275769 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

花見友紀の「鉄道のある日常」

PR

ブログリンク

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

サイド自由欄

鉄道模型・鉄道グッズリンク

鉄道関連書籍リンク

鉄道雑誌最新号

鉄道ファン



鉄道ジャーナル



鉄道ピクトリアル



鉄道ダイヤ情報



Rail Magazine



RM MODELS



j train



とれいん



鉄道模型趣味



エヌ




列車旅の宿探しは楽天トラベルで
全国の鉄道駅からホテル・旅館を検索・予約



Would you like to go travelling?
Then let's search hotels by Rakuten Travel.



カテゴリ

コメント新着

花見 友紀@ Re[1]:菓子パンでいすみ鉄道を応援(03/07) >王玲燕さん こちらこそご無沙汰です。 …
王玲燕@ Re:菓子パンでいすみ鉄道を応援(03/07) 花見さん、ご無沙汰しております。鉄道を…
花見 友紀@ Re[1]:西武30000系38112Fのラッピングが一部変更(01/05) >王玲燕さん 僕も列車の中で何かが起こる…
王玲燕@ Re:西武30000系38112Fのラッピングが一部変更(01/05) 花見さん、Do you like the story that ha…

楽天カード

ほしいものリスト

モバイル

ケータイ
スマートフォン

 

Mar 28, 2015
楽天プロフィール XML
テーマ:鉄道(34580)
カテゴリ:鉄道日記
皆さんご存知の通り、2015(平成27)年3月14日、北陸新幹線長野~金沢間が延伸開業した。それを記念して、E7系新幹線と485系の新旧「かがやき」を1枚描いてお祝い。

E7 Series and 485 Series Kagayaki.jpg
E7系&485系「かがやき」 | 花見 友紀 [pixiv]

その北陸新幹線の最速列車の愛称に「かがやき」が選ばれた理由としては「輝く光がスピード感と明るく伸びていく未来をイメージさせるため」とされているが、より詳しく調べてみると、もう一つの意味があるということが解った。以前に書いたことと重複するところもあるが、改めて「かがやき」の列車名の歴史をひもといていきたい。

「かがやき」の列車名は1988(昭和63)年に長岡~金沢間を信越本線・北陸本線(現在のえちごトキめき鉄道日本海ひすいライン・あいの風とやま鉄道線・IRいしかわ鉄道線)経由で結んだ特急列車の愛称として誕生した。上越新幹線「あさひ」と長岡駅で接続し、金沢までの停車駅を直江津・富山・高岡のみに絞りこんだことで、同区間を走る「北越」よりも速く、上野から当初は4時間10分、後に新幹線のスピードアップにより3時間56分で金沢まで行けるようになった(当時新幹線上野~東京間は未開業)。運行開始当初は2往復だった運行本数も1989(平成元)年には4往復、1992(平成4)年には6往復に、編成も4両から6両に増強され、「かがやき」は好調だった。しかし1997(平成9)年3月、北越急行ほくほく線が開通すると、同線経由で越後湯沢~金沢を結ぶ「はくたか」に東京~金沢間最速ルートの座を譲り、「かがやき」は廃止された。

そして時は流れて2015(平成27)年、北陸新幹線の東京~金沢間の最速達列車の愛称として「かがやき」の名が18年ぶりに復活した。列車愛称については、北陸新幹線とルートがほぼ平行した在来線急行「能登」を引き継いだ「のと」か、同ルートの特急「白山」を引き継いだ「はくさん」が有力視されていた中、一般公募で5位だった「かがやき」が選ばれるというサプライズであった。新幹線「かがやき」は東京~金沢間を最速2時間28分で結び、上越新幹線「とき」と特急「はくたか」を乗り継いだ開業前の最速ルートよりも1時間20分短縮した。在来線特急の名を引き継いだ新幹線列車は、「こだま」「やまびこ」「とき」「あさま」など多いが、JR化後に誕生した在来線特急の愛称を引き継ぐ新幹線列車は「かがやき」が初めてである。

「かがやき」の名は、東京~金沢を最速で結ぶ列車という使命を背負っているのであろう。僕を含めて多くの鉄道ファンが、ルートに惑わされて前述の「のと」か「はくさん」、あるいは越後湯沢~金沢の在来線特急の名を引き継いだ「はくたか」(公募で1位となった)の愛称を熱望していたが、東京~金沢間を最速で結ぶという列車が持つ使命を考慮すると、北陸新幹線の最速列車は「かがやき」の愛称が最も相応しいと言える。

東京~金沢間の所要時間比較

4時間02分(1992(平成4)年 上越新幹線「あさひ」+特急「かがやき」)
3時間50分(2002(平成14)年 上越新幹線「とき」+特急「はくたか」)
2時間28分(2015(平成25)年 北陸新幹線「かがやき」)


As you know, Hokuriku Shinkansen between Nagano and Kanazawa newly opened on March 14, 2015. To celebrate the open I represent a picture of two train named "Kagayaki", E7 Series Shinkansen and 485 Series.

The name of the fastest train on Hokuriku Shinkansen "Kagayaki" was named after the light leading the image of speediness and bright future. But I found another implication of the name. Though some part of the later description duplicates my writing before, I would like to write about the history of the name of "Kagayaki" again.

The name of "Kagayaki" first appeared on 1988 as a limited express on Shinetsu Line and Hokuriku Line (Echigo Tokimeki Railway Japan Sea Jade Line, Ainokaze Toyama Railway Line, and IR Ishikawa Railway Line in the present) between Nagaoka, Niigata Prefecture, and Kanazawa, Ishikawa Prefecture. Connecting Joetsu Shinkansen "Asahi" and faster than "Hokuetsu" limited express on the same section (stopping at Naoetsu, Toyama, and Takaoka Stations only), it took 4 hours and 10 minutes (in 1988) and shortened to 3 hours and 56 minutes (in 1990) between Ueno and Kanazawa (Shinkansen between Tokyo and Ueno didn't open that time) by the fastest Shinkansen and "Kagayaki". It got popular as the fastest way to Kanazawa. The operation increased from 2 to 4 in 1989 and 6 in 1992 and the rolling stock strengthened from 4-carriage long to 6-carriage. However, in 1997, when Hokuetsu Express Hokuhoku Line opened, all of "Kagayaki" were replaced by "Hakutaka" between Echigo-yuzawa and Kanazawa via Hokuhoku Line.

Passing 18 years since the end of "Kagayaki" express, the name of "Kagayaki" started to reuse as the name of the fastest train on Hokuriku Shinkansen between Tokyo and Kanazawa. It surprised many railfans because they assumed that the Shinkansen would be named "Noto" or "Hakusan", both of which were after old trains connecting between Ueno and Kanazawa on the similar route, and "Kagayaki" was fifth-ranked in the election. Shinkansen "Kagayaki" cuts travel time between Tokyo and Kanazawa from about 3 hour and 50 minutes by Joetsu Shinkansen "Toki" and "Hakutaka" express to about 2 hours and 30 minutes. Though some Shinkansen train inherits the name of the expresses on the conventional lines, "Kagayaki" first takes over the name first appearing on after the privatization in 1987.

The name of "Kagayaki" is charged with carrying passengers between Tokyo and Kanazawa in the shortest travel time. Though many railfans including me wished "Noto" or "Hakusan" or "Hakutaka", which was first-ranked, and which the second fastest Shinkansen train named, it is suitable to be named "Kagayaki" to the fastest Shinkansen between Tokyo and Kanazawa.


Transition of the travelling time from Tokyo to Kanazawa till today

4 hours and 2 minutes (Joetsu Shinkansen "Asahi" and limited express "Kagayaki" in 1992)
3 hours and 50 minutes (Joetsu Shinkansen "Toki" and limited express "Hakutaka" in 2002)
2 hours and 28 minutes (Hokuriku Shinkansen "Kagayaki" in 2015)











最終更新日  Mar 28, 2015 06:11:09 AM
コメント(0) | コメントを書く

Mar 7, 2015
カテゴリ:鉄道日記
sweet ring bun tied up with Isumi Railway

sweet ring bun tied up with Isumi Railway

7日、いすみ鉄道の気動車がパッケージに描かれた菓子パン「い鉄の輪 ブルーベリー」を偶然発見し、購入してみた。

リング状のパンは列車の「車輪」をイメージしたもの。いすみ鉄道と千葉県の応援をコンセプトとしており、パンには千葉県産の牛乳を使用したミルクシートと、同じく千葉県産のブルーベリーを使用したジャムが挟まれている。

食べてみると、パンのふんわり、しっとりとした食感、そしてブルーベリージャムの甘酸っぱい味が、とても僕の好みに合っており、非常に気に入った。


On 7th I came across and got a sweet ring bun "Itetsu no wa blueberry" on whose package Isumi Railway's diesel train painted.

It uses the dough with the milk and the blueberry made or harvested in Chiba Prefecture as the ingredient in the bun to support the railway and Chiba.

Its soft texture and sour-sweet jam pleased me.





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Mar 11, 2015 10:31:20 AM
コメント(2) | コメントを書く

Feb 24, 2015
カテゴリ:鉄道日記
P1000157.JPG

P1000159.JPG

大泉学園駅の飲み物の自動販売機に「四月は君の嘘」ラッピングのものが登場した。

ラッピングが施されたのは、もと「銀河鉄道999」の車掌さんのデザインのホームに設置された1台と、同じく「銀河鉄道999」のメーテルのデザインの改札内自動改札機横の1台で、いずれもコカ・コーラのもの。2台ともラッピングのデザインは同じものである。

大泉学園駅の周辺は、駅から北に伸びる大泉学園通りが作中で描かれるなど、「四月は君の嘘」ゆかりの地となっている。


On 24th, I found two vending machines of beverages in Oizumi-gakuen Station on Seibu Ikebukuro Line were decorated by illustrations of "I met the girl under full-bloomed cherry blossoms and my fate has begun to changed" anime.

The decorative ones are put on the platform and beside the ticket gates, which used to have decorations of "Galaxy Express 999" like the ones of retiered Seibu 3000 Series 3011F set.

The scenery around Oizumi-gakuen Station is depicted on the anime.





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Mar 3, 2015 08:39:39 AM
コメント(0) | コメントを書く

このブログでよく読まれている記事

おすすめアイテム

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.