011613 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

LIFE WHITH THE MARTIAL-ARTS

PR

Recommend Item

Let's link!

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

サカノボルタキ@ Re[1]:勁力の波(07/06)  すいません、ものすごい分かりにくくて…
くりぼーい@ Re:勁力の波(07/06) お返事が大変遅くなりました。 ご解説あ…
サカノボルタキ@ Re:JAROに通報しました(06/28)  ホントだ!! ウソ、大げさ、紛らわし…
栗廃暴威@ JAROに通報しました 前篇の続きになってないジャマイカ!!
サカノボルタキ@ ほう。  でもこれ、日本じゃ割りと最近流された…

Freepage List

Mobile

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

Headline News

Rakuten Download

 

2011.01.17
楽天プロフィール XML
カテゴリ:武術 格技
 某国の軍隊格闘術を学んでいた私だったが、そのうちにそれがそもそも、日本の古流柔術より影響を受けているということを知った。
 さらに聞けば、柔術というのは日本以外では極めて有名で、道場の数も多く、様々な国の軍部や警察機構でも信頼されているのだという。
 当時、まだグレーシー柔術のジムなど日本に一軒もない時代、格闘技にかなり詳しい人間でも、柔術や前田光世のことなどは知らなかった。
 扱っているマンガや資料も極めて少なく、自分なりに走り回って情報を集めた。
 そうしているうちに、自分は日本人として、柔術を学ぶべきなのでは無いかという思いが強くなってきた。そのような日本人意識は生まれて初めてのものだった。
 そうこうしているうちに、その某国の軍隊格闘術が、興行スポーツとして展開するという話があることを聞いた。
 当時、総合格闘技ブームの始まりかけのころだ。K-1はまだ無かったけど、UWFは三つに分かれてリングスが盛り上がっていた。
 そのリングスのリングに上がっているオランダ人たちの本業は、バーやクラブの用心棒やボディ・ガードだという。彼らの姿こそが、私の考える、「リングの上以外で本当に強い人たち」の姿だった。
 その彼らが、口をそろえて「ジュウージュツ」を評価していた。
 柔術だけではない。フィリピンのカリ、インドネシアのシラット、カンフー、ハワイのカプ・クイアルアなど、世界各地の民族武術が、キックやレスリングなどのスポーツ格技と並列に並べられ、その実用度を競っている世界というのを教えてくれていた。
 これは、いかん。と思った。
 某国軍隊格闘術は誰かが隆盛させるだろう。それは某国人に任せてもいい。自分は日本人として、日本人の強さを持たねばならんのではないだろうか。という意識に駆られた。
 そして都内の某古流武術道場に入門したのであった。それがその後の長きにわたる数流派の柔術学習の始まりだった。
 そこで、なぜ柔術が日本以外の国でだけ隆盛しているのか、そして日本では隆盛しないのかをつぶさに見ることになるのであった。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2011.01.17 13:03:33
コメント(0) | コメントを書く



[武術 格技] カテゴリの最新記事

■コメント


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.