513261 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

千葉県八千代市の塾「個別学習ヴァージャー」塾長のつぶやき、かなり大声?!(ブログ)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

***************************
** 愛言葉は・・・・・・・「うかる~る」♪~♪ ***
**「知識をつけるには、まず意識から」       *
***************************

いらっしゃいませ。日々の様子をつぶやいております。
お急ぎでなかったら、ぽちっとメッセージでもおいていって下さいませ。
あ。でもあんまり**な書き込みは消すこともあるかもなのでご容赦♪
あ、リンクはご自由にどうぞ。


当塾の案内です


**大学進学と「その先」を真剣に考えている方々を歓迎します。

**無料体験学習(要予約・進路相談・学力診断付き:好評なようです)実施中です。ご子息が当塾でどのようにお勉強しているのかを、保護者様もご同席して見学いただけます。



別のブログはこちら


〒276-0046
千葉県八千代市大和田新田59-68
個別学習ヴァージャー 

(クリーニング屋さんの2階です。お向かいはメガネ屋さんです)

連絡先:047-450-6286(平日PM3:00~)、
090-2157-5679(基本的にはいつでも可)まで。

メールの方は[ tatsutodd*yahoo.co.jp ]まで。(*を@に直してください)

(件名をお願いいたします:例・・塾のことで等々)



わが「個別学習ヴァージャー」は、
ほんわかとリラックスした雰囲気の中で、
ビシバシとお勉強をしていく、そんな塾です。
入試を乗り越えられるチカラ(自ら読み、考え、書く)を
しっかりと身につけるには、
本人の学習への取り組みが受動的ではなく、
能動的である必要があります。
日々の教室での学習を通じて、
少しずつでも子供たちの「意識」を高め、
必要とされる「知識」を身につけてもらう。
私はこのような考えに基づいて日々実践しております。
学力を上げるために必要なものはいろいろとあるでしょうが、
いらないものが多数紛れ込んでいるのもまた事実でしょう。
本当に必要なものを必要な量だけ身につけられる場、
そんな場を目指しつつ日々成長、進化を続けております。

誰の成績でも必ず上がるということはないのでしょうが、
少しでも「なんとかしたい」と思っているあなたであれば、
きっと納得のいく結果を手にすることになるはずです。
ウソかホントか疑う前に、
まずは「来て・見て・試して」はいかがでしょうか。
(無料体験学習あります。お気軽にどうぞ)





塾ブログ検索サイト 【塾長(講師)のブログを都道府県別に紹介しています。】



(Welcome to my weblog.It will be my great pleasure,if you leave any message here for me.....^^:you can leave your message on my BBS... )
English Here
(Please click here,and you can read my page in English,however you will feel a bit strange Englsih....by automatic translating machine......... :-P )

韓国語はこちらへ

KBSラジオへ。:最新KPOPなんかも聴けますよ♪♪
SMOOTHJAZZ.COM塾長・岡本のお気に入りのWEBラジオ局(オトナ向けデス♪)
SOFT.JAZZ.UKここもお気に入りのWEBラジオ局:Winampで聴くもヨシ、メディアプレイヤーで映像(DJの様子)ありで楽しむもヨシ!です


banner
ぺ・ドゥナさん公式サイトへジャンプ
大学入試センター

yume.jpg


welcommap
Welcom Map



うかる~るとうり坊の旅日記



AX


February 22, 2016
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

「成績の上がりやすい子、なかなか上がりにくい子」



成績の上がりやすい子と、なかなか上がりにくい子とはどう違いがあるのか???


まずは上がりやすい子について。

成績が上がりやすい子たちの特徴として1つあげられることは、

適度に素直!である、という点だ。

あまりにも素直すぎる子や、あまりにも素直ではない子たちは成績を上昇させるまでに少々時間を要する。
素直ではない子の成績が上がりにくいことは、まあ納得していただけるであろうが、素直すぎる子はなぜ???

それは疑問を持つということは、レベルアップのためには必要不可欠であるからだ。
「これで本当にいいのだろうか。他にはないのだろうか?」と思う気持ちがあってこそ、
より高い所へとたどり着く事ができる。だから適度な疑問を持つ気持ちはなければならない。
また素直すぎることは、主体性の欠如からくることもある。
1から10までヒトの言う通りに振舞うことは、
いざという時の判断力を身につけることの妨げになるように思えてならない。

 
昔は15歳といえば元服を迎える。
大人の仲間入りをする年齢のこの時期に於いても、自分の考えを明確に表現できない、
そんな中学生、高校生が最近は多いように思える。
もちろんそのようになってしまっているのは、何も子供たちだけにその責を問えない。


今からでもまだ間に合う。だから私は親御さんたちにこう勧めたい。

「子供にもっと責任と権利を。」と。

どんな小さなことでも良いから、自分の子供に考えさせ、決めさせる。
そして自分で決めたことに対して責任と権利を与えて、しばらくは様子を見る。
もちろん、社会経験に乏しい子供であるから失敗をすることも多々あるだろう。


しかし、失敗しなければ学べないことも世の中にはある、ということは親御さん自身が重々承知の事と思う。


真の意味で「強い我が子」を作るために大切なのは、
1から10まで手取り足取り教えることや、失敗をさせないように導くことではなく、
人間として最低限守らなければいけないこと(いわゆるしつけ)を身につけさせ、
何事も本人主体で考えさせ、自立を促すように支えることではないだろうか。
勿論、子供の考え方が明らかに間違っている場合は諭し、訂正を加えることは不可欠である。


昨今の親御さんの子育てに対して、批判を与えるつもりではなく、
現実を客観視した結果として感じていることを率直に書いているだけであり他意はない。



それにしても、ひと昔前であったら「ふつう」である子が、
「とても良い子」に感じられる昨今は、一体どうしたらよいものか。
文明が発展し、生活様式が変わることには異論を唱える気はないが、
たとえ時代が変わっていっても、人間としてあるべき姿というのは変わってはならないと思うのだが、、、、、。


徒然なる手遊びに、書き散らしているうちに表題とは少々逸れてきたようなのでこのあたりで、、、、。



最後に、相田みつをさんの有名な言葉を。



「育てたように、子は育つ」



(さすがに10年以上もだらだらと休みつつ、サボりつつ書いていると、たいがいのことは書いているもんだな〜と思った次第であります。そんなこともあって、最近はあんまり書かないようになってきたんですけどね ← 更新をサボっている言い訳。。。)






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  February 22, 2016 10:34:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

定期試験とかけて、パンツのゴムととく。

そのココロは、、、、、、、、、、、、、

ゆるすぎると、落ちる、、、、、、、、。



お後はもちろん、


よろしくはないようで・・・・・・




相変わらずな、定期試験が繰り返されているようです。


老婆心(老爺心か)なんだろうけど、ね。



他人事とは感じられない!という方は、
お早めに対策をしておかれることを、
強くおススメいたします。。。








楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  February 22, 2016 10:23:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 18, 2016
カテゴリ:カテゴリ未分類

うちの塾生(中3生)は、、、、、、、



どうにか「滑り込みセーフ!」でした。(^^)

1月に受けた最後のVもぎでの判定は20%、、、、という、
かなり寒気がする感じのものでしたが、


直前の追い込みと、
倍率の高くなかったこととが幸いしたのか、
なんとか合格してくれました。


なんか聞いたところによると、
うちに来ていた塾生もけっこうへなちょこでヤバい感じの成績でしたが、
それでもまだその子の下に三分の一くらい、
「もっとヤバい方々」がいらっしゃるとの話。




定期試験の問題のユルさ ⇒ 直前にやっつけで勉強しただけでそこそこの点数、

 ⇒ その結果根拠のない自信の醸成 ⇒ 恐ろしい入試結果、、、、、。



ここ数年の近隣公立中学校はこんな感じです。

定期試験で350点以上とっても、校内順位は真ん中よりも下。
科目によっては平均点が80点ほどのものまであるようです。


そのうえ、通知表は絶対評価なので、
昔ほど4や5に相応しい学力があるのかどうかは、
僕個人としてはかなり懐疑的だなぁと思わざるをえないのが本心です。


本当に生徒たちの入試での成功を願うのであれば、
もうちょっと定期試験の中身を考えていただければな〜と、
僕は思うのですが、
ま、そう簡単には変わらないかなと・・・・・。


今日、明日と学年末試験がありますが、
また似たような感じなのでしょうか。




それはさておき、
うちの塾生(中3)のために、
公立高校前期試験の出題予想をしていたのですが、
思っていたほどには出題されてはいませんでした。(汗)


ただ、前期に出題されていなかったということは、
後期にこそ・・・・という可能性もなきにしもあらずかなと、
往生際のよろしくない僕としては思っております。
うちの塾生たちの今年の入試はもうすべて終わっていますので、
公立高校の後期試験の出題を、気楽な気持ちで待っていようと思います。
(あれとかそれとかきっと出ると思うんだけど・・・)


そんなこんなで、
今年は中学受験も高校受験も、
近年稀にみるほどの危機感をもっていたのですが、
最終的にみな「うかる〜る」となったのでなによりです。


今年度からは、
「誰でもウェルカム!」ではなくて、
多少は入塾者の受け入れ方を考えようかなと思っております。
(どうせ少人数なことでもあるし、、、、汗)
















楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  February 18, 2016 05:43:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 5, 2016
カテゴリ:カテゴリ未分類

本日の合格発表(東葛飾中学校:適性検査2・・・×)をもって、
うちの塾の中学受験は終了いたしました。



最終的な受験校と結果は以下の通りです。

国立千葉大学教育学部附属中・・・・○ (進学決定)
昭和秀英中学校・第2回・・・・・・○ (入学辞退)
東邦大東邦中学校・・・・・・・・・×
県立東葛飾中学校・・・・・・・・・× (一次は通過)



一時はど〜なることか(全落ちまで覚悟していました)と思っていましたが、
なんとか選んでいただける状況になりほっとしました。


来週の公立高校前期選抜も、
うまいこといって欲しいな〜と、
切に願いつつ、
できることをできる限り、
ぎりぎりまでやっていこうと思います。








楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  February 5, 2016 09:17:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 25, 2016
カテゴリ:カテゴリ未分類
うちの中学受験生、

公立中高一貫校(千葉中じゃないほう⇒県内の方には丸わかりか?)が、
今週末に適性検査2を残している状態で、
それ以外の受験校は結果が判明しております。


千葉大学教育学部附属中・・・・・○

昭和学院秀英中学校・・・・・・・○

東邦中学校・・・・・・・・・・・×


でした。



と、書きたいことを書くだけなら如何様にもできるじゃん?!、とか、
その他もろもろ言われるのも本意ではないので、


個人情報(受験番号、氏名)は当然のごとく伏せさせていただきますが、
合格通知書のコピーはとりあえずアップしておこうと思います。

(同じものを手にしている方々は本物だとわかるでしょう)




とりあえず、
きちんと結果を出せてホッとしました。



写真(2016-01-25 22.40).jpg


写真(2016-01-25 22.40) #2.jpg







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  January 25, 2016 11:02:18 PM
コメント(0) | コメントを書く

Mobile

ケータイ
スマートフォン

Favorite Blog

岸田秀40年の集大成=… New! 黄金屋(こがねや) キラーコイルさん

みんな、どんなゴー… New! miyajuku塾長さん

桃の摘果作業1日目。 New! lekuchanさん

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.