4606814 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Jashi's ROOM

全514件 (514件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 52 >

2015.05.04
楽天プロフィール XML
2008年春モデルであるFMV-BIBLO NF75Yをもらってきた。これはCore 2 Duo T7250 2.0GHz/2コア、IEEE802.11a /b/g/nに対応した無線LAN、FeliCaポート、指紋認証まであり、当時としては高級機種。2GBのメモリと120GBのHDDが少ないがそれを増設すれば今でもそこそこ使える性能である。



Windows Vista 32ビット版がインストールされていたのをWindows 7 64ビット版に入れ替えることにした。アップデートすればそれらのドライバーも引きつがえるのだろうが、64ビット版をインストールするために、嫌でも新規インストールになる。

その前にデバイスマネージャーでデバイス類を確認しておく。特にFeliCA Port/PaSoRi、指紋認証のAuthenTec Inc.AEA2501A、そしてあまり見慣れないO2Micro Integrated メモリカードのデバイスがある。



そしてWindows 7を新規インストール後、グラフィックドライバーなどある程度のデバイストライバーが組み込まれて使用可能となった。

そのとき、デバイスマネージャーで見ると不明なデバイスドライバーが5つ出てきた。



このうちFingerpoint SensorはAuthenTec Inc.AEA2501Aで、Windows Updateでデバイスドライバーが見つかり自動的にインストールされた。

残りの4つのうち、3つは富士通のサイトからデバイスドライバーをダウンロードできた。以下のFUJI02B1~Q2memoryのフォルダはE1008630.EXEからE1010216.EXEを実行すると解凍されて作られたもの。そのフォルダ内のsetupを実行するか、不明なデバイスのドライバ更新で、解凍されたフォルダを指定すればデバイスは組み込まれる。残りの1つはFeliCA Port/PaSoRiで、ソニーのサイトからダウンロードしたNFCPortWithDriver.exeを実行するとデバイスドライバーとユーティリティが組み込まれる。



また動作にはほとんど支障はないが、富士通のサイトからSynaptics社ポインターのドライバー(E101520.exe。解凍するとsynappoint_w7_64というフォルダができ、その中のsetupを実行)、オーディオドライバーはRealtek社の最新をダウンロード(003-64bit_Win7_Win8_Win81_R276.exe。これを実装)、さらにはAtheros社のサイトから無線LANのAR5008Xの最新ドライバー(win7-10.0.303-whql.zip。解凍してデバイスマネージャーのAR5008Xのデバイス更新で解凍先を指定)などをダウンロードしてデバイスドライバーの更新を行った。



以上で不明なデバイスは無くなり、さらに適切なデバイスドライバーが組み込まれた。



メモリ2GB、HDD120GBのWindows エクスペリエンス インデックスは以下。



ハードディスクは本体底辺にあるスロットを開けば簡単にアクセスできる。120GBを手持ちの500GBに交換。インストールされたものをHDDコピーするハードウェアを使って環境そのままコピーした。



メモリは本体底辺にあるスロットを開けば簡単にアクセスできる。増設のため購入した2GBx2が本体との相性との問題があったものの、他に所有するPCに使っていたメモリを使用することで4GBにすることができた。
→詳しくは「購入したメモリーが使えない。メモリーを選ぶPCとPCを選ぶメモリーを調べる」



HDD500GB、メモリ4GBにしたときのWindows エクスペリエンス インデックス。



メモリ増設によりプロセッサーとメモリの値が上がり、HDD交換によりプライマリーハードディスクの値が上がった。

効果としては、Windows Updateに相当な時間がかかっていたのが早くなり、多くの窓を開いた場合にもたつきが多かったのがスムーズに動作するようになった。最近のPCに比べると早くはないが、以前流行ったネットブックとは比べものにならないほどきびきび動いている。サブマシンとして活躍できそうである。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.04 16:39:27
コメント(0) | コメントを書く

2008年春モデルであるFMV-BIBLO NF75Yをもらってきた。これはCore 2 Duo T7250 2.0GHz/2コア、IEEE802.11a /b/g/nに対応した無線LAN、FeliCaポート、指紋認証まであり、当時としては高級機種。今でもそこそこ使える性能である。

Windows VistagaインストールされていたのをWindows 7に入れ替えたが、2GBのメモリー(1GBx2)では動作が苦しいので4GBに増設することにした。

アマゾンで一番最安値のDDR2 SO-DIMM 2GB 200pinのメモリー2枚組を探すと、RamMax製の「RM-SD800-D4GB」が4490円で送料込み、即注文、2日後には手元に届いた。

アマゾンの大きな箱の中央に小さなパッケージが貼り付けられていた。



パッケージから取り出したメモリー。台湾製である。



FMV-BIBLO NF75Yの底辺にあるカバーを開けるとメモリースロットが見え、samsung製1GBのメモリーが2枚刺さっている。それを今回の「RM-SD800-D4GB」に入れ替える。



ところが、FMV-BIBLO NF75Yはまったく起動しない。起動しないというのはWindowsが立ち上がらないのはもちろん、BIOS画面も出てこないのである。

問題は次のことが考えられる。

1)メモリースロットにうまく装着されていない

うまく装着されていないときや、接触不良で動作しないことがある。
しっかりとメモリーが挿入されているのを確認して、何度も抜き差ししたので、今回はこの問題ではないと思われる。

2)メモリーが壊れた(壊れていた)

メモリーを交換するときには、ACアダプターやバッテリーを取り外しておく必要がある。メモリーには電源が供給されているからである。
しかし、私はいつものようにバッテリーを取り外していなかった(^^;)ので壊れた?
もしくは最初から壊れていた?

3)PCとメモリーの相性が悪い

PCとメモリーの相性により動かないことがある。

上記の1)の問題はあり得ないので、2)と3)を確認するために別のPCを用意して確認した。

1つ目、2009年春モデルのacer Aspire one D250というネットブック。裏から簡単にメモリーにアクセスでき、既に2GBのメモリーを装着しておいた。

これに今回のRAMMAXのメモリーを装着する。



そして電源を入れると問題なく起動した。



2つ目、以前ヤマダ電機などで販売されていたEverex社の2007年夏モデル StepNote VR2000JというノートPC。元々は1GBx2のメモリーが入っていたが、2GBのメモリーに入れ替えておいた。(このPCはチップセットの関係で2GB以上では動作しない)

これに今回のRAMMAXのメモリーを装着する。



はやり電源を入れると問題なく起動した。



以上のように、別のPC2台で動作することから、RAMMAXのメモリーは壊れていないので上記2)が原因ではない。

別のPC2台から取り外した2GBのメモリー2枚をFMV-BIBLO NF75Yに装着した。1枚目はUMAX社、2枚目はtranscend社、メーカーは異なるがどちらも台湾製である。



するとFMV-BIBLO NF75Yは2GBx2のメモリーを認識して起動することができた。



このことから上記3)のPCとメモリーの相性が悪いということが原因であった。特に他のPC2台には使えることから、FMV-BIBLO NF75Yがシビアでメモリーを選ぶのである。逆にいうとでRAMMAXのメモリーにもシビアな面がありFMV-BIBLO NF75Yで使えなかったとも言える。

いずれにしてもRAMMAXのメモリーは不良品ではなかったので、他の2台にPCで使うことにして、FMV-BIBLO NF75Yには取り外したメモリーで4GBすることができ、めでたしめでたしなのである。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.04 15:04:34
コメント(0) | コメントを書く

2015.05.02
カテゴリ:ソフトウェア
先日、Windows 7を新規インストールしたPC、Windows Updateを適用していったが、エラーが出て適用できないものがあった。先月4月のWindows UpdateにあったWindows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3038314)である。



更新履歴を見ると、Windows Updateを失敗ばかり繰り返している。



ダウンロードセンターからKB3038314をダウンロードしてUpdateしようとしてもはやりエラーが出てインストールできない。



以前から使用しているWindows 7のPCではKB3038314のインストールは成功している。



Web上で調べると、インストールできない例がたくさん出ていた。条件としては最近にWindowsを新規インストールした場合に多くみられるようだ。

過去にもインストールできなかったり、不具合が発生するWindows Updateがあったことがあり、それらは後に修正されるようなので、しばらくは放置しておくしかなさそうだ。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.02 13:13:03
コメント(0) | コメントを書く

2015.05.01
カテゴリ:ハードウェア
サムスンのスマートフォンであるGalaxy S2とGalaxy S3を今でも使っており、マイクやリモートコントロール付きのイヤホンの予備がほしくなった。

世界最大のオークションであるeBayの即決で探すと中国の業者で送料込み100円ぐらいからGalaxy S4用のイヤホンが見つかる。あまりにも安いのもいつ送られてくるかも心配なので少々高めの$1.21でPaypal決済で150円のものを注文。意外と早く10日間で中国からプチプチ封筒に入って到着。この値段なので偽物に100%近いものが届くだろうと覚悟はしていた。

中身は次のもの。あれ? 上に貼られているラベルには「MADE IN CHIAN」?? 「CHIAN」ってどこだろう。もしかして「CHINA」の間違い(笑)。下のラベルには「MADE IN CHINA」と書かれているので、CHINAのコピーも失敗した製品なのだろうか(大笑)



外装のフィルムにはラベルの上にさらにラベルが貼られていたのではがす。そしてフィルムには「プラ」という日本語も見える。



先のラベルをはがした下には「J5」と大きく描かれたラベルが見えてきた。この「J5」の文字が見える製品はeBayでよく見かけるもの。



以後、Galaxy S3に付属していた純正イヤホンを上に、今回届いたものを下にして各部分を見ていく。

プラグ部。S3のイヤホンは断面が丸いコードだったが、今回のもの下のもののようにコードが丸いものではなく平べったい形状。絡まないようにそうなっているのかもしれない。



コードの途中についているリモートコントローラやボタンの形状は丸みを帯びたものになっている。また裏側のマイクの穴の位置は中央になっている。



そして耳に挿入するイヤホン部。ここで偽物確定。上の純正ロゴに比べると、今回のものは細めの文字でスタンプを押したようにかすれもある。



今回購入したイヤホンは、Galaxy S4に付属しているイヤホンをコピーした偽物のようだが、ロゴ以外は純正品のように見た目には雑さがなく作り込まれており、マイクやスイッチもちゃんと動作している。ただしスイッチは堅めで押したときの音が若干大きいようだ。

しかし使って最大の欠点は音がスカスカで低音が全く出ておらず、純正品が低音もよく出た良い音とは比べものにならない。またコードが堅めで柔軟性に欠けるさすが偽物であった。包装用フィルムも「プラ」の表示もあり、本物らしく偽装しているのである。

音質を望まなければ使えないことはないので、予備として使うことにしよう。まあ150円で送料込みだったしね。

日本でも同じような偽物が純正と称して1000円前後の価格でヤフオクやアマゾンなどで見かけるのは驚きだ。レビューを見ると私が購入したものと同様に音質は相当悪くて確実に偽物のようだ。いくつかのサイズのイヤーピースが付属しているものは純正のバルクの可能性もあるが、安心はできない。本物らしきものはある程度の価格がするのである。ご注意を!!
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.05.04 22:05:13
コメント(0) | コメントを書く

2015.04.24
カテゴリ:DTV
最近入手した機器についていたB-CASカード、ふと見ると今までのものとは少し異なった。通常は購入した機器に挿入して使用するため、違いは気にすることはないのだが。

違いに気がついた箇所は、表の右上にある星(☆)の数。今まで所有していた機器に付属していたものは星(☆)が1つ。新たなものは星(☆)が2つある・・・・(1)。よく見るとCSの下にあった(110度)というのが新たなものには無くなっている。CSはケーブルテレビや光ファイバーでも見られるため110度というアンテナを意識する必要がないためなのだろうか、110度以外のCSが今後現れると言うことなのだろうか・・・・(2)。



B-CASカードの裏を見ていくと、B-CASカードの端子形状は同じで、これはパナソニック製のもの。



ちなみに東芝製B-CASの端子は以下の右側の形状。



さらに見ていくと、カード裏側の右下に記されたものを見ていく。星1つのものは「M002 CA23」に対して星2つは「M003 CA33」と数が多くなっている。頭のMはパナソニックの旧社名松下の頭文字。東芝製のB-CASはTの頭文字で始まる。



B-CASカードには固有の20桁の数字の番号が裏側下部にバーコード共に記載されており、それを比較。星1つは「0000 3202 XXXX XXXX XXXX」、星2つは「000 3230 XXXX XXXX XXXX」。星が多いと数字も上がっている。その数字の大きさやバーコードの大きさも異なっている。



星1つ(上)と星2つ(下)とではB-CASカードを巡る時勢が変わったのか文言が変化している。B-CASカード書き換えができるものがあったことや、そのときにB-CASカード発行会社に対する風当たりがあったり、B-CASカードを登録する必要がなくなったことなどが影響しているのだろうか。



デジタル放送が始まった当時には、星(☆)なしのカードもあった。多く普及した機器に付属していた星1つのカードでは例のB-CASカードにバックドアがあるものが存在して書き換えで不正視聴できてしまうものがあった。星2つのカードはweb上で検索しても違いが確認できない。しかし言えるのは確実にバックドアがないものには違いない。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.24 23:31:53
コメント(0) | コメントを書く

2015.04.22
カテゴリ:ハードウェア
Anker社の製品はいくつか購入してきたが、安心感があって満足度は高い。以下は私のブログで書いた記事。

・モバイルバッテリー   :「Anker Astro M3 13000mAh モバイルバッテリーを購入、大容量なので安心」
・USB5ポートACアダプター:「ANKER社5ポートUSB出力40WACアダプター購入。ACアダプターがまとめられてスッキリ」

自動車で移動することも多く、大容量のシガライターソケットからUSB出力が得られるカーチャージャーがほしいと思っていたところ、先日Anker社から「9.6A 48W 4ポート USB カーチャージャー(AK-848061007756)」が1899円で発売されたので購入。4月11日に発売されたときは記念価格として1599円だったようでちょっと悔しい。

届いたものは以下のようなシンプルなパッケージ。



表面の帯は横にずらせば外せるのかと思いきや取れない。横にあるところから破って開封するようになっていた。



中から出てきたのは本体と故障したときの連絡先が書いた紙である。



本体をUSBコネクタ側から見ると金属製でガッチリしている。またIQのロゴが見え、これはPowerIQテクノロジーというものが搭載されている。これは、安価な多ポート製品に見られるような接続するポートにとって最大出力電流が決められていることはなく、好きなポートに好きな機器を接続すれば必要とする電流を感知して高速に充電できるというもの。横幅は広めなので車種によってはシガライターソケットに差し込めないかもしれない。



さて我が愛車の1996年型ジムニーのシガライターソケットを見てみる。今回のカーチャージャーは差し込めるだろうか。



まず横向きに差し込んでみた。まったく問題なく周辺にも干渉しない。



今度は横向きに差し込んだものを回して縦向きにしてみた。これも周辺にまったく干渉しない。



この状態で車のキーを差し込んで通電させてみた。上部の小さな穴およびUSBポートから青色で光るものの、眩しくはない。



スマートフォンと8インチのタブレットを同時にカーチャージャーからUSBケーブルで接続してみた。



このとき、USBポート用の電圧/電流計を途中に入れて充電状況を見てみた。

電圧は5.20V(実際には5.15V~)の表示で若干高めだが、USBポートの充電器ではよくある電圧である。



スマートフォンはほぼ100%充電された状態で接続すると0.53A。電源が入った状態なので動作に使われている電流になるだろう。



スマートフォンは5%程度の残バッテリーで電源は入っていないので、完全にバッテリーへの充電電流として1.19Aと使われているということになる。この状態で、50分近く走行して30%程度まで充電された。



その後、カーチャージャー本体を触ってみたが、特に発熱は感じられなかった。

USBポートは4つあり、最大9.6Aまで電流を流すことができるので、同時にタブレットなら4台同時に急速充電ができそうだ。

今までは1A程度のスマートフォンを充電するカーチャージャーしか持っていなかった。今後はタブレットも充電しながら、もしくは充電されているならばバッテリーを減らすことなく、お出かけができるので安心である。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.24 23:41:28
コメント(0) | コメントを書く

先日「iPhoneのSIMトレーはゼムクリップで開く」という記事でiPhoneからSIMを取り出すためにはゼムクリップを使えると言う記事を書いた。

今回はゼムクリップシリーズ第2弾、ゼムクリップを使ってPCなどで使われているDVDなどの光学ドライブを開けるということを書いてみる。

どこの家庭にもいくつか転がっていると思われる何の変哲も無いゼムクリップ。



これの先を伸ばす。iPhoneからSIMを取り出すためにゼムクリップを使ったものも同じように加工する。



これを使ってノートPCなどに使われているスリムタイプの光学ドライブを開けてみよう。

よく見ると小さな小穴がある(↑のところ)。メーカーや機種によってこの小穴の位置は異なる。



この小穴に先ほど加工したゼムクリップを真っ直ぐ押し込む。すると「カチッ」という音と共にトレイが開く。



次はテスクトップPCなどに使われる5インチタイプの光学ドライブを開けてみよう。

これもよく見ると小さな小穴がある(↑のところ)。こちらもメーカーや機種によってこの小穴の位置は異なる。



こちらもこの小穴に先ほど加工したゼムクリップを真っ直ぐ押し込む。すると「ぐぐっ」という感じの手応えと共にトレイが開く。後は少し飛び出したトレイを手で手前に引き出す。



以上のことは知っている人が多いとは思うが、イジェクトボタンを押してもトレイが出てこないときや、電源が入っていないときにトレイを引き出したいときは今回の方法が使えるのである。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.22 17:55:26
コメント(0) | コメントを書く

2015.04.21
カテゴリ:雑談
知人からiPhoneからSIMを取り出すにはどうしたら良いのかと聞かれた。取り出すためには専用のピンが必要である。iPhone本体には付属しているらしいようである。

彼はそのピンを持っていないようだったが、たまたま机の中をゴソゴソ検索するとiPhoneのSIMトレイを引き出すためのピンが出てきた。以前に購入した標準SIMをMicroSIMとして小さく切り出すためのSIMカッターに付属していたオマケのものである。私自身、iPhoneは過去も未来も使うことはないので眠っていたものである。

ふとこのピンを見ると、ゼムクリップでも使えそうに思えた。ゼムクリップを加工してPCの光学ドライブのトレイを引き出すように加工しておいたものも机から見つかった。何年も前から使っているので錆びている(^^;)

iPhoneのピンとゼムクリップを加工したものを並べてみた。



さて、iPhoneを手にとって触るのは2回目くらいである。スマートフォンやタブレットは何台も所有して使っているが、androidばかりでアップル社の製品は持っていない(使わない)からである。

iPhone用のピンを小穴に差し込むが、なかなかSIMトレイは出てこない。直角に差し込んで力強く押し込むとトレイが飛び出した。ちょっとコツが必要だった。



今度は加工したゼムクリップを差し込み、先ほどのピンと同様に押し込むと・・・簡単にトレイが飛び出した。



iPhone用のピン単体は10円ぐらいでもできそうだが実際はもっと高い。安くて(ほとんどはタダ)どこでもあるゼムクリップを加工すれば、iPhoneのSIMトレーを開く以外に、デスクトップやノートPCの光学ドライブのトレーの小穴に差し込めば強制的に開くことにも使えるので重宝するのである。

もう既出の話であろうけど・・・
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.22 01:15:47
コメント(0) | コメントを書く

2015.04.09
カテゴリ:インターネット
■eo光でインターネットにアクセスできない

関西電力系のケイ・オプティコムが運用するインターネット接続サービスであるeo光、関西エリアでは大きなシェアがあり、私が住む滋賀県では50%以上のシェアがある(あった?)。

そのeo光、2015年4月8日午後9時過ぎからアクセスしようとしてもなかなかつながりにくく、ブラウザであるChromeでは「ホストを解決しています」というものが左下に表示されてつながらないことがあった。



かといってまったくつながらないわけではなく「再読込み」をすると不完全ながら表示される場合もあった。以下は私のブログで、画像などが表示されていない。



しかし実用にならないほどつながりにくいので以下のように原因を調べていった。

 ・使っているPCで使っているルーターに再接続 →改善されない
 ・使っているPCを再起動           →改善されない
 ・ルーターなどの機器の電源を入れ直す    →改善されない
 ・他のPCなどで動作を調べる         →やはりつながりにくい

こうなると我が家の問題ではないと思われてきた。さらに確認したのは次のこと。

 ・光ファイバーでの電話「光電話」が使えるか →通話が可能

ということは光ファイバーがおかしいわけではない。

次に確認したこと。

 ・我が家には外部からアクセスできるサーバーを立ち上げている→外部からアクセス可

インターネットとは接続されており、外部へはアクセスしにくいのに、外部から入ることは問題なく可能であるというのはおもしろい状態だ。

どうやらeo光のDNSサーバーに障害が起こっているようだった。

■eo光のDNSサーバーに障害

なかなかつながりにくいものの何度もアクセスしているうちに、ネットサービスの接続障害をユーザーにいち早く知らせるというサイトにたどりついた。このとき、eo光にはダウンしていることが多くのユーザーから報告されていたのが次の「ダウンディレクター」。



報告されている状態はeo光DNSサーバーに障害が発生し、関西エリア全体のようだったが、他に全国でeo光が展開しているauの機種向け格安SIMである「mineo」でも同じ障害が起こっているようだった。

■Google Public DNSを使えば接続できた

「ダウンディレクター」にユーザーが書き込まれた内容に、Google Public DNSを使えば接続できるというもの。アドレスは8.8.8.8と8.8.4.4。

DNSサーバーの設定は、ルーターで行えば接続されるすべてのPCなどの機器個体では行う必要がないが、とりあえず今使っているWindows PCの「ネットワーク接続」に表示されているアダプタのプロパティから行った。



これだけで今までが嘘のようにさくさくアクセスできるようになった。eo光に限らず、他のネットワークでもDNSサーバー障害が起こったときには使えるワザである。

■eo光の障害はDDoS攻撃

今回の2015年4月8日午後9時頃始まった今回の障害は午後11時30分頃には解決した。

そのときに、eo光の障害情報に書かれていたのは次のもの。



翌朝見ると障害が改善したことに書き換えられていた。以前にもあったようだが、今回もDDoS攻撃によるものらしい。



eo光のアクセス障害は今回だけでなく何度もあった。ほとんどがDDoS攻撃によるもので、eo光の機器に障害があったわけではない。そう言えばなかなか接続できなくて「ホストを解決しています」と見たことはある。

次にアクセス障害があったら、今回のようにGoogle Public DNSを使うことにしよう。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.10 07:12:44
コメント(1) | コメントを書く

2015.04.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
■4年間愛用してきたacer AS5750

4年前に「少し前のデスクトップ機より高性能! acer AS5750-H54E/Kを購入」という記事を書いた。購入したacer AS5750-H54E/KというノートPC、それなりに高性能で当時使っていたデスクトップ機よりも性能は高かった。(一番左)



その後、AS5750は、いろいろ内部の部品交換をして使ってきた。詳しくは「ここ」を見ると、書いた記事やそれをリンクしたサイトなどが見える。

今では、これよりも高性能なデスクトップ機があるが、手軽に使うPCではメインで、愛着がある。

■新たにacer AS5750をヤフオクで落札。安くて状態は良い

子供がキーボードにお茶をこぼして、テンキーあたりのキーが使えなくなった。幸いにも矢印の右キー以外の基本的なキーは使えているのだが、やはり使いにくいのでキーボードを交換しようと思った。しかしキーボードだけでも高い。

そんなときヤフオクでジャンクと称されているacer Aspire 5750が18000円ほどで落札、細かいモデル名もまったく同じでメモリーは8GBに増設されており、私が使っていたものよりもきれいだった。落札したものはWindowsの起動時に障害が少々あるだけで、すぐに復旧できそう。



■2台のacer AS5750をリカバリー

ヤフオクで落札したものは、復旧できたとしても以前の使用者の情報があるのも嫌なので、以前から使っているAS5750で作成したリカバリーディスクで購入時の状態に復旧させた。

以前からあるacer AS5750は長年の使用により、動作が遅かったりおかしいところがあったため、データをバックアップした上、リカバリーディスクにより購入時の状態に戻した。



これらのリカバリーについては、「PCのWindowsが起動しないときのリカバリー方法。acer aspire 5750の例」を参照。

■2台のリカバリーしたacer AS5750はプロダクトIDが同じ

ところがおもしろいことに気がついた。システム情報で見られるプロダクトIDが、2台のAS5750が同じなのである。以下ではIDの下をマスクしている。



本来インストール時に必要な「プロダクトキー」を抽出するツールを使って確認してみた。(寄付を募るページに導くツールなので使用はおすすめしない)

元から持っているAS5750をリカバリーディスクにより購入時に戻したとき、プロダクトキー(上部の赤で囲み)、そしてプロダクトキー(下部の囲み)を見てみる。システム情報で表示されたプロダクトIDを一致する。


後で入手したAS5750、先のAS5750でリカバリーしたときの情報。やっぱりプロダクトキーやプロダクトIDはまったく同じ。ただし注意深く見ると「Machine GUID」の部分が異なる。これはPC独自に与えられているIDである。



*ここでわかったこと:

同じメーカーの同じ機種では、どちらのリカバリーディスクは使える。さらにプロダクトキーやプロダクトIDも同じである。ただし、PC独自に持つハード個体を認識するIDは異なる。

■プロダクトキーラベル-COA (Certificate of Authenticity) はPC毎異なる

PCの裏には正規のWindowsがインストールされていることを示すプロダクトキーが書かれたラベルが貼られている。

元から持っているAS5750の場合。



ヤフオクで落札したAS5750の場合。



プロダクトキーの最後部を両者ともマスクしている。しかし明らかにまったく違うプロダクトキーである。

*ここでわかったこと:

Windowsプロダクトキーラベルは、PC毎異なる。プロダクトキー抽出ソフトで得られたものとも異なる。

■考察

PCメーカーは何台も作り、BIOSと連動して購入時に認証不要のWindowsが動作するために、メーカー独自の(もしくは機種独自)のプロダクトキーを使っている?

*ラベルでインストール。電話認証が必要

メーカー製で本来はWindows Vistaであったが、Windows 7がインストールされたPC、これを譲り受けた。しかし使用する環境上Vistaにする必要があったために、本体に張られたラベルに記載されたプロダクトキーを使って、手持ちのVistaインストールディスクでインストールした。具体的な記事は「Windows、ラベルのプロダクトキーによるインストール」で、以下のような電話認証が必要だった。



メーカーの同一機種使われているプロダクトキーでないために、確認するために電話認証が必要だった?

*ラベルの意味

プロダクトキーラベルであるCOA (Certificate of Authenticity) は、正規の Microsoft ソフトウェアを見分けるのに役立つラベルであるのは間違いない。ただし、メーカー製PCの場合、製造番号的な意味合いがあるのかもしれない。

*ラベルのプロダクトキーを他の機種でも使える?

PC本体で使われているプロダクトキーはラベルに書かれているものとは異なる。ということは他の機種で使うことができる?

メーカー製のPCの場合、BIOSと連動している認証不要としているため、同一のメーカーで同一モデルでは可能かもしれない(場合によっては電話認証)。

違うメーカーや違う機種では、このプロダクトキーラベルに書かれているものが使えないことが考えられるが、もしかすれば(電話認証も必要かも)・・・
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.07 01:18:15
コメント(0) | コメントを書く

全514件 (514件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 52 >

PR

Recent Posts

Comments

jashi@ Re[1]:自動車の廃車に「譲渡証明書」は必要?(05/16) とおりすがりさん 遅れましたが、私の文…
太郎3@ Re:自動車の廃車に「譲渡証明書」は必要?(05/16) 大手家電量販店のヤ○ダも客から家電リサイ…
まり~@ Re:ThinkPad X61はバッテリーが死んでいるとBIOSアップデート不可(03/30) こんにちは。こちらの記事を読んでx61のBI…
とおりすがり@ Re:自動車の廃車に「譲渡証明書」は必要?(05/16) はじめまして。アンドロイド端末関係の記…

Category

Archives

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

Rakuten Ranking

Recommend Item

1,382円
(送料込、税込)

Rakuten Download

Headline News

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.