081071 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

ロシア生活2004-2012

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

 

全8件 (8件中 1-8件目)

1

ロシアのお菓子、甘いもの

2006/09/16
楽天プロフィール XML
ロシアに高級チョコレートが登場しました。
ソ連時代から数々の有名なチョコレートはあるものの、
苦味なく砂糖の味が強い
駄菓子のようなものだったこの国。
(それはそれでおいしいんだけど。)
バブリーな昨今の風潮に乗り、
ついに輸出可能な高級品の生産に
乗り出したらしいのです。
ロシア国産高級チョコレート、その名はコミリフォ

従来、ロシアで「コミ」やら「コム」とつけば、
コミンテルン(共産主義インターナショナル)」とか
コミンフォルム(共産党情報局)」とか
コムソモール(共産青年同盟)」などなど、
コミュニズム(共産主義)の略語でありました。
てっきりこれもそんな略語、と思いつつ

コミーリフォください」と

コミの後を伸ばして発音したら、

「ああ、コミリフォーね」

とお店のおばちゃんに笑われる始末。
なんとこのチョコのコミ付の名前は共産主義ではなく、

フランス語の"Comme il Faut"
(きちんと、申し分なく、立派な)

から来ているんですと!

ではおフレンチの風を漂わせつつ立派なこのおチョコは
どんなものかというと、
やや秋めいたパッケージ。

パッケージ

この女の人、ロシア人なのかなぁ、
それともフランス人なのかなぁ。
上蓋を開けると、

内側

さらに封をされた二つの箱が。
ロシアのチョコレートには珍しい、
いくぶん過剰な包装です。
それぞれの箱にはチョコレートが4粒ずつ。
一箱に4つ。計8個で660円。
この少なさ、高さも今までなかったような。
その8分の1の珠玉(かもしれない)のチョコレートはこちら。

チョコレート

チョコレートでコーティングされた内側に
もっと明るい色の柔らかいミルクチョコレートが入っていて、
上に乗っているカシューナッツの硬い食感とあわせると、
うむ、なかなか悪くありません。
しかし、ベルギーの高級チョコレートなんかに比べると
それほど味が凝っていないというか、パンチがないというか、
やっぱりロシアは素朴だなぁというか。
あと、お上品ぶるには、サイズが微妙に大きいような。

来年のバレンタインシーズンには
日本にも上陸するそうです。
見かけたらどうぞ試してみてください、コミリフォー。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006/09/20 06:02:04 PM

2006/08/14
これが先日ちょっと書いた
ロシアのスイカ・ジュースです。

スイカジュース
1リットルパック約125円。ぶどうネクターとのミックスです

ガワまでスイカ柄。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006/08/15 03:15:14 AM

2006/03/17
いかに甘いものが
私の日々のdelightになっているかを示すかのように
高頻度でのシリーズ更新です。

まず「マルメラード」

マルメラード

蒲鉾ではありません。
フルーツゼリーです。レモンやオレンジ、ライムを
かたどっていると思われます。
だけどこの色はなんなんでしょうね!赤い皮、緑の果実!!
もしかすると日本では、
食品への使用が許可されていない染料なんじゃ…
という疑念が頭をよぎりますが、
外がじゃりじゃりして中がしっとりという食感がやめられません。

次に「クリーム」

クリーム

これは見つけたとき、「しまった!」と思いました。
要はキャラメルなのですが、舐めるお菓子ではなく、
さくさくかじれるように作ってあります。
だからどんどん食べられる。
だけどそれって確実におデブの素。(あと虫歯も危険。)
私、相当のキャラメル好きなので、
歯止めがきかなくなることを真剣に怖れて、
「1日2個まで!」と必死に自分に言い聞かせました。

それから「スマイル」

「やあ」

smile1

「やあ」「やあ」

smile2

「やあ」「やあ」「やあ」「やあ」

smile3

…いけない、食べ物で遊んでしまった。
中はピーナツクリームです。
鼻や眉毛もかいてあるのですが、わかりにくいので、
薄暗い台所で見たときは
目と口だけが髑髏の虚空のように迫ってきて
かなり不気味でした。
「ぼくスマイリー。仲良くしようよ。食べちゃダメ」
でも食べる。微笑んでくれようがバリバリ噛み砕く。
ごめんねスマイリー。

今回ご紹介した最初の二つは、
ペチェーニエ(クッキー)ではありませんでした。
タイトルに偽りありですが、ご容赦を。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006/03/25 08:03:19 PM

2006/03/13
相変わらず食べています、ペチェーニエ。
今回も写真入りでご紹介しましょう。

まず「アフロディーテ」

アフロディーテ

砂糖でコーティングされている中味は、
緑色のジャムがついたクッキーです。
このジャムがいったい何なのか…
というのは考えないでおきましょう。

次に「マリー」

マリー

マリーって、森永だけじゃないんですね!
世界各地にあるんでしょうか。
ちょっと発見した気分。
でも森永のより薄くて硬かったです。

最後に「ハニー」

ハニー1

どこがハニーかというと、
上部にかかっているクリーム部分がそう。
蜂蜜好きの私としては、
ちょっと物足りない感じ。

ところでこれを買ったとき、
「ハニーを2個」と言って出されたもう片方が
これです。

ハニー2

なにをどうやったら
この二つが同じ名前のペチェーニエになるんでしょうか。
大雑把さがペチェーニエの特質の一つと見たり。さすがロシア。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006/03/19 02:04:33 AM

2006/02/16
ロシアには様々なクッキー
(ロシア語でペチェーニエ)があります。
クッキーと言うと、「お紅茶とクッキーでも…」みたいな
ちょっと高級な感じがしますが、
ロシアのこれは、市場で売られていること、
量り売りであることを考えると、
どうも駄菓子なんじゃないかと思います。
なにしろ安い!以前、それを知らなくて
人の家にお呼ばれのときにお土産にしようと
いろいろな種類のを計400グラム買ったら、
「60ルーブリ(=約240円)」と言われてビックリ。
お土産としては安すぎるかも、と
焦ったことがあります。

今日は具体的にいくつかご紹介しましょう。
まずはこちら、「トプトゥイシカ」(たしか。)

熊

クマの絵がちょっと可愛いと思って購入。
裏はチョコレートです。

次に「甘い魔女」。
白と黒の二色があります。

甘い魔女

ちなみに白いほう、
ホワイトチョコレートだと思ったら大間違い。
コンデンスミルクです。
黒いほうも本物のチョコではない、と
ロシア人から聞いたことがあります。
じゃあなんなんだろうね…?

最後にこちら。

レゲエ

これは…なんなんでしょうね。コンセプト不明。
強いて言うなら…爪?
でも名前は「レゲエ」。なぜ。
付言すると、苺ジャムの部分が歯にくっつくので
かなり食べにくかったです。

まだ他にもいろいろあるので、
ペチェーニエ紹介、シリーズ化しようかと思います。



そう言って、甘いものをたくさん買う口実にするのであった。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2006/02/21 05:02:40 AM

2005/06/26
このまえ「シナモン入りのピローグ」と書いたら
反響があったのでまた甘いものの話。

ロシアには「メドヴィーク」というケーキがあります。
これは「ミョード(蜂蜜)」から来ている名前で、
かなりがっちりしたスポンジケーキの間に3層くらい
蜂蜜と生クリームがまぜあわせて塗られています。
ちょっとキャラメルっぽい味。
おいしいのです。一度食べたらもうトリコ。
はまってます。

しかし問題は、このケーキ、
箱入りの大きなサイズでしか売っていないことです。
一人で食べたら一線を越えるような気がする…

ということでたまにお客さんが来るとなると、
これはチャンスとばかりに一箱買い、
どうぞと出して、自分も久々の味を堪能するのですが、
客にとってはいつもメドヴィークが出てくるので、
私はこれを常食しているかのように
思われてしまっているのでした。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2005/06/29 03:06:05 AM

2005/01/08
こちらではたくさんの種類の
パック入りジュースを売っています。
オレンジ、リンゴ、ミックスジュースあたりは
日本でもおなじみ。
しかしグレープ、洋梨、桃、チェリーとなると、
日本では常に店に置いてあるとは限らないんじゃないでしょうか。

そんな中、今日スーパーで見つけたのは「イチゴのジュース」。
紙パックには、"100%GOLD"という商品名と共に、
赤くておいしげなイチゴがでかでかと印刷されています。
でもイチゴ100%ってありえるのか?どんなジュースだ?
それともイチゴヨーグルト?でもヨーグルトドリンクは別の棚にあるしなぁ。

ともかく買って帰って、コップに注いでみると。
出てきたのは赤く透き通った液体。
これは何かに似ているぞ。そう、まるで、
氷イチゴのシロップ!

飲んでみても、たしかにシロップの味がしました。
こんなジュースもあるのね。
綿菓子、カルメ焼など、単純に甘いお菓子が好きな私は
けっこう気に入ってしまいました。
けど絶対イチゴ100%じゃないよな。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2005/01/09 01:21:08 AM

2004/12/22
この頃、ブリヌィ(ロシアのクレープ)にハマッてます。

大まかに言って、
チーズ、お肉、サーモン、イクラなどが包まれた食事系ブリヌィと
蜂蜜、チョコレート、キャラメル、果物などが中味のデザート系ブリヌィの
2種類があるようです。私のお気に入りはデザート系。

最寄駅の駅前に、ブリヌィのチェーン店「テレモーク」のスタンドがあるので
帰り道に通りかかるたびに、いろいろ買って試しています。
これまでのベストはキャラメル。蜂蜜もけっこうよかった。
バター+砂糖というのは、あまりぱっとしない味。
キャラメル+りんごってのも、ボリュームがあっておいしかったです。

イチゴ、スメタナ(ロシアのサワークリーム)、
トヴァローグ(ロシアの少し甘いチーズ)など
まだ試してないのもこれからどんどん食べるぞー。

太っちゃうのかもしれないけどー。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2004/12/24 06:17:21 AM

全8件 (8件中 1-8件目)

1

Category

Archives

・2014/10
・2014/09
・2014/08
・2014/07
・2014/06

Calendar

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.