352981 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

わが栄光の創価同志

PR

カレンダー

モバイル

ケータイ
スマートフォン

ニューストピックス

お気に入りブログ

「そうだったんだあ… New! はあちゃん0408さん

権力にへつらうこと… New! karagura56さん

目指せ鳥取砂丘~~(… New! したひろさん

リゼロは最初から見… New! SGIのORZさん

日本の技術封じ作戦… New! 禿げ1723さん

理科畑順調 2016.07.… New! JAL森伊蔵さん

楽天プロフィール

設定されていません

2008.06.05
楽天プロフィール XML
カテゴリ:最近思うこと

今日も雨ですね。
先日、観に行った「落語」で桂文珍師匠の話が面白かったね。

内容は割愛しますが・・・。

(文珍師匠の話し方で読んでね大笑い
「『南無阿弥陀仏』『南無阿弥陀仏』と唱えると寂しくなりますなぁ~、どんどん気が滅入ってくる・・・・・うわぁ~」
<中略>
「『南無妙法蓮華経』『南無妙法蓮華経』『南無妙法蓮華経』・・・・・うわぁ~どんどん元気になるぅ~」

落語でこんな感じのは珍しいのでしょうか?
珍しいから文珍?大笑い
しかし、文珍師匠も『南無妙法蓮華経と唱えれば元気になる』って言うのが、分かっているのでしょうね。スマイル

ブログ村に参加しているある人の日記には「自分は南無妙法蓮華経と唱えてます。それがとってもすごいんだぁ~、ぜひあなたも南無妙法蓮華経って唱えてみてください」って。
学会員でも、他宗の人でもない、ただ趣味が高じて仏教を勉強して日蓮に出会ったのですね。そして、南無妙法蓮華経を知ったようなんです。そして自分で唱え始めたらしんです。

以下、引用してみました。


「久しぶりに、初心に戻って、できるだけ途切れずに南無妙法蓮華経十万回、ってのをやって、
心身の回復をさせながら環境の修復をしている最中。言うのは簡単だけど、やってみるとキッツイのよねこれw 何日かかるのやら・・・(遠い目)・・・何故、十万回かって?体感ですw 南無妙法蓮華経は、超短いお経だという認識で十万回くらい唱えてみるか・・・と。普通は数回で、別になにもならないな・・・で終わるのですが、観音信仰からの延長だと、とりあえず十万回、が違和感なくできてしまうんです。南無妙法蓮華経ほぼ連続十万回、やってみると、状況、環境、自分自身、etc.現実的に、劇的に変化して、物凄い霊験だなぁ、ってことになるわけで・・・現実じゃない面でも、一万回くらいで強烈なエネルギーに精神が満たされて、摩訶不思議な、わけのわかんないパワーが全身に漲ってくるわけで・・・一万回なら午前中で、ゆっくりでも一日でできるわけで・・・」

どうですか?学会員の皆さん!大笑い
10万回ということは、学会で言うところの「10万遍の唱題」と言うことです。
(1万遍唱えるのに約3時間必要です)

彼がすごいのは、御本尊が無い状態で10万遍もやるところです。入会して御本尊を頂けばいいのにね・・・。
そしてここがポイントだ『現実的に、劇的に変化して、・・・』。
先日書いた牧口先生の「言語に絶する歓喜を以てほとんど60年の生活法を一新する』の言葉と似ていませんか?
御本尊様が無くても学会の信心をしてなくてもこれだけの変化がある。
彼が学会に入会して御本尊様を頂いてこの信心に励めばどれだけの福運・功徳が得られようか?

この南無妙法蓮華経には、ものすごい力がある。
海外のメンバー(SGI)も「Nam-myoh-ho-rengekyoh-」と同じお題目をあげ宿命転換・人間革命しています。

日蓮大聖人は報恩抄 328頁でこう述べています。

「日本・乃至漢土・月氏・一閻浮提に人ごとに有智無智をきらはず一同に他事をすてて南無妙法蓮華経と唱うべし、此の事いまだ・ひろまらず一閻浮提の内に仏滅後・二千二百二十五年が間一人も唱えず日蓮一人・南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経等と声もをしまず」

<通解=やく>
「日本および中国、インド、さらに全世界において、誰彼となく仏法を理解しているいないに関わり無く、みんな一緒に、他のことを差し置いて南無妙法蓮華経と唱えるべきです。この仏法は、いまだ弘まっていませんが、全世界の中で、釈尊がなくなってから二千二百二十五年の間、一人も唱えなかった題目です。ただ日蓮一人が、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経と、声を惜しまずに唱えた仏法なのです」

日蓮大聖人のすごい確信です。仏法を理解している、理解していないに関わらず唱えていきなさい、とのことです。
あなたもお題目唱えてみませんか?
きっと彼や牧口先生のように「言語に絶する歓喜」を味わうことが出来ると確信しますし、桂文珍師匠が「元気になるぅ~」と言ったように、元気になります!心の底から漲るパワーが湧きあがります!

*どこに向かって唱えるか?これも大切。仏像や仏壇ではなく、何もない壁や東側の窓に向かってやりましょう!正座でなくとも椅子に座ってもかまいません。
*また公衆の面前や公園等の屋外でやるのも止めましょう。自分の部屋やホテルの一室が望ましいです。


ブログ村参加中 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ ポチっとお願いします。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2008.06.05 12:49:49
コメント(4) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.