552152 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

人生朝露

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

話のタネ。


「虹」が虫偏である理由。


日本の苗字 五十音順。


高野山のキリスト教碑。


モテ女の秘密は近眼。


弓は剣よりも。


三蔵法師の旅 その1。


三蔵法師の旅 その2。


「ヒトラー最期の12日間」の間の日本。


ヒトラー最期の12日間の日本。その2。


「看羊録」その1。


「看羊録」その2。


「看羊録」その3。


「看羊録」その4。


「看羊録」 その5。


東国原(ひがしこくばる)県知事関連。


東国原(ひがしこくばる) その1。


東国原(ひがしこくばる) その2。


宮崎県政も見てやってください。


「荘子」と「進化論」シリーズ。


なぜ、日本人は進化論を信じられるのか?


ネルーの不思議な証言。


紀元前の進化論。


聖徳太子と荘子。


仏教と荘子。


禅宗と荘子。


長岡半太郎と荘子。


湯川秀樹と荘子 その1。


湯川秀樹と荘子 その2。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子。


夏目漱石と荘子。


武道と荘子。


武道と田舎荘子。


中島敦「名人伝」と荘子。


荘子の生物学。


"Do The Evolution"。


チャップリンと荘子。


「火の鳥 鳳凰編」と荘子。


「火の鳥 復活編」と荘子。


ハイデガーと荘子 その1。


ハイデガーと荘子 その2。


ハイデガーと荘子 その3。


ハイデガーと荘子 その4。


『茶の本』と功夫。


マスター・ヨーダと老荘思想 その1。


マスター・ヨーダと老荘思想 その2。


荘子の道と、仏性、良知。


荘子の処世と、価値のない木。


孔子と荘子と司馬遷と。


荘子の養生と鬱。


荘子と寓言。


絶対者と荘子の造化。


荘子とGod。


荘子とビートルズ。


“Glass Onion”  と荘子。


老荘思想(Tao)とビートルズ(The Beatles)


“I Am the Walrus”と荘子。


荘子、古今東西。


アバター(AVATAR)と荘子 その1。


至一の時代の人々と荘子。


障害者と荘子。


アバター(AVATAR)と荘子 その後。


アバター(AVATAR)と荘子と鈴木大拙。


ネイティヴ・アメリカンと老荘思想。


小泉八雲と荘子。


李白の逆旅と芭蕉と荘子。


芥川龍之介と荘子。


八雲とユングと胡蝶の夢。


ユングとタオと芭蕉の鬱。


エヌマ・エリシュと老荘思想。


「認知のゆがみ」と荘子。


マトリックスと荘子 その1。


マトリックスと禅と荘子。


寓話と公案とシュレーディンガーの猫。


境地とZoneと日本の弓術。


量子力学と荘子。


荘子とアリスとセイウチの旅。


無何有の郷と"Nowhereman”。


明鏡止水と勝海舟。


自然を感じてしまう人。


インセプションと胡蝶の夢。


世捨て人の系譜。


ベスト・キッドと荘子。


パプリカとインセプションと胡蝶の夢。


荘子とゴースト。


意識と無意識のあわいの荘子。


秋水篇の世界。


人為を嘆くヒト。


『荘子』逆読みのススメ。


荘子がいるらしき場所。


老子とトルストイ。


新井白石と天地創造。


インセプションと荘子とボルヘス。


荘子と『水槽の脳』。


正岡子規と荘子。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子 その2。


『論語』と『荘子』のドラッカー。


「素朴」対「機心」。


轍鮒の急と天地不仁。


至徳の世とプロメテウスの火。


「元気」の由来と日本書紀。


素領域と李白の逆旅。


大鵬図南と"From a Distance"。


曳尾塗中と籠の中の鳥。


荘子から陶淵明の草枕。


荘子の造化とラプラスの悪魔。


列子の人造人間は蝶の夢をみるか?


人のかたち、渾沌のかたち。


人間万事、ツァラトゥストラの偶然。


莫耶の剣の偶然、莫耶の剣の運命。


ユングと河合隼雄の道。


共時性と老荘思想。


心理と物理の“対立する対”。


ユングと鈴木大拙。


ジョン・ケージと荘子。


ジョージ・ルーカスと東洋思想。


荘子とクオリア。


ハイゼンベルクの機心。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子 その3。


朝三暮四の認識論。


『マトリックス』と胡蝶の夢。


ジョン・レノンと禅と荘子。


カンフーパンダと荘子。


荘子と『変身』。


カフカと荘子。


「怪」を綴るひとびと。


カフカと荘子 その2。


井の中のカフカ。


カフカのリアリティ。


『道化師の蝶』と荘子。


荘子とカフカと中島敦。


『雨月物語』と荘子。


「怪」を綴るひとびと その2。


ミヒャエル・エンデと荘子。


湯川秀樹と老子。


長岡半太郎と荘子 その2。


湯川秀樹と渾沌。


湯川秀樹と『山海経』。


荘子とビートルズ その2。


「The Zen of Steve Jobs」と荘子。


荘子のいるらしき場所 その2。


夢と記憶の東洋古典。


ミヒャエル・エンデと胡蝶の夢。


夢と鏡のドッペルゲンガー。


ボルヘスと『聊斎志異』。


身体技法と老荘思想 ~技と道~。


フィリップ・K・ディックと東洋古典。


「ペルソナ」と荘子。


『ダークナイト ライジング』と荘子。


『ダークナイト』と荘子。


『ダークナイト』と荘子 その2。


『ダークナイト』と荘子 その3。


『バットマン ビギンズ』とユングと荘子。


『田舎荘子』より「猫の妙術」。


双葉山と木鶏。


ハイゼンベルクと荘子。


一休さんと荘子。


地震予知と杞憂。


『ジョジョ』と荘子 ~波紋と仙道~。


ディックとユングと東洋思想。


フィリップ・K・ディックと禅と荘子。


フィリップ・K・ディックと荘子。


ディックと禅とLSD。


大鵬と荘子。


『黄金の華の秘密』と『夜船閑話』。


瞑想と煉丹、瞑想と練金。


太陽と月、男と女の錬金術。


スカラベと玉蝉。


ユングと自然。


ユングと自然 その2。


ユングと自然(じねん)。


フィリップ・K・ディックのリアリティ。


ディックとユングと東洋思想 その2。


マトリックスと荘子 その2。


クラウド アトラスと火の鳥 その1。


クラウド アトラスと火の鳥 その2。


『完全なる首長竜の日』と胡蝶の夢。


アニメーションと胡蝶の夢。


荘子の夢、蕉鹿の夢。


「穆王の旅」と「浦島太郎」。


サリンジャーと荘子。


ボルヘスと荘子。


アーシュラ・K・ル=グウィンと荘子。


ル=グウィンと荘子 その2。


兼好法師と荘子。


兼好法師と荘子 その2。


兼好法師と老子。


兼好法師と荘子 その3。


『徒然草』と追儺。


追儺と鬼、追儺と桃。


四方拝と北斗七星。


桃符と急急如律令。


兼好法師と荘子 その4。


惻隠の情と千金の璧。


荘子と太一と伊勢神宮。


スティーブ・ジョブズと禅と荘子 その5。


ディックとル=グウィンの夢と現実。


「如水」の由来と諸子百家。


ブルース・リーと東洋の思想 その1。


ブルース・リーと東洋の思想  その2。


ブルース・リーと東洋の思想  その3。


ブルース・リーと東洋の思想  その4。


ブルース・リーと荘子。


ブルース・リーと禅と荘子。


『荘子』と『淮南子』の宇宙。


『淮南子』と『日本書紀』 ~天地開闢~。


嫦娥と兎とひきがえる。


中国古典と八紘一宇。


「民のかまど」と中国古典。


Mobile

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

Let's link!

Favorite Blog

ピエール・モリニエ koike1970さん

天草空の旅、オリー… kelly:さん

SAMEJIマジメ日記 … musamejiこと鮫島宗哉さん

Comments

ジャンボ鶴田丸@ Re[2]:儒教の祭祀と「祀られるもの」。(07/12) ぽえたりんさん >ジャンボ鶴田丸さん コ…
ぽえたりん@ Re[1]:儒教の祭祀と「祀られるもの」。(07/12) ジャンボ鶴田丸さん コメントありがとうご…
ジャンボ鶴田丸@ Re:儒教の祭祀と「祀られるもの」。(07/12) 蒸し暑い日が続きますね。 ところで質問で…
ぽえたりん@ Re[1]:儒教の葬儀と斎戒沐浴。(05/06) ジャンボ鶴田丸さん コメントありがとう…
ジャンボ鶴田丸@ Re:儒教の葬儀と斎戒沐浴。(05/06) いつも楽しみに読ませていただいています…

 

2012.11.10
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
尖閣上陸ロッカー その名はトクマ(TOKMA)!
尖閣上陸ロッカー・トクマさんが幸福実現党から都知事選に出馬されるそうです。
カルト宗教のお布施とフジテレビの支援で生計を立てている産経新聞が報じています。

----(引用はじめ)----------------------------
幸福実現党、ミュージシャンを擁立
2012.11.7 19:54

 幸福実現党青年局長でミュージシャンのトクマ(本名・椙杜徳馬=すぎのもり・とくま)氏(45)が7日、都庁で会見し、都知事選への立候補を表明した。
 トクマ氏は東京都出身で青山学院大経済学部卒。今年9月18日に尖閣諸島(沖縄県石垣市)に上陸した。
 トクマ氏は「自分の国は自分で守るという意志を持っていかないと大変なことになる。自虐史観の払拭などを訴えたい」と語った。
----------------------------(引用おわり)----

参照:幸福実現党、ミュージシャンを擁立 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121107/elc12110719550002-n1.htm

安倍ちゃんが自民党の総裁に返り咲いたせいか、
モルモン教徒のロムニーがアメリカ大統領選挙で負けた腹いせか、
トンズラこいた我欲知事の太鼓持ちのしすぎで感覚が麻痺しているせいか、
全ての要素を差し引いたとしても、都政に関係ない発言しかしていない人の立候補を記事にできるのは、幸福の科学の機関誌と時事通信と産経新聞だけです(笑)。読者がバカだとしょうがないですね。

もともと、フジ・サンケイグループのzakzakには、産経のスポンサー・幸福実現党の連載がありまして、統一教会と並んで、産経新聞を支えている縁の下の力持ちさんですからある意味当然。他人の人生を食い物にして、日々カルトへの道へと突き進んでおいでです。これで品格とか国益とか言い出しますからね。この新聞(笑)。

参照:いざ!幸福維新 zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/rensai/society-r12899.htm

さて、
タモさんと大川夫人♪
幸福実現党の広告塔・みんなの田母神俊雄閣下について。

「第5回 真の近現代史観懸賞論文」の最優秀藤誠志賞に一色正春氏の「中国の狙いは尖閣だけではない」が輝きました。

参照:アパグループ 第5回 
http://www.apa.co.jp/book_ronbun/index.html

・・・タモさんを愛してやまない私からすれば、いくら元谷外志雄CEOが安倍晋三を初めとして「もらす男」を溺愛する性癖があるとしても、近現代史を語る上でコミンテルンのコの字が「サンフランシスコ」の「コ」の一字しかない時点で売国奴確定です。しかし、そこは断腸の思いで目を瞑りまして、

・外務省ホームページ
・平成23年版 日本の防衛 防衛白書
・中国安全保障レポート2011 防衛省防衛研究所編

と、えらいこと安上がりな参考文献から賞金300万円+一年間アパホテル泊まり放題+アパミネラルウォーター飲み放題+アパ社長ラーメン食い放題+エレベーター乗り放題をモノにした一色さんの天才を素直に褒め称えたいと思います。

参照:タモさんと高田純教授 その3。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/201201170000/

今回の審査委員は、
第五回 「真の近現代史観懸賞論文」 審査委員の顔ぶれ。
第一回最優秀藤誠志賞 受賞者 田母神俊雄
第二回最優秀藤誠志賞 受賞者 竹田恒泰 
第三回最優秀藤誠志賞 受賞者 佐波優子 
第四回最優秀藤誠志賞 受賞者 高田純  

と、統一教会でおなじみの渡部昇一先生が審査員長という、私心を差し挟んだり漏らすの余地など一切ない、八百長をする気満々の布陣でありました。おそらく、内容で評価を下したヤツなんて一人いればいい方です(笑)。もちろん、たとえだれかが反対しても募集する前から一色さんで決まっていたようですが(笑)。順当な流れでいくと、第六回は落合道夫、 鍛冶俊樹、あたりがおこぼれをもらうかな。

参照:タモさんと高田純教授 その3。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/201201170000/

田母神俊雄vs一色正春『日本を守りたい日本人の反撃』(産経新聞出版)
ちなみに、タモさんと一色さんの『日本を守りたい日本人の反撃』は、産経新聞出版より絶賛発売中!買ってないヤツは国家反逆罪で、裁判なしに銃殺!タモさんと一色さんの抱き合わせは今に始まったことではないですし、審査員としてのタモさんの公正さに疑問符なんて付くはずもありません。

参照:タモさんと広島と札幌と河合塾。
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/201207160000/

最近のタモさんの近況といえば、
>「沖縄女性暴行事件でテレビが連日米兵の危険性を訴えるが、この事件が起きたのは朝の4時だそうです。平成7年の女子高生暴行事件も朝の4時だったそうです。朝の4時ごろに街中をうろうろしている女性や女子高生は何をやっていたのでしょうか。でもテレビはこの時間については全く報道しないのです」

・・・などというツイートが批判を浴びていたようですね。

参照:田母神氏、ツイッターの発言に批判殺到、炎上状態に
http://news.livedoor.com/article/detail/7068285/

もともと、アパの懸賞論文の第一回からの審査委員であり、「アメリカの原爆はいい原爆」「アメリカのレイプはいいレイプ」が社是の産経新聞の故・花岡信昭氏同じ論調で、特段不思議なものではないです。基地の負担のない大阪の新聞で平然と載るものです。

参照:懸賞論文の審査委員になろう!!
http://plaza.rakuten.co.jp/poetarin/diary/20081113/

このパターンで言うと、来年の第六回最優秀藤誠志賞を受賞者は、惠隆之介さんあたりも有望です(笑)。平気な顔をしてウソをつく才能がおありですし。

ま、雑魚はさておいて、今週発売の『週刊新潮』に、
ついに法廷で戦火を交える「田母神元幕僚長」不倫騒動 週刊新潮。
『ついに法廷で戦火を交える「田母神元幕僚長」不倫騒動』というタイトルで、タモさんのお家事情が載っています。愛人がいるのは公然の秘密で、何度かご自身でおっしゃっております。報道によると福島の学習塾の経営をされている方を「一目惚れ」させてしまい、その後も秘書という名目で講演に同行させたり、他人には紛争の危機を煽っておきながら、愛人とアメリカ旅行も楽しんでおいでだそうです。現在もその女性と同居中とのこと。ま、タモさんの名誉に傷をつけるところから察すると、どうせ、この塾講師とやらもコミンテルンの工作員ですよ(笑)。

そういえば、去年の一月に、持ち主の防衛能力の低さから、タモさんの自宅マンションに空き巣が入りまして、タモさん自身がコメントなさっていたんですが、あのときの歯切れの悪さは愛人の巣だったからというわけなんでしょうか。現在タモさんは奥さんと係争中のようでして、報道によると専業主婦の奥さんに一時期、生活費すら支払わない状況もあったそうです。さすが、甲斐性も抜群のタモさん。大川隆法とべったりなのも頷けます。

参照:大川きょう子氏、文春・新潮で大川隆法総裁の私生活を暴露!
http://dailycult.blogspot.jp/2011/01/blog-post_27.html

公民館はアメリカの陰謀!
これで道徳とか語りますからね。

今日はこの辺で。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2012.11.11 10:22:53
コメント(0) | コメントを書く




■コメント


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.