000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

8割ノンフィクションベンチャー起業家の仕事日記

PR

日記/記事の投稿

フリーページ

2004年09月23日
XML
僕の中で会計というと、大きく分けて3つに分かれると思っていま
す。1つ目は、税金を納めるための会計(税務会計)。2つ目は、外部
の人に開示するための会計(財務会計)。3つ目は、自分達が儲かっ
ているかどうかを確認するための会計(管理会計)です。

以前、僕は会計事務所に勤務していました。でも、理解しているの
は、1つ目の税務会計だけです。規模の小さなお客様ばかり担当し
ていたからでしょうね。

当然、規模が小さいので、株式市場に上場している企業のように、
外部の人に情報公開(ディスクロージャー)する必要はありません。
だから、2つ目の財務会計に関しては、ほとんど勉強したことがあ
りません。この分野は公認会計士さんの仕事というイメージがある
ので、今後も踏み込んで勉強することはないような気がします。

3つ目の管理会計・・・ここは、ビジネスチャンスを感じる分野で
す。今まで、取り立てて勉強してきたことはありませんけど必要性
は感じます。

今日は医療の原価計算について勉強しました。

原価計算による病院マネジメント第2版 DRG/PPS時代に向けた診療科別・疾患別原価計算

この原価計算は、3つ目の管理会計に属するものです。ある程度、
お客様の規模が大きくなってくると、どの部署が儲かっているのか、
どの医療機器の収益率が良いのか、本当に自分の病院が儲かってい
るのかがわからなくなってくるのです。

そこで、原価計算が登場するのです。

例えば、疾病別原価計算・・・盲腸で入院した患者さんの保険請求
収入から、ドクターの人件費、手術にかかる材料費、入院した部屋
の減価償却費等々の費用を差し引いて計算します。

そうすると、疾病ごとに、利益が出ているかどうかがわかるのです。

大抵の病院はここまでできていません。だから、ビジネスになるの
です。おそらく、多くの中小企業も、原価計算がしっかりできてい
るところは少ないはずです。

できていないからこそ、ビジネスとして成立する可能性が高い。可
能性が高いからこそ勉強をして、ビジネスとして成り立つように組
み立てていかないといけないわけです。

でも、医療の原価計算・・・かなり難しいです(汗)

―本日の学び――――――――――――――――――――――――

 足りていないものは何か?足りていないものがビジネスになる!

――――――――――――――――――――――――――――――






最終更新日  2004年09月24日 10時25分17秒
コメント(4) | コメントを書く
[自己啓発のための勉強日記] カテゴリの最新記事


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.