301108 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

意外な戦史を語る~カモメとウツボのメクルメク戦史対談

PR

カテゴリ

楽天プロフィール


midway25さん

古いもの探しの旅に出かけて

フォローする

コメント新着

kimiki0593@ 相互リンク 初めまして、人気サイトランキングです。 …
kimiki0593@ 相互リンク 初めまして、人気サイトランキングです。 …
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
KenKIRYOKU@ 人間どこまでがんばれるか?についての考察 前回書いたものに、もし誤解が発生、惹起…

ニューストピックス

モバイル

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

 

2009年02月27日
楽天プロフィール XML
(カモメ)陸大を卒業すると、天保銭組は過去の順位にかかわらず、一斉に同期生の右翼に列し、進級期に達したら、無天組を取り残して、全部一斉に進級していくわけですね。

(ウツボ)だから陸士同期の天保銭組の筆頭がすでに少将にすすんでいるのに、無天組は中佐だったりする。しかも三期後輩の天保銭組は大佐だったりする。

(カモメ)「戦中派不戦日記」(講談社文庫)によると、昭和20年5月12日のニュース映画「比島戦線」の中に登場した山下奉文将軍(陸士18・陸大28恩賜)がその巨躯を悠々と歩ませる姿を見て、みな熱狂、拍手した。教官の山辺大佐は「あいつが大将になるとは思わんかった」と呟いたそうです。

(ウツボ)山辺大佐は山下大将と陸士18期の同期生だった。一方は第十四方面軍司令官、一方は東京医大の配属将校。一方は天保銭の軍刀組(6番)、一方は無天だった。

(カモメ)ところが、反対の場合もあったようです。「陸軍省人事局長の回想」(芙蓉書房)によると、著者の額田担中将(陸士29・陸大40)が歩兵学校教導隊付の中尉だったとき、同僚の優秀な無天の大尉が「アレ(同期で天保銭の余り優れていないもの)に先に少佐になられるようではモウ、末だ」と漏らしていたそうです。

(ウツボ)なるほどね。

(カモメ)ところが、その後、その大尉はゆっくり進んで、遂に中将まで進級したそうです。それで、先に少佐に進級した天保銭は少将で予備役になったそうです。

(ウツボ)進級が早すぎて定年を早く迎えたのだろうね。

(カモメ)「日本陸軍秘史」(番町書房)によると、堀毛一磨元陸軍少将が、陸大に入学したのは大正12年ですが、それまでは長州閥が全盛時代でした。

(ウツボ)それで長州閥打破のために、山口県出身者を陸大に入学させないという方針が採られた。

(カモメ)ええ、堀毛中尉が陸大に入学したとき、同期には山口県出身者は一人もいなかったのです。一期上は一人だけいました。

(ウツボ)その人は幼年学校、士官学校と恩賜だった。陸大を卒業する際にも恩賜の軍刀を拝領した。だが、その後は不遇だったそうだ。

(カモメ)堀毛中尉が陸大入試の再審で、口頭試問のとき、試験官の教官が揃って堀毛中尉に、バカに風当たりが強かった。非常に悪意が感じられたのです。

(ウツボ)堀毛中尉は山口県出身ではないよね。

(カモメ)ええ岡山県です。すると、その試験官の中に、堀毛中尉の知り合いの教官がいて、「中尉、君は名札に都道府県をなぜ書かないのか」と聞いたそうです。

(ウツボ)堀毛中尉は、うっかり名札に出身県の岡山と書き忘れていたのだね。

(カモメ)そうなんです。それで、名札に改めて「岡山」と書くと、試験官達が「なんだ、きさま岡山か」と言った。

(ウツボ)名札に出身県を書かないのは、山口県出身を隠すためだと思われたのだ。

(カモメ)その後、再審は、すごく好意的な雰囲気に変わり、「うんうん、よしよし」という調子で進んだということです。

(ウツボ)「人物陸大物語」(光人社)によると、東條英機少佐(陸士17・陸大27)が、一夕会の会合に出席したところ、土橋勇逸大尉(陸士24・陸大32・佐賀県)が「長州出身者をいじめるのは時代錯誤、中学出身者を差別するのは不合理」と意見を述べた。

(カモメ)すると、東條が大変な剣幕で、「恨み骨髄に徹する長州人など、まっぴらごめんだ」といきり立ったということです。

(ウツボ)東條英機の父、東條英教は陸大の1期生で、首席で卒業。その後戦術の権威になったが、盛岡藩出身のため長州出身の山県有朋ににらまれ、不遇な軍人生活を強いられた。東条英機には長州伐が身にしみていた。

(カモメ)そうですね。それで、先ほどの一夕会の話の続きですが、東條が大変な剣幕だったので、永田鉄山少佐(陸士16首席・陸大23次席)が東條をマアマアとなだめて、土橋大尉に「君の意見はもっともだが、今は過渡期のこと、しばらく時日をかせ。中学出身者を好まないのは、彼らには、堅い操守がなく豹変するから危険である」と永田らしくないことを言ったそうです。

(カモメ)ちなみに、陸軍士官学校の卒業期に10を足したものが陸軍大学校の卒業期になるのが普通といわれています。たとえば東條は、17期と27期だからちょうど10年の差で普通です。土橋は24期と32期だから8年の差です。

(ウツボ)永田は16期と23期だから7年の差で、かなり若くして、24歳の中尉の2年目で陸大に入学したことになる。東条英機が入学したのは28歳で中尉の5年目だからね。







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2009年02月27日 07時32分26秒
コメント(0) | コメントを書く




■コメント


カレンダー

カウントダウン

バックナンバー

お気に入りブログ

2014、カンボジア旅行 王道名なしさん

田舎者たちの真実 どら猫会長さん
コーギー・ガーデン ゆうちん1921さん
お気に入りレストラン ふくちゃん9928さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.