117008 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

    書物の森へのいざない

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Archives

2016.06
2016.05
2016.04
2016.03
2016.02
2016.01
2015.12
2015.11
2015.10
2015.09

Category

2007.04.18
楽天プロフィール XML
カテゴリ:日記
 今日、昔ためた映画のビデオを整理していたら、レンタル屋にもない昔の名作がいろいろでてきた。

 それで小学生のころ見たイタリア映画を思い出した、TSUTAYAのDVDにもないしビデオができた時はテレビでも放送しなくなっていたので、ビデオはない。

 当時テレビの創世記で、満足に流すプログラムがなく、ヨーロッパの映画をよく流していた。

 たしか小学6年だったと思う、土曜日の深夜映画でそーと見た記憶がある。一発でコロリとまいった、その映画は芽ばえ、主演はジャクリーヌ・ササール。いまこんな女優は絶対でてこないな、あえて言えば宮沢リエの白鳥時代の100倍といった感じか。

 インターネットはありがたい、検索したらでてきた。残念ながらビデオは当然ない、ヨーロッパにいけばあるのかも。GOO映画に粗筋があった。粗筋を読むと不思議なことにとの時のシーンが全部記憶にあり頭に浮かぶ。年を取った証拠か・・・・・・・見てない人に説明してもわからないと思うが、もう一度見てみたい・・・・


 j0285.jpg

解説
ティーン・エイジャーの清潔な恋愛感情を描いた思春期映画。ヴァレリオ・ズルリーニの書下し物語にもとづくレオ・ベンヴェヌーティ、ピエロ・デ・ベルナルディ、アルベルト・ラットゥアーダ、ジャン・ブロンデルの合作脚本を「ポー河の水車小屋」「アンナ」のラットゥアーダ自身が監督、「崖」のオテロ・マルテリが撮影した。音楽はピエロ・モルガン。ニース生れの十七歳のフレッシュな新人ジャクリーヌ・ササールが抜擢されて女主人公を演じ、ナポリ大学生のラフ・マッティオーリが相手役に初出演する。加えてこれを助けるのは「枯葉」のラフ・ヴァローネと、シルヴァ・コシナ。製作カルロ・ポンティ。


粗筋
イタリアの西北海岸の避暑地ヴィアレッジョの町は、各国からブルジョア達が集る高級別荘地だった。十六歳の誕生日も近い美しい少女グェンダリーナ(ジャクリーヌ・ササール)は、若手実事家の父(ラフ・ヴァローネ)と、美しく理智的な母(シルヴァ・コシナ)と共にここに来ていた。若い仲間達と楽しい毎日をサイクリングや水泳にすごす彼女は、女王様のような存在だった。しかし、性格の相違と出張がちの父の忙しさのため、父母の間には近頃冷い空気が流れ、グェンダリーナの心に影を落していた。そんなある日、彼女はこの町の中流家庭の高校生オーベルダン(ラフ・マッティオーリ)を知った。アルバイトをしながら建築技師になろうとしている真面目な彼に彼女は心ひかれた。交際を喜ばない母の言葉にもかかわらず、心淋しいグェンダリーナは、猟に出て小川におち、オーベルダンのマントにくるまって語り合ったり、二人でピサの斜塔見物に行ったりするのが楽しかった。オーベルダンの試験がせまった日のこと、彼女は彼の歴史や哲学の暗記を助けて、とうとう夜を明してしまった。家では案じた父母が口論していた。その原因が自分にあるのを知ったグェンダリーナは泣いた。しかし父は、オーベルダンに会ってくれるという。やがてレストランで、父と若い二人は乾杯した。このことをきっかけに父母は和解し、久しぶりに家には暖かい雰囲気が流れた。母は父について任地ロンドンに行くという。グェンダリーナは苦しんだ。私がついていかなかったら、又ママたちは争うかもしれない。彼とのことを初恋の思い出として、再び会う日のないことを知りながら彼女は出発の決心をする。雨の日の夜、突然の出発にオーベルダンは一人で駅にかけつけてきた。新しい出発を誓う父母の微笑から離れて、車窓のグェンダリーナの頬を悲しみの涙がつたわって落ちた。


 





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2007.04.19 01:28:24
コメント(22) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.