385356 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

山田維史の遊卵画廊

PR

Freepage List

☆新アダムとイヴの誕生


☆新アダムとイヴの誕生2


無量寿経シリーズ


☆回 顧 展 part 1


☆回 顧 展 part 2


DRAWINGS 1


DRAWINGS 2


DRAWINGS 3


小さな絵日記より


回顧展:静物画(1)


山田維史の「和」


素描(1)野菜シリーズ


素描(2)貝殻シリーズ


素描(3)はんなりシリーズ


素描(4)人形シリーズ


回顧展Part3


回顧展Part4


☆ディクスン・カーの為のブックカヴァー


part 2  早川書房版


☆詩画集「遊卵飛行」


☆ブック・カヴァー選集


イギリス・ミステリ傑作選カバー


サンリオSF文庫他


光瀬龍、宇能鴻一郎、泡坂妻夫ほかカバー


ハヤカワ・ノヴェルズ、他


★絵のない装丁


ドラキュラ叢書


☆挿し絵  Part1『闇の国の子供』


Part2『妖怪博士ジョン・サイレンス』


Part3『プラネタリウム』


Part4『世の終わりのイヴ』


Part5『洪水伝説』他


Part6 児童書その他の挿画


Part7 『心霊術入門』その他


Part8『別冊宝島仕事の本』


Part9 初期雑誌挿画:Tadami Yamada's Works


ドラキュラ叢書『ジャンビー』挿画


ドラキュラ叢書『幽霊狩人カーナッキ』挿画


■論文(1)卵形の象徴と図像


(2)ユングの風景画


(3)画家ムンクの去勢不安


(4)夢幻能と白山信仰


(5) 城と牢獄の論理構造


(6)ムンク『叫び』の設計と無意識


(7)病める貝の真珠


(8)英語論文:能の時空間の現代性


(9)『さゝめごと』に現われた十識について


(10)狐信仰とそのイコノグラフィー


☆自画像日記


☆インタヴュー Vol.1


☆インタヴュー Vol.2


☆インタヴューVol.3


☆インタヴューVol.4


日替りコラージュ回顧展


日替りコラージュPart2


日替りコラージュPart3


日替りコラージュPart4


日替りコラージュPart5


日替りコラージュPart6


日替りコラージュPart7


日替りコラージュPart8


日替りコラージュPart9


日替りコラージュPart10


日替りコラージュPart11


日替りコラージュPart12


★山田芝恵書道展


Tadami Yamada's short story


Death Mask


That Man


The Infancy Lover's Suicide


★Poetry of Tadami Yamada(1)


Poetry of Tadami Yamada(2)


Poetry of Tadami Yamada(3)


Poetry of Tadami Yamada(4)


Poetry of Tadami Yamada(5)


Poetry of Tadami Yamada(6)


Poetry of Tadami Yamada(7)


Tadami Yamada's HAIKU


Tadami Yamada's HAIKU (2)


★山田維史の画集・年鑑


Free Poster (無料ポスター)


Free Poster 2 (無料ポスター)


Archives

 

Mar 24, 2008
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 東京は小雨まじりの寒い一日だった。
 さきほど1時間ばかり前までNHK・HVの番組「山下清の愛した日本」を見ていた。山下清の貼り絵の技法が、ハイヴィジョンでクロース・アップして細部までとらえられ、それがなかなかおもしろかった。画集では見えないところである。

 私は、昔、山下清さんに会っている。サインをもらって、いまでも保存箱にしまってある。ここに画像を掲載するとよいのだが、今すぐというわけにゆかない。
 私が中学1年生のとき、会津若松市の現在は失われた図書館で展覧会が開かれた。そこに山下清さん本人も姿をみせ、絵葉書を購入した観客にサインをしてくれたのである。きょうのテレビでも、ちょうどその当時の展覧会場でのサイン風景のムービー・フィルムをみせていた。おおぜいの観客を相手に、絵葉書をトランプ・カードのように重ねあわせながら横にずらりと並べて、2cmほど覗いた葉書の隅につぎつぎに署名してゆく。なかなか効率的な方法である。
 山下清さんは付き添いの式場隆三郎博士にたずねたそうだ。「どうして、サインしてもらうと、みんな喜ぶのかな」
 すると式場博士は、「みんなサイン病なんだよ」
 ハハハ、そうかもしれない。中学生の私もサイン病だったか! 会場でばったり出会った同級生のO君も!
 (余談だが、昨年、会津若松を訪ねたおり、O君の家があったその前を通った。彼の家は材木商だったが、もはやそのあたりに昔のおもかげはなかった。O君は元気かしら。)
 
 しかし、清さん、あなたが署名してくれた絵葉書を、ちょうど50年経った現在でも、色褪せさせることなく保存してありますよ。あなたに出会って、私のなかにずっと気掛りとなっていたこと、つまりサバン症候群(後註)についても、後年、私なりに専門書を探査しました。そしてサバン・プロパーではありませんが、そこからもっと超越した人達の絵について、『病める貝の真珠 ― 精神分裂病者の絵をめぐって』という論文を書きました。きょうのテレビで、放浪中のあなたが泥棒とまちがわれて石をぶつけられているているところを保護した、当時高校生だった方が、現在、サバンの研究者になっておられることを知りました。その方が、あなたに出会ったことによって人生の方向が決定したのかどうかは分かりませんが、あなたの存在の影響はすくなくはないのではありますまいか。私は50年前にただ一度、あなたの作品の実物を見たのですが、いまでも目の底にその画像が浮かんで来ます。私をとらえたのは、絵がイイとかウマイとかではなく、画面の底から放射する尋常ではないエネルギーでした。私がシュルレアリスムの画家たちと心のなかで別れたのは、いわゆるアウトサイダー・アーティストの実物に出会い、その生命が尽きる前の強烈なエネルギーの放射に目眩(めまい)とともに言葉を失ってしまったからだ、ということも申しそえておきましょう。
 それにしても、ちょうど私が会った時期の前後に、あなたの創作が完全に終了したそうですね。展覧会や物珍し好きの人達にひきずりまわされているうちに、創作の動因が消失してしまったらしいとか。それはそうかもしれません。あなたのように正規の美術教育を受けて画家になったのではないアウトサイダー・アーティストは、そもそも他人には窺い知ることができない動因によって制作をはじめているのですから。・・・あなたの創作の終了は、まことに痛ましいことでありました。


【註】
 発達障害(精神遅滞)あるいは早期幼児自閉症や精神分裂病による重度の精神障害をもつ人が、驚異的な能力や偉才を有する場合がある。また、そうした能力が、たんに障害の程度と比較して驚異的というだけでなく、人間として異彩を放っていると認めざるを得ない人が、極めてまれにではあるが、存在する。〈サヴァン症候群〉と言う。前者は〈天分あるサヴァン〉、後者は〈奇才のサヴァン〉と名づけられている。映画『レインマン』で、ダスティン・ホフマンが演じた早期幼児自閉症の兄は、〈奇才のサヴァン〉と言ってもいいだろう。もっとも、実際のところ、〈奇才のサヴァン〉の症例は、この百年間に百人に満たないと言われている。
 サヴァンはIQ25以上、普通にはIQ40~70といわれている。山下清氏は漢字まじりの几帳面な文字で、かなりの分量の日記をのこしているので、厳密にはサヴァンとはいえないであろうが、天分にめぐまれた奇才であったことはまちがいない。
 山下清(1922―1971)。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  Mar 26, 2008 03:36:45 PM
コメント(0) | コメントを書く




■コメント


Let's link!

Comments

AZURE702@ Re[1]:樹木の智慧(08/31) ちゃれ3さん >我が家のお隣の柿を毎年楽…
ちゃれ3@ Re:樹木の智慧(08/31) 我が家のお隣の柿を毎年楽しみにしている…
ちゃれ3@ Re[2]:デング熱感染で代々木公園封鎖(08/28) AZURE702さん > 病気のことなので、ちゃ…
AZURE702@ Re[1]:デング熱感染で代々木公園封鎖(08/28) ちゃれ3さん >天狗熱 蚊にさされないよ…
ちゃれ3@ Re:デング熱感染で代々木公園封鎖(08/28) AZUREさんが コーラス隊で歌ってら…

Favorite Blog

新聞社の人探し New! 釈迦楽さん

女神さま 小山実稚… ちゃれ3さん

山田維史の画像倉庫 azure77さん

Mobile

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.