856171 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

心身爽快ヨガノート

全て | カテゴリ未分類 | メルマガ | 爽快ヨガ | 体に良いコラム | 心に効くことば | メッセージ | ヨガキャラ・コーナー | 創作ノート | スピリチュアル&自然 | 武術・武道ノート | ラジヨガ | nobo∴ヨガポーズ集(閲覧注意(・^v^・)) | ユーチューブ動画を見る | 電車でヨガ! | ヨガ体験ノート | ヨガポーズ★イラスト図鑑 | ヨガ呼吸法ノート | マンガで簡単ヨガ | 椅子ヨガ | ヨガ活動・ワークショップ等 | ぽえむわーるど | Studio+Lotus8 沖ヨガクラス | 気功導引&伝統健康体操 | ヨガ実技ノート | ヨガ周辺知識ノート | アシュタンガヨガノート | 沖ヨガ・龍村ヨガノート | blogヨガ講座 | ヘッドスタンド | 新・ヨガ爺に聞け | ひとりゴトゴト | へたへたアフィリエイト | 体の名前
2006/09/10
楽天プロフィール XML
カテゴリ:爽快ヨガ
シルシアーサナはヨガポーズの王様ともいわれる
ヨガの象徴的なポーズです。



シルシアーサナの形
頭(シルシ)を、床につけた逆立ちです。

頭の頭頂からやや前を床につけ、
両手(腕)でそのバランス補助をします。

通常は前腕部を床につけ頭の後ろで両手を組みます。

他に、3点倒立、掌と頭を床につける倒立も
このシルシアーサナの一つのやり方です。 




シルシアーサナの呼び方
このシルシアサナは、
いろんなヨガ流派、団体、先生により
呼び方の微妙な差がありますので、一応参考までに示します。

  • 沖ヨガでは、逆立ちのポーズ

  • アイアンガーヨガでは、サーランバーシ-ルシャーサナ

  • 佐保田ヨーガでは、頭立ちの体位

  • 広池ヨーガでは、垂直倒立

  • 綿本ヨーガでは、頭立ちのポーズ


  • などと呼ばれます。

    これを聞いただけで、その人がどの系列のヨガをやっているのか
    わかったりします。

    pupujonjonさんは”頭立ちのポーズ”と言っていますね。
    pupujonjonさんブログ

    konomiさんは”逆立ちのポーズ”と言っています。
    konomiさんブログ

    上の言い方に照らし合わせてください。(笑)




    頭を”しるし:印”というのは
    なぜか日本語にもなっています。

    しるし [0] 【首・首級】
    〔「しるし(印)」と同源〕
    くび。首級(シユキユウ)。「み―頂戴いたす」
    ――をあ・げる
    首を取る。「敵将の―・げる」

     三省堂 大辞林より



    倒立のポーズ(シルシアーサナ)の効用と注意

    倒立のポーズによる体の変化の実験が、「ヨーガ医学大要」
    ベナレス・ナラシンハ・ウドゥパ(ベナレス・ヒンドゥー大学名誉教授)著
    木村慧心訳  たま出版刊 に出ています。

    この実験では8人に3ヶ月倒立のポーズ(Shirsasana)を行なわせ、
    データを取った報告が書かれています。

    その実験によると平均血圧が
    116/76mg(最高/最低)だったものが
    110/74mgに下がったとあります。

    止息実験が
    69秒から
    81秒と長く息を止めていられるようになる。

    体内物質の変化
    コリンが1.807μg/100cc⇒3.08μg/100cc
    アドレナリンが僅かに増加
    ノルアドレナリンは僅かに減少     
    17-ヒドロキシコステロイド  24.7mg/100cc⇒5mg/100cc

    このデータから著者は
    こうシルシアーサナの効果を結論します。

    「これらの事実からして、肉体を動かす座法としての
    倒立のポーズは、多くの心理的ストレスにさらされる者のなかで、
    特に筋肉質の体質を持ち、高血圧になりやすい者に、
    非常に効果的に働くと言えると思います。」


    また倒立のポーズの危険性としてこう書いています。
    「しかしすでに高血圧に罹ってしまった者の場合には、
    この倒立のポーズをしますと、脳血管の破裂の危険がありますので、
    行じない方がよいと思います。」


    同書では、同じ効果をもち、
    シルシアーサナより神経を静める効果のあるポーズとして
    ”肩立ちのポーズ(サルワンガーアサナ)”も載っています。




    シルシアーサナのための準備体操考

    また、このシルシアーサナの練習中、バランスを失って
    転がるとき、首を痛めるおそれがあります。

    そのため私は、
     首の体操
     マット運動の前転、後転の予備運動を
    することをお勧めします。

    他にヨガポーズの
    ハラーアサナ(鋤のポーズ)、肩立ちのポーズ(サルワンガーアサナ)
    ウサギのポーズ(ササンガーアサナ)などに習熟しておくのがよいと思います。



    ポーズが出来てしまえば長時間行なう時以外は
    首にそんなに負担は掛から無いようですが、
    練習中は、予想外の力がかかることもあるでしょう。

    そのために首の体操やトレーニングもよいかと思います。

     首の後ろに逆扇形に広がる”僧帽筋
     首を上げるとき働きます。

     大きい左右の首筋”胸鎖乳突筋”、
     耳の後ろから 鎖骨の真中に向かっています。
     首を下げるとき使います。

     この辺の首の筋肉を意識して柔軟体操などおこないましょう。

     たとえばヨガポーズ、ウサギのポーズで、お尻を動かし、首をいろいろな方向に動かす、
     捻る、回すをしてみて下さい。(ゆっくりと無理しないようにですよ!!)
     レスラーが首を鍛えるとき行なう前ブリッジの効果があります。





    倒立のポーズの研究、1回目は
    「なるほど!シルシアサナ」知識編でした。







     









    楽天SocialNewsに投稿!

    最終更新日  2006/09/10 03:38:44 PM




    Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

    Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.