ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

フリーページ

モバイル

ケータイ
スマートフォン
m ケータイにこのブログのURLを送信!

全1530件 (1530件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2014年12月10日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:読書から
目次

1.ウェブ発信でお店にファンをつくるには?

2.かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないウェブ発信の新ルール

 1)視点を定める
 2)マイナーなものにこだわる
 3)役立つ情報を意識する
 4)パッと見ただけで伝わるようにする
 5)地元、地域を大切にする
 6)自分の感じたことや想いを入れる
 7)他の人とコラボする
 8)毎日更新する
 9)リアルな活動情報を入れる
 10)実際に使ってレポートする

3.こだわって写真を撮ろう

4.新ルールを使って記事を書こう

5.いろんな可能性が広がる!

 1)メディアからのオファー
 2)他企業とのコラボ
 3)講座を開催
 4)イベントの企画
 5)ワークショップの開催
 6)ショップへの発展



 今、ウェブを活用して面白いことをやっている人は、大体このようなパターンがイメージできているのではないかな。

 それなりにポリシーやビジョン、哲学を持って発信していくと、、「いろんな可能性が広がる」‥‥ここにつながるのが何とも言えない妙味と感じているがはてさて。

 新ルールに対して客観的に振り返りながら、来年はもう少し「コラボ」にこだわってみようかなとも。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.12.10web.jpg



  
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年12月10日 22時04分34秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年11月30日
カテゴリ:地域
 知人が運営するコワーキングスペース「シンフォニア」がオープンするというので、内見会に参加。
最近、いろいろな場所にできはじめているが、それぞれが個性的。ここはとても自由度が高いスペースになっている。

 時代と共に、いろいろと業態が変わりゆく。消えていくもの、栄えていくものがある中で、シェアできるスペース、居場所というニーズ。そこから生み出されるであろう未知の世界。これからを先取りした各種情報が発信される場所としても、目が離せない。

 共生、共感、などと併せてCO‐WORKINGを直訳すれば共働か、でも、もう少し広義な、緩い場所として機能していきそう。何らかの付加価値がつけられれば面白いスペースになることは間違いない。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.11.30cowork1.jpg





  
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年11月30日 22時02分16秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年11月29日
カテゴリ:セミナーや勉強会
 近くの公民館で「自分史、エッセイ講座」があったので参加してみた。講師は地元に住んでいて、出版社で仕事をされている方。

 副題に「誰でも文章は書ける」「わかりやすい文章の書き方」「感動させる文章の書き方」とある。

 冒頭、「各々についてのさわりの紹介を紹介します」ということで、丁寧に「お」をつけてはいけませんとのつかみで、笑いを取って始まった。

 肝心のポイント一つひとつに対して、今まであまり聞いたことがないようなエポック的な話題を加えての話。それも地元にまつわる話が多くて、親しみがわく。
 また、高倉健、田宮虎彦、無着成恭、相田みつを、堤清二、本多勝一、林清継、小山内美江子、張本勲、椎名誠、水上勉、いずみたく、山田洋次など各氏著名な方の隠されたエピソードなども随所に盛り込まれて飽きがこない。
 書き方のポイントと共に、傍流の話材もしっかりと記憶に残った。さすがの組み立て。

 人の話を聞くのは面白い。

 あっという間の2時間。表に出たら、雨模様の天候が一変していたのにちょっと驚いた。


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ



  • h26.11.29semi1.jpg




  
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年11月30日 12時27分49秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年11月25日
カテゴリ:今日にちなんで
 いつものように何の変哲もない朝を迎えたのだと思う。そして、何事もなく多分その日も終わるはずだったのだと思う。 が、突然、降ってわいたような衝撃的なニュースがたちまちのうちに日本国中に流れて、ちゃぶ台をひっくり返したような大騒ぎに。その衝撃と騒ぎは、年内いっぱい続いたように思う。

この出来事を境に人生観が変わったという人もよく聞く。 「静聴せい」という演説も、、耳に焼き付いている。 行動を共にした森田必勝という名前も頭にこびりついている。 ちょっと時期がずれたのでは、そんな感覚を覚えたことも記憶にある。 陽明学にも関心を持った。 言行一致に対して、自身は不言実行で生きようと思った記憶もある。

 美学という言葉を感じさせる、そして体現することの重要さを示した人だったのではないか。

 予備校時代の多感な時の出来事。今日、憂国忌。

 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.11.25asa.jpg

     平成26年11月25日 6時前撮影

  
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 











楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年11月30日 11時43分29秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年11月22日
カテゴリ:読書から
 まずは、まえがきから引用

 “僕たちが今いるのは、二つの戦争つまり「負けた先の戦争」と「これから起こる次の戦争」にはさまれた戦争間期ではないか。これが僕の偽らざる実感です。
 今の時代の空気は「戦争間期」に固有のものではないか。その軽薄さも、その無力感の深さも、その暴力性も、いずれも二つの戦争の間に宙づりになった日本という枠組みの中に置いてみると、なんとなく納得できるような気がする”

 以下目次

  第一章 過去についての想像力
  第二章 ほんとうの日本人
  第三章 株式会社化する日本政治
  第四章 働くこと、学ぶこと
  第五章 インテリジェンスとは

 この中にさらに小見出しがあるが、それがまた魅力的な数々であるが、ここでは入力の手間もあり省く。

 毎度のことながら、著者の仮説の立て方とその展開は、従来の他の方のフレームとはひと味違う新鮮さがある。ま た、語彙と比喩が豊富でそれとの出会いが楽しみ、読む人を飽きさせない。ここらが内田ファンにはたまらない魅力。

 まずは出だしで「強い現実」と「弱い現実」という定義に出会う。

 一部引用

 “僕が29歳の転轍点でどんな道を進んだにせよ、どんな職業についたにせよ、絶対に出会って座右に置いている本がある。それが僕にとっての「強い現実」です。
 あるいは友人でもそうです。何度すれ違っても、いずれどこかの機会で必ず会っていたはずの人がいる。高橋源一郎さんや養老孟司先生とか関川夏央さんとは、いつかは何かの機会にどこかで出会って、その結果、今と同じ関わり方をしているような気がする。こういう人たちは僕にとっての「強い現実」なんです。
 それとは逆に、職業が違っていたら絶対に読まなかったはずの本が僕の書架にあり、おそらく出会ってないだろうし、仮に出会っていてもただ機械的に名刺交換して終わっただけの人も僕の周りにはいる。それが僕にとっての「弱い現実」です。この「強い現実」と「弱い現実」を識別することは知性にとってきわめて重要な作業だと僕は思います”

 そのような中で、もし1942年に戦争を終結させていたらという仮説での物語の展開が読む者を惹きつける。

 第三章の「株式会社化する日本政治」は、今の政治はこのような見方ができるのかと参考になる。

 最後までずっと、高い山で盛り上がったままで話の展開が進む。

 本の嗜好は人それぞれではあるけれど、金太郎飴的、受動的な教育に洗脳され尽くされた社会にあって、これから訪れるであろう危機への対応について、個人的には是非ともお薦めしたい一冊。
 選挙前に読んでおくのも、あるいは良いかも。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


 
  • h26.11.19sensouron.jpg


 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 













楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年11月23日 23時04分43秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年10月10日
カテゴリ:読書から

 目次とその小見出しを見ると、現在メディアを賑わしているテーマが盛りだくさんあり、迷わずに手に取った。

 まずはその目次(ここでは大項目のみ)

  第一章 講義編 情報を読み解く力を身につけるために
  第二章 実践編 「ロシア」を分析する
  第三章 実践編 「日本」を分析する
  第四章 実践編 「外務省」を分析する
  第五章 実践編 「アジア・中東」を分析する
  第六章 実践編 「アメリカ」を分析する
  あとがき 「情報」とは日本国民と国家が生き残るためのもの
 
 第一章が書き下ろしになっていて、情報に接する際の基本的なことが書かれている。

 以下、一部“”部を本文から引用

 “要するに、政府の発表は、積極的な騙しとしての嘘ではなく、事実をすべて書かないことによって、国民を誘導することがあるのです。”

 第二章以下は、日々週刊誌に綴っていたものを集めた内容になっている。このため、内容に若干の前後や重複したりする部分もあるが、大衆紙への寄稿ということで、本文中で具体的に実名をあげたりして、驚くほど具体的な内容が書かれている。‥‥‥ が、あとがきを見て納得した。

 以下、あとがきから引用

 “「貴様!」と呼びかけ、‥‥‥ など常識人が聞いたら眉をひそめるような言葉をあえて用いている。こういう激しい言葉を浴びせられる人には共通した特徴がある。この人たちは日本を戦争に巻き込む、日本の国家統合を崩すなど、わが社会と国家に悪影響を与えているにもかかわらず、そのことを自覚していない。それだから激しい批判が必要なのだ。”

 官僚の暴露本的な風体を一部なしているが、日常このような情報はあまり入ってこないので、一読するに値する本だと思う。いずれにしろ、今のような時代の転換点において、通りいっぺんで流れてしまう情報への感度を、常に上げていく努力を国民一人ひとりが怠ると、大変にまずい状況になるのではないか??


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.10.9satou1.jpg


 



  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 











楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月10日 08時51分28秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月28日
カテゴリ:読書から
 著者と言えば、「壁」シリーズがイメージに浮かぶが、これはその最新版。ということで、壁シリーズを振り返ってみたら、バカの壁が世に出たのが2003年、えっ、もう11年前になるのという驚きも。

 以下、目次

  第一章 「自分」は矢印に過ぎない 
  第二章 本当の自分は最後に残る
  第三章 私の体は私だけのものではない
  第四章 エネルギー問題は自分自身の問題
  第五章 日本のシステムは生きている
  第六章 絆には良し悪しがある
  第七章 政治は現実を動かさない
  第八章 「自分」以外の存在を意識する
  第九章 あふれる情報に左右されないために
  第十章 自信は「自分」で育てるもの

 あとがきに“言いたいことをずいぶんと言ったので、当分、こういう本はつくらないでしょう”とある。

 そのせいか、著者の考え方や生き方、それらが生まれた背景などが理解できた。やはり、本を読むというのは、当然ながらその人との対話であり、その人の脳の中の一部を理解しようとすることなのだろう。

 「世間とのずれ」を感じながら生きてきたとの記載がある。この本を読むまでは、著者がそんな気持ちを抱いていたとは思わなかった。今の日本国内は大半がサラリーマン、意外にもサラリーマン以外の人は、そのようなずれを感じながら生きているのかもしれないなどと、考えが派生した。


 他、第九章では、メタメッセージの怖さに触れている。

 メタメッセージ‥‥“そのメッセージ自体が直接示してはいないけれども、結果的に受け手に伝わってしまうメッセージのこと”とある。

 以下、本文から引用

 “問題は、メタメッセージというものは、受け取る側が自分の頭で作ってしまうという点です。自分の頭の中でつくったものですから、「これは俺の意見だ」と思ってしまう。無意識のうちにすりかわってしまうのです。これが、とても危ない。”


 確かに危険この上ない、メタメッセージ。 常に頭の片隅に意識しながら、メディアをはじめとする様々な情報に対していきたいなどと考えるが、そううまくいくのだろうか?? これこそが自分の壁か??


  • h26.9.28kabe.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ







  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 











楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月10日 08時57分11秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月21日
カテゴリ:読書から
 副題に~仕事と生活を改善する30の技~とある。

 以下目次

  第一章  スマートフォンを活用したライフハック
  第二章  スマートフォンならではの情報収集
  第三章  スマートフォンで始めるアイディア発想
  第四章  ライフログを残して日々の生活をより快適に
  第五章  スマートフォンで始めるライフケア
  第六章  スマートフォンでスケジュール&タスク管理
 
 最初にライフハックの説明がある。以下“”部引用

 “ライフハックという言葉の意味はデジタル大辞泉によると「仕事の質や効率、高い生産性を上げるための工夫や取り組み」と書いてありますが、最近は「アプリやソフトウェアを便利に使うためのコツ」や「仕事を効率よくこなすための方法」「気分よく生活するためのノウハウ」という意味で使われることが多いようです。本書でも、こういった内容のライフハックを紹介しています。”

 片時も離さずに持ち歩くようになって久しい。何かあると、気がつけばスマホを取り出して解決しているというのが、今の外出時の生活パターンになっている。
 しかしながら、当初入れたアプリなどで、その中でも限られた種類しか使用しなくなって、なかば惰性の世界に入り込んでいる。
 この世界を見直し、もっと使いこなすことは、より快適な生活をする上での課題の一つと考えていたので、そして、もう一つ重要なことはスマホが生活習慣を変える力を持っているということを感じていたから、少し読んでみた。

 特に、今まで使っていて、情報収集と整理にかかわるものにロスが多い。せっかく見つけた良い情報も雲散霧消したりして、その場限りになったりしている場合が多い。
 EVERNOTEを数年前からチョビチョビ使っているが、システム的な使い方をしていない。

 ここでも書かれているように、情報の一元化はやはりこれでやるのが一番ではと、一杯飲みながら考えている。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.9.21lifehack.jpg





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月21日 21時53分56秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月15日
カテゴリ:読書から
 副題には どうなる世界のリーダー ~新たな東西冷戦~ とある。

 まずは目次

  プロローグ 新たな東西冷戦の始まり
  第一章  大きく内向きになるアメリカ
  第二章  EU混乱の主役はロシア!?
  第三章  過酷な“アラブの夏”の深刻化
  第四章  小泉元総理も脱原発派に
  第五章  “物騒”になってきた東アジア情勢
  第六章  アベノミクスはどこへ向かうの?
  エピローグ 自分なりの意見を持とう

 世界各地で日々起きていることなど、ニュースなどを見てもよくわからない。また、最近、新聞やテレビなどマスメディアの偏向報道が取りざたされているが、どう片寄っているか、判断する基準も怪しい。

 事前にニュートラルな情報があるに越したことはない。日々のニュースの見方も変わってくるのではとの思いで、再度、池上本を手にした。

 絵図などがところどころに入り親しみやすい構成。


 以下エピローグから“”部、一部抜粋引用

 “いまはインターネットの時代ですから、ネットでニュースを見る人も多いですね。しかし、インターネットとのつき合い方は、実は非常に難しいものです。”

 “ネットは、自分が知りたい情報だけしか入ってこないメディアなのです。できるだけ多様な言論、意見に触れることが、現代に生きる人間には必要です。”

 “世の中のほとんどのことは、公開情報で得ることができると思っています。ウラ情報など必要ありません。でも、それらの情報を読み解くには、さまざまな情報の裏にある「文法」を読み解く必要があります。言い換えると、それが「メディアリテラシー」です。この人の言っていることは正しいのか。間違っているのか。判断が難しいときにどうするのか、そのために自分なりの判断基準を持っておくことが大切なのです。”

 “2013年、「知の巨人」といわれる佐藤優さんと対談した際、この《知らないと恥をかく世界の大問題》シリーズを読んでくださっていて、「オシントの教科書」とお褒めの言葉をいただきました。オシントとは合法的に入手できる資料、あるいは日常の情報から重要情報を特定する力のことです。
 なぜそう思われたかというと、佐藤さんが専門とされている分野について検証すると、私の解説が正確だったからだとか、だからほかの分野について書いてあることも信用できるだろうと思ったとのことです。
 私も同じような判断をすることがあります。書店に行って本を選ぶとき、まず自分の良く知っていることについて、その著者がどのような書き方をしているか読んでみるのです。その部分が不正確だったり、思い込みで書かれていたりすると、私は書棚に本を戻します。まずは基礎を押さえ情報を精査するために基準を持つ。そこから始めましょう。”


 たぶん誰もが、このようなことを、常に考えながらやっていることだとは思うが、 ‥「メディアリテラシー」‥今こそ磨かなければいけない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.9.14ikegami.jpg






  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月15日 12時37分14秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月04日
カテゴリ:読書から
 
 本も心身のコンディションによって軽い重いを読み分けないとつらい時がある。ここのところは軽いもので読み進める時期のよう。

 幻冬舎の出版、装丁などが内容を装飾するようで贅沢なつくりだったが、軽く読めそうな内容だったので、価値半分と考え、手にした。

 本の副題には「検索ワードを探す旅」とある。

 著者についてはBSテレビ「デキビジ」などで、それとなく注目していた。

 以下、目次
  
  0.はじめに     強いネットと弱いリアル
  1.旅に出る     台湾/インド
  2.観光客になる   福島
  3.モノに触れる   アウシュヴィッツ
  4.欲望を作る    チェルノブイリ
  5.憐れみを感じる  韓国
  6.コピーを怖れない バンコク
  7.老いに抵抗する  東京
  8.ボーナストラック 観光客の五つの心得
  9.おわりに     旅とイメージ

 「ウィーク・タイ(弱いつながり)」これはネット時代の象徴としてよく使われる言葉であり、その重要性がしばしば話題に上るが、原典はマーク・グラノヴェーターが1970年代に提唱したらしい。

 ネットは弱いつながりを作り出すものの典型であるように考えられていたが、筆者は強いつながりをより強固にするものになっていると、逆説的にとらえている。また、ネットが進化して検索情報などもその人にマッチしたものしか、気がつかないうちに現れなくなってしまっているとも。

 確かに冷静に考えると、気がつくと仲間内になっているケースがよくある。検索などもパターン化されてGOOGLEやアマゾンその他諸々に、きっと先を越されているのだろう。

 この現実を打開して弱いつながりが得られるよう、あらたな「検索ワード」を探すために、旅に出るべきだとの結論。ある面ではしかり。

 そしてこの本は、要はこれのみを語っているに過ぎないのかも。

  • h26.9.7yowai.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月07日 16時19分06秒
コメント(0) | コメントを書く

全1530件 (1530件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ブログリンク

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

三田ハーフマラソン… New! Mドングリさん

もう年末(にこにこ) New! ayatan0808さん

私の周りでインフル… New! あんずの日記さん

笑夢メルマガ(12/21… えむ5678さん

コメント新着

 kaitenet@ Re[1]:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) 熊坂仁美さん >こんにちは。本を読んでい…
 熊坂仁美@ Re:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) こんにちは。本を読んでいただきありがと…
 バーバリーブルーレーベル 店舗@ kdgnarbf@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
 しぐま@ Re:円形校舎探訪(06/13) こんにちはー。 その辺にに住んでいる者な…
 林 裕幸@ アクセスアップ このメールは、ブログのアクセス数を増や…

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

購入履歴

ニューストピックス

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.