パソコン・家電 最大1000ポイント当たる?♪♪楽天ブログテスト
342707 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

札幌発!テクニカルライター&Webライターの部屋

PR

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2014/04
2014/03
2014/02
2014/01
2013/12
2013/11

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

自分改造計画 New! にわとりのあたまさん

エネルギー注入 New! くりりん630さん

いざという時のパク… 卞 東運さん

帯広から足圧スクー… 足圧の達人さん

この指とまれ通信 20… LD菊池さん

高齢世帯が増えてい… junpapakazuさん

商業分野での創業を… ユウコ2007さん

経常利益を増やして… 会社成長させ隊さん
トムアサのページ トムアサさん
Mayuとあなたと。 mayu5775さん

モバイル

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

ブログリンク

 

新着記事一覧を見る

全1310件 (1310件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2010/04/21
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは、Webプロデューサー&マーケターの蝦名です。

2004/03/09からスタートした、この楽天ブログ。

一番最初のエントリーは、恐る恐る。

こんな感じでした。

ハズカシー(笑)

しらふじ

えびな



早いもので、あれから6年。

スタッフもアクセス数も増えましたが、ついに引っ越しすることにいたしました。

引っ越し先はコチラ↓

http://d.hatena.ne.jp/tech-writer/

楽天ブログでリンクをいただいていた皆様、
ありがとうございました。
はてなブログにも、ぜひいらしてください。

最近は私自身、twitterに居る時間が長くなっていますが、
twitterとブログの役割の違いを感じることが多くなってきました。

今後も、ブログならではの良質な情報を発信していき、
はてブトルネードを巻き起こせるようw
頑張っていきますので、
引っ越し先でもどうぞよろしくお願いいたします。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010/04/21 07:23:01 PM

2010/04/11
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは。テクニカルライター&WEBライターの滝田です。


「ホームページを自分たちで更新しようと思っても、なかなか手が回らなくて、、、」

社外でこういった声をよく耳にします。


そしてその度に、わたくし滝田は心のなかで

(表情にも表れているかもしれませんが)にんまりとしています


なぜなら、WEBサクセス&メディアリュウムは、

社内で簡単に更新できる仕組みを使って

ホームページを構築することが得意!だからです。


なので、思わず「そういうの得意ですー」と口走っていますݤ


=====

「仕組み」を作ろうとしたときに、大切なことは何でしょうか。

ふと考えると、次のような点が見えてきます。


■現状を把握する(分析する力)

現在どのような問題を抱えているから、新たな「仕組み」が必要とされているのか。

ここを見間違えると、先には進めません。

なので、WEBサクセス&メディアリュウムの制作は、

お客様に記入いただいたヒアリングシートの分析から始まります。


■目的を理解する(理解する力)

その「仕組み」を作ることで、達成したいこととは何なのか。

あらゆる企業活動の目的は、利益を生むことだと思うので、

売上を前年対比○○%伸ばしたい、

自社で更新することで外部への委託費を削減したい、

もしくは社員の負担を減らして効率よく仕事を進めたい、など

一歩突っ込んで考えてみるとよいのかもしれません。


■最適な「仕組み」を選ぶ(コーディネートする力)

どのような「仕組み」を採用すれば、最大限の効果が得られ、

目標を達成できるのか考えて、提案できます。

どれだけコストをかけられるか、

更新のためにどのような体制を取れるのかなど、

制作に付随する多くの条件があると思いますが、

そのなかで最適なものを生み出せる。

条件のなかで工夫できる。これが強いところだと思います。


御社にとって最適な「仕組み」作り、私たちにお任せください!






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010/04/12 01:38:14 AM

2010/03/26
カテゴリ:ひとりごと
こんにちは。テクニカルライター&WEBライターの滝田です。


危機感を持つことは大切。


これは、今月の次世代の星の会で聞いたお話です。

※ 次世代の星の会とは、中小企業家同友会 札幌支部、白石・厚別部会の社長さんたちが、
  若手の社員を育成するために運営してくださっている会です。



「危機感を持て」とはよく聞く言葉ですが、

その時のお話はこれだけでは終わりません。


しかし、根拠のない不安を持っても仕方がない。

あるべき姿と、今の自分の差をはっきりさせること。

まずはそこから始めてはどうだろう。



「そのためにどうすればよいか」という点まで掘り下げて

丁寧にお話くださったので、

すとんと自分のなかに落ちていきました。


-----

さて、わたしたちの部署でも、

正月休み中に「未来の自分像を具体化にしよう」

という課題が出ていました。


だいぶ前に取り組んだこの課題を引っ張り出して、

目標とする姿と今の自分に

どのくらい埋めるべき差があるのか

まずは冷静に見つめてみようと思います。


そうして何が足りないのか、

その足りない部分を埋めるにはどうすればよいのかを考えて、

具体的な計画を立てていけばよいのですޥ


ぺるそな2.jpg

↑私が課題で書いた「未来の自分像」…

取材にかけまわっているイメージです




●おまけ

本日、開幕したプロ野球のセントラルリーグ。

ヤクルトスワローズは、昨年ジャイアンツに対して
わずか5勝しかできなかったことに
大きな「危機感」を抱いて本日の開幕戦を迎えたわけですが…

結果、やはり惨敗でしたね。。恐怖のG。。

そんな様子をテレビで見て、この「危機感」のお話を思い出した滝田です。







楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010/03/27 02:33:49 AM

カテゴリ:文書作成
こんにちは、Webプロデューサー&マーケターの蝦名です。

さて、この冬、コンペで

5戦5勝

した私たちの一番の強みは何だったか。


それは、広い意味でのライティング力だと

私は思っています。

言い換えれば、

マーケットを意識して、費用対効果の高いコンテンツを

いかにすれば作り上げることができるか、という提案を

わかりやすく伝えるスキルです。


書類(企画書)審査の時点で、すでに圧勝だったと

おっしゃる企業様もありました。


このライティング力は、

プレゼンだけでなく、実際のコンテンツ作りでも

必ずお役に立ちます。


原稿をご用意いただいて、それを流し込むだけなら、

3万円で売っているデザインテンプレートを購入して

作ればそれでOKなのだと思うのです。



でも、そんな武勇伝に

いつまでもあぐらをかいていてはいけません。

強みであるライティング力も、絶えず磨き続け、アピールせねばなりません。


そこで、私が今読んでいるのが

山田ズーニー氏の『伝わる・揺さぶる!文章を書く』です。


伝わる・揺さぶる!文章を書く


この中で、本日印象に残った一文をご紹介します。


「自分の書くもので人に歓びを与えられるかどうか?」


先日の滝田のエントリーとも関係すると思います。


つまるところ、読み手に

「目的」どおりの歓びを与える

ような文章を生み出していければ、

そのコンテンツは成功なのだと思います。


それと大切なのが、自分磨き


自分が生み出すものには、必ず自分の内面が投影されます。

文章だけじゃなく、絵画でも、音楽でも。たぶん。

ではまたޥ






最終更新日  2010/03/26 08:40:30 PM

2010/03/22
カテゴリ:ひとりごと
こんにちは。テクニカルライター&WEBライターの滝田です。

2010年の新語・流行語大賞には、「ツイッター」や「なう」が

ノミネートされるのではないかと予測している方も多いのではないでしょうか。

私もそのひとりですOK


突然ですが、

mixiやツイッターなど「ソーシャルメディア」といわれるものが流行すると、

毎回もやもやっとした感情が沸き起こっていました。


先日、顧客事例ライターとしても活躍しておられる熊坂仁美氏のブログを読んで、

その感情が明晰になったように感じたので、ここで紹介します。


●ツイッターはカクテルパーティ?
http://ameblo.jp/kumatter/theme-10019688140.html



びびっときたのは、下記の文章です。


----------------- 以下、引用 --------------------------

"Twitterではカクテルパーティ(社交場)のようにふるまえ、

と某海外サイトに書いてあって私もそうだと思う。

だから名指しで誰かを批判したり、罵倒したりしてるの見ると違和感。

たとえ正論だとしても、見ていてあまり気持ちのいいものではないですね。"


----------------- 引用おしまい --------------------------


インターネットとは一見閉じた空間に見えるので、

そこで暴言を吐いてスッキリしようとする人や、

どろどろした負の感情を吐露する人がものすごく多いなぁ…と

以前から感じていたのでした。


負の感情をぶちまければ、そこに集まってくるのは

同じような負の感情を持つ人たちでしょう。

インターネットには、こうした負の連鎖を引き起こすような

影響力もありますよね。


インターネットとは全世界の人に公開されている「公の場」であることを

忘れてはいけないと、この記事を読んで気を引き締めています。



しかし、インターネットを通して素敵な出会いが生まれていることもまた事実。

分別をもって活用することで、すばらしい出会いが

あちこちで生まれますように。



●おまけ

先日、自宅で夫に「ねーねー、交換日記しよう」

と提案してみたところ、夫からの返答は、

「交換日記はいやだ。ツイッターならいいよ」

とのこと。

ということで、近々夫婦でつぶやく「めおとツイッター」を開始する予定です(^^;)

こんな使い方も、アリでしょうか??





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010/03/23 02:15:44 AM

2010/03/10
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは、Webプロデューサー&マーケターの蝦名です。

3月も1/3終わってしまいましたね。

大変な思いをしているのは、私だけではないはず…。

先日の滝田の「校正のポリシー」というエントリーには
私も反応する点がたくさんありますが、
それは4月に書くとして、

今回は、「大変」についてです。


私が以前、クライアントの広報担当の方からいただいた

「心に留めておきたい30言葉」の中に、

こんな言葉があります。


大変とは、大きく変わること。




大変を乗り越えると、自分が変われる。

そう捉えることもできますし、

大変なら、この環境を大きく変えなければならない。

そう捉えることもできます。


今、「大変」な皆様、

いずれにしても、

大きく変わりましょうね!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010/03/10 06:18:20 PM

2010/03/07
カテゴリ:文書作成
こんにちは。テクニカルライター&WEBライターの滝田です。


社内では、ライターの執筆した原稿は、

必ず他のライターの校正を通すことになっています。


原稿を校正するときに、私が一番気をつけていることがあります。

それは、執筆者が原稿全体でどのようなことを伝えたいのか、

ポイントはどこか、その主旨を把握しようとすること。


原稿を読み進める途中で「おかしい」とか「矛盾している」と感じることはよくあります。

ですが、まずはいったん最後まで通して読むことが大切です。


最後まで読んで、その原稿全体の主旨をしっかり把握してから見直すと、

はじめに「おかしい」と感じた箇所の多くは、

自分が原稿の主旨を理解していなかったために誤読してしまっていただけだった

ということが多々あるからです。


とはいえ、同じ原稿をお客様が読んだときに、

そのお客様が私と同じ箇所で「矛盾しているんじゃないの?」と

感じる可能性が残されていることも事実。


そうならないように、

この原稿全体の主旨がよりスムーズに伝わるような、

また、誤読の可能性がなくなるような修正を入れるのが、

生産的な校正であり、校正する者の務めだと思っています。


、、、と、力説してはみたものの、非常にあたりまえのことですね(^^;)


このように、メディアリュウム / WEBサクセスでは、

かならず執筆者以外の目を通すことで、

原稿がよりわかりやすくなるよう皆で協力し合っています。


そして校正の作業は、自分の原稿を客観的に批評する力を養うためにも、

とても役に立っています(^o^)/






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010/03/07 08:06:46 PM

2010/02/19
カテゴリ:ひとりごと
こんにちは。テクニカルライター&WEBライターの滝田です。

最近、「お問い合わせをいただく」ということが、

とても嬉しいことなのだと、あらためて実感しています。


何らかの「困ったこと」があったときに、私たちを思い出して、

「よし、相談してみるか」と声をかけてくださった。


実際にお仕事を担当させていただけるかどうかは、

その時々の、お客様の事情というものがあるので、

あまり問題ではありません。


ですが、

私たちをふと思い出してくださったという

事実は変わることがなく、

それが、いちばん嬉しいことです。



ありがとうございます餭





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010/02/22 12:14:54 AM

2010/02/18
カテゴリ:カテゴリ未分類
お久しぶりです。Webマーケターの蝦名です。

年末進行から年度末進行へ。

結局、万年息つく暇もありません。

しかし、twitterでつぶやく暇はあります(笑)

まだまだ衰えを見せないtwitterブーム。

私もつぶやいております!

http://twitter.com/mikikoebina




この楽天ブログにも、エントリーごとにつぶやける機能が
搭載されていますね。


しかしながら、実は楽天ブログではJavaScriptが使用できません。
この前提は、ネットマーケティングする上で大きな足かせになっています。


…ということで、

実はブログの引っ越しプロジェクトをひそかにスタートしました。

引っ越し先は…

正直者には見えるはず。↓

http://d.hatena.ne.jp/tech-writer/

4月中旬には公開したい…

これで、twitterのブログパーツや、himekuriのブログパーツや、
はてなブックマークアイコンや、アクセス解析まで(笑)
実現できます~


世の中は常に変化しています。

よい変化もあれば、悪い変化もあります。

その変化を正しく、タイミングよく捉え、

自分をどう変えていくべきか、

考えられなければだめだなーと

最近特に思い知らされることばかりです。


たぶん、周囲の変化を受け入れられなかったり、

自分を変えることを厭っていては、

この有時の日本でビジネスをするのは難しいのかもしれません。


さて、お仕事頑張りましょう!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010/02/18 02:40:09 PM

2010/01/29
カテゴリ:ひとりごと
こんにちは。テクニカルライター&WEBライターの滝田です。

とある建物で、地下2階から地上1階に上がろうと、

エレベーターに乗り込み「1F」ボタンを押しました。


チーン!


という音とともに、エレベーターの扉が開くと、目の前には…


20100207-1.jpg


「B1F。」


まだ地下1階だったと思い、エレベーターの扉を閉めたところ、

次に開いたのは3階で、同乗していた別の方が降りていきました…



おかしいと思って、確かめに降りてみると、

この標識は、

20100207-1.jpg


下りの階段を示していたのでした。

20100207-2.jpg


エレベーターの扉が開いた真正面にこのような表示があれば、

一瞬混乱することは、わかりそうなものなのに、、、


職業柄、さまざまな場所の「情報デザイン」には、

常に敏感でありたいと思います!



よく見なかった私が悪いのか…orz






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010/02/07 11:48:05 PM

全1310件 (1310件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

新着記事一覧を見る

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.