438471 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

花見友紀の「鉄道のある日常」

PR

ブログリンク

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

サイド自由欄



鉄道模型・鉄道グッズリンク

鉄道関連書籍リンク

時刻表最新号

JTB時刻表



JR時刻表



鉄道雑誌最新号

鉄道ファン



鉄道ジャーナル



鉄道ピクトリアル



鉄道ダイヤ情報



Rail Magazine



RM MODELS



j train



とれいん



鉄道模型趣味



エヌ





列車旅の宿探しは楽天トラベルで
全国の鉄道駅からホテル・旅館を検索・予約



Would you like to go travelling?
Then let's search hotels by Rakuten Travel.





カテゴリ

コメント新着

花見 友紀@ Re[1]:「ここさけ」ラッピング車両が西武球場前駅へ(09/13) >王玲燕さん コメントありがとうございま…
王玲燕@ Re:「ここさけ」ラッピング車両が西武球場前駅へ(09/13) 花見さん、こんにちは。アニメラッピング…
花見 友紀@ Re[1]:初めての川瀬祭(07/20) 王玲燕さん >こんにちは。お久しぶりです…

楽天カード

ほしいものリスト

モバイル

ケータイ
スマートフォン
Apr 30, 2016
楽天プロフィール XML
テーマ:鉄道(8930)
カテゴリ:鉄道旅の記録
Ichibata Electric Railway Dehani 50 Series

出雲大社前駅に到着後、出雲大社に参拝する前に、同駅に保存・展示されている一畑電車の名車、デハニ50形電車の車内を見学した。

映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」で中井貴一さんや三浦貴大さんが運転していた車両としても知られるデハニ50形は、1928(昭和3)年から2009(平成21)年までの長きに渡って活躍した一畑電車を語るうえでは外せない名車。

両運転台構造で、外板や骨組みは鉄でできているが、内装の床や窓枠、座席は木でできている半鋼製車両。16m級(正確には15.3035m)の車体で、出雲大社前駅・電鉄出雲市駅~一畑口駅の出雲大社前・電鉄出雲市方、一畑口駅~松江しんじ湖温泉駅間の松江しんじ湖温泉方の乗務員室後ろに小手荷物室を設けている。

車内には映画がシーンの写真と共に紹介されており、映画の中のデハニ50形の乗客になった気分が味わえる。座席には、保存状態を良くするためか、ゴザが敷かれていた。

僕が半鋼製車を直に見ることは、2011(平成23)年の上毛電気鉄道デハ101形以来2度目であるが、デハ101形では車内を見ることはできたものの、入ることはできなかった。初体験の半鋼製車の車内で僕は、JR九州キハ125系「海幸山幸」、同77系「ななつ星 in 九州」など一部を除いて、現代の車両では感ぜられない、戦前生まれの車両特有の木の温もりも味わうことができた。

Interior of Ichibata Electric Railway Dehani 50 Series

Seating of Ichibata Electric Railway Dehani 50 Series

Cab of Ichibata Electric Railway Dehani 50 Series

Arriving at Izumo-taisha-mae [Izumo Taisha Shrine] Station, I watched Dehani 50 Series displayed on side track, having been in service from 1928 to 2009.

Dehani 50 Series was 16-metre/50-foot and 2.5-inch-long, steel framed and panelling, but with wooden floor and seatings, and had driver's cab on both end and a room for passengers' hand luggages behind the one of cab.

In 2009, after its retirement from regular operation, the carriage appeared on a Japanese film "RAILWAYS -a man becoming a train driver at age 49-". In the carriage, the film was introduced by photographs and captions.

It was second time for me to see steel framed and panelling but with wooden floor and seatings carriage following Jomo Electric Railway Deha 101 Series, but first time to go into the interior. On the seatings, mats were laid out to seem to keep seatings' good condition. I felt the world of the film and the warmth of wood interior manufactured before World War II that it was hard to feel in most of the modern carriages.






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  May 28, 2016 06:14:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:鉄道(8930)
カテゴリ:鉄道旅の記録
島根県・松江・出雲に来たからには、当然のことながら一畑電車にも乗ってきた。

僕の畑電乗車は、松江しんじ湖温泉駅からスタート。松江しんじ湖温泉駅で待っていた車両は、5000系電車。

Ichibata Electric Railway 5000 Series 1

5000系は京王初代5000系の改造車で、車内はセミクロスシートに改装されている。クロスシートは小田急ロマンスカー3100形「NSE」のものを再利用している。

この列車に乗って、電鉄出雲市・出雲大社前駅方面へ向かう。車窓から美しい宍道湖や緑豊かな田園風景を見ながら列車は走る。起点の松江しんじ湖温泉駅をはじめ、松江イングリッシュガーデン前駅、松江フォーゲルパーク駅、湖遊館新駅駅と、個性的なネーミングの駅があることも、畑電の特徴の1つでもある。

単線区間での列車交換(すれ違い)のことを、畑電では「待ち合わせ」と言うところも特徴である。出雲大社への参拝路線として利用されていることから、縁結びの神様として知られる同神社にちなんで、列車同士の出会いを想像させる言い回しにしたのだという。僕が乗った列車は、松江イングリッシュガーデン前駅、秋鹿町駅、津ノ森駅で松江しんじ湖温泉行き列車と、川跡駅で松江しんじ湖温泉行き列車、出雲大社前行き列車と「待ち合わせ」した。

Ichibata Electric Railway 5000 Series & 1000 Series
川跡駅で3列車が「待ち合わせ」をする光景。 3 trains meeting at Kawato Station.

途中の川跡駅で出雲大社前行きの列車に乗り換える。出雲大社前行き列車も5000系であったが、こちらの5000系は内装が木の板で仕切られたセミコンパートメント席に改装されている編成「しまねの木」であった。

Interior of Ichibata Electric Railway 5000 Series


Coming to Matsue and Izumo area in Shimane Prefecture, I travelled with Ichibata Electric Railway.

My travel started from Matsue-shinjiko-onsen [Matsue Shinji Lakeside Spa] Station and the train I first rode on was 5000 Series, converted from Keio first 5000 Series, middle door of each carriage was plugged up and refurbished to partly transverse seatings reusing the ones for Odakyu 3100 Series Romance Car NSE.

I travelled toward Dentetsu-izumoshi or Izumo-taisha-mae [Izumo Taisha Shrine]. From the train's window, Lake Shinji and small towns with greenery were seen. The railway has some stations with characteristic name, such as Matsue English Garden-mae, Matsue Vogel Park, and Koyukan-shineki Stations.

While travelling, my train met opposite bound trains at Matsue English Garden, Aikamachi, Tsunomori, and Kawato Stations. At Kawato, a train for Izumo-taisha-mae [Izumo Taisha Shrine] was waiting for the one from Dentetsu-izumoshi and mine.

At Kawato Station, I changed trains to the one for Izumo-taisha-mae, which was also 5000 Series, but the interior was different. In its interior, transverse seatings partitioned off like semi-compartments by wooden boards were laid out.





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  May 28, 2016 06:14:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 29, 2016
松江駅で特急「やくも」を降り、最初に僕が向かった観光地は、松江市のシンボルにして、2015(平成27)年に国宝に指定された松江城。

駅から松江城までは、自転車を借りて行った。松江の街を見ながら自転車を漕ぐこと10分ほどで到着した。

Matsue Castle

松江城は1611(慶長16)年、堀尾吉晴・堀尾忠晴らの手により築城された。築城された江戸時代初期より、松江市は松江城の城下町として発展し、松江市の歴史は松江城と共にあったといっても過言ではない。共に国宝に指定されている松本城、姫路城、犬山城、彦根城などの天守と同様の現存12天守の1つである。

城内には松江城ゆかりの鎧、武具はもちろんのこと、松江城が築城された江戸時代初期と、昭和30年代、昭和50年代の松江の街のジオラマが展示され、松江の街の変貌ぶりも学習することができる。

そして、僕が一番気に入ったものが、天守最上階からの眺め。

View from Matsue Castle

松江しんじ湖温泉の温泉街と宍道湖、中国山地の山々を臨むことができる南側からの風景が素晴らしい。


Where I visited first in Matsue was Matsue Castle, the symbol of the city and designated as a national treasure in 2015.

Hiring a bicycle, it took about 10 minutes while seeing the city scenery.

Matsue Castle was built in 1611, early in Edo Period, by Yoshiharu Horio and Tadaharu Horio, and more. Since then, Matsue City had been developed as the castle town. In these days, the castle is one of the 12 castles having now-existing tower since Edo period or before that.

In the tower, the diorama of Matsue City in Edo Period, 1950s, and 1970s were displayed, as well as the related items such as armours and arms.

The most impressive thing for me was the view from the top of the tower. Looking southward, the scene of the city, Lake Shinji, and Chugoku Mountains spread out before.





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  May 22, 2016 10:47:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
総合記事ランキング

おすすめアイテム

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.