ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

フリーページ

モバイル

ケータイ
スマートフォン

全1552件 (1552件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2015年04月18日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:読書から
 本書は他の雑誌に連載されていたエッセイを集めたもの。

 何故か長いことカバンの中に入っていた。少し読んだり読まなかったりで、かれこれ1ヶ月近く持ち歩いたのでは、、? 短編でもあり、気楽に読めそうな気がしたが、なかなか読めなかった。


 まずは目次

  第一講 大市民のための生き方・仕事論
  第二講 大市民のためのメディア論
  第三講 大市民のための国際関係論
  第四講 大市民のための教育論
  第五講 大市民のための政治・経済論
  第六講 大市民のための時代論

 抜粋して載せたい箇所はたくさんあるが、季節がら、以下を、

 第五講 大市民のための政治・経済論 「公人としての適性」から一部、以下“”部 引用

 “選挙というのは「風」でするものではない。「はやりの政党」についての人気投票でもない。「公人としての適性」を備えた人を市民代表として議会に送り出すことである。そして、公人としての適性というのは2年3年で評価が一変するはずのないものである。
 ‥‥ 公人としての適性は「自分の反対者を含めて集団を代表する」覚悟に尽くされる。自余のことは副次的なものに過ぎない。
 自分の支持者、賛同者しか代表できない人間はどれほど巨大な組織を率いても「権力をもつ私人」以上のものではない。私は「公人」に統治の場に立ってほしいと願う。
 自由民主主義という語をオルテガは「敵とともに生きる、反対者とともに統治する」ことと定義した。「人間という種族が、これほど美しい、これほど逆説的な、これほど優雅な、これほど軽業に似た、これほど反自然的なことを思いついたことは、信じがたいことだ」とオルテガは書いた。その通りだと思う。”

 著者の本は言葉の定義がきちんとしているので、ニュアンスをつかみやすい。

 最近はYESかNOか、言葉や論理の単純化が進んでいるように思われる。そこで「思考停止」状態にも、、 しかし、世の中は単純ではない、全てを黒白で対応していく社会の行く先が不安である。

 そうは言っても、言っていることの筋が見えない、言っていることとやっていることの辻褄が合わない、向いている方向が違うなどは論外である。

 書評を離れるが、折しも選挙の季節、
 ちょっと立ち止まって、冷静に考えての一票が増えることを期待したい。


  • h27.4.18uchida.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01










楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年04月20日 21時12分52秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年04月11日
カテゴリ:イベント
 サンロード5階の和室が老若男女で賑やか。FBでの呼びかけで、たくさんのいろいろな方に集まっていただいた。 概略紹介のあと、ポストイットを使ってのアイデア出しも、短い時間にたくさん。
 一人ひとりの自己紹介では参加することへの期待感が、そして何よりも、市民の方々が次々に繋がっていくイメージが目に浮かぶ。 
 結果も楽しみだが、共通の思いで共通の目的に進んでいくプロセスが、なお一層きっと面白い。


「習志野HAPPYプロジェクト」って何?
http://nara55.tank.jp/h27.4.11kickoff0.pptx

 立ち上げに至る経緯のご紹介
http://nara55.tank.jp/h27.4.11kickoff1.pptx

 FACE BOOK ページ
https://www.facebook.com/narashino.happy


  • h27.4.11kick1.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年04月12日 19時15分44秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年04月04日
カテゴリ:読書から
土曜午前中の落ち着いた時間、コミュニティカフェ的な雰囲気に満ちたスペース「Art Space Cafepapa」で開催した「習志野ぶっくさろん」

読書会をやってみたいという漠然とした思いは数年前からあったが、昨年秋の市民参加のワークショップで同様のテーマが上がり、弾みがついた次第。


なかなかの難しいテーマをたくさん抱えている時代、皆それぞれが読んだ本や気に入った本を持ち寄り、その「本」を糸口にして、お互いにひとつでもふたつでも、何かどこかに、つながることができれば、、的な感じで、まずは開催してみることに、今日はその初回。

簡単な自己紹介の後、順番に本と資料を交えて、思いおもいに紹介、それを聞いた後、直接間接的に関連した話や質問が思いおもいに飛び出す。どんな話題が出てくるのかわからないのが何とも新鮮でいい。ストーリーの展開も資料のまとめ方も分野も話題もまちまちなのがいい。予定調和でないところもいい。 途中で出たおいしいコーヒーとケーキも楽しみながら、、

集中し過ぎたあまり、メインの写真を撮りはぐってしまった。ケーキも食べ終わってしまった。ので、終了後しまいかけた本などを一部再度出してFB用に撮って終了した。 

肩ひじ張らずの雑談交じりの会合。静かで快適な空間なので、話をするのも疲れません。

次回は6月20日(土)10時から Art Space Cafepapa です。
 主催:夢こむさ習志野
     http://yumecomusa.web.fc2.com/ 

時間と興味がある方、是非、いかがですか?

http://cafepapa.info/mm-home/

https://www.facebook.com/events/443475139142600/



  • h27.4.4book01.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年04月12日 23時19分45秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年03月15日
 千葉県立美術館の改修工事が終了して、開館40周年特別企画展として開催された平山郁夫展。

 被曝体験がある氏が、ライブワークとして取り組んだ作品の数々。魂のこもった本物を見ておくことは、きっと何かの足しになるとの思いで見た。

 シルクロードを旅しての雄大な作品群は素晴らしかったが、それと共に文化財の保護活動や平和を訴える作品も目を引いた。

 作品、“平和の祈り〜サラエボ戦跡〜” の脇に記されたメッセージをメモしたので、以下に。

 「サラエボは画家としての私に、どんな境遇や環境であろうと、平和を祈る作品を描き続けなければならないと改めて覚悟させた。画家にとって感動することが、いかに大事であるかを再認識させた。」

 私利私欲を離れて、ひとつの目的のために一生を尽くした生き方は心に残る。



  • h27.3.15hirayama.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年03月15日 17時15分12秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年03月05日
カテゴリ:読書から
 何故か、ススメがカタカナ、学問のススメを思い出してしまうが、、、

 著者の本というか、エッセイ的な文章は抵抗感がないし構えるところもなく読みやすい。この方の生きてきた道なのだろう、グレーゾーンをそのまま認めている考え方にも無理がない。


 また、年も近く、ギャンブルなどに対する考えも興味深く感じている。

 とりあえずビール、じゃなくて目次

  「頼るものなし」ということ
  正義など通らないのが世の中だ
  生きものとしての勘を磨く
  すぐに役立つものはすぐに役立たなくなる
  人とつるまず、「孤」を知ること
  願わくば七難八苦を与える
  理不尽こそが人を育てる
  例えば「無頼の流儀」とは
  物乞いをするのは廃人と同じ
  終わりなき愚行への想像力を
  恋愛は出会い頭、セックスという「小さな死」
  愛する人の死が教えてくれた
  人間は何をするかわからない生きものだ
  誰でも「事情」を抱えて生きている
  人間を描くのに学校を持ち込まない
  長生きするには「術」がいる
  自分のフォームで流れを読む
  努力、才能、そして運が左右するもの
  むなしく往くから実ちて帰れる
  差し伸べた手にしかブドウは落ちない
  時代にめぐり逢うという不思議
  顔は死生観まで映し出す
  人類などカニみたいなものだ
  安心・安全なんてあるものか
  神や仏にだって頼らない

 以下、本文から、マーカーで特に太く記した部分を抜粋引用

「生きものとしての勘を磨く」 から

 “自分の周りに見たこともないような連中がうるうろしはじめたら、世の中が大きく変わる兆しだと考えなくてはいけない。おそらく戦争もそうだと思います。”

「すぐに役立つものはすぐに役立たなくなる」 から

 “人が生きていく上では、情報より「情緒」が大切です。
例えば、名門と呼ばれるようなゴルフコースには必ず情緒があります。単に趣向を凝らした小奇麗なコースだったら、ブルトーザーで一気にならしていけば、大して時間をかけなくても作れる。でもそこには思わず「ほう」と感嘆してしまうような、歳月を経た、立ち姿のいい、そしてスコアを左右するような木がない。うまく打てても失敗しても、ホールを移動している時にもおよそ感慨がないのです。
情緒には年季というか、歳月がかかる。
それは人間の姿かたち、ふるまいの情緒にも通じることです。”

「人とつるまず、「孤」を知ること」 から
 
 “旅というものは、それと意識しなくても様々なことをその人に教えてくれる。友人も知人もいない、言葉も通じない場所にポツンと身を置くからこそ、自分はいったい何者なのか、世界とは何なのか、それを考えられるのです。”

「例えば「無頼の流儀」とは」 から

 “酒場へ行ったら一人で飲む。
誰かと飲んで別れるときは、一人で路地へ消える。
私がよく「」酒場で騒ぐな「」と言うのは、酒場で大勢で騒ぐ人は、他人とつるんでヒマ潰しをしているだけだからです。そもそも酒場の大声というのは、「私、いま酔っていますよ」とあたりに主張しているようなもの、本来は主張するより謝るべきことです。
仲間と一緒に酒を飲んで騒ぐことで、孤独を忘れられるという人もいる。
しかし、あえて孤塁を守らなければ自分を真剣に見つめることもなく、流れゆく生を見送るだけになってしまいます。”

「物乞いをするのは廃人と同じ」 から

 “何をもって「健康」だというのか。今の自分の健康は医者や検査が決めること?
絶対に違います。人の健康というのは結局自分が決めることで、少々悪いところがあるのは当たり前だろう、統計や数値とは合わないだろうよ、ぐらいに考えておくのが妥当。こんな自分だからダメなところ、おかしいところもあるだろう、そう覚悟しておくことです。”

「人類などカニみたいなものだ」 から
 
 “もともと芸術作品というのは、究極的に言えば解説などなくてもその世界観がすっと分かるような、非常にセンスの優れた何千人かに1人のためにあるのではないかな。その意味では、そういう人たちが文学を志してくれたらいいのだと思います。”

 最後に、最初のページにある「無頼」の定義らしきところに戻って、

 無頼とは「あくまで、その人の心の持ち方、生きる姿勢のことをいう」 か、、‥‥‥なるほどね、、

  • h27.3.4burai.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年03月05日 21時18分37秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年02月26日
カテゴリ:読書から
 著者の名は、だいぶ以前からK倶楽部で聞いて知っていた。

 本書は、20年ほど前にD社が主催する異業種交流会で知り合ったTさんがお薦めの本。


 装丁もいい。今回はそんな本を手に取ってみた。

 まずは目次

  第一章 生き方
  第二章 成功
  第三章 仕事
  第四章 愛
  第五章 情熱
  第六章 幸福
  第七章 夢
  第八章 信念
  第九章 決断
  第十章 行動

 取り上げられた“賢人”は100名、各章毎に登場する“賢人”は10名づつ。世界の各界にその名を残した方ばかり。

 その“賢人”が残した「名言」を切り取り、そこに省察を加えるストーリー。これが2ページ毎、よってシンプルで読みやすいが、サラッと読んでしまえばそれで終わってしまう可能性もある。

 以下、まな板に載せられた言葉から三つほど抜粋。いずれも「行動」の章から

 Q93
 「規則にとらわれずに何ができる?」 ‥ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン

 Q97
 「何を切り開きますか?」 ‥レイ・ロック

 Q99
 「学びを何に活かしますか?」 ‥福沢諭吉

 その中からQ99の中身を以下、引用

“ただ知識を得るだけでは、学んだことになりません。「それ、知ってる」「聞いたことがある」という状態は、学んでいないのと同じことです。
 得た知識は、アウトプットして実際に活用することで、本当の学びになります。
 学んだことを活かすときは、「学びを何に活かそうか?」という質問の答えを実践していきましょう。
 それを実践し、習慣化できたときが、学びが完結した時です。
 いろいろなことを学んでいるのに、「まだまだ足りない」と言っている人は、おそらく何も実践していないのだと思います。
 せっかく学ぶのなら、その学びを何に活かしたいのかを考えていきましょう。”

 ネットの活用で仲間を集められるなど、学んだことを、今ほど行動に移しやすい時代はない。考えるだけでもワクワクする。今までの知識や経験を糧に、面白い企てを妄想してやっていきたい。40年前の扇動とは違った形での「扇動」を‥‥、今、再び。

 それにしても、帯に紹介されているドラッカーの言葉が光っている。

 ‥‥「何をもって憶えられたいかね?」



  • h27.2.25kenjin.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年02月26日 22時25分51秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年02月20日
カテゴリ:読書から
 副題には「僕らのインテリジェンスの磨き方」とある。

 最近の中東での出来事が念頭にあって、目次を見るとそれに関する記事がある程度のページを割いているので、少しでも理解を深められればとの思いで手に取った。

 ここのところ富に「戦争」と名の付く本が目につくようになった。それにも増して、社会の空気の変わり方に戸惑いを覚えている。

 戦前とはこんな時代、あるいはこんな空気だったのかもしれないなどと、良い悪いは別にして、急にその頃の空気が読めるような「気」がしてきたのは「気」のせいかも知れないが、「気」になる。

 さておき、まずは目次

  序 章 日本は世界とズレている
  第一章 地球は危険に満ちている
  第二章 まず民族と宗教を勉強しよう
  第三章 歴史で読み解く欧州の闇
第四章 「イスラム国」で中東大混乱
第五章 日本人が気づかない朝鮮問題
第六章 中国から尖閣を守る方法
第七章 弱いオバマと分裂するアメリカ
第八章 池上・佐藤流情報術5ヶ条
終 章 なぜ戦争論が必要か
 
 以下、ISIL(イスラム国)には直接関係はないが、本文から“”部引用抜粋

 “I:バーレーンが他の国のアラブの春から学んだことは、もう一つありました。それは広場の管理です。エジプトでは人々がカイロのタハリール広場に集まって反政府集会を開いたことが、全世界に報じられ、アラブの春を後押ししました。バーレーンには真珠広場というのがありました。 ‥‥‥ この真珠広場に反政府的な民衆が集まってきたので、政府はアラブの春の二の舞をおそれて広場をつぶしたのです。‥‥‥
 S:日本大学と一緒ですね。70年安保の全共闘紛争以来、日大には集会ができるような大きな広場はありません。”

 ここの記載箇所で、デング熱という理由で閉鎖したあの代々木公園の騒動を思い出した。まことしやかに反原発集会との関連もネット上などでよく取り沙汰されたが、その真意はわからない。
「広場」というひとつの切り口から、仮説を立てて社会の流れを見ていくのも面白いかもしれない。今後はテロなどを考え、人が集まるということでいろいろな管理が進むことも考えられる。

 いずれにしろ、困った時、わからない時の「彰・優」頼みである。もちろん、全てがすべてではないが、、、

 話の筋の一貫性を欠いてしまったが、読後の記録ということで、とりあえずアップ。

  • h27.2.18sensouron.jpg


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年02月20日 22時10分24秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年02月13日
カテゴリ:読書から
 次に京都を訪ねる時のテーマを何にするか。その候補としては今現在三つ持っている。学生の時に庭園の観賞の仕方を教えてくれた借景で有名な北区の寺の再訪、江戸時代に歴史家として著名な方が書斎に使っていたと言われる別荘、そして商社勤めから転じて庭師になった同級生のK君がお薦めの清水寺そばにある寺。 それプラスアルファの情報収集として、この本を手に取ってみた。

 また著者の名前は初めて聞くが、その方との対話も興味津々。


 まずは目次

  第一部 桜

    第一章 平安神宮〈細雪の紅枝垂〉 
   第二章 円山公園〈祇園の夜桜〉
   第三章 常照皇寺〈九重桜〉

  第二部 社寺

    第四章 下鴨神社〈京に着ける夕〉
   第五章 青蓮院 〈楠の巨木〉
   第六章 竜安寺 〈石庭を読み解く〉
 
  第三部

    第七章 紫宸殿南庭〈京の十日間〉
   第八章 仙洞御所 〈“静寂”の庭〉
   第九章 修学院離宮〈帝王の庭〉
   第十章 桂離宮  〈美の意匠〉

 以下に列記したたくさんの文豪の、京の庭や桜に絡んだ作品が紹介されているが、その方々の心の置き場所を理解する上でも興味深い。

  谷崎潤一郎、川端康成、丸谷才一、九鬼周造、福永武彦、芝木好子、夏目漱石、高浜虚子、永井荷風、芥川龍之介、志賀直哉、井上靖、立原正秋、森鴎外、三島由紀夫、大佛次郎、野上豊一郎、和辻哲郎、井上靖

 魅力的な庭園が文豪の言葉と共に紹介されていて、どこに行こうかプラスアルファの選択にも迷うが、それはさておき、庭園を見る時の視点を拡げる上でも大変に参考になる。ここに書かれていることを再度読み直して、今度の庭園散策の時の楽しみとしたい。


  • h27.2.13kyoto.jpg



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年02月13日 22時03分34秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年02月02日
カテゴリ:読書から
 週刊誌やビジネス誌を買わなくなって久しいが、先日、新聞の広告で統計学が特集されているのを目にした。そのまま流してしまっていたが、Hさんのタイムラインで、この統計学の特集を取り上げていたので、あらためて気になってキオスクで買い求めた。

 統計学は、数あるデータ群の中から、どれとどのデータを取り上げ、どのように組み合わせ、そしてどんな関係性にスポットを当てて分析するのか。自分なりの切り口で組み立てられるのが何といっても面白い。

 その結果、どんなものがアウトプットされるのか、PCでグラフや関連性が表示される瞬間がたまらない。

 技術的なテクニックそのものを知るのであれば、専門書を見ればよいのだが、今、社会でどのように注目されているのか、例えばどんなデータが求められているのか、その事例などを本誌で垣間見ることができた。

 統計学をひとりで深めるのは少ししんどい。相談しながら進められる統計学サロンでも開いてみようかななどと、思ったりしているが、、、はてさて、


  • h27.1.31toukei1.jpg


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年02月06日 22時51分59秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年01月24日
テーマ:徒然日記(87745)
カテゴリ:雑記
 昨年暮れの高校の同期会で故人と親しい方から、墓所を聞くことができたので、以前から気になっていて、なかなか行けずじまいになっていたが、やっと今日訪ねることができた。

 道がよくわからず、途中で人に訪ねながら、駅から歩くこと1時間半で到着。


 管理事務所で故人の氏名を言うと、キーを叩き「昭和に亡くなられた方ですね」と言われてすぐに場所がわかった。マーキングした地図をもらい、霊園をいったん出て、花と線香を手に、ほどなく見つけることができた。

 すぐに墓碑に目がいく。昭和47年9月9日21才とある。本当に長いことご無沙汰してしまった。なかなかつかない線香にマッチを擦りながら、40年前の当時にタイムスリップして、しばしの対話。

 京都の下宿に2度ほど訪ねてきて、長期に滞在していった時のことがやはり思い出深い。はぐれた時や待ち合わせの合言葉は「南座で」。 繁華街にあり、なにしろ初めての人でも目につくし便利な場所なので、多分そうしたのだと思う。 南座でという言葉を出すと、何故かお互いに顔を見合わせて笑いあったこともあったような。

 それからしばらくしてだろうか? ある日、下宿にお母さんから電話をいただいた。前後の会話は定かでないが「絶筆があるので送ります」と言われたことだけは鮮明に覚えている。

 しばらくして封書が。多分お母さんの文面を見て、初めて、なぜ亡くなったのかを理解したのだと思う。

 同じクラスになったことはなかったが、短い期間に思い出すことは多い。高校の時はよくギターを弾いていた。卓を囲んだことも。穏やかな口調で、悩んでいることなどみじんも感じさせなかった。ただ一度喫茶店で「事情があって下宿しているんだ」というような話を聞いたような記憶はある。それも、あとでそう言えばという感じで思い出す程度の。

 お墓の右側には13回忌の時の墓碑が、そこには母親としての歌が、

 「純粋に生きて純粋に死にゆきし 吾子羨しとも老いて思ゆる」

 ここまで昇華するのに、大変な心の葛藤があったのでは、、とも。わずか20年余の命も、その純粋さと面影も当時のままに、ここに永遠に記憶されている。

 そのお母さんも同期会の掲示板で、亡くなったことを知ったのはしばらく前、だと思っていたが、今日墓碑を見てもう14年経つことを知った。

 今日は静かに40年前にワープした一日を過ごした。


  • h27.1.24ichikawa3.jpg


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年02月06日 22時58分01秒
コメント(0) | コメントを書く

このブログでよく読まれている記事

全1552件 (1552件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ブログリンク

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

「年60%・1月あ… New! えむ5678さん

朝日デジタルの書評… New! Mドングリさん

ネパールで地震! New! みらい0614さん

健やか(にこにこ) New! ayatan0808さん

コメント新着

 kaitenet@ Re[1]:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) 熊坂仁美さん >こんにちは。本を読んでい…
 熊坂仁美@ Re:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) こんにちは。本を読んでいただきありがと…
 バーバリーブルーレーベル 店舗@ kdgnarbf@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
 しぐま@ Re:円形校舎探訪(06/13) こんにちはー。 その辺にに住んでいる者な…
 林 裕幸@ アクセスアップ このメールは、ブログのアクセス数を増や…

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

購入履歴

ニューストピックス

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.