625462 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

おとなカレッジ

断乳の仕方

よしよし

「断乳の仕方」

姫が夜のおっぱいを欲しがらなくなって4日目。自己流の圧抜きや俳乳だけでは、しこりができて痛いので、かかりつけの産院でおっぱいケアをしてもらうことにした。

eddieeの場合、断乳をしようと決めたわけではなく、ごく自然に姫が母乳を欲しがらなくなったので、断乳後のおっぱいケアはあまり意識していなかったのだ。助産婦さんにその話をすると、「姫ちゃんの自立の方が早かったんだね。断乳で苦労される方が多いから、自然に卒乳できてよかったですね」と言われた。

確かに、母乳育児が順調だと気がかりなのは断乳の問題だったので、こんなにも簡単に姫がおっぱいを卒業してくれて、かえって拍子抜けしてしまった。姫は、ヒエピタを貼った私のおっぱいを見て「おっぱい」と言って指差しながら「イタイ」のサインをしてくれた。昨日、eddieeが主人に向かって「おっぱいが張って痛いよ~」と言っていたのを聞いていたのだ。「ママの心配までしてくれるようになったとは・・・姫よ、成長したねぇ~。」思わず涙ぐむ親バカeddiee。今後の参考のために、今回は、産院で教えてもらった断乳の仕方を紹介します。


1.断乳予定日の決め方と要点

・子供の体調が良く、独歩ができるようになった頃でお互いに都合の良い日を断乳予定日とする。

・夏季は食欲低下および偏食になりやすく、冬季は風をひきやすく、嘔吐・下痢・発熱などの症状が出た場合に
 食事接種が困難となるので、この様な時期の場合は、少々早めるか、遅らせるかする。
 ただし、少なくとも1年間は飲ませてください。

・おっぱいは、断乳日の朝まで飲ませます。その朝、時間をかけて十分飲ませ、「今日でおっぱい、ナイナイね」
 「これでおっぱい、バイバイね」など、良く言い聞かせてピタリと止める。欲しがっても一滴も与えず、繰り返し言い聞かせる。

・断乳当日は、子供と十分に遊んであげる。

・一番大切なのは、断乳するまで、沢山おっぱいを飲んでいることが最大の条件です。
 特に、断乳予定日に近づいたら、かえって意識して多く与えるくらいの方が良いでしょう。子供が諦めやすくなります。



2.断乳後の乳房の処置(事前に来院して指導を受けてください)

・両手で乳房を包み、おにぎり搾りの要領で圧迫して排乳する。

・俳乳の際、乳房の下側になる方の手指で乳頭部を刺激しないように、ゆっくりと搾る。
 ただし、断乳後26日目と46日目は多少刺激になっても良いから、しっかりと搾る。

・排乳は、片方づつの乳房を10~15分かけて行い、両方で約30分かける。

・処置は食事の直前・直後には行わない。

・処置日は入浴を中止し、食事は控えめにする。



3.乳房処置のスケジュール

断乳初日:この朝、十分飲ませてよく言い聞かせてピタリと止める。この日は子供といっぱい遊んであげる。

 3日間あけて乳房を十分張らせるのが、止める大事なポイント。
 しかし、1日3~4回、一回に5~30ml(多量に出る人は30~50ml)圧抜きをする。水分は控えめに。

4日目:上記2の要領で乳房の処置をする。乳房の基底部は動かさないように。

 張って痛いようなら圧抜きをしながら一週間あける

11日目:4日目と同じように乳房の処置をする。

 ~二週間あける~

25日目:4日目と同じように乳房の処置をするが、この時、溜まったおっぱいは、しっかりと搾ること。

 ~3週間あける~

46日目:25日目と同じように乳房の処置する。この時にまだ乳汁の分泌があるときは、1ヵ月後に再度行うか、
 来院して処置を受けてください。


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.