161263 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

いつかどこかで

January 29, 2008
楽天プロフィール XML
カテゴリ:絵本


心酔する童画家、初山滋 原画展へ行きました。
会場は練馬区石神井にある
いわさきちひろ美術館

               画像 029.jpg


言葉にできません。
画家のあまりの感性と才能に神様の存在を感じずにはいられず、目の奥につんとこみ上げる
ものを堪えながら見ました。
大袈裟 ? いえいえ、本当に。
何時間でも見ていられる、と思いました。

・・・・・ この絵の1枚でもいいから自分のものにできたら、と思わずにはいられませんでした。


物心付いた頃には家にあった、『 岩波のこどもの本 』。
中でも、『 おそばのくきはなぜあかい 』『 ききみみずきん 』 は大、大、大好きでした。
初山氏の手になる挿絵をどれほどの時間眺めたことか。
これらの本は、大人になってもずっと私の宝物です。

しかし初山氏の絵に神様を感じるのは、郷愁とは関係がありません。
幼い頃の思いと繋がっていなくても、初山氏の絵にはどうしようもなく心を揺さぶられます。



以前このブログで 初山滋氏の経歴、作品など紹介 しているので、それも読んで頂けると
嬉しいです。



画像 028.jpg
画像 026.jpg

美術館にあるショップで何冊か本を買うことができました。
初山氏の画集や何冊かの欲しかった絵本。
特に 『 小川未明童話集 』 の挿絵集 ( 上の画像 ) と、『 子ども旧約聖書 』 の挿絵集は
とても嬉しいです。

その他、武井武雄の画集と、岡本喜一の画集、それから上に書いた岩波の 『 おそばのくき
はなぜあかい 』 と 『 ききみみずきん 』 も持っているのに買いました。
持っているのは、私が子供の頃から読んで読んで読み倒した本でぼろぼろなので、保存版と
して綺麗なのをつい欲しくなって。

        080129_1724~0001.jpg






初山滋展が31日までと終了間近なためか、いわさきちひろに人気があるためか分かりません
が、平日日中にも関わらずなかなかの人出でした。








楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  January 31, 2008 09:46:45 AM
コメント(4) | コメントを書く




■コメント


いわさきちひろ美術館   神田龍馬 さん
昔々、行ったことあるぜよ。
なんと懐かしい。しみじみ。

(January 29, 2008 08:15:13 PM)

Re:いわさきちひろ美術館(01/29)   からす2007 さん
神田龍馬さん

>昔々、行ったことあるぜよ。
>なんと懐かしい。しみじみ。

私も十数年ぶりに行きました。
少し改装されていて、本やちひろグッズを売るショップや、ケーキと飲物のある小さな喫茶コーナーができていました。
(January 29, 2008 10:22:41 PM)

Re:初山滋 原画展 @ いわさきちひろ美術館(01/29)   ひなたまさみ さん
からすさんがどれほど心酔されているのかが、よく伝わってきて、そのことにとても感動してしまいました☆こういう絵、今は絵本ではなかなか見られなくなりましたね。
おやゆび姫の絵なんて、こんな絵音痴な私でさえ、ずっと見ていたい、とうっとりしてしまいました。

いわさきちひろさんの絵は、娘が大好きです。
私はちひろさんの絵の中に、ときどきものすごく悲しくなるものがあります。 (January 31, 2008 09:43:12 AM)

Re[1]:初山滋 原画展 @ いわさきちひろ美術館(01/29)   からす2007 さん
ひなたまさみさん

>こういう絵、今は絵本ではなかなか見られなくなりましたね。

そうですね。今の絵本画家さんにはあまりない感覚だと思います。

>おやゆび姫の絵なんて、こんな絵音痴な私でさえ、ずっと見ていたい、とうっとりしてしまいました。

素敵でしょう ? 繊細で大胆で、具象的で抽象的で ・・・・
それでも本物のディテールは、こんな適当な画像ではなかなか表現できなくて残念です。
もともと絵本の為の絵なので大きいものではないのですが。

>私はちひろさんの絵の中に、ときどきものすごく悲しくなるものがあります。

私は、ただほんわりと優しく、みな同じに見える、と感じていました。
けれども美術館で人となりを少し分かって見ると、決してそれだけの人ではなかったのですね。
共産党員であり、心の底に強い意志があり、平和と平等のために闘っておられたのです。
そして、絵は自分の使命であると感じておられた。

遺された仕事が全てであり、人となりは関係ない、というのが私の持論ですが、知ってみると心を揺さぶられるものがあるのも事実です。

美術館にはちひろさんのアトリエを再現してあり、感動します。
そしてちひろさんが、愛犬チロについて書いておられる文が展示されてあって読み、不覚にも涙が出てしまいました。

サキちゃん、大好きなら、一度訪ねてご覧になったらいかがですか ?
今回の初山滋展のように何かしら特別展示企画があって、HPに載ります。
(January 31, 2008 10:18:06 AM)

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

防災訓練に行ってき… New! Nobubuさん

11月までのハウス… 松下一郎さん

大掃除スタート! pasochikoさん

正月気分 ペギミンHさん

年賀状 ゴミクイーンさん

まかまま日記 まかちゃんのままさん
         … いっせー1981さん
とりあえず なんと… のらぴこさん
---さんむし--- Miching Mallechoさん
リュミエール通信 マックスモナムールさん

 

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.