853626 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

ミニバラ写真館

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

フリーページ

ミニバラ


アラスカ(旧) フォエバ


アレキサンドラ コルダナ


アンティーケ コルダナ


アンドレア パレード


アンドロメダパティオヒット


エスキモー コルダナ


エスメラルダ コルダナ


エヴィアン フォエバ


エヴィータ コルダナ


エッコ パレード


エメリーコルダナ


エリザ コルダナ


オバナイトセンセション


オックスフォードビジョン


オリバー パレード


オレンジシャーベット


オレンジハモ-ニ コルダナ


アマルフィー フォーエバ


アナベル コルダナ


エンジェルパレード


エイヤパレード


エレンパレス


エキサイティングパティオ


ウインターマジック


イザベルパティオ


エルパソフォーエバー


オスロフォーエバー


アロハコルダナ


エタパレード


エリオラ


ヴィナパティオヒット


アマデウスコルダナ


アテナコルダナ


ミニバラ栽培法


ミニバラの育て方 購入した後と置き場所


ミニバラの育て方 植え土と鉢について


ミニバラの育て方 肥料


ミニバラの育て方 剪定 支柱


ミニバラの育て方 病虫害対策


ミニバラの育て方 挿し木


香り(強度)


香り(分類)


ミニバラの育て方 黒点病


ミニバラ栽培法 うどんこ病


ミニバラ栽培法 根頭がんしゅ病


ミニバラ 栽培法 ネコブセンチュウ


ミニバラ花の大きさ比較


ミニバラの繁殖法 接木


バラの台木の作り方


ミニバラ花径比べと月別開花状況


ミニバラ栽培法 害虫 スリップス対策


ミニバラ栽培法 害虫 ハダニ対策


ミニバラ ア行


ミニバラ カ行


カタリーナ パレス


カタルーニャ フォエバ


カバナ パレス


カプチーノ(モカフェローズ)ハイタックス


カミラ パレード


カメレオン セントラル


カラメラ コルダナ


カリナ パレード


カリブラ コルダナ


観覧車 愛安


クラウディア パレード


グラウンブルーメイアン


グリーンアイス ムーア


グリーンランド フォエバ


コーネリア パティオ


コペンハーゲン フォエバ


コリンナコルダナ


コリブリ メイアン


コルフ フォエバ


クリームチカコルダナ


キャシーコルダナ


ゴールデン パティオ


ガーラパレード


カーラパレード


カイロパレス


キューバフォーエバー


カルメンパレード


カボサンビトフォーエバー


コモフォーエバー


カイヤパレード


カメルーン


ミニバラ サ行


サンゴ


新サンタバーバラ フォエバ


サンタルチア フォエバ


サンドリーナ コルダナ


サンビーム コルダナ


サンマリノ フォーエバ


サンレモ フォーエバー


ショートケーキ 鈴木


シルクハット タキイ


シンデレラ


スイートチャリオット ムーア


スイートマーベル


須恵姫 山根


スカーレットオベーション


スタリナ メイアン


スノーインファント


セシール パレード


セビリア フォエバ


ソニア パレード


ソフィア フォーエバー


ソワレ 寺西


スパイシーコルダナ


サンライズフェスティバル


ジョイ


シンデレラコルダナ


ステラパティオヒット


ストックホルムフォーエバー


ジョリーパレス


新ケンブリッジフォエバ


シルビアパティオ


新スパイシーコルダナ


サライパティオヒット


ジジ


サビアパレード


スマイルコルダナ


ミニバラ タ行


チェリーコルダナ


チュチュオプティマ


ティファニー パティオ


デニス パレード


デュエット コルダナ


トリノ フォーエバー


トレンディー セントラル


トロピカルサンセット 小川宏


ドーラパレード


ダニエラパティオ


タマラコルダナ


ミニバラ ナ行


ナポリ フォーエバー


ナボンヌ ナルボンヌ


ニコラ パレード


ニコル コルダナ


ニューイビザ


ニューヨーク フォーエバー


ノバパティオ


ネザパレード


ハ行


バービー コルダナ


ハイデルベルク フォエバ


パトリシア コルダナ


ハニームーン


バニールヒット


パニル パレード


パヒューマー コルダナ


バルセロナ フォーエバー


バルデソーレ フォエバ


パルマ フォーエバー


バレリーナ パレード


パロミーナ パティオヒット


ピサ フォーエバー


ピッコロ


ピーチ コルダナ


ヴィバーチェ セントラル


ピュア パティオヒット


ビンカ ポールセンパレード


ピンクモンテロザフォエバ


ピンク ロザミニ


ファッション パレード


ヴィヴィ セントラル


ブライダルサンブレイス


ブランコ 愛安


プリンセスロード 今井


プレツ


粉粧楼


ペパーミント コルダナ


ベラ オプティマ


ヘルメス


ベルモンテ フォーエバー


ベンムーン 米バナデラ


ポエトリー コルダナ


ホーカスポーカス コルダナ


ボナンザ コルダナ


ホノラ パティオ


ボルトウスカレ フォエバ


ホワイトピーチ オベーション デルイタ


ホワイトミニモ オランダ


ペピータコルダナ


ホープ


ホーカスポーカス コルダナ


バレエコルダナ


プリティパレード


フェイムパレード


バーミューダフォーエバー


ファラパレス


パールコルダナ


バラードアイ


フリスココルダナ


ベラーミコルダナ


ベルガモ


フジサンフォーエバー


ブルーマウンテン


マ行


マドンナ ヒット


マラガ フォーエバー


マルサラフォーエバー


マルセイユ フォエバ


マンダリン コルデス


ミスピーチ姫


ミネリ パティオヒット


メルロー フォーエバー


モコモコ 松下


モナ コルダナ


モーニングブルーオプティマ


モンテカッシーノ フォエバ


モンテシステラ フォエバ


モンテローザ フォーエバー


モンテクリスト フォーエバー


ミラーナ


マグノリアコルダナ


マルタフォーエバー


マンダリナコルダナ


メルセデスコルダナ


マリカパレード


マドーナ


メルセデス朱赤


マースランドフォーエバー


ヤ行


雪姫


よそおい


ラ行


ラパズ フォーエバー


ラブリーモア セントラル


ラベンダー コルダナ


ラベンダー パレード


リバティー パレード


リヨン フォーエバー


レッドモンテローザ フォエバ


レディメイアンディナ


レナータ パレード


レンゲローズ


ローザンヌ フォエバ


レモンコルダナ


ロレナコルダナ


リディアコルダナ


ローマ


ワ行


その他のバラ


グラミスキャッスル


シャリファアスマ


ジャストジョイ


シャンテロゼミサト


ローズゴジャール


かおり(切花品種)


フィエスタ(切りバラ品種)


オフェーリア


ポールセザンヌ


ミニバラ 色別


ミニバラ  赤 紅 濃赤 赤黒


ミニバラ ピンク サーモンピンク


ミニバラ 白 純白 


ミニバラ 黄 オレンジ クリーム 薄黄


ミニバラ 青 赤紫 ラベンダー色 


ミニバラ 絞り 


ミニバラ 覆輪 複色 リバーシブル


 

全132件 (132件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

ミニバラ栽培関係(除く病害虫)

2014.08.09
楽天プロフィール XML
 やっと暑さが一段落して今日は日中でも空調を点けずに過ごせました。毎日暑く、やる気が失せていましたがこれで少し元気を回復できそうです。(台風接近が気がかりではありますが・・・。)
 この数日、何もしなかったわけではなく、2日前は風がおさまりましたので久しぶりに消毒を行っていました。新芽や蕾をコガネムシに齧られる被害が多くなり、黒点病もまだまだおさまっていませんでしたのでその対策を中心の農薬組み合わせです。散布が終わって一安心したのですがその1時間後に大雨になってしまいました。それも1時間ほどで上ったのですが、農薬はそれまでに乾いていてくれていれば、散布の効果は出ているはずなのですが微妙なところでした。
 今日の本題、我家で農薬を安心して撒ける様になったのは、次の道具を使うようになってからです。

防塵ゴーグルと防毒マスク
防塵ゴーグルと防毒マスク

 これまでは100円ショップで購入した簡易な防塵ゴーグルと防塵マスクを使用していました。それと使用を始めたゴーグルやマスクと比較しますと、新しいゴーグルは周囲に穴が開いていませんので、飛散した農薬が目に入ることはなくなりました。マスクも吸収缶で有毒成分を吸収しますので臭いを感じません。
 この二つの道具を使うようになってから、これまで農薬を散布するたびに気分が悪くなっていたことから解放されました。でも外観はナウシカの様でそれをつけたまま外には行けません。さも有毒なものを散布しているという印象になってしまいます。我家のバラ栽培場所は屋上なので人目につかないところが幸いしました。

 ミニバラは相変わらず咲き続けています。ある程度咲いたら切り花にしていますので、もう部屋の中はバラの花でいっぱいです。その一角だけ見るとちょっとした花屋さんの風情です。
 この花を見ながらクレイでバラの花を作ったり人形作りをやっていました。今回始めた人形のスカートが思いのほか難しく何度もやり直してもうまく行きませんでしたので、余計元気をなくしていました。今朝はとうとう家内にSOSを発信し、スカートを取り付けてもらいました。やはり実際の服を作り馴れているせいもあるのでしょう、なんとか工夫してそれらしく取り付けてくれました。これで続きをやれそうです。

 そんなわけで少し気を取り直せましたので、ブログも更新しようと思いました。それと今日の夕方町会の部会の会合があって、その席に私が作っているクレイバラのアレンジメントを2つ寄付したのです。希望者がたくさんいらっしゃったので、私とのじゃんけんで勝ち残った方に差し上げました。評判も上々でしたので、それも気分を良くした原因の一つです。我ながらいたって単純ですね。

 





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.08.10 00:30:48
コメント(5) | コメントを書く

2014.08.04
 バラ管理でこの真夏の時期に欠かせないグッズです。女性や農家の方には当然の知識でしょうが、私のようなオジサンは少しずつ試しながらようやくたどり着いた結論で使っているところです。

真夏の遮熱三点セット
真夏の遮熱三点セット

 麦藁帽子は夏の定番で、これは昔から使っていました。その次に見つけたのが黒い布の筒状のものです。半分メッシュで半分が黒い綿製のもので先端の脇の一部に穴が開いています。
 御存知の方が多いと思いますが、これを売っている売り場は女性用ファッションの売り場です。男性はなかなか近寄りがたい場所です。これを最初に見つけたのは100円ショップでした。当初は売価200円くらいでした。100円ショップの良いところはオジサンでも、女性用の品物が並んでいるところでもそれほど気兼ねしなくて色々物色できるところです。女性用のものって男性には想像できない便利なものが並んでいるのですよね。

 夏の直射日光が強いときには、半袖でいると腕が痛くなり、最近は日焼けするとすぐにシミが出るようになりました。それが嫌で長袖を常用してたのですが、これを伸ばすと暑いんですよね。それがこの腕カバーを使うとうそのように涼しいのです。二の腕のところが開いているだけで空気が抜けるのですね。しかも半分メッシュで汗もすぐに蒸発します。
 この腕カバーは便利なので今日も予備に買いに行ったのですが、残念ながらありませんでした。女性用のおしゃれな腕カバーはたくさん置いてあったのですが、実用本位のこうした腕カバーは皆無でした。まさかオジサンが模様付をはめるわけには行かないです。100円ショップは良いものが置いてあるのですが、それが継続するとは限らないのが難点です。どこかでまた探さなければいけません。

 最近使い始めたのは、冷凍庫で冷やして使うおなじみのものですが商品名を忘れました。首筋を冷やすのが主流ですね。ごく最近使い始めて気がついたのですが、これを麦藁帽子の中に入れて使うととても涼しいのです。この帽子の中に納まる丁度良い大きさのものがないか探して試し始めている最中です。これが安定すると日中の水やりがかなり楽になりそうです。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.08.04 20:16:25
コメント(0) | コメントを書く

2014.08.03
 私がバラ管理をしているときに使って便利とおもっている小物、第3弾です。
 一つはミニクマデ。これは旅行先で見かけて何かに使えないかなと買ってきたものです。そのときは使い道を考えていたわけではありません。都会ではこんな小さな熊手を売っているところを見たことがありませんので、見かけたときに買っておこうと思っただけでした。

ミニクマデ
ミニクマデ

 このクマデ、なんに使えるか。やっと見つかったのが、鉢の間に溜った落ち葉のかきだしです。バラの葉が落ちるのではなく、普通の落ち葉です。我家の隣は小さな公園と言うか緑地と言うか狭いのですが、高木が茂っているのです。落葉樹も常緑樹も高木になっており、年中落葉が舞い散るのです。それが鉢の隙間に風で吹き積もって溜ってしまうのです。これを箒で掃きだすことが出来ないのです。鉢をすべてどかせば掃けるのですが、いちいちすべての鉢を動かしているわけには行きません。風に吹き寄せられ自然にどんどん溜ってしまうのです。
 この溜った落ち葉を掻き出すのにミニクマデが便利でした。湿っていてもちょっと鉢を動かせばその隙間に差し込んで吹き溜った落ち葉を掻きだす事が出来ました。そうしょっちゅう使うものではありませんが、あると便利でした。

 一緒に写っている洗濯ばさみは偶然移っているわけではありません。わざわざ置いて写したものです。この洗濯ばさみのほうがミニクマデより我家ではバラ管理の際に使用頻度が多いのです。何に使っていると思われますか?

 実は最近始めたことで、傍からみればおそらくみっともないのでしょうが、とても便利なので今はほぼ毎日バラ管理の際には使用しています。

 何を挟むかと言うと、スーパーから貰うレジ袋です。これを自分の服に一緒に挟んで留めるのです。その姿で水やりをします。水やりをしているとついつい葉が黄色くなっているところや黒点病の葉を見つけてしまいます。後で取ろうと思うと大体場所を忘れてしまいますので、気がついたときに取り去ります。その葉の処理をこれまでは片手に持ち歩いていました。片手で水やりのホースを持って片手で取り去った葉を持つ。

 それが片手で持ちきれなくなることが多かったのです。それを解消するのが洗濯ばさみで服に留めたレジ袋。その中に摘み取った葉を入れます。こうすると両手が空きます。小さなレジ袋が一杯になったら大きなゴミ袋に移し変えてまた続けます。普段はこの小さなレジ袋一杯で手入れは十分なのです。

 この方法は、花柄摘みの時にも便利です。ビニール袋を持ち歩く方法もありますが、栽培量が少ない我家の場合は大きなビニール袋そのものがジャマになってしまうのです。
 バラ栽培をしている皆さんでも、独自の工夫をなさっていらっしゃることがお有りではないでしょうか。そんなことを少しでも教えていただけると参考になります。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.08.03 21:41:39
コメント(2) | コメントを書く

2014.08.01
 今日の私のバラ管理グッズはスポイトとピンセットです。

 バラ管理には農薬の散布が重要ですが、その希釈に精密さを必要とします。特に散布量がそれほどでない場合、2ccとか4ccとかを精密に測るのは添付のスポイトやカップでは難しいです。
 そこで見つけたのが、この注射器型スポイトです。見つけた場所は100円ショップ。その本来の用途はどうやら香水を小さなビンに小分けする為のもののようです。ですからそんなコーナーにおいてありました。

注射器型スポイトと細密ピンセット
注射器型スポイトと細密ピンセット

 このスポイトの色は4色あって写真のピンクとブルーになっているのは別のものを取り付けてしまっているからです。本来は針先の色と本体は同じ色です。これで吸い取れば正確に量が測れます。
 4色ありますので色々使い分けが出来ます。私は農薬を測るほか、各色を購入して、プリンターのインクの詰め替えなどいろいろなことに応用しています。1本100円ですから使うのには便利です。ただ強い日射しにさらしっぱなしにするとゴムパッキンの部分が傷みやすいですのでお気をつけ下さい。
室内においておく分には何の問題もありません。

 写真に写っているピンセットは1000円で購入したものですが、100円ショップでも似た物を売っていて十分同じように使えます。何に使っているかと言いますと、バラ栽培のときに茂った葉の中に混じった枯れ葉を取る時です。ミニバラ栽培だから必需品になるのかもしれませんが、葉が込み合ってしまう中に指を突っ込むと必ずトゲで引っかかれるのです。そんなときにこのピンセットが役に立っています。
 バラ栽培以外にも、クレイバラアレンジの際に、出来上がった造花を粘土に差し込んで固定する際に、造花が込み合ってくると、このピンセットがないとしっかり位置決めして挿すこそができないのです。ステンレス製でさびませんので我が家ではあちこちに置いてあります。

 ここのところのミニバラは驚くほど大輪に咲いています。きっと鉢受け皿を使うようになって、日中の水がたっぷり補給されるからなのでしょう。朝、水をやって水受け皿にも満水に溜るようにしておいても、昼ころにはその水がすっかり吸い上げられて空っぽになっています。それだけ水分の供給が必要だと言うことなのでしょうね。これまでの水やりが随分少なかったのだなと感じているところです。
 明日は便利グッヅの紹介を中断して、暑い盛りに大輪に咲いているミニバラの写真をご紹介しようと思います。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.08.01 11:31:12
コメント(3) | コメントを書く

2014.07.31
 毎日似たようなバラの写真で面白くありませんので、趣向を変えて私がバラ管理に最近使っていて結構重宝しているグッズを日替わりでご紹介します。

 まず第一に取り上げるのはマジックハンドです。これを探したのはツルバラ、ピエールドロンサールを玄関先に栽培してからのことです。ツルバラがコレッタのときはそれほど気にならなかったのですが、ピエールドロンサールに接ぎ変えて育てたら、葉が大きいので葉の黄変したものがとても目立つようになりました。
 緑の中に病気や自然で黄色く変色した葉が混じっていると、いかにも手入れが悪いと言う感じで嫌なのです。かといって簡単に手が届くところではなく、そのつど脚立を持ち出して葉を摘み取る手間も面倒でした。
 そこで最初はゴミバサミを探しました。100円ショップで似たようなものを探したら、料理用品コーナーにあったトングが使えそうで購入しましたが、葉のように薄いものはしっかり掴めませんでした。パンなどをつかむにはいいのですがやはり私の用途には不向きでした。
 それでネットで似たようなものを探しました。そこで見つけたのがマジックハンド。ところが結構良い値段がするのです。2000円近く。これを購入して使いものにならなかったら無駄遣い。ゴミを増やすばかりです。しばらくして少し離れた大きなショップに別の用事で行ったら似たようなものを売っていたのです。しかもなんと200円弱。これなら試してみることが出来ます。それで買ってきたのが次のものです。

マジックハンド
マジックハンド

 持っても軽く、先端も滑りにくい素材でしっかり物が掴めます。手元のハンドルをギュッと握るだけで掴めるのです。地面に落ちた葉の軸も簡単に掴めます。

マジックハンドでバラの葉をつかむ
マジックハンドでバラの葉をつかむ

 これは便利でした。高いところの手が届かないところや細い隙間の葉も掴んでもぎ取ることが出来ます。これでいちいち脚立を持ち出すことなく、気がついたときに手入れが出来、いつでも枯葉が取り去れます。バラのトゲがあってもこれで無造作に突っ込めば目的のところに届きますので、気分も楽です。

 これを使って手の届かなかった所に生え始めた雑草の芽も早めに取り去ることが出来ました。我家は狭いところにごちゃごちゃと鉢を置いてありますので、奥のほうに枯葉などが溜っても簡単に取り去ることが出来ません。それも時々これを使えばさほど鉢を動かさなくても目立つものだけは取る事が出来るのです。
 色がちょっとおしゃれではないのですが、機能的にはとても便利な品物でした。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.07.31 10:17:50
コメント(4) | コメントを書く

2014.07.27
 今日もすごい熱射です。うっかり外に出るとジリジリと肌が焼けます。この暑さの中の我家のバラの生育状況です。

夏バラ生育の様子
夏バラ生育の様子

夏バラ開花の様子
夏バラ開花の様子

 例年の育ち方に比べるとかなり良いように感じます。その理由として消毒をこまめにしたことがあげられますが、それ以外に今年から行ったことがかなりこの夏に効果を発揮しているように感じられます。
 それは春先にすべての鉢に施行した除草シートの設置と、乾きやすい鉢を選択して水受け皿を配置したことです。

防草シートと水受け皿の効果
防草シートと水受け皿の効果

 この除草シートで、例年でしたら雑草だらけになって除草に嫌気がさしていた雑草が完全に防げています。雑草が茂ったほうが根元の気温が下がると言う説もありますが、湿気が高くなって病気が出やすくなるのではないかと思います。それが今年は防げたのも病気が少なくなった理由かもしれません。
 水受け皿を設置したこともかなり効果が出ています。例年ですと水切れでしおれる鉢がかなり出て、その後の生育に影響を及ぼすのですが、今年はかなり防げています。以前は水受け皿の水は根腐れの原因になるので捨てましょうと言われていましたが、こんな暑い日は水分補給にかなり効果が出ています。
 本に書いてある常識にとらわれないで、試してみることが大切なんですね。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.07.27 12:41:53
コメント(5) | コメントを書く

2014.06.26
 昨日は用事で出かけ喫茶店で休んでいたら突然の雷雨に会い、1時間半出られなくなりました。喫茶店にいたから良かったのでこれが買い物の店だったら立ちっぱなしになるところでした。一昨日は調布で霰が集中的に降るなど、関東は天候が不安定です。
 こうした不安定な天候の影響でしょうか、治まっていたうどん粉病が今朝見たら再発していました。昨晩の気温が22度前後まで下がっていたのもうどん粉病が発生する良い条件になったのでしょう。病兆が見られる葉は摘み取り、急いで全部に消毒しました。薬はトリフミンを主体でついでにフルピカフロアブル、トクチオンを混用しました。もちろん展着剤は「まくぴか」です。

 花が終わり新しい葉がグングン出てきているのですが、一鉢だけ葉の色が黄色くていつまでも緑色にならない鉢がありました。今年はハニームーンがその症状でした。いつまでも変わらないのでもしかすると鉄剤不足かと、水肥に鉄力アクアという鉄剤を少量加えて散水しておきました。その効果でしょうか、見事に緑色に戻っています。もう展開してしまっている葉まで緑色になっていますから、鉄剤がいきわたったのでしょう。以前マコチさんに教えていただき購入していたものです。前は他の品種がそういう状況になっていたのを鉄不足かホウ素不足かと手当てした記憶があります。今回は鉄不足だったようです。

 1週間ほど前に実施した天接ぎ7鉢ですがどうやらどの品種も成功しているようです。2鉢はまだ芽が動いていませんので予断は出来ませんが、芽はまだ生きていますのでそのうち動いてくるでしょう。もう少しはっきりと芽が伸び始めましたら、写真を撮ってご紹介したいと思います。


肥料・土壌改良・有機の井手商会。鉄イオンの働きで植物の生命力アップ!【人気商品】鉄力アクア(300ml)[土壌改良 有機 肥料]【RCP】10P04Aug13






最終更新日  2014.06.26 13:18:04
コメント(4) | コメントを書く

2014.06.15
 今日も爽やかな青空。日射しが強いです。気温もそれほど上がらず、部屋の窓から通り抜ける風が心地良いです。ミニバラには朝たっぷり水をやったので喜んでいるでしょう。
 そう思って4時頃、棚の様子を見に行ったらなんと新芽がぐったりしています。水切れ?。鉢はある程度重いのですが、この日射しと湿度が低い爽やかな風で、根からの水分の吸収が間に合わなかったようです。急いで散水を開始。軽くなりすぎた鉢はいくら水をかけても鉢の中を素通りするだけで土には浸みこまないようです。そんな鉢には腰水で十分水を吸わせたあと、改めて潅水しました。
 新芽がぐったりしてしまった鉢は日陰に避難させ、腰水しました。これから本格的な夏を迎えようとする時、今からこんな状態では困ります。植え替えの時、排水の良い配合で土を調合した影響でしょうか。これからの暑い夏を迎えるにあたって、何か工夫しなければなりません。夜になった今も風が吹いていますので、それだけでも乾燥するでしょう。
 明日、鉢受け皿を買いに行って、それで水分不足を調整しようと思います。使っている鉢がほとんどスリット鉢で乾燥しやすいことも影響しているとは思いますが。こういう鉢はいつでも様子を見て潅水出来る人が使うように出来ているのでしょうね。バラは水切れには極端に弱いので、今年は十分対策を工夫しなければなりません。冷夏と言う予測もありますが、それはそれとしてです。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.06.15 21:37:17
コメント(0) | コメントを書く

2014.06.07
 梅雨に入って3日目。さすがに梅雨で毎日雨が降り続いています。写真を撮りに出ることもできません。
今朝、棚の様子を見たらミニバラの鉢にキノコがにょっきりと顔を出していました。しかも大中小。

バラの鉢にキノコ
バラの鉢にキノコ

 キノコなんてそんなに生えないと思っていたのですが、思い返してみると毎年どの鉢にかにキノコが生えていた気がします。このキノコが生えるということがバラの生育に悪い影響を与えなければいいのですが。

 梅雨に入って外は本格的にアジサイの季節になってきました。用事で外に出かけると道のあちこちにアジサイが綺麗に咲いています。今年はハイドランジアの鉢植えを2回も買って早くから玄関先に飾っていたので、アジサイの本来咲く時期を見失ってしまった感がありましたが、これからなんですよね。
 道端に咲くアジサイはとても大きく茂り、かなり刈り込んであっても鉢に納まるような大きさではありません。それを見ると鉢栽培して販売するのは容易なことではないのだろうなと改めて思います。近所の団地にアジサイのいろんな花が植えてあります。それを見に行きました。

こんなアジサイ
こんなアジサイ

あんなアジサイ
あんなアジサイ

アジサイアップ
アジサイアップ

アジサイ色のアジサイ?
アジサイ色のアジサイ?

 なんと私が先日気に入って購入したアジサイカメレオンがもうこんなに大きくなっていました。写真では白く写っていますが、実際は淡いピンクです。これから大きく咲くのでしょう。

団地にこの間買ったアジサイが
団地にこの間買ったアジサイが


 最初に買ったアジサイはもう花が終わったので植え替えましたが、沢山枝が刺してあってそれで豪華に花が咲いていたのです。まるでミニバラのポット植えのような栽培の仕方でした。きっとこうやってこじんまりと花を咲かせるのですね。来年も鉢で咲かせようとすると、これはどうすれば咲くのでしょうね。大半は地植えにしてしまったのですが、一鉢くらいは鉢植えで栽培してみようか、でも場所をとりそうだなと思案中です。剪定もいつやるのか、丈を低く花を咲かせるのには時期があるのでしょうね。また調べてみなければいけないものが増えました。 





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.06.07 14:36:04
コメント(2) | コメントを書く

2014.04.09
 今日、やっと鉢バラすべてに防草シートの設置を完了しました。

 毎年バラ鉢の中に生えてくる雑草の防除に困り、以前行っていた防草シートを加工して鉢に敷き詰める作業を数日かけて行っていたのです。どんなものか、写真をご覧下さい。

鉢の大きさに合わせて1
鉢の大きさに合わせて1


鉢の大きさに合わせて2
鉢の大きさに合わせて2


 農地などで使用する雑草防止のシートを鉢の大きさに合わせて丸く切り、それを鉢に敷き詰めて土に光が当たらないようにするのです。敷き詰めるときは半分まで切込みを入れて、株もとの太さや位置に合わせて穴を開け、それを数箇所ピンで留めます。


 敷き詰める際に、隙間が出来て光が当たらないようやや大きめの大きさにカットしたものを用意します。


防草シートと作った止めピン
防草シートと作った止めピン

 
 この方法は数年前に行っていたのですが、作業がとても面倒でしたのでここしばらくはやらなかったのです。今回工夫したのは、シートを土に止めるピンの作成です。

 ステンレスの針金を買ってきて、上の写真のような形状にたくさんピンを作り、それでシートをとめました。以前はこのピンがなかなか思いつかず苦労したのです。ステンレスの針金の太さはもう少し工夫が必要かもしれませんが、細い分加工がしやすかったです。最初は手元にあった太いステンレス針金を加工したのですが、切るのも曲げるのも苦労して手が痛くなりました。

 土に差し込む部分の長さも楊枝の長さがあれば十分のようです。

 防草シートは園芸センターなどで売っていますが、それでは大きすぎるので私は100円ショップで買いました。どうせ小さく切ってしまいますので、1枚の大きさが小さいほうが加工がしやすいです。ただ丸く切る作業のとき、荒く織った繊維がバラバラに散らばるので後の掃除が大変です。

 これで今年1年の雑草防除が少しでも楽になれば良いなと思っています。ただこのシートをかけてしまうと、土の乾き具合が目で確認できなくなること。それと水やりをするときに、シートに水が当たって音が大きくなることがやや欠点かもしれません。今年一年の経過を見て来年もまたやるか決めようと思っています。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014.04.09 16:15:56
コメント(4) | コメントを書く

全132件 (132件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.