000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

GINZA BE☆SEE

上谷光彦

【上谷光彦 / 自己紹介】

text= MITSUHIKO KAMIYA
------------------------

生まれは、1956年東京です。
両親は共に教師をしていました。
父が言うには、教師の子供には2つのタイプがる。
1つは、まじめで勤勉なタイプ。(親を受け継ぐ)
もう一つは、
学校での教師像と、自宅での親として(人間として)の像のギャップから、教職 を否定するタイプ。
この2つの分類からすると、私は後者のタイプです。

両親とも7人兄弟、大家族でした。
特に母方は、7人のうち・・・続人が教師・2人は実業家でした。
父方は、会社員とオーケストラの一員。
そして、私の父方の祖父は三重の田舎から裸一貫東京に出てきて、電気技術者として事業を行なっていました。

こんな家系から生まれた、私は母が教師をしていた学習院で小学校から大学卒業まで学びました。(ヘイズ会員の岡本さんとは、同級生になります。)

高校時代から、大学の電算センターの教授からコンピュータを学び、大学で経営学を専攻しながら電子計算機の学習もしていました。

大学卒業後は、当時の就職難の中15社受けて7社合格という結果の中、学生部長が推薦する、地銀と工学機械専門商社を断って、単にウザイ先輩や上司が居なくて早く、上に言えるかもしれないと言う今にして思えば馬鹿馬鹿しい理由から、 開業2年目の八重洲ブックセンターに入社しました。
結構自由にサラリーマン生活をエンジョイしていました。
面白かったのは、日刊スポーツの確か月曜版だったと思いますが、毎週書評を書いていたこと。新刊担当の仕入れだったので任されていました。

だいぶ、長くなってしまいました。
途中省略で、現在は株式会社ブレインコミュニケーション代表取締役で、会社の主な事業はSEの派遣とソフトの請負開発ならびに、中小企業のネットワーク保守業務を行なっています。

文・上谷光彦(かみや・みつひこ)

■LINK
株式会社ブレインコミュニケーション
・上谷さんの会社のホームページ。

ブレイン・シェアのブレスト報告
・現在Heiz銀座で進行中のブレスト「ブレイン・シェア新価値ブレスト」の模様です。

■ようこそ!Heiz銀座へ!上谷さんの「視点」って凄く面白いんです。その
視点を利用したシナリオ・ライター的なことをHeizでやってほしいと
個人的には思っております♪(編集部Z)

目次に戻る

■バックナンバー
創刊号(2/15発行)

Heiz銀座広報誌【新価値通信BE☆SEE 第1号】


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.