1005919 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

アウトドアーズ・コンパス 最新ブログ

全2件 (2件中 1-2件目)

1

└上野豪寛

2014年01月16日
XML
カテゴリ:└上野豪寛
こんにちは、アウトドアーズコンパス楽天市場店の上野です。

先日、実店舗のスタッフと一緒に2014年の登り初めに石墨山へ行ってきました。

今の時期の石墨山といえば、もちろん雪山雪ちょき

年に数えるほどしか雪が降らない地域に住んでいる僕らにとっては
こんな近場で雪山の経験ができるのはとてもありがたいことです。


今回のコースタイム

8:30登山口-9:00割石峠-10:20石墨分岐-11:30石墨山山頂-13:00下山開始-14:40登山口


まずは、登山口で記念撮影カメラきらきら

20140117_01.jpg


登り始めて10分もたたないうちに体はずいぶん温まりました炎

20140117_02.jpg

道中、動物の足跡を発見足跡

20140117_03.jpg

20140117_04.jpg

この足跡が何の動物だかわかる方、ご一報くださいeメール

夏場の登山ではなかなか気付けないこんな発見も雪山ならではですよねスマイル

こんな小さな発見にも僕のテンションはググッと上昇上向き矢印

身体も慣れてきて、どんどん進んで行きます。
東温高校山岳部の石望山荘へ到着です家

20140117_05.jpg


東温高校出身のスタッフ長岡もなにやら感慨深げ

20140117_06.jpg

(自分が高校の時、登山するなんて思ってもなかったなぁ。)
なんて事を考えていたのでしょうか?

石割峠を出発し、しばらく雪の積もる木々の間を抜けていくと、
今回の最大の難所「急登」が始まりました。

20140117_07.jpg

日頃の運動不足がたたり、僕はすでにヘロヘロ状態ほえー

さすがに日頃からランニングで鍛えているスタッフ大森は余裕のポーズちょき

20140117_08.jpg

やっとの思いで登りつめると、
そこに広がっていたのは、一面の銀世界雪

20140117_10.jpg

20140117_09.jpg

思わずテンションが上がるスタッフ大森ぐー


ここからは、尾根をグングン進んでいきますマラソン

20140117_11.jpg
目指すはあのトンガリのもう少し先。


途中の岩場は慎重に。結構スリルありました。

20140117_12.jpg


何度かアップダウンを繰り返し、山頂へ到着です。

20140117_13.jpg


山頂で記念撮影カメラ

20140117_14.jpg


お楽しみの昼食タイムですおにぎり
今日の献立は「野菜たっぷり味噌ラーメンラーメン」です。

20140117_15.jpg

やっぱり、自然の中で食べると何でもおいしく食べられますオーケー
もちろん、お汁まで全部いただきました。

山頂到着時にはガスで真っ白だった景色も、
休憩中ガスの切れ間から石鎚山系もバッチリ見れました!

20140117_16.jpg

お腹も満足したところで下山開始!
雪道の下りは、登りよりも慎重に慎重に!

滑ってしまった時の対処として、滑落停止の練習も!

20140117_17.jpg

うまく力を入れないとなかなか止まってくれません。

アイゼンやピッケルなどの基本技術の習得が、
安全で楽しい雪山登山には必要なんだと改めて実感させられました。

石割峠まで下りて、アイゼンを外すと脚も軽くなり一気にペースアップ上向き矢印

無事、唐岬の滝登山口に到着!

終わってみれば積雪も多くて楽しい登山でしたが、運動不足は否めず
みんなについていくのが精一杯でした。

これからの季節、四国でもまだまだ楽しめる雪山登山。
正しい知識と技術を身に付けて、雪山をもっと楽しめるようになりたいです。

その前に、僕の場合は体力づくりですぐー






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2014年01月18日 15時07分40秒


2013年07月19日
カテゴリ:└上野豪寛
こんにちは、アウトドアーズ・コンパス楽天市場店の上野です。

先日の定休日、KOMPAS一万尺クラブのみなさんと一緒に
寒風山(1763m)~笹ヶ峰(1859m)縦走に行ってきました。

本日のコース
20130719_01.jpg


今回、スタッフで参加したのは、僕と店舗スタッフ多田、大森の3名。
そして店長の松本が車の配送などサポートでの参加でした。

この3名は来月の富士山ツアーにも同行させていただきますので、そのトレーニングも兼ての参加でした。


先ほども書いた通りトレーニングと言ってしまっているので、普通に登ったのでは意味がありません。
今回は、通常よりも重い荷物を背負っての登山をすることにしました。


しかし、まだまだ初心者の僕は、控えめの10kgのザックを
我らがトレラン部、部長の多田は、なんと!20kg超のザックを背負っての参加です。
20kgという重さを稼ぐため、2Lのペットボトルを8本入れたそうです。


登山口まで車2台で行き、
ケガ予防のため、軽くストレッチをして登山開始です。

20130719_14.jpg

準備万端、さあ、出発ーッ!

20130719_02.jpg

登りはじめて30分ほど、やっと展望がひらけてきました。
景色はいいけど、日蔭じゃないので、とーーーっても暑い。
20130719_03.jpg


「あっちに見えるのが伊予富士ですね!」

20130719_04.jpg


登り始めて40分ほどで、桑瀬峠に到着
20130719_05.jpg



休憩中スタッフ大森は、スタッフ多田の20kg超のザックを背負わされていました。

大森「多田さん、わたし、一歩も動けません…。」
20130719_06.jpg



寒風山に登る途中にはこういったステンレスの梯子が何か所かありました。
20130719_07.jpg


山頂まであと少し、
20130719_08.jpg



山頂到着です。
20130719_09.jpg


ここからは、しばし『80年代アイドル風プロマイド(多田いわく)』をお楽しみください。
20130719_10.jpg

20130719_11.jpg

20130719_19.jpg


さぁ、気を取り直して笹ヶ峰に向けて出発です。
20130719_12.jpg


寒風山から笹ヶ峰は150m下って、250m登るんですが、ここが一番きつかった気がします。


よーし、あともう少し、頑張れ自分。
20130719_13.jpg


笹ヶ峰山頂ゲット
20130719_14.jpg

20130719_16.jpg

20kgの重みを外した第一声、

「なんか、体が軽いです。」

そりゃそうでしょうよ!
涼しげな表情で笑みを浮かべる彼を僕は同じ人間だとは認めたくない。
20130719_15.jpg

20130719_15.jpg

腹ごしらえも済んで、下山です。
20130719_16.jpg

下山道は笹の中の急こう配をひたすら下っていきます。



みんなが下山に向かっている中、この男だけは違ってました。
「ここ、トレランしたら気持ちよさそうですね。」
この先の、ちち山~冠山~平家平を眺めてつぶやく多田。
20130719_17.jpg


と、ここで終われば楽しい縦走だったんですが、
大変なのはここからでした。

20130719_17.jpg

激下りに次ぐゲキ下り。何度滑って転んだことか。

その過酷さを物語ってるのが、ここから車に乗るまでの写真が一枚も無い。
確かに、展望は良くなかったんですが、写真を撮る余裕などありませんでした。

そんな疲れ切った身体をねぎらうため、ハイウェイオアシスで温泉に浸かって帰りました。
20130719_18.jpg


富士山まであと2週間ちょっと。
同行スタッフとしてみなさんのサポートが出来るように
しっかりと身体をつくっておきたいです。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2013年07月20日 16時56分48秒

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

カレンダー

カテゴリ

楽天プロフィール

設定されていません

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.