057530 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

(吉)のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

ニューストピックス

購入履歴

【生産が間に合わないほど人気殺到中!】デンタパールW 108g
しばらく使い続けていますが、やっぱりこれがいいようです。 特に、”ちょっとしみる?!”なんてとき、丁寧…[>>]
【先着300個限定】カルフォルニア産アーモンド使用カリッと食感のキャラメルコーティ…
食べ始めるととまりません。ということでやっぱりこのくらいの量で小分けしていただくとありがたい。お値…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2012.04.29
XML
カテゴリ:調べ物
藤崎宮秋の例大祭について

ボシタ祭りのこの「ボシタ」どこから来たの?という疑問に関してちょっと調べてみましたので。

──────────────────────────────────────

ちょっと調べると、以下の3点に集約されそう
(1)滅ぼした
(2)韓国語で”祭り”を意味する言葉
(3)五穀豊穣を祝う
それぞれの情報は以下のページを参考にさせて頂きました。


[チャガールにもたれながら!]
http://horinoen.blog53.fc2.com/blog-entry-68.html
より


ところで、この熊本の「ボシタ祭り」藤崎宮秋の例大祭、昔は掛け声で
「ボシタ!ボシタ!」と叫んでいたのが、叫ばれなくなりました。
これは、加藤清正が朝鮮出兵の時、滅ぼした(ホロボシタ)という言葉
に起因するからボシタと言わないでほしいということからで、やはり、
多くの方が「ホロボシタ」というところから「ボシタ祭り」と言われて
いると思っています。

でも、一説によると、それは大きな間違いだと言われています。
たしかに、加藤清正は朝鮮から多くの捕虜(この言い方は好きではない
のですが・・・)を熊本に連れてきました。
熊本の地に朝鮮の高度な文化を伝えるために連れてきたのですが、
(だから、熊本には蔚山町「うるさんまち」という朝鮮の地名がつけられ
ている町があります。)その時の朝鮮人が熊本で行われている藤崎宮の
祭りを見て「ポシタ」と言ったそうです。
「ポシタ」はいわゆる祭りのことで、「あっ祭りだ祭りだ!」
「あっポシタポシタ」と言ったのがボシタ祭りの起源という説も
ございます。

私の先輩の受け売りですが、戦勝記念祭りではなく、もともとは
五穀豊穣を願う祭りで、誕生祭、いわゆる男と女の交わりを祝う
日本だけでなく、世界のあらゆるところで行われてきた祭りと一緒
なのです。


──────────────────────────────────────

メルマガ内より抜粋
http://melma.com/backnumber_2744_919196/

 「ぼした祭り」とは、9月11日から15日に行なわれる熊本の藤崎八幡宮の秋祭
ことで、「随兵(づいびょう)祭り」とも言われています。

 Cさんによると、「『ぼした』の語源は『朝鮮滅ぼした』から来ている」そう
です。しかしこれは好ましくない言葉として、「ぼした」となったらしいという
のです。熊本ではこれが一般的なようです。でもCさんはこれが正しい語源なの
かは分からない、とおっしゃり、「調べてください」と言って帰っていかれました。

 それで編集長は調べました。その一部をここに紹介します。

[祭り]
 9月15日には、藤崎八幡宮から、現在地に移転する前の八幡宮の場所にある
お旅所まで、牛車にひかれた神輿、鎧をきた随兵と、槍を持つ陣笠、それに続く
馬追いの勢子が練り歩くそうです。

 隋兵と獅子、御輿、飾り馬が奉納され、飾り馬には”ひのかげ”という背中に飾
りものをつけ、勢子達が鉦や太鼓、ラッパで追いたてるという祭りです。馬を引
く口取りが、いかに馬を操って勇壮に見せるかが勝負どころだといいます。

 「昔は馬に酒を飲ませ、青竹で尻を叩きながら暴れさせていたが、動物愛護が
叫ばれてからは禁止になった」ともいいます。最近では参加する女性の勢子達
が、年々派手になっているのが問題になっているそうです。

 祭りのお囃しは、「ラッパと鐘と太鼓で、東洋のエイトビートといわれる独特
の乗りのいいリズムである」とも紹介されています。
 編集長はこの祭りを見たことがないので、どうしてもこのような書き方になっ
てしまいます。

[起源]
 藤崎八幡宮は応神天皇、住吉大神、神功皇后が祀られた神社のようです。祭り
は1000年以上前に行なわれていた、捕らえていた生物を放ち豊穣を祈る放生
会が起源だとされています。
 現代の祭りは、加藤清正が朝鮮出兵で苦戦したときに、熊本の守り神とされる
八幡様の御加護により無事日本に帰国できたので、兵を従えて八幡様に御礼参り
をしたのが始まりだとされています。

 加藤清正が、戦国時代の戦乱で廃れかけていた放生会を再興させたもので、朝
鮮出兵して、やっとのことで生きて帰ることのできた感謝の意を表したものでし
た。随兵(武者行列)は、この時から行なわれるようになりました。
 また、明治維新を境に、武家中心の祭りから庶民の祭りへと担い手も変わり、
戦後は藤崎宮の氏子を中心とした地域共同体の祭りに、さらに地域の枠を越えた
熊本の祭りへと変貌しています。

[語源]
 「ぼした」の語源は、加藤清正が朝鮮出兵の帰路、御礼参りに参拝したときの
かけ声「ほろぼした」が「ぼした」となまって呼ばれるようになったとか、熊本
での男女の交わりをあらわす表現がかけ声になったともいわれるなど、諸説ある
そうです。

 熊本学園大学で開かれている「東アジア文化論講義」で作家の姜信子さんが、
「ぼした祭り」の語源にふれておられます。雑誌「サライ」2000年16号の
「ふるさとの祭り暦」というコラムで、永六輔さんが、「ぼした祭り」を取りあ
げたことをきっかけに、講義のテーマになったようです。

 講義では、永さんが同誌に「ぼした祭りは、加藤清正の朝鮮出兵を記念して行
なわれるようになった。ぼしたは滅ぼしたに由来する。この呼び名をあるとき、
韓国からの抗議を受けて、名前を変えた」と、書いておられると紹介しています。

 しかし姜さんは、「ぼしたは、万博パレード参加問題が契機となって1970
年以降使わないようになっていったものの、1982年に伝統に帰るという名目
で復活。1984年に熊本県内各団体(民団、部落解放同盟等)の申し入れで使
用中止になった。ぼしたという言葉を使わなくなったのは、韓国からの抗議のた
めではない。ただし、韓国との友好関係を慮ったのは事実」と、書いています。

──────────────────────────────────────





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2012.04.29 16:28:46
コメント(5) | コメントを書く


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.