1934866 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

モノスキー日記

PR

Calendar

Recent Posts

Archives

Rakuten Profile


よきんさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

Category

Comments

 よきん@ Re[1]:9月 5日(金)   日曜日の現場(09/05) 焼肉めんたいさん はじめまして コメント…
 焼肉めんたい@ Re:9月 5日(金)   日曜日の現場(09/05) はじめまして。 先日、はじめて「職場の…
 よきん@ Re:保守点検あわや事故(08/05) 龍の森さん たしかに怖いですねぇ~~
 龍の森@ 保守点検あわや事故 今日 これ読みました。 事故って 原因が…
 よきん@ Re[1]:8月 5日(火)   あわや大事故(07/20) 龍の森さん >職場の教養 もう4年目です…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

 

私宛のメールはこちらからどうぞ
電磁波測定器を作っているペアコム株式会社のホームページはこちらです。
ただいまダイエットに挑戦中です。
2007年4月 82.5kgまで増えてしまった体重を何とかしようとダイエットを始めました。挫折と努力を重ね、今は68.0kgを目指しております。68kgになればBMI=21になれます。
2014年09月19日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月19日(金)   いのちをいただく

 女性でありながら狩猟免許を取得し、新米猟師として、罠を使った狩猟をしている畠山千春さん。

 普段はペジタリアンですが、猪などがとれた時は、自分が解体した肉を食べるというスタンスです。畠山さんは次のように語ります。

 「自分でとってきた動物のお肉を食べる生活を続けていると、『命をいただいている』という気持ちを持ちやすくなります。同じように、身の回りにあるファー製品・フェザー製品・革細工などもすべて、もともとは動物の体の一部だったのだということを強く感じます」

 動物の「いのち」を、興味本位で殺めることは論外ですが、自分が生きるために、他の「いのち」をいただいているという意識を持ちにくい現代社会です。

 植物連鎖の頂点に立つといわれる人類の一人として、食事をいただく時には、「ありがとう。いただきます」と、感謝を言葉に表わしましょう。

 心で思うだけではなく、たとえ小さな声でも言葉に出して言うことが重要です。

 今日の心がけ◆感謝を言葉にしましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年09月19日 10時37分29秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月17日(水)   一事が万事

 Kさんは仕事の関係で、日本全国のビジネスホテルに宿泊します。

 ホテルには、使い捨て歯ブラシが備え付けられていますが、Kさんはいつも歯ブラシを持参していました。かつてはホテルの歯ブラシも使っていたのですが、どうにも使い心地が悪かったからです。

 ところがある時、自分の歯ブラシを忘れてしまいました。やむを得ず、そのホテルの歯ブラシを使ってみると、大変具合が良いのです。

 感動したKさんは、その歯ブラシを持ち帰り、家でも使用するようになりました。一ヵ月もすると毛先が痛んでしまいましたが、出張するたびにそのホテルに泊まり、歯ブラシをもらって帰るようになりました。

 ホテルの仕入れ担当者は、恐らく自分で使って、仕入れることに決めたのでしょう。Kさんはそのホテルに泊まるたびに、館内の案内文やスタッフの手際の良さにも気がつくようになりました。

 歯ブラシ一本から波及して、このホテルのファンになっていったのです。

 今日の心がけ◆上質な物を提供しましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所発行の月刊誌です。
職場の教養を利用すると、活力ある朝礼をするのに役立ちます。
倫理法人会に入会すると毎月30冊送ってもらえます。
ご希望があれば、活力朝礼のやりかたを指導してもらえます。(もちろん無料で)
お問いあわせはお近くの倫理法人会まで





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年09月17日 12時05分33秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月16日(火)   ライバル歓迎

 今や夏の風物詩となった全国高校野球選手権大会。今年も、全国の約四千校が、甲子園出場、真紅の大優勝旗を目指して、熱戦を繰り広げました。

 大会が始まったのは大正四年のことです。第一回の参加校は、予選も含めて七十三校だけでした。回を重ねるごとに参加校数は増加し、野球を国民的な人気スポーツに押し上げていきました。

 参加校数の増加は、過剰な競争を生むと問題視される面もあります。確かに一理ありますが、「負けたくない」と互いに切磋琢磨する競争の中で、高校球児の技術力は、確実に向上してきたのでしょう。

 私たちの仕事でも、競争相手が存在することで、品質の保持や技術力の向上に結びついている場面は多くあります。競争相手の不在は、楽なようでいて、かえって自己制御能力を強く求められます。

 もしライバルが現われたら、「邪魔だな」「嫌なヤツだな」と否定せず、「応援者が来た」と捉えて、自らの力に変えていきたいものです。

 今日の心がけ◆競争を肯定的に活かしましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。著作権は社団法人倫理研究所にあります。
職場の教養は、毎日当日分を掲載しています。
朝礼の準備などであらかじめ読みたい方のため、楽天ブログの当月の1日に、1か月分をまとめて掲載させていただきます。左のカレンダーから1日をクリックしてください。
翌月分の職場の教養は入力が出来た分だけ、20日に取りまとめて掲載します。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年09月16日 07時19分35秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月15日(月)   敬老の心

 今日は「敬老の日」です。長年にわたって社会に尽くしてこられた老人を敬愛し、長寿を祝う、という趣旨で制定された国民の祝日です。

 かつては毎年九月十五日が「敬老の日」でしたが、平成十五年からは、九月の第三月曜日になりました。

 少子高齢社会の影響は職場にも及び、今後ますますその傾向は強まるでしょう。その一方で、定年後も、働く意欲と能力のある人が増えています。高齢世代の人たちが、長く働けるような社会の仕組み作りが喫緊の課題となっています。

 若い世代はつい「高齢者」と一口に括りがちですが、これまでのキャリアや技能、就労志向、健康状態、家庭環境は、一人ひとりに固有のものです。何より、長い人生で身につけた経験や生活の知恵を豊富に持っています。

 若い世代は、高齢者一人ひとりに対する敬意と、深く学ぶ姿勢を持ち続けたいものです。そして、年齢差を超えて、互いに良い影響を及ぼすような職場作りを目指していきましょう。

 今日の心がけ◆人生の先輩に学びましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年09月18日 16時40分58秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月14日(日)   妻から尊敬されるには

 Dさんがある講座を受講している時、次のような一文が目に留まりました。

 「妻が夫を大切にし、尊敬すれば、主人の力はいよいよ世の中にあらわれ、事業はますます栄えます」

 これは、本誌を発行する倫理研究所の創設者・丸山敏雄が、ある婦人にあてた手紙の中の一文です。Dさんは、この文章に感銘を受けました。そして、妻にも読ませたいと思いました。

 すると、Dさんの気持ちを見透かしたかのように、「夫が妻を労わるから妻が尊敬するのです。まず夫が妻を尊敬しなくてはいけませんよ」と、講師から告げられたのです。

 Dさんは、妻に文章を読ませようとしたことが恥ずかしくなりました。<自分を尊敬させようとする前に、まず妻を大切にしなくては>と思ったのです。

 夫婦は一対の鏡のような関係です。相手に対する言動や自分の心構えを変えない限り、相手は決して変わらないものです。

 今日の心がけ◆まず自分が変わりましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。著作権は社団法人倫理研究所にあります。
各地の倫理法人会では、毎週モーニングセミナーが開催されます。
特定の宗教や政治にとらわれることなく、多面的な学びができるのが特徴です。
入会すると、毎週のモーニングセミナーの他、経営者の集い(イブニングセミナー)などなど
いろんな学びの場に無料で参加出来ます。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年09月14日 11時22分01秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月13日(土)   出口でのトラブル

 A氏は休日に、車で大型スーパーマーケットへ出かけました。

 国道沿いのスーパーの駐車場には、入口と出口があります。入口付近はいつも混雑して、なかなか駐車できません。出口付近は比較的空いています。

 A氏は入口付近をやっと通り抜け、出口付近の駐車場に車を停めました。すると、男性二人が口論をしています。出口から出ようとした車と、出口から入った車が鉢合わせになり、あわや事故寸前だった様子です。

 これは明らかに、出口から入った車のルール違反です。しかし、違反をした人は、これくらいなら許される、とばかりに非を認めません。おそらく、空いている出口から入れば、すぐに車を停められると思ったのでしょう。

 間もなく店員が駆けつけて、違反した人を説得し、事なきを得ました。A氏をはじめ、口論を耳にした人たちには、後味の悪さだけが残りました。

 車の駐停車に限らず、社会には様々なルールがあります。<自分一人くらいいいだろう>という安易な行動は、和を乱し、大きな事故にもつながりかねません。

 今日の心がけ◆決められたルールを守りましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所が発行している月刊誌です。著作権は社団法人倫理研究所にあります。
掲載しているこの文章は、知的障がいをもつ弊社のO君が、トレーニングのために入力してくれているものです。
こうして発表の場がありますと彼の喜びにつながります。
やりがいと喜びは継続の源泉になり、2001年5月から現在までずっと続いています。
O君のやりがいに繋がっていることを勘案して公開しています。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年09月13日 08時20分00秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月12日(金)   活路は足元にあり

 次から次に新しい製品や商品が誕生します。

 最新の商品は魅力的ですが、日本の伝統的なものの良さを見逃してはいないでしょうか。特に、地域の中で伝統的に作られてきた工芸品には、優れたものが多くあります。

 たとえば、大分県日田市の下駄です。日田はもともと杉の産地で、様々な木工製品が作られてきました。ところが、いくら良いものでも、時代とともに、下駄の需要は少なくなっているのが現状です。

 そこで、「下駄を履くか履かないか」ではなく、「下駄を履いたらどういうメリットがあるか」に職人は注目しました。そして、伝統的な下駄をスカートやジーンズに合うようにデザインし、新しい客層を広げることができたのです。

 伝統的な工芸品を現代のニーズに合わせたアイデアの賜物でしょう。

 新しいものばかりに目を奪われがちですが、足元を見つめて、身近なものの良さを活用していきたいものです。

 今日の心がけ◆地域の産業を見直しましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。
朝礼に利用するととっても効果が高いと思います。
書店では売っていません。倫理法人会に入会すると毎月30冊もらえます。
職場の教養は、毎日当日分を掲載しています。
朝礼の準備などであらかじめ読みたい方のため、楽天ブログの当月の1日に、1か月分をまとめて掲載させていただきます。左のカレンダーから1日をクリックしてください。
翌月分の職場の教養は20日に、それまでに出来たぶんだけを掲載します。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年09月12日 07時48分20秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月11日(木)   朝のスタート

 何かに気づいた時、それは、そのことを処理する最高のチャンスです。

 たとえば<手紙の返事を書こうかな>と気づく。その時が返事を書く好機です。後に延ばすと、かえって面倒になったり、書く内容が浮かばなかったりします。

 では、一日の中で、最初の気づきはいつ起こるでしょう。それは、朝の目覚めです。「起きろ」という自然からの信号を悩が受け取って、目が覚めるのです。

 目が覚めた時の起き方次第で、一日の生活や仕事も決まります。たとえ目が覚めても<昨日は遅く寝たから>とか<疲れている> <起きるにはまだ早い> <寒い>と、甘い誘惑が脳裏をかすめます。そして、二度寝、三度寝をして、寝覚めの悪さが残り、結局不機嫌な一日を過ごしてしまいます。

 たかが朝の目覚めですが、その一瞬が、その日一日に影響し、一瞬の積み重ねは、一生を左右するほどの力を持ちます。

 目が覚めたら、サッと起きましょう。気づいたことがあれば、すぐ行動に移しましょう。その威力は、やってみなければわかりません。

 今日の心がけ◆良い一日のスタートをきりましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所が発行している月刊誌です。著作権は社団法人倫理研究所にあります。
掲載しているこの文章は、知的障がいをもつ弊社のO君が、トレーニングのために入力してくれているものです。
こうして発表の場がありますと彼の喜びにつながります。
やりがいと喜びは継続の源泉になり、2001年5月から現在までずっと続いています。
著作権に問題があるかもしれないと感じないわけではありませんが、
倫理の普及に役立ち、かつO君のやりがいに繋がっていることを勘案して公開しています。
以上の点をご理解いただき、文章の取り扱いには著作権上の配慮をお願いします。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年09月11日 06時47分36秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月10日(水)   FAX送付状

 出張中の上司から、資料送付を頼まれたYさん。「はい、わかりました」と、電話を切りました。

 「至急FAXを」ということですが、上司に送る文章です。Yさんは、言葉を選び、送付状を丁寧に作成して、指定の宛先にFAXを送りました。

 すると、上司から「一枚の資料を送るのに、どれだけ時間がかかっているんだ! 余計なことに時間を割いているから遅いんだ」と、送付状に対する指摘を受けたのです。

 Yさんは、その言葉を受け、自分の対応を振り返ってみました。<上司は一刻も早く資料を必要としていたのに、褒められたいと思う心があって、送付状作成に時間をかけ過ぎてしまった>と反省しました。

 FAX一枚とはいえ、形式的にならずに、丁寧に仕事をすることは大切です。しかし、丁寧さも、時と場合によっては、的外れな頑張りになってしまいます。

 相手の気持ちを考え、相手の立場に立って、適切な行動を取りましょう。

 今日の心がけ◆今するべき行動を考えましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所発行の月刊誌です。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年09月10日 08時33分13秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年09月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
9月 9日(火)   朝露の季節

  白露に 風の吹きしく秋の野は つらぬき留めぬ 玉ぞ散りける

 この歌は、百人一首の中の一首、文屋朝康の歌です。

 「草の上に光っている露の玉に、風がしきりに吹きつける秋の野原の様子は、その露が散り乱れて吹き飛んで、まるで紐に通していない真珠がちらばっているようだなあ」という意味です。

 九月は台風の季節です。激しい風に吹き飛ぶ水滴を、ほどけた真珠が散るさまにたとえた美しい歌です。また「白露」は、一年を二十四に区分して、季節の名称を付した「二十四節気」のひとつです。

 まだ暑さの残る九月ですが、朝夕は涼しくなり、肌寒さを感じ始める時期でもあります。「白露」という名称は、夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が宿ることから名づけられたのでしょう。

 昔の人は、季節の変化を敏感に感じ取っていました。仕事に追われ、心の余裕を失っているなと感じたら、休日こそ自然に親しみ、リフレッシュしましょう。

 今日の心がけ◆自然に親しみましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。著作権は社団法人倫理研究所にあります。
職場の教養は、毎日当日分を掲載しています。
朝礼の準備などであらかじめ読みたい方のため、楽天ブログの当月の1日に、1か月分をまとめて掲載させていただきます。左のカレンダーから1日をクリックしてください。
翌月分の職場の教養は入力が出来た分だけ、20日に取りまとめて掲載します。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年09月09日 08時47分47秒
コメント(0) | コメントを書く

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.