892274 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

リュンポリス

PR

Rakuten Profile


リュンポスさん

日本ギリシャ協会会員

フォローする

Recent Posts

Archives

Category

Free Space

Headline News

ギリシャ神話の英雄、ヘラクレスを主人公としたオリジナル小説です。この小説を書く上でGOD OF WARや300 スリーハンドレッドに影響されたことは言うまでもありません。

★第零章:番外編「ディオメデスの輝跡」を掲載!2015/2/26遂に完結しました!★
Wikipedia利用者:リュンポス管理人のWikipediaにおけるプロフィールです。
日本ギリシャ協会管理人が入会しているギリシャの友好団体です。
2017.01.15
楽天プロフィール XML
テーマ:ギリシャ
カテゴリ:古代ギリシア
最強の寒波が日本に襲来していますが、その寒さにもめげずに、名古屋市博物館にて開催されている特別展『ギリシア考古学の父 シュリーマン ―初公開!ティリンス遺跡原画の全貌―』に行ってきました!


この特別展では、ミケーネ遺跡とトロイ遺跡を発掘した大考古学者シュリーマンの軌跡を中心に、古代ギリシアと古代エジプトの発掘品・遺跡原画が展示されています。シュリーマンは時折、強引に発掘作業を進めた者として批判されることもありますが、かつては神話上の存在であったミケーネ文明、トロイ文明を歴史の明るみの中に引き戻したという点では、十分に賞賛に値すると思われます。

特別展の規模としては、広めの長方形部屋に全部収まるという、古代ギリシャ展 ―時空を超えた旅―に比べれば、こぢんまりしたものでした。じっくり見たとしても、大体一時間前後で見終わるのではないでしょうか。

私はミケーネ遺跡なら訪れたことがありますが、ティリンス遺跡はまだ行ったことがないんですよね。アポロドーロスの伝承では、ヘラクレスが十二の功業を達成するために訪れたエウリュステウスの王都は「ティーリュンス(ティリンス)」になっているので、行きたい気持ちはあるんですが、ギリシャ自体が日本から遠いのもあってなかなか・・・。トロイ遺跡に関しては、現在トルコは混乱しているので、足を運べるのは当分先になりそうです。笑

しかし、この特別展に行けば、ティリンス・トロイ双方の遺跡を訪れた気になれること間違いなしです!原画や写真、模型などで遺跡の全体構造が把握でき、今まで漠然としたイメージだったティリンス遺跡が、今や具体的に想像できるようになりました。
特に原画では、壁画の彩色の再現までしており、文化面においてはミノア文明の影響をかなり受けていたことが直に分かりました。彩色や模様がクノッソスのそれに酷似しているんですよね。クノッソスの有名な「牛飛び」壁画すら、ティリンスにはあったそうです。本などでミノア文化の影響下にあることは前から知っていましたが、このように展示品を直に見て納得すると心底楽しいですね!


余談ですが、特別展を見終わった後、特別展の図録と『古代ギリシア遺跡事典』をつい買ってしまいました。クセノポンの『ギリシア史2』もまだ読み終わってないのに・・・笑





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017.01.15 12:21:48
コメント(0) | コメントを書く

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.