282926 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

花見友紀の「鉄道のある日常」

PR

ブログリンク

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

サイド自由欄

鉄道模型・鉄道グッズリンク

鉄道関連書籍リンク

鉄道雑誌最新号

鉄道ファン



鉄道ジャーナル



鉄道ピクトリアル



鉄道ダイヤ情報



Rail Magazine



RM MODELS



j train



とれいん



鉄道模型趣味



エヌ




列車旅の宿探しは楽天トラベルで
全国の鉄道駅からホテル・旅館を検索・予約



Would you like to go travelling?
Then let's search hotels by Rakuten Travel.



カテゴリ

コメント新着

花見 友紀@ Re[1]:菓子パンでいすみ鉄道を応援(03/07) >王玲燕さん こちらこそご無沙汰です。 …
王玲燕@ Re:菓子パンでいすみ鉄道を応援(03/07) 花見さん、ご無沙汰しております。鉄道を…
花見 友紀@ Re[1]:西武30000系38112Fのラッピングが一部変更(01/05) >王玲燕さん 僕も列車の中で何かが起こる…
王玲燕@ Re:西武30000系38112Fのラッピングが一部変更(01/05) 花見さん、Do you like the story that ha…

楽天カード

ほしいものリスト

モバイル

ケータイ
スマートフォン

 

Apr 18, 2015
楽天プロフィール XML
テーマ:鉄道(34718)
カテゴリ:鉄道日記
model train of Tokyu first 5000 Series.jpg

僕にとっては懐かしくはないが、1950年代~1960年代生まれの人達には懐かしい、東急電鉄の初代5000系の走行音も発見した。

東急初代5000系は1954(昭和29)年に東横線に登場した。丸みを帯びた緑色のデザインを持つ車体から「青ガエル」の愛称で親しまれた。

その走行音の特徴は、日本の鉄道車両で初採用した、モーターを車軸に対して直角に配置した「直角カルダン駆動方式」が実現させた静かな音。

それまでの電車は、モーターを車軸に平行に配置し、かつモーターの一部を車軸に固定していた「吊り掛け式」というやり方であったため、モーターの重さが車軸・車輪に伝わり、線路を押し付けて線路が傷みやすい、その結果車内の振動や騒音が大きいという欠点があった。直角カルダン駆動方式の導入で、モーターを車軸に対して直角に配置することでモーターの重さが車軸・車輪に伝わらないようになり、線路にかかる負荷が小さくなり、かつ車内の振動・騒音も大幅に改善された。

1986(昭和61)年に東急電鉄を引退し、引退した一部の車両は、福島交通、上田電鉄、長野電鉄、アルピコ交通、熊本電気鉄道に渡り活躍したが、こちらも熊本電気鉄道の1両を除いて全て引退、熊本電気鉄道に残る最後の1両も2015(平成27)年度中の引退が決定している。

保存車両としては、トップナンバーのデハ5001号車が、車長を短くした上で渋谷駅前に鎮座し、車内で昔の渋谷駅の写真を展示している。一方そのままの形で残されているものは、アルピコ交通の新村車庫に、車籍はないものの、2両編成1本が展示保存用に保存されている。また長野県須坂市にあるNAGANOトレインミュージアム前には、赤とクリーム色の長野電鉄塗装の車両が展示保存されている。

僕が生まれた時はすでに東急電鉄を引退した後であったが、初代5000系「青ガエル」が日本の鉄道車両の歴史を変えた車両として、僕のような現役時代を知らない世代の鉄道ファンにも愛され、今後も語り継がれることを願いたい。


Following 9000 Series, I also found a sound of Tokyu first 5000 Series, which had run some Tokyu lines between 1954 and 1986 and was affectionately nicknamed "green frog" after its roundish body and colour. Thuogh it reminds me of nothing, some railfans born in 1950s or 1960s may have memories of it.

The characteristic point of the sound is the silence which cardan drive whose motor was laid out to be perpendicular to axle made. Perpendicular cardan drive improved some demerits of nose-suspended (Sprague) drive such as motors' weight pressing wheel and axle and damaging the railway, which cause big noise and vibration.

After the retirement in 1986, some carriages moved to some rural railways, such as Fukushima Kotsu, Ueda Electric Railway, Nagano Electric Railway, Alpico Kotsu, Gakunan Railway, and Kumamoto Electric Railway. However, in 2015, none of them but the one on Kumamoto Electric Railway were replaced by another carriages, and the last remaining is retiring by March, 2016..

Some carriages are now preserved at several places. In front of Shibuya Station, the first-made front carriage, 5001, whose body length was shortened, stands and some photographs of the scenery in Shibuya. In Nagano Prefecture, four front carriages are displayed at two different places; two of them are in Niimura train shed on Alpico Kotsu Kamikochi Line in its original green colour, and the others are in the parking of Train Gallary NAGANO in Nagano Electric Railway's red and light yellow colour.

Though first 5000 Series had retired from Tokyu when I was born, I wish the carriage keep being beloved and saying its episodes as a historic carriage on a technical aspect repeatedly by many railfans who don't know its service on Tokyu.


tateishi takuさん投稿 uploaded by tateishi taku





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Apr 18, 2015 11:27:30 AM
コメント(0) | コメントを書く

Apr 12, 2015
テーマ:鉄道(34718)
カテゴリ:鉄道日記
Seibu 30000 Series 30101F set

2015(平成27)年4月15日に西武池袋線の前身、武蔵野鉄道の池袋~飯能間が開通して100周年を迎えるのに合わせて、12日、西武30000系30101Fを使用した臨時列車が運行された。停車駅は100年前の開通と同時に開業した池袋・東長崎・練馬・石神井公園・保谷・東久留米・所沢・西所沢・狭山ヶ丘・入間市・仏子・飯能。

30101Fの前面には100周年記念のヘッドマークが取り付けられ、30101号車と30001号車の側面には開業時からある12駅の昔の写真がラッピングされている。

30101Fは7月20日までヘッドマークとラッピングを付けて定期列車として運行予定。


To celebrate 100th anniversary of the first open of Seibu Ikebukuro Line between Ikebukuro and Hanno on April 15th, a special train by Seibu 30000 Series 30101F set was operated on 12th, which stopped at 12 stations since the open of this section 100 years ago (Ikebukuro, Higashi-nagasaki, Nerima, Shakujii-koen, Hoya, Higashi-kurume, Tokorozawa, Nishi-tokorozawa, Sayamagaoka, Irumashi, Bushi, and Hanno).

On the front of the carriage the sign for the anniversary was put, and on the side the photographs of these 12 stations in the old time were decorated.

This set keep running with the sign and the liveries on regular operations until July 20th.

front sign for 100th anniversary of Seibu Ikebukuro Line on Seibu 30000 Series 30101F set
開業100周年記念ヘッドマーク front sign on the front of Seibu 30000 Series 30101F set

side livery for 100th anniversary of Seibu Ikebukuro Line on Seibu 30000 Series 30101F set
側面ラッピングの一部 写真は池袋駅のもの photograph of Ikebukuro Station in the old time on the side livery





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Apr 15, 2015 05:58:58 AM
コメント(0) | コメントを書く

Apr 11, 2015
テーマ:鉄道(34718)
カテゴリ:鉄道日記
Tokyu 9000 Series

懐かしい東急9000系の東横線桜木町~渋谷の走行音をYouTubeで発見した。

9000系は僕にとって、鉄道を本格的に好きになるきっかけとなった車両である。それ以前から鉄道が好きだったことは好きだったが、当時の僕にとって最も強烈な印象を与えたものが、加速・減速時のVVVF制御の磁励音であった。当時は神奈川県・藤沢に住み、東海道線の113系などの抵抗制御の車両に乗ることが多かったため、初めて乗ったVVVF制御の車両である9000系は、それまで聴いたことがない音が床下から聞こえてきたことに驚きと感動を覚え、その特徴的な音に一目惚れした。

東京に移ってからは、横浜に用事があるとなると決まって渋谷駅から東横線に乗り換えるようになった。行きは渋谷駅から横浜駅まで、帰りは桜木町駅から渋谷駅まで乗車していた。行き帰りとも、9000系の特急か急行に乗れると、ものすごく喜んだものだった。

9000系は1986(昭和61)年のデビューから2013(平成25)年までの27年間、東横線で活躍し、現在はすべての編成が大井町線の各停列車で活躍している。

この走行音を聴くと、その頃の横浜からの帰りを思い出す。2004(平成16)年に桜木町駅もなくなり、2013(平成25)年に9000系も東横線から姿を消したため、もう実際には聴くことができない。


I found an running sound of Tokyu 9000 Series between Sakuragicho and Shibuya on YouTube.

Tokyu 9000 Series is the adjustable voltage and frequency control train that I first rode on in my childhood and gave me the opportunity to come to like the railway. Though I have liked railways before that, I was attracted its characteristic AVAF control sound when it departed, which made my love for the railway grown more. When I was little living in Fujisawa City, Kanagawa Prefecture, the railway carriages I rode were all rheostatic control such as 113 Series on Tokaido Line.


Since I started to live in Tokyo, I chose Toyoko Line when going to Yokohama and when backing took from Sakuragicho, which was closed in 2004. I came to happy to be able to got on 9000 Series. This sound reminds me when backing from Sakuragicho on that time.

In the present this sound is extremely rare because the stations that express train stops changed, the section between Sakuragicho and Yokohama closed in 2004, and 9000 Series retired from Toyoko Line in 2013.



Sannana37さん投稿 uploaded by Sannana37





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Apr 14, 2015 09:33:09 PM
コメント(0) | コメントを書く

このブログでよく読まれている記事
総合記事ランキング

おすすめアイテム

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2015 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.