジ係のバイトと言っても、スーパーなどのレジと違って、
四六時中お客さんがレジに並ぶという事はないので、
ウィスキーを運んだり、つまみを運んだりしてました。

半年ほど働いたある日に、お客さんから指名され、
テーブルに付くように言われたのですが、
話が違いますと断りました。

そのお客様は怒って私の所へやって来て、
「俺の言う事を聞け!」と相当飲んでらっしゃいました。
私はその頃肩よりも長い髪をしてましたが、
化粧などはしておりませんでした。

しかし、店長(ニューハーフ)より、お願い助けて!と、
手を合わされ、仕方ないですねと渋々お受け致しました。

テーブルに付くと、酒を勧められ、いきなり「接吻」をされ、
そのお客様の頬を平手で叩き「この変態何をする!」と、
一言いった為、お客様は怒って、ママ(ニューハーフ)に、
詰めより、私は結局その店を首になってしまったのです。


DSCF8177.jpg


学校の学費支払いも大変でしたが、その屈辱に耐えられるだけの、
人生経験もこの時にはありませんでした(19歳の時)

この時にはまだ「ニューハーフ」というような言葉は無く、
「オカマ」などと言って「オカマバー」などと言ってました。

その嫌な事があり、私はニューハーフを好きになる男を、
嫌いになってしまったのです。

今回、タイの夜の「人妖表演」「ニューハーフショー」を、
夜に見に行く事になりましたが、その時の事が、
思い出されて余り気乗りがしなかった。

しかし、ショーを見出し、そのショーを見ていくうちに、
とても感動した。総勢140人ほどの「ニューハーフショー」を、
見終わり外に出たが、私はその人達の後を追った。

確かに8センチほどのヒールを履いていたが、皆身長が高い。
186センチや190センチもあるニューハーフもいた。

この3・4回の更新はこの「ニューハーフ」の事情を、
更新して行きたいと思ってます。


DSCF8152.jpg


ニューハーフショー


ニューハーフショーは、煌(きら)びやかさでは、
タイ古典舞踊に勝るとも劣らない。

ニューハーフショーと聞けば、日本であるならば、
何となくグロテスクなイメージを、受けるのであるが、
バンコクでのショーは、美しさを感じるほどである。


中国語ではニューハーフのことを人妖(レンヤオ)といい、
正式には男身女声(nan2shen1nv3sheng1)と言う。


タイでのニューハーフショーは31年の歴史で、
1974年の創立時には、僅か3人であったのが、
現在では140人以上の大舞踊団となった。

日本のニューハーフショーの歴史これより2年ほど早いが、
現在では、規模を比べると雲泥の差であり、
カリプソと呼ばれるショーは、バンコクでも老舗であり、
ダンサーのレベルは相当に高く芸術的である。


DSCF8211.jpg


このニューハーフショーが始まった1974年当時、
彼ら(?)はタイの社会では受け入れてもらえなかった。

しかし、現在ではその存在感は社会にも認められ、
そして若者は、只、お金を稼げるとの理由から、
借金をしてでもニューハーフの手術に走るものが多くなった。

タイの法律では、ニューハーフは依然として男性であり、
外観は女性より美しい女性であるのだが、パスポートは男性。
海外旅行からタイへ帰国し、通関検査で時間を費やす事も多い。

彼らが公共の洗面所に行っても、女性の身なりでなくとも、
自然に女性の洗面所へ行っても違和感がないという。

しかし、彼らが社会で立脚するのはたいへん容易ではない。
舞踊団で赤い星になり、大金を指折り数えるほどになっても、
彼らの舞台寿命は長くて8年間である。

ゆえ、皆さんは暮らしを立てるために死に物狂い踊る。
また限りなく女性になる為に、ホルモン注射を打ち続ける為、
ニューハーフの平均寿命45歳と非常に短い。

そして、寂しくこの世を去って行くと現地ガイドの声だった。
私は、その事などをノートに控えていくうちに、
徐々に何ともいえない虚しさを隠し得なかった。


DSCF8155.jpg


勇気ある選択


タイバンコクの中心にラチャテゥイー駅があり、
その駅の前にアジアホテルがある。

バンコクでは老舗のホテル。
このホテルの地下にあるのがカリプソだ。

このカリプソで蝶のように舞い踊る彼らがいる。

彼らは小さい時から女の子のような生き方をしてきた。
誰もの両親は、ニューハーフになるというと反対した。

そして殆んどの人が両親を何度も説得している。
彼らの家庭は貧しいとはいえない。

芸術大学の学生であった彼?は、日を追って美しくなった。
大学を卒業した後で、ニューハーフショーに参加したいために、
芸術大学が紹介した就職先を断り舞踊団に参加した。

わずかな収入では暮らしもままならなかった。
長期にわたり薬を飲み続けなければ、女性のような、
しっとりとした身体のラインが出来ない為ホルモン注射も打った。

性転換手術を考えるが、手術金額も彼には高額すぎる。


DSCF8183.jpg


その費用から生活費の為に、風俗業でアルバイト。
そこで知り合ったイギリスの男性と生活するようになり、
性転換手術費用もその彼が出すことになった。

性転換の手術費用は、15万バーツ(45万日本円)
ホルモン注射が1ヶ月4千バーツかかり、
一年4.8万バーツ(14万4千円)かかる。

彼女は、舞台に立つようになってからも彼の援助を受け、
元もとの素質や受けた教育と自分の努力が、
彼女が舞踊団で公演するに従って、地位が上昇した。

しかし、イギリスの彼は突然帰ってしまい、
一人取り残された彼女の生活は乱れていった。

今まで、ライバルを押しのけてのし上がって来た。
その彼女には敵が多かった。

何処の世界でも同じではあるが、このニューハーフの世界でも、
熾烈な争いをしていた。

靴にガラスの破片を入れられ、
公演中に激しい痛みを感じ、公演終了後、
靴の中にガラス破片で足が血に染まっていた。

タイのニューハーフの彼女達・・・
外から見れば華やかな彼らの世界も、裏を返せば、
目まぐるしく変化する夜の景色に迷う中・・・

既に性転換手術を決断し実行した今、
そして前提を決定してしまった今・・・

結論もまた必然的に、認めざるを得なく、
来る日も来る日も辛く苦しい人生を送る。

彼女らの笑顔の裏側に一筋の涙を見たように思った。


DSCF8200.jpg


華麗なるダンサー達


春節休みで来ている中国人の観光客が、
ダントツで多かったが、日本人のご婦人方も来てた。

ニューハーフショーの途中で観客席へ、
下りて来て、皆に近くで見せていたとき、
2列前の通路側に座っていらっしゃいました。

なぜ分かるかというと彼女らが近くに来て、
握手をして座りなおした後に「綺麗ね~」とか、
「手も柔らかい」などと日本語を使っていたからです。

それと、やはり中国女性の地位が向上したと言っても、
日本のオバサンパワーには、私の方が恥ずかしくなるほど。

タイではニューハーフのショーダンサーと、
普通の事務の仕事などの境界があるわけではなく、
簡単にトラバーユ(転職)も行われている。

現地ガイドさんの説明では、ニューハーフの性転換手術を
受け、授業料を支払いダンス教室に通い卒業して、
舞台に立っても、いつまで経っても日の目を見ず、3・4年で、
全く違う世界へ転職し、成功している人もいるとの事。

下の画像のように背中に背負って踊る方法は、
日本のニューハーフショーの影響を受けているとの事。
しかし、艶かしく艶やかで、怪しいほど美しいですね。


DSCF8158.jpg


一日3回行われるショーも毎回満員との事。
そして、ショーが終わり外に出て、お客様との撮影会。

ニューハーフと共に1回の撮影に100バーツ(300円)必要。
私どものツアー客女性も嬉しそうにカメラに収まった。

人気のある人であるならば、20秒ほどで1枚の撮影。
20分ほどの時間で、50人のお客様と写真を撮れば、
それだけで、5000バーツ(15000円)になる。

毎回50人と写真を撮るわけではないのだけど、
集中してこれだけのお金を手に出来る職業は少ない。

そして、下の画像の後に置いてある縦看板の
コマーシャルが日本語になっている事がみても、
如何に日本人の観光客が多いかが分かる事だろう。

今回、このショウの中で、結構な枚数の画像を、
撮影したが、前から6列目と言う事で、
ズームを使い撮影したで、画面のブレが多かった。

私達上海のガイドさんは、多くのニューハーフと一緒に、
撮影し、その度に私の所へ来て、シャッターを押して下さいと、
私の方は、彼女らの画像を撮りたかったが、
時間がなくなったってしまった。

タイを訪れたら必ず、ニューハーフショーを見てみよう。
舞台は綺麗なストーリー性を持って進行し結構楽しい。
タイには、この様なニューハーフキャバレーが、
各地に点在しいるので、思い出に残る事だろう。


DSCF8260.jpg


「中国写真ライフ」へ戻る。
「ワットプラケオ(エメラルド寺院)」へ


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.