6574471 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

薔薇色のつぶやき

PR

Let's link!

Free Space

Calendar

Recent Posts

Category

カテゴリ未分類

(125)

黒執事

(408)

黒執事(アニメ)

(151)

黒子のバスケ・Free!・ハイキュー!!

(148)

薄桜鬼

(81)

ちはやふる・俺物語!!

(112)

心霊探偵八雲・キングダム 他NHK作品

(74)

裏僕・八犬伝・カーニヴァル

(66)

ギルティクラウン・PSYCHO-PASS

(57)

純情ロマンチカ 世界一初恋 

(73)

花咲ける青少年 他樹なつみ作品

(56)

進撃の巨人

(70)

DARKER THAN BLACK

(51)

マクロスF・コードギアス

(50)

STAR DRIVER ・ヴァルヴレイヴ

(44)

デュラララ!!・夜桜四重奏

(55)

図書館戦争・暁のヨナ

(46)

PandoraHearts

(41)

Fate

(48)

マギ・ワンパンマン

(57)

WORKING!!・ばらかもん

(41)

ヨルムンガンド・シドニアの騎士

(51)

妖狐×僕SS 絶園のテンペスト

(37)

輪るピングドラム・悪魔のリドル

(36)

07-GHOST LOVELESS BRAVE10

(32)

君と僕。・月刊少女野崎くん

(40)

K BTOOOM!

(31)

河内遙作品&宇仁田ゆみ作品

(30)

鬼灯の冷徹 ・宇宙兄弟

(39)

TIGER & BUNNY

(16)

信長協奏曲・信長のシェフ

(18)

坂道のアポロン・月影ベイベ

(20)

超訳百人一首 うた恋い。

(16)

宇宙戦艦ヤマト・リメイクもの

(27)

オリジナルアニメ

(54)

ノイタミナ枠

(35)

ゲーム原作アニメ

(39)

小説原作アニメ(アルスラーン戦記 他)

(76)

お気に入りアニメ

(97)

アニメその他

(93)

少年ジャンプ

(323)

青年誌コミックス感想

(169)

少年誌コミックス感想

(104)

少女・レディースコミック

(179)

BLもの

(46)

声優

(9)

小説他

(12)

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

らいち♪♪@ Re[1]:亜人 第1話、第2話感想(01/23) 通りすがりさん >映画は先に観たのですが…
通りすがり@ Re:亜人 第1話、第2話感想(01/23) 映画は先に観たのですが、拉致された女の…
らいち♪♪@ Re:イエスマイらいちさん(01/07) くろくろさん 「僕だけがいない街」「昭…
くろくろ@ イエスマイらいちさん 今季何を見たらいいんだろうと 連ドラ予約…
らいち♪♪@ Re[1]:新年あけましておめでとうございます!(01/01) mamakappaさん 新年おめでとうございます…

Favorite Blog

別冊少年マガジン3月… New! みやさとver.さん

長野は本日、県立高… New! あくびネコさん

今日の収穫 (2月… New! BROOKさん

60万HITありがとう… あみりん9129さん

冬は風邪に気をつけて mkd5569さん

Rakuten Ranking

Recommend Item

Mobile

ケータイ
スマートフォン

Rakuten Download

全408件 (408件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 41 >

黒執事

2016年01月18日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:黒執事

今日は関東方面、雪の影響が凄かったようですね。
こちら関西は雨は降ったものの全く雪は降らずでした。
突然ドカンと降られるのは困りますよね。

一度にではなく何回かに小分けして降ってくれたらいいのになぁと。

では、本日GFともにWJの発売日なので二ついけたらいいなと。
まずはGFから。
先月号の感想はこちら

今月号はいましたwwww大笑い
ほんとビックリしたwwww

ある程度は展開、予想してたんですよ。
怪しい聖歌隊はP4だろうなと、エリザベスも一緒かと思ったんですがそれは
違ってました。

まずは扉絵。
意思なき木偶に映える漆黒

ってことでセバさんの周りに4人の男女。
意思がないってことは操られているってことですかね。

第四土曜日限定儀式の始まり。

最初、ローブの男は5人だったんですが、讃美歌が終わり「さあ 歌おう」
ってことになって「みんな一緒に!」ってローブを脱ぎ捨たのは4人・・・

やっぱりP4のメンバーだったんですが、ローブの下は凄いお衣装ww
まさにST☆RISH うたプリ状態wwww大笑い

四人だからQUARTET NIGHTかって感じですがwww

もしやニナさんが作ってた衣装ってのは青のローブもそうでしょうが
ローブの下の派手なお衣装ではないかとwwww

バイオレットだけはローブの下の衣装にもフードが。

そして聴かせる歌は「Shining Star」
作詞作曲はブラバットのようです。

まるでうたプリのプリンス達を思わせるようなステージwwww

土日は丁度、うたプリライブがあったんですよね。
さいたまスーパーアリーナは熱狂に包まれたことでしょう。

まさにうたプリさながらの歌と踊りがステージで繰り広げられ坊っちゃん呆気。

でっかいコマやら見開きいっぱいにP4のみなさんがキラキラきらきらと・・・
バイオレットが妙にめかしい。
「銀河(スフィア)になろう~~~~~~♪」 ジャジャンッ♪

エドワードはバイオレットまでが踊っていることに感動してます。
なんかときめいてるっぽい??

その頃、執事は・・・
バーで情報収集
どうやら美人さんには振られてしまったようですが、娼婦さんたちと楽しく
やってるようでww

屋敷に帰ってから、セバさんが追い出された後で行われたコンサートに
ついて坊っちゃんとエドワードが話をすると

「こんな歌ではありませんか?」っと突然セバさんがり出して・・・!

アッハハハハハハハハハハ泣き笑い

ここにもキラッキラのプリンスがいたよwwwwww
振り振りのノリノリで悪魔が踊ってるwwww大笑い

ちょ、可愛いっていうかなんかいが起きそうでいよwwww
どうしたんだよ悪魔wwwww
何か悪いもの喰ったんか???泣き笑い

あの娼婦か????
あの娼婦がまずかったのか!?

大きく口あけて丸見えのキラキラ笑顔きらきらで踊って歌って見せるセバさんww
悪魔のこんなアイドルスマイル見せられる日が来ようとはwwww
あのキラきらきらって感じのやつ、輝きのタクトの綺羅星十字団の「綺羅星☆」って
やつだよねwwww
まさかセバさんが「綺羅星!」やるとはねwww大笑い

なんて可愛い悪魔なんだぁあああああああ!!!
坊っちゃんドン引きしてるけどww

この歌はアグニ&ソーマによると市場でも流行っているようで、子供達も歌って
いるのだとか。

セバさんは一緒にいた娼婦たちから聞いたようですが、その娼婦たちも同業者
から聞いたのだとか。

歌とダンスを覚えたってことはバーではなくてどこか別の場所で、何やらしながら
覚えたってことかしらんww
短時間にホント器用な悪魔だわさwww大笑い

ま、バーで娼婦たちが歌って踊ってみせたのなら何やらはしてないかもですがw

坊っちゃんの考察をセバさんが代弁すると、英国の下層階級ではいまだに識字率
が十分ではないため情報を広めたい場合は口伝が一番有効

が、余程インパクトが強いか短くなければ言葉など人間はすぐに忘れてしまうから
口伝内容をより効果的に記憶させるには「歌」が一番。

讃美歌や民謡も教義や教訓を分かりやすく伝えるために作られたものってことで。

例の歌も何かの教義を広めるために作られた可能性が高いようですが、あの歌
にはとても危険な思想やら教義が織り込まれているとは思えないとエドワード。
星がどうしたこうしたってキラキラした歌詞だけですもんね。

坊っちゃんは人を集める手段の可能性もあると考えます。
人が集まれば商売ができるってことで。
でも、あの集会ではお金はとらないし逆に占いを受ければ純銀のブレスレットを
ばら撒くくらい。。

本当の目的が見えず・・・

ここでセバさんがこっそり拝借したブレスレットについて聞きこみをした結果を報告。
どうやらそのブレスレットを持たないと入れないイベントがあるとか。

それにしても情報提供してくれた娼婦はよく食べますね。
ちょっと可愛い娘だわ。
文字は読めないけど身体張ってしっかり活きてる逞しさに好感。

セバさんの回想を信じるとどうやら食べて歌を教えてもらっただけっぽいwww
あの娼婦の喰いっぷりですからね。

誰にでも開かれた土曜日の集会と占いを受けた者だけが参加できる閉じた集会
リジーもそこに行っているのかと気になる坊っちゃんでしたが・・・

今まさにブラバットにわれリジーが扉の中へ入ろうとしています・・・!!!
うわぁ~~~~この先がきっとヤバいんだよね!?

何する部屋なんだろう。
扉が4つあるけど、P4が各部屋にいるのかな???

ここで洗脳されるのか?

リジー、ブラバットと入っちゃいました(><)

今月号はセバさんが強烈だったからストーリーの深刻性がどこかへぶっ飛んで
しまいましたが、リジーが心配だよぉおおおお!

 

 







Last updated  2016年01月19日 00時22分52秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年12月18日
カテゴリ:黒執事

昨日やっと22巻の感想をUPしたところでGF1月号発売ですv

黒カフェで盛り上がってますが地方勢にとっては・・・
グッズの通販予定もないってことで、ああそうですかって寂しい限り。
せっかくのパパングッズがお目見えなんですけどね。
まぁ元々グッズはあまり手元に置かない方ですので眺めるだけにしておきます。

でも、ねんどろいどぷちでパパンがお目見えしたら絶対お迎えするwwww
なんでぷちなのかというとそのサイズでなければ置き場がないからですわw
とはいえ、セバスもぼっちゃんも発売されてないのにパパンが発売されるわけも
なく・・・
こちらも夢のまた夢ですね。

愚痴はこれくらいで1月号感想です。
先月号は感想はこちら。 

 

今回は表紙でん???あれサリヴァン成長した???っとか思ってしまったん
ですが、メイリンでしたねwww
ちゃんとお化粧してメイリン可愛い!!
それにさすがのおですわ。

セバさんはあまり興味ないでしょうが(^^;
メイリン、良い夢みてますv

本編扉絵はブラバット。

「君 人間じゃないだろ」っとブラバットに耳打ちされたセバさん。
驚くセバさんがキュートですO(≧∇≦)O

今回のセバさんもとにかく可愛いです♪
最近、この可愛らしさで押してきてますよねwww

眉間に皺を寄せた表情と言い感情をにする悪魔可愛い。

「何故私が人間ではないなどと思われるのです?」
冷静に聞き返すセバさんに「それくらい見ればわかるよ」ってブラバットはさも
当然そう。

そしてセバさんを星のきらめきを飲み込むでまるでブラックホールだと。
っと人々は突然「帰れ」コール。
それを聴くセバさんの表情は苦悩してるようで・・・

本来、人間にどんなことを言われようとまるで響かない悪魔のハズなのになんか
辛そうというか・・・

「こんな感じで人間っぽく見えてますか坊っちゃん??」
って強かめかしく演技してるようですw

ブラバットがセバさんに出て行くように促すと、二人の男がやってきて脇をホールド
でセバさんを連行。

190近くあるセバさんがなんか少年のようなんですけど~~~
セバさん随分と華奢になって若返ってるよなぁ~(^^;
悪魔だからその時の気分で変幻自在ってことでいいのかなw

その割に股間だけはv

やっぱり細身可愛い系スチャンは古川スチャンの影響があるのかしらん。。

坊っちゃんに指示を伺うと何もするなってことなのでセバさんは抵抗せず大人しく
ホールの外へ。

その間に坊っちゃんはブラバットに占いをしてもらうことに。
すると坊っちゃんはシリウスの加護を受けているとの結果に。

シリウスの加護を受けている人はとてもしいらしく、初めて見たという人も。
いいな~~って人だかりが出来てます。

シリウス、カノープス、ベガ、ポラリスと人にはそれぞれ加護を受ける星がある
ようですが、シリウスが極めて稀で、リジーのカノープスも珍しいってことだった
ので後の人は残りのベガかポラリスってことでしょうね。
ベガも一等星だからそれほど多くなさそうですし、ほとんどはポラリス??

シリウスの加護を受ける人は理想が高く天才肌、そしてちょっと裏表が激しい人
が多いようです。
そして坊っちゃんには「素晴らしい輝きを内に秘めているけれど、さっきの
君の光に纏わりついている」
と。

うわ~~~~このわりつき具合が古川スチャン悪魔だわ!!
ねっとりじっとり忍びよる系!!

このままじゃ君はキラキラを失うばかりだから、すぐに彼から離れた方がいい
かもしれないと言うブラバット。

「自分で離れられないのなら僕が手伝ってあげようか?」

ブラバットがどこまで本気なのかと警戒する坊っちゃん。
ブラバットは意味深な笑いを浮かべてますよね。
何者なんだろホント。

死神じゃなくて悪魔でもなければ天使なのかなぁ~~
セバさんが悪魔だと分かった上で言ってるとしたら悪魔と対等の力を持ってる
ってことですもんね。

それに契約した悪魔を切り離すことなんてできるんでしょうかね。
案外、天使ってのは結構いて実は女王の馬丁であるジョンも天使だったりして。

「のんびりしてると終わりは結構あっさり来てしまうものだよ」

衝撃的なことを言ってくれちゃってます (((((゚.゚;) 
終わりは来て欲しくないけど、坊っちゃんが契約を破棄するのもなんか納得
いかないしなぁ・・・
そんなの坊っちゃんらしくないし。

占いを終えた坊っちゃんにブラバットはお守りとして純銀製のブレスレットを渡し
ます。
坊っちゃんはただ占いを受けた人間に配るには高価すぎると感じて・・・。
ですよね~~

ブレスはデザインが人によって異なるようですが、星の数は一番明るいシリウス
が1個であとはカノープス、ベガ、ポラリスの順かしらん。

坊っちゃんがあれこれ思考を巡らしていると時計が11時を指しキャロルの
時間
に。
会の終わりにはみんなで歌を歌うのだけど第四土曜はいつもと違うようです。

なんやら怪しげなローブみたいなのを身に纏った集団がぞろぞろと。
頭まですっぽり被って怪しさMAX (ノД`)

青の章ってことだし、青のローブってことでしょうか。
聖歌隊かなんか???
そういえばニナさん聖歌隊の衣装の大量発注受けてるって言ってましたね。

この歌で集団催眠のようにマインドコントロールがなされているのでしょうか。
薬物とかも使ってる可能性ありますよね。

「謎の集会で始まる驚愕の儀式」ってことですし絶対ヤバいことしてるようです。

一方、裏口から追い出されたセバさんは・・・
ドンって突き飛ばされた時の顔も可愛い♪(///∇///)

占い師のことをあれこれ考えていると何かの気配が!?
ってちゃんでしたかwww

キューン♡って、もうこれ絶対古川スチャンだわwwww
デレデレ顔で猫を抱くセバさん。
八の字眉がキュート! d(≧∀≦*)ok! 

っと猫ちゃんがセバさんの胸元をごそごそ・・・

すると例の純銀製のブレスが二つ。
連行されてる時、脇の二人からこっそりブレスを頂戴してたんですねwww

「コレは貴女の空腹を満たせる物ではないのです」
ってこの八の字眉のセバさん、なんて可愛いのぉおおおおおおお (*≧∀≦*)

そして「主人が出てくるまでもう少しかかりそうですから」と美女とランデヴー
決め込むつもりのようです。

猫ちゃん随分デカイんですけど、セバさんのことが気に入ったみたいでご機嫌の
様子。
単に馬車に用意されてるというサーモンの燻製に惹かれてるだけかもですがw

ああ・・・最近のセバさんが可愛くてしょーがない。
古川スチャンの影響多大にありますよねwww

私としては最近の受け受けしいセバさんみですわwww

すっかりセバさんは休憩タイムのようですが、ホールの方はどうなるんでしょうね。
P4のメンバーとかリジーとかが出てきて歌い出しそうなんですけど。

今のところさっぱり先の見通しが立たないのでしいセバさんをでることに
専念すると致します。

次号が楽しみ♪

 







Last updated  2015年12月19日 02時23分08秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年12月17日
カテゴリ:黒執事

すっかり遅くなってしまいましたが22巻感想です。

表紙はメイリン。
使用人'sのトリですね。

メガネを外した時のメイリンはホントきりっとしててかっこエエっす。
メガネの時も可愛いけどね♪

カバー下はなんだろうとワクワクしてみてみると・・・
「黒海女さん」
これはわからへんわ・・・大笑い

毎回毎回全然予想の裏過ぎてwww
昔は男女とも裸に褌で海に潜っていたんですね~
ほぉ~~~
なかなか素敵なことでww

では、本編感想いきます。
本誌掲載時の感想はこちら。
こっちに詳しく書いてますので。

GF5月号  GF6月号  GF7月号  GF8月号  番外編  GF10月号

前巻の感想はこちら

緑の魔女に会いたいという女王の依頼を受けて拝謁に相応しいレディになる
ようサリヴァンを特訓するセバスチャンw
ヴォルフラムも一命を取り留め一緒にロンドンへ。

坊っちゃんにとってサリヴァンは「知り過ぎた自分が消されないための保険

やっぱり、坊っちゃんは深入りし過ぎると女王に消される可能性があると考えて
いるのですね。
女王を信用してるわけではないと。
きな臭さ満載でいいですわ。

でも、それだけではないと思うのですよね。
サリヴァンを救ってやりたいと思ったのも事実ではないかと。

サリヴァンにはこれから先は全員が彼女を利用しようとするだと思えと、
自分の頭脳と情報を武器に全員を利用するつもりで「望む未来を手にする
ため」
に戦えと坊っちゃんは言います。

手始めに女王にマスタードガスの生成法を渡し、自分の待遇の交渉に使うよう
指示。

それにしても女王いわ。。

笑ってるようで全然笑ってないし、サリヴァンが人の役に立ちたいというのを
素敵だといいながら、フォントが他の文字とし・・・(><)

今回は死神が元人間自殺した罰として「死神」になるということが判明。
死神の間でも「離脱組」について話題が出るようになってます。

そして葬儀屋さんが謎の言葉を残しているのが非常に気になるのですよね。
「ファントムハイヴ伯爵はまだいる」

108話で葬儀屋さんが「伯爵」と読んでる坊っちゃんそっくりの少年は本誌を
読んだ時点ではシエルの身体にヴィンパパの魂が入ってるのではないかと
思ったのですが、枠が黒ですし、やっぱり時系列が過去のことを描いている
のだろうなと。

そうなると、あれはヴィンパパの子供時代ってことですかね。
坊っちゃんにそっくり。
子供のときから葬儀屋さんは近くにいる存在だったのではと。
ということはパパンは死神の存在を知ってたってことになりますよね。
葬儀屋さん歳をとらないから人間と考えるのは無理がありますし。

遺影を見て涙を流してることからも、パパンはクロ―ディアと葬儀屋さんの
間に生まれた子どもの可能性を考えてしまうのですよね。

それにしてもパパンのめかしさよ。。
天性の魔性としか言いようがなく。
一体どれだけの人間を誑かしたというか、運命を変えてしまったのでしょうね。

坊っちゃんも魔性の片鱗をみせてますが、坊っちゃんの背中のそりからの
腰のラインが堪りませんね。
改めて素晴らしいと感動。

悪魔6ではラストでパパンが「私の息子たちをよろしく」って言っていて・・・
やな先生ブっ込んできますよね。

105話の扉絵は描き下ろしでしょうか。
本誌掲載時は105話はカラー扉絵だったのですが、こちらは番外編の方で
見開きとして載ってますもんね。

そういえば22巻はセバさんの顔が全体に可愛らしいんですよね。
とっても好みですわ。

そして22巻では葬儀屋さんが意味深な言葉を残したり怪しい行動をしてたりで
気になることばかり。

新章もいきなり怪しさMAXですし。
明日はGF発売日だから続きが楽しみですわ。

そうそう、22巻の後の感想はこちら。

GF11月号  GF12月号 

一緒にGF購読者になりましょう♪







Last updated  2015年12月18日 02時06分01秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年11月18日
カテゴリ:黒執事

今月はもうヘロヘロになるくらい黒執事三昧の日々ですよね。

舞台から始まって、感想書き終えたところでGF&22巻発売。
それにあれこれグッズが加わり・・・
まさにしい悲鳴!

金銭的には嬉しいのかどうなのかってところでしょうが(^^;

そんなこんなな12月号。
先月号の感想はこちら

まずは舞台情報から。

雑誌だから仕方ないけど舞台ポスター、丁度ゆんセバのお顔の中心に折り目
がきちゃうのね。
勿体ないなぁ・・・

やなセンセ描き下ろしの坊っちゃん衣装が公開されてますv
ミュージカル「黒執事」の公式HPで実際になゆた坊っちゃんが着てるところ
見れます。

TOP動画が最新舞台動画になってますが・・・うわぁ~~~~ん号泣
また観たくなるよぉおおおおおお!!

これから公演をご覧になる方々が本当にましいです。

で、GFですが、こちらはやなセンセ描き下ろし複製原画「透明標本」の制作
工程が公開されてます!!!
いや~~~~素晴らしい!!
私ごときではもうあれこれ説明が入っていてもさっぱり  (・_ .*)?なのですが
とにかくしゅごい!!としか言いようがなくて  (p≧∀≦q)〃

とくにセバさんの口元注目!
牙の間にえられた宝石と涎が最高・・・・(*´д`)ハァハァ
って涎じゃなくてプリズム光の照り返しですけども(^^;

珍しく穏やかなセバさんの表情といい坊っちゃんを見つめる瞳の色といい・・・
えっちさが強調されておりますv

はぁ・・・もうなんか美し過ぎてため息しかでませんわ・・・ ダブルハート(*´ο`*)=3 

そしてモノ執事グッズではWチャールズが可愛い!!
特にフィップス堪らんですよね d(≧∀≦*)ok! 

で、坊っちゃんフィギュア・・・
着色に鳥肌!
お衣装素晴らしいですよね!
足元だけで平伏す逸品ですわ。。
正直、あのイラストはさすがに無理があるのでは・・・っと思ったのですが、
まさに完全再現!!
れますO(≧∇≦)O 

では、本編感想行きます。

先月号の感想はこちら

扉絵は仲良し兄妹。
うう・・・でも本編の内容を知ってると切ない。

リジーは例の集会でやはりあのしげなブラバットに占いをしてもらったよう
ですね。
リジーはマイペースで個性的、趣味なとに譲れない拘りを持ち執着心が強い
タイプだと占うブラバット・・・。

ま、服や靴への拘りは外見からでも想像がつきそうなのですが、婚約者に
強い拘りがありリジーは彼について大きな悩みを持っていると言い・・・!

うう・・・これはどういうことだ!?びっくり

リジーのことをあらかじめ調べていたとしても、婚約者に悩みを持っているか
どうかはわからないですよね。
あてずっぽうでも誰もが何かを悩んでるから当たるとも考えられますけど。

ブラパットがリジーに言った言葉は気になりますね。
「君の明るい未来はその悩みのにある」

リジーにとっての明るい未来とは自分個人の未来なのか、婚約者を交えての
未来なのか・・・

当然リジーのことだから込みでってことでしょうけど。

それからリジーは毎週、集会に顔を出すようになり帰ってこなくなったとか。

坊っちゃんもリジーが通っていたのは女王から依頼のあった謎の集会をして
いるというスフィア・ミュージックホールだと察します。

リジーは行方不明になっているのではなく、家に帰らないだけで毎週その集会
には出てきてるようで・・・

「私のキラキラはここにある」とリジー。
キラキラってのは何かの比喩なんでしょうかね。。

リジーの悩みっていうのも、女王の番犬の仕事を受け持つ婚約者が危険な
目に遭って欲しくないって、坊っちゃんの身を案じてるってことなのか・・・

それとも、以前から違和感を多少なりとも覚えていた“今自分がシエルだと
思っている人物は本当にシエルだろうか???”
ということだったりはしない
かしらん・・・。

そういう目を向けたくない現実を覆い隠していられる状態がキラキラだったり
とか・・・。

悩みのって言葉も非常に気になります。
これが意味することは何かなと・・・

取りあえず、坊っちゃんはエドワードに案内してもらいセバさんと共に集会に
参加。

坊っちゃん、身分を隠してるのかラフな格好ですね。
セバさんも一般庶民の服装?

家庭教師モードのように髪を耳にかけていてえっちい感じが非常にいいです!
私は萌えにメガネを必要としないのでこのセバさん凄く好き!!(*≧∀≦*)

早速セバさんは女性たちから情報収集。
が、ここにいる人間はみな人の抱える様々な欲望が抜け落ちた顔をしていて
実につまらないと。

欲こそ人間の魅力だというのに。

坊っちゃんに声を掛けるのに腰をかがめてるエドワードに合わせてセバさんも
腰をかがめてるとこ激萌え!(≧∇≦)ハート

なんか坊っちゃんに付き従うチンピラ風情でいいわ( 〃▽〃)
若いお兄さんって感じもww
今回のセバさんなんかいつもより若いよね。好き。

まずは怪しいブラパットにセバさんを占わせる坊っちゃん。
「悪魔の悩みとやらを言い当てたらインチキでないと信じてもいいんだがな」

ですよね~~!大笑い
この悪魔さまは主人が我がまま過ぎる以外には悩みはないようですがww

颯爽とブラパットの前に出て占って欲しいと伝えるセバさん。
っと、ブラパット、にっこり微笑むセバさんを見て驚愕!ショック

「君らは・・・」

何かに気づいたようです。
そして空気が変わったことに気づく坊っちゃん。

セバさんは針を借りて血を出そうと嬉しそうですが、ブラパットは必要ないと。

「君はしなくていい。君はどの星の加護も受けていない

これにはセバさんも喫驚。。 (((((゚.゚;) 

そしてブラパットはセバさんのジャケットを引っ張り自分に引き寄せると耳元で
きます。
「だって君は人間じゃないだろ」

ふんぎゃぁぁあああああああ ほえーほえーほえー

これまでセバさんがこんなに不意を突かれたことがあったでしょうか!?
で驚いてるスチャン可愛い!!
何これ古川スチャンと被るwwww

こんな無防備な状態で相手にここまで接近させたりして、今回のセバさんは
妙にめかしいというか受け受けしい。

不意を突かれた私もきゅんダブルハートやわwww 

セバさん油断してたっていうか完全に相手が何者であるかわかってないよね?

ブラパットの方はセバさんと坊っちゃんの正体を見透かしてるようですが。

ブラパットは何者なんでしょう???
メガネしてないし死神ではないですよね。
死神なら以前、グレルが変装してても見破ってましたし。

葬儀屋さんのように気配を完全に消してるって可能性もありますが。

なんか無邪気そうに人間にキラキラを提供してるところをみるとついに天使
出てきたのか!?とか思ってみたり。。

これはドキドキだわ。。
うう・・・本誌もまたお預け状態で一月待たねばならないのか(><)

 







Last updated  2015年12月18日 23時48分56秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年11月17日
カテゴリ:黒執事

宮城公演これまたかったようですね!!
ああぁあぁああああ~~~~~~~ましい!!
とりあえず感想  初見  その1  その2

もう10日も経ってしまったので正直、このポンコツ脳ではどこまで思い出して
感想書けるか怪しくなってきました(^^;

やっぱ勢いで書いてしまうのが一番なんですが、これが結構ハードなもので。
なかなか一気にいかないのですよね。。
ちょっとざっくり感想になってしまいそうですが後半感想です。

まずは劉の語りから。
子爵を捕まえたものの、事件は解決せず。
他に真犯人がいるってことになるのですが、スクリーンを使った演出面白かった
です。
劉の歌も昼は音が割れてしまって残念でしたが、夜は音響が良くてこういうお歌
だったのねと楽しませていただきました♪

劉と市民のジャック・ザ・リッパーはやはり二階席で見ていた時とは印象が変わり
ました。
二階席だと高低差があまりわからず、劉がダンスのときも埋もれてしまっていたん
ですよね。
曲は凄くインパクトあるし面白いと思うんですが、歌詞はほとんど聞きとれず・・・

せっかくの見せ場なのに勿体ないなぁ・・・っと思っていたら夜公演のお席からは
ちゃんと劉が目立ってましたし、劉のパートの聴き分けもできてこれならと納得v
劉ももっと前で拝見したかったですわ。。

そうそう、娘がこのジャック・ザ・リッパーの曲が好きなんですけど、歌詞がどうも
気に入らないらしくwww

なんで娼婦だけが殺されてる事件なのに「俺の女に手を出すな」ってフレーズが
入るのかと。
確かにwwww
娼婦ばかりが犠牲になってるけどもしかしたら一般市民も巻き込まれる可能性
があるってことなのかもですが。

そして、その後がいよいよ変身グレル登場。

今回はお茶目なところもありましたが、全体的に硬派な感じがしました。
うん、私はこの方がき!
死神としての顔があってのグレルですもんね。

グレルたっくんおダンスはただでさえ凄いと思っていたのにさらにグレードアップ
アレンジもよりカッコ良くなってましたしグレルからのグレルが華麗でした!
グレルそのものが舞台に存在してるって感じですよね。

マダムを気に入って協力してきたところから一転、マダムを見限るとなると全く
情を感じさせない死神らしさが見事でした!

でも、宮城公演に行かれた黒友さん情報によると、さらにこのグレルたっくんの
気迫が増しているとのことで、セバスだけでなくグレルもどこまで進化していくの
かと・・・ (*≧∀≦*)

あんたなんか生まれて来なければよかったのよ!!
のシーンも回を重ねるごとに迫力が出てきてるようで・・・ああもっと観たい!

とにかく、今回はキャストさんの表情が全く見えないお席だったので早くDVDで
細かい演技を確認して楽しみたいです。

マダムの回想のシーンはやはり圧倒的歌唱力鳥肌でした!
ホントせてくれはりますわ。
AKANEさんだけはどこのお席で聴いても完璧!

そして、今回はなんと魔性のパパンのお声が興津さんだったようで!!
最初に「ん?なんか声がいい感じだぞ??似てる」って思ったんですよね。
まさか本当に興津さんだとは思いませんでしたけど(///∇///)

ただ、ママンの方は・・・
ちょっとイメージと違って可愛らしさが前面に出てるという・・・
もうちょっと大人の落ちつきがある感じでもいいのになっと。

セバスとのバトルシーンでは舞台セットの上でのアクションがあるのですが
高所が苦手な私としてはハラハラものでした。
セットが動く中でのアクションなので相当気を遣うのではないかと・・・

前回はセバスとの掛け合いで歌が聴きとりにくいところがあったのですが
今回はセリフに変更されていたりで良かったと思います。

バトルしながら歌うってどっちつかずになってしまいますもんね。

が、折角高いセットの上でのアクションだったので、月を背景にしてるとなお
よかったのにと思ってみたり。。
「朝なんかこなければいいのに」のあのシーンを再現して欲しかったなぁ~~

でも、全体にアクションは見応え充分です!
ゆんセバの動きはスムーズで脚も長いのでアクション綺麗にキマリマスv

ただ、セバさんのシネマティックレコードのところはキャストさんの顔のアップ
はどうだろうかと思ってしまいました(^^;
2次元再現の舞台から急に3次元に引きづり込まれた感が・・・

声がいろんな方向から聴こえる演出はよかったので、スクリーンの方は若干
抑え気味でもいいのではと・・・

それとスクリーン前でのセバさんの座り方が可愛いって評判ですよね。
これ必見ですぜ、奥さん!!

あと、使用人'sが出てくるところも夜の方が掛け合いのタイミングもよく、特に
グレルの「こっちは疲れてるの!」には笑いましたww大笑い
さすがまだまだ余白を残してのアドリブなのではないかとv

で、グレルがやられる・・・・ってところでピキン!ってウィルの高枝切ばさみが
登場するのですが、このシーンはく気に入りました!
本当にハサミがカキーーーーンって伸びてきたような演出です。

ウィルがグレルの救世主のように現れるのにグレルには最高に冷たいってのが
堪りませんね!
ホンの僅かな登場シーンなのにラスボス感満載ですよww

ウィルの名刺をセバさんが投げるところもこれがしく飛ぶのですわ。
3人の掛け合いもまさにコミックから抜け出してきたかのような再現!

そして、いよいよ楽しみにしていたマダムの葬儀。
ここはね、前回残念だったので、どうしても変えて欲しかったところなんですよ。
ドキドキだったんですが、今回は舞台が広かったこともあってかちゃんと棺が
高い台の上にありました

後は坊っちゃんが赤いドレスをふわっとマダムにかければ完璧!!っと待って
いたら・・・
坊っちゃんカッコ良くキメてくれました\(^o^)/

なゆた坊っちゃんも貫録が出てきてマダムに語りかけるところも坊っちゃんでしたv
宮城公演ではさらに凄かったようですよ。
お歌への感情移入が増して涙をわれるのだとか・・・( p_q) 

ああ・・・東京公演でも進化するんだろうな!!!ちくしょーーーーー観てぇよぉお!

願い通りの葬儀場面になって大満足なのですが、マダムのドレスをかけるって
ことで仕方ないのかもですが、欲を言えばもう少し棺に映える真っ赤な生地
あの場面だけ使ってもよかったのではと。

最後の命令だ!!の場面は照明が効果的に使われてました。
前回御免なすっての感想を書いてしまいましたが、いや~~今回は素敵でしたわ。
ちょっと同じ照明が長かったようにも思いましたが(途中色変えあるといいかも)
とにかく一気に魅せてくれてたと思います。

セバさんの契約の歌も盛り上げてくれました!!
特に夜公演では、ゆんセバのお歌が最高でした。
昼公演ではやや不安定なところがどーとかこーとか偉そうにつぶやいてしまい
ましたが、ホントに夜公演ではそれまでの私の感想・ぼやきを全て消し去りたい程
素晴らしかった!
ロングトーンの伸びが気持ちよくて鳥肌全開!!

これだよぉおおおおお、これが聴きたかったんだよぉおおおお!!
ゆんセバしゅごい!!O(≧∇≦)O
そこへみんなが参加してきての振り止まぬ雨~♪でもうガンガンみこむように

すげぇ~~~~~!!!
これだから舞台はたまんねー!!(*>ω<*)ノ ハイッ 

って私もうその時点でスタンディング準備万端!
まだキャスト紹介してる段階なのに立ちあがって両手ぶんぶん振りたい気分w

アンコールに入ってからは「ちょっと早く立とうよみんな!!まだ?まだなん??」
ってもう腰が浮き始めちゃってwwww

前方を見れば黒友さんたちがひと際高く手を掲げ拍手してるのが見えましたが
もう私は立ちたくて立ちたくて衝動が抑えらんねーーー!!
っと思って立ち上がったら、他の方も同じこと考えていたのか数名立ちあがり、
あっという間にみなさんでスタオベとなりましたです、ハイ。

アンコールでの古川スチャンは可愛かったです!(*´д`)ハァハァ 
あと何回、あと何回って指折り数える子供のようでwww

大阪千秋楽では姫抱っこがあったようですが、宮城千秋楽でも姫抱っこを披露
してくれたようです( 〃▽〃) 

いいなぁ!!!観たいよ!!!!
DVD特典に絶対収録されますよね!?

とにかく宮城に行かれた黒友さん情報によるとゆんセバの悪魔度がアップし
可愛さもMAXだというんで、舞台どうしようかと悩んではる方がいらしたら
絶対絶対例え立ち見でもぜひご覧いただきたいとします!

ちなみに大阪、宮城と回られてる黒友さんの感想ブログはこちら
私など比べ物にならないくらいのハイクオリティレポでございますd(≧∀≦*)ok! 

仕事で東京公演はまず無理だし、福岡も無理だしで泣く泣く大阪だけとなった
私ですが、次回公演の時は大千秋楽観たいよぉおおおおおお!!

来年の公演はいつですか!?
今から日にちを押さえておきたい。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015年11月18日 13時15分35秒
コメント(2) | コメントを書く

2015年11月14日
カテゴリ:黒執事

本日から宮城公演がスタートしてますが、大阪3日目公演を早くもえた
熱量だったとか!!

古川スチャンもますます悪魔が溢れ出てたようで、もう本物のセバスチャンが
眼の前にいるとしか思えないくらいだとか。

他にもマダムやグレルの気迫が素晴らしいとか・・・
うわぁ~~~~~ん、宮城いいなぁ。。
宮城の人、当日券もまだあるらしいので明日行ける方はぜひぜひですよ!

宮城ではキャストさんのお見送りもあって、かなりの至近距離だったらしい
ですよ!!!
ましい!!!


ということでその1からの続きです。

女王からのお手紙で仕事の依頼を受けた坊っちゃんがタウンハウスへやって
きたところでマダムレッドと劉の登場。

AKANEさんの再現率はやはり素晴らしい!!
マダムレッドがまさにそこいいる!!って感じ。

夜公演ではアンサンブルの人が入ってくるとき滑ってしまってたようでしたが
自然なアドリブで対応されてて、あれ?今のわざとだったの???って思って
しまうくらい。
余裕があるなぁ~~っと思いました。

劉は飄々とした感じがよかったですし、昼公演では声量が凄く音が割れて
聴き辛かったお歌が夜公演ではその声量がしっかり活かされてました。
やっぱり音響大事と思いましたですわ。
せっかくのお歌ですもんね、いい状態でお聴きしたいですもん。

劉は表情で細かい演技をされてるようでしたが、これが後方だと見えないん
ですよね。
残念(><)
こちらもDVD頼みです。 

そうそう、アバハンコンビ、今回も面白かったです!
登場シーンから笑わせてもらいますよwww大笑い
昼公演では、手品をされてましたが、夜公演ではビジネス用語の多用でしたw
これも毎回替えてくるのだとしたらすごいことですよ!?

ネタ合わせはあるでしょうが舞台では一発勝負でしょうから、余程お二人の
テンションが上がった状態で集中力MAXでないと・・・
かなり早口ですもんね!

このお二人こそ少しでも掛け合いがズレたら笑いに繋がりませんもんね。
とにかく、ポンポンとネタが出てきて楽しかったです。
あれだけ早口であるにもかかわらず、滑舌がしっかりされているのでセリフが
明瞭で素晴らしいです!!

切り裂きジャックという暗い展開の中でホッとできる癒しのお二人ですねw
振り止まぬ雨~♪の時のお二人の掛け合いの歌詞も好きです。

葬儀屋さんのシーンではカーテンに蝋燭がついてるんですが、ここだけは
2階席で見た時の方が綺麗に見えました。
蝋燭の灯が凄くキラキラしてたんです。

で、このシーン既に書きましたが、ゆんセバが極上の笑いを見せるってことで
葬儀屋さんをカーテン裏にうのですが、これが堪らんのですわ!!
ホンの一瞬の出来事なのにぼわ~~~~~っと妄想炸裂(///∇///) 

これはゆんセバだからこそですね!!
誘い受け万歳と心の中で叫ばすにはいられません゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

それから坊っちゃんたちが帰った後でキンキンに冷えた“何か”を葬儀屋さんが
飲むのですが昼はツナ缶、夜はおでん缶でした大笑い
これには爆笑wwww
これも毎回変わるんでしょうかね?
トマト缶とかサバ缶とかも飲むのかなwww

で、また千秋楽とかで思いっきり葬儀屋さんのアドリブが暴走するんじゃない
のかと思ってみたりwww

葬儀屋さんは前の舞台の時も感じましたが、シリアスと笑いの緩急が見事です。
一瞬で張り詰めた緊張感を生み出したり、腹抱えるような笑いを生みだしたり。
出番はそれほどないのですがやはり登場するとインパクトが強く、今回も舞台を
引き締めてはったと思いますv

葬儀屋さんからの帰りの馬車では例の自家発電的な揺れはありませんでしたw
古川スチャンがすちゃっと馬車から下りるところがスマートですv

このシーンではセバさんはコートを着ているのですが、これがまた2次元なのです。
燕尾姿も2次元ならコート姿も2次元!!
見惚れます (〃∇〃v) 

その後、セバさんが調査し終わって坊っちゃんたちを迎える場面ではグレルの
たっくんがいい味を出してましたw
まだ地味グレルなので大げさには動けませんが、セバスに近づくときのコミカルな
歩きとか、セバスに調査用紙を渡されクルクル巻きあげる仕草とか若干昼と夜と
変えてましたし、夜は雑に巻き上げてましたが、これがまた笑えましたww
何回も公演を見てると違いが楽しめそうです。

そして駒鳥~~~♪
今回はフィップスの駒鳥への執着が倍増してましたwwww
子爵と張り合えるくらい?っとまではいきませんが、フィップスがお笑い要員に
参加したことで駒鳥のドレスに使われてるレースとかヘッドドレスへの拘りが
より強くなってように感じましたwww大笑い
柱を間にグルグルと駒鳥を追いかける場面も楽しかったですww

マジックを行う場面ではセバスが運んできたBOXに行く手を阻まれたりノックしたり。
笑いを誘うフィップスとそれをフォローするグレイって関係もよかったです。

が、フィップスの笑いを全て掻っっていくのが我らが子爵ですよねwww泣き笑い
登場シーン「私は美の化身」では夜公演で拍手も。

腰振り捲って一歩間違えばお下品の極致ですが、これが可愛しい
変態ちっくも振り切れば人は崇め奉る?ってくらいの神々しさwww
駒鳥に脚からめ捲って好き放題で、夜公演ではなゆた坊っちゃんのぼやきが
マジではないかと思うくらいでしたwww

それくらいの迫真の演技ってことですよねwww
ヒデイット子爵は今回も別の何かを生み出したようですww
あれだけイケメンでお歌も上手いしダンスもキレッキレなのにあの変態っぷりw
堪りません o(⌒▽⌒)ツ☆バンバン

そうそう、ダンスしながらセバさんと坊っちゃんが子爵に近づくところでは正に
突っ切るって感じなんですがちゃんとってて絵になってましたわ( 〃▽〃)
ゆんセバは動きが上品優雅です。

セバさんが坊っちゃんを救出した後の場面は見所です。
坊っちゃんの背後から悪魔のそれで近づくところとか・・・!

どんどん公演が進むにつれてゆんセバの悪魔度が増してるそうで、きっと
ここも悪魔の顔が溢れてるんだろうなっと。
欲望をひた隠しにしながらも色気ダダ漏れでじわじわと背後からにじり寄る悪魔。

ゆーやとまた違ったねっとり系悪魔をどうぞご賞味あれ (*>ω<*)ノ ハイッ 

宮城羨ましいし、東京の頃はもっと悪魔懸っているのでしょうね。

あああああああ!!!!!!
もっと公演観たいぃぃいいいいいいい!!O(≧∇≦)O

今回は子爵が掴まってこれで一件落着かと思われた後でまた事件が起きて
真犯人は誰か?ってことになった時、「子爵邸にいた人間には不可能です」
ってセリフで“人間には”が強調されてます。

坊っちゃんのセリフでも同じように強調されわかりやすくなってます。

で、その後のセバさんのお歌ですが、夜公演は素晴らしかったです。
昼公演ではちょっと出だしの辺りとか音が安定してないかな??
なんて思ったのですが、夜公演では御免なすって!って土下座したくなるほど
声出てるわ、迫力あるわで・・・!
席による音響の差も大きかったと思いますが、とにかく感動でした!!

高音も良かったし、特に低音の伸びか良かったです!
最後のロングトーンもグイグイとり上がって凄かったです。

昼は他のキャストさんらが 振り止まぬ雨~♪って参加してきたらごちゃごちゃ
してきて誰が何を歌っているのやら、あわわわわって感じだったのですが、
夜は他のキャストさんに埋もれることなく坊っちゃんとセバさんの声がいて
ました!

ああ、これが聴きたかったんだよぉ!!!!
ってまだ前半終了しただけなのに一人エアスタンディングオベーション状態で
盛り上がってしまいました(^^;

いや~~~素晴らしかったです!!

これには娘も昼公演では全員が参加しなくてもいいんじゃないかって言ってた
のに「迫力あってよかった!」って感動してましたわ。

特にスピーカーが2階席の下についていたので音がクリアに聴こえていたの
かもしれません。

やっぱ舞台全体と音を楽しむには後方席は良いかも。。
月影先生のおっしゃる通り!

ここで前半終了。
その3へ続きます。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015年11月18日 01時10分13秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年11月13日
カテゴリ:黒執事

さぁ~いよいよゆんセバが悪魔と契約したと言われる噂の8日夜公演です。
ここからの感想はちと長くなる可能性ありです(^^;

もうね、この公演は黒友さんの間ではものすご~~く盛り上がりましたv
ズル剥けスチャンの日とか・・・

あ、これはどこかの部位が剥けたとかではなく神懸かり的に悪魔懸り的?
に古川スチャンがセバスチャンになった日ってことを表してますwww

古川セバスとか松下セバスとか古川スチャとかゆーやセバスとか全然
呼び名が一定してませんが、その辺は適当に流してやってください。
基準としては苗字が入ってるときは客観的に冷静に感想書いてる時で
名前呼びしてる時は勝手に盛り上がってる時と思っていただければ・・・

昼公演が終わり、娘とお茶して感想を言い合ってたんですけど、初見の
感想の内容
ですね。
全体的には好意的にとらえてはいましたが、それでもなんかこーもう少し
盛り上がる感じが欲しいよなぁ・・・ってのが率直な感想でして。。

それが、夜公演では一転、一体昼と夜の間に何があったのかと思うほど
全てが好転しておりました!!

もしかしたらですけど、黒友さんが初日のい想いをアンケート用紙3枚に
したためてお渡ししてたってことなので、そういう客席からの応援が切っ掛け
になったのかもとか・・・

もっと舞台にのめり込んでいいんだ!ってキャストさんたちのリミッターが
解除
されたのかもしれません。

アンケートにはいろんな方からの意見があったと思われますが、中には
以前のキャストと比べて良いとか悪いとかの比較もあったでしょうが・・・
でも、ほとんどはよりよい舞台を作り上げるためにもっとこうして欲しいとか
の要望だったのではないかと・・・。

やっぱりこの黒執事って舞台を何度も経験されてるキャストさんは客席の
異常なまでの熱気、しかも若いお嬢様方のきゃ~~~♡って黄色い歓声とは
また違ったどこまでも作品のクオリティを追求し、キャストさんにもそれを
求めるというオタクをめたのかこじらせたのか狂人の域に到達した
既に何度も肌で感じられてると思うのですが、初演の方にとっては初体験です
もんね。

どうしてもメインキャストが変わってますし、再演とはいえ最初は些か様子見
というか受け入れてもらえるだろうかって不安とか、新しく加わったキャスト
さんらもどれくらいの絡みで入っていったらいいだろうかとか手探りの状態
だと思うのですよ。

それがもっともっと!って要求されたことで遠慮することなく役に入り込み
舞台の上でその役として人生を全うするスイッチが入ったのではないかと。

目線、口元、指先、所作、その細かい動きの一つ一つや服装髪型に至るまで
例え最前列であろうと双眼鏡でガン見しまくる客席ですからwww

役者さんからしたら、え~~~~そんなとこまで見てるの!?って恐怖を感じ
られるかもしれませんが、逆に言うと全ての細かい演技に至るまで客席から
見られているということは役者冥利に尽きるってものではないかと。

例えスポットが当たっていない時であっても隅っこでされてる小芝居に至るまで
そのキャラであればその時どう動くかどんな反応を示すか、そういった細かい
演技見ててもらえるってことですからね♪

舞台で素に戻る瞬間などなく、役に没頭し生きる時間ってのは役者にとっては
至福の時間ではないかと勝手に思っております。
もし、私がキャストならそう思う。

特に雄大くんは緊張も解け、そろそろ本領発揮ってことで自分のセバスを
出し切ってやっろうじゃないかってことだったんでしょうか。
昼公演とは見違えるくらい歌も安定してて素晴らしかったです。
いや、安定どころか鳥肌立った!
私の危惧など大きなお世話と感じました。

っということで、前置きが長くなりましたが、夜公演は1階最後列。
割とセンターよりでした。
私の隣からセンターまで10席ほど最後尾とその前の席が空席だったのですが
ガボッと空いてるのを見るのは初めてでしたわ。
なんで空いてたんだろう。

で、私としてはまたも後方席で「これでS席かよ!?」っとかなり残念な気持ち
だったのですが座ってみると・・・ あら快適

後ろに座席がないので後ろの方を気にする必要がなく、前の座席とも交互にズレ
ていたので全く前の席の方の頭が舞台にかからず舞台全体を見渡すことができ
ましたv

照明や目潰しなど座る席が変わると効果も違ってくるのでどうなるのかも楽しみ
でした。

でも、何より夜公演の席では音響が素晴らしくてきました!
ええええええ!?びっくり
これ、さっきの公演と同じようにされてます?????
って音響さんに訊きにいきたいくらいのいでした。
本来はこんな風に聴けるものだったの!?っと感動。
昼公演の席ではわんわん響いて音割れしてた歌が、夜公演では全くそれがなく
たっぷり堪能することができました。

やだもう、みなさんお上手だったのね・・・(/ω\*)
って思うことしきり・・・。

最後列ではキャストさんのお顔はさっぱりですが、舞台全体を楽しむのには
最適でしたね!
これならS席も納得だと思いました。
ただ、さすがにS席多すぎじゃね??とは思いましたけどw

っということで、やっとここから感想が始まります。

夜公演は悪魔さまが降臨しただけでなく、全てのキャストさんがピタリと嵌り
テンポも良くて昼公演とは比べ物にならないくらいの舞台でした!
各々のキャストさんの熱量ぐわ~~~ぁああっと伝わってくるような!

音響が素晴らしかったせいもありますが、まず最初の坊っちゃんの「出して~」
ってセリフから何か違うぞって雰囲気ありましたもん。

ゆんセバの「嗚呼・・・呼んでいる・・・」も昼以上に官能的でしたわwww
おいおい悪魔さまが本気出してきたぞ・・・うへっ堪らんダブルハートって感じで。

前方のお席だった黒友さん曰く、ついにゆんセバ悪魔目発動とのことで。
表情とか細かい演技は見えないまでも悪魔オーラが最後列まで届いてましたv

ゆーやセバスの時とは違うねっとりとした迫り様も独特。
坊っちゃんに囁く時の距離が近いし(これ大事)、これまた新な悪魔の色気
出ててゾクゾクしました!

そうそう、坊っちゃんの魂への執着こそがセバスの必須アミノ酸ですもん。

そこからいい緊張感が生まれ、舞台が一気に締まったようで。
開始時間が遅れていたってこともあったのかもですが、全体にサクッと噛み
あって来たのを感じました。

使用人'sの登場シーンは明るく楽しくていいのですが昼公演では微妙に間を
感じてしまうところがありまして・・・
ホンの僅かなことなんですけどね。
舞台に入るタイミングとかセリフの間とかダンスとか・・・
でも、夜公演は全てがバチッと嵌ってましたv
バルドの失敗自慢も夜の方が笑いましたwww
やっぱりコミカルな場面では畳みかけるようなテンポがいいですよね。

Wチャールズの登場でメイリンが二丁拳銃を披露する場面も昼はちょっと距離が
近すぎる時があっておいおい?って思いましたが夜はしっかりせてもらいましたv
そういえばメイリン細かったwww
フィップスとフィニのところもコミカルな感じがスムーズで自然に笑いがw

グレイとセバスの初対面シーンも見違えるようないい流れで。
特にグレイの剣さばきが見事でした。
殺陣の動きが決まってましたv

あと、フィップスが自己紹介をするところもまさかのお笑いが入ってww
いやいやあれは爆笑でしたわwwww
イケメンが真顔で自分の名前で笑いを取りにくるとはwww大笑い

今回はフィップスもお笑い担当らしくいい仕上がりですw

そうそうWチャールズの歌は凄く綺麗なハモリでした。
昼公演ではこの二人の歌も音が割れてしまっていたんですよね。
それがまぁ・・・驚くほどよかったです♪
もっと聴きたかった。

この二人は身長差や体格差が明確でキャラがしっかり立ってましたね。
ヴィジュアル的にも素晴らしかったですv

相変わらずイケメン好きな私にはフィップスくんは美味しかったです(〃∇〃v) 
娘はグレイ伯爵が気に入った様子でww

では その2へ続きます。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015年11月14日 23時23分38秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年11月12日
カテゴリ:黒執事

次の宮城公演が始まるって事態になってしまいましたが、リコリス2015の
初見感想です。

リコリス2015の取りあえずの感想は既に書いてます。
ネタばれもありますのでこれから観劇されます方はご注意を。。

私は8日(日)の昼公演と夜公演を観たのですが、昼公演は2階3列
夜公演は1階最後列でお席としてはがっくりだったのですよ。

これまでGF先行では10列目前後までが取れてましたので、さすがに
次からはGF先行でチケット取るのはやめようと誓ったくらい。

昼は2階席だったので立体的に舞台を見ることはできたのですが、率直な
意見として音響が残念でした。

キャストさんが声を張って歌うとAKANEさん以外、ほとんど音が割れて
しまって・・・
抑え気味で歌った場合はバックの音がでかすぎてこれまた何を歌って
いるのか分からず・・・
ミュージカルと言いながらこれではなぁ・・・っと。

以前の小さい方のホールでも前の方の席は音が割れてしまってて残念
だったのですが、またか・・・っと思いましたですわ。

私、それほど演劇鑑賞するってことはないので他の劇場とかを知らないの
ですが、昔は宝塚劇場に足繁く通っていたことがありまして、そこではこの
ように音が割れて聞きづらいという経験をした覚えがありませんで。。

これは仕方がないと我慢することなのか、文句を言うべきところなのか・・・
でも、とりあえずミュージカルと冠をつけるのであればお歌の観賞ができる
程度の音響はお願いしたいと思いましたです。

夜公演ではこれが全く違う感想になるのですが、昼公演ではこれが一番
気になりました。

その次が前の席の方の頭。。
決して座高が高い方だったわけではなく・・・
が、座席が前の席とずらして配置されていないものだから丁度いい場面で
前の方の後頭部が鎮座(--;

これって私の後の方も見辛いのではって思ったもので無暗に頭を動かしたら
申し訳ないかな・・・とか思ってしまって。
なんだかなぁ~~でしたわ。

で、初見舞台の方は・・・

まず、セットが大きくなり奥行きも生まれ全然違うものになってました。
馬からセバさんがぱっかりと生まれてくる演出はなくなってます。
前回のチェスの駒をセットにするのはとても斬新で面白い演出だと思いましたが
やや狙いとは違う笑いの方向へ発展してしまってたようでもありましたもんねww

今回の登場はサクッとしてますが、好きです。
セバさんの第一声「嗚呼・・・」にやられますwww (*/-\*)

新生セバさんはねっとりと纏わりつくようなエロで来るんだなと感じる瞬間ですv
背後に寄り添いめまわしてしむ悪魔?みたいな感じ。
淫靡なエロが好きな方には結構キマスよ、ご注意あれw

坊っちゃんと契約を交わすところのシーンでの契約印がバン!っと出る演出は
凄くよかったです。
舞台演出にうるさい娘も絶賛。

マントを取った後の古川スチャンの燕尾姿は・・・まぁいこと!!
皆さんも感想書かれてますが、本当にフィギュアの等身かと思うほどのスタイル
です!
脚が細けりゃ腰も細い!
燕尾のしっぽがひらひらしてて最高に2次元でしたww

ちょうど初期のやなセンセの絵から抜け出してきたような感じです。
遠くて表情の細かいところまでは分かりませんでしたのでDVD早期熱望

脚がとにかく長くて細くて、坊っちゃんに靴を履かせるため跪いてる時も
絵になってましたわ。
おお~~~あんよ乗せシーンいいなとww   (〃∇〃v) 

それからイエス・マイロードの姿勢も脚が長くてしいです。
背中も真っすぐだし足の位置も綺麗でせることをわかっていらっしゃると。

ところが執事であるときはこのようにスマートで完璧なのに、悪魔の面を出す
ときは猫背でそっと坊っちゃんの背後に迫るのですよ。
これには「お~~!そういう悪魔で来るのか!」としい驚き。

線が細い分、ジワジワとすり寄って来て坊っちゃんの耳元で掠れた声で
なんともめかしいことこの上ない!!(*≧∀≦*)  

ただ初見のときは「スチャンがここにいるでwww」
とも思ってしまいましたが(^^;

アクションシーンは凄く良かったですね。
動きがスムーズだし脚が長いし上がるしでグレルとのバトルは見応えありましたv
前回、書いたように演出面も変更があったのでストレスなく観れました。

やはりセリフの掛け合いの方が分かりやすい。
歌は歌で別れていた方が印象に残ります。

次はなゆた坊っちゃんですが登場シーンでいきなり、おや?声変わりしてる・・・
坊っちゃんが迫力あるお兄さんに成長してるwwwっと思いました。

既に噂で耳にしてましたので私としてはそれほど驚きはありませんでしたが
娘には衝撃だったようですwwww

でも、娘も私も頼りなさ気な坊っちゃんよりも凛とした気高さ大人相手に
同等に立ち向かえる強かさ
がある坊っちゃんが好きなのでとても好印象
でした。

以前に比べ滑舌も格段に良くなってましたし、何より堂々とした演技が頼もし
かったです。
所作とかも坊っちゃんらしくて安心して観ていることができましたv

ビジュアル的なか細さとかショタ感が薄まってしまったのは否めませんが
これは好みの問題ですね。

AKANEさんのマダムレッドはやはり最高で、歌唱力も抜群!
音響が悪いといいながらもマダムのところだけは完璧なのですわ。
これってやはりキャストさんの力量が大きいのかしらん。。とか思ってみたり。

葬儀屋さんとの掛け合いのシーンはかなりサクサクでテンポがよくなってた
ように感じました。
笑いを取るためにカーテン裏にセバさんが葬儀屋さんをきいれるところが
個人的に非常ツボりました!!
二人だけで何をやってるんだと妄想せずにはおられずwww(///∇///)
原作でも今、葬儀屋さんに注目してるところなのでタイムリーに激萌えでしたw
ホントに短い時間なんですけど古川スチャンからうところに意味があるとw

あと、葬儀屋さんの飲み物は毎回替わるんでしょうかね?
大笑いさせていただきましたww
昼はツナ缶で夜はおでん缶でした。

今回はセバスで笑わせるシーンはほとんどなく、クールな執事で通してますが
その分を周りのキャラがお笑い担当してます。

アバハンのコンビは安定の爆笑でしたし、Wチャールズのフップスもかなりいい
笑いでした♪ 

子爵はとにかくしそうwww
昼公演では斜め前におっちゃんが座ってはったのですが、最初、子爵にドン
引きしてはるっぽかったのに途中からお隣の奥様?に双眼鏡借りて子爵を
追ってはったのが嬉しかったですねww

おっちゃんが“恋に堕ちた日”でしょうかwww

グレルはダンスシーンが凄くレベル上がってキレッキレでした!
使用人ズ、Wチャールズ、劉や他のキャストさんたちも昼公演よりも夜公演の
方がとてもよかったので詳しくはそちらに書きます。

あ、演出として面白かったのはウィルの登場シーンです。
あの高枝切ばさみをこう表現するのかと感動

これには娘も興奮でした。
こちらも詳しくは後日。

他に初見の感想としては、初日よりは声が出てるってことでしたがセバスの
歌い出しがゆーやセバスの出しやすい音域からなのか、どうも古川スチャン
には合ってないように感じてしまいました。

ゆーやセバスは高音の伸びが綺麗でグイグイと高音で押してくる感じだった
のですが、古川スチャンは低音は綺麗に伸びるし張りがあるのに歌い始めの
高音が安定してなくて坊っちゃんとの掛け合いでのシーンも今ひとつやなぁと。

低音はとてもいいので、もう少し古川スチャンに出しやすい音から始めて高音
に入るようアレンジした方がいいのではと感じたほど。

全体的な古川スチャンの感想は受け受けしさが満載で、坊っちゃんの魂に
いを定めて食べたくて食べたくて堪らない貪欲なエゴをひた隠しにして
執事に身を包んでる悪魔
ってよりは
長い時間をかけてじっくり熟成させた坊っちゃんの魂をある日こっそり
取ることを楽しみにしてるちょっと小物な悪魔
って感じでした。
しゅるしゅると静かに獲物に近づくのイメージです。

娘曰く「全然全く原作のセバスチャンっぽくなくて別の悪魔召喚しちゃいました
って感じだけど個人的にはかなり」だと。

娘がセバスチャンタイプを好むのは珍しいので私、ビックリ。

因みに娘の好みのタイプは“まるで生活力のなさそうな線が細くて頼りになら
ないダメ男
”ですww
保護力を掻き立てられ、男らしさを主張しないのがタイプってことなのでww

いいのか、セバスチャンそれでwwwww泣き笑い
ってのが初見の感想ですww

あとは細かいですが、音響にも関係しますが1幕目終了時の振り止まぬ雨~♪
っとみんなが参加していくところはごちゃごちゃに音が混ざってるだけに聴こえて
しまい残念だなっと思いました。

新しく参加していく人がソロで歌うようにしていくか、メインの二人はもう少し
抑えて歌うかしないとせっかくの盛り上がるシーンがわ~~~わ~~~って
なってしまってあまり入り込めず・・・。

ラストで同じようなシーンがあるから、1幕目では人数を絞ってもいいんじゃない
のかと思ってみたり。。

大体以上が初見で印象に残ったところです。

辛口の感想ばかりですが、これが一転夜公演になると・・・ 
ビックリするほどの感想の変わりようなのですわ。

舞台ってスゲえ!!って思いましたですね。

乞うご期待www






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015年11月12日 22時09分56秒
コメント(6) | コメントを書く

2015年11月08日
カテゴリ:黒執事

主演が交代ってことでどんな舞台になるのやらとワクワクで大阪2日目の
舞台を観に行ってきましたv

よかったですよ!!
素晴らしかった゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

今回はGF先行だというのに昼公演は2階席、夜公演は1階席最後列。
ちょっとこれでS席はないんじゃないの!?って思ってたんですが、これが
結構よかったのですわww

前回のリコリス初見感想はこちら
千秋楽感想 その1 その2 その3 その4

今日は取りあえずの感想だけ書いておこうと思います。
また明日以降にしいの書きますv

まずは、何といっても2014年版とのいは主演のセバさんですよね。
松下セバスから古川セバスになって、どうだったかといいますと・・・

いや~~~~~ええわハートO(≧∇≦)O
前回は前回で松下セバスの熟成っぷりを称賛しましたが、今回のセバスは
また悪魔召喚でよろしおす d(≧∀≦*)ok!

松下セバスが爽やかにエロく視線で殺す悪魔だとしたら、古川セバスは
背後からねっとりと妖しく迫りめ殺す悪魔って感じwww

いや~~どっちもエロいんですがどっちのエロもいい!(*`・ω・´*)ゝビシッ

これは好みが分かれるところででしょうが、本当にどちらも素敵です!

もし、セバさんが替わってしまったから今回の舞台は行かないという方が
おられましたら勿体ないので、ぜひご覧くださいませv

昼公演ではまだちょっと不安な感じがあったのですが、夜公演では声量が
あって凄い迫力というか鳥肌でしたわ!

チェックメイトを~~~~って声を張るところは低音が綺麗で圧巻でした!

松下セバスの高音も素晴らしかったですが、こちらの声の張りもお見事!
特に夜公演は他の方も絶賛でした!

次に坊っちゃんですが、既にご存じかもですが声変わりしてました\(^o^)/
前回とは雰囲気の違う坊っちゃんに仕上がってます。

が、私としましては坊っちゃんらしさが倍増されてて良かったです!
これも好みですよね。
ショタ色を強く好まれる方には んんん???ってゆゆしき問題だと思われる
のですが、堂々とした坊っちゃんらしさを好まれる方にはおススメかと。

私はとしてる坊っちゃんが好きなので前回よりも頼もしくなった坊っちゃんに
感動しました!
低音の歌も新鮮でしたw

そして、キャストのみなさんはどの方も素晴らしかったですわ!
マダムレッドのAKANEさんはもちろん、みなさんく良かったです!!

詳しくは後日、ねっとり感想書きますねwwww

演出面ではホールが大きくなったので舞台セットも替わり奥行きや高さが
出て豪華になってました。

それから、前回残念に思った2点が変更されてて嬉しかったです!

折角の盛り上がりの場面なのにセバスとグレルのアクションシーンではセリフ
を歌にしてるところが聞き辛く、またダンスをしながらの歌唱だったのでなんか
歌い辛そうだなと思っていたのですよ。

そこのシーンはセリフと歌が分かれ聴きやすく変更されてました!
アクションも高さを使っての移動があったりで面白かったです。

それと最後のマダムの葬儀の場面も、棺を高い台の上にして赤のドレスは
さっと印象的にかけて欲しくて
ここだけは何とか・・・っと思っていたのですが
ここも変更されてました!!

ちゃんと階段を上がる仕様になってました!
ここは最後の見せ場というか、このマダムレッドのお話の中で一番の重要
場面ですもん。

ある意味、マダムの回想シーンよりも大事。
ここがちゃんと見せ場になっていてよかったですv

他にも細かい点でいろいろと感想はありますがまたそれも後日。

ああ・・・私の今回の生執事はこれにて終了なのですが、これからまだまだ
舞台は成長していくと思われますので、これから舞台をご覧になられる方が
羨ましいです!!

今までは大阪が最後だったのに・・・・
一番美味しいところを頂いていたのに今回はまだ先があるのかと思うと悔しい
とさえw

いやこれまでが恵まれてたんですよね(^^;

でも、本日の夜公演は本当に素晴らしくてこの公演のDVDが欲しいという
声もあり、私も同感でした。
それくらい夜公演は見応えがありましたv

DVD収録時はさらに素晴らしくなっているでしょうから今から楽しみです!

ということで、またちょこちょこと感想を上げていきます。
今回は何回くらいに分けて書くことになるんでしょうかねwww

取りあえず、とてもよかったので生執事観てみようかな~~どうしようかな
っと悩まれている方には、絶対に観るべきだとおススメいたしますv







Last updated  2015年11月09日 03時38分36秒
コメント(0) | コメントを書く

2015年10月17日
カテゴリ:黒執事

新章「青の教団編」突入ですね。
先月号のラストはいろいろとが多くて・・・

今回も葬儀屋さんとシエル?の場面から。
巻頭カラーで綺麗です!

先月号の感想はこちら

やっぱり旋毛のこともあるし、坊っちゃんでないことは確かでしょうね。
パパンの若かりし頃か、シエルの身体ではないかと。

で、どちらにしても中身はパパンということでは・・・。

パパンの子供時代はあんな風にいつも葬儀屋さんが近くにいる状況
だったんですかね。
違和感ない感じでしたもんね。

「伯爵」呼びをしてるのでパパンの子供時代であっても既に先代が亡く
なっているか、シエルの身体の中にパパンの魂があるってことかと。

エピソードを繋げてるのかもですが。。

そういえば、先月号で坊っちゃんが「先代に似てきた」って言われた後で
セバさんの顔をじっとみてましたが、あれは、坊っちゃんはセバさんの顔が
先代パパンと似てることはわかってるから、

「そのうちこの顔になるってことか・・・?」
って「ちょっとだな」って思った・・・とか??

「先代に似るのはいいけど、お前に似るのは嫌・・・」みたいな?

扉絵はハロウィン♪
リジーと坊っちゃんがなんかゾンビ顔だぞ~~~って思ったら、リジーが
本編で!?わからん
もしかして、この後坊っちゃんまでもが洗脳されてしまう伏線とか???

緑の魔女編で既に坊っちゃんいつもの状態じゃなくなっていたんで、
今回はピシッと決めて欲しいなと思うのですが、翻弄される坊っちゃんも
見てみたいなとかw

それにしても坊っちゃんもリジーも表情がエロいわ・・・ d(≧∀≦*)ok! 

さて、本編ですが・・・

エドワードが進級し、いよいよ最上級生ってことで心も新にしていると・・・
突然、元「翡翠の獅子寮」監督生グリーンヒルが現れて。。

随分とにこやかで、自分たちが行ったことへの罪の意識はあるみたいだ
けれど、「改心したからもう大丈夫v」みたいな感じ・・・。

なんか雰囲気変わって明らかにおかしいで?
っと思ったらどうも厄介なことに巻き込まれている様子。
本人には全くその自覚はなさそうですけどね。

今回のタイトルも「その執事、信仰」ですし、新章は「青の教団編」ですし
何やら怪しい宗教団体っぽいものに帰属してるようなのですが・・・

殺人という自らが犯した罪に苛まれている時に、何か心地良いことを言って
近づいてきた者がいたんでしょうかね。

過去の怪しい団体といえば、葬儀屋さんの暁学会ですけども。

元P4のメンバー全員が参加してる集会。
いかにも胡散臭いんです(^^;

エドワードはグリーンヒルに誘われるまま参加してしまいましたが、これは
巻き込まれること必至。

みんな生き生きしててキラキラですが、現実逃避してるようにも見えて。
身分の貴賎なく、老若男女が一同に会して愉しめるなんて・・・
あまりにもっぽい。

がありそうですよね。
あの歌か??
あの歌が集団催眠になってるのか???

無料の食事も怪しいですよね。
何か常習性のあるハーブみたいなのが入ってるのかも???
ドラッグ作用とまではいかないまでも。。

そんな折、坊っちゃんの元へ女王から依頼が。

エドワードが参加した不思議な集会について、女王は何か不審を抱いたようで
調査をさせるも異常なしの報告。
ただ、調査した者たちはその後もミュージックホールへ通い続けているらしく
それが気になる様子。

本人たちは居心地がいいってことですよね。

女王はその集会で何が起っているのかを「女王の番犬」にもっと詳しくらせ
たいようです。

坊っちゃんが聞いたことのないホールだなぁと思っていると、突然、エドワードが
アポなしで飛びこんで来て!

「リジーが・・・家を出た・・・」


おお~~~~~!!!
いきなりの展開です。
でも、「行方不明」とか「浚われてた」とか「帰ってこない」ではないってことから
リジーが自らの意思で家を出て行ったようで・・・。

何があったんでしょ?

多分、リジーはエドワードが参加したパーティに自分も行きたがっていたので
何度か一緒に出かけていたんでしょうね。
そこで、あのしい新キャラ・ブラバットさんに占いなんかをしてもらったとか・・・

そして「あなたが屋敷にいると大切な人を不幸にしてしまう」とか何とか言われた
とか???

で、○○へ行けば不幸は避けられるとか言われたとか??

リジーは坊っちゃんのために自分に出来ることをしようと思って家を出た・・・
とか???

よくある新興宗教の出家みたいな感じで。

ブラバットさん、何かしてるというか設定を持ってるキャラですよね。
瞳がけているようですが、これは何か意味があるのかしらん。
横で小さく三つ編みしてるのも、いかにも裏で悪さしてそうw

で、パーティの主催者は誰なんでしょ。
気になるところですよね。
葬儀屋さんが関わっているのかどうか。

リジーは囮なのか、リジー自身が狙われたのか。

この後、坊っちゃんは女王からの依頼をエドワードにも見せて何かしら調査を
開始することになりそうです。

新章の冒頭で葬儀屋さん出没ですからね。
不穏な空気半端なく・・・

坊っちゃん危険にされて、出生のこととか核心に触れるようなこととか
出てくるんじゃないのかと期待してます♪

 







Last updated  2015年10月20日 01時56分00秒
コメント(0) | コメントを書く

全408件 (408件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 41 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.