3011680 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

気楽に行こう。

失恋した時に。

失恋。


ピンク羽根ハート


人を好きになって。
色んな想いを抱いて過ごす日々。
楽しかった事、寂しかった日、やきもちを妬いたり、不安になったり、幸せになったり。
たくさんの思い出と一緒に、涙を心の箱に閉じ込めて、さよならをする時。
心のベクトルが行き場を失って、立ち止まってしまう。
そんな恋の終わり、狭間に居る時に聴きたくなる曲を書いてみます。
書いてる私も泣いてたりします。
泣きながら、でも、思う。
確かに貴方が好きだったと。

苦しいね。寂しいね。悲しいね。
でも、それでもまた、人間は恋をする。
その日まで。
大事にこの想いを昇華していきましょう。




・ポルノグラフィティ「サウダージ」 歌詞 
行き場を失った恋心に手を振るロストラブソング。
一番最初に口ずさんでしまった曲でした。

『私は私と はぐれる訳にはいかないから
 いつかまた逢いましょう その日までサヨナラ恋心よ』

『涙が悲しみを溶かして 溢れるものだとしたら その滴も もう一度飲みほしてしまいたい
 凛とした痛み胸に 留まり続ける限り あなたを忘れずにいられるでしょう』

美しいメロディに乗せて、淡々と歌い上げています。
情熱的な想いを、青く深い海に沈めるような気分。

『あなたのそばでは 永遠を確かに感じたから 夜空を焦がして 私は生きたわ恋心と』

まだ好きで、それを止めなければならなくなる辛さ。
”好きだった””愛してた”この恋を否定せずに居たい。
そんな女心を歌ってくれている曲です。



・SEAMO「マタアイマショウ」 歌詞 
切ない想いをサラリと歌った失恋ソング。

『この僕を優しく包んでくれたでも 明日からはもう逢えないよ』

『わかってるきっと逢う事ないって・・・
 だから言いますマタアイマショウ 僕なりのサヨナラの言葉よ』

ラップ調なのに、とても耳に残る。
特にサビの部分のメロディが綺麗。

『マタアイマショウ 僕なりのサヨナラの言葉よ』

不思議と何度も聴きたくなる曲です。
泣きながら、繰り返し聴いてしまいます。



・Mr.Children「花言葉」 歌詞
やわらかで、メロディアスな曲にのせて、切ない心を歌っています。

『僕の全て 君に知って欲しかったのに コスモスの咲く季節に君は去った』

『君の全て 僕に見せて欲しかったのに コスモスの花言葉は咲かなかった』

コスモスの花言葉…咲かなかったのは、愛情?

『君がくれた 僕に足りなかったものを
 集めて並べて 忘れぬよう願う』

忘れたくない。忘れないように願う。
あなたがくれたもの全部、胸にしまっておきたいから。
私に足りなかったもの、たくさんくれてありがとう…。



・ポルノグラフィティ「Winding Road」  歌詞 
失恋して、まだでも好きで。
沈みそうな、そんな時、ポツリと浮かんだのが、この曲。

『まだ君が好きだから 素直に受け止められずに
 この雨に流されて すべてが嘘だともう一度微笑んで』

全てが嘘ならいいのに…。
失恋したこと、それを認めるのが怖くて、目をそらしたかった。
この曲を聴いて、思わず泣いてしまいました。

『ずっとこれからも 忘れはしないだろう
 君が恋しても 僕が恋しても
 確かに感じた永遠を』

もう届かない。
でも、遠く離れてしまっても、きっと忘れはしない。
確かにあの時、信じた。感じた。
そのあたたかさを、想いを、忘れはしない。
伝えたいのは、そう、ありがとうという思いだけ。
この旅路は、まだまだ続く。
途方に暮れてしまいそうだけど、でも、忘れない。

『長く永い旅路に 僕は君に恋した』

『ただ君が好きだった 気持ちに嘘はないのに
 どこかで掛け違えた ボタンを外せないままになった』

『この指かじかむ前に やっと今外せて良かった』

貴方が好きだった。
ただ、好きだった。
この気持ちに嘘はない。
でもどこかで、貴方と過ごしていたどこかで、ボタンを掛け違えたのだ。
終わったのだ。
ようやく自分に、心にその事実が届いた気がした。



・槇原敬之「もう恋なんてしない」 歌詞 
失恋ソングと言えばコレ、というぐらい有名な曲ですね。
歌詞全部が、失恋した後の描写になってます。
歌詞を丸ごと見た方がいいですね。そうすればこの意味も分かります。
その中でもマッキーらしさが出てるのがサビ。

『一緒にいるときはきゅうくつに思えるけど
 やっと自由を手に入れた ぼくはもっと淋しくなった』

『本当に 本当に 君が大好きだったから
 もう恋なんてしないなんて 言わないよ絶対』

とにかく、失恋した時に聴くと、「あぁ、私だけじゃないんだ」って思いました。
そんな、何故かあたたかい曲。



・Mr.Children「PADDLE」 歌詞 
失恋したなって思った時、何故か無性に聴きたくなった曲。
我慢しながら居た私を、解放してくれるような気がした。
アルバム「シフクノオト」をかけて聴いてたら、ボロボロボロボロ泣くわ×2。

『誰に感謝していいのかは分からないけれど
 僕は今日も生きてる まだ もう少し君を愛していれる』

生きてる。まだ生きてる。
好きでいる。まだ好きでいる。
いくら感謝しても足りないぐらい、色んなものを貰った私。
今生きているのは、君のおかげ。まだ愛してる。

『良い事があってこその笑顔じゃなくて
 笑顔でいりゃ 良い事があると思えたら
 それが良い事の 序章です』

まだ笑ってても、泣きそうになるよ。
ここを聴いてたら、涙が堰を切ったように溢れ出してきて止まらない。

『怯んでる自分蹴飛ばして
 もしかしたら明日も何も起こんないかも
 でも 永遠のパドリング』

明日も何も起こんないかもしれないけど、でも頑張ってみよう。
泣きながら笑おうとして、また泣いて。
思う存分ボロ泣きさせてくれた曲です。



・プリンセス・プリンセス「M」 歌詞 
古い曲です。
でも、やっぱりこの曲は外せませんでした。
私が初めて失恋した時に聴いて痺れたせいかしら?
この曲も、歌詞全部を見て欲しいですね。

『いつも一緒にいたかった となりで笑ってたかった
 季節はまた変わるのに 心だけ立ち止まったまま』

『あなたのいない右側に 少しは慣れたつもりでいたのに
 どうしてこんなに涙が出るの
 もう叶わない想いなら あなたを忘れる勇気だけ欲しいよ』

全体に散りばめられた、恋の欠片。
綺麗なメロディラインに乗せて、謳い上げられています。
「カラオケでコレ歌うと、失恋するんだってー」なんて言われて、それ以来カラオケで歌わなくなりました(苦笑)。
この曲が弾きたくて、一生懸命ピアノの練習をしたのを思い出します。
なんだか懐かしく感じる曲です。
聴いたら今にも泣いちゃいそうだわ。



・JUDY AND MARY「そばかす」 歌詞 
JAMらしく、とってもキュートな曲調。
明るいメロディに乗せて歌う歌詞は、マーマレードみたいに、ちょっとほろ苦い感じ。

『ヘヴィー級の恋はみごとに 角砂糖と一緒に溶けた
 前よりももっと やせた胸にちょっと “チクッ”っとささるトゲがイタイ』

『そばかすの数をかぞえてみる 汚れたぬいぐるみ抱いて
 胸をさす トゲは 消えないけど
 カエルちゃんも ウサギちゃんも 笑ってくれるの』

泣きながら笑ってしまいそうな、そんな夜。
胸の痛みは残るけど、それでも悲しいだけじゃない。
失恋しちゃった女の子の気持ちを、上手く絡めて砂糖菓子にしたような曲。



・B'z「もう一度キスしたかった」 歌詞 
稲葉さんの切ない歌声で謳い上げています。
ピアノのイントロが、胸に痛い。

『二人違う場所でしか 叶わぬ夢を持ってるから
 わずかな時間しか 残ってないと知っていた
 燃え上がる想いははかなくて 逢えない日々がまた始まる
 安らぎと偽りの言葉を 何一つ言えないままに』

『約束は交わされることなく 揺れている恋は泡のよう
 ふりかえるあなたを抱き寄せて もう一度キスしたかった』

なんとも微妙な距離を感じる。
約束が無くても、待ってしまう私。
この曲は、”失恋”とはちょっと違うのかもしれない…。

『穏やかな笑顔作りながら 出会いを悔やむことはないと
 言い聞かせグラスを開けた時 これが最後だと頷いた』

でもやっぱり、このフレーズは失恋なのかなぁ。
B'zの曲の中でも、とても好きな曲です。名曲。



・Mr.Children「Over」 歌詞 
ちょっとおどけたようなフレーズを挟みながら、淡々と歌っている曲。
等身大の想いを綴っていて、聴いてるうちに肩の力が抜けていく感じ…。

『今となれば 顔のわりに小さな胸や 少し鼻にかかるその声も
 数え上げりゃ きりがないんだよ 愛してたのに
 心変わりを責めても空しくて』

『君を形成(つく)る全ての要素を 愛してたのに 心変わりを責めても君は戻らない』

『いつか街で偶然出会っても 今以上に綺麗になってないで
 たぶん僕は忘れてしまうだろう その温もりを
 愛しき人よ さよなら』

好きだったよなぁ、って振り返ってしまう。
それでももう、時間も心も戻りはしないから。

『何も語らない君の瞳も いつか思い出となる
 言葉にならない悲しみのトンネルを さぁくぐり抜けよう』

過去形になった恋に手を振って、現在の自分を頑張ろう。



・GLAY「Missing You」 歌詞 
失恋した時、すぐには泣けなかった私。
でも、車を運転してる時、この曲聴いたら、ボロ泣きしてしまいました。

『国道走る車 黙り込んで 別れを知りながら どうして二人惹かれたのだろう?』

『あなたを失くした初めての雪は つらつらと慕情に落ちる』

闇の中で、白い雪が映えるように、とても鮮やかな印象。
風で叩きつける雪のような曲。



・T.M.Revolution「last resort」 歌詞 
アルバム「Progress」収録曲。
切なく静かなバラード。
珍しく、フラれる方ではなく、ふる方の立場を歌った歌。
これがなかなか胸にきます。

『「もう逢えない」と告げるボクに 「…そっか」とぎこちない仕草で微笑む
 夕暮れの公園 恋人たち避けて 二人はサヨナラに歩いてゆく』

『愛してく事を惜しがって 君のぬくもりに甘えてた
 これ以上 側に居れない 細い指先 離すよ』

ぽつりと呟くような歌詞がまた、やるせない。

『ずっと思ってた 「好きになれればいいのに」と
 なのに純粋に 消し去れないもの一つ』

『振り切る想い 切なくなる 今なら間に合う気がしてる
 それだけじゃ だけどいけない 一人の君に還すよ』

”この人が好きになれたら幸せになれるだろうに、何故違う人を好きなんだろう?”
そう思ったことのある人に聴いて欲しい一曲です。
結構そういう人っていると思うんだけどなぁ・・・。
雨の日や風のある日、夕闇に染まる街を眺めている時に聴きたくなる曲です。



・GO!GO!7188「浮舟」 歌詞 
かなり個性的な、パンチのある曲です。
ギターがまるで琵琶のよう。
四季を織り込み、静かな和風のようで居て、ものすごく情の激しさを持った曲。

『愛しい人よ離れ顔なんて 3日もすりゃすぐに忘れてしまった
 ただ染みついて消えないのは煙草の匂い』

とにかくサビが耳に残る。

『君を待つ日々は足りない 切ない 鳴り止まない 不協和音が響き合って
 それがあたしの枯れない 溶けない 鳴り止まない  孤独の唄』

切り裂いたような、失恋の歌。
涙が出るというよりも、胸の中で血を流しているような曲です。



・Mr.Children「渇いたkiss」 歌詞 
アルバム「IT'S A WONDERFUL WORLD」収録。
少しけだるいメロディに乗せた、失恋ソング。

『君が最後の答えを口にしてしまう前に 渇いたキスで塞いでしまう
 それでなんとか今をしのげればいいのに』

ぬるま湯のような倦怠感。
それなのに手放したくないという気持ち。
とろりとした感触が感じられるような歌詞。

『ある日君が眠りに就く時 僕の言葉を思い出せばいい
 そして自分を責めて 途方に暮れて 切ない夢を見ればいい』

『総ての想いを絶ち切ろうとする度 まとわりつくような胸の痛み』

『ある日君が眠りに就く時 誰かの腕に抱かれてる時
 生乾きだった胸の瘡蓋がはがれ 桃色のケロイドに変わればいい
 時々疼きながら 平気な顔をしながら』

この『ケロイド』のように、心のどこかに残っている記憶。
思わず唸ってしまった曲でした。



・aiko「アンドロメダ」 歌詞 
aikoの曲は大抵、”好き”って言葉なんかが入ってる曲が多い。
この曲は失恋を歌った曲なのか、そうじゃないのか、ハッキリとは分からない。
でも、なんだか胸が痛むから、ここに挙げてみました。

『交差点に君が立っていても もう今は見つけられないかもしれない
 君の優しい流れる茶色い髪にも 気付かないほど涙にかすんで 見えなくなる全て』

『君の横顔越しにあるもの もう今は見つけられないかもしれない
 あたしの髪がゆれる距離の息遣いや きつく握り返してくれた手は更に消えなくなるのにね』

言葉や顔とかじゃなく、思い出すのは、何気ない瞬間。
残るのは、感触や感覚。
好きな人のクセや、ぬくもり。
切なくなる曲ですね。



・L'Arc~en~Ciel「The Forth Avenue Cafe」 歌詞  
アルバム「True」収録。
他の人を見ている人を、それでも好きだった、という歌詞。
振り向いてはもらえなくても、ただ好きだった。

『分かっていても気付かない振りして 溺れていたよいつでも
 誰かのこと想ってる 横顔でも素敵だったから』

『さよなら 愛をくれたあの人は 遠い空に 恋焦がれて
 この瞳に揺らめいていた』

ギターの軋む音と、切なげな歌声が印象的。
セピアに染まっていくような、そうして遠くへ、終わっていくような曲。



・T.M.Revolution「夢の雫」 歌詞 
アルバム「MAKES REVOLUTION」収録。
初期作ですが、いい歌詞です。

『こぼれる夢の雫よ 夜へと逃げてゆく闇に
 何度も君を呼ぶけど 揺れる影に追いつけない』

『こぼれる夢の雫よ 心で死んでく絆が
 何度も愛を呼ぶけど 君にまでは追いつけない』

ゆっくりとした曲調だけど、叫ぶような歌声が、なんとも切ない曲です。



・CHEMISTRY「合鍵」 歌詞 
好きだった人に別れを告げる痛み。
私は合鍵を貰ったことも、渡したことも無いけれど、渡すとしたら、心の鍵も渡してるのでしょう。
その鍵を”投げ捨てて”という辛さ。

『人と人はどうやってすれ違い  何故 愛し合うことをやめるの
 そんなこときっとわからないよ』

『君も僕も知らない遠いところへ あの鍵は投げ捨てて
 そう それでなければ 僕は君を心のどこかで待ってしまう』

『君と僕の想いを刻み込んだ あの鍵は投げ捨てて
 そう そうでなければ 部屋のドアがもう一度開く日を待ってしまう』

割り切れない想いを、どこかに投げてしまいたい。
そう思いながら聴いてしまう曲です。



・槇原敬之「WITCH HAZEL」 歌詞 
最初から別れが分かっていたのに、それでも恋をしてしまった。
そういう歌詞です。
それだけに、好きになる過程も、その欠片も、とても聴いていて胸が痛む。

『恋と呼ぶにはさよならを聞くことを覚悟していた僕らだった』

夏の終わりに、恋の終わりが来る、そんな感じ。

『夏休み中のKISSの数が一番たくさんあった そう覚えてる
 僕の肌がだんだん焼けてくのを おもしろそうに見ていたよね
 仲間からぬけ出して 借りたオープンカー カーブ切るたび髪が肩にあたった』

『太陽がやけどをさせて痛かった背中も 君を強く抱く時は平気だったんだ』

でも、こんなにも好きになれて良かったとも思う。

『本気で好きになったみたい そう言えば君が肩をすくめ困るのが少し怖かった
 例えばいつか誰かと恋におちても 君を思い出すのが少し怖かった』

『大人になることが忘れて行くことなら 僕は今のままでいたい』

大人になっても、忘れはしない。
子供のままで居られなくても、胸に宿した想いは忘れない。
そんな気持ちで聴いています。



・スピッツ「君が思い出になる前に」 歌詞 
うーん、これも失恋ソング…だと思うのだけれど。
綺麗に歌われていて、あまり刺さらないのがスピッツらしい。

『明日の朝 僕は船に乗り 離ればなれになる
 夢に見た君との旅路は かなわない』

『忘れないで 二人重ねた日々は この世に生きた意味を 越えていたことを』

『君が思い出になる前に もう一度笑ってみせて
 優しいふりだっていいから 子供の目で僕を困らせて』

とても優しく響く曲です。



・サスケ「青いベンチ」 歌詞 
ハーモニカが奏でるイントロが、なんだか懐かしくて切ない感じ。
ストレートに想いをぶつけるような歌詞。

『この声が枯れるくらいに 君に好きと言えばよかった
 会いたくて仕方なかった どこにいても何をしてても
 この声が枯れるくらいに 君に好きと言えばよかった
 もう二度と戻らない恋 痛みだけがちょっと動いた』

誰にでもこんな経験がありそうな、そんな曲ですね。



・時給800円「死ぬほどあなたが好きだから」 歌詞 
とってもストレートに、「失恋しました!(>Д<)ゞ」という感じの曲。

『すきで、すきで、今でもすきで 死ぬほどあなたが大すきで
 すきで、すきで、それでもすきで 未来がなくてもとにかくスキで』

『これだけ人を 愛した事実を 責めることだけ やめよう』

実に分かりやすい。
そして、胸にストンと落ちる。
勢いで歌っている曲だけど、思わずちょっと泣いてしまったりしました。



・DA PUMP「CORAZON」 歌詞 
失恋した時に、繰り返し聴いていた曲。
切なくて苦しくて、胸が焼けるようだった。

『こんなに 胸が苦しい
 他の誰といても 君の顔がよぎるよ』

『君がくれた 愛の言葉 今もずっと めくりめくのさ
 ああ嘘じゃない ああ夢じゃない でも思いはつのるだけ』

『強いふりは 弱い僕を 守るための ぎりぎりでした
 もう戻れない もう何もない でも気持ちはひとつだけ』

アップビートで、ラップも入った力強さがある曲。
でも、ものすごく聴いてるうちに”好き”が溢れて、泣いてしまいました。
個人的には、失くした恋を悼む曲だったりします。



・ポルノグラフィティ「デッサン」 #1 歌詞#2 歌詞#3 歌詞
#1~#3まである失恋ソング。
私は#1が一番印象的だったかな。
ゆっくりと流れていってしまう空気のような曲。


#1:喧嘩して別れていくという歌詞。

『これ以上、話しても何も生まれないよ 後は僕の頬、殴るか 出て行くかさ』

『どうか教えて 僕の何を知ってる?
 どうか教えて この夢が最後に暗示した意味だけ』

『どうか教えて 僕の何が惜しいの?
 どうか教えて どうしてだろう? 何故だかこの辺が痛いよ』

静かに、痛みが訪れる…。


#2 春光:病室で逝ってしまう父への想いを託した歌詞。

『泡沫の夢としても それが僕達のすべてで たくさんの愛を残して 静かにひとつはじけた
 「どこに還るの?」尋ねてみたら 何も言わずに僕の胸の方を指差した』

『もう会えないのかなぁ?
 そう思うのは寂しすぎるから寂しすぎるから』

『そこで待ってていつかは会いに行くよ
 話したいことが両手にいっぱいに溢れてる
 その時まで僕なりに頑張ってみる
 そしたらもう一度抱きしめてよ』

なんだかとても切ない。


#3:かなり冷たい感じの雰囲気の歌詞…。

『君の困った顔など 見たくはないから さよならしてあげる
 理由を話すかわりの 溜息ほど 尚更辛い』

『もう いいでしょ 出ていって ドアを閉めて
 もう 君なしの私を始めたい その瞬間から』

『もう いいでしょ これ以上 苦しまない
 もう 悲しみよ さよなら おだやかな春の途中』

聴いていて、思わず浸ってしまう曲です。
あとは「サボテン」の過去形バージョンがあるのですが、こちらは辛すぎて聴けない。
「デッサン」ぐらいまでが、失恋した時に私が聴けた、限界点ですね…。



・坂本真綾「光の中へ」 歌詞 
アニメ「天空のエスカフローネ」の挿入歌でした。
失恋…になるのかな?
どうにもならなくて、離れてしまうという歌詞。

『握りしめた手をほどいたなら たぶんこれですべてが今終わってしまう』

『あなたが出会う幸せを願いたいはずなのに できない未熟な自分に 拭いても涙が出る』

『二人作った記憶の宝 ずっと心の隠れ家で生きてくよ』

美しいメロディに乗せて、”忘れないから”。そう言っているよう。
泣きたくなってしまう曲です。



・崎谷健次郎「もう一度夜を止めて」 歌詞
HP訪問して下さった方に薦めて頂いた曲。
聴いたことはないのですが、歌詞がとても切ない。

『これ以上愛し合っても 2人同じ夢が 見れない
 知らぬ間に すれ違っていた
 甘い記憶に 何かが こぼれてく』

この『何かがこぼれてく』…。
一体何がこぼれていってしまうのだろう…?
想い?時間?面影?それとも、涙…?
なんだかとても胸に迫る。

『過ぎた日々はナイフのように 美しいほど傷つけるものさ』

それでも人間は恋をして、傷ついて。
割れた氷の欠片のように、『美しいほど傷つける』…。
歌詞はやわらかな感じなのに、胸が痛むのは何故でしょうね?
この曲を聴いたら、私は泣いてしまうかもしれません。



その他、こんな曲も。 

 ・コブクロ「風」 歌詞 ←「春に聴きたい曲」にも載せてます。
 ・T.M.Revolution「BOARDING」 歌詞
 ・竹仲絵里「サヨナラ サヨナラ」 歌詞
 ・aiko「今度までには」 歌詞
 ・ポルノグラフィティ「Swing」 歌詞「別れ話をしよう」 歌詞
 ・the end of genesis T.M.Revolution evolution turbo type D「雪幻-winter dust-」 歌詞
 ・CHEMISTRY「Point of No Return」 歌詞「You Go Your Way」 歌詞
 ・愛内里菜「NAVY BLUE」 歌詞
 ・鬼束ちひろ「edge」 歌詞
 ・松任谷由美「翳りゆく部屋」 歌詞
 ・椎名林檎「正しい街」 歌詞
 ・HY「てがみ」 歌詞
 ・槇原敬之「LOVE LETTER」 歌詞
 ・花*花「さよなら大好きな人」 歌詞
 ・大黒摩季「別れましょう私から消えましょうあなたから」 歌詞
 ・オフコース「さよなら」 歌詞
 ・中島みゆき「わかれうた」 歌詞
 ・中森明菜「難破船」 歌詞
 ・松任谷由実「リフレインが叫んでる」 歌詞
 ・五輪真弓「恋人よ」 歌詞





top羽水色
こんな時に聴きたい曲♪



HOME桜
気楽に行こう



Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.