226292 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

札幌の水彩色鉛筆画家 ● イラストレーター鈴木周作「宮の森日記」

PR

Calendar

Archives

Recent Posts

Category

Rakuten Profile

設定されていません

Keyword Search

▼キーワード検索



プロとして選ぶファーバーカステルの水彩色鉛筆
~水彩色鉛筆画家・鈴木周作セレクション~
(C)2005.7.27 Suzuki Syusaku 無断転載禁止

私の全ての作品はファーバーカステル社の『アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆』で描かれています。
芯は比較的柔らかめで、水に溶かした時の伸びの良さと、
ドイツ製品らしい落ち着いた色合いがとても気に入っています。
国産製品や同じファーバーカステル社の普及版『ゴールドファーバー』『アートグリップ』と比べると少々高価ですが、
描けば描くほど、その違いは指先ではっきりと感じられるように思います。

12色から120色までのセットのほか、大きな画材店などでは単品販売もあります。
色数については意見が分かれるところで・・・
「微妙なニュアンスを出すためには多ければ多いほど良い」という人と、
「最小限の色数で自由に混色できる」という人があるようです。
ちなみに私は12色で全てを表現していますが・・・。

下の写真をクリックすると画材の詳細がわかります。通販で購入もできます。
(リンク先は「楽天市場」および「ビッダーズ」の各通販業者様のページです)
【販売業者:画材ショップカワチさん】

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆12色

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆24色

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆36色

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆120色

画材のスタートパック 
水性色鉛筆No.1

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆36色スタジオボックスセット

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆60色木箱

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆100色木箱
【販売業者:ナガサワ文具センターさん】
アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆  120色(缶入)CD-ROM付
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆120色
FABER-CASTELL ファーバーカステルアルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 12色(缶入)
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆12色
FABER-CASTELL ファーバーカステルアルブレヒトデューラー水彩色鉛筆  24色(缶入)
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆24色
FABER-CASTELL ファーバーカステルアルブレヒトデューラー水彩色鉛筆  36色(缶入)
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆36色
FABER-CASTELL ファーバーカステルアルブレヒトデューラー水彩色鉛筆  60色(缶入)
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆60色
アレキサンダー・フェターズコレクション
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
木箱入り高級セット
FABER-CASTELL ファーバーカステルアルブレヒトデューラー水彩色鉛筆  100色(木箱入)
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
木箱入り高級セット
【販売業者:ゆめ画材さん】
アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 12色(缶入)◆ファーバーカステル
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆12色
アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 24色(缶入)◆ファーバーカステル
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆24色
アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 36色(缶入)◆ファーバーカステル
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆36色
アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 100色 木箱入◆ファーバーカステル
ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆100色
アルブレヒトデューラー水彩色鉛筆 120色缶入(缶入 CD-ROM付き)◆ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水彩色鉛筆120色

「まずは試してみたい」という方や、「デューラーはちょっと贅沢かな?」とお感じの方には、
同じファーバーカステル社の『アートグリップ水彩色鉛筆』をお薦めします。
もし同じご予算なら、デューラーの12色を買うか?アートグリップの24色を買うか?
・・・といった選択肢もあるかと思います。
【販売業者:画材ショップカワチさん】

ファーバーカステル
アートグリップ水彩色鉛筆
38色スタジオボックスセット

ファーバーカステル
アートグリップ
水彩色鉛筆36色

ファーバーカステル
アートグリップ
水彩色鉛筆24色
【販売業者:ナガサワ文具センターさん】
ファーバーカステル アートグリップ水彩色鉛筆12色(缶入)
ファーバーカステル
アートグリップ
水彩色鉛筆12色
ファーバーカステル アートグリップ水彩色鉛筆24色(缶入)
ファーバーカステル
アートグリップ
水彩色鉛筆24色
ファーバーカステル アートグリップ水彩色鉛筆36色(缶入)
ファーバーカステル
アートグリップ
水彩色鉛筆36色



※水彩色鉛筆画家・鈴木周作はあくまで画材を御紹介するまでで、通信販売のお取引には一切関わっておりません。
商品に関するお問合わせ等は各販売業者様にお願い致します。


スケッチブック/水彩色鉛筆画家・鈴木周作愛用のスケッチブック:コットマン水彩紙

●筆で水に濡らす事を考えると、普通の画用紙ではなく『水彩紙』を用いた方が良いかと思います。色合いや目の粗さやなど様々なものがありますが、私はもっぱら『コットマン水彩紙』の細目を愛用しています。


下の写真をクリックすると画材の詳細がわかります。通販で購入もできます。
(リンク先は「楽天市場」の各通販業者様のページです)
コットマン水彩紙 S14(F4) コットマン水彩紙 S16(F6) コットマン水彩紙 S36(F6) コットマン水彩紙 S34(F4) コットマン水彩紙 S24(F4) コットマン水彩紙 S26(F6) 絵手紙用ポストカード

※水彩色鉛筆画家・鈴木周作はあくまで画材を御紹介するまでで、通信販売のお取引には一切関わっておりません。
商品に関するお問合わせ等は各販売業者様にお願い致します。



その他の画材はこちらからどうぞ 【楽天市場:鈴木周作のショッピング】

鈴 木 周 作
水彩色鉛筆画家/イラストレーター

'72年11月15日生。22歳から独学で水彩色鉛筆画を始める。札幌・東京の画廊やカフェでの常設展示等を経て、'99年頃から旅行雑誌等の挿絵の仕事を開始。'00年以降、『富良野・美瑛ノロッコ号』はじめJR北海道のポスターやオレンジカード、観光記念乗車券など各種制作。'03年、東京・阿佐ヶ谷で初個展。絵本2冊出版。同年冬に念願の移住を果たし現在札幌市中央区在住。 雑誌【northern style スロウ】で札幌市電のイラストエッセイ連載中。【北海道地名かるた】全道発売中。札幌LRTの会会員。札幌市電の会賛助会員。NHK文化センター新さっぽろ教室講師。



northern style SLOW(スロウ)


【鈴木周作オフィシャルサイト・汽車旅スケッチ帳】 http://www.h2.dion.ne.jp/~syuchan/
水彩色鉛筆画イラスト作品集BBS&新着情報宮の森日記水彩色鉛筆画入門
作者略歴出版物・商品絵画教室・絵画講座のご案内ポストカード通販リンク仕事の御相談メールはこちらから
テクノラティプロフィール

~御感想・コメントは【公式サイト】のメールフォームから~
May 14, 2016
楽天プロフィール XML
gr20160514-1-x100619-est-iw-hayabusa22-morioka.jpg
 初めて乗る北海道新幹線で盛岡までやってきました!

gr20160514-2-x100680-est-iw-morioka-car.jpg
 最近、妙に自信を持ってしまったカミサンが「盛岡から先はクルマで行くよ!」とか言い出してしまいました。
 確かに列車の接続も、その先のバスの便もあまり良くないので、本当に大丈夫ならクルマのほうが有難いのですが…。
 とりあえず、盛岡駅前で借りたクルマで恐る恐る出発です。

gr20160514-3-x100860-est-iw-hanamaki-car.jpg
 北海道よりも狭く感じる道幅に緊張しつつも、どうにか無事に花巻までたどり着けました。
 勿論、お目当ては巷で話題の「マルカン百貨店」です。

gr20160514-4-x100787-est-iw-hanamaki-car.jpg
 マルカン名物・展望大食堂のソフトクリーム♪
 割り箸で頂くのが流儀と訊いていましたが、なるほど確かに、倒してしまわぬように頂くには箸で少しずつつまみ取るのが最も無難なようですね。

 いよいよ来月閉店と訊いて、私のような他所者が慌てて観に来るのもどうかとは思ったのですが、それでも訪れてみると、名残を惜しむお客さんたちで賑わいながらも決して騒々しくはなく、皆さんそれぞれ、穏やかに良い時間を過ごされているように見えました。(もしかしたら、お昼時にはもっと大混雑で大変だったのかも知れませんが…)
 最初で最後のマルカン百貨店、私も良い思い出を作らせて頂けました。

gr20160514-5-x100877-est-iw-hanamaki-car.jpg
 ちょっと遅くなってしまいましたが、日が沈む前に急いで次の目的地へ…。

gr20160514-6-x100896-est-iw-hanamaki-car.jpg

gr20160514-7-x100919-est-iw-hanamaki-car.jpg
 我らがファイターズ大谷翔平選手の母校、花巻東高校。
 勿論、学校内は部外者立入禁止、野球部の練習グラウンドにも撮影禁止の掲示がありましたから写真は遠慮しておきましたが、隣接地が広大な運動公園になっていて、そこから遠巻きに練習風景を眺めさせて頂くことができました。
 しかもその運動公園の中を横切っているサイクリングロードが、かつての「花巻電鉄」の廃線跡だというのはちょっとビックリです!

 運動公園の中を歩いてると、ランニング中の野球部の生徒さん達が「コンニチハ!」と必ず大声で挨拶をしてくれます。
 きっと大谷選手も何年か前までは、廃線跡あたりを走りながら「コンニチハ!」ってやってたんですね。

gr20160514-8-x100952-est-iw-morioka-car.jpg
 クルマの返却時間を気にしつつ、東北自動車道で盛岡に戻ります。

gr20160514-9-x100971-est-ao-hayabusa29-hachinohe-miwa.jpg
 盛岡から乗った新幹線は、数時間前に降りた後、東京まで往復して戻ってきた全く同じ車両でした。
 新幹線で八戸まで戻って、今夜からはカミサンの実家に滞在です。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 24, 2016 08:09:40 PM
May 13, 2016
gr20160513-x100092-hok-sa-tram-jigyosyo-214.jpg
 今日の札幌はまるで初夏の陽気でした。
 この時期ならではの山の色を確認しておこうと、久しぶりに市電に乗って午後から藻岩山麓へ。
 陽射しの向きは午前中のほうが良かったのかな?とも思いましたが、適度に反逆光気味のこの時間帯も切り方次第では良い絵になりそうです。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 14, 2016 04:22:49 AM
May 12, 2016
gr20160512-x100063-hok-sa-tram-tanukikoji-254.jpg
 次のイラストと、執筆予定の原稿と、目先の出張予定の構想とを同時に悩みながらいずれも答えを出せずにいたところに、思いがけず全く別件のお仕事の依頼を頂きました。
 むしろこちらのほうがすぐにでも手を付けられそうな内容です。
 真剣に悩み込んでしまうとなかなか先に進めなくなるのが私の悪癖。
 ここは一旦切り替えて、ともかく出来るものから手を動かしていくほうが良いかも知れませんね。

 駅前通りの街路樹もだいぶ萌黄色になってきたようです。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 14, 2016 04:19:19 AM
May 11, 2016
gr20160511-0032-hok-sa.jpg
 カミサンが見つけて買ってきました!
 日本ハムの新商品「ホームランソーセージ」、ソーセージ4本&カード1枚入りで約200円也。
 「プロ野球チップス」なら70円前後でカード2枚入りですからちょっと割高感もありますが、そのかわりファイターズ限定なのでハズレの山を築く心配はありません(笑)。
 しかも「プロ野球チップス」ではまず出ないような通好みの選手まで入っているのにはちょっと感激。
 でも、コンプリートしようと思ったら一体何本食べることになるんでしょう…!?


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 13, 2016 12:19:14 AM
May 10, 2016
gr20160510-0017-hok-sa.jpg
 販売店様に納品するポストカードの発送準備。
 相変わらずこういう作業に関しては全く不器用です。
 どう頑張っても作品制作の時間を縮めることは無理なので、本当はこういう部分こそ、もっと素早く、要領よくこなせるようにならないといけないんでしょうね。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 12, 2016 11:28:23 PM
May 9, 2016
gr20160510-0017-hok-sa.jpg
 カレンダーなど関係ないフリーランスの身なのに、連休明けにはしっかりと疲れが来るから不思議です(笑)。
 漠然と浮かんでいるイメージは色々あるのですが、しっかり煮詰めてカタチにするにはもう少しだけ時間が必要なようです。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 12, 2016 11:21:05 PM
May 8, 2016
gr20160508-x100192-hok-c-mikasa-car-miwa.jpg
 本当に大丈夫なのか?と随分念を押したのですが、まぁ、本人が行けると言い張るので命を預けるしかないでしょう。
 カミサンの習熟運転、今回は美唄よりももっと遠くを目指します。
 まずは岩見沢経由で三笠の桂沢湖へ…。

gr20160508-x100215-hok-c-ashibetsu-car.jpg
 そういえば、こういう峠越えも初めてだったかも知れません。
 トンネルが見えてきてから「あれ、ライトどうやって点けるんだっけ?」とか言い出すのでこっちが怖くなります(汗)。

gr20160508-x100269-hok-c-ashibetsu-car.jpg
 夕張国道を芦別方面に向かう途中、「三段滝」の看板を見つけて小休止。
 雪解けで芦別川の水量も増しているのか、ものすごい迫力です!

gr20160508-x100499-hok-c-ashibetsu-tanzangawa-car.jpg
 今回の目的地は三井芦別鉄道…またしても廃線跡探訪です(笑)。
 今も残されている鉄橋の上に置かれた石炭列車の機関車と貨車、そのまま絵に描きたくなるような印象的な光景でした。

gr20160508-x100530-hok-c-ashibetsu-car-miwa.jpg
 芦別名物、ガタタン焼きそば&ガタタンラーメン♪

gr20160508-x100569-hok-c-ashibetsu-car.jpg
 札幌よりも少し遅れて、ちょうど桜が見頃を迎えていました。
 図書館の前にはかつて炭鉱で使われていたトロッコたちが…。

gr20160508-x100653-hok-c-akabira-car.jpg
 芦別から滝川インターに向かう途中、突然目の前にお城が現れてビックリ!
 取り急ぎスマホで調べてみると、どうやら人形製造会社のショールームだったらしいのですが、残念ながら今は閉鎖されているようです。

 滝川インターから乗った高速道路は強風で80キロ規制。
 ただでさえ風にハンドルが取られそうなのに、規制通りに走っていると物凄いスピードで後続車に抜かれて札幌まで冷や汗の連続でした。
 この風だと一般道のほうが楽じゃないか?と一応訊いてみたのですが、それよりも早く帰って「真田丸」をBSで観るんだ!と言って頑張り抜いたカミサンはさすがです(笑)。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  May 10, 2016 06:47:10 PM
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.