4082687 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Jashi's ROOM

全487件 (487件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 49 >

2014.12.07
楽天プロフィール XML
カテゴリ:タブレット
■「Colorfly G808 3G」データ通信SIMではアンテナが立たない

格安のデータ通信専用SIMを入れた「Colorfly G808 3G」は、電波が届いてデータ通信ができているのに、アンテナピクトが表示されない、つまりアンテナが立たない状態。



アンテナピクトは、「音声通話SIM」の場合に限り電波の強さを示すことが可能。

「データ通信SIM」では、実際に電波が届いていても「音声通話SIM」ではないので「電波が来ていない」と端末は判断してしまうため表示できない。つまり「アンテナピクト問題」となる。

「アンテナピクト問題」が発生すると、端末は電波を探し出そうとトライし続ける。そのためにバッテリーの消費が激しくなることがある。これが「セルスタンバイ問題」。

ちなみに「SMS付データ通信SIM」の場合、「アンテナピクト問題」や「セルスタンバイ問題」は発生しない。SMSは「音声通話SIM」の拡張部分で行われており、「SMS付きのデータ通信SIM」は実際には通話できないものの「音声通信SIM」としても振る舞うからである。

Androidバージョンや機種によって、データ通信SIMでも「アンテナピクト問題」が発生しないものもあるようだが。

■「Colorfly G808 3G」、SIMパッチによりデータ通信SIMでアンテナを立たせる

(1)アンテナピクト問題とセルスタンバイ問題の解消法

インターネット上で調べると「アンテナピクト問題」と「セルスタンバイ問題」は、Android端末内部を操作できる「Xposed Installer」+データ専用 SIM での動作修正パッチモジュールである「datasim_patcher.apk」で解消できるようだ。

ただし、「Xposed Installer」はどのAndroid端末で使えるわけではなく、root化されている必要がある。私が購入した「Colorfly G808 3G」は購入時からroot化されているため動作しそうだった。

(2)「Xposed Installer」と「datasim_patcher.apk」をダウンロード

「Xposed Installer」は、いろいろなバージョンなどがあってわかりにくいが、とりあえずこのページの「 Xposed Installer APK」からダウンロード。



「datasim_patcher.apk」は、このページの「こちら」からダウンロード。



(3)「Colorfly G808 3G」に「Xposed Installer」と「datasim_patcher.apk」をインストール

「Colorfly G808 3G」に「Xposed Installer」と「datasim_patcher.apk」をそれぞれインストールする。

「Xposed Installer」のショートカットが作成される。(他に「datasim_patcher」も)



(4)「Xposed Installer」と「datasim_patcher.apk」でSIMパッチ実行

「Xposed Installer」を起動すると、フレームワークをインストールせよと出るので「フレームワーク」をタップ。



フレームワークの項で「インストール/更新」を選択。すぐに再起動するか聞いてくるので「Ok」を選ぶと自動的に再起動する。



再起動後、再び「Xposed Installer」を起動。今度は「モジュール」を選ぶ。



先ほどインストールした「datasim patcher」が表示されるのでタップする。



「datasim patcher」の設定のところで、「patch mode」を選ぶ。



2の項を選ぶ。



戻るボタンを押して、「patch mode」が2が選択されているのを確認。



戻るボタンを押して、モジュールの項に戻る。「datasim patcher」にチェックを入れる。




戻るボタンを押して、「フレームワーク」を選択。



フレームワークの項で「インストール/更新」を選択。すぐに再起動するか聞いてくるので「Ok」を選ぶと自動的に再起動する。



再起動後、以下のようにアンテナピクトが表示されるようになった。バンザーイ!!



(5)SIMパッチを削除するには

「Xposed Installer」を起動後、「フレームワーク」を「アンインストール」する。そのとき、水色の囲みのように「動作中」がなくなっていることを確認後、「OK」を押して再起動する。

(6)余談。「Xposed Installer」と「DocomoSimPatcher」ではダメだった

「Xposed Installer」と「DocomoSimPatcher」でも「アンテナピクト問題」が解決させることができるかも確認した。

「DocomoSimPatcher」はこのページの「こちら」からダウンロード。



これを「Colorfly G808 3G」にインストール。先にうまく行った「datasim patcher」はもちろんアンインストールしてある。

「Xposed Installer」を起動後、「DocomoSimPatcher」(これには設定項目がない)にチェックを入れてフレームワークをインストール。



再起動させてもアンテナピクトは表示されず。「Colorfly G808 3G」は「datasim patcher」でないとうまく行かなかった。

■アンテナピクト問題が解決して

アンテナピクトが表示されるようになって、電波の強さもわかるのはありがたい。ただし「セルスタンバイ問題」が解決されたのかは確認していないが、「Colorfly G808 3G」は4000mAのバッテリーを搭載するために長時間使えている。
AX






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.12.08 01:51:20
コメント(2) | コメントを書く

カテゴリ:タブレット
先日購入したSIMフリー「Colorfly G808 3G」というもの中華タブレット、同時に専用ケースも購入した。送料込み950円だった。

ケースに入れた様子。ケースの縁が柔らかいので「G808 3G」の液晶にカバーが被さり、操作しにくいことがある。これはタブレットを入れて折り込んで固定するところに両面テープを貼り付け、引っ張って固定した。これにより液晶に被さることは少なくなった。



カバーを閉じれば手帳風。



裏側は、カメラとフラッシュLEDが見え。スピーカー用の小穴(しかし、必要以上に穴が多すぎ)。



側面は、各コネクタやボタン類のところは覆われていないので使うことができる。

表のカバーを裏面に折り込み、爪に引っかけるとスタンドにのなる。



表のカバーにはマグネットが付いており、カバーがしっかり固定される。またカバーを閉じるとスリープ、カバーを開くとスリープから解除されて動作する。マグネットの磁気を感じてスリープ/解除されるようだ。



「Colorfly G808 3G」はケースがたわみやすく、前面ガラスが割れやすいようだが、このケースがあれば落としても大丈夫そうだ。
AX






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.12.07 17:54:28
コメント(2) | コメントを書く

カテゴリ:タブレット
ウチにはAndroidタブレットが4台あるが、Wi-Fiのみで外に持ち出して使うことができない。外で使うにはSIMが入るタブレットが必要で、それを安価で欲しい。

今話題の格安SIMが入るSIMフリーのタブレットを探していたら、「Colorfly G808 3G」というもの中華タブレットが良さそう。ROOT済み、日本語設定済み(リセットしても日本語!)、Googleプレイ対応、パズドラ対応、そしてSIMが2枚入るというもの。その他の主な諸元は以下のもの。

OS:Android 4.2.2
CPU:MTK8382 Cortex-A7 クアッドコア 1.3GHz
メモリー:1GB
ストレージ:8GB(システム領域含む)
液晶:8インチ解像度 1280×800(IPS)
カメラ:フロント(30万画素) リア(200万画素)
3G:GSM 850/900/1800/1900 WCDMA2100
Bluetooth:3.0対応
GPS:衛星GPS対応
バッテリー:4000mAh

中華タブレットはバッテリー容量が少ないものが多いが、4000mAhあれば相当使えるのもポイントが高い。

「G808 3G」の日本語対応版はアマゾンや楽天などでいくつかの販売店で販売されており、最安値は12800円(送料込み)。安いので思わずクリックして注文、翌日には届いた。そのパッケージは以下のもの。派手さはなくシンプル。



中の包装もシンプルで「G808 3G」タブレット本体が出てきた。



付属品もシンプルで、USBケーブルとメーカーの保証書のみ。ACアダプターが付いているといいのがそこまでは無理か。



「G808 3G」の表は、横のベゼルが狭くて8インチでも片手で握りやすい。7インチのNexus 7(2012)と比較すると、幅は同程度で長さは「G808 3G」が長い。厚みは「G808 3G」が薄い。



前面カメラ(右)、中央は電話として使うときのスピーカー、左は照度計など。また液晶保護シートが気泡もなくキレイに貼り付けられている。



裏から見る。左下にカメラとフラッシュ用LED。左手前の側面に電源ボタン、音量ボタン。右下にスピーカー。フラッシュを使って撮影したがそれほど明るくない。l



カメラ側のカバーを開ける。右の方から標準サイズSIMスロット(microSIMをアダプターを介して挿入)、microSIMスロット(docomoのSIMを挿入)、そしてmicroSDスロット(挿入していない)が出てくる。紛れもなくデュアルSIMであった。



→ 「中華タブレット「Colorfly G808 3G」、2枚のSIM差しで通話とデータ通信 」

カメラがある側面にはイヤホンジャック、microUSB端子(充電も兼ねる。OTG対応)。



反対側の側面には、マイクがある。



起動後のロックを解除したときの画面。ショートカットは一切おかれておらず、シンプル。



インストールされているアプリ見る、1ページ目。一部見たことがないものが入っている。



インストールされているアプリ見る、2ページ目。「SuperSU」というものが・・・



「G808 3G」はroot化されており、スーパーユーザー権限管理アプリ「SuperSU」が入っているのだ。



人気ゲーム「バズドラ」をするときは、「SuperSU」を起動して「スーパーユーザーを有効化」のチェックを外す必要があるらしい。(しないのでわからないが)



「G808 3G」のタブレット情報をみるとAndroid 4.2.2で、ビルド番号の最後部には「JPN」の文字が見えることから日本向けのファームウェアが入っているようだ。



「G808 3G」には携帯として使えるように受話器のアイコンがあったのでタップ。間違いなくい電話として使える。



→ 「中華タブレット「Colorfly G808 3G」、2枚のSIM差しで通話とデータ通信 」

アプリを入れる前にストレージ情報を見ると、8GBのメモリーは、アプリを入れる内部ストレージとして1GB(購入時、空きは634MB)、データを入れる領域として5GB少々とに分けられている。合計は8GBないが、その他に使われているのか、表示仕方で少なく見えるのか。なお「USBストレージ」と表示されているのは少し変だが。



調子よく他のAndroid端末で使っているアプリを入れていったところ、すぐに空き容量がないと言われてインストールできない。ストレージ情報を見ると、内部ストレージはアプリは771MB入ったところで空き容量が58.41MB。少なすぎてちょっと問題



→「解消方法」「Colorfly G808 3G」の内部ストレージ領域を任意に拡大

アクセスポイントを設定してexciteのデータ通信SIMが使えるようにする。最初からmoperaやmopera Uが設定済みだった。exciteの設定が2つあるのはいろいろ試したため。



ところがアンテナピクトが表示されず(アンテナピクトが2つあるのはSIM2枚差しができるため)、圏外のように見える。しかし、実際には電波は届いておりデータ通信はできている。気にしなければで問題はないとも言えるか・・・



→ 「解消方法」:「データSIMパッチでアンテナピクト問題解決「Colorfly G808 3G」」

なお、HDMI端子はないが、ワイヤレスディスプレイに対応しており、アダプター経由でテレビに映し出すことが可能だった。



気になる点・・・

カメラは500万画素あるが、固定焦点でノイズも多くあまりきれいではない。バーコードリーダーアプリでバーコードを読み込むことは無理だった。無いよりもマシだ。

ケースがすべてプラスチックで(側面のアルミのように見えるところもプラスチック)、ギシギシとたわみやすい。ネットで見ると、柔なケースのため、前面ガラスが割れやすいようだ。ケースに入れて普段は保護することにした。

→ 「安価なSIMフリー「Colorfly G808 3G」タブレット専用ケース 」

内部ストレージの少なさ、アンテナピクト問題はあるものの(いずれも現在は解消済み)、全体的には比較的小さくて軽量、動作もストレスを感じず、外で使えて、そして安価というのが素晴らしい。

root化されているために、いろいろといじれ、自分好みに構成することができるのは楽しい。

現在家に4台タブレットがあり、既に使えなくなったものも含め、今回の「Colorfly G808 3G」は欠点もあるが、実用性があるのに楽しさもあって最高の1台となっている。
AX






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.12.12 20:42:08
コメント(2) | コメントを書く

2014.11.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
スマートフォンを使っていて思うこと、電話だけでの用途ならいいが、WEB検索や音楽を聴いたり、ゲームや動画を見ていると夕方にはバッテリーがなくなってしまう。自動車で移動しているときは自動車のシガライターからの充電器があるのでいいが、電車に乗っているときには不安で気にしながらの使用となってしまう。

そのようなとき、モバイルバッテリーがあればスマートフォンを充電できるので、気にせずに使える。

そのようなとき、探して購入したものが★ANKER公式★【送料無料】Anker Astro M3 13000mAh モバイルバッテリー 大容量かつコンパクト wifiルータ等対応日本語説明書付き (lightningケーブルが付属しておりません)【18ヶ月間の保証付き】【スマートフォン iPhone 充電器】【02P30Nov14】というもの。

これは13000mAhの大容量のバッテリーで、充電器と充電器とバッテリーと充電するためのケーブルが付属、そのケーブルはAndroid端末への充電ケーブルとしても使える。

ANKERという会社の製品は、モバイルバッテリーやACアダプターなどで最近よく見かける。メーカーによる説明によると「ANKER(アンカー)は2009年、米Google出身の数名の若者達によって創業されました」となっている。新しい会社なのだが、信頼がありそうだ。「ANKER社5ポートUSB出力40WACアダプター購入。ACアダプターがまとめられてスッキリ」にも書いたが、信頼性がありそうだった。

注文して届いたパッケージが以下もの。



中身は、本体、USB-microUSBケーブル、5Vで2AのACアダプター、これらを収納するポーチ、説明書などである。



本体の裏には1300mAhとしっかり書かれている。



前面から見ると、Android用充電USBやiPadなどの充電USBが左右に並び。中央上部はこのモバイルバッテリー充電用microUSB、その下にはバッテリーを照明器具として使うLEDがある。



付属している充電用ACアダプターは、このモバイルバッテリーを充電するだけでなく、タブレットやスマートフォンを充電することもできる。出力は2000mA、つまり2Aと十分にある。




モバイルバッテリー本体の重さを計ると284gあり、7インチタイプのタブレット程度ある。重さはそこそこあるが、その重さに比例したバッテリー容量があるので安心感はある。


付属のACアダプターとケーブルを使って充電する。電流を計ると1.8Aほど流れている。満充電するには数時間必要。



充電状態を示す青色インジケーターは4段階になっており、この状態は3/4まで充電されている。また他の機器を充電したときにはこのインジケーターはバッテリーの残り容量を示す。



完全に充電されると、すべてが明るくなっている。



インジケーター横にはボタンがあり、これを押すとLEDが点灯して非常時用懐中電灯として使える。満充電時は20時間点灯し続ける。



充電が終わり、バッテリーから充電ケーブルを引っこ抜いてAndroid端末に接続しようと思ったら、充電ケーブルのmicroUSB側のカバーが抜けてしまった。



このカバーは接着剤で貼り付けていたのであろうが、ちょっと柔だったようだ。接着剤を流し込んで修復。

Androidのタブレットやスマートフォンを接続して充電してみた。10インチ程度のタブレットは満充電までは時間がかかったが、ら1回充電してももう一度充電できそうだった。スマートフォンなら5回程度充電できそう。

左側はAndroid用となっており最大1A、タブレットでも使えるが、充電時間がかかるのでスマートフォンで使うことが主になるだろう。右側の For Appleと記されたUSBポートは最大2.1A、iPadはもちろん、Androidのタブレットを高速充電するときに使うことを主に、Androidのスマートフォンでも充電することが可能。

モバイルバッテリーを購入したことで。家の外に出かけても不安なく端末を使えるようになったのである。
AX






Last updated  2014.12.07 00:39:54
コメント(2) | コメントを書く

カテゴリ:SIM
ふとネットを見ていたら、サイドに出ていた「ぶららモバイルLTE定額無制限プラン」が目に止まった。

リンクをクリックしてたどりついたのが次のところ。1ヶ月間無料!!



そして、11月28、29、30日に申し混めば初期費用も無料。12月試しに使ってみて、気に入らなければ12月中に解約すれば無料で使えるとな。



ただし、速度はLTEなのだが、3Mbpsに押さえられている。LTEは基地局と端末が対応していれば最大150Mbps出せるのだが・・・



ぷらら以外にもb-mobileが同様なLTE使い放題のサービスをしており、最大150Mbpsをうたい文句にしているものの、実質3Mbpsも出ておらず、質が悪いようだ。

それなら、ぷららの3Mbpsでの速度は実際にもしっかりと3Mbps出ており、確実に使えそうだ。ぷららはNTT系の会社であり、同じNTT系のOCNとも競争しており、ある意味で安心がある。

ということで申し込んでしまった!!

実際にはSMS付きを申し込んだだめ月額150+税がかかり、SIMの電話番号に対してのユニバーサルサービス料もかかるため、12月はまったくの無料とは言えないが、いろいろと試してみようと思う。

新しくスマートフォンを買った者から古いスマートフォンをもらえそうだし、SIMフリーのSIMが2枚差しできる格安な中華タブレットも注文もしてある。ぷららのSIMで楽しめそうだ。

ところで今年に入って私が契約しているドコモ、現在は8000円台でスマートフォンを使っているが、新しい契約プランに変更すると1000円ほど上がってしまう。現在でも高いので、ドコモは通話のみのかけホーダイ契約にみにして、データー通信は格安SIMとの併用にすると相当安くなる。ガラケーとスマートフォントの2台持ちにするか、SIMが2枚差しの中華端末を使うか、マジで悩んでいる。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.11.30 23:17:34
コメント(2) | コメントを書く

カテゴリ:ハードウェア
USBから充電する機器、スマートフォン、タブレット、携帯など多数増えてくるとACアダプターが一杯で、コンセントはたこ足配線となってゴチャゴチャ。

それを解消するために★ANKER公式★【送料無料】 Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載 最大出力8A【02P30Nov14】というものが楽天市場に売られていたので購入。2600円程度(送料込み)で決して安くはない。

これは最大出力8Aで40W、5ポートのUSB出力を持つACアダプター。これにより複数のタブレットやスマートフォンを急速充電することが可能。これでACアダプターを1つすることが可能でスッキリするはずだ。

ANKERという会社の製品は、モバイルバッテリーやACアダプターなどで最近よく見かける。メーカーによる説明によると「ANKER(アンカー)は2009年、米Google出身の数名の若者達によって創業されました」となっている。新しい会社なのだが、信頼がありそうだ。

購入したACアダプターは、次のようなパッケージ。



パッケージの中身は、本体、AC電源ケーブル、マニュアル類。



表からは5つのUSBポートがある、左端に見える「IQ」というロゴは、各ポートに接続された機器へ適切に高速充電ができるPowerIQテクノロジーが搭載されていることを示している。



裏にはACケーブルを差し込むコネクター、側面には見にくいが5Vで8A出力できることが明記されている。



タブレット3台、スマートフォン2台を、それぞれ独立したACアダプターを使用していたのだが、今回のACアダプターにより1つにまとめられスッキリした。



タブレットではdtabやNexus 7などを充電しており、充電電流を計測すると1.8A程度流れていた。純正ACアダプターでも同程度流れていたので、複数の機器を充電しても役目はしっかり果たしているようだ。
AX






Last updated  2014.11.30 20:58:35
コメント(0) | コメントを書く

2014.11.29
カテゴリ:Android
11月中旬から、GoogleのNexusブランド端末に最新のAndroid5.0が配信でアップデート可能となった。私の所有するNexus 7(2012)もその対象だった。なお、SIMが入る端末は現在アップデートが配信されておらず、2015年にずれ込むようだ。

11月月中旬過ぎに久しぶりに開いたNexus 7(2012)にもアップデートが来ていた。
そしてアップデート。



そしてアップデートをする。バーはどんどん上がっていく。331.2MBとメジャーアップデートなのでファイルサイズは大きい。



しかし、充電量が少なかったので、アップデートファイルをダウンロード完了しても警告が出てきてできない。アップデート中に充電量が少ないと本体が起動しなくなる可能性があるため。警告したのだった。



改めて十分に充電してアップデートし直した。そしてドロイド君が出てきてアップデートが始まった。



再起動後、アプリもアップデートされた。時間がかかる。



再起動後、Android 5.0の起動後のロック画面。4.4の不評な時計の文字が修正され、いくつかの通知情報が表示されている。このロック画面での通知情報は今までになかったものだ。



画面のどこでもいいので上にスワイプさせるとロックが解除される。今までのようなロック解除ボタンがなくなっている。



ロックが解除されて使えるようになった。



今までとは違うので若干面食らう。ボタンのデザインや機能もあたらしくなった。「▽(左向け」が戻るボタン。「○」がホームボタン、そして「□」ボタンは以下のように、起動したアプリなどの切り替えに使う。



Androidの設定画面に行くと、全体的に黒っぽい感じだったのが白地に代わり、縦長の項目順だったのが、左右に項目が振り分けられている。



そして、Androidバージョンは 5.0に変わっていた。



Androidバージョンがアップデートされると動かないアプリもある。「MX動画プレーヤー」はAndroid端末では定番の動画プレーヤーだが、Androidバージョンをチェックしているのか起動時に動作せず。過去にもそれで悩まされた。



数日後のバージョンアップにより「MX動画プレーヤー」はAndroid5.0対応して事なきをえた。

Nexus 7(2012)は、Android 4.4へのアップデートでもグラフィックスの関係でMiracastに対応していなかったが、Android 5.0でも対応していない。またChromecastへのミラーリングにも対応していなかった。

また、Nexus 7(2012)をAndroid 5.0にアップデートすると遅くなることが多く報告されており、私のものも遅くなったように感じる。2年以上前に作られたハードウェアであるNexus 7(2012)でAndroid 5.0を動作させるのは苦しいのかもしれない。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.11.30 09:53:36
コメント(2) | コメントを書く

カテゴリ:Android
11月中旬から、GoogleのNexusブランド端末に最新のAndroid5.0が配信でアップデート可能となった。私の所有するNexus 7(2012)もその対象だった。

11月月中旬過ぎに久しぶりに開いたNexus 7(2012)にもアップデートが来ていた。
そしてアップデート。

5.0にアップデートされているのが以下でわかる。



ここの赤い囲みを何度もタップする。するとそのバージョンに応じた「イースターエッグ」と言われる絵やアニメーションが表示される。

過去にAndroid各バージョンの「イースターエッグ」について書いた私の記事は「Nexus 7にもあるAndroid端末のイースター・エッグ」「Nexus 7がやっとAndroid 4.4に。しかし「クラウドプリント」に不具合」を参照。

今回現れたのは。「lollipop」という丸い円と下に伸びた棒。これはペロペロキャンディー。



この上を何回もタップするが色が変わるのみ。



その円の上でグルグル指を回しているとゲームらしき画面。



上下にペロペロキャンディーがあるのだが。ドロイド君はそれをくぐり抜けるゲームのようだ。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.11.29 21:39:08
コメント(0) | コメントを書く

2014.10.27
カテゴリ:インターネット
本日、郵便受けにGoogleのロゴが書かれていたものが入っていた。



裏返すと、Googleがアメリカから発送したもので、Googleの広告収益サービスであるAdSenseのアカウント情報である。



開封すると、本人の住所確認のために送られてきた郵便物、それに書かれた「PIN」コードが書かれていた。



先日書いた「GoogleのAdSenseで広告収入、グーグルから振り込み」の続きである。

さっそくAdSenseのページに今回のPINコードを入力して「PINを送信」ボタンを押した。



これで住所確認も終わった。

広告収入が1000円を超えたときに銀行口座が登録してあるので、後は8000円以上の広告収入になるまで待つだけ。でも1年以内に8000円を超えないと、1年前の収益は無効となるため、実際にお金が振り込まれるようになるにはいつになることやら。
AX






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.10.27 16:29:53
コメント(2) | コメントを書く

2014.10.19
カテゴリ:Android
Android端末ではアプリはapkファイルというパッケージになっており、通常はGoogle Playからダウンロードするが、Google Playに対応していない端末からはダウンロードできない。

それを可能にするのが、WindowsのChromeブラウザの拡張機能として動く「APK Downloader」というもの。「Goole Playと「APK Downloader」でアプリをダウンロード」参照。

Chromeブラウザの仕様変更により、「Chrome ウェブストア」で提供されている拡張機能しか使えなくなった。つまり今までのAPK Downloaderが使えなくなってしまった。

Chromeウェブストアに行ってAPK Downloaderを検索すると3つのものが見つかる。今回はこの3つのAPK Downloaderを試してみた。



拡張機能をインストールするには[+無料]ボタンを押す。するとダウンロードされて拡張機能を追加するか確認してくる。



[追加]ボタンを押すとChromeブラウザの右上に拡張機能が追加されたことが表示される。



この3つのAPK Downloaderは、Chromeブラウザの設定の中にある拡張機能の項目で設定する。APK Downloaderの「有効にする」にチェックが入っていることを確認して、オプションをクリックする。(昔のAPK Downloader 1.4.3は「有効にする」にチェックできない)



入力するのはGoogleのアカウント名とパスワード、そしてAndroid端末のIDである。IDはDevice IDなどのアプリで確認できる。入力が終わったら「Login」ボタンを押して完了。3つのAPK Downloaderはデザインが違うだけで同じようなものだった。



Android端末のIDを確認するアプリである「Device ID」のページに行くと通常なら「インストール」もしくは「インストール済み」と表示される。



新しい3つのAPK Downloaderを有効にしておくと、「Download APK」というボタンが追加されている。このボタンを押すとAPKファイルがダウンロードされる。



有料の購入済みのアプリがダウンロードできるかも確認。以前のAPK Downloaderでは可能だったが、今回の3つとも「Download APK」というボタンが出てこないので無理であった。



いくつかのPCで動作確認。基本的には3つのAPK Downloaderは同じような動作をする。ただしあるPCのみ、インストール済みのアプリをダウンロードしようとすると、「Download APK」が表示されないことがあった。その場合、「Direct APK Downloader」を使うと「Download APK」が表示されてダウンロードが可能だった。

なお、複数のAPK Downloaderを拡張機能として組み込んだ場合、複数を有効化してしまうとうまくダウンロードできなかったり「Download APK」というボタンが出てこない。1つのAPK Downloaderのみを有効化しておく必要がある。

このようにしてダウンロードしたAPKファイルは、Google Playに対応していないAndroid端末やPC上で動くAndroidエミュレータなどで使っている。またGoogle Playに対応していても特定の端末ではダウンロードできない場合、APK Downloaderでダウンロードして対応させている。

また、Android端末でもapkファイルをダウンロードできるAPK Downloadrも登場している。「APKファイルをダウンロードできるAndroid版「APK downloader」の使い方」参照。
AX





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.10.19 11:13:58
コメント(0) | コメントを書く

全487件 (487件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 49 >

PR

Recent Posts

Comments

mako_mako_7@ Re:「Colorfly G808 3G」の内部ストレージ領域を任意に拡大(12/12) はじめまして!安価なSIMフリータブレット…
jashi@ Re[1]:不正B-CASカードへWOWOWが対策。しかし・・・(02/19) 一言王子さん、コメントありがとうござい…
一言王子@ Re:不正B-CASカードへWOWOWが対策。しかし・・・(02/19) WOWOW対策 たった一週間で破られましたね …
toc3@ Re[2]:「Colorfly G808 3G」の内部ストレージ領域を任意に拡大(12/12) jashiさん 返信いただけてうれしいです。 …

Category

Archives

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

Rakuten Ranking

Recommend Item

Rakuten Download

Headline News

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.