238895 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

花見友紀の「鉄道のある日常」

PR

ブログリンク

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

サイド自由欄

鉄道模型・鉄道グッズリンク

鉄道関連書籍リンク

鉄道雑誌最新号

鉄道ファン



鉄道ジャーナル



鉄道ピクトリアル



鉄道ダイヤ情報



Rail Magazine



RM MODELS



j train



とれいん



鉄道模型趣味



N




列車旅の宿探しは楽天トラベルで
全国の鉄道駅からホテル・旅館を検索・予約



Would you like to go travelling?
Then let's search hotels by Rakuten Travel.

カテゴリ

コメント新着

モハ73@ Re:2014年の東急電鉄新車予想(01/07) 2000と8590が置き換えられるとは考え難い…
花見 友紀@ Re[1]:東急5050系の雪・寒さ対策(02/04) >如月瑞穂さん 西武鉄道では、寒いとよく…
花見 友紀@ Re[1]:みなとみらい線10周年!!(02/01) >如月瑞穂さん 東横線へ乗り入れたことで…
花見 友紀@ Re[1]:西武30000系30101Fに初乗車!!(01/23) >如月瑞穂さん 返事が遅くなりまして申し…
如月瑞穂@ Re:西武30000系30101Fに初乗車!!(01/23) おめでとうございます。 念願の10両貫通固…

楽天カード

ほしいものリスト

モバイル

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

 

Aug 24, 2014
楽天プロフィール XML
テーマ:鉄道(33321)
カテゴリ:鉄道ミニエッセイ
Enoshima Electric Railway 1000 Series against Enoshima

近年、特に2007(平成19)年以降、アニメや映画作品に登場した景色を観光の目玉にする「ロケーションツーリズム」という動きが各地で見られる。

特にアニメ作品においては、近年風景の描写が実在の街をモデルに、かなり精密に描かれた作品が多く見られる。そのリアルに描かれた風景を見たファンが実際の街を訪れて、作品の世界観に浸り、記念撮影をし、その写真をブログやmixi、FacebookといったSNSに公開して、それを見た別のファンがそこを訪れるという現象が起きている。埼玉県久喜市の鷲宮地区や同秩父市、広島県竹原市、石川県金沢市の湯涌温泉の取り組みなどが、アニメ作品を通じたロケーションツーリズムの好例としてよく紹介される。

リアルに描かれる対象物は鉄道車両や駅舎も該当し、アニメ作品の中で車両や駅が描かれたのと鉄道、長良川鉄道、千葉都市モノレールなどの鉄道事業者もこの流れに乗り、登場する作品とタイアップした記念きっぷの販売やラッピング車両の運行などを実施している。実際、のと鉄道では、NT200形車両や西岸駅が登場するアニメ「花咲くいろは」のグッズ販売を開始したところ、2012(平成24)年3月期の売上が前年比12.9%増の1億9300万円を記録した。

このように、アニメの作中に描かれたことを売りに、作品とのタイアップ効果による新たな旅客獲得によるファン作りに熱心な鉄道に関心が高まる一方で、ロケーションツーリズムが持て囃されるずっと昔に、今日のロケーションツーリズムに通ずるものに救われた鉄道があるということをご存じだろうか。実はそれが、江ノ島電鉄(江ノ電)である。

Enoshima Electric Railway 300 Series

江ノ電は、今でこそ湘南の海の目の前を走る路線として人気の高い観光路線の一つであり、かつ湘南・鎌倉の象徴と言える存在と捉えられ、「SLAM DUNK」「TARI TARI」「ハナヤマタ」など数多くの作品に登場しているが、40~50年前は状況が違っていた。

1960年代、モータリゼーションの進展が日本各地に及び、中小私鉄の廃線・解散が相次いだ。江ノ電も例外ではなく、廃線が検討されたほどだった。

ところが、1976(昭和51)年から翌77(昭和52)年に放送された、鎌倉を舞台とするテレビドラマ「俺たちの朝」に江ノ電が登場し、鎌倉の魅力が当時の若者を中心に知れ渡り、この時廃線寸前に追い込まれていた江ノ電の乗客数が回復したことで、廃線を免れた。また、作品にちなんだ記念きっぷも発売されたという。

その後の湘南・鎌倉ブームにも支えられて観光客が増え、人気の観光鉄道に成長した。1990(平成2)年には、1975(昭和50)年以来抱えていた累積赤字を完済した。旅客数の減少により苦しい経営を迫られているところが多い中小私鉄において、江ノ電は黒字路線の一つである。

江ノ電が今日も走り続けているのには、1本のテレビドラマのおかげなのである。このテレビドラマをきっかけとして鉄道の旅客数が増え、鉄道会社が作品にちなんだ記念きっぷを販売するという動きは、今日のアニメ作品に描かれた鉄道の取り組みに、とてもよく似ている。今から38年前の1976(昭和51)年の時点で、今日のロケーションツーリズムを活用した鉄道の旅客数増加に繋がる行動が発生していたというのだから、やはり江ノ電には学ぶべき点の1つと言えるかもしれない。


In these days, especially since 2007, several cities in Japan try to attract more tourists by scenery pictured in film or anime works, so-called "film tourism".

Especially, the anime works portraying real, existing scenes with detail, painstaking touch would be seen. As the anime fans watch it, they really visit there to watch the real ones and to feel the world of the work, shoot photographs, and upload the pictures to their blog or social network sites, such as mixi or Facebook. Then the other fans attracted by them visit, too. The efforts of Washinomiya area in Kuki City, Saitama, Chichibu City, Saitama, Takehara City, Hiroshima, and Yuwaku Hot Spring area in Kanazawa City, Ishikawa, are often introduced as the good example of film tourism through the anime works.

The delineation of the railway rolling stocks and station buildings are also, which leads to form the business tie-up with the publisher of works like the sale of special tickets and operation of decorative train of the some railway companies whose carriages and stations are pictured, such as Noto Railway, Nagaragawa Railway, and Chiba Urban Monorail. Actually, the total sales for the year of Noto Railway in the full-year fiscal period ended March 31, 2012, was up 12.9 percent over the previous year, to 139 million yen, through the sales of goods using the illustration of "Hanasaku Iroha" on which NT200 Series and Nishigishi Station were appeared.

Paying attention to the such challenges to draw new passengers, on the other hand, there was a railway helped by film tourism about 40 years ago. It was Enoshima Electric Railway (Enoden) .

In these days, regarded as the symbol of Kamakura and Shonan Bayside Area in Kanagawa Prefecture, Enoden sometimes appears on anime works set in that place, such as "SLAM DUNK", "TARI TARI" and "Hanayamata". However, in 1960s and 1970s were under the different situation.

On that time the mortorization lead to many railways in rural area close. Enoden was no exception, the abolition of the railway discussed.

However, in 1976, the broadcast of a TV drama set in Kamakura "Oretachi no Asa ~Our Morning~" turned the bad situation of Enoden into the good one; through the drama the attraction of Kamakura Area became known among youngsters and they travelled there by Enoden, which recovered the number of Enoden passengers and succeeded to avoid the worst situation. In addition, the special ticket associated with the drama was sold.

The passengers of Enoden gradually increased pushed by the boom popularity of the bayside area. In 1990 the deficits of Enoden was completely paid off. Among the rural area railways most of which face unfavorable business conditions, Enoden is the one of profit-making companies including depreciation.

In conclusion, this passengers' action and Enoden's effort can extremely resemble the location tourism these days, which happened from years ago. It can be one of what the other railway companies in rural area should study.





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Aug 24, 2014 02:07:55 PM
コメント(0) | コメントを書く

Aug 17, 2014
テーマ:鉄道(33321)
カテゴリ:鉄道旅の記録
Odakyu 60000 Series Romance Car MSE

江ノ電の旅を終え、藤沢駅から乗り込んだ列車は、小田急60000形の「えのしま」12号。もちろん今回が僕にとっての、小田急60000形初乗車だった。しかも運が良かったことに、特急券は僕が買った直後に完売となってしまった。

60000形による「えのしま」は平日の1本と土休日の2往復しか運行されないレアな列車でもある。この「えのしま」12号は途中、大和、相模大野、新百合ヶ丘に停車。相模大野駅で、御殿場からの「あさぎり」を連結して10両編成となり、新宿へと向かった。

60000形の車内は、50000形と似た木目調の化粧板と座席裏面で温もりを感じる内装。高い天井も居心地がよい。車両連結面と、デッキと座席の間の仕切り戸は、車体色と同じフェルメールブルーに塗装されている。車内チャイムは30000形や西武10000系と同じチャイムが鳴る。ドアチャイムはN700系新幹線と同じもの。

今回の初乗車の感想はと言えば、箱根輸送に特化した50000形とは違い、「走る喫茶室」などの楽しみはないものの、50000形と同様の岡部憲明さんの手による、50000形に劣らない内装が僕も気に入った。

60000形は、50000形の高級感・快適さと30000形の汎用性を組み合わせ、東京メトロ千代田線・JR御殿場線を含む幅広い区間での運用が可能な、まさに「Multi Super Express」の名に相応しい存在と言える。そして、50000形と共に、小田急ロマンスカーのこれからを担うに相応しい車両と言える。


On the way home after the travel with Enoden from Fujisawa, I chose to ride on Odakyu Romencecar "Enoshima" no.12 by 60000 Series MSE. It was my first time to travel with MSE and, luckily, the express fare ticket for that would be sold out just after my purchase.

"Enoshima" express by 60000 Series operates only once (a single trip) a day on weekdays and four times (two round trips). It was 4-carriage and stopped at Yamato, Sagami-ono, and Shin-yurigaoka, before arriving at Shinjuku terminal. At Sagami-ono 6-carriage "Asagiri" from Gotenba on JR Gotenba Line would be coupled.

Interior of MSE resembles that of 50000 Series VSE's, wood-effect wall and back of seats, and high roundish roof, which make passengers comfortable. The doors partitioning passenger seating area and deck and carriage end and that of the others were ultramarine-dyed, the same as its body. The music ringing before the announcement is the same as the one of 30000 Series EXE's and Seibu 10000 Series' and the tone informing opening and closing doors the same as the one of N700 Series Shinkansen's.

Though there were no amusement such as VSE's drink and light meal service I would like to appreciate that its interior is no less comfortable than VSE's one.

MSE combines VSE's fine interior and comfortableness and EXE's wide range of use including Tokyo Metro Chiyoda Line and JR Gotenba Line where only MSE can go into among the Romancecar carriages. I would like to say MSE is really suitable for the name "Multi Super Express" and has the important role as well as VSE.





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Aug 23, 2014 06:46:07 AM
コメント(0) | コメントを書く

テーマ:鉄道(33321)
カテゴリ:鉄道旅の記録
4年ぶりに江ノ電に乗りに行った。今回は江ノ電のほか、湘南モノレールとJR東海道線の大船~藤沢、横須賀線の大船~鎌倉が1日乗り放題の「鎌倉・江ノ島パス」を使って。

僕の場合、かつて藤沢市に住み、当時は藤沢駅が最寄りの江ノ電の駅だったことから、江ノ電の旅は藤沢駅から始めることが多かったが、今回は反対の鎌倉駅からスタート。


On 17th, I travelled in Kamakura with Enoshima Electric Railway (Enoden) using "Kamakura Enoshima Pass". It was first time for me in these four years.

I often start from Fujisawa because I used to live in Fujisawa City and sometimes went watching the trains there. However, this time started from Kamakura.

Kamakura Station

鎌倉は今年2014(平成26)年7月から放送が始まったアニメ「ハナヤマタ」の舞台となっている。

「ハナヤマタ」は、よさこいに奮闘する中学生の女の子達の物語。見た目も成績もごく普通な主人公・関谷なるちゃんが、よさこい大好きな留学生・ハナ・N・フォンテーンスタンドちゃんと出会ったことで、よさこいに惹かれていき、友達と「よさこい部」を結成、鎌倉で開催されるよさこい大会出場を目指して活動を始める。

江ノ電も作中に度々登場し、鎌倉高校前駅付近や極楽寺~長谷間の御霊神社の参道を横切る踏切を走る300形車両が描かれた。

僕も、よさこい大好きなハナちゃんのかわいさと江ノ電に惹かれて、毎週見ている。江ノ電は、「グラスリップ」に登場するえちぜん鉄道と共に、僕のこの夏の注目鉄道でもあるのだ。

8月からは、20形22Fが「ハナヤマタ」とのタイアップトレインとして、ヘッドマークの装着と車内広告のアニメのシーンを描いたものへの変更・統一されて運行されている。もちろん今回のターゲットは、この「ハナヤマタ」タイアップトレインの22Fと、「ハナヤマタ」の作中に登場した305F、そして作中に描かれた風景である。

早速鎌倉駅から江ノ電に乗り込む。

江ノ電は全線単線で、鎌倉から順に、長谷、稲村ヶ崎、七里ヶ浜~鎌倉高校前の峰ヶ原信号場(乗降不可能)、江ノ島、鵠沼の各駅で列車交換(すれ違い)をする。ほぼ終日に渡って上下線ともきっちり12分間隔で運行されている。列車が来る時間が読みやすいことから、江ノ電の撮影は、ローカル線にしては比較的容易に行える。

最初に降りたのは長谷駅。長谷駅から極楽寺方にある、御霊神社の参道を横切る踏切へと向かう。


Kamakura is pictured in an anime show started in this July, "Hanayamata", which is featuring an ordinary middle school girl, Naru Sekiya, meeting an excitable exchange student from the US, Hana N. Fountainstand, loving yosakoi performance so much, and being attracted the performance, who established yosakoi club with their friends to join a event.

Enoden train sometimes appears on the anime; the ones crossing the approach of Goryo Shrine between Hase and Gokurakuji and the roadway to the beach near Kamakura-koko-mae have been pictured.

Being attracted by Hana's cuteness and the train, I watch the anime every week. Enoden is one of the hot railways in this summer, as well as Echizen Railway appearing on "Glass Lip".

From this August, the front sign pictured "Hanayamata" characters is put 22F set of 20 Series and interior of it is decorated with the anime illustrations. Needless to say, the targets of this time were 305F set of 300 Series, which sometimes appeared on the anime, and 22F set.

Enoden trains regulate the every 12 minutes operation in most hours of the day because of the single-tracked line and double-tracked stations, Hase, Inamuragasaki, Enoshima, and Kugenuma, and Minegahara Signal Station between Shichirigahama and Kamakura-koko-mae. So it is easy to photograph among rural railways.

Where I first got off was Hase. I walked to the crossing in front of Goryo Shrine.


Enoshima Electric Railway crossing approach of Goryo Shrine

Enoshima Electric Railway crossing approach of Goryo Shrine

続いて有名撮影スポットの1つ、極楽寺~稲村ヶ崎へ。


Next I tried at one of the famous photo spots between Gokurakuji and Inamuragasaki.

Enoshima Electric Railway 1000 Series

Enoshima Electric Railway 300 Series
305F登場!! 目標1つ達成!! 305F had come!!

Enoshima Electric Railway 2000 Series


続いてやってきたのは江ノ島駅。ここでこの日の運用を駅員さんに尋ねてみたところ、22Fは極楽寺の車庫で休んでいるとのこと。


At Enoshima Station, I asked a station staff whether 22F operated or not. However, he replied that the rolling stock wasn't in service that day.

Enoshima Station


江ノ島駅の近くにある江ノ電のグッズショップ、えのでんはうすでは、マスコットキャラクターのえのんくんがお出迎え。

えのでんはうすでは、「ハナヤマタ」のパネルが展示されていた(展示は8月31日まで)。

Welcomed by the mascot of Enoden, Enon-kun, I visited Enoden goods shop, "Enoden House" near Enoshima Station, where "Hanayamata" posters were exhibited (until 31st, August).

Enoden House

Mascot of Enoden Enon-kun

Hanayamata illustrations in Enoden House

先程の駅員さんの話を頼りに、一旦極楽寺駅まで戻り、車庫を見に行く。しかし車庫のシャッターがすべて降りてしまっていたため、22Fの姿を見ることはできなかった。


Relying on what the station staff told, I came back to Gokurakuji to see 22F. Unfortunately, I couldn't see 22F because all of the shutters of the shed were closed.


鎌倉駅に戻り、鶴ヶ岡八幡宮へと続く若宮大路沿いにあるそば処「段葛 こ寿々」へ。

Kosuzu soba restaurant

この店は、モデルであると断定はできないものの、「ハナヤマタ」の登場人物で、主人公・なるちゃんの友達の笹目ヤヤちゃんの実家の「ささめ」を想像させる佇まいの、和の雰囲気が印象的なそば処である。

僕が注文したのは、店名が冠された「こ寿々そば」。三つ葉と揚げ玉、海苔、大葉、大根おろしが乗っかっている。



Then I went back to Kamakura to eat lunch. Where I had was a soba restaurant along the Wakamiya Oji Street toward Tsurugaoka Hachimangu Shrine, "Dankazura Kosuzu", which had an similar atmosphere to that of the one appearing on "Hanayamata" anime named "Sasame", run by the parents of Yaya, one of Naru's friends.

What I ate was Kosuzu soba, topped with trefoil, deep-fried tempura batter, green perilla, and grated white radish.

Kosuzu soba

江ノ電の旅に戻ろう。続いて向かったのは、作中にも登場する鎌倉高校前駅付近の踏切。江ノ電といえば、海が間近に見えるここがよく映る定番スポットで、「ハナヤマタ」以外の鎌倉を舞台とするアニメにも描かれてきた。オープニングに登場するここを通過する305Fを撮影。




Enoshima Electric Railway 300 Series

Enoshima Electric Railway 300 Series

最後は腰越~江ノ島の併用軌道(路面)区間で撮影。現在は路面電車ではない普通鉄道であるものの、もともと路面電車として開通した名残の1つ。狭い道路の真ん中を江ノ電がゆっくりと走る姿は他の普通鉄道では見られない。海沿いを走る区間と共に江ノ電の特徴の1つである。実は極楽寺~稲村ヶ崎の道路との仕切りがない区間も「併用軌道」と呼ばれ、その名残である。


At last, I shot at street running section between Koshigoe and Enoshima, which reminded me that Enoden originally opened as a tramway. As well as the ocean view section, this section is a characteristic aspect of Enoden. In addition, the sections running in parallel with narrow route without fence is a trace of the old time.

Enoshima Electric Railway 20 Series





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  Aug 21, 2014 10:29:14 PM
コメント(0) | コメントを書く

おすすめアイテム

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.