000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

はなはな日記

2009年06月12日
XML
カテゴリ:山登り

<赤城山 南面 「乙女の滝」「おおさるの滝」>

さて、7日のお花めぐりのレポも最後になりました。
ローズ&ベリーガーデンを出て、次に向かったのは、 「おおさる山乃家」
赤城山の中腹にある、山の中の研修施設ですが、ここは実はゆかりのある場所でして、
こないだまで勤めていた会社、旧粕川村に工場があった関係で、ここに昔、桜さくらを植樹に来たことがあるんです。
私が植えた桜は育っているのか?懐かしいぞ!!
(見に行ったら、ちゃんとおおきくなってました)


とりあえず、それはさておき(笑)、ここに着いたら時計は既に3時をまわっていました。
ハイキングコースの案内には、「乙女の滝」まで50分、「おおさるの滝」までさらに15分。
!?そんなかかるの!?
 「だいじょうぶ!!そんなにかかんないし、楽な道だから」
まあ、確かに今日はお天気は問題ないし、日もいちばん長い時期だ。
 「戻りは5時過ぎだ~」
とかいいつつ、登りはじめ。

DSCF6582
DSCF6582 posted by (C)はなはな
3時過ぎてもこのお天気。最高の一日だあ。

おおさる川をさかのぼり・・・・

DSCF6583
DSCF6583 posted by (C)はなはな

ちっちゃな滝の脇を登っていくと・・・・
DSCF6586
DSCF6586 posted by (C)はなはな

着いたあ~手書きハートこれが「乙女の滝」!?
DSCF6588
DSCF6588 posted by (C)はなはな

どうして「乙女の滝」なのかは、旦那さんが説明してくれました。
ふ~ん、そうなんだ・・・・(笑)
それにしても、すごいおもしろい滝です。はじめてこんなの見ました。

さらにさかのぼって、「おおさるの滝」到着。
DSCF6598
DSCF6598 posted by (C)はなはな
こっちは迫力です。
こんな誰もいない山奥でこんな滝に出会うと、ちょっと感動きらきら
滝の真下あたりまで行くのは、ちょっと危ないところもあるので十分気をつけたほうがいいです。

昔、「おおさる山乃家」でバーベキューしていたら、怪我をした方が出たらしく、救急車が来ていたんですよ。
その頃は山歩きなんて興味なかったから、「あんな山の中に入るなんて危ないなあ」とか、
思っただけでした。多分、こういう河原で転んだか何かしたんだと思います。

ちょっとここで休憩した後、満足して来た道を戻りました。
車に戻ったらやっぱり5時過ぎ。
楽は楽だったけど、気を抜いたり甘く見ちゃいけない山の中だなーというのが、感想です。
3時過ぎから山の中に入るのは、ほんとにこんな日だけですね。

前に旦那さんがひとりで来たときには、迷いそうになったそうですが、あのまま無理やり登っていくと、赤城の長七郎山とか、小沼とかが近いんだよ、と言ってました。
DSCF6604  ← 河原でセミ発見。(わからん)
DSCF6604 posted by (C)はなはな

これで6月7日のドライブはおしまいです。
まっすぐこの後、お家に帰って、6時過ぎには旦那さん、ビールいけてたと思います。ひとつのお山をじっくり登るのもいいけど、こんなドライブだったらまた行ってもいいかなあ。

梅雨入りした今週末、お天気はどうなんでしょう。
ご覧くださった皆様も、どなたも、楽しい週末をお迎えください。手書きハート






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2009年06月12日 23時33分39秒
コメント(8) | コメントを書く
[山登り] カテゴリの最新記事


PR

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

スノーシューin美ヶ… New! himekyonさん

そうだ、富士山を見… New! elmo3950さん

遠州富士「竜頭山」 パンプキン2010さん

☆2/20 四季の森星野… すわんのマーチさん

今年もイギリスから… ヒメスミレさん

フリーページ

カテゴリ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.