2902778 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

川越最強学力向上爆裂松江塾

PR

Let's link!

Rakuten Profile

設定されていません

Archives

Favorite Blog

4期生決起集会! New! やさしくがっつりさん

新年度残席状況2 New! ■一歩教育■さん

ペンは剣よりも強し New! HELLO GOODBYさん

てんやわんや New! study hardさん

関心を持つ事・・・ New! あきらん69さん

Comments

なっふー@ 名古屋より 祝!! 名古屋大 合格 おめでとうございます!…
masa/k@ Re:3.約束された合格など・・・(03/07) 最後の6行 素敵です 同じ立場として…
masa/k@ お互い 眠れませんねー 6時間半になりました …
プレップ総長@ Re:2.地方か・・・(03/02) ウチの塾生に『まじま先生』の話をしたら …
Nです@ 返事・・・ NRです。メールしました。(小6)返事く…

Mobile

ケータイ
スマートフォン

 

並みの塾ではございませんよ~!



2014年春 中3生進学実績

一教室32名の全結果です!

◎大宮高校1名 ◎川越女子高校4名
(その他の国公立)◎所沢北高校1名 ◎所沢高校2名 ◎浦和西高校1名 ◎和光国際高校2名 ◎松山女子高校1名

(私立)◎西武文理2名 ◎川越東4名 ◎星野4名 ◎城西川越1名 ◎狭山ヶ丘1名 ◎山村学園3名 ◎芝浦工業1名 ◎明治学院東村山1名 ◎埼玉栄1名 ◎山村国際2名





2009~14年中学部累積進学実績(計180名在籍)

<<国公立高校>>

●小山高専1名 ●浦和高校1名 ●大宮高校2名 ●川越高校15名 ●川越女子高校21名 ●所沢北高校10名 ●和光国際高校4名 ●浦和西高校2名 ● 所沢高校5名 ●伊奈学園 1名 ●坂戸高校5名 ●川越南高校4名 ●松山高校10名 ●松山女子高校8名 ●朝霞高校2名 ●市立川越高校2名 ●川越西高校4名 ●坂戸西高校3名 ●川越工業高校2名

<<私立高校>>

●川越東高校14名 ●西武文理高校3名 ●城西川越高校4名 ●星野高校11名 ●狭山ヶ丘高校7名 ●大宮開成高校4名 ●山村学園高校20名 ●聖望学園 1名 ●西武台高校2名 ●白梅学園高校1名 ●山村国際高校4名 ●武蔵越生高校1名 ●秀明英光高校1名 ●十文字1名  ●大東文化第一1名 ●明治学院東村山1名 ●芝浦工業1名 ●埼玉栄1名


小中学部 049-224-9479 午後3時以降対応

体験申込、質問、相談はお気軽にメールを下さい!

メール

塾ブログ検索サイト 【塾長(講師)のブログを都道府県別に紹介しています。】


2015.03.02
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
公立入試、

数学が易化して、理科が難化

ここでプラマイゼロ。

国語が少し難化で、英語が易化。

社会が若干難化で、

例年通りか、少し易化というところか。




2015/03/02 10:20、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.03.03 01:27:53

カテゴリ:カテゴリ未分類
ある中学の社会のテスト

学年平均が

40点

だったそうだ。

確かに範囲は広かったが…。

難問奇問が多かったのか、それとも社会を苦手とする生徒が多かったのか。

また別の中学の数学は

平均が40点台だったそうだ。

やはり学年末は点が取りにくいのかな?

そんな低い平均点の中、塾生で点が判明している子で最高は

4科目で388点。

まずまず、ってところだね。





2015/03/02 10:20、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.03.02 20:27:19

2015.03.01

本番

 
カテゴリ:カテゴリ未分類
天まで味方してくれているかのような快晴!

こういう天気の時、松江っ子は強さを発揮する。

これまでのデータでもそう言えるんだよね。

逆に、雨の日は…。

本番当日に晴れを引き寄せるなんて、

さすが松江っ子だよね。

合格は確実なんだから、トップ合格を目指してしまおうじゃないかー!

頑張れ、松江っ子達!




2015/03/01 10:24、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.03.02 07:10:08

カテゴリ:カテゴリ未分類
先ほど、中3生たちを公立入試に送り出した。

彼らが去ったB館を大学生が掃除してくれているのだが、

中3生が去った瞬間、いきなり中2生が勉強している姿がたくましく感じられた。

今日の夕方までは「1学年下」だったはずなのに。

不思議なもんだね。

期末テストに向かう中2の姿が

今はどう見ても受験に向かう受験生の姿にしか見えないのは気のせいだろうか。

ここ数年で一番こじんまりした人数の現中2生たち。

でも、小さくまとまって「凝縮したパワー」があるように思える。

個別指導を始めた当初は、なかなか申し込んでこなかった中2生だが、

ここにきて、誰かしらの個別指導をしている笑

真面目な子達がとにかく多い学年なので、吸収率も半端ない。

楽しみすぎるね。

授業と模試とペナテストと個別指導

さらに爆裂と個別指導

全員全教科を「これでもか!」というくらい伸ばしてみせる。




よし!








楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.03.01 21:32:18

カテゴリ:カテゴリ未分類
夕飯を買いにちょっと車で出た時、

「どこの塾も入試前日は気合い入ってるんだろうなー」

なんて思いながら車を走らせていると

…ん?

…あれ?

…ここも?

そうかー

今日はもう3月だから、前日だろうと何だろうとお休みなんだね。

今日塾に来ちゃったら、3月分の授業料が発生するもんなー。

そのあたり、シビアな塾が多いのかもな。

「生徒のため」

とは何なのか、ちょっと考えさせられたな。





2015/03/01 10:24、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.03.01 21:06:14

カテゴリ:カテゴリ未分類
子育てにおいて、

子供に身につけさせるもの

は親が決めるものだ。

「子供のやりたいことを」

というのは、あくまでも

「親が想定したものの中で」

ということを忘れてはいけない。

「子供の意思を尊重」

などという美辞麗句に誤魔化されてはいけないのだ。

そこをどう誘導していくか。

ここに親力の差がでる。

さて、

子供に何をやらせるか。

それこそ親の数だけ選択肢はあるが、

どんな場合でも、

「それをやることが、子供の将来にどんな影響をもたらすのか」

これを常に考えておきたい。

顕著に現れるのが

スポーツや芸術の習い事だよね。

子供の時間は限られている。

一番大切なのが睡眠時間。

ここは絶対に削らないこと。

その残り時間を何にどう配分していくのか。

貴重な子供の時間を使って、その習い事に何の価値や意味があるのか。

しっかり考えていきたい。

プロにならせたいのか。

大学まで推薦でいけるようにしたいのか。

なんとなくそれが上手いおじさんおばさんにしたいのか。

何に重きを置いて、

何の目的で

子供の貴重な時間を注ぎ込んでいるのか。

子供がやりたいと言って始めたのに、子供は最近イヤイヤ通っている…

それこそ、時間とお金の無駄である。

勉強の偏差値が65で、その習い事の偏差値が55なのと、

その習い事の偏差値が65で、勉強の偏差値が55なのとでは、

子供の人生は全く変わってくる。

金額で換算したら、何千万も違うだろう。

「だって子供がやりたいと言ったから」

それは親の責任を放棄している。

子供の時間をどう割り振るかは、親の責任である。

「プロになりたい」

強い目でそう言っている子供の夢を信じたい。

その気持ちは同じ親としてものすごく理解できる。

しかし、親であればこそ分かるだろう。

プロになれそうな子がどれだけケタ違いで上手いかを。

そして、その「ケタ違いで上手い子達」の中からほんの一握りだけが

プロになれることを。

そして、そのプロの中のほんの一握りだけが、生涯その分野だけで生きていけることを。

何にどう重きを置くか。

それは親が決めて、親が子供を誘導していく。

それを

子育て

と呼ぶのだ。




2015/03/01 10:24、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.03.01 13:40:19

2015.02.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
明日の入試、始まったら「受かりたい」と思うな。

目の前にあるのは「問題」である。

その問題を見ながら、「受かりたい」と思うのは間違っている。

「この問題を絶対に解きたい」

そう思うのが正解。

スポーツでもそうだ。

「集中しろ」

とは、勝ちたい!優勝したい!

と強く念じることでない。

目の前のボールを打ちたい!

打つ!

だから

そのボールに集中するんだ。

試験本番で、

「受かりたい!」

と念じるのは、単なる雑念。

昨日、中3に話したことね。



2015/02/28 10:32、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.03.01 10:24:27

カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は今年度最後の10to10である。

中3は入試に向けて

中1、中2は期末に向けて

それぞれが、今自分の1番やるべき勉強を判断して机に向かう。

「泣いても笑っても」

昨日中3に話した通りだ。

前日の神様に会いに行こうぜ。




2015/02/28 10:32、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.03.01 09:16:05

カテゴリ:カテゴリ未分類
1.集団で授業をする。

2.その確認のテストをする。

3.理解できてなかった子は個別指導をする。

4.その個別指導の確認をする。

5.理解できてなかったら、再度個別指導をする。

6.その個別指導の確認をする。

7.理解できてなかったら、再々度個別指導をする。

8.その個別指導の確認をする。

こうやって、最初の集団授業の理解が完璧なるまで徹底的にフォローをする。

もちろん、次の集団授業も行われるから、なんとかしてその時までに。

個別指導の確認は、卒塾大学生に任せる。

個別指導と確認は、逐一保護者の方に報告メールをいれる。

これは、ペナテストと模擬テストに関してのみ行う。

自分の先取りや応用のがくしゅうについては除くことにする。

鉄壁のフォロー。

やり抜くよ。




2015/02/28 10:32、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.02.28 11:15:31

2015.02.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
個別に指導したら、

理解と定着を見るために、

確認のための個別指導をしないといけない。

個別指導は二回セットだな。



iPhoneから送信

2015/02/27 10:35、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.02.28 06:33:25

このブログでよく読まれている記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.