254007 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

花見友紀の「鉄道のある日常」

PR

ブログリンク

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

サイド自由欄

鉄道模型・鉄道グッズリンク

鉄道関連書籍リンク

鉄道雑誌最新号

鉄道ファン



鉄道ジャーナル



鉄道ピクトリアル



鉄道ダイヤ情報



Rail Magazine



RM MODELS



j train



とれいん



鉄道模型趣味



エヌ




列車旅の宿探しは楽天トラベルで
全国の鉄道駅からホテル・旅館を検索・予約



Would you like to go travelling?
Then let's search hotels by Rakuten Travel.



カテゴリ

コメント新着

花見 友紀@ Re[1]:西武6112Fにスマイルビジョン設置(11/28) >王玲燕さん こんにちは。僕は列車に乗っ…
王玲燕@ Re:西武6112Fにスマイルビジョン設置(11/28) 花見さん、先日の返事、ありがとう。えー…
花見 友紀@ Re[1]:西武池袋線を「急行 元町・中華街行き」が走る(11/03) >王玲燕さん はじめまして。こんにちは。…
王玲燕@ Re:西武池袋線を「急行 元町・中華街行き」が走る(11/03) 花見さん、こんにちは。花見さんは列車フ…
花見 友紀@ Re[1]:2014年の東急電鉄新車予想(01/07) >モハ73さん コメントありがとうございま…

楽天カード

ほしいものリスト

モバイル

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

 

Dec 20, 2014
楽天プロフィール XML
テーマ:鉄道(33968)
カテゴリ:鉄道日記
12月20日、東京駅が開業100周年を迎えた。

東京駅といえば、赤レンガ造りの丸の内駅舎と駅前のオフィスビル群の光が作り出す夜景が見もの。そんな魅力的な夜景を先日撮影した。


On December 20th, Tokyo Station marked its 100th anniversary.

I photographed some pictures of the night view with the station building made of red brick, which is created by the light from it and the skyscrapers around the station.

P1000106.JPG
丸の内北口 日本生命東京本部ビル前より Marunouchi North Entrance from in front of Nippon Life Insurance Tokyo Building

P1000113.JPG
丸の内南口 東京中央郵便局(KITTE)6階テラスより Side of the building from the balcony at 5th/6th floor of Tokyo Central Post Office (JP Tower KITTE) in front of Marunouchi South Entrance

P1000109.JPG
ホームに停車中のE2系新幹線 東京中央郵便局(KITTE)6階テラスより E2 Series Shinkansen stopping from the balcony at 5th/6th floor of Tokyo Central Post Office (JP Tower KITTE) in front of Marunouchi South Entrance\

東京駅の顔として多くの人をを迎え入れ、送り出してきた丸の内駅舎は、戦争で焼け落ちた3階部分とドーム型の屋根を復原する工事が2012(平成24)年に完成し、67年ぶりに開業当時の姿を取り戻した。

開業当時と同じ姿で2014(平成26)年12月20日の100周年を迎える東京駅を撮ろうと、多くの人々がカメラを向けていた。東京の、そしてJR東日本・JR東海のシンボルの1つであり、大正期の日本近代建築を象徴する存在、そして重要文化財に指定された、歴史的価値の高い赤レンガ駅舎の夜景は、やはりいつの時代も美しいものだ。


The station building having welcomed passengers and shown their out got back its original style in 2012; restoration of 2nd/3rd floor and the domes.

On the balcony of Tokyo Central Post Office many photographers came to shoot pictures of the night view. I saw the night view with the station building, which is one of the symbols of Tokyo City, JR East, JR Central, and an important cultural property, keeps being beautiful though it has passed 100 years since the building opened.








最終更新日  Dec 20, 2014 09:39:58 PM
コメント(0) | コメントを書く

Dec 15, 2014
テーマ:鉄道(33968)
カテゴリ:鉄道日記
371 Series Asagiri

去る11月30日にラストランを迎え、今後の処遇が注目されていたJR東海371系が富士急行に譲渡されることが、15日発表された。

371系は1991(平成3)年に、JR東海が民営化後初めて開発・製造した特急型電車として登場。小田急小田原線新宿駅~JR東海御殿場線沼津駅を運行していた特急「あさぎり」として2012(平成24)年まで活躍した。

同列車からの引退後はイベント時の臨時列車に使用されたが、2014(平成26)年11月30日の「御殿場線開業80周年号」を最後にJR東海から引退した。

定期運用を持っていたものの、1編成しか存在しない大変貴重な車両でもあった。

譲渡に際しては、2階建て車両2両を含む7両編成から3両編成に短縮されたうえで、2015(平成27)年中に「フジサン特急」として運行を開始する予定である。


On December 15th, Fuji Kyuko announced that the company purchases 371 Series from JR Central retired on this November 30th.

371 Series was manufactured as JR Central's first electric train for limited express operation after the privatization of Japan National Railway in 1991 and had been in service as "Asagiri" express between Shinjuku on Odakyu Odawara Line and Numazu on JR Central Gotenba Line until 2012.

After the retirement from the regular operation, it ran as some special operation when events were held. However, it also retired from JR Central on November 30th, 2014. Its last run was "Gotenba Line 80th anniversary train".

Though it had regular operation, 371 Series exists only one set.

To prepare for the transfer, it is shortening to 3-carriage from its original 7-carriage including two double-deckers.


Odakyu 20000 Series.jpg

富士急行はすでに、371系と同様に特急「あさぎり」として活躍した小田急20000形「RSE」を購入し2014(平成26)年より「フジサン特急」の新型車両として運行を開始している。

富士山の南側の静岡県を走っていた2社の「あさぎり」が、今度は北側の山梨県で再び同じ鉄路を走るとだけあり、早くも多くの鉄道ファンの話題をさらっている。


Fuji Kyuko already introduced Odakyu 20000 Series Romancecar RSE, which also used to run as "Asagiri" express, as "Mt.Fuji Express" in 2014.

Because both Odakyu's and JR Central's "Asagiri" meets again and runs on the same railway at the opposite side of Mt.Fuji, this news attracts many railfans.


富士急行 お知らせ「東海旅客鉄道株式会社371系車両の購入について」 2014年12月15日





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Dec 21, 2014 06:51:57 PM
コメント(0) | コメントを書く

Dec 14, 2014
カテゴリ:鉄道ミニエッセイ
Tokyo Metro 7000 Series 7002F set

今年2014(平成26)年、東京メトロ7000系がデビュー40周年を迎えた。

新造から40年を経た今なお、有楽町線・副都心線で現役を続けている。特に10両編成の7001・7002・7004・7005・7010・7018の各編成は40年前の有楽町線池袋~銀座一丁目間開業時から走り続けており、まさに有楽町線の「生き字引」とも言える存在である。そんな東京メトロ7000系の魅力について語りたい。


In 2014, Tokyo Metro 7000 Series marked its 40th anniversary since its debut, which still have been running on Yurakucho and Fukutoshin Lines. Especially 10-carriage sets, 7001F, 7002F, 7004F, 7005F, 7010F, and 7018F sets, includes carriages since its debuted, they can be called "the walking dictionary on Yurakucho Line". This time I would like to write the attraction of 7000 Series.

Tokyo Metro 7000 Series 7002F set


東京メトロ7000系は1974(昭和49)年に有楽町線用の車両として登場した。1968(昭和43)年に登場した千代田線用の6000系を基本にした設計で、車体は前面非常貫通扉上部の種別表示準備窓と車両番号の位置の違いを除いてほぼ同一。制御方式も6000系同様の自動可変界磁(AVF)サイリスタチョッパ制御を採用した。当初は5両編成で、ラインは黄色一色(2枚目の写真を参照)、側窓は上段下降下段上昇式のいわゆる「田」の字型のものでデビューした。以降、路線の延伸や増発に合わせて増備され、1989(平成元)年までに10両編成34本が製造された。

1993(平成5)年より、新造から20年が経過した7001F~7020Fを対象に、側窓の1段下降化・車椅子スペースの設置などの内装のリニューアルと一部編成のVVVF制御化改造、また全編成に行き先表示のLED化改造が実施された。

そんな7000系に大きな転機が訪れたのが、2008(平成20)年6月14日の副都心線開業である。これに伴い7000系は2度目のリニューアルが実施された。副都心線対応となる全編成に、外観では帯色のこげ茶色・白・ゴールドの3色への変更、行き先表示LEDの更新、内装ではドア上LED案内表示機の2段表示式への新設・交換、ドアチャイムの変更などが実施された。また副都心線でのワンマン運転に対応したATOとドア開閉スイッチ、ホーム監視モニター画面も設置され、併せて東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線に乗り入れるため、運転台がT字型ワンハンドルマスコンに改造された。この時一部編成が副都心線各停列車用の8両編成に短縮され、これまで1両の廃車も出さなかった7000系に初めて廃車が発生した。10両編成の一部は副都心線開業後しばらくは黄色帯のままで残り、有楽町線専用編成となっていたが、2010(平成22)年までにリニューアルの施行、または廃車となり、姿を消した。2014(平成26)年現在は、10両編成6本と8両編成15本が在籍している。


7000 Series debuted in 1974, at the same time as Yurakucho Line's open (between Ikebukuro and Ginza-itchome), and based on antecedent 6000 Series for Chiyoda Line manufactured since 1968. It had almost the same body except the small window above the emergency exit and the place of the carriage number on the front and the same automatic valuable field (AVF) chopper control system. At first the sets were consisted of five carriages and yellow line (see also second photograph). It also used to have side windows whose upper half went down and lower half went up looking like a kanji "田". As the line extended and the timetable rearranged, 340 carriages,thirtyfour 10-carriage sets, had been manufactured until 1989.

First refurbishment of the early twenty sets had started in 1993. Their windows, seating colour, and control equipments were changed and the LED displays above the doors and the space for wheelchair were newly put. Moreover, the destination indicators of all sets had changed to the LED ones.

The open of Fukutoshin Line in 2008 had given 7000 Series a major turning point, which had given 7000 Series the second refurbishment; the line colour (brown, white, and gold one), outside LED, inside LED above the doors which indicating two rows, and the tone informing doors opening and closing had been newly installed or replaced from the old ones. In addition, automatic train operation (ATO) device, and door controller and platform monitor had newly put for the conductorless operation and, for the service on Tokyu Toyoko Line and Yokohama Minatomirai Railway Line, the driver's cab changed to T-shaped one which accelerating and braking are integrated. Some sets had been shortened to 8-carriage and some carriages had scrapped first time. Though some 10-carriage sets had remained the unrefurbished ones only for Yurakucho Line, they had also been scrapped or refurbished by 2010. In 2014 six 10-carriage sets and fifteen 8-carriage sets are existing.


Tokyo Metro 7000 Series 7029F set

東京メトロ7000系の魅力の1つは、6000系の思想を引き継いだ40年以上の使用を想定した設計であろう。普通鋼製車体の車両では20~30年程度だった寿命が、アルミ合金製車体としたことで40年以上の使用にも耐えうるものとした結果、昭和40年代生まれでありながらも、2度のリニューアルを受けながら今日まで現役であり続け、かつ古臭さを感じさせないのであろう。

そしてその結果、2008(平成20)年の副都心線延伸開業に合わせて一部編成の組み替えが実施されるまでの34年間、1両の廃車も発生しなかったのであろう。この廃車は副都心線開業に伴う車両整理・短編成化が理由であり、7000系そのものの老朽化を理由とするものではない。そして8両編成はデビュー当時から連結されていた7600形と7700形が編成から外されて廃車となってしまったものの、10両編成6本はデビュー当時からの車両が5両とも現役であるという点が特筆される。40年が経ってもなお、老朽化を理由とする本格的な廃車が始まっていないという点も魅力の一つとして挙げられるだろう。

長寿命の設計を大いに活用して、時代の変化に合わせて進化を遂げてきたところが7000系の大いなる魅力と言えるのではないだろうか。当初の計画どおり、新造から40年が経ってもなお活躍を続ける東京メトロ7000系を、今後も見守っていきたい。


From my point of view, one of the attractive point of 7000 Series is the long-life design, which is looked ahead to the use for over 40 years later. The body made from aluminum alloy makes it available to keep running over 40 years, which is about 10 - 20 years longer than carbon steel ones, and the refurbishments creates the nonstale interiror though it debuted 40 years ago.

As a result, the scrap of 7000 Series hadn't happened for 34 years and the replacement due to the deterioration doesn't come. Why some carriages were scrapped before Fukutoshin Line's open was the arrangement carriages on Yurakucho and Fukutoshin Lines, not getting old. In addition, 10-carriage ones still couples the five since their debut. It is also an attraction and notable point.

In conclusion, 7000 Series has been running for 40 years through changing its interior and equipments as time goes, which is the most attractive point. I still would like to see 7000 Series, which keeps good condition and running according to the first plan.





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Dec 14, 2014 06:05:48 AM
コメント(0) | コメントを書く

おすすめアイテム

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.