2955827 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

川越最強学力向上爆裂松江塾

PR

Let's link!

Rakuten Profile

設定されていません

Archives

Favorite Blog

身につける New! study hardさん

岡山見参 New! MR闘魂さん

11年目 New! Kadoya☆志学塾さん

本州など真夏日に New! coffee07さん

■ ゴールデンウィー… New! デット君さん

Comments

なっふー@ 名古屋より 祝!! 名古屋大 合格 おめでとうございます!…
masa/k@ Re:3.約束された合格など・・・(03/07) 最後の6行 素敵です 同じ立場として…
masa/k@ お互い 眠れませんねー 6時間半になりました …
プレップ総長@ Re:2.地方か・・・(03/02) ウチの塾生に『まじま先生』の話をしたら …
Nです@ 返事・・・ NRです。メールしました。(小6)返事く…

Mobile

ケータイ
スマートフォン

 

並みの塾ではございませんよ~!



2015年春 中3生進学実績

一教室33名の全結果です!

◎川越高校4名 ◎川越女子高校2名
(その他の国公立)◎所沢北高校1名 ◎和光国際高校2名 ◎松山高校3名 ◎川越南高校1名 ◎松山女子高校3名 ◎川越西高校3名 ◎川越初雁高校1名

(私立)◎西武文理1名 ◎川越東2名 ◎星野5名 ◎城西川越1名 ◎山村学園1名 ◎山村国際1名 ◎東邦音大第二1名





2009~15年中学部累積進学実績(計213名在籍)

<<国公立高校>>

●小山高専1名 ●浦和高校1名 ●大宮高校2名 ●川越高校19名 ●川越女子高校23名 ●所沢北高校11名 ●和光国際高校6名 ●浦和西高校2名 ● 所沢高校5名 ●伊奈学園 1名 ●坂戸高校5名 ●川越南高校5名 ●松山高校13名 ●松山女子高校12名 ●朝霞高校2名 ●市立川越高校2名 ●川越西高校7名 ●坂戸西高校3名 ●川越初雁高校1名 ●川越工業高校2名

<<私立高校>>

●川越東高校16名 ●西武文理高校4名 ●城西川越高校5名 ●星野高校16名 ●狭山ヶ丘高校7名 ●大宮開成高校4名 ●山村学園高校21名 ●聖望学園 1名 ●西武台高校2名 ●白梅学園高校1名 ●山村国際高校5名 ●武蔵越生高校1名 ●秀明英光高校1名 ●十文字1名  ●大東文化第一1名 ●明治学院東村山1名 ●芝浦工業1名 ●埼玉栄1名 ●東邦音大第二1名


小中学部 049-224-9479 午後3時以降対応

体験申込、質問、相談はお気軽にメールを下さい!

メール

塾ブログ検索サイト 【塾長(講師)のブログを都道府県別に紹介しています。】


2015.04.25
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
土曜日は個別指導が多いね。

学校や塾で一番問題なのは、

先生と生徒の「授業理解」に関する認識の食い違い

なんだよね。

先生は「みんなが分かってくれただろう」と思いがちだけど、

生徒が全員理解できたわけじゃない。

先生は「分からなかったら聞きにこいよ」と言うが、

実際聞きに来て欲しい生徒ほど聞きに来ない。

親も

「分からなかったら先生に聞きなさい」

と言うが、

親の言いつけを守って聞きに来る生徒は皆無である。

じゃあ、どんな生徒が質問に来るのか。

それは

「目標に向かって、意欲的にバリバリ勉強している子」

だけである。

ここに大きな落とし穴があるんだよね。

松江塾の個別指導は、そこを攻略することだけを考えたシステムだ。

さあ、今日も頑張ろう!

2015/04/25 10:26、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.25 18:54:27

2015.04.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
あなたの子供が、今日起きてから寝るまで何も食べなかったら、

あなたは何を思うだろう。

「これはただ事ではない」

そうは思わないだろうか。

食事は子供の命を支え、成長させるために不可欠なものだからだ。

では勉強はどうか。

あなたの子供が、朝起きてから寝るまで何も勉強しなかったら?

勉強は子供の脳みそを成長させ、引き上げられた能力を利用して生きていくために必要なものだ。

「これはただ事ではない」

そう思うべきことではないのか。

テスト結果を見て何かを思っているようでは遅いのだ。

今日、しっかり勉強をしたかどうか。

そこに意識を向けよう。



2015/04/24 10:14、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.24 12:16:34

2015.04.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
僕らは毎日毎日、「できる子」を見ている。

それが数日、数週間、数ヶ月と続き、

川越高校や川越女子高校に受かる子たちを見ていることになる。

さらに数年続き、

東大や慶応に受かる子たちを見ていることにもなる。

できる子というのは、いったいどんな子なのか。

多くの保護者の方がこの目で見たいと思うような子たちを、それこそ何人も毎日見ているのだ。

だから、

どういう子が「できる子」なのかも、すぐに分かる。

未だに夫婦で話が出るエピソードがある。

それは息子が小1の時の話だ。

息子の授業参観に行き、国語の授業を見たとき、

ある生徒が音読をした。

おそらく時間にすると1分くらいだろうか。

その瞬間に、僕は奥さんに耳打ちした。

「あの子、絶対に頭良くなるよ」

それから6年後、

その子は息子とは違う中学に進学したが、

学年1位に君臨しているそうである。

もし息子と同じ中学に進学していたら、それこそ「良きライバル」になったに違いない。

たった1分の音読で、「できる子」というのは分かるのだ。

できる子は同じ空気を出すのかもね。





2015/04/23 10:29、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.23 17:03:53

2015.04.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
高1生達

まだ高校生活は始まったばかりだが、すでにとてつもない差がつき始めていることに気づいているだろうか。

君たちと同じように、松江塾で高校受験に挑んだ仲間の中には、

もうすでに「臨戦態勢」に入っている子達がいるんだよ。

高校受験から切れ目なく、ね。

今日も2人の高1生が質問に来た。

持ってきた参考書はかなり使い込まれていたね。

それを聞いてどう思う?

きっと君たちの中には、「真剣に勉強すること」そのものを忘れてしまった人達もいることだろう。

たった数ヶ月でこの差である。

来年の今頃はどうなっているだろうか。

そして、大学受験は…。

どうする?



2015/04/22 10:25、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.23 01:33:49

カテゴリ:カテゴリ未分類
小4は英語の学習をスタートしている。

松江塾小学部の英語は、

あいさつ



会話

などは一切行わない。

目的は、アルファベットを、めちゃくちゃ綺麗に正確に書くこと。

それと、フォニックス

この二本柱である。

正確に読めて、書けること。

ここに焦点を当てる。

会話力を磨きたかったら、それ専門の塾に通えばいい。

まあ、小学校時代に某英会話教室に通ってたような子達が、ローマ字も書けなくて単語が覚えられないなんて、

よくある話だけどね。


今、小4が

ABCD

を書くテストで悪戦苦闘中である。



2015/04/22 10:25、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.22 18:34:17

カテゴリ:カテゴリ未分類
個別指導の併設が大分定着してきたようだ。

連日、どの学年も満遍なく個別指導がある。

今日は

小6

中2

中2

中1

中1

分からない部分は全員違うので、やってる僕らも勉強になる。

「なるほど、ここが躓くポイントなんだな」

というのが、毎回分かるからね。

さ、今日も全開で頑張ろう!



2015/04/22 10:25、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.22 12:17:24

2015.04.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
スマホに食いついている時間が長いほど学力が低い?

当たり前すぎる笑

そんなものは、「親の管理力」でどうにでもなるはずだ。

スマホに食いつく時間を管理できる親は、

日々の学習管理もできる。

だから学力が高い。

スマホに食いつく時間を管理できない親は、

日々の学習管理もできない。

だから学力が低い。

それだけのことだ。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.21 19:12:35

カテゴリ:カテゴリ未分類
今日、若いお母さんが小学校低学年くらいの子どもに「はい」という返事をさせられなくて困っている場面を見た。

僕はそれを見ながら、「絶対に言わせるまで諦めるなよ!」と願っていたのだが、

そのお母さんは

「人に何か言われたら、返事しなくちゃいけないんだからね!」

と言い放って終了してしまった・・・。

結局その子は返事をしなかったのに、である。

お母さんは最後のひと言を言うことによって、自分の責任は果たせたと思ったのだろうか。

でも子どもは

「親に何か言われても、従わなくてよい」

という経験値を1ポイント増やしてしまったのである。

それが明日も明後日も続くとすれば、

きっとその子は

「今宿題をやっちゃいなさい」

「テレビ見てないで勉強しなさい」

そんな親の指示なんて、絶対に聞かないだろうね。

親の力は絶大だが、

それはしっかりと「蓄積」されてこそ、である。


たまに、子どもがものすごく素直で賢いのに、

「うちは子どもにあんまりキツく言わないよ」

なんて言ってる親が周りにいないだろうか。


それはきっと嘘ではないのだろう。

しかし、「言うとき」は絶対に従わせているに違いない。


途中で諦めるくらいなら、言わないほうがよい。


子どもと向き合っているその瞬間、

親である自分の行動言動が

子どもの中に何を蓄積させているか。


よーく考えたほうがいい。








楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.21 18:09:08

カテゴリ:カテゴリ未分類
高3のAYM。

先日志望校について少し話したのだが、

「で、どこなの?」

と聞くと

「理1ですね」

と即答した。

ほうほう

もう大学名は言わなくてもいいだろう、ということだな。

さすが、である。







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.21 17:51:12

カテゴリ:カテゴリ未分類
毎週のペナテストに全力で挑めない人は、

中間期末テストにだって全力で挑めない。

当然、受験にだって同じこと。

今日頑張れない人は、明日も頑張れないよ。

頑張らない経験を1日多く積み重ねるわけだから。

だから今日!頑張ろう。



2015/04/21 10:29、 のメッセージ:












楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.04.21 11:25:52

このブログでよく読まれている記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.