842591 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

心身爽快ヨガノート

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

全て | カテゴリ未分類 | メルマガ | 爽快ヨガ | 体に良いコラム | 心に効くことば | メッセージ | ヨガキャラ・コーナー | 創作ノート | スピリチュアル&自然 | 武術・武道ノート | ラジヨガ | nobo∴ヨガポーズ集(閲覧注意(・^v^・)) | ユーチューブ動画を見る | 電車でヨガ! | ヨガ体験ノート | ヨガポーズ★イラスト図鑑 | ヨガ呼吸法ノート | マンガで簡単ヨガ | 椅子ヨガ | ヨガ活動・ワークショップ等 | ぽえむわーるど | Studio+Lotus8 沖ヨガクラス | 気功導引&伝統健康体操 | ヨガ実技ノート | ヨガ周辺知識ノート | アシュタンガヨガノート | 沖ヨガ・龍村ヨガノート | blogヨガ講座 | ヘッドスタンド | 新・ヨガ爺に聞け | ひとりゴトゴト | へたへたアフィリエイト

武術・武道ノート

2009/06/12
楽天プロフィール XML
カテゴリ:武術・武道ノート
沖ヨガは修業法の総合デパートですから
武道の体の使い方なども行法に゙ヨガ武道゙という名で
取り入れています。これは私の得意な分野ですから、
自分のクラスではどんどん取り入れて行こうと思います。
先のレッスンでも
太極拳(第2式)と英雄のポーズ(ビィラバドラーサナ)の両方してもらい、
ふたつのポーズ動きの共通点など説明しました。
腕を引っ張られたときビィラバドラーサナ2で
引きに負けない強い姿勢を作ったり、
引かれる力を利用して相手に入り身して
太極拳2式の動きで相手を投げる動きなど
説明しました。
実は、きれいなヨガポーズは、
合理的で強いヨガポーズなのです。
こういう心身統一したヨガの強さを
実際に体験するのも
ヨガの勉強になります。
『この辺に自慢げな文章を入れていたのを消しました。すいませ~んm(_ _)mnobo∴』
きれいで゙強い゙ヨギーニ、ヨギーを私のクラスで
育てます。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2013/09/10 05:48:20 PM

2008/12/04
カテゴリ:武術・武道ノート
前回の答えは
ウッテッタ・パールシュワコーアサナです。
側面を斜め角度に伸ばすヨガポーズ(アーサナ)。

投げ技”腕まき捨身(腕返し:かいながえし)”は、
腕まき捨身(腕返し:かいながえし)nobo技
このポーズの姿勢を作ることにより、斜めの軸を相手との間に作ります。
ウッテッタ・パールシュヴァコーナアサナ

胸を持つ手と後ろ足を結ぶ軸です。
その前に相手に対し、真横に並ぶことにより
自分の方にわずかに引き寄せる崩しをします。
気づかれないように、手で引くのではなく
体重移動を利用した崩しです。

そこから、相手脇下を覗き込むように
前足と後ろ足を入れ替え90度方向転換をし、
パールシュワコーナアサナの形を作ります。
(捻じりのパールシュワコーナアサナではなく
相手に対し後ろを向いたパールシュワコーナです。)

天井を見るようにしながら相手の腕を
自分の腕に巻きつけます。
自分の斜め回転軸の力を利用して相手を
巻き込んでいくのです。

そのまま回転をつづけ捨身をすると
自分の持つ力”体重”を利用した技になります。
力を出すのではなく、重力を味方にします。

この技は、私が稽古していた日本柔術(養正館武道)の技ですが
ヨガポーズと同じ姿勢が入っています。
こういう面で見て行くと
ヨーガアーサナはストレッチ効果だけの姿勢でなく
ムーブメントと言うのでしょうか、動作的にも生かしていける
優れたものが見出せるようです。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2008/12/04 08:53:59 AM

2008/12/02
カテゴリ:武術・武道ノート
いま背景に使っている投げ技動画には、
あるヨガポーズが隠されています。
というか、瞬間に共通の姿勢を作ります。

それは何のポーズでしょうか?(^-^)
ヒント。アシュタンガヨガの立ちポーズの中に出て来ます。

技の理合と答えは
次回に~






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2011/01/22 11:53:07 PM

2007/11/13
カテゴリ:武術・武道ノート
わたしが学んだ、合気道において
ことばのパワーを開祖、植芝盛平翁はこう言われている。

”う”は、「心気充実して発する音」

”は”は、「充実している気息が体外に漏れ出る音、活力を失する。」

う!は沖ヨガ”あいうえお体操”での沖 正弘先生の説明と同じですね。
→「犬が飛び掛るときの唸り声、腹に力を統一するときの音が”う”」

は~と呼吸する代表は、ため息ですから植芝盛平先生の
”活力”を失する音というのが理解できると思います。
攻撃に活用するなら”破っ!” ”覇っ”という気合を
敵にぶつけることで活力を奪うんでしょうか?

また、は音は”ハ~~~”と固まった心を解くリラックスに、
活用すればヨガ的な呼吸になるのではないでしょうか。

続いて、え・や・とです。
武道の掛け声としてよく聞く音です。この意味をご存知でしょうか。


”え”は「分ける、分けさせる音」で”枝”のえです。
相手の気力を分散させる掛け声です。


”や”は「直線にはせ出る音」で弓矢の”矢”
相手の本体を突き刺す攻撃の音です。

”と”は「物事が終わった状態の音」で止る、泊まる
相手を停止させる、とどめをさす音です。


このことばの力、言霊を武道では使っていたのです。
でも合気道はこれを発声せずに、無言の気合として修練するんです。

そして合気道のめざすものはこれです。

「敵が宇宙そのものである私と争おうとすることは、
宇宙との調和を破ろうとしているのだ。
すなわち、わたしと争うという気持ちをおこした瞬間に、
敵はすでに破れているのだ。」 

 武の真人 砂泊兼基 たま出版より


”人体即宇宙” ”生命即神” ”梵我一如”の
ヨガの境地の教えと同じではないですか!

`☆´`☆´`☆´`☆´`☆´`☆´`☆´`☆´`☆´

今日は、ヨガスタジオ姿工房に遊びにいきます。
石田先生に頼まれていた、龍村先生の本を届けにいきます。
龍村先生に石田先生のことを言うと

「おーしなこさん、覚えてるよ。道場に来とったね~」と
 おっしゃってました。

また石田先生も、合気道本部道場(合気会)の朝稽古に
数年通われていたそうですから、
この記事の話も通じる方です。\(^o^)/



`☆´`☆´`☆´`☆´`☆´`☆´`☆´`☆´`☆´







 





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2007/11/13 07:47:43 AM

2007/04/17
カテゴリ:武術・武道ノート
戦士のポーズ、ウオーリア(ヴィラバドラーアサナ)
実際にヨガをやられている方なら名前と形は、ご存知だと思います。
これが名前だけではありません。

この形は、合気道や太極拳で対人動作で使う大事な姿勢です。
その一例をイラストでお見せします。

みやび☆野馬分そう
相手の突きを流し引き込むと同時に踏み込み、入身。
喉元へ前の手を差し込んでいます。
そのとき使うのはウオーリアの足腰の形です。
後足からの力を腰の前進力として使い
相手の腰を崩します。

 この技のポイントや力学的なことを矢印で書いていますが
 詳しい説明は省略させていただきます。
 実はすごい極意が書いてあります。



合気道で呼吸投げ( 養神館では側面入り身投げ、武道正風会、胴返し)といいます。
太極拳では野馬分そう(24式太極拳の第2式)といいます。
野生の馬が左右にタテガミをなびかせて走るの意味です。

このとき前の手が剣だとすると相手の喉下を切り込んでいます。
一撃必殺の技です。



このようにヨガポーズ、ウオーリアは
実際に使える、実戦の姿勢でもあるのですd(^-^)









楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2007/04/17 02:16:49 PM

2007/01/20
カテゴリ:武術・武道ノート
太極拳の表演で見せ場のひとつ
トウ脚(とうきゃく:トウは足へんに登)
みやび☆トウ脚
ゆったりと
両手を内から外へまわし広げそれと同調し
片足蹴りをする動きです。



24式太極拳では、第13(右)と15式(左)です。

両手は両脇の敵に対し防御の形をとっています。

これを行なうと両肩の開きと
股関節の開きが関係しているのがわかります。

そして背骨と手足の関係が理解できます。
背骨を伸びやかにし、手足を開く用意をしています。
背骨を固くしたら手足は伸びにくくなります。
開く力を使うのです。遠心力です。

脚を上げる筋肉のメインは
背骨(腰椎)と大腿骨をつなぐ
”大腰筋”という強力なインナーマッスルです。

呼吸は最後、吐き出すことでお腹を引き締め
引き締めたチカラで遠心力に対しエネルギーバランスをとります。
ヨガでいうとウッデヤーナバンダです。



一方ヨガポーズ
ウッティタハスタ・パーダングシュタアサナ
ウッティタハスタ・パーダングシュタアサナ☆横上げ


これをするときアシュタンガヨガでは、腰に手を当て
バンダ(お腹のひきしめ、骨盤底筋群の引き上げ)を
サポートし
横に開脚上げをするときは反対方向にも肩を開きます。
太極拳の呼吸とこのヨガバンダ
肩の開きと股関節の開きの連携は共通なのです。


太極拳の蹴りで、使う大腰筋の強化ポーズも入ります。
ウッティタハスタ・パーダングシュタアサナ☆手放し前上げ



それに呼吸を深くしながら動きをしていく太極拳は
アシュタンガヨガでいう”ヴィンヤーサ”に他なりません。

この二つの身体操法、ヨガと太極拳を
実際に体験していき気づいたことを書いてみました。










楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2007/01/20 10:45:27 AM

2006/10/27
カテゴリ:武術・武道ノート
先日、メールをいただきました。
富士常葉大学合気道部ブログさんからです。


心身爽快ヨガノート・トップヘ

nobonabe技
BUDO  YOGA
ヨガ武道


私のやっている流派
”正風会合気道”の部活をされている
ところです。静岡県富士市にある大学です。


 武道正風会(養正館)は歴史は古いんですが
 特殊でマイナーな流派なんで、
 大学の部活で活動されているのは
 たぶんあなたがただけです。

 東京でも大学の部活の合気道は、
 本家”合気会”ばかりですね。
 わたしは合気会もやっていたので良く知っています。

 富士常葉大学合気道部さんは貴重な存在です。
 やる人がすくないからこそ
 正風会の技と心を受け継いでいく
 意義があります。

 部活がんばって下さい。
 応援します。



私が最初に出会った合気道は
沖ヨガ本部道場の合宿でおこなわれていた、
武道養正館(武道正風会)のものでした。

そこで沖 正弘先生と親しい、望月稔先生が
”ヨガ武道”の名で指導されていました。

 望月先生は
 柔道創始者の嘉納治五郎師範の命で、
 講道館代表として合気道、植芝盛平開祖のもとへ
 派遣され、 近代二大武道
 ”柔道”と”合気道”の架け橋となったすごい方です。


武道正風会の合気道は、一般の合気道とは違い
古流柔術や柔道の
捨て身技から、寝技、足技まで取り入れた特殊なものです。

ことばは悪いかもしれませんが
お上品な合気道ではありません。

荒っぽくも見えるその稽古は
命のやり取り、技と技のぶつかり合いから生まれる
瞬間の”全身からの閃き”を大事にするためのものです。

合気道というより”正風会武道”というべき
総合武道なんです。

という特殊なものなので
武道専門誌にときどき紹介される以外
世に知られることもあまりないマイナー流派です。

でもマイナーにはマイナーの意義があると
最近思っています。


   nobonabe 
   武道正風会東京支部 助教 
             渡邊  
 
 
 





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006/10/27 09:23:07 AM

2006/10/09
カテゴリ:武術・武道ノート
合気道開祖、植芝盛平先生の言葉です。
これを読めば、合気道は”神道の宇宙観”を持っているという
ことがなんとなく嗅ぎ取れます。



心身爽快ヨガノート・トップヘ

BUDO  YOGA
ヨガ武道
合気道半身の構え★ひかり



「正坐をやってみましょう。

心で鼻の奥を眺め、へその緒まで通す。響きで開く。

宇宙の営みの世界を感じ見る。匂い、色、気の営み。

左の足の親指で右を包む。

左は伊耶那岐(イザナギ)、右は伊耶那美(イザナミ)にして体、

その本能によって経綸が行なわれる。

また伊耶那岐は火、伊耶那美は水
宇宙の気をいざないならう。

南は火であり、火は北の水に向かって進むのです。」

引用 「合気真髄」合気道開祖 植芝盛平語録
    柏樹社 刊より 

*「心で鼻の奥を眺めヘソの緒まで通す」

これは、ヨガでいえば、身体エネルギーの通り道
スシュムナー(中央導管)のことです。

”へそ”ではなく、”ヘソの緒”というところが
魂のレベルの話しだという感じです。
(胎児ではないんですから、いまはみんな付いてないですね。)

ヨーガのプラーナ・アー・ヤマ(呼吸行法)と同じことを
植芝盛平先生は言われているんですね。

*「左は伊耶那岐(イザナギ)、右は伊耶那美(イザナミ)」
この二神で示されるもの、これは
陰陽の力、”ハ(陽:太陽)”、”タ(陰:月)”と
その通り道を示していると思われます。
スシュムナーの横に螺旋を巻き通っている脈管
ピンガラー(日の気道)イダー(月の気道)です。

身体感覚を宇宙の働きに結ぶ、
これぞ、自然を神とし、人体を小宇宙とする教え、
日本の本来の神道であり、
インドの修行体系”ヨーガ”と同じなのです。

続きを読んでみます。

「修法は、指を結び目をつぶって下さい。
すべて心が定まってくると姿に変わって来る。
深呼吸のつもりで魂で宇宙の妙精を集め、
それを吸収する。
なぜかといえば自分に必要だからみな吸い取るのだ。
まず自分の腹中を眺め、
宇宙の造り主に同化するようずーと頭に集め、
造り主に聞く。
すると気が昇って身体に火が燃え、
霊気が満ちてくる。それでいいのです。」

引用 「合気真髄」合気道開祖 植芝盛平語録
    柏樹社 刊より 

*「気が昇って身体に火が燃え、霊気が満ちてくる。」

宇宙を観じ、体内のエネルギーと結ぶ
体内の火のエネルギーとは、ヨガでいうクンダリーニです。
体内の 神(か:火、み:水)と向き合う状態です。

真の合気道の正坐は、このように
神道でありヨガに通じるものなのです。



       国際武道正風会助教 nobonabe
    
    





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006/10/09 09:50:29 AM

2006/08/04
カテゴリ:武術・武道ノート
ヨガのポーズでも人気のある、
英雄のポーズ、最近はウォーリアー(戦士)と
呼ばれていますね。

おもに下半身を充実させ
全身を安定させる効果のあるポーズです。

それと同じ精神的効果もあります。
ヨガアサナの名前が示すように
英雄=積極心のポーズです。

英雄のポーズをまた、実際の武術武道にみることができます。



心身爽快ヨガノート・トップヘ

BUDO  YOGA
ヨガ武道
ひかり☆英雄のポーズ



まず中国武術、太極拳
この拳法の歩法の大部分を占める、弓歩(ゴンブゥー)

前足の向きと腰の向きを一致させ、前足に
後ろ足の前進力を乗せる歩き方です。
(体重移動を上下動をしないでするのが上手な弓歩)

双峰貫耳★みやび

イラストは弓歩の体移動で、ダブルパンチを
相手のこめかみに打ちこむ

 ”双峰貫耳”

ゆったりと舞うように動く太極拳の中に潜む
必殺技です。



また日本の武道、合気道

合気道でいう半身の姿勢(基本的構え)

合気道半身の構え★ひかり

これがヨガの英雄のポーズを浅くした立ち方です。

色々な方向にひらりと動けるように、深く腰を沈めませんが、

足先と腰(ハラ)の方向を一致させる立ち方、これが大事な構えです。

動きの中で英雄のポーズを左右切替えているのです。

自然に歩くようにそれをしているので
分かりづらいと思いますが。

非常に柔らかいが強い姿勢なのです。


このようにヨガの英雄のポーズも
色々な武道に結び付けて、考えることが出来ます。

英雄:戦士という名前は、伊達じゃないようです。










楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006/08/04 02:49:47 PM

2006/06/26
カテゴリ:武術・武道ノート

今回紹介するのは、相手が顔面突きに来た時
相手真後ろに入り身、
片足をホールドして後ろに倒す技、

”奥足取り捨て身”です。

相手にしてみれば殴った的が、突然消え
後ろに放り投げられるという
意表を突かれる技です。

この名前でいろいろな掛け方があるんですが、
僕が考案した、この動画の入り方が正風会東京支部では
スタンダードになっています。

相手後ろに斜め軸をつくることで、
相手視界から消えることが出来るのです。

斜め軸に慣れるのにヨガポーズ
三角のポーズ(トリコーナアサナ)と
その応用ポーズわき腹を伸ばすポーズが役にたっています。


 *動画は4回ループで止まります。
 ブラウザの再表示(F5キー)等で、
 動作をはじめます。


 *入り身:合気道、剣術での体捌き
 相手の動作的死角に入る、体の移動







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006/06/26 08:37:54 AM

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.