健康・ダイエット 毎日五千名に当たる♪♪楽天ブログラッキーくじ
1772115 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

モノスキー日記

PR

Calendar

Recent Posts

Archives

Rakuten Profile


よきんさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

Category

Comments

 SEIRO1956@ Re[28]:明日の朝、体重計に乗るのがこわい(02/07) よきんさん >SEIRO1956さん > >では、…
 よきん@ Re[27]:明日の朝、体重計に乗るのがこわい(02/07) SEIRO1956さん では、このバトルは以上に…
 SEIRO1956@ Re[26]:明日の朝、体重計に乗るのがこわい(02/07) よきんさん >SEIRO1956さん >>正当な倫…
 よきん@ Re[25]:明日の朝、体重計に乗るのがこわい(02/07) SEIRO1956さん >正当な倫理観や道徳観を…
 SEIRO1956@ Re[24]:明日の朝、体重計に乗るのがこわい(02/07) よきんさん >SEIRO1956さん > >>よき…
 よきん@ Re[23]:明日の朝、体重計に乗るのがこわい(02/07) SEIRO1956さん >よきんさま、耳は傾けて…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

 

私宛のメールはこちらからどうぞ
電磁波測定器を作っているペアコム株式会社のホームページはこちらです。
ただいまダイエットに挑戦中です。
2007年4月 82.5kgまで増えてしまった体重を何とかしようとダイエットを始めました。挫折と努力を重ね、今は68.0kgを目指しております。68kgになればBMI=21になれます。

[全9427件 新着記事一覧を見る]

2014年04月18日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月18日(金)   私の教科書

 「私の周りには、善いもの、悪いもの、美しいもの、醜いもの、なにからなにまで揃っている。そのすべてが、今日から私の教科書だ」

 映画女優の故・高嶺秀子さんが、十四歳の時に、心に誓ったという言葉です。五歳の頃から子役として活躍し、経済的にも親族を支える立場にあった彼女は、学校にほとんど通えませんでした。

 冒頭の誓いは、<同じ年頃の友達のように、学校に通いたい>という思いを抑えて、自らの宿命を受け入れる、覚悟の言葉だったのでしょう。

 「人生の勉強はどこにいてもできる」という言葉通り、後年は文才も発揮し、日本エッセイストクラブ賞を受賞するなど、随筆家としても名を残しています。

 人が生きていく環境は様々です。恵まれた環境にある人もいれば、「もっと時間があれば」「手本となるような先輩がいない」という人もいるでしょう。

 しかし、そこがあなたの学校です。たとえ今、不本意な境遇にあっても、身の回りのすべてを教科書として、いつでも、どこにいても成長できるはずです。

 今日の心がけ◆常に学びましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。
いつもご覧頂いているお礼に、無料で送らせていただきます。
楽天ブログからはメールで、フェイスブックからはメッセージで
送り先をお知らせ下さい。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年04月18日 08時28分42秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年04月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月17日(木)   夫婦だからこそ

 年を重ねるごとに、夫婦の関係も微妙に変わってくるものです。このところT氏は、家に帰るたびに、妻の言葉がかんに障るのです。

 帰宅するや否や「手は洗いましたか。水で濡らすだけではダメ、少なくとも三十秒は洗ってね」と妻は言います。

 家にいても、「ドアはきちんと閉めてください」「そんな所に横になって寝ないで! 布団に寝てください」と、語尾を強めて注意されます。

 他にも、「テレビを観ながら独り言を言うのはやめてちょうだい」「何でも命令口調で言わないで!」など、とにかく口うるさいのです。

 最初の頃は、いちいち反論していたT氏でしたが、<私の妻だからこそ注意してくれるのだ>と思い直し、少しずつ受け止められるようになりました。

 しかしながら、長年の生活習慣は、すぐには改まらないものです。手洗いやごろ寝について、厳しくも愛情に満ちた妻の一言に後押しされながら、実践に取り組んでいるT氏です。

 今日の心がけ◆言葉の奥にある愛情を知りましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所が発行している月刊誌です。
掲載しているこの文章は、知的障がいをもつ弊社のO君が、トレーニングのために入力してくれているものです。
こうして発表の場がありますと彼の喜びにつながります。
やりがいと喜びは継続の源泉になり、2001年5月から現在までずっと続いています。
著作権に問題があるかもしれないと感じないわけではありませんが、
倫理の普及に役立ち、かつO君のやりがいに繋がっていることを勘案して公開しています。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年04月17日 08時30分09秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年04月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月16日(水)   段取り上手

 段取りとは、物事の順序・方法を定めること、工夫すること、という意味です。

準備と混同されがちですが、準備は、順序が決まっている物事の用意をすることです。準備の前に、まずは段取りをつけて、順序を定めることが先決です。

 同じ仕事をしていても、段取りが上手な人と下手な人がいます。その違いはどこにあるのでしょう。上司や同僚、後輩の中で、段取り上手な人を思い浮かべてみましょう。その人は、どのような行動をとっているでしょうか。

 1常に最短の時間で業務を遂行するための方策を考えている、2何をするにも優先順位をつけて仕事に取りかかっている、3記憶に頼らずきちんとメモをとり、そこから次のヒントを探ろうとしている、4整理整頓が上手である、などが挙げられるでしょう。

 これらは、あくまでも段取りよく進めるための行動です。その源にあるのは、仕事に取り組む誠意と情熱でしょう。

 今日も仕事に誠意を込め、情熱を高めて業務に臨みたいものです。

 今日の心がけ◆誠意を込めて働きましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所発行の月刊誌です。
いつもご覧頂いているお礼に、無料で送らせていただきます。
楽天ブログからはメールで、フェイスブックからはメッセージで
送り先をお知らせ下さい。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年04月16日 10時24分42秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年04月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月15日(火)   遅刻回避

 出張先で、商談を終えたYさん。翌日の十時から、再度打ち合わせの予定が入りました。

 <いつも通り、十分前に着けばいいだろう>と考えていましたが、先方の担当者からは、「できれば九時半に着くように、早めにホテルを出てください」と告げられたのです。

 <なぜそんなに早く着く必要があるのだろう>と思いながらも、翌日、言われた通りに早めにホテルを出ました。タクシーから外を眺めると、週末のお祭りの準備で、業者のトラックが、列を作って通りを埋めていました。

 やがて、商店への配送者、地元の人の車で、大渋滞となったのです。混雑している通りを何とか抜けて、取引先に着いたのは十時数分前でした。自分が考えていた時間にホテルを出ていたら、完全な遅刻だったのです。

 Yさんはホッと胸を撫で下ろしました。その日以降、行動に余裕を持つとともに、出先の行事を確認することも心がけています。

 今日の心がけ◆早めに行動しましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。著作権は社団法人倫理研究所にあります。
いつもご覧頂いているお礼に、無料で送らせていただきます。
楽天ブログからはメールで、フェイスブックからはメッセージで
送り先をお知らせ下さい。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年04月15日 12時24分05秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年04月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月14日(月)   わが町を知る

 本誌『職場の教養』には、一日一話の読み物の他に、いくつかのコーナーがあります。

 巻頭は、倫理法人会会員企業の職場を紹介する「おはようカニパニー」。巻末には、読者からのお便りと熟語クイズ、日本文学に関する連載もあります。

 各ページの下段では、「探訪・日本の名所」と題して、全国の名所や旧跡、伝統文化、風物などを紹介して、その土地の魅力を伝えています。

 私たちが今まさに働いている会社がある町、住んでいる町には、それぞれに歴史があります。連綿と続く生活の営みや、様々な出来事が積み重なって、文化が紡がれてきました。その一部を知るだけでも、町に対する愛着が湧きます。

 今月から、職場や生活環境が変わった人もいるでしょう。今いる場所に興味を持ち、知識を深めていくと、「この地で腰を据えて頑張ろう」と思えたり、仕事や余暇を充実させる面白い発見があるかもしれません。

 それが地域に貢献する仕事の第一歩です。

 今日の心がけ◆今いる場所に愛着を持ちましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。この「職場の教養」は書店で販売していません。
いつもご覧頂いているお礼に、無料で送らせていただきます。
楽天ブログからはメールで、フェイスブックからはメッセージで
送り先をお知らせ下さい。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年04月15日 13時13分30秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年04月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月13日(日)   傘の活用

 A氏が、商談相手の会社へ徒歩で向かっていると、急に強い雨が降ってきました。近くのマンションの玄関先に駆け込み、雨宿りをしていた時です。

 少しすると、玄関から年配の婦人が出て来て、「返す必要はありませんので、もしよかったらお使いください」と、ビニール傘を差し出したのです。

 A氏は温かい申し出に感謝し、「なぜ、見ず知らずの私に、傘を貸してくれるのですか」と理由を尋ねました。

 婦人は、道に捨てられた傘や壊れた傘を拾って、手入れや修理をしているとのこと。もったいないと思い、再び有効に使ってもらっている、と言うのです。

 A氏はその話に恐縮して、ありがたく使わせてもらうことを述べました。婦人に名前を尋ねると、「お気をつけて」とだけ告げて、婦人はマンションに戻っていきました。

 A氏は、ビニール傘を安価なものと思い、粗末にしていたことを反省しました。婦人の心の温かさをかみしめながら、改めて物を大切にしようと思いました。

 今日の心がけ◆物を大切に使いましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。
いつもご覧頂いているお礼に、無料で送らせていただきます。
楽天ブログからはメールで、フェイスブックからはメッセージで
送り先をお知らせ下さい。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年04月15日 13時14分08秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年04月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月13日(日)   傘の活用

 A氏が、商談相手の会社へ徒歩で向かっていると、急に強い雨が降ってきました。近くのマンションの玄関先に駆け込み、雨宿りをしていた時です。

 少しすると、玄関から年配の婦人が出て来て、「返す必要はありませんので、もしよかったらお使いください」と、ビニール傘を差し出したのです。

 A氏は温かい申し出に感謝し、「なぜ、見ず知らずの私に、傘を貸してくれるのですか」と理由を尋ねました。

 婦人は、道に捨てられた傘や壊れた傘を拾って、手入れや修理をしているとのこと。もったいないと思い、再び有効に使ってもらっている、と言うのです。

 A氏はその話に恐縮して、ありがたく使わせてもらうことを述べました。婦人に名前を尋ねると、「お気をつけて」とだけ告げて、婦人はマンションに戻っていきました。

 A氏は、ビニール傘を安価なものと思い、粗末にしていたことを反省しました。婦人の心の温かさをかみしめながら、改めて物を大切にしようと思いました。

 今日の心がけ◆物を大切に使いましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。
いつもご覧頂いているお礼に、無料で送らせていただきます。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年04月15日 12時25分35秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:カテゴリ未分類
4月12日(土)   路面電車のアナウンス

 車社会にあっても、いくつかの都市では路面電車が健在です。今日も貴重な市民の足として活用されています。

 熊本県熊本市を走る路面電車では、「動きます」「信号での停車です」「右に大きくカーブします。ご注意ください」「この先、少し揺れます」「○○駅に停車します」と、実にきめ細かなアナウンスが繰り返されます。

 人間味あふれる雰囲気の中で、乗客は日々、安心と喜びを感じて目的地に向かっていることでしょう。

 ビジネスの世界では、信用、信頼が重んじられます。信用も、信頼も、お客様に安心と喜びを与え続けるところに、自然的に発生するものです。

 職種は異なっても、それぞれの職場において、お客様にさらなる安心と喜びを提供するには、どうすればよいかを考えてみましょう。

 仕事に「これでいい」という終わりはありません。<もっと良くしたい> <さらに良くしたい>という意識で、安心と喜びを創造していきたいものです。

 今日の心がけ◆安心と喜びを創造しましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所が発行している月刊誌です。著作権は社団法人倫理研究所にあります。
いつもご覧頂いているお礼に、無料で送らせていただきます。
楽天ブログからはメールで、フェイスブックからはメッセージで
送り先をお知らせ下さい。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年04月15日 12時24分56秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年04月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月11日(金)   回り道もまたよし

 人が生きていく上で、失敗や挫折はつきものです。

 誰もが物事の成就を目指して、励んでいます。失敗は自分にとってマイナスであり、できれればしたくはないと思うものです。

 しかし一方で、苦しみや悩みが、人間を大きく育んでくれることも事実です。「あの失敗が大きな勉強になった」「あの頃の挫折があったからこそ、今の自分がある」といった身近な人の体験談は、誰でも耳にしたことはあるでしょう。

 つまづくこともなく、遠回りをすることもない人生は、それなりに素晴らしいものです。しかし、たとえ失敗により回り道をしても、<自分にとっては成長の糧に                                  なり、肥やしになる>と、明るく積極的に捉えることも大切です。

 人の幸不幸は、同じ物事をどう捉えるかです。起きてくることをマイナスに受け止めれば心は沈み、プラスに捉えれば、明るさと活気を自ら招くことができるでしょう。

 失敗を糧に、プラスの人生を構築していきたいものです。

 今日の心がけ◆失敗を肥やしにしましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。
いつもご覧頂いているお礼に、無料で送らせていただきます。
楽天ブログからはメールで、フェイスブックからはメッセージで
送り先をお知らせ下さい。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年04月11日 06時24分35秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年04月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月10日(木)   捺印は自分の顔

 新入社員のAさんが担当する仕事の一つに、伝票処理があります。担当者が手書きしたものをパソコンに入力して、所定の書式で印刷をして完成です。

 入力、正誤のチェックを終えて、得意先に発送する請求明細書が出来上がりました。「最後の仕上げ」と担当欄に自分の判子を押して、先輩に確認をお願いすると、「文字が横を向いているよ」と指摘されたのです。

 「自分も新人の頃、『捺印は自分の顔だと思って、まっすぐになるように押しなさい』と教えられたものだよ。この明細が届けられるお客様が、どう思われるかを考えて判子を押さないとね」と、先輩はAさんを諭しました。

 <顔が横を向いたまま品物を出されたとしたら、確かにいい気持ちはしないな>と、納得したAさん。このことを契機に、伝票の判子を丁寧に押すよう心がけたのでした。

 捺印は「責任をもって確認しました」という意思の表明です。上下は正しいか、偏らずに押せているか、しっかりと確認したいものです。

 今日の心がけ◆丁寧に捺印しましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所が発行している月刊誌です。
掲載しているこの文章は、知的障がいをもつ弊社のO君が、トレーニングのために入力してくれているものです。
こうして発表の場がありますと彼の喜びにつながります。
やりがいと喜びは継続の源泉になり、2001年5月から現在までずっと続いています。
著作権に問題があるかもしれないと感じないわけではありませんが、
倫理の普及に役立ち、かつO君のやりがいに繋がっていることを勘案して公開しています。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年04月10日 13時06分31秒
コメント(0) | コメントを書く

[全9427件 新着記事一覧を見る]

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.