1384215 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ききみみやの「明日が楽しみ!」

PR

サイド自由欄

ただいま、カテゴリ再構築中です。
誤字脱字リンク切れ、などチェックするため目当ての記事が探しにくい時はゴメンナサイ。
探したいものがある時は、下のキーワード検索の「このブログ内」で探してみてくださいね。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

フリーページ

映画・舞台


2010年 舞台 ここは準備中


舞台2008~2009


観劇2007以前


映画 ここは準備中


映画「マンマ・ミーア!」


星の王子様☆リトルプリンス


音楽座「リトルプリンス」2008


観劇前に日帰り 名古屋観光


劇団四季マンマ・ミーア 名古屋遠征


コースト・オブ・ユートピア 第1部~第3部


音訳 録音の注意


音訳ボランティアって?


マウスでおえかき


はじめての歌舞伎


古典芸能


平成中村座2008 浅草


玉三郎さんの阿古屋


鼠(ねずみ)小僧を観に行かなくちゃ♪


平成中村座2009 名古屋


なりきり歌舞伎体操⇒平成中村座へ


平成中村座、当日券は立見それとも羅漢席?


平成中村座、「法界坊」を観た席


「試演会」後のお楽しみ座談会


文七元結


東山桜荘子 佐倉義民伝


まつもと大歌舞伎・市民サポーター日記前半


まつもと大歌舞伎・市民サポーター日記後半


まつもと大歌舞伎 番外編1


市民キャストの佐倉義民傳観劇!


まつもと大歌舞伎 番外編2


まつもと大歌舞伎 その後


コクーン歌舞伎 佐倉義民傳


大阪平成中村座試演会


平成中村座2010大阪・10月ホテル・食事他


平成中村座2010大阪・11月 


番外編・法界坊の着物


大阪城・パズルみたいな門と迎賓館


11月中村座、バス・おみやげ・チケット・席


平成中村座2010大阪・10月 11月


大阪平成中村座・10月22日 座談会


初めての平成中村座★行き方


初めての平成中村座★観劇時の注意


お出かけ


銀座12カ月


東京の公園・11月の公園特集


平成中村座ゆかりの浅草風景


高速(夜行)バスで名古屋まで


閉館間近のジョン・レノン・ミュージアムへ


赤ちゃんのおはなし会


ドングリ キノコ オイモ


おしまい


CATS(2005年まで)


蝉しぐれ・半落ち・父と暮らせば


ALWAYS 三丁目の夕日・その他


岩井監督作品


妻夫木聡出演作


浪人街・唐沢寿明


天保十二年のシェイクスピア


イルカの子


CATS(2007年~)


WICKED


パイレートクイーン


・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・


・・



・・・・


音楽


カフェ・ブレッド&バター 2011.6.23


トップ続き


2012年7月トップページ


2015年秋までのトップページ


カレンダー

バックナンバー

May 8, 2011
楽天プロフィール XML
島田歌穂さんの「ミュージカル 蝶々さん」を観て以来、
蝶々さんはどんな女性だったのか、気になりました。

オペラの「蝶々夫人」で蝶々さんが実際とは違った形で
伝わってしまったと述懐(後悔)するコレル夫人。
コレル夫人を演じる剣さんの熱演が印象にが強くて。

オペラの「蝶々夫人」とどう違うのかが、
蝶々さんについてアレコレ調べていたわけですが…
蝶々さんを調べていると必ず出てくる名前が「三浦環」

どんな人だったのかしら、と気になって
図書館で借りてきた本が
「日本人の足跡 二」
海外に飛び出し、偉大なる足跡を残した日本人を集めた本

三浦環
1884年、30歳の時にロンドンでデビューし、
翌年「蝶々夫人」初出演後、世界の名だたるオペラハウスを
20年に渡って湧かせ、海外において2000回公演という
前人未到の記録を打ち立てている。

作曲者のプッチーニが
「私の夢を実現してくれた」
と称賛した環の蝶々夫人。

その所作は幼い頃習った日舞の賜物。

早くから才能を表していた彼女。
歌を教えてくれた先生は上野の音楽学校への入学を強く勧めるが、
女に教育は不要との時代ゆえ、父から猛反対される。

養子を取るなら、進学してもよい という父とのかけひきにより
東京音楽学校への入学を果たす。
後に、その東京音楽学校で教鞭を取ることになるから
彼女の選択は間違っていなかったということになる。

市川森一さんの著書「蝶々さん」でも蝶は進学を希望し、
そのために貸座敷の養女になるから、二人の強い想いには
どこか通ずるものがある。

ただ、ちがうのは蝶々さんは義理の親までも亡くし
進学を断念せざるを得ないが、環は一念を貫いた。
専業主婦を望む最初の夫と離婚してまでも、歌うことを選ぶ。

当時珍しかった自転車通学をし、たくさんの見物人が集まり
「自転車美人」という言葉さえ生まれたそう。
後輩の山田耕作などは通せんぼをしたというエピソードもある。
華やかな存在の環。

オペラ歌手として稀有であり、目立つことで噂が独り歩きした環。

離婚後は、プロポーズが殺到したという魅力的な彼女は、
彼女の才能を理解してくれた男性と再婚し、海外へ。

そして第一人者である指揮者サー・ヘンリー・ウッドに対面が叶った。
彼女の歌を聞いたウッドはこう言った。

「あなたは完全な美しい素質と音楽の技術を持っています。
私にはあなたのようなほとんど完成した声楽家に歌を教える力はありません」


そして「蝶々夫人」を演じる機会を得た彼女は
公演まで1ヶ月しかないにもかかわらず、
362ページにもわたる楽譜を覚え、
空襲のさなかのロンドンで熱演し、
真のアーティストとして称賛された。

彼女の活躍ぶりを読んでいて
同じ日本人として誇らしくなるくらい高い評価を得た環。

たとえばシカゴでは
彼女のオペラを聴き終り、感極まった婦人から

「ピンカートンのような男はアメリカの男性のうち例外です。
多くのアメリカ男性はあんな悪いことはいたしませんから
誤解しないでください」と涙を拭き拭き、謝られました。


などというエピソードも。

そして、
環は36歳の時にプッチーニから生涯忘れられない言葉を聞く。

「イタリアはもちろん、世界のプリマドンナが大勢毎晩のように
日傘を持ってステージを歩き、歌いますが、みんな私の理想とする
蝶々夫人はやってくれませんでした。

プリマドンナは、みんな自尊心を持って自分の歌だけ聴かせようとして
一向に私の蝶々さんの「ほんとうの気持ち」を理解してはくれませんでした。

だがマダム三浦、あなたの蝶々さんは
一幕では15歳の子どもらしい蝶々さん
第二幕第一場では母の愛と夫の帰りを待つ若い妻の愛情を、
二場では子どもと別れて自殺する日本人夫人の貞淑の悲劇を
驚嘆するばかりにドラマティックに演りました。
私が心に描く幻のバタフライが舞台に現れたと思いました」


プッチーニが生み出した多くの作品のヒロインのうち、
ことのほか蝶々夫人をお気にいりだったそうだから、
環とプッチーニにとってこんな幸福なめぐり合わせは
なかっただろうね。


それほど評判をとった「蝶々夫人」も戦争が激しくなり帰国、
あれほど海外では評判だったのに、当時の日本では、
「日本人女性が外国人に弄ばれて自殺するとは国辱」
と上演が許されなくなった。
  • 蝶々夫人.jpg


歌うことが使命と晩年まで歌い続けた彼女には、素敵なエピソードが多い。

2001回目の公演の場所が歌舞伎座。

戦争中、慰問に行った際、
軍歌を歌わないことを憲兵隊にとがめられても
「オペラ歌手ですから」
毅然としたした態度を変えなかったこと

(淡谷のりこさんも、モンペを嫌がり、きちんと化粧して歌ったと
 いう逸話が残っていましたね。確か…)

5時起きして必ず発声練習をしていた環。
病に伏した時、テノール歌手の藤原義江が見舞った。

その時、環が
「天国で歌えるようにドビュッシーを練習しているのよ」

と言ったこと(藤原は涙が止まらなかったそう)

そして、死後、病理解剖に立ち会った教授の所見

「光沢といい色彩、形態共に実によく整っていて
十分発達した若い人の咽喉像そのものである」


咽喉年齢は18歳。
自堕落な生活をしていたら、決して保てない美しい咽喉だそうだ。

残された写真は小柄で可愛らしい人。

この人のどこに、これほどの強い意志があったのだろう。

天真爛漫で奔放な性格のため、日本ではスキャンダラスな印象があり
ほんとうに気の毒だったけれど(らしいけれど)
真実の三浦環の偉大さを知らずにいたなんて、もったいないことだ。

会いたい人、叶うことなら。

(この本にはクーデンホーフ光子さんのことも書いてあった。
 残念ながらゲランの香水「ミツコ」は彼女をイメージしたものではないらしい。
 ミツコの人生もまたドラマティックであり、周囲に日本人がいない中での
 彼女の苦労ははかりしれない)

 環もミツコも壮絶な人生なのに、試練を超えるたびに輝きが増している。
 その姿は私達に希望を与えてくれる。

 願わくば、私達だって遠い日の彼女の力になりたい。
友として、あるいは母や姉として、そばで支えたい。

もちろん、その気持ちは彼女達に届かないけれど。

 だから、私達も次へバトンを渡さないといけないわけだ。
 と、いつもながら取りとめもなく…





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  May 14, 2016 12:22:04 AM
コメント(5) | コメントを書く
[蝶々夫人・蝶々さん] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.