4886985 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

パソコン改造記の憂鬱

PR

Free Space

Favorite Blog

XPERIA Z3 koji_3315さん

「痛いところを突く… mizzyyさん

【本日リリース】エ… 楽天ブログスタッフさん

Let's link!

Comments

Archives

Freepage List

FUJIFILM FinePix F410でテストショット


秋葉原へ行った記録 ~2006年夏まで


2002年版


2003年版


2004年版


2005年版


2006年版


我が家のネットワークマップ


家庭内LANを支える機器群


簡単無線LAN構築法


我が家の所有パソコン群


SONY VAIO F VPCF24AJ


SONY VAIO C VPCCB2AJ


FMV-DESKPOWER ME/355(偽)


NEC LaVie C LC958/SG01


NEC LaVie S LS150/LS6W


SONY VAIO E VPCEB4AFJ


NEC LaVie S LS150/F2P2W


SONY VAIO T SVT1111AJ


NEC VALUESTAR L VL500/LG


FUJITSU LIFEBOOK AH77/K


ビデオデッキ修理備忘録


我が家のレコーダーの紹介


ビデオデッキ修理術


我が家の各部屋テレビ環境


自室のAV機材の紹介


東芝レコーダー博物館


ノートパソコンのCPUを交換するにあたって


MMC-1編(1)


MMC-1編(2)


Micro-PGA2編(1)


Micro-PGA2編(2)


Micro-PGA2編(3)


Micro-PGA2編(4)


MicroFCPGA編(1)


MicroFCPGA編(2)


SocketS1編


SocketM編(1)


SocketM編(2)


SocketS1g2編(1)


SocketG1編


SocketG2編


パソコン使用記~数々のメーカーPC~


NECノートPC写真集


富士通ノートPC写真集


日立PC写真集


ThinkPad写真集


旧更新履歴(2006/12/23)


旧キリ番報告所


その他のReview


mova P504iS


NTT西日本 でんえもん711LC


WindowsXP ServicePack2 RC1


mova P506iC


FOMA SH901iC


FOMA SH901iC 本体ソフトウェア更新


FOMAでインターネットに接続してみる


NTT西日本 でんえもん715LC


PRO/Wireless 2915ABGのW52対応化


Windows Vista Ultimate Edition Beta 2


Windows Vista Ultimate Edition pre-RC1


番外編~管理人の携帯電話遍歴を辿る~


FOMA SH902iS


番外編~FOMA SH901iC/902iSで動画再生~


松下ラムダッシュES8259


XOOPS


修理してみますた(゚∀゚)


IBM ThinkPad A20mのバックライト交換


番外編~Seagate HDDをRMAに出してみた~


写真編~Seagate HDDをRMAに出してみた~


我が家のプリンタ


ホーム部分バックうp


サイドバックうp


Wishlist

 

November 16, 2006
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
明日は毎週所用で行っている仙台に1日早く行ってきます。軽く書いてますが、
距離的に1日掛かりなので結構疲れるんですよねぇ・・・。とりあえずVersaProは
いつも通り持ち込んでネタ執筆に励む予定ですが、そろそろバッテリ消耗度が
50%になりそうです@MobileMeter。メインバッテリは新品で、座布団バッテリは
オクでバルク・・・今は出てるんでしょうか?(ぉ

そんな今日のネタはひょんな事から我が家にやってきた、初Mobile Pentium4-M
マシンのお話。

・【おもちゃ扱い】DELL Inspiron 4150到着【結構速い?】


先週より微妙に情報を小出しにしていた、DELL Inspiron 4150が本日到着。
これでInspiron 2500からリプレースできそうです。今回のInspironも例に漏れず
ジャンク品で、メモリの接触が悪い他は外見云々で気にならない部分でした。
これで10k円台なので結構安いです。メモリについてはどうもスロットが緩いので、
蓋とメモリの間にティッシュを適当な厚さにして挟んでみたところおk。標準で
刺さっていた128MB品がどうも基板の層が薄い片面実装のためか、余計に緩かった
です。128MBでは動きがあまりにとろいので、VersaPro VY10Fより512MBを拝借、
問題なく動作しました。HDDマウンタがなかったりしますが、Latitude C600/C610用
が使用できるのでごろごろ売ってます。一応Inspiron 2500のコネクタも流用でき
ましたので今回の検証で使用しています。CDドライブはモジュラーベイ用のフレーム
が必要なので、モジュラーベイ用のCDドライブ込みで入手して手持ちのDVDマルチへ
交換する予定。今回は搭載しないで検証しました。あとは特に問題になるような点も
無く、普通に動作しました。ディスプレイドライバは通例通りOmega Driverを使用。
しかし、最新版では古いディスプレイアダプタのドライバが含まれていない
ようで、うっかり最新版を入れたところ標準的な表示は可能でしたがDirect3Dが
全く動かず、診断ツールでも3Dアクセラレータが無しになってしまいました。腐っても
Mobility RADEON 7500のはずで、コレに対応した最終ドライバを当てたところ直り
ました。サウンドドライバやAccess DirectボタンなどのドライバはDELLでダウン
ロードしてセットアップしました。入手時のBIOSがA04で、DELLのダウンロードには
最新のA06が出ていたのでもちろんアップデート。FDDレスでアップデートできました。
無線LANなど一通り設定してこんな感じに(゚д゚)ウマー

一段落付いたところでInspiron 2500との比較。2台を並べてみると、

どちらも同じ画面サイズですが2500の方が大柄です。これは2500と同じ筐体の
8000などに15インチUXGA液晶搭載モデルが用意されているためです。なので
下位機種はそのとばっちりを受けている感じ。一方、4150は14.1型液晶のみで
解像度が違うだけなので筐体もスッキリしているのでしょう。また、同じく
8000ではファクトリーベイに固定式の光学ドライブが搭載でき、モジュラー
ベイにCD/DVD/HDドライブが搭載できるのも大型化の要因かと。4150はベイが
2つしかないので、バッテリを搭載するとFDDか光学ドライブのどちらか1つしか
搭載できません。まぁFDDは最近使わないので光学ドライブだけでも大丈夫だと
は思いますけどね。厚みについても、下の写真の通り

やはり2500が数mm厚くなっています。ここまで来れば分かるとおり、上から
見た状態でもどちらが大きいか一目瞭然。

4150はMobile Pentium4-M搭載モデルなのによく小さくまとめられたな、と思ってみたり。
2500ではヒンジ付近にあった各種インジケータは、4150ではパームレスト右側に
来ています。右側に各種ポートも並んでいるのでそこそこ便利。

2500には無かったIrDAとS-Video出力が出来ました。LANはオンボードの3comチップ、
モデムはドーターボードで乗っているのでMiniPCIスロットは無線LANボードで
占拠できます。Latitude C600あたりだとモデム/LANと排他になるので(´・ω・`)ショボーン
でしたが、これなら思う存分好きな無線LANボードを(ry

ちなみに、S-Video出力はRCA出力に変換できるような形状のコネクタでしたが、
手持ちのRADEONに付いていたS-Video→RCA出力変換コネクタではテレビが認識されず。
出力がおかしいのか?とS映像ケーブルで接続すると普通に認識して映ってますし。

たま~に入用になるので、S-Video出力はあった方が便利です。

さて、外側の解説はこれくらいで次は内側。液晶パネルは良くも悪くもDELL!という
感じの発色です。十中八九SAMSUNGのLTN141X*だと思われます。

これは2500とさほど変わりませんが、VGAが815EMとM.Radeon7500の違いからか
若干暖色系の発色になっています。ATIは肌色の発色が綺麗とよく言われますが、
少なからず4150でもそのような傾向のようです。キーボードは2500よりもちょっと
重めのタッチで、形状も若干異なります。スペースキーがでかすぎてATOKで変換キー
にて日本語入力の切替をする際に間違いまくります。これは双方同様。トラック
ポインタのボタン回りがラバーになっており、肌触りは良好です。しかしなぜか
トラックポインタのボタンは動くものの、スティックが反応しないのですが(汗
まぁパッドかマウスしか使わないと思うので敢えて無視しておくことにします。
電源ボタン回りのメディア再生キーは4150では無く、Access Directへワンタッチで
アクセスできるボタンのみです。やはり見た目はスッキリ。

最後に性能的な面ですが、腐ってもMobile Pentium4-M 1.6GHz搭載。SpeedStepを搭載
していますが、下のクロックが1.2GHzじゃバッテリもt(ry
しかし1.6GHz駆動時はそこそこ速く、Northwoodコアを採用していることも影響して
いると思われます。もちろんメモリ128MBじゃ絶対に体感できませんが。

3DMark2000や2001SEのデモも普通に走ります。4150採用のM.Radeon7500は普通のもの
に比べて若干遅いようですが、それでも815EMなど統合チップセットや一世代前の
Mobility-Mに比べればずいぶん速くなりました。もちろんMobilityなので、POWERPLAY
にてバッテリ駆動時とAC駆動時の動的GPU/メモリクロック変更が可能です。
同じM.Radeon7500搭載のVersaPro VY10F/BH-LでFFXIベンチが走るのと同様に、4150
でもFFXIベンチが走ります。10k円台マシンも結構高性能です。

スコアについてはやはり数世代前の構成なのであまり奮いませんけどね。

HDBench V3.40beta6によるベンチマークを行ってみました。

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name Inspiron 4150
Processor Pentium4 1594.82MHz[GenuineIntel family F model 2 step 4]
Cache L1_D:[8K] L1_I:[12K] L2:[512K]
Name String Intel(R) Pentium(R) 4 Mobile CPU 1.60GHz
VideoCard ATI MOBILITY RADEON 7500 (Omega 3.8.252)
Resolution 1024x768 (32Bit color)
Memory 523,704 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 2
Date 2006/11/16 18:38

Intel(R) 82801CAM Ultra ATA Storage Controller-248A
プライマリ IDE チャネル
ST94811A

Intel(R) 82801CAM Ultra ATA Storage Controller-248A
セカンダリ IDE チャネル
MATSHITA BD-MLT UJ-210

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
25917 38985 59927 86467 38548 77493 29

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write RRead RWrite Drive
24346 4772 2414 110 30073 20737 12717 14180 C:\100MB

HDDがSeagate製のためか結構いいスコアになっています。と言っても、すでに40GBは
交換したくてたまらないような容量なので早々と変えるかもしれませんが。という
よりST94811A、改めて思うと動作音が五月蠅いです。

そんなこんなで発売当時はDynaBook G5あたりと並んで高性能なマシンで実売
云十万だったと思われるInspiron 4150を10k円台の破格で入手して適当に
ネタにしてみましたが、XPで使う分には申し分ない性能でした。あとはMiniPCI
スロットをいち早く埋めてDVDマルチドライブを搭載し、HDDマウンタをちゃんとした
ものにするべきですね。メモリが足りないのもどうにかしないと。

・夜明け前より瑠璃色な 第7話「お姫様の許嫁」

昨晩発表された津波警報・注意報の影響が及ばないか心配でしたが、無事全録画機器
で録画できていました。さて、内容ですが・・・また作画がっ(ぉ
気になる方は自分の目でお確かめください(爆





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  November 16, 2006 08:26:28 PM
コメント(2) | コメントを書く




■コメント


Re:DELLのGHz超ノートPCを弄り倒しつつ、夜明けな第7話(11/16)   rea さん
この時期のPen4ノートはメモリースロットの不良が
多いようですね。
私のT30も片側が死んでいますし、友人のLavieでも
故障して一度修理に出していたり…
ちなみにT30@57JはWin2kを入れてあるせいかT42p@Q1J
より場合によっては体感速度が速いような気もします。

夜明けの作画は本当に酷いですね。私も見ていてコーヒーを
噴きそうになりました。 (November 16, 2006 09:42:44 PM)

Re[1]:DELLのGHz超ノートPCを弄り倒しつつ、夜明けな第7話(11/16)   i-ji- さん
reaさん、こんばんは。
管理人です。

考えてみればメモリースロットの不良はこのあたりのモデル
に多発していますね。NECのLaVie LのチップセットがRADEON IGPで
Mobile Celeron/Mobile Pentium4-Mのモデルで話を良く聞きますが、
それ以前にVAIOノートFXの815EMチップセットモデルの
スロット不良はかなり酷かったかと。ただ、FXの不良は
スロットとメインボードとの半田不良が原因のようですが
Pentium4世代のノートの不良はスロット自体が緩いことによる
接触不良っぽかったです。層の多い基板を使用した厚めの
メモリだと少しはましかもしれません。

そして夜明けなの作画、数話から前回までは安定してそこそこ
良い感じの仕上がりたっだのですが今回でがた落ちですね。
何とも違和感を覚えたのはフィーナが剣道で防具の面を
着けたときの顔と体の比率で、どうも頭でっかちに見えて
未だに忘れられません。それに比べると同じBS-iでもKanonの
120%ハイクオリティは20%分くらい分けてあげてくれ、という
くらい安定した職人技と言った感じですし、その前の時間枠で
放送の「あさっての方向。」もあれほど酷く作画が崩れることは
皆無なのでかなり際だっている感じです。今回が致し方ない
としても、とりあえず次回から最終話までは何とかクオリティを
維持して頂きたいところです。

では。 (November 16, 2006 11:14:46 PM)

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.