ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

フリーページ

モバイル

ケータイ
スマートフォン

全1547件 (1547件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2015年02月26日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:読書から
 著者の名は、だいぶ以前からK倶楽部で聞いて知っていた。

 本書は、20年ほど前にD社が主催する異業種交流会で知り合ったTさんがお薦めの本。


 装丁もいい。今回はそんな本を手に取ってみた。

 まずは目次

  第一章 生き方
  第二章 成功
  第三章 仕事
  第四章 愛
  第五章 情熱
  第六章 幸福
  第七章 夢
  第八章 信念
  第九章 決断
  第十章 行動

 取り上げられた“賢人”は100名、各章毎に登場する“賢人”は10名づつ。世界の各界にその名を残した方ばかり。

 その“賢人”が残した「名言」を切り取り、そこに省察を加えるストーリー。これが2ページ毎、よってシンプルで読みやすいが、サラッと読んでしまえばそれで終わってしまう可能性もある。

 以下、まな板に載せられた言葉から三つほど抜粋。いずれも「行動」の章から

 Q93
 「規則にとらわれずに何ができる?」 ‥ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン

 Q97
 「何を切り開きますか?」 ‥レイ・ロック

 Q99
 「学びを何に活かしますか?」 ‥福沢諭吉

 その中からQ99の中身を以下、引用

“ただ知識を得るだけでは、学んだことになりません。「それ、知ってる」「聞いたことがある」という状態は、学んでいないのと同じことです。
 得た知識は、アウトプットして実際に活用することで、本当の学びになります。
 学んだことを活かすときは、「学びを何に活かそうか?」という質問の答えを実践していきましょう。
 それを実践し、習慣化できたときが、学びが完結した時です。
 いろいろなことを学んでいるのに、「まだまだ足りない」と言っている人は、おそらく何も実践していないのだと思います。
 せっかく学ぶのなら、その学びを何に活かしたいのかを考えていきましょう。”

 ネットの活用で仲間を集められるなど、学んだことを、今ほど行動に移しやすい時代はない。考えるだけでもワクワクする。今までの知識や経験を糧に、面白い企てを妄想してやっていきたい。40年前の扇動とは違った形での「扇動」を‥‥、今、再び。

 それにしても、帯に紹介されているドラッカーの言葉が光っている。

 ‥‥「何をもって憶えられたいかね?」



  • h27.2.25kenjin.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年02月26日 22時25分51秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年02月20日
カテゴリ:読書から
 副題には「僕らのインテリジェンスの磨き方」とある。

 最近の中東での出来事が念頭にあって、目次を見るとそれに関する記事がある程度のページを割いているので、少しでも理解を深められればとの思いで手に取った。

 ここのところ富に「戦争」と名の付く本が目につくようになった。それにも増して、社会の空気の変わり方に戸惑いを覚えている。

 戦前とはこんな時代、あるいはこんな空気だったのかもしれないなどと、良い悪いは別にして、急にその頃の空気が読めるような「気」がしてきたのは「気」のせいかも知れないが、「気」になる。

 さておき、まずは目次

  序 章 日本は世界とズレている
  第一章 地球は危険に満ちている
  第二章 まず民族と宗教を勉強しよう
  第三章 歴史で読み解く欧州の闇
第四章 「イスラム国」で中東大混乱
第五章 日本人が気づかない朝鮮問題
第六章 中国から尖閣を守る方法
第七章 弱いオバマと分裂するアメリカ
第八章 池上・佐藤流情報術5ヶ条
終 章 なぜ戦争論が必要か
 
 以下、ISIL(イスラム国)には直接関係はないが、本文から“”部引用抜粋

 “I:バーレーンが他の国のアラブの春から学んだことは、もう一つありました。それは広場の管理です。エジプトでは人々がカイロのタハリール広場に集まって反政府集会を開いたことが、全世界に報じられ、アラブの春を後押ししました。バーレーンには真珠広場というのがありました。 ‥‥‥ この真珠広場に反政府的な民衆が集まってきたので、政府はアラブの春の二の舞をおそれて広場をつぶしたのです。‥‥‥
 S:日本大学と一緒ですね。70年安保の全共闘紛争以来、日大には集会ができるような大きな広場はありません。”

 ここの記載箇所で、デング熱という理由で閉鎖したあの代々木公園の騒動を思い出した。まことしやかに反原発集会との関連もネット上などでよく取り沙汰されたが、その真意はわからない。
「広場」というひとつの切り口から、仮説を立てて社会の流れを見ていくのも面白いかもしれない。今後はテロなどを考え、人が集まるということでいろいろな管理が進むことも考えられる。

 いずれにしろ、困った時、わからない時の「彰・優」頼みである。もちろん、全てがすべてではないが、、、

 話の筋の一貫性を欠いてしまったが、読後の記録ということで、とりあえずアップ。

  • h27.2.18sensouron.jpg


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年02月20日 22時10分24秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年02月13日
カテゴリ:読書から
 次に京都を訪ねる時のテーマを何にするか。その候補としては今現在三つ持っている。学生の時に庭園の観賞の仕方を教えてくれた借景で有名な北区の寺の再訪、江戸時代に歴史家として著名な方が書斎に使っていたと言われる別荘、そして商社勤めから転じて庭師になった同級生のK君がお薦めの清水寺そばにある寺。 それプラスアルファの情報収集として、この本を手に取ってみた。

 また著者の名前は初めて聞くが、その方との対話も興味津々。


 まずは目次

  第一部 桜

    第一章 平安神宮〈細雪の紅枝垂〉 
   第二章 円山公園〈祇園の夜桜〉
   第三章 常照皇寺〈九重桜〉

  第二部 社寺

    第四章 下鴨神社〈京に着ける夕〉
   第五章 青蓮院 〈楠の巨木〉
   第六章 竜安寺 〈石庭を読み解く〉
 
  第三部

    第七章 紫宸殿南庭〈京の十日間〉
   第八章 仙洞御所 〈“静寂”の庭〉
   第九章 修学院離宮〈帝王の庭〉
   第十章 桂離宮  〈美の意匠〉

 以下に列記したたくさんの文豪の、京の庭や桜に絡んだ作品が紹介されているが、その方々の心の置き場所を理解する上でも興味深い。

  谷崎潤一郎、川端康成、丸谷才一、九鬼周造、福永武彦、芝木好子、夏目漱石、高浜虚子、永井荷風、芥川龍之介、志賀直哉、井上靖、立原正秋、森鴎外、三島由紀夫、大佛次郎、野上豊一郎、和辻哲郎、井上靖

 魅力的な庭園が文豪の言葉と共に紹介されていて、どこに行こうかプラスアルファの選択にも迷うが、それはさておき、庭園を見る時の視点を拡げる上でも大変に参考になる。ここに書かれていることを再度読み直して、今度の庭園散策の時の楽しみとしたい。


  • h27.2.13kyoto.jpg



 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年02月13日 22時03分34秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年02月02日
カテゴリ:読書から
 週刊誌やビジネス誌を買わなくなって久しいが、先日、新聞の広告で統計学が特集されているのを目にした。そのまま流してしまっていたが、Hさんのタイムラインで、この統計学の特集を取り上げていたので、あらためて気になってキオスクで買い求めた。

 統計学は、数あるデータ群の中から、どれとどのデータを取り上げ、どのように組み合わせ、そしてどんな関係性にスポットを当てて分析するのか。自分なりの切り口で組み立てられるのが何といっても面白い。

 その結果、どんなものがアウトプットされるのか、PCでグラフや関連性が表示される瞬間がたまらない。

 技術的なテクニックそのものを知るのであれば、専門書を見ればよいのだが、今、社会でどのように注目されているのか、例えばどんなデータが求められているのか、その事例などを本誌で垣間見ることができた。

 統計学をひとりで深めるのは少ししんどい。相談しながら進められる統計学サロンでも開いてみようかななどと、思ったりしているが、、、はてさて、


  • h27.1.31toukei1.jpg


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年02月06日 22時51分59秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年01月24日
テーマ:徒然日記(87436)
カテゴリ:雑記
 昨年暮れの高校の同期会で故人と親しい方から、墓所を聞くことができたので、以前から気になっていて、なかなか行けずじまいになっていたが、やっと今日訪ねることができた。

 道がよくわからず、途中で人に訪ねながら、駅から歩くこと1時間半で到着。


 管理事務所で故人の氏名を言うと、キーを叩き「昭和に亡くなられた方ですね」と言われてすぐに場所がわかった。マーキングした地図をもらい、霊園をいったん出て、花と線香を手に、ほどなく見つけることができた。

 すぐに墓碑に目がいく。昭和47年9月9日21才とある。本当に長いことご無沙汰してしまった。なかなかつかない線香にマッチを擦りながら、40年前の当時にタイムスリップして、しばしの対話。

 京都の下宿に2度ほど訪ねてきて、長期に滞在していった時のことがやはり思い出深い。はぐれた時や待ち合わせの合言葉は「南座で」。 繁華街にあり、なにしろ初めての人でも目につくし便利な場所なので、多分そうしたのだと思う。 南座でという言葉を出すと、何故かお互いに顔を見合わせて笑いあったこともあったような。

 それからしばらくしてだろうか? ある日、下宿にお母さんから電話をいただいた。前後の会話は定かでないが「絶筆があるので送ります」と言われたことだけは鮮明に覚えている。

 しばらくして封書が。多分お母さんの文面を見て、初めて、なぜ亡くなったのかを理解したのだと思う。

 同じクラスになったことはなかったが、短い期間に思い出すことは多い。高校の時はよくギターを弾いていた。卓を囲んだことも。穏やかな口調で、悩んでいることなどみじんも感じさせなかった。ただ一度喫茶店で「事情があって下宿しているんだ」というような話を聞いたような記憶はある。それも、あとでそう言えばという感じで思い出す程度の。

 お墓の右側には13回忌の時の墓碑が、そこには母親としての歌が、

 「純粋に生きて純粋に死にゆきし 吾子羨しとも老いて思ゆる」

 ここまで昇華するのに、大変な心の葛藤があったのでは、、とも。わずか20年余の命も、その純粋さと面影も当時のままに、ここに永遠に記憶されている。

 そのお母さんも同期会の掲示板で、亡くなったことを知ったのはしばらく前、だと思っていたが、今日墓碑を見てもう14年経つことを知った。

 今日は静かに40年前にワープした一日を過ごした。


  • h27.1.24ichikawa3.jpg


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年02月06日 22時58分01秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年01月21日
カテゴリ:読書から

 昨年夏、集団的自衛権にどのように対応したのか、深読みができる著者の考えを知りたくて手に取ってみた。

 まずは目次

  第一章 集団的自衛権容認の真相
       ― 公明党は本当に押し切られたのか
  第二章 歴史的に見た創価学会、公明党、日蓮正宗
  第三章 「池田大作」の思想と行動
  第四章 “うさんくささ”と政教分離をめぐる攻防
  第五章 創価学会インタナショナル(SGI)と世界宗教
  第六章 いまを生きる宗教
       ― 一キリスト教徒の視点から

 以下、あとがきから

 “本書を書いた動機は、創価学会について知っておくことが、現在と将来の日本と世界を知るために不可欠と私が確信しているからだ。”

 “創価学会とこの宗教団体を支持母体とする公明党が、日本の平和を維持する上で重要な役割を果たしているにもかかわらず、そのことがなかなか理解されない。
 創価学会に反感を覚える人、宗教に無関心な人、熱心な創価学会員、両親が創価学会員である関係で自分も学会員になっているが活動には熱心でない人、恋人が創価学会員であるために両親から交際をやめろと言われている人などを頭に浮かべながらこの本を書いた。創価学会員に対する好き嫌いといった感情をひとまず脇に置いて、現実に存在する創価学会を等身大で見てほしいのである。”

 文字通り、このあとがきに書かれているような考えで本書を読み進めてきた。

 理解できていないところもあるが、最後にもう一か所、あとがきから以下引用してみたい。

 “近現代人が無意識のうちに信じている宗教が三つある。
  第一は拝金教だ。貨幣は商品交換、すなわち人間と人間の関係から生まれるにもかかわらず、人間は貨幣自体に価値や力があると思ってしまう。一万円札を作製するのに必要とされる原価は二十円に過ぎない。それで一万円分の商品やサービスが購入できるという常識が宗教なのである。 第二が出世教だ。資本主義の競争原理がそのまま人生観になってしまっている。子供の「お受験」から始まり、出世だけを目的にして、人間としての価値を見失っている人が多いのは残念だ。 第三がナショナリズムだ。自らの生命を国家や民族のために捧げるというのは、世俗的に変容した宗教である。しかし、人間が国家を作ったのであり、国家が人間を作ったのではない。人間が国家や民族を崇拝するのは、まさに疎外である。
  この三つの宗教は、いずれも人間が作り出したものだ。それにもかかわらずこの人造宗教に人間は振り回されている。戦争が勃発するときには、資本の利益、将軍や政治家の出世欲、ナショナリズムが例外なく機能している。これらの転倒した、禍をもたらす宗教からどのように解放されるかが、二十一世紀のわれわれが直面する重要な課題と思う。
 創価学会の平和主義を研究することによって、われわれは近現代人が無意識のうちに抱いている転倒した宗教を脱構築する指針を得ることができるのである。”

 
 ところで集団的自衛権については、著者がどのような読みをしたのか、ここではあえて触れないが、著者の仮説を頭に入れながら、これからの対応をじっくり見ていきたい。



  • h27.1.20souka.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年01月21日 22時08分36秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年01月18日
カテゴリ:読書から
 副題には「あなたの時間価値はどこまで高められるか」とある。

 まずは 目次

  第一部 時間資本主義の到来
   第一章  人類に残された制約条件「時間」
   第二章  時間価値の経済学
   第三章  価値連鎖の最適化から一人ひとりの時間価値最適化へ

  第二部 時間にまつわるビジネスの諸相
   第四章  時間そのものを切り売りする
   第五章  選択の時間
   第六章  移動の時間
   第七章  交換の時間

  第三部 あなたの時間価値はどのように決まるのか
   第八章  人に会う時間を作れる人、作れない人
   第九章  公私混同の時代
   第十章  時間価値と生産性の関係

  第四部 時間価値を高めるために 場所・時間・未来
   第十一章 時空を超えて
   第十二章 巨大都市隆盛の時代
   第十三章 思い出の総和が深遠な社会へ

 

 以下、本文からいくつか抜粋引用

 “「かたまり時間」が価値を持ち、「すきま時間」が無価値であるという従来のパラダイムが大きく変わってきている。スマホの登場によって、私たちが偶発的に獲得する数分間、あ

るいは数秒間という「すきま時間」に息吹が与えられ、意味ある時間として新たな輝きを保持し始めたためである。”

 “SNSのタイムラインがキュレーションの役割を果たしていくのではないかと考えられる。興味や関心の近い人や分野は違えども面白い考え方をする人をフォローしていれば、彼ら

の関心のあるニュース・記事が自ずとタイムラインに流れるようになる。そこにはきっと、自分が検索しただけではたどり着けないような、遠い世界の情報もあるだろう。わざわざキュ

レーションサービスを使わずとも、それで十分という人もいるはずだ。”

 “情報集積度が高い人には、さらに多くの人からの情報アクセスがあり、その集積度合いは急速に増していく。これはクリエイティビティの格差につながり、ひいては「金額的」労働

生産性の格差となり、収入の格差となる。こうなると第二次産業のときに想定していた時間あたりの「量的」労働生産性の意味が希薄化し、偶発的クリエイティビティを高いヒントで発

生させられる組織や個人が、超過利潤を獲得する世界が生まれてくる。”

 “クリエイティビティあふれる人が輝ける環境づくりの有無は、究極的に重要な要素となる。‥‥ 有能な人材が集まりやすい企業づくりとは、多様性への寛容さだと思われる。そし

て、有能な人材が経験値を積める場所、他の有能な人材と自由につながれる時間と空間づくりが、他の企業との差別化に最終的にはつながることになるだろう。”

 “‥‥ 私たちが取るべき行動は、クリエイティビティに価値があることを認めることだ。‥‥ あらゆる仕事に、クリエイティビティな側面を見出し、改良、改善、刷新して付加価

値を出していこうとすることは、すべての人が今後やっていくべきことになる。”


 企業や個人のこれからの時間への要求は、「時間効率化」から、もう既に、創造的で豊かな時間を過ごす「時間快適化」へシフトしつつある。

 「時間価値」‥時間をどう過ごすか、この価値観は人それぞれであるが、いずれにせよ、これを高めることが満足感や幸福感につながるのは間違いない。
そのような中でクリエイティビティを希求していくことは、とても需要なことであると改めて感じさせてくれた。

 P.S.
 191ページの図は1日の時間を考える上で、なかなか面白い図


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h27.1.18jikanbook.jpg




 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年01月18日 20時26分17秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年01月11日
カテゴリ:読書から
 ちきりん‥‥この変わった名前を書店で見かけるようになったのが数年前。ペラペラとめくってはいたが、昨年暮れにその一冊を入手した。

 ネットの世界では「知る人ぞ知る」の存在であることは何となくわかったが、そのブログを訪れたことはなかった。


 まずは、以下 目次

  裏を知る篇

   第一章 出発点
    日記からブログへ
    ブログ開始にあたって
    ネット上での個人情報開示
    初期のブログ

   第二章 ブレーク!
    最初の転換点 ネットの有名人へ
    第二の転換点 ネットの外へ
    意識的なブログ運営の始まり
    ブランディングのために

   第三章 自分のメディアへ
    メディア価値を高めるために
    自分のメディアを作るための5ヶ条
    自分と読者のためのルール

   第四章 今、そしてこれから
    読者と向き合う視点 
    つながる危険と可能性
    ここまで大きくなりました!
    自分のためのブログ活動
    ちきりんブログの成功の理由

  表を読む篇
    GROWTH
    CAREER
    RELATION
    EDUCTION
    POLITICS
    BUSINESS

 以下、第三章の自分のメディアへから引用抜粋
 
 “私の場合は、ライターになりたいわけでも、本業のプロモーションをしたいわけでもありませんでした。さらに言えば、ブログをむやみに多くの人に読んでもらい、ページビューを最大化することも、目標ではありません。そうではなく、「何か面白いことができる、自分の場所を持ちたい」という考えの方が大きかったのです。
 自分が運営する場所(サイト)、自分のメディアを持ち、そこに前述したような共通点を持つ、価値観の似たタイプの読者が多数集まるようになれば、アクセス数が増えて広告料が入るなどというレベルを超えて、様々な新しい(そして楽しい)試みが可能になる。そう確信していました。”

 著者曰く、IT時代に諸ツールと運よく出会ったという、単なる偶然のいたずらで、ここまで面白いことを実行してきたという実績は目を引く。そこで単に目先の営利に走るとかではなく、自分のやりたいことを貫いている姿勢も参考になる。

 IT革命期にあって、何が、どんなものが生まれ育っていくのかわからない時代、やはり、トライ&エラーで好きなことを継続していくことが、ステータスであるという時代に、既に突入しているのかもしれない。

 最後に再度、本文から以下引用

 “いつも感じるのは「すごいのは私じゃなくて、私を見つけた人たちだ」ということです。スゴイのは「無名だったのに、500席の講演チケットが完売する人気者になった私」ではなく、何の権威の裏付けもなく、テレビにも出ていない妙な名前の書き手の講演に、お金と時間を費やしてやってくる人たちが大勢いるということです。そういう人がここまで増えてきたことこそが、今までとは違う時代を作り始めているのです。
 同じことは文章の分野だけでなく、ニコニコ動画やYoutubeを通して、歌やダンス、絵や料理など、様々な分野で起こりつつあります。これからも多彩な才能が日本から、そして世界中から見いだせることでしょう。本当に楽しみな時代になったと思います”

 しかり! 本当に楽しみな時代になった!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h27.1.11chikirin.jpg



 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年01月11日 22時03分36秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年01月07日
 Mさんにチケットを送っていただいたので、会社の帰りに会場を訪ねた。
 案内にはそれぞれの流派が一堂に会した作品展で、今回が59回目、今までで計88名になるという解説が。
 20名それぞれのコーナーに顔写真、簡単なプロフィールとコメント、平均一人4点くらいの出展だろうか。
 今回の観賞目的のH氏、この中では最年少の一人のよう、コメントに「一木一草の作品を出展できたことは望外の喜び」とある。平仮名まじりのこの書は、ここ最近の氏の特徴である、線を抜くところでの繊細さも含んだ大作である。
 しばし、作品と対峙し、代理再会を楽しんで引き上げた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h27.1.jpg


 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年01月10日 19時50分23秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年01月06日
カテゴリ:へええ~!
 先日、Aさんのタイムラインに紹介があったので、早速、ネットで探してオーダー、先ほど届いた。

 これからの仕事はどんなものでも、どこかに創造力を含んでいないときっといけない。

 四角四面では発想の巾も広がらない。


 事務所の雰囲気を、より柔らかくするための小道具の一つとして、試しに使ってみようかな??

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


  • h27.1.3kinshi.jpg


 
 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
千葉コワーキングスペース「シンフォニア」
--------------------------------------------------------------------------





  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01


 






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2015年01月10日 19時48分52秒
コメント(0) | コメントを書く

全1547件 (1547件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ブログリンク

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

[メール更新]個別銘… New! えむ5678さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

どうして誰も救えな… New! みらい0614さん

パワー半導体は確実… New! toms2121さん

フェルメールの青、… New! Mドングリさん

コメント新着

 kaitenet@ Re[1]:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) 熊坂仁美さん >こんにちは。本を読んでい…
 熊坂仁美@ Re:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) こんにちは。本を読んでいただきありがと…
 バーバリーブルーレーベル 店舗@ kdgnarbf@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
 しぐま@ Re:円形校舎探訪(06/13) こんにちはー。 その辺にに住んでいる者な…
 林 裕幸@ アクセスアップ このメールは、ブログのアクセス数を増や…

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

購入履歴

ニューストピックス

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.