039511 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

Kei-chan Presents ポートランドのすべて

Fuck編

Lesson 1
Fuck編


すべてのEFLの基本は「Fuck」から。
一番実用的で、利用効果も高い「Fuck」の使い方を網羅します。
基本的には「Fuck」は放送禁止用語です。
だから、公共の場で話すことはお薦めできません。
中のいい友達と会話しているとき、
もしくは本当に怒ったときに使いましょう。

さぁ、ふぁっくレッスンスタート。


動詞の「Fuck」


1.Fuck you

基本中の基本。「ぶっ殺す」攻撃的、挑戦的、怒りなど表現。また、ただ「やりたい」というセクシュアルな表現も含む。文意からどっちか解釈しましょう。

A: I drove your car last night. 「お前の車、昨晩運転しちゃった」
B: Oh, Fuck you!!        「何、ぶっ殺すぞ!!」


2.Fuck me

受身を表す表現。基本的にはHな意味で「私とやりたい」。もしくは「私を殺して」というアグレッシブな言い回しも。

A: You wanna fuck me? 「私とやりたんでしょ?」
B: I've never thought about that. 「いや、そんなこと考えたことないよ」


3.Fuck it 

基本的には「Shit」と似ていて「くそっ」「むかつく」。もしくは「どうにでもなれ」。

A: Oh, Fuck it. I just forgot my homework. 「おお、くそっ、宿題忘れちゃった。」 


4.Fucked up

すばらしく実用的な表現の一つ。基本的は「めちゃくちゃになる」「台無しにする」。やわらかい言い方は「Messed up」か「Screwed up」。ポイントは常に受身の形、Be動詞を取ることです。だからフォームは「S + be fucked up」。この形を覚えましょう。

A: My friend got a car accident!! His car was so fucked up!!「俺の友達が事故ったよ! 彼の車、めちゃくちゃだった!!」 


5.Fuck around

「Around」は周り・周囲。だから周りの「人とやりまくる」・・・って意味もありますが、一般的なのは「ふざける」「バカなことをやる」。もっとやわらかく「遊びまくる」といった意味にも使われます。

A: What did you do? 「何してた?」
B: I just fucked around in the park 「公園でふざけてただけだよ」


6.Fuck the world

パンクな表現。「世の中をぶっ潰せ」といった反抗の意味。

A: I really hate this world. Let's fuck the world!! 「俺はこんな世の中大嫌いだ!! こんな世の中ぶっ潰そう!!」

7.Go fuck yourself

怒りを表す表現。「立ち去れ」「消えてなくなれ」という本当に汚い言い方。

A: I don't wanna see you again!! Go fuck yourself 「あんたなんかもう二度と会いたくない!! 私の前から消えてなくなれ!!」


名詞の「Fuck」


1.What the Fuck

驚きを表すとき、信じられないときの感情をに表現するのによく使われるすばらしい言い回し。「なにをやってるんだ!?」「どうなってるんだ!?」っていう意味。やわらかい言い方は「What the hell」(放送禁止用語ではない)。

A: What the fuck are you doing here??? 「ここで何やってるんだ??」
B: Nothing special.  「別に大したことじゃないよ」

2.Who the Fuck

「What the fuck」みたいに驚きを表す表現。違いは「人」をさしていることです。だから「一体こいつは誰だ?」という意味。

A: Who the fuck did you hang out with? 「一体誰と遊んでたんだよ?」
B: That' my friend. Just a friend!!  「私の友達。ただの友達!!」


3.Don't give a fuck

「Fuckをあげない」=「本当に気にしない」といったちょっとかっこいい表現。「Don't give a shit」「Don't give a dawn」というのも同じ意味でやわらかい表現です。

A: You are in so much trouble now, huh? 「今、すごい問題なんじゃない?」
B: I don't give a fuck. It would be fine. 「本当に気にしないよ。何とかなるだろ。」

4.Fucker

「er」はする人。「Player」を思い出してください。だから、「Fuckする人」となり、意味は「バカなやつ」「最低なやつ」「くそやろう」。

A: That fucker stole my bag!! 「あのくそやろう、俺のかばん盗んだ!」
B: Oh, He is my friends!!  「あいつ、俺の友達だよ。」


5.Motherfucker

すごーく有名な汚い表現。「自分のお母さんともやっちゃうやつ」=「本当に最低なやつ」「人間のクズ」といった意味。「Fucker」よりも意味ははるかに強く、公共では絶対に言ってはいけない言葉の一つ。人に向かって言えば、相手はすごく怒ること間違いなし。かっこいいと思って英語圏で使うのは避けましょう。

A: You Motherfucker!!!! 「このまざーふぁっかー!!!」
B: You too!!!      「おまえもだ!!!!」


形容詞の「Fuck」

1.Fucking

基本的な形は「Fucking」。動詞、名詞(人・物関係なし)の前につけてその単語を強調することができます。「Very」「Really」よりも意味が強い「とても」「超」を表します。ちなみに、「Fucking」はポジティブ・ネガティブ両方に使用可能なので文意によって使い分けましょう。


ポジティブ例 その1

A: Hey, we should have a party this weekend! 「今週末パーティやろうよ」
B: That's a fucking great idea!! 「超すばらしい考えだ!!」


ポジティブ例 その2

A: Now, you got promoted, so you gotta work fucking hard!! 「昇進したんだから、すごく一生懸命働かなきゃダメだよ!!」


ネガティブ例 その1

A: I don't like my fucking teacher. He gives me a lot of fucking homework. 「俺は俺の最低な先生が大嫌い。たくさん宿題だすんだもん。」

ネガティブ例 その2

A: I'm so fucking tired. I cannot walk anymore. 「すげー疲れた。もう歩けないよ。」



というわけで以上が「Fuck」の効果的な使い方です。

教訓:「Fuck」は英語スラングの基本である。

皆さんも必要によって使いましょうね☆
質問がある方は私書箱までどうぞ。
できる範囲でお助けします。


次回は「Shit」の使い方をお送りします☆


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.