ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥

フリーページ

モバイル

ケータイ
スマートフォン

全1614件 (1614件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2016年05月02日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:読書から


 副題にはRIVの法則(基本編)とある。

 先日、休日出社のコメントを載せたら、Tさんから「帰りにでも寄りませんか、本をプレゼントします」との嬉しいメッセージが、、早速連絡をして手にした。

 最初にまず、20ページ程度の自己紹介文を読んで著者の来歴を知り、その時に、この本の内容に、絶対に間違いはないと確信して、一気に読んでしまった。

 以下目次

 Chapter1 はじめに言葉ありき

  「言」「家」「自」「分」「命」「息」「生」「活」「人」「「運」「氣」「叶」「幸」

 Chapter2 キトキトの根源は「RIVの法則」

  RIVの法則
  ・リラックス
  ・アイデンティティ
  ・ビジョン
  頭を柔らかくする 気づき力
  ・事前に気づくこと
  ・気づきは築き
  ・自分に気づく
  心のアンテナを伸ばす 共感力
  ・ITで薄らぐ共感力
  ・すべてのものに感謝する心
  ・「ありがとう」と「おかげさま」
  ・自然との共感
  ・ほめることの大切さ
  ・共感力を阻害するもの
  ・体を緩めて整える リラックス
  ・力を抜く
  ・病気と健康

 Chapter3 組織の中でキトキトに生きる

  自己を見つめる
  ・自己効力感を高める
  ・自分の奥底を覗く方法
  他者との距離感を考える
  ・まず発信上手を目指そう
  ・聴き上手に徹底しよう
  ・すべての人に100%を目指さない
  ・困った時に、一人で抱え込まない
  組織の中での自分と相手
  ・御輿は見越し
  ・メンターを目指そう
  ・不良長寿、高貴高齢者を目指して

 つい先だって、新入社員教育で話した内容と、見事にかぶる部分がある。一週間足らずの間に、内容的にこうも共振共鳴するものに出会うとは、不思議感が一杯! 先日の話の内容が更に強固に裏打ちされた感じ、もっとも当然ながらそればかりではない。 新鮮かつ、新しい発見につながる部分が多数にわたってある。

 それらを含めて、以下、本文からごく一部分を抜粋引用。

 “古代国家ではシャーマンが大きな力を持っていました。神や精霊と直接交渉し、神託・予言・治療などを行うシャーマンの言葉の影響力は大きく、その言葉で悪霊が払われ、難病が実際に治ったといいます。現代医学でもプラセボ効果があります。プラセボ効果とはプラシーボ効果ともいい、デンプンや生理食塩水などを「よく効く薬だ」と言って患者に飲ませると実際に効果があるという現象です。それだけ言葉には重みがあるのも事実です。”

 “他にもいろいろな分け方があります。たとえば、同じ自分だけれど、過去、現在、未来で分けると、そこにいるのは、決して同じ自分ではありません。人は時とともに変わっていきます。こうした時系列的な分け方の他にも、本音と建前、現実と理想といった思考的なもの、そして感情的なもの、身体的なものというとらえ方もできます。一度上手に自分を整理する、つまり「分ける」ことができれば、さまざまな事実がどんどん出てきて、自分自身をより「わかる」ことができるのです。”

 “「息」という漢字を見てみると、「自分の心」と書きます。つまり自分自身の心のありようが、息=呼吸に反映され、それが生きることにつながっているのです。
 そこで「生きる」ということを難しい哲学的な理論で考えるのではなく、普段の自分自身の呼吸に注目して考えれば、よりわかりやすくなります。”

 “よく「運がいい」とか「運が悪い」などといいます。「運」という漢字は、「運ぶ」とも読みます。何を運ぶかというと、自分自身を運ぶのです。
 ‥‥‥運ぶといっても、どこへ自分自身を運ぶのかが重要なポイントになります。そのためには、できるだけ視野=気づきを広げて、運ぶことができる場所を多く見つけ出すことが大切なのです。こうして選択の範囲を広げれば、当然、選べる場所の数が増えていきます。そしてそのなかで一番いい場所へ自分を運ぶのです。そうなると運も偶然ではありません。自分自身で運べるものとなります。つまり、いい気づきを持っていると、さらにいいことが起こるということになるのです。
 では、いい場所は、どこにあるのでしょうか?見つけ方にはコツがあります。それはいい運び場所には必ず「キトキト」な人がいることが多いということです。
 ‥‥‥日ごろから「キトキト」のアンテナを張っておき、キトキトの思わぬ電波を拾ったら、すぐさまその場所に駆けつけましょう。”

 “自然界は、理想的なリサイクル社会です。持ちつ持たれつは、食物連鎖などを見ても明らかです。弱肉強食といいますが、無益な殺生は一切しません。そして生命は環境変化に敏感で、そのつど巧みに進化しています。こうして自然界に目を向けると、当たり前のことがものの見事にシステム化された理想的な「共感」の世界がそこにあります。
 ‥‥‥自然界には共存共栄の世界観があふれています。無駄な生物は存在しません。その根底には、目に見えない「共感」という強い絆が隠されているからではないでしょうか。”

 

 心理学的な側面をも踏まえての内容は、納得感が充満、、また、安岡学にも通じる何かを感じた、、、

 現在の世の中は、この本にも書かれている「心」「体」「頭」の3つのバランスに、ややもすると欠けているようにも思われる。
 
 企業の教育関係者の方や人の育成に関わっている方々にも是非ともオススメしたい本です。

 「心」「体」「頭」のバランス、今こそ、、、

 ところで、この本との出会いも好縁によるもの、Tさんをはじめとして、思えば1990年代にダイヤモンド社が主催する異業種交流会で知り合った方々だった。




  • IMG_1273.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
備前焼アクセサリー&雑貨
--------------------------------------------------------------------------


  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01










楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年05月02日 23時23分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月16日
カテゴリ:雑記
新しい事業所を建てる際に募集があった「タイル募金」

描くものは何でもOKとのことだったので。苗字の1文字を記念に残したいと思い、10cm四方の「鼈」を描いたのが12月半ば。
昨日、建物が竣工したというので、そのタイルの写真を撮影してもらった。タイルにキチンとうつりこんでいる! 感動!

募金形態も多様化しているが、知恵を絞ればいろんなことができる。こういうタイル募金もいいな!

 「鼈」の字


   http://kakijun.jp/page/suppon25200.html


  • IMG_0893.jpg
  • IMG_7677.jpg


  • IMG_0801.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





 耳より情報
--------------------------------------------------------------------------
元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
--------------------------------------------------------------------------
津田沼囲碁クラブ
--------------------------------------------------------------------------
薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
--------------------------------------------------------------------------
「習志野防災かるた」が完成
--------------------------------------------------------------------------
わくわく習志野」リニューアル版をアップ
--------------------------------------------------------------------------
足で拾ったビジュアル習志野情報
--------------------------------------------------------------------------
習志野の民話が形(本)になりました
-------------------------------------------------------------------------- 
 銀座 「苗」
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニアネットワーク・習志野
--------------------------------------------------------------------------
夢こむさ習志野
--------------------------------------------------------------------------
アクティブシニア先生業養成講座
--------------------------------------------------------------------------
備前焼アクセサリー&雑貨
--------------------------------------------------------------------------


  mymedya


  shoseki


  h23.3.11shinsai01











楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年04月16日 23時48分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月02日
カテゴリ:雑記

フェイスブックで教えてもらった情報をもとに、夕刻に将軍塚を訪ねた。 案の定、絶景かな、観光客も少なく、静かにゆっくりと桜共々楽しめた。

そのあと、円山公園の名物、枝垂れ桜、こちらは人、人、人の波、このような宴が久しく続いているのだろうと、歴史に思い馳せながら、、、


  • 20160402_081016207_iOS.jpg
  • 20160402_081025968_iOS.jpg
  • 20160402_081109480_iOS.jpg
  • 20160402_092238977_iOS.jpg
  • 20160402_092353728_iOS.jpg


耳より情報
-------------------------------------------------------------------------------
【一流の"おもてなし"を毎週1分で学べるメールレッスン】
今まで、VIP顧客のコンシェルジュとしてキャリアを培ってきた、
網野麻理さんが無料のメールレッスン『おもてなし気配接客』を
開設されました。
網野さんはミス・ユニバースの教育や、大手企業からも講演を
依頼される”おもてなしのプロ”として活動されています。
基本中の基本から、世界でも通用するおもてなしまで。
気軽に学んでみたい!と考えている方は、ぜひご登録ください。
ご登録特典動画もプレゼント中です!
→http://omotenashi-consulting.jp/mailmag/?FBnozaki

また、~最低限これだけは知っておきたい~
「おもてなしの基本」というセミナーも開催されるそうです。
詳細はこちらからご覧ください
→http://omotenashi-consulting.jp/omotenashi-ks-seminar/?FBnozaki

  • omotenashi-mailmag.jpg

  • -------------------------------------------------------------------------------














    楽天SocialNewsに投稿!

    最終更新日  2016年04月08日 13時29分35秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2016年04月01日
    カテゴリ:雑記
    新しい年度が始まった。エレベーターの仕事についてから、ちょうど丸40年目に、、、春夏秋冬、一巡りしたら定年になる。

    季節を感じながらの通勤で目にする風景も、その一つひとつが一期一会。 そんなことを思いながら会社に向かう朝の一枚。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


    • 995383_10207833590950274_7626306201480231572_n.jpg


    • 耳より情報
      -------------------------------------------------------------------------------
      【一流の"おもてなし"を毎週1分で学べるメールレッスン】
      今まで、VIP顧客のコンシェルジュとしてキャリアを培ってきた、
      網野麻理さんが無料のメールレッスン『おもてなし気配接客』を
      開設されました。
      網野さんはミス・ユニバースの教育や、大手企業からも講演を
      依頼される”おもてなしのプロ”として活動されています。
      基本中の基本から、世界でも通用するおもてなしまで。
      気軽に学んでみたい!と考えている方は、ぜひご登録ください。
      ご登録特典動画もプレゼント中です!
      →http://omotenashi-consulting.jp/mailmag/?FBnozaki

      また、~最低限これだけは知っておきたい~
      「おもてなしの基本」というセミナーも開催されるそうです。
      詳細はこちらからご覧ください
      →http://omotenashi-consulting.jp/omotenashi-ks-seminar/?FBnozaki

    • omotenashi-mailmag.jpg

    -------------------------------------------------------------------------------









    楽天SocialNewsに投稿!

    最終更新日  2016年04月08日 13時02分11秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2016年03月21日
    カテゴリ:読書から
     情報という言葉が頻繁に使われるようになってだいぶ経つ。情報はいつの時代でも、どこでも存在するものであるけれど、やはり、近年ネットやSNSの出現に出現によって、その取扱う幅と量が格段に増えた。また、個々人のアクティブな発信によって、ともすれば、その洪水情報に接するあまり、時間配分のバランスが崩れてしまう。

     そんな時代、情報をどう扱っていけば良いのか、参考のために読んでみた。

     以下目次

     1.情報の拾い方
     2.情報の読み方
     3.情報のつなげ方
     4.情報の出し方


     以下、本文から””部、抜粋引用

     “専門的な知識を大量に仕入れるには本が適しているというのは、言うまでもないことかもしれないが、それだけではなく、その著者の思考パターンやロジックを知ることができる点も大きい。
     ‥‥しかし、それだけではなく、そうした幅広い知識や教養を持つ人が、どのような思考のプロセスをたどるのか、その結果、どのような深く広い思考にたどり着いたのかも、垣間見ることができる。これは知的興奮を伴う体験でもあるし、何より面白い。”


     “より平たく言えば、新しい情報を得た際に、「そういうことがあったのか」という感想でとどまるのではなく、「それはあの件とどう関連するのか」「それは、この前のあの情報と矛盾しないか」「それによって、こうなるのではないか」と常に考えられるようにする。それがループを作る意味である。
     情報は単体で持っていても意味がない。「つながり」が重要なのである。情報をループにつなげる力が勝負になる。それは言い換えれば、自分の頭で仮説を作る力ということである。”

    “この「実は世の中は全部つながっている」という感覚は、情報を扱う上で非常に重要だと言える。ニュースのループを作るには、この感覚が必須だ。世界各地で起きている出来事は、一見バラバラに起きているように見えるが、実は全てが有機的につながっていると考えることができる。
    ニュースの意味をよく読み解くには、この前提のもと、個々のニュースや事象のつながりを見出し、なるべく具体的なループにしてみることだ。事件・情報を幅広く探り、一見つながりがないこととの接点を見つけ、仮説にまで広げていく。そしてさらに、今後それが「誰に(何に)」「どのような影響を及ぼすのか、世間がどう変化するか、まで予想するのだ。”

     “私は新聞を読むときでも、大きなニュースはもちろん目を通すとして、意識的に小さいニュースを読み込むようにしている。小さいニュースほど、実は世の中の新しい動きやトレンドを拾っていることが多いからだ。
     具体的には、いわゆるベタ記事とされる一段くらいの小さい記事だ。新聞社やテレビ局、ラジオ局でニュースを選別するプロたちは、将来的に問題になりそうな情報を見抜く力がある。長年ニュースを扱い、何か新しいことはないかと常に探しているからこそ「兆し」のようなものが見えるのだ。ただし大きく扱う理由や確証がないため、とりあえず小さく扱われる。プロの心に最後に引っかかったニュースと言ってもいい。だから私は読みながら「ニュースの目利きたちが、これは捨てられないという感覚で選んだんだろうな」などと思いを馳せるようにしている。”



     やはり、情報は有効につながった時、それも意外性がある思わぬつながりをイメージできた時などは、何よりも嬉しい。 ここでの肝は、やはり第三章「情報のつなげ方」かな、ここでいうところのループに組み込むことかな。

     そのために日常、情報の過少に惑わされずに良質の情報を採取し、インプットとアウトプットのサイクルを回して内容を補強・強化しておくと共に、それをいつでも引き出して使えるようにしておくことが肝要ということになるのだろう。

     情報の目的は、極めてわかりやすくてシンプルのような気がする。端折りすぎだろうか??

    • h28.3.21jyouhoubook.jpg


    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





     耳より情報
    --------------------------------------------------------------------------
    元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
    --------------------------------------------------------------------------
    津田沼囲碁クラブ
    --------------------------------------------------------------------------
    薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
    --------------------------------------------------------------------------
    「習志野防災かるた」が完成
    --------------------------------------------------------------------------
    わくわく習志野」リニューアル版をアップ
    --------------------------------------------------------------------------
    足で拾ったビジュアル習志野情報
    --------------------------------------------------------------------------
    習志野の民話が形(本)になりました
    -------------------------------------------------------------------------- 
     銀座 「苗」
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニアネットワーク・習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    夢こむさ習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニア先生業養成講座
    --------------------------------------------------------------------------
    備前焼アクセサリー&雑貨
    --------------------------------------------------------------------------


      mymedya


      shoseki


      h23.3.11shinsai01










    楽天SocialNewsに投稿!

    最終更新日  2016年03月21日 18時55分18秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2016年03月19日
    カテゴリ:読書から
     5年ほど前に購入して、途中まで読んでそこで積んだままになっていたけど、なん​となく気になって再度読み進めてみた。

     歳月がある程度流れ、当時書かれた本の内容がどの程度、的を得ているのか、著者の力量の検証​にもなる。

     以下目次

      第一章 世界同時不況が始まっている
      第二章 アメリ​カヨーロッパは失われた10年に突入した
      第三章 中国インドが世界の中心で繁栄をさけ​ぶ
      第四章 1ドル70円時代でどうなる日本経​済
      第五章 日本の選択榊原プラン
      第六章 ピンチ​をチャンスに変える世界同時不況時代の行き方

     ざっと見て著しく違っているのは「円​高」くらいか、これとてこれからどう変化するか予測は​難しい。まずは大筋においてそれほど間違いが​ない内容ではないのかな。

     以下本文から


     “もう一度繰り返しますが、デフレは下落の傾向や下落の体質ではなくて、下落するという構造です。傾向や体質ならば、改善を図り方向性を変える余地がありますが、構造を変えることができません。物価の下落システムがすでに確固として出来上がっており、それは改めるべき対象ではなく、もはや受け入れるべき前提なのです。
     ものの値段が下がることは、そう悪いことばかりでもないのではと、漠然と感じている人は少なくないでしょう。大衆がデフレ状況そう嘆いていないという感覚は、ある意味で、とてもまともです。実際、物価が安定していることは悪くありません。ただし、物価が横ばいから下がるということは、企業の売上高が伸びず、個人の賃金が上がらないことと、ほぼイコールです。これも大前提として受け入れるしかありません。日本の成長率がある程度下がることは仕方がないのです。
     だからこそ日本人一人ひとりがさまざまなものをたくさん買って物質的に豊かになるという従来の生き方や考え方から、大きく転換する必要があります。日本の企業も、物質的なもの、つまり工業製品を大量に売って利益を得るという時代の経営方針から、大転換をしなければなりません。
     この転換を一言でいえば、ものから人への転換です。ハードウェア中心からソフトウェア中心の発想の転換とも言えます。”

    “個人にとっても競争が本格化します。一つの企業に勤めつづけて定年を迎えるぬるま湯人生はもう考えない方が良いでしょう。会社に忠誠を尽くし、上司の覚えめでたく徐々に出世していく生き方は通用しません。求められるのは、どの会社に移っても通用するようなプロフェッショナルなるになる生き方です。
     欧米では、大学を出て就職し、企業を二つ三つ移ったあと30歳くらいでビジネススクールやロースクールに入って勉強し、再び新しい会社に入るというパターンがあります。こうして経験を重ね、本物のプロフェッショナルになっていくのです。そんな生き方は日本の企業でも一般化していくと思います。”



     一概に好況だ不況だとひっくるめても、解決はしない。国境を超えて全てが行きかい、ITや機械に任せられるものが圧倒的に増えて、ある世界ではこれ以上求めるものがないほど物資が豊かに行き渡った中で、従来通りに方法を取っていても、つかの間の延命策でしかない。これからの生き方「何が幸せか」「何がステータスか」という根本に立ち返り、構造や仕組みを抜本的に変えていかない限り解決はしないだろう。

     政治や経済も、その転換点において大混乱が起きるのが避けられないのかもしれないが、やはり進むべき方向は、中長期的に見て、こういう方向であると改めて感じる。




    • h28.3.19book.jpg



    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





     耳より情報
    --------------------------------------------------------------------------
    元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
    --------------------------------------------------------------------------
    津田沼囲碁クラブ
    --------------------------------------------------------------------------
    薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
    --------------------------------------------------------------------------
    「習志野防災かるた」が完成
    --------------------------------------------------------------------------
    わくわく習志野」リニューアル版をアップ
    --------------------------------------------------------------------------
    足で拾ったビジュアル習志野情報
    --------------------------------------------------------------------------
    習志野の民話が形(本)になりました
    -------------------------------------------------------------------------- 
     銀座 「苗」
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニアネットワーク・習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    夢こむさ習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニア先生業養成講座
    --------------------------------------------------------------------------
    備前焼アクセサリー&雑貨
    --------------------------------------------------------------------------


      mymedya


      shoseki


      h23.3.11shinsai01










    楽天SocialNewsに投稿!

    最終更新日  2016年03月19日 08時30分03秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2016年03月10日
    カテゴリ:読書から


     文明が進み成熟化し、何が豊かであるのかわかりにくい時代であるが、、
      
    「良い生き方をしているな」と思って、ちょっと注目してみると、死を垣間見たとか、生を拾ったとか、大病をしたとか、背景を知るとそんな人が多いように思う。
      
     いつかは必ず死ななければいけないが、ともすれば、何故か今の風潮として、死を遠ざけてしまう傾向があるように感じるが気のせいかな、
      
     また、高齢化や核家族化等々で死を見つめる機会が減っているのも事実なのだろう、その分、生に対しても希薄になってしまっているのかもしれない。
       
     さて、目次
      
     第一章 死の孤独から距離を置くために
         ~吉田松陰の「留魂録」処刑前日に書き終えた鎮魂の叫び~
     第二章 悔いのない最期を迎えるために
         ~「葉隠」現代にも役立つ武士の死生観~
     第三章 老いと上手につきあう
         ~貝原益軒の「養生訓」長寿社会における真の養生とは何か~
     第四章 病とともに生きる
         ~正岡子規の「病床六尺」病を得たからこそわかる価値~
     第五章 その瞬間まで精神を保つ
         ~VEフランクルの「夜と霧」、「きけわだつみのこえ」ほか
     第六章 遺された人々のために
         ~西郷隆盛の「西郷南洲遺訓」ほか 家訓に学ぶ現代にも通じる遺言の心得~
     第七章 車の魂に思いを馳せる
         ~最古の文学「古事記」から宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」まで
      
     以下、いくつか本文から””抜粋引用
      
     “本多静六は「私の財産告白」という著書で、子どもの幸福について次のように書いています。「幸福は各自、自分自身の努力と修養によってかち得られ、感じられるもので、ただ教
    育とか財産さえ与えてやればそれで達成できるものではない。健康も大切、教育も大切、しかし、世間で最も大切だと早合点している財産だけは全く不用で、それよりもっと大切なのは、一生涯絶えざる、精神向上の気概、努力奮闘の精神であって、これをその生活習慣に十分染み込ませることである」
     世間でもっとも大切だと思われている財産はまったく不必要だと言っています。それよりは向上心や努力精神を植えつける方が大事だということです。”
      
     “伝えたいことを短い言葉に凝縮させることは、自分にとって本当に大切なことかは何かを思いめぐらすいい機会です。先人たちの家訓に学びつつ、自分はどんな言葉を残せるのだろうかとちょっと考えてみてはいかがでしょうか。”
     
     “生の中に死を含みつつ、この世界を深く味わって生きる‥‥‥。 そんな成熟した生き方を先人の足跡から学ぶ。先人の言葉を読むということは、すなわち私たちの人生の旅を豊かにしてくれることにほかならないのです。”
      
      
       
     いずれにしろ、常に死を意識していないと生は輝かないのだろう。 
      
     15年くらい前に邱永漢の著書「私は77歳で死にたい」を読んで、こればいい、これいただきと思って、自分の人生を77歳に設定した。誕生日を超えるごとに1年1年減っていく。普段、あまり厳密には意識しないが、その多少の緊張感が良いのではないかと密かに思う。だから来年再来年、死を宣告されても、±○年の誤差の範囲と思えるようしている。もちろん、実際は、そんなに想像するほどたやすいものではないと思うが、、、
      
     これ、そんなに間違った考え方とは思っていないけど、どんなものかな??




    • h28.3.10book.jpg


    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





     耳より情報
    --------------------------------------------------------------------------
    元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
    --------------------------------------------------------------------------
    津田沼囲碁クラブ
    --------------------------------------------------------------------------
    薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
    --------------------------------------------------------------------------
    「習志野防災かるた」が完成
    --------------------------------------------------------------------------
    わくわく習志野」リニューアル版をアップ
    --------------------------------------------------------------------------
    足で拾ったビジュアル習志野情報
    --------------------------------------------------------------------------
    習志野の民話が形(本)になりました
    -------------------------------------------------------------------------- 
     銀座 「苗」
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニアネットワーク・習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    夢こむさ習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニア先生業養成講座
    --------------------------------------------------------------------------
    備前焼アクセサリー&雑貨
    --------------------------------------------------------------------------


      mymedya


      shoseki


      h23.3.11shinsai01












    楽天SocialNewsに投稿!

    最終更新日  2016年03月13日 19時53分43秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2016年03月06日
    カテゴリ:読書から
     副題は ~アイディアの神が降りてくる~

     著者は三色ボールペンの使い方でその名を覚えたような記憶がある。その「3」をテーマにした本に魅力を感じた。 

     裏表紙には
    “アイディアがまったく浮かばない!?そんな恐れはもう一切無用!!
    「考えろ」と言われるだけでは、なかなか頭は考えようとしない。でも「3つ選べ」と言われると、自然と頭が動き始める。1つのテーマに「3つの問い」を設定する。1冊から「3つの文章」を抜き出すと、すらすらレポートが書ける。人間の整理に根ざした神の数字「3」を頼りに思考の「型」と「技」を確立しよう!“ とある。

     まずは目次

      第1章 「3」はアイディアを生む神の数字
       1-1 「3つ選ぶ」と眠った頭が動き出す
       1-2 「3つに分類する」と考える道筋がつく
       1-3 「3で評価する」とスパっと決断できる

      第2章 「3」の思考法、30年分の実践から
       2-1 「3本柱」で思考を積み上げる
       2-2 3ボックス方式で思考を深める
       2-3 第3の選択肢で自分に余裕を持つ

      第3章 「3」で行動を変える
       3-1 3つの標語でよい習慣をつける
       3-2 3で時間を管理する
       3-3 3で人生の目標を更新する

     なるほど、まずは見出しを3でまとめている。

     以下、本文から抜粋引用

     “つまり「選ぶ」という作業を始めると、自ずと頭が動き出して考える作業に入りこんでいくのです。
    「考えろ」と言われて。もなかなか頭は考えようとしません。でも「選びなさい」と言われると自然と考え始める。‥‥
    ‥‥
     しかも「3つ」という数字が絶妙です。
    ‥‥
    「×個挙げよ」と数が限定されると頭のエンジンが掛かります。とはいえ「好きな映画ベスト10」となるとよほどの映画好きでない限り、タイトルさえもなかなか10個も出てきません。「ワールドカップの名試合ベスト5」と言われても、何だか中途半端な数です。しかし、「ベスト3」と言われると、とりあえずなんとかまとまりそうです。やってみようという気持ちになります。
    「3」は逡巡せずにとりかかれるちょうどいい数で、しかも、反射的には答えられないというのが重要なポイントです。
    3つ選ぶ時、私たちは記憶の中にある「ベストなもの」「ベターなもの」をリストアップしてチェックしながら選んでいきます。つまりベスト3を挙げるにはざっとにせよ、全体を見ることになります。全体を俯瞰しながら、その中から候補を絞りながら3つ残すといったことを頭の中でやっていくわけです。
    ‥‥
     今日から「3つセレクトする」という作業を習慣づけてみましょう。
    「今度の大型連休に遊びに行きたい場所ベスト3」「今日の夕飯に食べたい物ベスト3」でもいいですね。「歴史上の偉大な人物3人」「浮世絵師ベスト3」などなど「お題」を出して「なんでもベスト3」をいろいろ選び出すのも楽しいです。”
       
     哲学者の九鬼周造の著書「「いき」の構造」にも触れて、「いき」という、とらえがたい現象を3本柱で定義している。
      
     また、カラマーゾフの3兄弟の取り上げ方も面白い。そこで堺雅人さんの話題も‥‥
      

     3にまつわるまとめ方は、周りを見回してもいたるところで見つけられる。
     
     そして、小泉政権以降とくに目立つようになった2項対比、イエスかノーか、歯切れ、聞こえは良く気持ちは良いが、その間に存在する広いグレーゾーンに第3の解決に向かう道があるのだ、ということでこの本でも触れているが、、しんどいけれども知恵を出して、その道を探らなければいけない時代ではないかとも。
      

     また、機構的にみても、三脚などは調整しないでどのようでも立てられる。3は凄い力をたぶん持っている。

     そして何といっても長島の背番号が3、3の存在が奇跡的なパフォーマンスに目に見えないところでつながっていたのかもしれない、などと、とてつもなく考えが飛躍をしてしまった。
     
     この本を読んで、そんなことをも思い浮かべてしまった。


    • h28.3.6saito.jpg



    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





     耳より情報
    --------------------------------------------------------------------------
    元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
    --------------------------------------------------------------------------
    津田沼囲碁クラブ
    --------------------------------------------------------------------------
    薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
    --------------------------------------------------------------------------
    「習志野防災かるた」が完成
    --------------------------------------------------------------------------
    わくわく習志野」リニューアル版をアップ
    --------------------------------------------------------------------------
    足で拾ったビジュアル習志野情報
    --------------------------------------------------------------------------
    習志野の民話が形(本)になりました
    -------------------------------------------------------------------------- 
     銀座 「苗」
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニアネットワーク・習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    夢こむさ習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニア先生業養成講座
    --------------------------------------------------------------------------
    備前焼アクセサリー&雑貨
    --------------------------------------------------------------------------


      mymedya


      shoseki


      h23.3.11shinsai01












    楽天SocialNewsに投稿!

    最終更新日  2016年03月13日 19時53分10秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2016年02月07日
    カテゴリ:地域
    今日は14回目の習志野歌舞伎講座へ。講師は和角仁さん、83歳と思えない、声も大きくわかりやすく、張りのある話しっぷり。 350人収容の会場はシニア層が中心で満員の盛況。

    前半は、役者の生情報がふんだんに盛り込まれた、よそでは聞けない、ふだんわからない話のオンパレード。時には激励の「喝」を一つ二つ挟みこみながら、

    後半は、演目「鈴が森・佐倉惣五郎義民伝」についてDVDを見ながら、要所での解説を織り込みながら、、、

    一昨年に続いて二回目ということで、歌舞伎を見るときの視点が、また増えた。

    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10202475005028975

    http://ameblo.jp/guriden-wazumi/



    • h28.2.7kabuki1.jpg
    • h28.2.7kabuki2.jpg
    • h28.2.7kabuki3.jpg



    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





     耳より情報
    --------------------------------------------------------------------------
    元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
    --------------------------------------------------------------------------
    津田沼囲碁クラブ
    --------------------------------------------------------------------------
    薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
    --------------------------------------------------------------------------
    「習志野防災かるた」が完成
    --------------------------------------------------------------------------
    わくわく習志野」リニューアル版をアップ
    --------------------------------------------------------------------------
    足で拾ったビジュアル習志野情報
    --------------------------------------------------------------------------
    習志野の民話が形(本)になりました
    -------------------------------------------------------------------------- 
     銀座 「苗」
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニアネットワーク・習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    夢こむさ習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニア先生業養成講座
    --------------------------------------------------------------------------
    備前焼アクセサリー&雑貨
    --------------------------------------------------------------------------


      mymedya


      shoseki


      h23.3.11shinsai01













    楽天SocialNewsに投稿!

    最終更新日  2016年02月07日 20時27分51秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2016年02月06日
    カテゴリ:読書から
     今、世界で起きている事は複雑すぎてわからない。とりあえず、なにかしらの座標を設けて考えることが必要と言うことで、わかりやすく解説してくれる両名の対談集を手にした。

     以下、目次

      1.なぜ、いま、大世界史か
      2.中東こそ大転換の震源地
      3.オスマン帝国の逆襲
      4.習近平の注目は明王朝
      5.ドイツ帝国の復活が問題だ
      6.「アメリカ対ロシア」の地政学
      7.「右」も「左」も沖縄を知らない
      8.「イスラム国」が核を持つ日
      9.ウェストファリア条約から始まる
      10.ビリギャルの世界史的意味
      11.最強の世界史勉強法



     以下、本文から、ランダムに ””部、一部 引用抜粋

     “佐藤:世界情勢が予測不可能になってくると、直近の動きばかりに目を奪われるのではなく、むしろ少し身を後ろに退いて、近過去の歴史から捉え直していく必要があります。その
    際、一つだけではなく、頭の中に複数の「歴史地図」を入れておき、折に触れて重ね合わせてみる訓練が必要です。
      池上:「現在の地図」だけを眺めていてはいけない、ということですね。「歴史地図」を複数もって、それを「現在の地図」と重ね合わせてみる。すると、さまざまなことが見えてくる。”


     “池上:スノーデン事件で暴露されましたが、だからこそ、アメリカはメルケルの電話を盗聴していたのですね。
      佐藤:アメリカは理由なしに盗聴しません。何らかの疑念がもたれている事は間違いない。単にドイツの首相だから盗聴したのではなく、米国は、メルケル個人の来歴に疑念を抱いていると思います。”


     “佐藤:‥‥‥ エリックホブズモームの言う「二十世紀」は1914年の第一次大戦開戦がその始まりで、1991年のソ連崩壊がその終焉で、これを「短い20世紀」と呼んでいます。
      池上:ということは、「20世紀とは、ソ連の世紀」と考えたくなるのですが‥‥‥、
      佐藤:そうではなく、面白いのは、これを「ドイツの世紀」だとしているところです。ドイツという新興の帝国主義国をいかに封じ込めるか。そのために世界は必死になった。ソ連という国家もこの過程でできた。第一次大戦と第二次大戦は、ひとつながりの「20世紀の31年戦争」とみなすべきで、2つともドイツをめぐる戦争で、結局のところ。ドイツを封じ込めることはできずに終わった。醒めた見方ですが、本質をついています。”
       
       
     “佐藤:‥‥‥ 実際、すでにヒラリーは、ネオコン的になりつつあります。オバマ民主党路線との違いを見せて、民主党の生き残りを図る。ヒラリーが大統領になれば、前よりも価値観を前面に押し出した外交になって戦争が起きやすくなるでしょう。
      そもそもアメリカにとって、戦争は一種の公共事業のようなところがあります。定期的に行う必要がある。そろそろその周期がきている感じがします。
      また、何にせよ、アメリカは今度は女性カードを切って、女性を大統領にするしかないという面もあります。”



    “池上:‥‥‥ とはいえ、第二次大戦の戦勝国と敗戦国という枠組みは、日本人が意識している以上に、強固なものがあります。そもそも国際連合には、いまだに敵国条項が残っているのですから。
     佐藤:ドイツと日本が国連の常任理事国になれないのも、そのためです。
     池上:「敵国」が常任理事国になるわけにはいかない。敵国条項というのは、「週刊こどもニュース」ふうに易しく言うと、こういうことです。
     国連ではどこかの国が侵略受けたときに個別的自衛権で戦うのはいいけれど、安全保障理事会に提訴しなさい、それなくして勝手に戦争をしてはいけないよ。決まっている。ただし、相手が第二次大戦中の敵国だったら安保理に関係なく攻撃してよろしいという話です。”


     “佐藤:表記法は、国家にとって非常に重要な問題です。
     たとえば、中国共産党はなぜ画数が少ない簡体字にしたのか。表向きは、この場合、識字率を上げるためですが、その本質は、国民からそれ以前の知識を遠ざけるためでした。簡体字教育が普及すると、それ以前に使われていた繁体字が読めなくなって、共産党支配以降に認められた言説だけが流通するようになる。歴史を断絶させ、情報統制を行なったのです。
    ‥‥‥
      佐藤:戦後日本も危ないところでした。GHQが招いた教育使節団の勧告によって、漢字廃止、ローマ字表記にされてしまう可能性があったのです。少し前まで一般的に使われる漢字を「当用漢字」と言っていましたが、これはローマ字表記を採用するまで、当座の間だけ使っていい漢字です、という意味でした。
      池上:それが「常用漢字」になったのは、1981年のことです。つまり、日本人はこれからも常に漢字を用いていきます、という意味で、実はこのとき歴史的な方針転換が行われていたのですね。”
     
       
        
      ただ単に、ニュースを報道されるままに見るよりも、へええ~そうなんだという視点をいくつか複数手に入れるだけでも、ニュースの見方が変わる。立体的に見えてくるし、いっけん繋がりのないようなところにも関連性を見出せる場合がある。

      ビリギャルの項では、両者とも日本の教育に対して憂慮しているが、、、、、新自由主義の潮流の中に取り込まれてしまう教育、そこでの資本主義的な仕組みや実務教育のみが優先されて、教養教育が切り捨てられる流れに、日本の行く末を心配してしまう。 杞憂に終わればよいのだけど、、、


      いろいろな視点から、現在世界で起きていることの一端が垣間見える、非常に読みやすいお薦めの一冊。





    • h28.2.6daisekaishi.jpg



    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ





     耳より情報
    --------------------------------------------------------------------------
    元大学教授の、精魂込めた「燭楽亭」手づくりチョコ!
    --------------------------------------------------------------------------
    津田沼囲碁クラブ
    --------------------------------------------------------------------------
    薬円台、いち押しのカフェ「シンシア
    --------------------------------------------------------------------------
    「習志野防災かるた」が完成
    --------------------------------------------------------------------------
    わくわく習志野」リニューアル版をアップ
    --------------------------------------------------------------------------
    足で拾ったビジュアル習志野情報
    --------------------------------------------------------------------------
    習志野の民話が形(本)になりました
    -------------------------------------------------------------------------- 
     銀座 「苗」
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニアネットワーク・習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    夢こむさ習志野
    --------------------------------------------------------------------------
    アクティブシニア先生業養成講座
    --------------------------------------------------------------------------
    備前焼アクセサリー&雑貨
    --------------------------------------------------------------------------


      mymedya


      shoseki


      h23.3.11shinsai01














    楽天SocialNewsに投稿!

    最終更新日  2016年02月06日 18時35分29秒
    コメント(0) | コメントを書く
    このブログでよく読まれている記事

    全1614件 (1614件中 1-10件目)

    1 2 3 4 5 6 >

    総合記事ランキング

    PR

    キーワードサーチ

    ▼キーワード検索

    ブログリンク

    楽天プロフィール

    設定されていません

    お気に入りブログ

    心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

    『キョウコのキョウ… New! Mドングリさん

    信じがたい、自衛隊… New! みらい0614さん

    リックスを感謝して… New! toms2121さん

    5/24のemu指数 New! えむ5678さん

    コメント新着

     kaitenet@ Re[1]:習志野ぶっくさろん (第2回目)開催(06/21) せとかわさん 先日は参加、ありがとうご…
     せとかわ@ Re:習志野ぶっくさろん (第2回目)開催(06/21) 土曜日はありがとうございました。 普段、…
     kaitenet@ Re[1]:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) 熊坂仁美さん >こんにちは。本を読んでい…
     熊坂仁美@ Re:熊坂 仁美 著「Youtube をビジネスに使う本」(03/04) こんにちは。本を読んでいただきありがと…
     バーバリーブルーレーベル 店舗@ kdgnarbf@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…

    日記/記事の投稿

    カテゴリ

    カレンダー

    購入履歴

    ニューストピックス

    Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

    Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.