387474 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

花見友紀の「鉄道のある日常」

PR

ブログリンク

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

サイド自由欄

鉄道模型・鉄道グッズリンク

鉄道関連書籍リンク

時刻表最新号

JTB時刻表



JR時刻表



鉄道雑誌最新号

鉄道ファン



鉄道ジャーナル



鉄道ピクトリアル



鉄道ダイヤ情報



Rail Magazine



RM MODELS



j train



とれいん



鉄道模型趣味



エヌ




列車旅の宿探しは楽天トラベルで
全国の鉄道駅からホテル・旅館を検索・予約



Would you like to go travelling?
Then let's search hotels by Rakuten Travel.





カテゴリ

コメント新着

花見 友紀@ Re[1]:「ここさけ」ラッピング車両が西武球場前駅へ(09/13) >王玲燕さん コメントありがとうございま…
王玲燕@ Re:「ここさけ」ラッピング車両が西武球場前駅へ(09/13) 花見さん、こんにちは。アニメラッピング…
花見 友紀@ Re[1]:初めての川瀬祭(07/20) 王玲燕さん >こんにちは。お久しぶりです…

楽天カード

ほしいものリスト

モバイル

ケータイ
スマートフォン
Feb 7, 2016
楽天プロフィール XML
カテゴリ:鉄道ミニエッセイ
1月21日、福井鉄道福武線とえちぜん鉄道三国芦原線との直通運転が2016(平成28)年3月27日の開始を目指して、両社および関係機関で最終調整が進められていることが、福井新聞の取材で解った。

このプロジェクトは、2016(平成28)年1月現在、田原町駅で終わっている福武線の線路を三国芦原線と繋ぎ、福武線越前武生駅~三国芦原線鷲塚針原駅まで直通運転する列車を走らせるというものである。2013(平成25)年から工事が進められ、田原町駅の改良・両線の線路の接続と福大前西福井駅~鷲塚針原駅の中角駅を除く各駅には路面電車の規格に合わせた、既存のものよりも床が低い乗り場(電停)が新設される。福井県の西川一誠知事もこのプロジェクトの実現を公約とし、2003(平成15)年の選挙以降当選を繰り返してきた。初当選から13年で実現にこぎ着けようとしている。

福武線と三国芦原線が直通運転を始めると、越前武生駅~鷲塚針原駅間が、現状は田原町駅での乗り換え時間も含めて80分であるところ、60分にまで短縮されるという。今回の直通運転に合わせて、えちぜん鉄道でも福井鉄道F1000形と同形の低床路面電車車両を導入し、F1000形車両と共に直通運転に使用される。

この福武線・三国芦原線直通列車のような、郊外部から都心部を走り抜けて、再び郊外部へ至る運行経路の路面電車は、欧米諸国では決して珍しいものではない。路面電車の線路を既存の郊外へと伸びる鉄道のものと繋ぎ、郊外から都心部までを乗り換えなしで行けるようにすることは、欧米諸国で発達した路面電車の活性化手法の1つで、「トラムトレイン」と呼ばれる。トラムトレインは1960年にドイツのカールスルーエで登場し、軽便鉄道を改築したり、使われなくなった非電化の貨物線を電化したりして、ネットワークを広げていった。1992年には、架線の電気が路面電車とは異なるドイツ鉄道(DB)の路線とも直通運転を、両線の電気に対応した車両を導入して、開始した(路面電車:直流750V、DB:交流15000V)。

幸い福武線と三国芦原線は共にレールの幅(1067mm)、架線の電気(直流600V)が同じ規格であるため、三国芦原線に床の低い乗り場を新設する程度で済み、直通運転への障害は大きくなかった。

日本の路面電車は、路面を走らない、普通鉄道のような「専用軌道」と呼ばれる区間も含めて、軌道法によって監督されている場合が多いが、福武線のようにこのような路面ではない区間を軌道法の「専用軌道」ではなく、鉄道事業法によって監督されている普通鉄道として扱うものもある。軌道法区間と鉄道事業法区間を直通する日本の路面電車は福武線の他、富山県の万葉線と富山ライトレール富山港線、広島県の広島電鉄2号線(宮島線)、愛媛県の伊予鉄道松山市内線の一部(城北線)が現存し、かつては2005(平成17)年に廃線になった岐阜県の名鉄田神線、同揖斐線もあった。その中でトラムトレインに近いものは広島電鉄2号線と名鉄岐阜市内線・揖斐線であろう。しかしこれらはあくまでも同一路線、もしくは同一会社の運行する路線である。今回の福武線と三国芦原線の直通運転の特筆すべき点は、2社にまたがっての路面電車と普通鉄道との直通運転であるということである。

ここで両線がどのような路線かをおさらいしよう。

Fukui Railway Mo800 Series

越前武生駅~田原町駅を結ぶ福井鉄道福武線は、越前武生駅~赤十字前駅間は鉄道事業法によって監督されている普通鉄道、赤十字前駅~田原町駅間と市役所前電停~福井駅(福井駅前電停)間は軌道法によって監督されている路面電車という2つの性格を併せ持つ路線である。1924(大正13)年に福武電気鉄道として開業。当初は福井市市街地へ、普通鉄道として足羽山にトンネルを掘り、米島口(現在の三国芦原線福大前西福井駅)まで延伸する構想もあったが、現在の路面電車の形で1933(昭和8)年に開業した。かつては普通鉄道規格の車両が路面電車区間にも乗り入れ、床が低い電停ではドア下の折り畳み式ステップを出している光景が日常的に見られたが、2006(平成18)年以降は、その前年に廃線となった岐阜県の名鉄岐阜市内線・揖斐線・美濃町線・田神線で活躍した路面電車車両、モ770形、モ880形、モ800形が大量に移籍し、一部旧来の車両が残るものの、一気に路面電車らしい姿に変貌を遂げた。2013(平成25)年にはカナダ・ボンバルディア社の「インチェントロ」をベースとする新型車両F1000形が登場した。同車は福井鉄道の車両で初めてローレル賞を獲得した。

2008(平成20)年には、それまで筆頭株主だった名鉄が経営から撤退し、地元の商工会等が株を所有している、純然たる地元資本企業に生まれ変わった。また翌2009(平成21)年には沿線市町村である福井市・鯖江市・越前市も、福武線の鉄道用地を買い取り、保線・施設整備費用を負担する支援を、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律(活性化・再生法)の適用を受けて、実施している。

Echizen Railway MC6000 Series

一方の福井駅~三国港駅を結ぶえちぜん鉄道三国芦原線は、1928(昭和3)年に三国芦原電鉄として開通。1942(昭和17)年、当時の親会社であった京都電灯(関西電力の前身)の鉄道事業を分社化した京福電気鉄道(京都府の嵐電の運行会社と同じ)と合併した。2001(平成13)年までは、越前本線(現在の勝山永平寺線)・永平寺線(2001(平成13)年休止、2002(平成14)年廃線)とともに京福電気鉄道福井鉄道部によって運行されてきたが、2000(平成12)年に越前本線・永平寺線東古市駅(現在の永平寺口駅)で、2001(平成13)年に越前本線保田駅~発坂駅間で立て続けに発生した列車正面衝突事故を受けて、両線とも国土交通省の行政処分の下、運行停止に陥った。福井県と沿線市町村の支援の下、2003(平成15)年にえちぜん鉄道の路線として復活し、沿線住民がサポーターズクラブを設立し、鉄道会社と沿線住民とが連携して利便性の向上に努めている。

この復活劇は、地方鉄道の必要性を日本中に訴えかけるきっかけとなり、鉄道会社の経営状態だけで簡単に廃線にしてはいけないという姿勢に転換させ、全国の地方自治体が地元の鉄道路線に対する支援を強化させた。

近年では2014(平成26)年に、坂井市を舞台とするアニメ「グラスリップ」に登場した電車として知名度を上げたことでも記憶に新しい。

最後に僕の個人的な見解として、2016(平成28)年3月の段階では三国芦原線への乗り入れ区間がまだ鷲塚針原駅までと中途半端な感があるため、暫定的に鷲塚針原駅まで運行し、様子を見るのであろう。利用状況が好調ならば、僕としてはぜひとも三国港駅までの直通運転を実現させてほしいところである。

三国港駅への直通運転の実現に向けては、えちぜん鉄道と、支援者である坂井市とあわら市が路面電車車両用の電停を建設費用を捻出する姿勢を見せるかどうかに注目したい。

沿線市町村と利用者が積極的にサポートしていることで注目されている福井県の2つの鉄道が、路面電車と郊外鉄道の枠を越えた新たな鉄道網を形成し、カールスルーエのトラムトレインに見劣りしない、日本の新しい路面電車の形を作り上げ、路面電車をこれから導入しようとしている街に広がっていくことを期待したい。


On January 21st, Fukui Newspaper reported that the local railway and tramway in Fukui Prefecture, Fukui Railway Fukubu Line and Echizen Railway Mikuni-awara Line, connected with each other at Tawaramachi Station and a tram-train going through the two can start to run on March 27th, 2016.

This project have been planned by the Prefectural governor of Fukui, Issei Nishikawa, who has been elected with his manifesto that he make it come true, and under construction since 2013. The new lower platforms for the tram-train and connecting line at Tawaramachi Station were constructed and Echizen Railway introduce a new tram carriage looking like F1000 Series on Fukubu Line.

The tram-train runs between Echizen-takefu, Echizen city, and Washizuka-harihara, Fukui City, and it takes about 1 hour, 20 minutes shorter than before the connection including the transferring time.

Tram-train is one of the method that the tram to offer an attractive transport system in Europe; trams run through from an urban tramway network to conventional railway lines to carry passengers between countryside and city centre directly. The first tram-train started to run in 1960, in Karlsruhe, Germany, and spread the network by reconstruction of light railways or electrification of closed freight lines. In 1992, a tram-train service going into Deutsche Bahn (DB) lines, which is electrified at different kind, tramway lines at 750V DC and DB at 15,000V AC, started.

Fortunately, in case of Fukubu and Mikuni-awara Lines, the two has the same gauge (1,067 mm/42.0078 in) railway or tramway and electrified the same voltage (600V) DC. There were little resolve to overcome.

The tramway lines in Japan are usually supervised by the Tramway Act including the segregated way from the roadway, but some of the segregated way, for example, Manyosen and Toyama Light Rail Toyamako Line in Toyama Prefecture, Hiroshima Electric Railway Miyajima Line in Hiroshima Prefecture, Iyo Railway Matsuyama Inner City Line in Ehime Prefecture, and Meitetsu Tagami and Ibi Lines closed in 2005, were regarded as conventional railway supervised by Railway Business Act. Among them, Hiroshima Electric Railway line and late Meitetsu Tagami and Ibi Lines resemble the Europian Tram-train. However, it will be first time in Japan to run over two operators.

Fukubu Line, consisting of railway section between Echizen-takefu Station and Red Cross Hospital Station and tramway section between Red Cross Hospital Station and Tawaramachi Station and between Fukui City Hall Station and JR Fukui Station, constructed by Fukubu Electric Railway and opened in 1924. The tramway section, to which the extention plan changed from as a conventional railway to Yonejimaguchi (present University of Fukui Station) via a tunnel under Mt. Asuwa to go into city centre of Fukui, opened in 1933. Since that time, railway design carriage directly goes into tramway section and the carriage installs foldable steps under its doors for the tramway stops. However, since 2006, some carriages keeping existing, many tram design carriages moved from Meitetsu Gifu Inner City Tramway, Ibi, Minomachi, and Tagami Lines in Gifu Prefecture closed in 2005, which makes Fukubu Line change its atmosphere to a tram-train. In 2008, Fukui Railway stood the new management setup and support by the local people and cities; the largest shareholder of the operator, Meitetsu, sold all of its stocks to commerce and industry association in the cities along the tramway and railway, and in 2009 the three cities along the tramway and railway, Fukui, Sabae, and Echizen, purchased the property for the railway infrastructure and give subsidies for infrastructure and carriage maintenance cost and fixed asset tax. In 2013, the new low-floor tram, F1000 Series, which is based on Bombardier's Incentro, debuted and got Laurel Prize in 2014. It was first time that Fukui Raiway's carriage got the prize.

Mikuni-awara Line, spreading from Fukui Station to Mikuni-minato Station, constructed by Mikuni Awara Electric Railway and opened in 1928. In 1942, the former operator was merged into Keifuku Electric Railroad, which is known as the operator of Randen tramway line in Kyoto and spinning off the railway and tramway business from Kyoto Dento electric company, the parent company of the former operator, and had been operated by Keifuku until 2001, together with Echizen Main Line (present Katsuyama-eiheiji) Line and Eiheiji Line (closed in that year) . However, the two railway crashes happened continuously in 2000 and 2001 on Echizen Main Line Line made temporary close of whole section of Keifuku Lines in Fukui Prefecture. While stopping the service, Fukui Prefecture and the cities and towns along the lines started to support the two of the lines, Katsuyama-eiheiji Line and Mikuni-awara Line, to restart them as Echizen Railway in 2003. The people in established the supporters' club to go hand-in-hand with the new operator to make the train more convenient.

This revival of the railway told the importance of the railway line in rural areas, which make the attitude of the cities having issue of unprofittable railway lines change to strengthening the subsidies for them.

In recent years, Mikuni-awara Line is also known as the train appeared on "Glass Lip" anime set in Sakai City.

I see it looks halfway that the terminal of the operation will be Washizuka-harihara Station and the operators observe the number or passengers for a year or more. I also look forward to extending the operation to Mikuni-minato Station.

I have to pay attention to how the operators go and the cities support them to realize the extension.

I wish the tram-train will under the support of the freaquently-using passengers and the cities and the method will spread to the other cities planning to construct the tramway.


参考文献 Reference (All Japanese)





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Feb 7, 2016 04:36:53 PM
コメント(0) | コメントを書く

Jan 24, 2016
テーマ:鉄道(8436)
カテゴリ:鉄道ミニエッセイ
2016(平成28)年4月1日に、家庭向け電力小売り自由化(いわゆる“新電力”制度)がスタートする。これまで東京電力や関西電力などの地域ごとの大手電力会社からしか買うことができなかった一般家庭向けの電気を、これらの会社以外からも買えるようになる。この“新電力”事業に、それまで電気とは無縁だった異業種からの新規参入も多数発表されている。

鉄道界からは、東急電鉄が子会社、東急パワーサプライを設立して“新電力”事業に参入する。この度東急パワーサプライの詳細な電気料金・サービス内容が発表され、東急カードでのクレジット支払いの利用、イッツ・コミュニケーションズのケーブルテレビ・インターネットサービスの利用、そして東急線を含む区間の定期券の利用している人がいる世帯には、値引きや東急ポイントを付与する。利用しているサービスが多いほど、値下げ幅が広がる仕組みになっている。

東急パワーサプライは、関東地方各県と山梨県、静岡県の一部を供給エリアとすることが発表されているが、前述の特典の内容から、主に東急電鉄沿線在住者向けのサービスとして提供されることが見てとれる。

Tokyu train and the residential area

実は東急電鉄はかつて自前の発電所を持ち、沿線の街に送電していたのである。

これはもともと東急電鉄の母体となった田園都市株式会社が開発した住宅地である洗足および田園調布に限定して電力を供給していたもので、洗足は富士瓦斯紡績、田園調布は群馬電力(共に後に東京電力と合併)から購入していた。

また世田谷線の前身である玉川電気鉄道が、当時の同社の親会社であった東京信託の手により桜新町に開発された住宅に、電車を走らせるために造った発電所を利用して電気を供給するために兼業として始めたものであった。当時、電化路線を持つ鉄道事業者が自前の発電所を利用して、沿線の街への電力供給を兼業することが珍しくなかった。玉川電気鉄道の電力供給事業は沿線から離れた地域にも行われ、東横線の前身・東京横浜電鉄が開発した住宅地の多くへも送電していた。このことに黙っていなかった人物が、当時田園都市株式会社の子会社の1つで、現在の東横線の前身である東京横浜電鉄の専務取締役だった五島慶太であった。五島は鉄道単体だけではなく沿線の街の開発と一体で鉄道会社を経営することの必要性を認識していたことから、自社で開発した住宅への電力供給事業を自分のものにしたかったために、半ば強引に玉川電気鉄道を買収したと言われている。

かつてのように、再び沿線エリアを中心に電力供給事業に参入する東急電鉄が、これまで以上に、鉄道の枠を超えた「総合サービス企業」として、沿線の街に密着しながら成長していくことに期待したい。


In Japan, on April 1st, 2016, the electric power supply for homes liberalized; you can select your provider not only from the area-by-area suppliers such as Tokyo Power Electric Company in Tokyo or Kansai Electric Power Company in Osaka.

Tokyu Power Supply, a branch company of Tokyu Corporation, enters the business on that day and the rate was announced in January, 2016. Though the company is going to start its business in Kanto area and Yamanashi, Shizuoka Prefectures, the privileges for the users paying the electric bill by Tokyu's credit card, using ITSCOM cable television or Internet access service, or having a commutation ticket on Tokyu Lines were also announced. The more service uses, the more bill reduce or the more credit card points you can get.

In the old time, about 90 years ago, the late parent company of Tokyu, Den-en-toshi Corporation, supplied the power, generated by Fuji Gas Spinning and Gunma Electric Power Company, both of which are the of Tokyo Electric Power Company, for the residential areas developed by the company in Den-en-chofu and Senzoku. In addition, Tamagawa Electric Railway, the former operator of Tokyu Setagaya Line, supplied the power to residential area in Sakura-shinmachi developed by its parent company, Tokyo Trust, as a side business to use its own plant for the power source of the train effectively and the business area gradually spread to mainly in present Setagaya-ku and Meguro-ku, Tokyo, including homes along Toyoko Line. The substantive manager of Tokyo Yokohama Electric Railway, a branch company of Den-en-toshi and former operator of Toyoko Line ,Keita Goto, didn't silently overlook that fact and acquired Tamagawa Electric Railway to get the power supply business because he realized that railway business needed the development with a broad view, comprehensive and unified development both the towns and the railway.

I am looking forward to growing Tokyu as a company supporting passengers' life over the railways.

参考文献 Reference (All Japanese)

「土地の神話」 猪瀬直樹

「郷土誌 田園調布」 田園調布会

「世田谷たまでん時代」 宮脇俊三・宮田道一





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Jan 24, 2016 12:51:12 PM
コメント(0) | コメントを書く

Jan 11, 2016
テーマ:鉄道(8436)
カテゴリ:漫画・アニメ日記
2015(平成27)年3月の「あの花×SLパレオエクスプレス」記念きっぷを西武4000系の車内で撮った1枚からヒントを得て、同年9月の「ここさけ×あの花の世界展」で買った「あの花」のめんまちゃんのラバーストラップを鉄道車両の車内に乗せて写真を撮ってみた。


Inspired by one of my photograph that a memorial ticket for the collaboration between Chichibu Railway and "Anohana ~the flower we saw that day~" anime on March, 2015, I photographed the rubber charm designed Meiko "Menma" Honma from "Anohana" in a railway carriage.

Seibu 4000 Series

今回の車両も、前回の記念きっぷの時と同様に「あの花」の作中に登場した電車として、「あの花」ファンの間でもすっかりおなじみの存在となったであろう西武4000系。


Following the photograph of ticket, the carriage I rode on was Seibu 4000 Series, which was known the one sometimes appeared on the work among "Anohana" fans.

Meiko Honma in Seibu 4000 Series

1枚目は西武秩父駅の駅弁で、秩父名物の甘辛いたれで味付けされた大きな豚カツ「わらじカツ」と、味噌に漬け込まれた豚肉「味噌豚」が1枚ずつご飯の上に乗った「ミックス弁当」と共に。


The first was with a boxed lunch with a big fried pork cutlet seasoned with sweet soy sauce and a cooked sliced pork seasoned with miso, both of which are local specialities in Chichibu area, sold at Seibu-chichibu Station.

Meiko Honma in Seibu 4000 Series

2枚目は作中でめんまちゃんが生前の友人達、“超平和バスターズ”に振る舞ったものを再現した蒸しパンと共に。背景は西武鉄道で一番長いトンネルで、トンネルの中ですれ違いをすることでも知られる正丸トンネル。作中でも正丸トンネル内での列車のすれ違いが描かれた。


The second was with a steamed bun looking like the one she cooked and served for friends in her lifetime while the train running in Shomaru Tunnel. In "Anohana" anime, the train running and waiting for a opposite bound one passing in the tunnel was pictured.





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Jan 12, 2016 05:33:54 AM
コメント(0) | コメントを書く

このブログでよく読まれている記事

おすすめアイテム

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.