425810 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

花見友紀の「鉄道のある日常」

PR

ブログリンク

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

サイド自由欄



鉄道模型・鉄道グッズリンク

鉄道関連書籍リンク

時刻表最新号

JTB時刻表



JR時刻表



鉄道雑誌最新号

鉄道ファン



鉄道ジャーナル



鉄道ピクトリアル



鉄道ダイヤ情報



Rail Magazine



RM MODELS



j train



とれいん



鉄道模型趣味



エヌ





列車旅の宿探しは楽天トラベルで
全国の鉄道駅からホテル・旅館を検索・予約



Would you like to go travelling?
Then let's search hotels by Rakuten Travel.





カテゴリ

コメント新着

花見 友紀@ Re[1]:「ここさけ」ラッピング車両が西武球場前駅へ(09/13) >王玲燕さん コメントありがとうございま…
王玲燕@ Re:「ここさけ」ラッピング車両が西武球場前駅へ(09/13) 花見さん、こんにちは。アニメラッピング…
花見 友紀@ Re[1]:初めての川瀬祭(07/20) 王玲燕さん >こんにちは。お久しぶりです…

楽天カード

ほしいものリスト

モバイル

ケータイ
スマートフォン
Apr 2, 2016
楽天プロフィール XML
テーマ:鉄道(8796)
カテゴリ:鉄道日記


渋谷駅を発車する東急4000系の「Fライナー」(東横特急)のビデオを撮影。

「Fライナー」に指定されている東横特急の種別表示は、旧来のオレンジ色地に白文字の「特急」の表示に加えて、「Fライナー」を示す黄緑色地に「F」をあしらったマークが描かれている。

列車は渋谷駅の地下化、東京メトロ副都心線との直通運転開始と同時に導入された向谷実さん作曲の発車メロディ「Departing from New Shibuya Terminal」を合図に元町・中華街駅へと旅立つ。やはり東急4000系に一番似合う発車メロディは、東横線の起点を彩るこの曲であろう。


At Shibuya, I shot videos of Tokyu 5050-4000 Series in F-Liner(limited express) service departing.

On Toyoko Line, indicators of F-Liner train shows "LTD. EXP." in an orange rectangle, which has been using since limited express service started in 2001, and F-liner logo, white F in a green square, added in the rectangle.

Station melody "Departing from New Shibuya Terminal",having been used since the track moving to underground and starting going-through service to Tokyo Metro Fukutoshin Line, played, the train was ready to leave to Motomachi-chukagai [Yokohama Chinatown] Station. From my point of view, it is the best music becoming Tokyu 5050-4000 Series.





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Apr 7, 2016 05:25:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:鉄道日記
東京でサクラの見頃を迎えたことに次いで、横浜でもサクラが満開となった4月2日、東急電車とサクラの組み合わせの写真を撮りに行った。

東横線中目黒駅

中目黒駅の代官山方直下の目黒川は東横線沿線きってのサクラの名所。田園都市線池尻大橋駅付近から目黒線・JR東日本山手線目黒駅付近にかけて約800本ものサクラの木が花を咲かせる。川沿いの歩道や橋から高架線を走る列車をサクラと共に見えるのはもちろんのこと、ホームからも見事に咲き誇るサクラを見下ろすことができる。僕が撮影した写真は、上から高架付近のサクラと後追いの4000系「Shibuya Hikarie号」、宝来橋から臨む5050系、高架下から見上げるサクラと4000系、1番線に入線する4000系と高架下の目黒川のサクラ。

Tokyu 5050-4000 Series 4110F Shibuya Hikarie set and cherry blossoms

Tokyu 5050 Series and cherry blossoms from Horai Bridge on Meguro Liver

Cherry blossoms and Tokyu 5050-4000 Series

Tokyu 5050-4000 Series and cherry blossoms at Nakameguro


東横線・目黒線多摩川駅~新丸子駅間

多摩川の川原近くに位置する多摩川台公園の多摩川側のスロープの途中にあるサクラと、その枝の隙間から覗くようにして多摩川橋梁を渡る東横線・目黒線列車と共に撮影した。

Cherry blossoms in Tamagawadai Park and Tokyu 5050 Series

Cherry blossoms in Tamagawadai Park and Tokyu 5080 Series


東急多摩川線多摩川駅~沼部駅間

多摩川駅の地下へと潜る手前、バス停付近の踏切から、7700系の多摩川行き列車とサクラを撮る。

Tokyu 7700 Series with cherry blossoms beside track


大井町線緑が丘駅

緑が丘駅の溝の口方先端から、大井町方面行き列車と高架横に植えられたサクラの写真を。9000系の各停列車と6000系の急行列車を1枚ずつ。

Tokyu 9000 Series with cherry blossoms beside track

Tokyu 6000 Series with cherry blossoms beside track


池上線石川台駅~洗足池駅間

サクラの木が植えられた切通しから列車を見下ろす。ここは東急電車ファンの間では有名なサクラスポットであったが、木の高齢化による倒木の危険性が出てきたため、そのほとんどが伐られ、以前ほどの華やかさが見られなくなってしまった。伐られた木に代わって新しく植えられたと思われるサクラと1000系の1枚を。

Tokyu 1000 Series with cherry blossoms above cut


池上線五反田駅

五反田駅も東横線中目黒駅と同様に目黒川のサクラと列車のツーショットが撮影可能である。池上線の車両が18m級3両編成のため、広角レンズを使って撮ると、編成全体をファインダーに収めることができる。写真は橋梁を渡り五反田駅へと入線する1000系。

Tokyu 1000 Series with cherry blossoms under track


田園都市線すずかけ台駅

すずかけ台駅のつくし野方にサクラの木植えられている。渋谷方面行き列車とそのサクラを、線路をオーバークロスする路地から俯瞰のアングルで列車を捕らえる構図で撮る。ここも広角レンズを使えば、10両編成の田園都市線列車もサクラや沿線の風景と共に最後尾まで入れることができる。写真は5000系。

Tokyu 5000 Series with cherry blossoms beside track


----------------------------------------------------------------------------------------------------

On April 2nd, cherry blossom season came not only in Tokyo, but also in Yokohama, I went photographing cherry blossoms along Tokyu Railway Lines with carriages.

Nakameguro Station on Toyoko Line

Under elevated railway around Nakameguro, one of the most famous cherry blossom spot spread from Ikejiri-ohashi Station on Den-en-toshi Line to Meguro Station on Meguro Line and JR East Yamanote Line. About 800 trees are planted along Meguro River. Not only from riverside walkway or bridge, but the blossoms are seen also from platforms. What I photographed are 5050-4000 Series 4110F "Shibuya Hikarie" set from back with the tree beside the railway, the blossoms along the river and 5050 Series from Horai Bridge, looking up the blossoms and 5050-4000 Series, 5050-4000 Series entering the platform with the blossom.

Tokyu 5050-4000 Series 4110F Shibuya Hikarie set and cherry blossoms

Tokyu 5050 Series and cherry blossoms from Horai Bridge on Meguro Liver

Cherry blossoms and Tokyu 5050-4000 Series

Tokyu 5050-4000 Series and cherry blossoms at Nakameguro


Between Tamagawa Station and Shin-maruko Station on Toyoko and Meguro Line

In Tamagawadai Park near Tamagawa Station, a cherry tree facing Tamagawa River is planted in the middle of a slope. What I photographed are the trains, both Toyoko Line (5050 Series) and Meguro Line (5080 Series) over the cherry tree.

Cherry blossoms in Tamagawadai Park and Tokyu 5050 Series

Cherry blossoms in Tamagawadai Park and Tokyu 5080 Series


Between Tamagawa Station and Numabe Station on Tamagawa Line

Near a crossing before the train going underground and near a bus stop, a cherry tree is seen. What I photographed is 7700 Series and the blossoms.

Tokyu 7700 Series with cherry blossoms beside track


Midorigaoka Station on Oimachi Line

From the end of a platform toward Mizonokuchi, some cherry trees are seen beside the railway are seen. What I photographed are 9000 Series and 6000 Series with the blossoms.

Tokyu 9000 Series with cherry blossoms beside track

Tokyu 6000 Series with cherry blossoms beside track


Between Ishikawadai Station and Senzokuike Station on Ikegami Line

The cut section is one of the most well-known cherry blossom spot among railway photographers. However, in 2016, almost of all trees are cut down to avoid falling onto the tracks. What I photographed is a young tree, seeming to be newly planted, and 1000 Series running in the cut.

Tokyu 1000 Series with cherry blossoms above cut


Gotanda Station on Ikegami Line

At Gotanda, the railway also crosses over Meguro Liver and the trees are planted along the river like Nakameguro on Toyoko Line. Using a wide lens, whole 3-carriage set and the blossom under the track can be captured. What I photographed is 1000 Series about to enter Gotanda.

Tokyu 1000 Series with cherry blossoms under track


Suzukakedai Station on Den-en-toshi Line

Near the end of platform of Suzukakedai Station, some cherry trees are planted. What I photographed is looking down 5000 Series leaving Suzukakedai and the trees from a path crossing over the track.

Tokyu 5000 Series with cherry blossoms beside track






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Apr 7, 2016 05:21:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 26, 2016
3月26日、この日は鉄道各社がダイヤ改正を実施したこの日、僕は注目の新列車の1つ「Fライナー」に乗って川越へ行ってきた。

「Fライナー」は横浜高速鉄道みなとみらい線・東急東横線・東京メトロ副都心線・東武東上線・西武池袋線を直通運転する最速達列車の新しい愛称。みなとみらい線・東横線を特急(東横特急)、副都心線を急行、池袋線を快速急行、東上線を急行として運行する。

僕は和光市駅から「Fライナー」森林公園行きに乗車した。東京メトロ有楽町線・副都心線からの直通列車が到着する2番線に入線した車両は東急4000系4109F。「Fライナー」を示す黄緑色地に「F」をあしらったマークと共に、「急行 森林公園」の行き先を表示させる姿が、誇らしく見えた。

Tokyu 5050-4000 Series as F-Liner

Indicator of Tokyu 5050-4000 Series showing F-Liner logo

ダイヤ改正前は、朝と夜の東武車による入出庫を兼ねた運用のみで、種別も各停だった東横線・副都心線からの森林公園行き列車だったが、この日からは東急車と東京メトロ車も日常的に、しかも急行列車である「Fライナー」として森林公園駅まで運行される(横高車は8両編成しか存在しないため基本的に「Fライナー」運用には入らない)。

和光市駅を発車した列車は、志木駅までの複々線区間は、これまでの東京メトロ有楽町線・副都心線からの列車と同様に中線を走る。中線を急行列車が走ること、そしてダイヤ改正前はすべてのみなとみらい線・東横線・副都心線からの直通列車が停車していた駅を通過することは、やはり新しさを感じた。

ふじみ野駅で、先行していた準急列車と接続する。ダイヤ改正前はみなとみらい線・東横線・副都心線からの川越市行き各停列車が東上線池袋駅からの快速列車に抜かれていたが、改正後は逆に「Fライナー」が準急列車をふじみ野駅で追い抜く形になった。

列車はいよいよ川越駅に到着。列車は森林公園駅まで運行するが、僕はここで降りる。ここから川越散策を開始。

最初に向かった場所は喜多院。その境内ではシダレザクラが美しく咲き誇っていた。

Kitain Temple

drooping cherry planted in Kitain Temple

喜多院の見所、江戸城から移築された、江戸幕府3代将軍徳川家光公誕生の間と、お地蔵様が何体も並んだ五百羅漢を見学した。お地蔵様は楽器を持っていたり、子供を膝枕させていたり等々、一体一体違った個性豊かな姿勢・行動・表情を見せていた。

昼食は「小川菊」のうな重を頂いた。

P1000378.jpg

P1000379.jpg

「小川菊」は川越で200年以上続くウナギの名店で、昔も今も高い人気のお店なのか、僕が来た時にはすでに満席で、外にも入店待ちの人が大勢いて、入口前の順番待ちリストを見たところ、60分待ちだった。

僕としては、ウナギの味はもちろんだが、店員さんの接客も良かったと思う。僕には鰻重のご飯を多めにするかどうかを聞いてくれ、僕の隣の席にいた外国人観光客には英語で「Can I take picures?(写真を撮りましょうか?)」と声をかけ、スマートフォンのカメラで記念撮影をしてくれた。お店に入ってからだけでなく、順番待ちの時も、まもなく僕の順番が回って来ようという時に、相席の座敷席なら早めに用意ができると最初に聞かれ、僕も了承したものの、数分後にテーブル席が空いたことから、そのテーブル席へと案内してもらうことにした。老舗ならではの長年培われてきたおもてなしを感じ、それが長年愛されている理由のなのだろうと感じた。

最後は川越のシンボルとも言うべき時の鐘を見る。時の鐘は昨年2015(平成27)年から耐震補強工事が始まり、櫓の下部が壁に囲われている。そしてこの4月から12月にかけて、櫓全体が壁に囲われて見えなくなってしまう。見えなくなる前に1枚撮っておいた。

Toki no Kane Bell of Time

蔵造りの街並みを見ながら川越駅へと戻り、今回の旅はおしまい。

僕が川越の街を歩くのは、大学在学中の2009(平成21)年以来7年ぶりだった。何度か行ってことがある街だが、改めて歩いてみると、時の鐘や蔵造りの街並みなどの「小江戸」と呼ばれる江戸時代の面影を残す街並みの、古くからあるものの趣を感じ取ることができる街だと思えた。


On March 26th, the day timetable of many railway lines in Japan changed, I went seeing Kawagoe, Saitama Prefecture by F-liner, one of trains started the service on that day.

F-Liner runs between Motomachi-chukagai [Yokohama Chinatown] Station on Yokohama Minatomirai Railway Line and Shinrin-koen [Musashi Kyuryo National Government Park] Station, Saitama Prefecture, on Tobu Tojo Line or Hanno Station, Saitama Prefecture, on Seibu Ikebukuro Line via Tokyu Toyoko Line and Tokyo Metro Fukutoshin Line. F-Liner is regarded as limited express on Yokohama Minatomirai Railway Line and Toyoko Line, as express on Fukutoshin Line and Tojo Line, and as rapid express on Ikebukuro Line.

I rode the train from Wakoshi and the carriage was Tokyu 5050-4000 Series 4109F set. Its indicator showed F-Liner logo, white F in a green square and its operation kind and destination "Express for Shinrin-koen [Musashi Kyuryo National Government Park]", which did first time.

Before the timetable impoved, trains bound for Shinrin-koen [Musashi Kyuryo National Government Park] from/to those three lines or Tokyo Metro Yurakucho Line only used to operate in the morning and the evening by Tobu carriage and all of them did as local train, also functioned as the ones leaving or entering carriage base near Shinrin-koen [Musashi Kyuryo National Government Park] Station. From that day, Tokyu and Tokyo Metro carriages regularly operate from/to Shinrin-koen [Musashi Kyuryo National Government Park] as F-Liner (Yokohama Minatomirai Railway carriages doesn't regularly operate as F-Liner and go straight through Shinrin-koen [Musashi Kyuryo National Government Park] because of the operator owns only 8-carriage sets).

Though the express train runs on outer track F-Liner runs on middle track of quadruple-track section until Shiki, the same as the one before the timetable improvement. I felt it new to pass some stations where the one from/to those three lines stopped and the fast train ran on the middle track.

Though the local train from those three lines waited for rapid train from Ikebukuro Station on Tojo Line passing before that day at Fujimino, the train connected to and passed semi express going ahead.

The train came to Kawagoe and I got off. Then I started walking around Kawagoe.

Where I first visited was Kitain Temple. A drooping cherry blossoms in the temple were fully blooming.

I also saw two attractions, room where Iemitsu Tokugawa, the third shogun in Edo preriod, reconstructed from Edo Castle (Imperial Palace in the present) and Gohyaku-rakan jizo stone statues, who individually showed me unique behaviours and expressions.

On lunch time, I ate unaju (jubako tiered food box of rice topped with grilled eel) at "Ogagiku", which had been run for over 200 years.

As I came there the restaurant was full and I waited for about an hour to enter. I like not only the taste of unaju, but behaviour of waiters were also good. When I ordered, one of the staff asked me to serve the large helping of rice. To foreigners sitting next to me, the other staff did "Can I take pictures?" and took pictures of them eating with their smart phone. Not only in the restaurant, but when I waiting outside she first informed me that sharing a table with other people was faster, but a few minutes later, she changed to show me to a seat not sharing with someone. I felt this likeable service was why this restaurant was loved for a long time.

At last, I saw "Toki no Kane (The Bell of Time)", the symbol of Kawagoe. The bell was under antiseismic reinforcement and being covered on this April.

I backed to Kawagoe Station while seeing kura storehouses.

Travelling first time in these 7 years, I felt Kawagoe, where structures since Edo Period such as Toki no kane (Bell of Time) and kura storehouses is located and which is called "Koedo", had a classical atmosphere.





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Apr 3, 2016 10:13:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
総合記事ランキング

おすすめアイテム

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.