2039342 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

無題

PR

Category

カテゴリ未分類

(5522)

連続ドラマ

(0)

大河ドラマ『新選組!』

(0)

大河ドラマ『義経』

(0)

大河ドラマ『功名が辻』

(0)

大河ドラマ『風林火山』

(0)

大河ドラマ『篤姫』

(0)

大河ドラマ『天地人』

(0)

特別大河『坂の上の雲』

(0)

大河ドラマ『龍馬伝』

(0)

大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』

(0)

俳優・女優・タレント・スポーツ選手

(0)

日本史・歴史・時代劇

(0)

音楽・音楽番組

(0)

単発ドラマ

(0)

邦画(日本映画)

(0)

洋画(海外映画)

(0)

バラエティ・アニメ・その他のTV番組

(0)

TEAM NACS&OFFICE CUE

(0)

Recent Posts

Rakuten Profile


str2000さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
テレビドラマ  映画  J-POP  歴史人物  大河ドラマ  新選組 

Favorite Blog

二人の文化祭・中日 New! あほんだらすけさん

花子とアン 第10… New! レベル999さん

【 あすなろ三三七拍… New! くう☆☆さん

どこまでいけるか New! k-nanaさん

サメ博士 New! コッチネッラさん

水難事故にご注意を! 埼玉・危機管理さん

本日の写真 けんじPP1さん

Calendar

Archives

2014.07
2014.06
2014.05
2014.04
2014.03

Comments

str2000@ Re[1]:最悪…(10/14) ita_wind7さん 御心配をおかけしてすみま…
ita_wind7@ Re:最悪…(10/14) お体のほう、大丈夫でしょうか。 パニック…
str2000@ Re[1]:三十代最後の日(08/13) k-nanaさん ありがとうございます^^ nana…
k-nana@ Re:三十代最後の日(08/13) お誕生日おめでとうございます^^ こんな…
str2000@ 追記:文字数制限のため 精神的に行き詰ってる時って、 この手の自…
str2000@ おはようございます。 既に起きています。 ナチュラルハイで軽躁…
str2000@ 次の記事 既にUP済みです。
str2000@ Re:苛々極限その3|続・ペットの飼い主のマナー(07/27) つづきUP済みです。 もう止めたいけど、…
str2000@ Re:苛々極限その2|ペットの飼い主のマナー(07/27) 続きUPしました。 http://plaza.rakuten.c…
str2000@ 続きUP済みです。 追記してしまうと「最終更新日」の時刻が…

Rental Ranking

Rakuten Ranking

Recommend Item

Let's link!

Rental Favorites

Rakuten Download

Mobile

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

Keyword Search

▼キーワード検索

 

2005.12.21
楽天プロフィール XML
カテゴリ:連続ドラマ
最終回の感想はこちら

『1リットルの涙』 最終回 「遠くへ、涙の尽きた場所に」


 ◆キャスト◆

池内亜也 … 沢尻エリカ

池内潮香 … 薬師丸ひろ子

麻生遥斗 … 錦戸亮
池内亜湖 … 成海璃子

麻生芳文 … 勝野 洋
池内弘樹 … 真田佑馬
池内理加 … 三好杏依→
杉浦まり … 小出早織
河本祐二 … 松山ケンイチ
恩田耕平 … 水谷百輔
西野良三 … 佐藤重幸

水野 宏 … 藤木直人

池内瑞生 … 陣内孝則




 ◆スタッフ◆

原作  … 木藤亜也 『1リットルの涙』

脚本  … 江頭美智留 大島里美 横田理恵

演出  … 村上正典 木下高男

音楽  … 上田益

主題歌 … K. 『Only Human』

挿入歌 … レミオロメン 『粉雪』



     →公式サイト




人の役に立ちたい。
そう思う亜也は、自分が出来ること。。懸命に詩を書いていた。

一方の遙斗は、亜也とあわなくなり、鬱屈した生活を送っていた。

亜也、二十歳。
病気になってから5年。昔の私を、もう思い出せない。

水野はラットでの研究報告をしたが、
成果の得られない研究に、他の医師たちの見方は厳しかった。

家族の揃った病室。
亜湖の絵が賞をもらい東高に貼り出されるという。
それを聞いた亜也は「いきたいな、ひがしこう。。」と。
両親と亜湖は、東高へ亜也を連れて行った。

校内では、後輩達が合唱コンクールの練習─『3月9日』を歌っている。
よみがえる日々─
亜也の絵は、家の豆腐屋の前でとった家族の集合写真を絵にしたものだった。
「来てよかったな。。15歳の私は、ここで確かに生きていた。」



かつて遙斗が持ってきた鉢植え。
花びらが一枚一枚開いていく。


亜也は立ち上がろうと、ベッドのふちに手を掛けたが。。
「おかあさん、もう、あるけない。。」
(お母さん、私は何のために生きているの?)
亜也の心の声が響いた。

運動能力の低下が著しい亜也。
「急に危険な状態に陥る危険性があります。」と両親は水野からそう告げられた。

病院の校内で遙斗を見かけた父が声を掛ける。
「俺はな、お前には十分すぎるほど感謝してるんだ。だから、これからは、お前はお前の人生をきちっと生きてくれ。」

一方、母は、病室の前にいた麻生教授に声を掛ける。
遙斗は自分の殻に籠もってしまったという教授。
教授は遙斗の兄の死について話す。そして。。
「今のお嬢さんとの時間を大事になさってください。」



亜也は、不自由な身体を押して必死で日記を書いていた。
「こわいの。。いま思ってる気持ちかかなかったら、あしたには忘れて、消えてなくなっちゃうでしょ?」


病院内を移動していると、
医大の4年生。。実習生達が亜也に挨拶をしてくる。
亜也の話し方を見て、子ども扱いをする実習生。
それを見ていた遙斗は、亜也が通り過ぎた後、実習生たちに一言言わずにはいられなかった。

「あの。。もっとちゃんと勉強してください。
 あいつ、身体上手く動かせないけど、うまくしゃべれないけど、
 幼稚園児じゃありません。
 頭の中は、あなたと一緒です。ちゃんとわかりますから。」


遙斗は、そう言い放って亜也の後姿を見送った。
その姿を、亜湖が見ていた。


水野医師は、研究に没頭していた。
その様子に院内では、水野医師の転院の噂がされていた。
それを聞いていた亜也は、一人で食事をとっていた。
そして。。亜也は食べ物を詰まらせた。
そこに亜湖。
病室内は慌しさを増し、亜湖は、そんな姉の姿見つめ、ただ呆然と立ち尽くしていた。

駆けつけた家族が病室に揃う中、亜也は意識を取り戻した。
みんなの泣き顔が涙で曇った。
きっと私は、こんな些細なことで死ぬのだろう。


水野は様子を見に、亜也の病室へ。
すると亜也は、ペンを持ったまま倒れこむようにしていた。
日記を書きながら眠ってしまったようだ。
水野は、傍らに置かれていた一通の手紙を手に取った。

水野は授業を終えた遙斗を待ち伏せていた。
結局、亜也のことを何もわかってやれなかったという遙斗に、
水野は自分が神経内科になった経緯を話し、
そして、亜也への手紙を手渡した。
水野は遙斗に手紙の意味を伝える役目を託した。

亜也の病室のドアが開く。

「せんせ。。?」

 「すっかり根付いちゃったな。こいつ。」
遙斗は鉢植えを見てそういった。
カーテン越しの再会。

 「久しぶり。」
遙斗は、亜也と同じ病気を持つ子の手紙を読み聞かせた。
死にたいと思っていたが、亜也の詩を読んで力を得た子からの手紙を。
 
 「おまえ、人の役に立ちたいっていってたよな。
  お前と初めて会ったとき、
  俺は、人が死のうが、生きようがどうでも言いと思ってた。
  でも、今は違う!
  お前には、欲張ってでも、無理にでも、ずっと生きてて欲しい。
  だから、俺。。」

カーテンの隙間から手を伸ばす亜也。
遙斗はカーテンを開いた。
遙斗は、ベッドに横たわる亜也に手紙を手渡した。

「あそうくん。。あるけなく、なっちゃった。」

 「うん。」

「でも、あたし、やくにたてた。」
 
 「うん。」

「やくにたったんだよ。」

 「うん。そうだよ。」




水野が亜也の病室へ。

「せんせ。ほかの病院いくの?」
 「違うよ!どうして?」
「ずっと、ここにいる?」
 「いるよ。」
「みずてられたかと、おもった。いつまでも、あたしがよくならないから。」
 「見捨てないよ!絶対に見捨てない。だって君は僕の患者だもん!
  絶対に諦めたりしない。君の病気治すこと。
  だから、亜也ちゃんも諦めちゃダメだよ。」

「でも。。もし。。  あたしのからだ、つかってね。病気の原因、見つけてね。
 おなじ病気のひとの、やくにたちたい。」

水野は一瞬言葉を失った。そして。。
  「献体のこと言ってるの?」
亜也はうなずいた。
「せんせいの、やくにたちたい。」

「亜也ちゃん!今の君は、こんなに元気じゃないか、だから、そんなこと考えたりしちゃ、絶対にいけないよ!」
水野は涙を堪えて、笑顔で言った。 


自室に帰った水野は、悔しさをぶちまけた。





とりあえず今回は、ここで一時停止いたします。



論議を巻き起こした(?)ラストシーンでしたが、
こうして、最終回を振り返っていくと、
ひとつひとつの台詞が、
ひとりひとりの登場人物の表情が、
胸に突き刺さってきます。



ドラマ自体を、この日記上で完全に再現するつもりはないのですが、
胸に響いた台詞、シーンを拾っていくだけでも、膨大な量になてしまうのが、このドラマのすごいところです。






→人気blogランキング



藤木直人 関連作品
スローダンス DVD-BOX■スローダンス
妻夫木聡、深津絵里、広末涼子、藤木直人、小泉孝太郎、小林麻央、田中圭、西野亮廣、蛯原友里
花より男子 ◆20%OFF!■花より男子
内田有紀、坂上香織、藤原紀香、谷原章介、藤木直人
愛し君へ DVD-BOX■愛し君へ
菅野美穂、藤木直人、伊東美咲、玉木宏、森山未來、八千草薫、泉谷しげる、時任三郎
アンティーク 西洋骨董洋菓子店 1 ■アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~
滝沢秀明、椎名桔平、藤木直人、小雪、えなりかずき、眞鍋かをり、阿部寛







Last updated  2005.12.22 21:14:35
コメント(2) | コメントを書く




■コメント


Re:『1リットルの涙』あらすじ前編(12/21)   くぶくりん さん
遥斗が実習生たちに言ったシーンは感動でしたね。藤木さんはこの枠、連投だそうですね。 (2005.12.23 19:50:49)

Re[1]:『1リットルの涙』あらすじ前編(12/21)   str2000 さん
くぶくりんさん
このドラマのMVP級デスネ、遙斗は。
あれ?藤木さんは『小早川伸木の恋』だから木10じゃないですか?
次の火9は確かに『ナースのお仕事』っぽいですけど。。
(2005.12.23 21:29:22)

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.