000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


明鏡止水

フォローする

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

LUKEプロジェク… New! luke2004さん

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん

全644件 (644件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 65 >

書籍

2017.01.12
楽天プロフィール XML
カテゴリ:書籍
皇太子誕生

皇太子誕生

 たとえ病院はボロであっても、中身は日本一といわれる病院にしたい。(138ページより)
著者・編者奥野修司=著
出版情報文藝春秋
出版年月2001年11月発行

著者はフリー・ジャナリストの奥野修司さん。『ねじれた絆 赤ちゃん取り逃え事件の 17 年』『隠蔽 父と母の〈いじめ〉情報公開戦記』など、出産に関するルポルタージュを上梓している。本書は、皇太子殿下(今上陛下)と妃殿下(皇后陛下)の結婚から、浩宮(皇太子殿下)、礼宮(秋篠宮殿下)、紀宮(黒田清子さん)の出産に関わる医師、助産師、事務官、そして医療機器メーカーの奮闘の記録である。浩宮誕生から 40 年を経て書かれたため、すでに他界している人物も多く、資料も散逸している。だが、当時のわが国の産科医療を知り、現在の医療水準との差異を知るメルクマールとして、たいへん参考になる。

昭和 21 年から始まったベビーブームで、わが国の人口は 15%も増えた。その影で、赤ちゃんの 1 割近くが死んだという。「赤ちゃんの死亡率が減少するのは、閉鎖型保育器と蘇生器(陰陽圧式レスピレーター)と、そして当時の産科領域で ME 機器を代表する分娩監視装置の普及に拠っていた。この 3 つがかろうじて揃ったのが昭和 35 年の浩宮誕生のときだった」(40 ページ)という。東大が胎児危険予知のために試作していた胎児の心音を記録する「胎児心音監視装置」が、浩宮の誕生の際、日本ではじめて使われることになった。
昭和 34 年 4 月 10 日の御成婚パレードから数カ月後、皇室初の病院出産を成功させるためのプロジェクトが静かに動き始めた。だが、天皇家の脈をみるのは当学の教授だとプライドを持つ東京大学、その役目は伝統的に御用掛だとする宮内庁、さらに宮内庁病院の思惑も絡み、プロジェクトチームの組成は難航を極める。
そんな中、宮内庁病院の主とも呼ばれた目崎鑛太医師が調整役を買って出る。「当時の医師たちは小児科医、産婦人科医という学閥を取り払い、持ちうるかぎりの知識と技術を集めようとした。美智子妃の出産は、いわば日本の産婦人科と小児科の総力戦でもあったのだ」(47 ページ)。

「たとえ病院はボロであっても、中身は日本一といわれる病院にしたい。それが目崎氏の願いであった」(138 ページ)という。
胎児心音監視装置が完成したのは、2 月初旬。浩宮誕生まで 2週間。ギリギリである。残念ながら、この胎児心音監視装置は行方知れずだという。
浩宮誕生の後、胎児心音グラフが描かれた記録紙と、胎児心音と出産後の産声が記録されたオープンリールテープが皇太子家に献上された。これも目崎医師の発案という。

ME 機器の開発は日進月歩だった。浩宮から 5 年半後の礼宮誕生の際は、胎児心音監視装置をはじめとする各種ME 機器は一新される。目崎医師は、限られた予算を有効に利用し、足りない分は口約束で最新機器を揃えた。

Wikipedia にも載っていない目崎医師は、浩宮、礼宮、紀宮と、美智子妃の出産すべてに立ち会い、平成 9 年 12 月、90 歳の生涯を閉じる。このように黒子に徹した医師がいるのも驚きだが、皇室の出産のために ME 機器の開発に全力を投じる医師や技術者が、今日のわが国の産科医療を築いてきたのだと、あらためて考えさせられる。







最終更新日  2017.01.12 12:01:00
コメント(0) | コメントを書く

2016.10.24
カテゴリ:書籍
聖☆おにいさん 第13巻

聖☆おにいさん 第13巻

 イエス「坊主がBOSEを‥‥」
著者・編者中村 光=著
出版情報講談社
出版年月2016年10月発行

松田ハイツのコタツのうえに、発光するマリアの姿が――スターウォーズ的な状況のなか、ブッタの母マーヤーが立川にあらわれる。聖母マリアのイコンの目が可愛くなったり、マーヤー像の脇にスタンプがあらわれたり、街に奇跡が溢れかえる――。
ホテルに缶詰めになり、『黙示録』続編に取り組むヨハネ。ハンドルネーム「あ~麺」で人気ブロガーとしてオフ会に参加する十一面観音。ハイレゾのヘッドフォンで聞こえない音が聞こえるブッダは、ノイズキャンセリングヘッドフォンでとんでもないノイズを聞く羽目に。

今日も旬なネタで一杯の立川です――。







最終更新日  2016.10.24 19:20:13
コメント(0) | コメントを書く

2016.10.16
カテゴリ:書籍
心が折れる職場

心が折れる職場

 心が折れる職場というものは確実にある。これが私の実感です。(3ページ)
著者・編者見波利幸=著
出版情報日本経済新聞出版社
出版年月2016年7月発行

著者は、日本のメンタルヘルス研修の草分けで、日本メンタルヘルス講師認定協会の代表理事としてメンタルヘルス講師の育成を行っている見波利幸さん。タイトルにある通り、職場の管理職に呼んでいただきたい内容だ。
私も管理職として、「新型うつ」「厚生労働省版ストレスチェック」が気になっており、とくに産休・育休を管理している立場として「産後うつ」の増加を心配しており、本書を買って読んでみた。
冒頭から、「心が折れる職場というものは確実にある。これが私の実感です」(3 ページ)という強烈なメッセージ――。

見波さんは、その経験から、メンタル不調が発生しやすいのは、業務連絡もしにくい雰囲気の職場や、何でも理詰めで考える職場が多いと指摘する。不調は、けっして労働時間の長短によって発生するものではないともいう。
また、ホワ・レン・ソウが一番重要という上司がいるが、これは、「『報告・連絡・相談』を部下に任ぜて、自分からは能動的なコミュニケーションを図る気がない」(24 ページ)と厳しい。また、成果主義についても、「社員の働きをフェアに評価できていないこと、あるいは、制度の導入の動機が、単に人件費をカットするためになってしまっている」(51 ページ)ようなことがないか、配慮すべきという。

見波さんは、「上司が発する「言葉」は、部下の心の健康を維持するうえで、たいへん重要な意味を持ちます」(77 ページ)と指摘する。自分でも感じるが、社内ポジションの高いものの言葉のもつ力は大きい。それが悪い方へ傾くとパワハラになる。
また、「メンタル不調者が続出するのは、上司の叱責それ自体ではなく、プロセスを認めてあげる『フォローアップ』が足りないということ」(83 ページ)ともいう。つまり、部下の承認欲求を満たすということか。何やら甘えた子どものようにも感じるが、じつは、現代社会は承認欲求を十分に満たせない環境にあるのかもしれない。これについては、後の方で「外で趣味やさまさまな活動の場を持っていると、たとえ仕事でうまくいかなくても、趣味の場で承認を補うことができます」(121 ページ)というアドバイスがある。
見波さんは上司に対し、情報面のサポート、情緒面のサポート、道具的なサポート、評価面のサポートを求める。その内容は具体的で、部下を管理していく上で参考になる。

見波さんは職場運営について、「仕事を進めていくうえで必要なのは適切な指導です。感情をぶつけることではありません」(188 ページ)、「絶対に口にしてはいけないのは、他人と比べる言葉です」(192 ページ)などの具体的にアドバイスする。
そして最後に、「部下を育てるマインドを持っているよ司は、将来を見ます。逆に、部下に対してダメ出しばかりをするような上司は過去ばかり見ているのです」(206 ページ)と締めくくる。

具体的で厳しいアドバイスの連続だが、本書を読んだ管理職がメンタル不調にならずに、部下を育てる未来志向の上司になってくれることを願う。







最終更新日  2016.10.16 19:58:31
コメント(0) | コメントを書く

2016.05.08
カテゴリ:書籍
侵略!イカ娘(22)

侵略!イカ娘(22)

 「みんな担ぐでゲソ! 私は神でゲソ!!」
著者・編者安部真弘=著
出版情報秋田書店
出版年月2016年5月発行

「海の家れもん」を拠点に、今日も地球侵略活動を続けるイカ娘に、ついに最後の日がやってくる!?

相澤家一行がキャンプで遭難? 褒め上手の清美が苦手とすることは? 千鶴の部屋に隠された謎とは? 正義のヒーローを目指すイカ娘の敵とは? 栄子は夏休みの宿題を終わらせられるか?
全員出演の 22 巻をもって堂々の完結。9 年近い連載、本当にお疲れ様でした!







最終更新日  2016.05.08 21:48:13
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.14
カテゴリ:書籍
宇宙飛行士の採用基準

宇宙飛行士の採用基準

 ライト・スタッフを見抜ける神様の目があれば、どんなにいいだろうな(154ページより)
著者・編者山口孝夫=著
出版情報KADOKAWA
出版年月2014年7月発行

著者は、JAXA 入社以来、一貫して、国際宇宙ステーション計画に従事している、宇宙工学者で心理学博士の山口孝夫さん。
山口さんは、本書に「採用とは、その人の人生を引き受けること。採用する側はその覚悟を持ってほしい」(205 ページ)というメッセージを込めたという。私も先輩社員に同じことを言われた経験がある。
本書は、宇宙飛行士の採用過程を具体的に紹介しながら、企業における人材採用について知見を与えてくれる良書だ。

山口さんは、「ライト・スタッフを見抜ける神様の目があれば、どんなにいいだろうなと思います」(154 ページ)というが、実際に「神の目」をもつことはできないから、基準作りが大切だと指摘する。
「環境面、仕事面、心理・精神面から『測るべき能力』と『測り方』が適切に模索され、評価基準がつくられなければ「適格者」を選び出すことはできません」(146 ページ)。企業の採用面接では、評価基準が明確化されていないのが実情だろう。そこで、147 ページのマトリックス表が役に立つはずだ。
さらに、「いくら客観的にならなければならないとはいえ、相手の言っている言葉と感情を感じ取ることに目を閉じてしまってはいけません」(159 ページ)とアドバイスする。「ここでは面接官の資質も問われていきます」。

山口さんは、工学者でありながら心理学者でもある。宇宙飛行士のパフォーマンスを上げるには、メカニズムを合理的にするだけではなく、飛行士の心の問題も扱わなければならないと指摘する。たとえば、構造設計が難しくなっても宇宙ステーションには「窓」が必要だとか、「部下の長所だけを見て、欠点には目をつぶること」(96 ページ)で褒め上手になることをあげる。
また、NASA での訓練から、マネジメント層に必要な 4 つの軸として、適切なコミュニケーション、部下への配慮、マネジメントへの信頼、意思決定からなるチェックリストを紹介している(104 ページ)。これはビジネス組織運営で参考になる。

採用した宇宙飛行士の育成も、組織運営の参考になる。
まず、「いくらライト・スタッフを備えた適格者を選んだとしても、正しく教育されなければ宝の持ち腐れ」(162 ページ)としたうえで、訓練者(インストラクター)の重要性を説く。「インストラクターには「育てるブロ」としての訓練があるほか、指導面、人格面、知識・技量面で様々な厳しい資質要求」(163 ページ)があり、「心理学的には、信頼関係のある訓練者に、穏やかでストレスがかかっていない状況で教えられるほうが、被訓練者の頭にも入りやすく覚えやすい上に応用が利く」(165 ページ)という。信頼関係が重要なのだ。

最後に山口さんは、「企業は、全力で人を採用して、全力で人を育てる。そのような風土で大切に育てられた人は、全力で会社のために働く」(205 ページ)と述べているが、これは、企業に限らず、家族、地域、国家という枠組みでも同じことが言える。これからも人を大切に育てていきたいと思う。







最終更新日  2016.04.14 19:32:45
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.11
カテゴリ:書籍
COPPELION 26巻

COPPELION 26巻

 鴎外官房長官「我慢したまえ、日本の未来のためだ」
著者・編者井上智徳=著
出版情報講談社
出版年月2016年4月発行

西暦 2036 年、お台場の原子力発電所で起きたメルトダウンにより東京は死の街と化していた。遺伝子操作によって放射能に対する抗体をもって生まれた高校生・コッペリオンたちは、生存者を救出するという困難な任務に立ち向かう。

お台場原発の石棺の中で、コッペリオン一行と忘れもの係が死闘を繰り広げるなか、救助された司馬博士らがコッペリオンにエールを送る。
成瀬荊の突然死は防げるのか、再臨界は止められるのか。物語は大団円へ。

作者の井上智徳さん、8 年間の連載、お疲れ様でした。物語の初盤で 3.11 があり、ご苦労されたことと思います。一時はお蔵入りかと思われたアニメも無事に放映され、その映像はいまでも印象に残っています。
物語の結末は意外な形でしたが、これは記憶に残るお話でした。コッペリオンは今も東京で活躍していることでしょう。そして、私自身、生まれ育った東京が大好きなのです。







最終更新日  2016.04.11 20:30:57
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.09
カテゴリ:書籍
COPPELION 25巻

COPPELION 25巻

 鴎外官房長官「我々の内閣にご不満があるなら結構! 本日付で衆議院を解散します」
著者・編者井上智徳=著
出版情報講談社
出版年月2016年4月発行

西暦 2036 年(平成 48 年)、お台場の原子力発電所で起きたメルトダウンにより東京は死の街と化していた。遺伝子操作によって放射能に対する抗体をもって生まれた高校生・コッペリオンたちは、生存者を救出するという困難な任務に立ち向かう。

ついに最終章突入。
レインボーブリッジを渡り、お台場原発の再臨界阻止に向かったコッペリオン一行と忘れもの係の最後の戦いがはじまる。Dr.コッペリウスは伊丹刹那と関係修復できるのか。コッペリオンは突然死から逃れることはできないのか。

物語の終盤で、夏目総理と鴎外官房長官のデコボコ・コンビに惹かれた。歳のせいだろうか、こうした渋い脇役が光っている物語は好きだ。







最終更新日  2016.04.09 19:12:19
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.06
カテゴリ:書籍
呼び覚まされる霊性の震災学

呼び覚まされる霊性の震災学

 タクシードライバーたちが体験した幽霊現象は、事実上、無賃乗車という扱いになっている。(10ページ)
著者・編者金菱清=著
出版情報新曜社
出版年月2016年1月発行

本書のタイトルに「霊性」とあるが、けっしてオカルト本ではなく、東北学院大学のゼミ生たちが綿密なフィールドワークの結果をまとめた論文集である。
この 5 年間、メディアの光が当たらない被災地の現実を取材し、私たちが生と死の狭間で何を感じるのか、ありのままを報告している。
学生たちの文章は、失礼ながら、稚拙な論理構成で読みにくいと感じる部分もあるのだが、それを補ってあまりある被災地の生の声と、当の学生たちの故郷に対する熱意が感じられる良書である。

最初に、石巻や気仙沼の多くのタクシードライバーが体験した幽霊現象を取材する。
タクシードライバーのひとりは、「最初はただただ怖く、しばらくその場から動けなかった」(5 ページ)というが、いまでは「また同じように季節外れの冬服を着た人がタクシーを待っていることがあっても乗せるし、普通のお客さんと同じ扱いをするよ」と語る。このドライバーは、震災で娘さんを亡くしているという。
論者は、この現象について、絶望から畏敬が生まれたと結論づけている。

津波を受けて骨組みだけの無残な姿になった南三陸町防災対策庁舎を取り上げ、震災遺構を残すかどうか、遺族の心の移り変わりを取材する。論者は「負の遺産のシンボルである原爆ドームの永久保存にも 20 年という歳月が必要であった(65 ページ)として、「時間は人びとの認識と心情の面で変化を与える。外部のさまざまな人びととの交流や環境の変化、供養という節目などがご遺族に変化をもたらしている」という。

津波で墓地が流されてしまった中浜の人びとは、「(新しく造成された)お墓と(流された墓地の後に建てられた)慰霊碑という異なる場でご先祖様に対して祈っている」(81 ページ)。「遺骨が見つかっていないために、まだ元のお墓のあった場所にご先祖様の存在を感じる人もいる」というのだ。
「震災後、避難所や仮設住宅、お年寄りや子どもに復興のスポットライトが強烈にあたるなか、夫も子どももいて、家も流されなかった「普通のおばさん」は蚊帳の外におかれ、焦燥感と虚無感に苛まれ」(97 ページ)、うつ状態になった母親がいる。
たった 9 人で、672 人のご遺体を土葬し、再び掘り起こして荼毘に付す作業に従事した民間葬儀会社がある。「掘り起こしの現場で一番大事にしたのは、厳粛なイメージから懸け離れた“笑い”であった」(113 ページ)という。
「東日本大震災での消防団の犠牲者数は、岩手県で 119 人、宮城県で 107 人、福鳥県で 27 人、計253 人となった。同 3県の消防本部の職員の犠牲者は 27 人だった」(128 ページ)という。論者は、「消防団には明確な「目的」と「価値」がある」(145 ページ)としたうえで、「この恨底が崩れない限り、彼らは再び現場へと向かうだろう」と結論づけた。

本書を執筆した学生は、高校 3 年の春に震災を体験したという。
当事者が書いた文章は主観的になりやすいという原則は当てはまらない。むしろ、客観的であるはずのマスメディアの方が偏っているのではないかと感じさせるほど、本書の調査は客観的で、微に入り細を穿っている。
本書を執筆した学生の皆さんは、このフィールドワークを忘れることなく、社会に貢献できる仕事に就かれんことを祈っている。また、今後遭遇するであろう艱難辛苦にあっては、ご遺体を掘り起こしていた葬儀会社を思い出し、笑顔で前へ進んでいってほしい。
そして、震災に見舞われた全ての皆さん、私たちは常にあなた方の側にいます。どうか、あきらめないでください。







最終更新日  2016.03.06 18:36:20
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.08
カテゴリ:書籍
「戦略力」が身につく方法

「戦略力」が身につく方法

 値引きは「麻薬」だ。(117ページより)
著者・編者永井孝尚=著
出版情報PHP研究所
出版年月2013年9月発行

著者は、日本アイ・ビー・エムで商品プランナーや製品開発マネージャーを務めた永井孝尚さん。
永井さんは「顧客の言いなりになることは必ずしも正しくない」(29 ページ)と指摘する。なぜなら「顧客は課題を持っているが、その課題を自分で認識しているとは限らないからだ」。
そこで、「顧客中心主義」を提唱する。これは、「顧客を大切なパートナーと考え、顧客の期待値を常に上回ろうとする考え方だ。顧客自身が気がつかない課題を解決し、それにより顧客を大きく感動させる」(9 ページ)。

永井さんは、顧客中心主義を貫けば、街の電器店が家電量販店を凌ぐこともできるという。
そのためには、「顧客の課題は、自分の頭だけで考えてはいけない。必ず最初の段階で検証すべき」(49 ページ)とアドバイスする。また、「短期間で市場が激変している現代、市場調査に過度に頼るのはリスクが伴う。市場調査を鵜呑みにせずに、顧客の声を検証する等、自分自身で確認することが必要」(58 ページ)とも。
さらに「マーケティング理論はあくまで手段であり、道具に過ぎないということだ。そして、ビジネスの現場のあらゆる場面に万能なマーケティング理論は存在しない」(80 ページ)と指摘する。「役に立つ商品を出し続けるためには、商品を買ってくれる顧客よリも、商品を実際に使う本当のユーザーの声に耳を澄まさなければいけない」(91 ページ)とも。

永井さんは、「企画に数カ月かけることができた古きよき時代は終わったのだ。むしろ半日で仮説としてたたき台の企画を作り、関係者を巻き込んで実行してみる。そして数週間から数カ月で成果を着実に出し、結果を検証する。仮説と検証を繰り返しながら企画を育てていくことが必要」(148 ページ)と述べる。これは、システム開発をウォーターフォールモデルからスパイラルモデルへの転換を求めることと似ている。

永井さんは最後に、「自分の意見を表明することで誤りを指摘され、それに気づくことで成長する」(198 ページ)とアドバイスする。
市場や経済構造が変化している以上、われわれビジネスマンも変身していなかければいけないと感じた次第。







最終更新日  2016.02.08 19:26:17
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.23
カテゴリ:書籍
戦略がすべて

戦略がすべて

 身の回りに起きている出来事や日々目にするニュースに対して、戦略的に「勝つ」方法を考える習慣を身につければいい。(255ページ)
著者・編者瀧本哲史=著
出版情報新潮社
出版年月2015年12月発行

著者は、マッキンゼー&カンパニーでコンサルティング業に従事し独立した瀧本哲史さん。ビジネス書大賞受賞作『僕は君たちに武器を配りたい』の著者でもある。
紹介されている事例や理論は、ビジネス戦略というより戦術に分類されるように感じた。ただ最後に、「戦略を考えるというのは、今までの競争を全く違う視点で評価し、各人の強み・弱みを分析して、他の人とは全く違う努力の仕方やチップの張り方をすることなのだ」(245 ページ)と指摘した上で、「身の回りに起きている出来事や日々目にするニュースに対して、戦略的に『勝つ』方法を考える習慣を身につければいい」(255 ページ)というアドバイスは「戦略」といえよう。

冒頭、AKB48 を取り上げ、「『人』を売るビジネスには、『成功の不確実性』『稼働率の限界』『交渉主導権の逆転』の壁がある」(23 ページ)としたうえで、それを回避する戦略としてプラットフォームビジネスを提案する。「人、物、金、情報をネットワーク化し、そのハブとして利益を上げる」(35 ページ)と説く。
また、2020 年(平成 32 年)東京五輪の招致プレゼンを取り上げ、「プレゼンテーションにおいて、最も重要なのは、『聴衆が何を求めているか』ということである。そこから、内容と見せ方が決まってくる」(37 ページ)と説く。そして、オリンピックの目的が「東京ないし日本の『ブランド』を再構築するまたとない機会」(42 ページ)という。

瀧本さんは、「アルバイトの店員は、「儲ける仕組み」に関与していない」(51 ページ)として、「みずからが『資本=儲ける仕組み』の形成に関わり、リスク・リターンをシェアすること」(54 ページ)と指摘する。また、「不確実で厳しい未来においては、『自分の労働をコモディティ化させないこと』が重要になる」(87 ページ)と提案する。

瀧本さんは、ネットの炎上事件について、「ネットにおける発信者は、閲覧数を増やすことを基準に執筆をするので、より炎上しやすい、極端で質の低い情報発信を行うインセンティブを持つようになる」(136 ページ)と指摘する。そして「主張が極端であれば極端であるほど、ごく一部の人間を深く『ハマらせる』構造になっているネットの世界では、危険な思想を助長させやすい」(140 ページ)ともいう。

さらに、話題は教育や政治に及ぶ。
話があちらこちらに飛ぶために、最終章のアドバイスが弱いものになってしまったのは残念である。







最終更新日  2016.01.23 18:56:18
コメント(0) | コメントを書く

全644件 (644件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 65 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.