2095117 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

モノスキー日記

PR

Calendar

Recent Posts

Archives

Rakuten Profile


よきんさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

Category

Comments

 よきん@ Re[1]:12月31日(水)   夢を描く(12/01) おとさんさん こちらこそ、ありがとうござ…
 おとさん@ Re:12月31日(水)   夢を描く(12/01) いつも助かっています。 ありがとうござい…
 よきん@ Re:12月11日(木)   惻隠の情(12/11) 惻隠(そくいん)の情(じょう) と読みます…
 よきん@ Re:ビックリ仰天の貴重な「お知らせ」です。 (12/09) はっきりいって この手の情報は怪しい系が…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

 

ペアコム株式会社のホームページはこちらです。
ただいまダイエットに挑戦中です。
2007年4月 82.5kgまで増えてしまった体重を何とかしようとダイエットを始めました。挫折と努力を重ね、今は68.0kgを目指しております。68kgになればBMI=21になれます。
2014年12月26日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
12月26日(金)   さっぱりした靴箱

 Tさんの職場では、いつも年末に大掃除を行なっています。大掃除では、普段はあまり掃除をしない、お客様の目に触れにくい場所も清掃します。

 玄関の清掃を担当したTさんは、靴箱の中も、全部物を出してから拭き掃除をしました。その中で、次のことに気がつきました。

 1折り畳み傘や私物など、靴以外の物を置いている人が半数以上いる。

 2そうした人を含めて、大半は、自分のスペースいっぱいに物を押し込むように詰め込んでいる。

 清掃終了後、Tさんは、皆に靴箱の状況を報告し、改善案を提案しました。職場の仲間たちからは、「痛いところを突かれたな」という反応や、「言われてみればその通りだ」という意見がありました。

 その後、余分な物を置かないようになり、雑然とした靴箱が一変したのです。

 <靴箱だけではない、デスクやロッカーも同じだな。あるべき物を整え、不要な物は置かない。そうした環境を目指そう>と思ったTさんでした。

 今日の心がけ◆不要な物は片づけましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。
朝礼に利用するととっても効果が高いと思います。
書店では売っていません。倫理法人会に入会すると毎月30冊もらえます。
職場の教養は、毎日当日分を掲載しています。
朝礼の準備などであらかじめ読みたい方のため、楽天ブログの当月の1日に、1か月分をまとめて掲載させていただきます。左のカレンダーから1日をクリックしてください。
翌月分の職場の教養は20日に、それまでに出来たぶんだけを掲載します。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年12月26日 10時54分34秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
12月25日(木)   見方を変えれば

 北島三郎の歌「終着駅は始発駅」の三番の歌詞です。

  函館止まりの 連絡船は 青森行きの 船になる

  希望を捨てるな 生きてるかぎり

  どこからだって 出直せる

  終着駅は始発駅

 人は誰しも、生きていれば、「行き詰まり」を経験するものです。行き詰まれば、焦りや不安が心を支配してしまいがちです。

 しかし、ものの見方を少しだけ変えれば、厚く覆われた雲の隙間から差し込む一条の光のように、勇気と希望が一瞬で湧いてくることもあります。

 この歌は、逆境に置かれて、人生の行き詰まりとも思える絶望的な状況でも、見方を変えれば、人生の歩みを進める勇気が湧き起こることもある、と示してくれています。

 今、ここが出発点と捉えて、今日も力強く生き抜きましょう。

 今日の心がけ◆ものごとは柔軟に捉えましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所が発行している月刊誌です。著作権は社団法人倫理研究所にあります。
掲載しているこの文章は、知的障がいをもつ弊社のO君が、トレーニングのために入力してくれているものです。
こうして発表の場がありますと彼の喜びにつながります。
やりがいと喜びは継続の源泉になり、2001年5月から現在までずっと続いています。
今日の分は歌詞まであるので、いつもに増して著作権に問題があるかもしれないと感じないわけではありません。
しかしながら、倫理の普及に役立ち、かつO君のやりがいに繋がっていることを勘案して公開します。
以上の点をご理解いただき、文章の取り扱いには著作権上の配慮をお願いします。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年12月25日 08時14分05秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
12月24日(水)   バウムクーヘン

 洋菓子店に、様々なケーキが並ぶ季節になりました。

 ドイツで生まれたバウムクーヘンには、「木のケーキ」という意味があります。木の年輪のように幾層にも重ねられた生地は、まさに職人が長年に渡り積み上げてきた、技術の高さの象徴でしょう。

 樹木は、一年ごとに年輪を重ねます。その年の気候によって、年輪の厚さや密度、方向は変化します。

 陽の光が降り注ぐ温暖な年、気温が低く植物が成長するには厳しかった年、害虫に傷つけられた年、一本の木の年輪には、様々な要因が刻み込まれて、今日のような形が作られてきました。

 私たちもこの一年間、一つの年輪を重ねました。仕事も家庭も順調に進んだ人もいれば、辛く厳しい一年だったと振り返る人もいるでしょう。

 その全てが今の自分を形作っているのです。この一年、自分の刻んだ年輪を振り返り、良いことも悪いことも前向きに受け止めて、新たな年を迎えましょう。

 今日の心がけ◆「これがよい」と受け止めましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所発行の月刊誌です。
職場の教養を利用すると、活力ある朝礼をするのに役立ちます。
倫理法人会に入会すると毎月30冊送ってもらえます。
ご希望があれば、活力朝礼のやりかたを指導してもらえます。(もちろん無料で)
お問いあわせはお近くの倫理法人会まで





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年12月24日 05時06分30秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
12月23日(火)   人を喜ばせる

 家族を喜ばせ、職場の人を喜ばせ、社会の人々を喜ばせる生活をしていれば、人生に行き詰まりはありません。

 試しに「私は、あなたのためになっていますか」と周囲の誰かに問いかけてみましょう。即座に「ええ、おかげさまで助かっています。感謝しています」という返事が返ってくれば、喜ばせる生活をしていることになるでしょう。

 <喜ばせる生活をしよう>という思いは、たくさんの恩恵を受けながら生かされていることに気づく人に芽生えてくるものです。そこに気づかない人は、喜ばせる生活どころか、周りを手こずらせて、困らせてしまう生活を繰り返すことになります。

 こんなに頑張っているのに周りの人が認めてくれない、自分の思いを家族は理解してくない、といった不満が湧いてきたら、「周りの人のために何をしているだろうか」と、まず自分に問いかけてみるとよいでしょう。

 最も楽しくて、幸福な生活は、人を喜ばせる生活から始まります。

 今日の心がけ◆周囲の人を喜ばせましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。著作権は社団法人倫理研究所にあります。
職場の教養は、毎日当日分を掲載しています。
朝礼の準備などであらかじめ読みたい方のため、楽天ブログの当月の1日に、1か月分をまとめて掲載させていただきます。左のカレンダーから1日をクリックしてください。
翌月分の職場の教養は入力が出来た分だけ、20日に取りまとめて掲載します。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年12月23日 08時28分32秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
12月22日(月)   舌で話すな心で話せ

 「無舌居士」とは、江戸落語中興の祖といわれ、明治三十三年、六十一歳でこの世を去った三遊亭円朝の戒名です。

 話芸に舌は欠かせないのに「無舌」とは、なかなか理解しにくいことです。これは、円朝の禅の師匠であり、幕末の江戸城無血開城の立役者として名を馳せた、山岡鉄舟の教えに由来するそうです。

 円朝は生前、鉄舟の「舌で話すな、心で話せ」という教えに従い、その人物の心になることを大切にしていました。上辺のテクニックに走り、スラスラ話す弟子には、「心なしで話すから少しも情が移らない」と叱ったそうです。

 とかく私たちは、自分の得意とすることに自惚れてしまうものです。それが、思いもよらない失敗を引き起こしたり、成長の機会を妨げたりします。

 仕事においては、表面に表われ周囲から脚光を浴びる部分だけでなく、その深い意義を理解しましょう。職場で働く仲間、さらにその先のお客様の「心」を意識した働きを日々目指したいものです。

 今日の心がけ◆相手の心を察しましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年12月22日 21時45分39秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
12月21日(日)   涙のラジオ体操

 Kさんの職場では毎日、朝礼を行なっています。日替わりの実習コーナーがあり、「挨拶と返事の練習」「社歌斉唱」「ラジオ体操」などをしています。

 Kさんは特に、ラジオ体操の日が楽しみです。その日は、感謝の心を培う日としています。なぜなら、数年前に脳出血を発症したKさんは、その後のリハビリで、体を動かせるまで回復できたからです。

 ラジオ体操では、腕を上げたり、肘を伸ばしたりするところがあります。以前は当たり前に行なっていた肘伸ばしや腕の上げ下ろしを、一つひとつ体で確かめるようにしながら動かしていきます。

 <こうして体が動くようになったのは、多くの人たちに支えてもらったからだ。特に、家族や職場の仲間のお陰だな>と思うと、体操をしながら胸にグッとこみ上げてくるものがあり、涙が溢れそうになるのです。

 健康な時は、体を自由に動かせるありがたさをなかなか実感できないものです。今日は一日、体の動きに意識を向けながら、感謝の心で働きましょう。

 今日の心がけ◆健康に感謝しましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年12月22日 23時12分01秒
コメント(0) | コメントを書く

2014年12月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
1月22日(木)   早寝のススメ

 何かに取り組んでみたものの、途中で挫折したことは誰にでもあるでしょう。挫折しやすい取り組みの一つに早起きがあります。

 Nさんも、その一人です。早起きの効用はわかってはいるものの、夜は遅くまで起き、朝はギリギリまで寝て、毎日慌てて出社していました。

 Nさんの家庭では、子供たちに夜九時に寝るよう躾をしています。ある日、なかなか寝ようとしない子供たちを叱ると、「私たちだけ寝させて、お父さんだけ起きているのはずるいよ」と言われたので、仕方なく一緒の時間に寝ました。

 翌朝、いつもよりかなり早く目が覚めたことに驚きました。朝の支度に余裕が生まれ、スッキリした気持ちで職場に向かうことができ、集中して仕事に打ち込むことができました。

 子供たちが自分の生活習慣を見直すきっかけを与えてくれたのです。そして、早く家に帰れた日は、なるべく子供たちと一緒に早く寝るようになりました。

 早起きを実践するには、まず早寝からです。

 今日の心がけ◆就寝時間を見直しましょう

職場の教養は一般社団法人倫理研究所が発行している月刊誌です。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年12月26日 12時14分46秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:カテゴリ未分類
1月21日(水)   タダでもいらない

 Eさんが営む店は、駅前商店街の一角にあります。

 かつては栄えていましたが、今では人通りが少なくなってしまった商店街です。Eさんは、<時代の流れだから仕方がない>とあきらめていました。

 ある日、一人のお客様が店頭に立ち、商品を眺めながらこう言いました。「この店の品物はタダでくれると言われてもいらないね」。

 ショックを受けたEさんは、「小売業はお客様の欲する物を仕入れ、安く提供することだ」という先代の教えを思い出したのです。時代の変化を理由に、商売の基本を忘れていたことに気がつきました。

 しかし、Eさんには、お客様が何を欲しているのかわかりません。翌日から、店に来るお客様に、どのような商品が欲しいか徹底的にリサーチしたのです。

 そして、お客様が求めているものを仕入れて、季節ごとに入れ替えながら陳列しました。やがて、少しずつお客様が増えていきました。

 「タダでもいらない」という痛烈な一言に、今では感謝しているEさんです。

 今日の心がけ◆苦言を受け止めましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所発行の月刊誌です。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年12月25日 19時39分29秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:カテゴリ未分類
1月20日(火)   寒いからこそ

 今日は、二十四節気の「大寒」です。一年で一番寒い時期です。

 <冬は寒いから苦手だ>という人は多いですが、世の中には、冬の寒さが必要なことがたくさんあります。

 この時期の水は「寒の水」と呼ばれます。特に、大寒の朝の水は、雑菌が少なく、長期保存に向いているとされています。「寒の水」で作られた味噌や醤油やお酒は、長い期間、腐らないといわれています。

 桜は、冬の寒さにさらされないと花が咲かない性質があります。休眠状態だった桜は、真冬になると厳しい寒さが目覚ましとなり、春を迎えて一気に生長して花を咲かせます。冬の寒さがあってこそ、美しい花を咲かせるのです。

  春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 冷しかりけり

 これは日本の四季の美しさを詠んだ、道元禅師の歌です。「雪が降る寒い冬さえ何とすがすがしいことか」と歌っています。

 不満に思うより、あるがままを感謝して受け入れる時、煩いがなくなるのです。

 今日の心がけ◆あるがままの自然に感謝しましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年12月25日 19時00分32秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:カテゴリ未分類
1月19日(月)   知ったかぶり

 ビジネスアドバイザーの古田裕倫氏は、「デキる上司の条件」の一つに、「知ったかぶりをしない」ことを挙げています。

 とかく人の上に立つと、物を知らないことを恥ずかしく思い、部下の前で体裁を繕いがちです。しかし、「知ったかぶり」のメッキはやがて剥がれ、思わぬ失態を招くことにもなりかねません。

 それよりも、知らないことは知らないという率直な態度こそさっぱりとして、逆に周囲の信頼度もアップするというわけです。

 論語に「下問を恥じず」とあるのは、まさにそのことを表わした諺でしょう。これは、「年齢や地位が下の人にも恥ずかしがらずに質問せよ」という意味です。わからない時は、体裁を気にせず、素直に聞くことが大切だと戒めています。

 「訊くは一時の恥」ともいいます。「わかりません。教えてください」と、謙虚に物を尋ねる人には、人は喜んで教えてくれます。

 そこからまた、良好な人間関係も生まれていくものです。

 今日の心がけ◆謙虚に質問しましょう

職場の教養は社団法人倫理研究所の月刊誌です。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014年12月25日 18時57分07秒
コメント(0) | コメントを書く

総合記事ランキング
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.