ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

フリーページ

モバイル

ケータイ
スマートフォン
m ケータイにこのブログのURLを送信!

全1512件 (1512件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2014年08月14日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:イベント
 以前から気になっていた自分史。昨年はフェスティバルの案内を見ていたが日程の都合が合わず、今年は幸いに盆休みと重なったので足を向けてみた。

 午前中はまずは村田裕之氏の講演「なぜ、人は自分史を書きたくなるのか? スマートエイジング時代、その意味とシニアビジネスの役割」を聞いた。

 氏の人柄が伝わってくる。ヒロシマアーカイブの紹介も。日本は世界に先立つ高齢化社会であり、世界は「ショーケース」として日本を注目している。ロールモデルになり世界へ貢献。自分史つくりを支援するのがこれからの企業=シニアビジネスの役割とのこと。

 そのあと各ブースを見て回る。商業的にも、シニアが増えて、これからの発展が望まれ、その黎明期的な感じ。

 目的とする夕方の立花隆氏の講演までかなり時間が空いている。とりあえずPCを持ってきたので、近くの小さな電源カフェで休憩、ここがまた心地よい。人がほとんどいない、静かにBGMが、読書と企画立案タイムということで休息。4時間ほどを過ごす。

 パンフレットをみて、パネルディスカッションがあることに気がついて会場に場所を移動、テーマは「自分史の広がりから何が生まれるのか」

 3人の若手によるそれぞれの切り口からのディスカッション。最後に須磨佳津江キャスターが、歴史は権力者によって書かれてきた。今、私たちはより多くの人が路地裏の歴史を表すことができる時代、ディティールに真実があるという言葉で見事に締めくくった。

 続いてエンディング記念講演と題して立花隆氏の講演。テーマは「自分史のすすめ~自分史倶楽部~」

 現代史の中に自分史を重ねてみるとよい。歴史の曲り角はいつも目の前にある。その記録者の視点を持つとよいというインパクトのある提言。

 それと、何よりも第二次大戦や広島、長崎、アウシュビッツなど歴史の証言者が間もなく消えてゆくことへの懸念を表明、確かに。

 タイムキーパーが提示する時間を大幅にオーバーした熱のこもった講演だった。

 以下、全体からのキーワードやキーフレーズ

 颯爽といつもの道を外れることができる、日野原重明先生、エピソード記憶、テーマを見つけて仲間を集う、ターニングポイント、居住地の移動、人生企画書、何をしたいかに有効なツール、話をできる場所を作ると勝手に元気になる、写真などの活用、年表と人間関係のマップ、縦軸をどう構成するか、年表の作成方法はそれぞれ、自分史で日本を元気に

 約4時間近く、久しぶりに講演と接した日だった。

 最後に氏のサイン本「自分史の書き方」を購入して会場を後にした。



  • h26.8.13jibunshi1.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年08月14日 13時48分32秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年08月03日
カテゴリ:読書から

 この方の書物は波長が合うのか、好きでよく読む。ネット社会のこれからを読み解く上での道しるべになる。

 今回は、いつもと違って語調もフレンドリーな柔らかい言いまわしになっているのが面白く感じたが、、

まずは、目次

1.セーフティネットは自分でつくる時代
 ―― 一生安泰はもう終わり
2.総透明化社会の時代
 ―― 自分を丸見えにすることで得られるもの
3.ゆるいつながりの時代
 ―― 強すぎる「きずな」は「同調圧力」を生み出す
4.見知らぬ人を信頼する時代
 ―― だからフェイスブックがある
5.「善い人」が生き残る時代
 ―― 嘘がつけないネットでは、善い人も悪い人も丸見え
6.生き方そのものが戦略になる時代
 ―― 善悪は宗教や道徳を超える

 著者の特徴はキーワードをいくつか立てて、それを軸にストーリーを展開するという方法。今回のキーワードの一つは「理の世界、情の世界」か?

 以下、生き方そのものが戦略になる時代の項から、引用

“生存戦略として、見知らぬ他人を信頼すること
 生存戦略としての、多くの人との弱いつながり
 生存戦略としての、善い人
 生存戦略としての、自分の中途半端な立ち位置を知るということ

 これが、本書のシンプルな結論です。そしてこのシンプルな結論こそが、わたしたちの社会に「情の世界」を取り戻し、グローバリゼーションという強い「理の世界」と対抗させていくことができる。そしてわたしたちは、再び安らかなセーフティネットを取り戻していくことができるでしょう。”

 結論に至るプロセスは読んでのお楽しみ。この仮説は、いい線をいっているという感じがする。




  • h26.8.2sasaki1.JPG


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年08月03日 20時27分36秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年08月02日
カテゴリ:読書から

 ここのところ本を読み進められていない。停滞の原因の最大のものは、1冊の本を読み終えなければという強迫観念。
 途中で気が進まない時は、いつもはすぐにあきらめるのだが、いろいろと清算できずにある「借り」がたくさんある身として、最後まで読みたいという気持ちもあったのか、何となく手放せないでいた。
 カバンの中に入れたままで、機会を見ては開こうとしていたのだけど、、 半分ほど読んだが、ここで一区切りつけるために、、、

 以下、はじめにから 少し長くなるが引用、

 “《借り》というのは、人間関係を反映したものだ。人間関係は複雑である。だから《借り》も複雑である。誰かからどのくらい《借り》を受けて、きちんと清算したかどうかなど、わかるものではない。だったら、《借り》は《借り》として受け入れ、世の中の役に立つかたちで返していけばよい。もし借りから自由になりたいと思ったら、その方法が一番である。要するに、上の世代から受けた《借り》は、下の世代に返せばよいのだ。
 いま私たちに必要なのは、そのようにして、《借り》を伝えていくことである。そういう発想がなければ、祖先たちが残してくれた地球環境―上の世代が手をつけずにいてくれた私たちへの《贈与》である地球環境を下の世代に伝えていくこともできない。
 また、それと同時に必要なのは、「貨幣を媒介とした、《等価交換》を絶対視する資本主義経済」の暴走を止めて、社会に《借り》の概念を復活させることである。それによって、私たちは、弱者を切り捨てるのではなく、いちばん助けの必要な人に力を貸すことができる。そうやって、かって助けられた人がその借りを社会に返し、またそこで助けられた人がその《借り》を社会に返していく―その連鎖が続いていくようにするのである。
 私たちが目指すのは、過度に発達した資本主義経済のなかで、「自分には《借り》がない。いまの自分が持っているものはぜんぶ自分の力で得たものだ。だから、人に分けてやる必要はない」とうそぶく新自由主義的な自律した人間ではない。また、その犠牲になって、とうてい返せない《負債》を抱え、自立を失ってしまった人々でももちろんない。《借り》の概念をもとに、お互いが助け合い、弱い部分を補い合いながら、それでもひとりひとりが自律している―そういった人間である。”

 ある意味、資本主義社会の限界が感じられるような時代において、興味深いことがたくさん書いてある。また、機会を見つけて開いてみたい。





  • h26.7.31kari.JPG


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 












楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年08月02日 12時40分24秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年07月03日
カテゴリ:読書から
 テレビドラマの脚本などで著者の名前は1970年代ごろからインプットされていた。高名な女流作家の一角をなす人くらいで、その人となりには、これまであまり知ろうともしなかったし積極的に著書を読みたいとも思わなかった。が、今回AさんにFBで紹介されたのが縁ですぐにアマゾンで手配した。

 以下、目次

 1.東京暮らし

   そぐわない、毒草薬草、パナマ運河紀行、節分、春の雪、犬と猫、東をどり、刺青奇偶から思うこと、スエズ運河越え、エルアラメインへ行く、秋祭、五十年、歌舞伎座今昔、花火、古写真の話、

 2.江戸暮らし

   江戸時代の物流、江戸の祭、更衣、信仰と行楽の旅、講のはなし、初鰹、捨て子と蜜柑籠、江戸の夏、

 3.行きつ戻りつ

   お宮の弓ちゃん、疎開、お稽古事、二人の恩師、直木賞受賞、テレビの世界へ、恩師の死、花柳界、海外旅行、御宿かわせみ、はやぶさ新八御用帳、歴史の「ねじれ」、直木賞選考委員、西遊記、私のルーツ

 約40項の読みやすいエッセイ集

 東京の代々木八幡神社で育ちであることを初めて知った。よってこの内容しかり。昭和34年に27歳で直木賞を受賞したこともあらためて知った。淡々と読み進めることができたが、やはり作家、文章にコクがあり、最後にはオチがあり、まとめ方もさすが。

 江戸の風物も想像豊かに描かれていて、東京の地をこれから見ていく上で、今以上に奥行きが湧いてきた。

 著者に対しても、会っても数十分は話ができそうなほど身近な存在になった。


 

 最後に帯に書いてある文を引用

 “傘寿を迎えたベストセラー作家の心あたたまる名随筆集
 いくつになっても季節はめぐる 軽やかに、ゆったりと
  振り返れば半世紀、かってお世話になった先輩作家たちの姿はないが、筆を執り、江戸に思いを馳せ、今の日々を丹念に暮らす。
  大好きな買い物に食事、趣味の海外旅行など‥‥‥作家の思いは募る。”


 人の紹介で本を読むと守備範囲が広がるのが楽しい。昔はリアルな交流の中で結構このような紹介があったけど、最近、このような機会はネット上に移行してきたように感じる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.7.1book.JPG





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 











楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年07月03日 21時58分46秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年06月28日
カテゴリ:読書から
 以前にテレビで、この対談の特集をしていたりして、気にはなっていたが、読むことはペンディングにしていた。が、やはり気になり手にしてみた。

 まずは編者のまえがきから抜粋

 “人生は出会いが全てかもしれない。人や動物や物との出会い、色彩や音楽や一文との出会い――。全くこの世で生きるのは難儀だが、たとえ僅かでも強く心に残る出会いがあれば、それでけっこうやっていけるような気がする。
 生きていくこと自体がその人独自のアートなのだろう。もって生まれた遺伝子と、環境すなわち出会いがアートをつむいでいく。人によって絵葉書のようであったり、大絵巻のようであったりして、それぞれにおもむきがあり味わいがあり、長ければ長いほど良いというものにもあらず。”

 以下、目次

  第一章 文明の崩壊 ――ジャレド・ダイアモンド
  第二章 帝国主義の終わり ――ノーム・チョムスキー
  第三章 柔らかな脳 ――オリバー・サックス
  第四章 なぜ福島にロボットを送れなかったか ――マービン・ミンスキー
  第五章 サイバー戦線異状あり ――トム・レイトン
  第六章 人間はロジックより感情に支配される ――ジェームズ・ワトソン

 以下、本文からいくつか抜粋

 P112 チョムスキー
 “最近亡くなった世界的に有名な物理の教授は、1年生がとる物理のクラスを教えていたのですが、学生に「今学期はどんな内容をカバーするのですか」と聞かれて「何をカバーするかは問題じゃない、重要なのは何をディスカバーするかだ」と答えたんですね。これが教育の理想です。人々を訓練して労働者にすることはできる。しかしそれでは企業にとって短期の利益は得られても、人間の発展や経済の発展にはつながっていかない。”

 P155 サックス
 “ただEメールについては、人と人とのコミュニケーションを果たして高くしているのかどうか疑問です。手軽なので当然高くしていると思いがちですが、その実、ナンセンスや思慮の浅い思いつきを書きがちになる。私はいつも実際にペンでゆっくりと手紙を書くようにしています。この「ゆっくりさ」というのが重要で、よく考えますし、考えを洗練させることができるからです。”

 P269 ジェームズ・ワトソン
 “私が若いころは、サイエンスはいまよりはるかに小さいスケールのものでした。重要なのは、非常にクリエイティブな若い人たちが、十分に仕事ができるような社会を維持していくということです。二人でチームを組むのが理想じゃないかと思う。たとえばフランシス・クリックと私、あるいはフランソワ・ジャコブとジャック・モノーというふうに、二人組が成功した例はたくさんあります。ススムはたった一人でやって成功した、非常に稀なケースですね。
‥‥‥ でも一人でやっていると、往々にして自分の考えの枠から踏み出せなくなってしまうものです。二人なら、他に誰一人として自分たちがやっていることを理解して認めてくれなくても、少なくとも味方が一人はいることになる。とても難しいことをやっている場合、もう一人一緒にやってくれる方がいい。”



 新たな文明のとばくちで、情報洪水にさらされている今、そして、目先の対応やハウツーモノであふれている中、時には根源的な問題に立ち戻り、考える時間を意識的に持つ必要を感じる。


 ところで編者は中高の2年後輩、中学のころ、階下で仲間と共に闊達に活動している声が、響き渡ってきたこと、何故か脳裏に残っている。「栴檀は双葉より芳し」当時から光を放っていたのか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.6.27yoshinari.JPG





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 











楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年06月28日 12時56分40秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年06月08日
カテゴリ:セミナーや勉強会
 《セルフブランディング》 これは、これからの時代を、自分らしく
楽しく生きていく上での、重要なキーワードのひとつ。

 今回は、講師を「深掘り」「チャンス☆コーディネーター」である
秋田英澪子さんにお願いしての開催。

 興味と時間がある方は是非!

               記

  テーマ:《セルフブランディング &「note」の徹底活用

  日 時:7月21日(海の日) 13時~16時

  場 所:市民プラザ大久保(習志野市)

  講 師:秋田英澪子さん(チャンス☆コーディネーター)

  参加費:500円

  申 込:yumecomusa@gmail.com に氏名とTELを連絡ください 

  主 催:夢こむさ習志野 (080-4465-2291)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



  • h26.7.21chirashi01.jpg








  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年06月08日 16時48分32秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:読書から
 著者の本は3~4冊目か。初対面では新鮮だったが、数冊読むとやはり同じようなものの繰り返しを感じて
出てくる内容も何となく想像できてちょっと面白みに欠けてくる。
 また、断定的で、結論を述べる筋書きにも飛躍が見られるが、表題と目次や装丁の良さ、読みやすい構成も手伝ってか、つい手に取ってしまった。

 以下、目次

  第一章 自分を磨く
  第二章 大人を知る
  第三章 成功を生む
  第四章 甘えを捨てる
  第五章 距離感を学ぶ
  第六章 人生を選ぶ


 各項の最後に、著名な方の言葉が少なからず引用されている、そのいくつかを。

 「人は何を笑いの対象にするかで、その人の人格がわかる」(ニーチェ)
 「年々去来の花を忘るべからず」(風姿花伝)
 「できない。そんな答えはない」(松下幸之助)
 「継続していれば、何でもすごいことになる」(竹内均)
 「人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くが如し」(徳川家康)


 以下は、本文から著者の言葉を抜粋 

「上見ればきりがない、下見てもきりがない」の項から

“どうしても比べたいという人は、自分の過去と比べてみたらどうだろう。自分の過去と比べての優位であれば、その分成長したことがわかる。過去の自分よりも
劣っているならば、それだけ退歩したことがわかる。唯一、役に立つ比較は、自分の過去と比べることだけではないか”

「読書から得られる果実は半端ではない」の項から

“一人の個人は自分の人生しか生きられないが、読書によって何百人、何千人の人生を仮想体験し、そこからさまざまな貴重な教訓や人生の知恵を学ぶことができる”


 成熟にはまだまだだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ




  • h26.6.8kawakita1.jpg









  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年06月08日 16時48分58秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年05月30日
カテゴリ:読書から
 今や、時代をわかりやすくひも解く第一人者の対談集。相手は東工大のリベラルアーツを担う中核となる教授3名。

 まずはユニークな目次らしきものから。

  オリエンテーション 教養とはなにか
  1限目 教養について知っておくべき12の意味
  2限目 ニッポンが弱くなったのは教養が足りないからです
  3限目 哲学の力で公共事業問題も解決できるのです
  4限目 ニッポンの会社の神さま仏さまとオウム事件と靖国問題と
  5限目 人間は「ひと」であるまえに生きものです
  修学旅行 アメリカの一流大学は4年間“教養まみれ”でした

 はじめにでも触れている小泉信三氏の言葉
「すぐに役に立つものは、すぐに役に立たなくなる」が教養の言葉が持つ奥深さをまずは際立てている。

 日本社会、この20年は実学中心ということで教養学科が切り捨てられてきた。皮肉にもその間にオウム事件あり、原発事故ありで大きなゆさぶりを受けている。そして立ち尽くしたまま、失われた○年とかが言われている。改革を唱えども形ばかりで、旧態然の空気に支配され従来のフレームから脱する雰囲気もあまり感じられない。

 ということはさておいて、、、

 1限目には「すぐに役に立たないから一生役に立つ、ジョブズとカリグラフィーとアップルだって」とある。カリグラフィーが思わぬところで、つながって役に立った経緯はとても象徴的、示唆に富んでいる。

 若いころ、教養の時間も遊び呆けていた身には、工科の牙城に乗り込んだ著者をはじめとする、4名の教授の考え方を垣間見ることができたのは大きな収穫である。

 教養って50を過ぎてから効いてくるものである。なんて、勝手な持論を持っていたが、そんな次元のものではなく、とても大きな奥行きを感じさせてくれた。

 太いマーカー線をたくさん引いてしまったが、以下、そのいくつかを。

 “教養って、ムダなものです。教養を学ぶとは、時間をかけて何の役にも立たないムダなことに熱中することです。役に立つかどうかなんて、あとからついてくるおまけに過ぎません。
 誰しもが好きなことには寝食を忘れて没頭する。そんな経験をお持ちだと思います。教養とは、好きで好きでたまらなくて没頭するという体験によって、結果的に身につくものです。
 だから、ムダなことに時間を費やしてください。どうでもいい分野に熱中してください。
 役に立つかどうかはいっさい保障いたしません。
 でも、あなたの人生がそれによって、豊かになる。
 それだけは保証できます。”

 “じゃあ、「解なき時代」に必要なものは何か。「教養」です。既存の枠組みでは、役に立たないかもしれない。けれども、未来に必須の新しい思考体系をもたらしてくれるかもしれない。それが「教養」です。現代はかってエリートがエリートさを見せつけていた時代の大正や昭和の教養主義の時代の教養とは別の新しい教養が求められています。”

 “今は情報をため込むだけでは教養ではない。あくまで次に何を生み出せるかが問われます。”

 “既存の枠組みやフレームワークをずらすことができるかどうか、既存のシステムを変えることができるかどうかは、その人の教養にかかっています。”

 “四半期ベースの短期的な思考だけではなく、10年後20年後なにを生み出せるかを考える。じゃあ、どうすれば考えられる?まずは周囲を見渡しましょう。時間を超越した面白いことをやっている人をまず見つけ出して、友達になる。「あいつ、なんだかおもしろいことをやっているなあ」というひとは、たいがい普通の人とは別の情報の入力方法を知っているんですね。”

 “時代に求められているのは型破りの発想。なのに日本人の多くは、鋳型にはめられて大学を過ごし、会社で更に鋳型にはめられる。これでは型破りは不可能です。型を破る、枠を超える。そのためにも社会人こそ教養が必要です。”

 “ユルゲン・ハーバーマスという社会学者は「生活世界の植民地化」ということを言っています。私たちの生活世界は、点数を取らなきゃいけないとか、金を稼がなきゃいっけないとか、効率化して短時間で最大限のアウトプットを得なきゃいけない、という近代社会の考え方の植民地になってしまっている。つまり、我々は「効率やシステム社会の植民地」に生きている。”

 なるほどねえ、、、、、

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



  • h26.5.30ikegami2.JPG









  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 


 





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年05月31日 19時13分40秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年05月11日
カテゴリ:読書から
 ソーシャルを活用してパーソナルブランディングを行い、強みを役立てて思いもままに生きることができれば、
そんな思いを抱き始めてからしばらく経つ。

 まずは目次

  第一条 専門家たれ
  第二条 アウトプットで自分もまわりも巻き込む
  第三条 手を挙げる準備をしておく
  第四条 緩い絆のコミュニティを作る
  第五条 ソーシャルで出会い、つながり、リアルで会う
  第六条 即レス、即アクションを心がけよ
  第七条 Give&Give
        貢献こそがソーシャルメディア
  第八条 仲間を見つけて協力し合う
  第九条 伝える力と聞く力をソーシャルリアルで鍛えよ
  第十条 プラットフォーム(基盤)を作る

 その手始めとして、アウトプットの重要性にここでも触れているが、その通りだと実感する。

 以下、第二条 アウトプットで自分もまわりも巻き込む から抜粋引用

 “「向上したい」「成長したい」と思った時にまずしたくなるのは「インプット」だろう。しかし、成長したいなら「アウトプット」
しなければならない。
‥‥‥ アウトプットがないインプットはインプットではない。恐怖を乗り越えてアウトプットしてこそ得られるのが成功だ。アウトプットありきでインプットすることこそが重要であり、成長につながる鍵なのだ。‥‥‥
アウトプットには様々なメリットがある。
いざアウトプットしようとすると、自分がどれだけ理解できていないかがわかる。たとえば、いざ人に教えようとして初めて、
自分の理解が表面的なことに気づくことがある。自分の意見を何も持っていないことに気づいたりもする。もう一度その事象について調べ直し、自分の中で整理して、自分のものにしてから初めてアウトプットできるようになるものだ。‥‥‥
この時、あなたの中ではインプットした知識や考えの再構成が行われている。つまり、アウトプットすることでインプットしたことに対する理解が深まるというわけだ。インプットしたものが、あなたの血肉になった瞬間だ。
 また、アウトプットを前提にインプットしていると、インプットの姿勢が変わる。通常なら聞き逃してしまうようなことにもアンテナが働き、情報が入ってきやすくなるという効果も期待できる”

 ネット社会になり、ソーシャルメディアが発達して、何をやるにも敷居が限りなく低くなった。何でも少人数で企画し宣伝し実行できるという何とも面白い時代に生きている。これを活かさない手はない。そして、共感できるパートナーが見つかれば、そのスピードは限りなく早くなる。

 コラボレーションも大変に有効な手段だと思う。残された人生、やりたいことをいろいろと企画して実行していきたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.5.10sosharuhon.JPG






  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 


 





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年05月11日 11時05分41秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年05月05日
カテゴリ:読書から
 最初の一冊、見つけませんか?の帯がついていて軽く読めそう。というか、若い人向けに出版された本かな。まあそんなことはどうでもよい。

 著者の本は数々の待場論などを含めて何冊か読んでいるが、凝り固まった脳みそを刺激するのにとても良い。大胆な仮説を立てるのがうまい。比喩やたとえ話も新鮮。

 以下目次

  先生は既製品ではありません
  恋愛と学び
  教習所とF‐1ドライバー
  学びの主体性
  なんでも根源的に考える
  オチのない話
  他我
  前未来形で語られる過去
  うなぎ
  原因と結果
  沈黙交易
  交換とサッカー
  大航海時代とアマゾン・ドットコム
  話は最初に戻って
  あべこべことば
  誤解の幅
  誤解のコミュニケーション
  聴き手のいないことば
  口ごもる文章
  誤読する自由
  あなたは何を言いたいのですか?
  謎の先生
  誤解者としてのアイデンティティ
  沓を落とす人
  先生はえらい

 目次を見ただけでは内容が、よく想像できないところがまた良い。

 ジャック・ラカンという人の話をわかりやすいたとえを多用して、「対話ってそういうことだったのか、なるほど!」と改めて感心させられたり、今まで想像もしなかった角度からの気付きを与えてくれた。当然、そんなこと知っているよという人はたくさんいるのであろうが。

 最終ページから以下一部抜粋引用

 “私たちが「あなたはそうすることによって、私に何を伝えたいのか?」という問いを発することができる相手がいる限り、私たちは学びに対して無限に開かれています。私たちの人間としての成熟と開花はそこにあり、そこにしかありません”

 
 前後の文脈から類推しないと、この意味はうまくとらえられないかもしれない。が、これが肝か?

 偏差値教育とは相容れない考え方、やはりこの人の本はまだまだ外せない。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • 写真.JPG








  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年05月05日 18時33分29秒
コメント(0) | コメントを書く

全1512件 (1512件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ブログリンク

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

登録型メルマガ【高… New! えむ5678さん

父の蔵書 New! Mドングリさん

神社まわり New! maki1121さん

プロとアマチュアの… New! 教育王さとりんさん

コメント新着

 kaitenet@ Re[1]:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) 熊坂仁美さん >こんにちは。本を読んでい…
 熊坂仁美@ Re:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) こんにちは。本を読んでいただきありがと…
 バーバリーブルーレーベル 店舗@ kdgnarbf@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
 しぐま@ Re:円形校舎探訪(06/13) こんにちはー。 その辺にに住んでいる者な…
 林 裕幸@ アクセスアップ このメールは、ブログのアクセス数を増や…

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

購入履歴

ニューストピックス

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.