ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

フリーページ

モバイル

ケータイ
スマートフォン
m ケータイにこのブログのURLを送信!

全1525件 (1525件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2014年10月10日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:読書から

 目次とその小見出しを見ると、現在メディアを賑わしているテーマが盛りだくさんあり、迷わずに手に取った。

 まずはその目次(ここでは大項目のみ)

  第一章 講義編 情報を読み解く力を身につけるために
  第二章 実践編 「ロシア」を分析する
  第三章 実践編 「日本」を分析する
  第四章 実践編 「外務省」を分析する
  第五章 実践編 「アジア・中東」を分析する
  第六章 実践編 「アメリカ」を分析する
  あとがき 「情報」とは日本国民と国家が生き残るためのもの
 
 第一章が書き下ろしになっていて、情報に接する際の基本的なことが書かれている。

 以下、一部“”部を本文から引用

 “要するに、政府の発表は、積極的な騙しとしての嘘ではなく、事実をすべて書かないことによって、国民を誘導することがあるのです。”

 第二章以下は、日々週刊誌に綴っていたものを集めた内容になっている。このため、内容に若干の前後や重複したりする部分もあるが、大衆紙への寄稿ということで、本文中で具体的に実名をあげたりして、驚くほど具体的な内容が書かれている。‥‥‥ が、あとがきを見て納得した。

 以下、あとがきから引用

 “「貴様!」と呼びかけ、‥‥‥ など常識人が聞いたら眉をひそめるような言葉をあえて用いている。こういう激しい言葉を浴びせられる人には共通した特徴がある。この人たちは日本を戦争に巻き込む、日本の国家統合を崩すなど、わが社会と国家に悪影響を与えているにもかかわらず、そのことを自覚していない。それだから激しい批判が必要なのだ。”

 官僚の暴露本的な風体を一部なしているが、日常このような情報はあまり入ってこないので、一読するに値する本だと思う。いずれにしろ、今のような時代の転換点において、通りいっぺんで流れてしまう情報への感度を、常に上げていく努力を国民一人ひとりが怠ると、大変にまずい状況になるのではないか??


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.10.9satou1.jpg


 



  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 











楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月10日 08時51分28秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月28日
カテゴリ:読書から
 著者と言えば、「壁」シリーズがイメージに浮かぶが、これはその最新版。ということで、壁シリーズを振り返ってみたら、バカの壁が世に出たのが2003年、えっ、もう11年前になるのという驚きも。

 以下、目次

  第一章 「自分」は矢印に過ぎない 
  第二章 本当の自分は最後に残る
  第三章 私の体は私だけのものではない
  第四章 エネルギー問題は自分自身の問題
  第五章 日本のシステムは生きている
  第六章 絆には良し悪しがある
  第七章 政治は現実を動かさない
  第八章 「自分」以外の存在を意識する
  第九章 あふれる情報に左右されないために
  第十章 自信は「自分」で育てるもの

 あとがきに“言いたいことをずいぶんと言ったので、当分、こういう本はつくらないでしょう”とある。

 そのせいか、著者の考え方や生き方、それらが生まれた背景などが理解できた。やはり、本を読むというのは、当然ながらその人との対話であり、その人の脳の中の一部を理解しようとすることなのだろう。

 「世間とのずれ」を感じながら生きてきたとの記載がある。この本を読むまでは、著者がそんな気持ちを抱いていたとは思わなかった。今の日本国内は大半がサラリーマン、意外にもサラリーマン以外の人は、そのようなずれを感じながら生きているのかもしれないなどと、考えが派生した。


 他、第九章では、メタメッセージの怖さに触れている。

 メタメッセージ‥‥“そのメッセージ自体が直接示してはいないけれども、結果的に受け手に伝わってしまうメッセージのこと”とある。

 以下、本文から引用

 “問題は、メタメッセージというものは、受け取る側が自分の頭で作ってしまうという点です。自分の頭の中でつくったものですから、「これは俺の意見だ」と思ってしまう。無意識のうちにすりかわってしまうのです。これが、とても危ない。”


 確かに危険この上ない、メタメッセージ。 常に頭の片隅に意識しながら、メディアをはじめとする様々な情報に対していきたいなどと考えるが、そううまくいくのだろうか?? これこそが自分の壁か??


  • h26.9.28kabe.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ







  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 











楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年10月10日 08時57分11秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月21日
カテゴリ:読書から
 副題に~仕事と生活を改善する30の技~とある。

 以下目次

  第一章  スマートフォンを活用したライフハック
  第二章  スマートフォンならではの情報収集
  第三章  スマートフォンで始めるアイディア発想
  第四章  ライフログを残して日々の生活をより快適に
  第五章  スマートフォンで始めるライフケア
  第六章  スマートフォンでスケジュール&タスク管理
 
 最初にライフハックの説明がある。以下“”部引用

 “ライフハックという言葉の意味はデジタル大辞泉によると「仕事の質や効率、高い生産性を上げるための工夫や取り組み」と書いてありますが、最近は「アプリやソフトウェアを便利に使うためのコツ」や「仕事を効率よくこなすための方法」「気分よく生活するためのノウハウ」という意味で使われることが多いようです。本書でも、こういった内容のライフハックを紹介しています。”

 片時も離さずに持ち歩くようになって久しい。何かあると、気がつけばスマホを取り出して解決しているというのが、今の外出時の生活パターンになっている。
 しかしながら、当初入れたアプリなどで、その中でも限られた種類しか使用しなくなって、なかば惰性の世界に入り込んでいる。
 この世界を見直し、もっと使いこなすことは、より快適な生活をする上での課題の一つと考えていたので、そして、もう一つ重要なことはスマホが生活習慣を変える力を持っているということを感じていたから、少し読んでみた。

 特に、今まで使っていて、情報収集と整理にかかわるものにロスが多い。せっかく見つけた良い情報も雲散霧消したりして、その場限りになったりしている場合が多い。
 EVERNOTEを数年前からチョビチョビ使っているが、システム的な使い方をしていない。

 ここでも書かれているように、情報の一元化はやはりこれでやるのが一番ではと、一杯飲みながら考えている。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.9.21lifehack.jpg





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月21日 21時53分56秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月15日
カテゴリ:読書から
 副題には どうなる世界のリーダー ~新たな東西冷戦~ とある。

 まずは目次

  プロローグ 新たな東西冷戦の始まり
  第一章  大きく内向きになるアメリカ
  第二章  EU混乱の主役はロシア!?
  第三章  過酷な“アラブの夏”の深刻化
  第四章  小泉元総理も脱原発派に
  第五章  “物騒”になってきた東アジア情勢
  第六章  アベノミクスはどこへ向かうの?
  エピローグ 自分なりの意見を持とう

 世界各地で日々起きていることなど、ニュースなどを見てもよくわからない。また、最近、新聞やテレビなどマスメディアの偏向報道が取りざたされているが、どう片寄っているか、判断する基準も怪しい。

 事前にニュートラルな情報があるに越したことはない。日々のニュースの見方も変わってくるのではとの思いで、再度、池上本を手にした。

 絵図などがところどころに入り親しみやすい構成。


 以下エピローグから“”部、一部抜粋引用

 “いまはインターネットの時代ですから、ネットでニュースを見る人も多いですね。しかし、インターネットとのつき合い方は、実は非常に難しいものです。”

 “ネットは、自分が知りたい情報だけしか入ってこないメディアなのです。できるだけ多様な言論、意見に触れることが、現代に生きる人間には必要です。”

 “世の中のほとんどのことは、公開情報で得ることができると思っています。ウラ情報など必要ありません。でも、それらの情報を読み解くには、さまざまな情報の裏にある「文法」を読み解く必要があります。言い換えると、それが「メディアリテラシー」です。この人の言っていることは正しいのか。間違っているのか。判断が難しいときにどうするのか、そのために自分なりの判断基準を持っておくことが大切なのです。”

 “2013年、「知の巨人」といわれる佐藤優さんと対談した際、この《知らないと恥をかく世界の大問題》シリーズを読んでくださっていて、「オシントの教科書」とお褒めの言葉をいただきました。オシントとは合法的に入手できる資料、あるいは日常の情報から重要情報を特定する力のことです。
 なぜそう思われたかというと、佐藤さんが専門とされている分野について検証すると、私の解説が正確だったからだとか、だからほかの分野について書いてあることも信用できるだろうと思ったとのことです。
 私も同じような判断をすることがあります。書店に行って本を選ぶとき、まず自分の良く知っていることについて、その著者がどのような書き方をしているか読んでみるのです。その部分が不正確だったり、思い込みで書かれていたりすると、私は書棚に本を戻します。まずは基礎を押さえ情報を精査するために基準を持つ。そこから始めましょう。”


 たぶん誰もが、このようなことを、常に考えながらやっていることだとは思うが、 ‥「メディアリテラシー」‥今こそ磨かなければいけない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h26.9.14ikegami.jpg






  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月15日 12時37分14秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月04日
カテゴリ:読書から
 
 本も心身のコンディションによって軽い重いを読み分けないとつらい時がある。ここのところは軽いもので読み進める時期のよう。

 幻冬舎の出版、装丁などが内容を装飾するようで贅沢なつくりだったが、軽く読めそうな内容だったので、価値半分と考え、手にした。

 本の副題には「検索ワードを探す旅」とある。

 著者についてはBSテレビ「デキビジ」などで、それとなく注目していた。

 以下、目次
  
  0.はじめに     強いネットと弱いリアル
  1.旅に出る     台湾/インド
  2.観光客になる   福島
  3.モノに触れる   アウシュヴィッツ
  4.欲望を作る    チェルノブイリ
  5.憐れみを感じる  韓国
  6.コピーを怖れない バンコク
  7.老いに抵抗する  東京
  8.ボーナストラック 観光客の五つの心得
  9.おわりに     旅とイメージ

 「ウィーク・タイ(弱いつながり)」これはネット時代の象徴としてよく使われる言葉であり、その重要性がしばしば話題に上るが、原典はマーク・グラノヴェーターが1970年代に提唱したらしい。

 ネットは弱いつながりを作り出すものの典型であるように考えられていたが、筆者は強いつながりをより強固にするものになっていると、逆説的にとらえている。また、ネットが進化して検索情報などもその人にマッチしたものしか、気がつかないうちに現れなくなってしまっているとも。

 確かに冷静に考えると、気がつくと仲間内になっているケースがよくある。検索などもパターン化されてGOOGLEやアマゾンその他諸々に、きっと先を越されているのだろう。

 この現実を打開して弱いつながりが得られるよう、あらたな「検索ワード」を探すために、旅に出るべきだとの結論。ある面ではしかり。

 そしてこの本は、要はこれのみを語っているに過ぎないのかも。

  • h26.9.7yowai.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月07日 16時19分06秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月02日
カテゴリ:読書から
 パラパラとめくって興味深い活字が目に入る。100ページ前後の薄さで、ちょっとした冊子を読むような感じ、手軽で内容もわかりやすそうでいい。。

 以下、目次

 1.「日本国民」とは何か
 
  神戸憲法集会について
  公務員には憲法尊重擁護義務がある
  敗戦国の中での日本の特異性
  日本国憲法のもっていた本質的な脆弱性
  憲法九条にはノーベル平和賞の資格十分
  憲法の主語はそれにふさわしい重みを獲得していない

 2.法治国家から人治国家へ
 
  法治から人治への変質
  株式会社的マインドが日本人の基本マインドに
  メディアが方向づけした「ねじれ国会」の愚論
  国家の統治者が株式会社の論理で政治を行うことのいかがわしさ
  「日本のシンガポール化」趨勢

 3.グローバル化と国民国家の解体過程

  自民党改憲草案二十二条が意味すること
  グローバル資本主義にとって障害となった国民国家
  「日本の企業」だと名乗るグローバル企業の言い分

 現日本国憲法と自民党改憲案の差異部分について、著者独自の深読みでわかりやすく説かれている。無味乾燥な憲法の条文だけを読む気は起きないし、読んでも読み解くことが難しい。本書はひとつの仮説を示し、ポイントだけをわかりやすく読み解いてくれている。

 現憲法については戦勝国のお仕着せ憲法であることぐらいの知識しかないものにとっては、なるほど‥‥などと頷かざるを得ない。

 以下、まえがきから引用抜粋

 “でも、そのような切迫した危機感が日本国民にはまだ見ることができません。たぶんあまりにも長きにわたって平和と繁栄に慣れきってしまったのでしょう。「たいしたことは起こるはずはない」と高をくくっているのです。どうしてこれほど危機感が希薄なのか。それは国民のほとんどが「株式会社のサラリーマン」のものの見方を深く内面化してしまったせいだと私は思っています。なぜサラリーマンは独裁に違和感を持たないのか。その問いの答えは、株式会社の従業員たちが日頃慣れ親しみ、ついに骨の髄までしみ込んだ「有限責任」感覚のうちに求めることができるのではないか、というのが私のここでの仮説です。 ‥‥‥  このブックレットが憲法の問題、民主制の問題を根本的に考え直すひとつのきっかけになれば幸いです”

 内田節には好き嫌いがあるようであるが、この方の仮説は非常に的を得ているといつも感じてしまう。そして最終章の「グローバル化と国民国家の解体過程」 これこそが今、私たちが渦中にある重要な視点、この渦が過ぎた後にどのような社会が待っているのか、「想定外」では済まされない、これにどのようなイメージを持てば良いのか、皆が漠とした不安を抱いているところではないだろうか??

 とにもかくにも、護憲であれ改憲であれ、憲法を考える上で参考になる、個人的にはお薦めの本。



  • h26.9.7kenpou.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月07日 16時18分20秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月01日
カテゴリ:読書から



 著者の名前はよく目にしていた。以前にも何冊か読んだかもしれないが、記憶が今ひとつ。同じ年代の人がどのように考えているのか、興味があって再度、著者の本にトライしてみた。

 以下、目次

  序 章 人生にも戦略があっていい 
  第一章 「読む」「書く」「話す」力を鍛える
  第二章 発想力を鍛える
  第三章 効率を上げ、仕事の質を高める
  第四章 現場からめいっぱい学ぶ
  第五章 ロールモデルを探せ―私の20~30歳代

 サラッと読み終えた。同年代の人だからか、本人の回顧的内容だからか、何か今まで見聞きしたようなあるいは経験したような内容で刺激がいま一つ。
エッヂが効いた言葉があまり見当たらない。普通だとマーカーでグリグリ印をつけたり太線を引いてしまうような箇所もない。 が、本筋とはあまり関係がないが、これからの社会を読み解く上でのヒントがいくつか。

 以下、本文から引用
 
 “スターバックスはどこの店でも、勉強する若者たちで賑わっている。都心のビジネス街は知らないが、世田谷の住宅地に近い駅の店や私の大学の近くにある店には、パソコンや書籍を広げた若者で溢れている。
 先日、スターバックスの本拠があるシアトルでも、似たような光景を目にした。地元の大学の先生が言っていたが、自宅に立派な部屋があるのに、彼女の高校生の子供は「勉強をしに行く」と、近くのスターバックスにいそいそと出かけていくようだ。
 そこで誰かと会うというわけではない。周囲がザワザワとした空間であることで、かえって自分一人の世界に集中することができる。それでも自分一人だけで部屋の中にいるのとは違って、周囲にいろいろな人がいることがある種の安心感を与える。日本にも米国にも共通した「スターバックス現象」のようなものがあるのかもしれない。現代社会ではそうした空間が求められているようだ。
 外食産業や小売業の視点から見れば、これは「快適な時間の提供」という切り口で分析することができる。消費者(生活者)はどのような時間の過ごし方をするのかという視点で消費活動を考える。スターバックスで時間を過ごすというのは、自分の時間の使い方の中で重要な位置を占めるようだ。”

 
 喫茶店で一人での読書や勉強は40年以上前の浪人時代から始めた。当時、そのようなことをする人はさほど、いなかったように記憶している。なので一人で本やノートを広げることにちょっと勇気もいったが、構わずに、落ち着きそうな喫茶店を見つけて、その中でも特に静かにのんびりできそうな場所に陣取って過ごした。ショートホープと灰皿を傍らに置いて。

 このような空間はこれからの時代、高齢者を含めて、さらに必要とされてくるのかもしれない、きっと。 そんな居場所をどこに、どのような形で作るのか、時には想像してみるのも面白い。

 以前に、松任谷由実が作詞の原材料を仕入れる場所が、一人ファミレスでなどと語っていたのが思い出される。ちょっと関係なかったかな。


  • h26.9.7jinsei.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月07日 16時17分59秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年08月31日
カテゴリ:読書から


 その圧倒的な知識と、豊富な人生経験が必ずや含まれているという思いで、氏の本に、つい手を伸ばしてしまう。

 冒頭にある「ことわりがき」を以下、“”部 引用

 “本書は、2006年から、2008年まで、月刊「KING」に連載されたものを、初めて完全なかたちでまとめたものです。
 連載は、単なる出来事の解説ではなく、事実の背景、経緯をいかに分析して解釈すべきかを読者に提示する、という視点で書かれました。
 そのため本書では、当時の歴史の文脈の流れの中での視点を尊重するため、時代背景、人物のプロフィール、出来事については、あえて雑誌連載当時のままにしています”

 以下、目次

  第一章 野蛮人脈を作るテーブルマナー
  第二章 騙されずに情報をとる技法
  第三章 危機からサバイバルする方法
  第四章 仕事の終わらせ方

 「あっ、そうなの!」「へえ~~!」という部分を、とりあえずいくつか抜粋引用

 “筆者は、外務省が外交活動で真の国益のためになるならば、その小道具としてワインを用いることは大いに結構と考える。しかし、外務官僚が自己保身のための政界、メディア工作に高級ワインを用いることは、税金の無駄使い以外のなにものでもない。飯倉別館のワイン貯蔵庫にメスを入れれば、外務省の構造的問題が見えてくる”

 “夏目漱石の「こころ」や「それから」くらいの長さの小説を全文暗記することだ。筆者自身の経験から言うと、集中的に取り組めば、1か月程度で「こころ」を暗記することができた。そうなると脳内の記憶の倉庫がきれいに整理され、情報交換したときに相手が言ったことが正確に記憶、再現できるようになる”

 “筆者自身は右翼・保守陣営に所属していると考える。筆者の理解では、人間の理性を信頼し、合理的な計画で理想的社会を構築できると信じる者が左翼・市民主義陣営を作っている。これに対して、人間の理性や知恵は、しょせん限界があるものなので、合理的な計画で作った社会などろくなものではないと諦め、人知を超えた伝統や文化、さらに神様や仏様を尊重するのが、筆者の理解するところの右翼・保守陣営である”

 “直接関係しないような出来事間の連簡に気づくためには、本を読むことである。しかし、読み方にコツがある。ぶどうの搾り汁を樽に入れて、数年寝かさなくては芳醇なワインにならないのと同じように、本から得た知識は一定期間を経ないと身につかない。この辺を意識しながら、筆者は独自の読書法をとっている。一日、原則として6時間の読書時間をとる”

 “高畠と漱石を今のうちに読んでおけば、数か月後に深刻になる新自由主義的改革路線の見直しについて議論するときに役立つ”

 知識と経験、そして「胆力」がある人が書く本は面白い。

  • h26.9.7yaban.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月07日 16時17分31秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年08月30日
カテゴリ:読書から
 帯に内田樹氏が書いている、この本のすべての頁に同意署名できるという言葉に思わず頷いてしまう。

 まずは裏表紙から

 “わたしはアメリカという国が好きであり、アメリカ人の友人も多い。したがって、本書に書かれた事柄はアメリカに対する失望でもなければ憎悪でもない。ただ、グローバリズムというイデオロギーがこの国で生まれ、それが歴史の必然であり、グローバル戦略を持たなければ生き残れないなどと信じている人々の多いことに、危惧を覚えるのだ。”

 以下、目次

  第一部 グローバリズムはどこから来たのか
  第二部 国民国家を乗っ取る株式会社
  第三部 グローバリズムはどこへ行くのか

 21世紀に入る前後から、言われ出したグローバルスタンダードという言葉。何かと言うとこの言葉が何の疑問もなく前提条件として、呪文のように唱えられて早20年近くが過ぎようとしている。

 いつの頃からか、この行きつく先の殺伐とした風景がぼんやりと浮かぶようになってきた。

 以下、本文から

 “グローバリズムというイデオロギーは、国体国の関税や、商習慣をめぐるシステムの正当性を争う政治的対立から生まれてきたものではなく、国家などもともと眼中にない富裕層と、かれらが支配している多国籍企業が、国家そのものに挑戦するという、歴史上類例のない構図を生み出したということである”

 グローバリズムとどう対峙していくかというと、あまりにも巨大なうねりで無力になってしまうが、歴史を俯瞰して、自身が感じていることを見失わずに、グローバリズムとどう距離を置いて付き合っていくかというのが無理のない考えなのだろうか?

 ともあれ、百年後二百年後から見て今の時代がどう見えるのか、流行語に惑わされずに、グローバリズムとグローバリゼーションは違うということを押さえた上での大局的な目線で生活していくことが肝要と感じる。

  • h26.9.7global.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月07日 16時16分55秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年08月29日
カテゴリ:読書から
 メルマガ「平成進化論」の著者が「凄い本を読んだ。大興奮中」とタイムラインで紹介していた本。それを見てすぐにアマゾンで手配をした。

 副題には「ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則」とある。

 これだけでは何のことかぴんとこない。

 まずは裏表紙の解説を引用

 “日立中央研究所で2006年に開発されたウエアラブルセンサによる人間行動の研究が、いま、人間・組織・社会の理解を根本から変えようとしている。著者自身を含め、これまでのべ100万人以上の行動を計測、その身体活動、位置情報、センサをつけている人どうしの面会などを記録した「ヒューマンビッグデータ」が、人間や社会に普遍的に見られる「法則」や「方程式」を次々と明らかにしているのである。そのデータから明らかになる「法則」とはいかなるものか。法則の理解は、私たちの生活や社会をどのように変えるのか。世界を変えつつある新たなサイエンスの登場を、世界の第一人者が自ら綴る!”

 以下、目次
  第一章 時間は自由に使えるか
  第二章 ハピネスを測る
  第三章 人間行動の方程式を求めて
  第四章 運と真面目に向き合う
  第五章 経済を動かす新しい「見えざる手」
  第六章 社会と人生の科学がもたらすもの

 この中の小見出しには魅惑的な言葉が並ぶ。以下一部その紹介

  万物を支配するエネルギー保存則は人間にも効く
  右肩下がりの分布が社会を支配するという謎
  身体運動は伝染する。ハピネスも伝染する
  人との再会は普遍的な法則に従って起きる
  1/Tの法則はメール返信などほかの行動にも
  行動は続けるほど止められなくなる
  1/T分布はU分布と同じもの
  最適経験=フローを測る
  運は人との出会いによってもたらされる
  新たな「見えざる手」が世界の新たな「富」をもたらす
  サービスと科学を融合させる、データの指数関数的拡大

 近年ビッグデータということでその解明にパワーがシフトしているが、その考え方を先取りしたような形で、かなり前から取り組んでの定量的結果に裏打ちされた理論になっている。

 これからの社会を考える上でのヒントとなるキーワードが至る所に散りばめられている。

 もう一度人生があったら、ぜひとも取り組んでみたい仕事と思わせる内容でもある。

 最後に、以下、本文から抜粋引用

 “実は、アダムスミスは「国富論」と「道徳感情論」という二つの本を書いている。前者は経済的な豊かさの本質を、後者は人間らしい生き方の意味を説く。そして、この両者は合わせて一つの理論を作っている。経済性の追求と人間らしさというのは両者が強調しあってうまくいく体系であることがスミスの主張だった。しかし、スミス以降、このうち、経済性のみを限られたデータにもとづいて追及することが普及した結果、人間らしさの追求が置き去りにされた。そもそも、スミスが言いたかったのは、経済性と人間性とは、相反するものではなく、互いに関係しあうことだった。このスミスの考えが、いよいよ大量データと知的なコンピュータの出現により可能になったのである。”








  • h26.9.7data.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





  耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------




  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年09月07日 16時16分14秒
コメント(0) | コメントを書く

全1525件 (1525件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ブログリンク

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

まぐまぐ発行メルマ… New! えむ5678さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

ナショナリズム入門 New! Mドングリさん

日本プラスト New! toms2121さん

元気出していきまし… New! ayatan0808さん

コメント新着

 kaitenet@ Re[1]:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) 熊坂仁美さん >こんにちは。本を読んでい…
 熊坂仁美@ Re:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) こんにちは。本を読んでいただきありがと…
 バーバリーブルーレーベル 店舗@ kdgnarbf@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
 しぐま@ Re:円形校舎探訪(06/13) こんにちはー。 その辺にに住んでいる者な…
 林 裕幸@ アクセスアップ このメールは、ブログのアクセス数を増や…

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

購入履歴

ニューストピックス

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.