619889 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

やきまん十の生焼け日記

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月

カテゴリ

お気に入りブログ

USA 実践英会話&ブ… New! 神風スズキさん

長編小説を書いたの… New! すー☆さん

「エキストラ×ガール… New! あとりえ花時計さん

◆秋の靖国神社へ。 New! しおん★☆さん

[メール更新]田舎暮… New! Lemon♪さん

フリーページ

 

2007年08月07日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:佐藤多佳子
イグアナくんのおじゃまな毎日
(注)在庫切れです!

あたしへの誕生日プレゼントだといって、パパの大叔父の徳田のジジイがある日突然「生きている恐竜」をウチにつれてきた。

二十五度以上四十度以下でしか生きられないイグアナはサンルームを占拠、わが家はエアコン代でビンボーになっちまった!

ジジイをおそれるパパとトカゲ嫌いのママはケンカばかり。
イグアナの世話は結局あたしに押しつけられることに…。




先日の『ハンサム・ガール』に引き続いて、佐藤多佳子の児童小説『イグアナくんのおじゃまな毎日』を紹介させていただきます。
これも図書館で借りて読みました。

『イグアナくんのおじゃまな毎日』は、普通の小学六年生の少女小竹樹里とその家族(パパ・ママ)が、親戚でパパの上司でもある徳田のクソジジイとその孫の勉のトンチキのゴーマン勝ち組コンビに押しつけられたイグアナを飼うため、悪戦苦闘する姿を描いた作品です。

少年野球チームに所属する女の子とその家族の活躍を描いた『ハンサム・ガール』同様、ホームドラマ的な楽しみ方もできる、非常に気持ちよく読める良作児童小説です。

見所はグリーンイグアナヤダモン”の生態と、その飼育方法のやたらリアルな描写でしょうか。
『一瞬の風になれ』と同様に、かなりの労力と熱意と時間をかけてしっかり取材をしたことが伝わってくるので、非常に好印象です。


対称的に登場人物の描き方がエキセントリックで漫画っぽい雰囲気なのですが、これは徳田のクソジジイとその孫勉のトンチキの悪役コンビの不快感を減少させるためだと思います。

徳田祖父孫コンビは1997年(10年前)当時でも既に十分不愉快な連中だったと思いますが、今日の視点で読むと勝ち組”的(無論悪い意味です)態度やパワーハラスメントのエゲツなさがシャレになっていません(-_-)
児童小説で彼らをリアルに描くとR指定にされかねませんから、こういう漫画っぽい作風にして正解だと思います。

残念なのは主人公樹里が憧れている男の子日高くんのキャラが、他の佐藤多佳子作品の”彼氏”キャラに比べて、薄味なことです。
作者の特徴である”プラトニックな男女交際”は他作品ほど味わえません
ので、ご注意下さい(^^;)

佐藤多佳子の掲示板(公式サイト)
http://www009.upp.so-net.ne.jp/umigarasu-to/



本ブログランキングに参加しております。ランキングボタンをクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ






最終更新日  2007年11月04日 14時35分33秒
コメント(2) | コメントを書く




■コメント


Re:”徳田のクソジジイ”は本当にクソジジイです 佐藤多佳子『イグアナくんのおじゃまな毎日』中公文庫(08/07)   茨木 月季 さん
こんにちは!
上橋菜穂子さんが後書きはいかがでしたか?単行本では読んでいるのですが、後書きのために図書館に入ったらもう一度読み直そうと思っているのですが (2007年08月07日 18時21分33秒)

Re[1]:”徳田のクソジジイ”は本当にクソジジイです 佐藤多佳子『イグアナくんのおじゃまな毎日』中公文庫(08/07)   やきまん十 さん
茨木 月季さん
コメントありがとうございます。
私が借りた(読んだ)のも児童書版なので、解説は読んでいません。すいません。 (2007年08月07日 19時22分25秒)

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.