そのほか 毎日五千名に当たる♪♪楽天ブログラッキーくじ
392364 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

森の暮らし~山童日記

新着記事一覧を見る

全2122件 (2122件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2014.03.28
楽天プロフィール XML
カテゴリ:農業・農村

IMG_0001.JPG



熊本県が勧める「農地集積加速化事業」に取り組んでいます。すでに大多数の地域住民から合意を得ました。

この事業の本来の目的は、農地を担い手に集約化し、競争力のある農業にしていこうというものだと思います。


しかし、久木野地域の取り組みは少し違います。

高齢化等によって農業の継続が難しくなった農地を、耕作放棄地にしないというのが一番の目的になっています。

集落営農組織である「株式会社まるごと農場」もそうした目的で設立しました。

今回の事業は、その「株式会社まるごと農場」を中心として進められています。



愚生としては、高齢化等によって農業の継続が難しくなった農地を、
「まるごと農場」に集約していくことによって、地域農業の継続を図っていこうと考えていました。

でも、この事業を進めていくと、少し状況が違っていることが見えてきました。


当初、基盤整備が進んでいない棚田ですから、所有者が耕作をあきらめた場合は耕作放棄地になるしかないと考えていました。

積極的に借りるという人は簡単には見つからないだろうと思っていたのです。

しかし、現実はそうではありませんでした。もし貸してくれる人がいたら、借りて耕作したいという人がかなりいるのです。


これは意外なことでした。多少条件が悪くても借りたいという人がいるのです。


理由として考えられることは、まず、定年退職後農業に取り組む余力のある人が増えていること。

新しい作物に取り組みのは難しいかもしれないが、稲作であれば現在の機械と技術で対応できること。

久木野の米の評価は高く、子供たちや親せき知人など多くの販売先を持っていることなどが考えられます。


この地域では、80歳代で現役で農業に取り組んでいる人も珍しくありません。60歳なんてまだまだ若造です。

そうした人たちが、もっと面積を広げて米つくりをやろうとされているのは素晴らしいことです。


農村の底力を感じています。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.03.29 09:57:46
コメント(0) | コメントを書く

2014.03.17
カテゴリ:暮らし
宮崎の海岸線を走る本格ロングライドイベント 『GREAT EARTH 宮崎ライド2014』に参加してきました。

105キロのロングコースと55キロのショートコースがありましたが、もちろんロングへのエントリーです。


スタート時間がなんと午前6時30分なので、4時にモーニングコールしてもらい5時20分にはホテルを出ます。

スタート・ゴールは宮崎県総合運動公園です。青島太平洋マラソンで何度か来ているので場所はよくわかります。

ホテルから20分くらいなので、5時40分ごろには会場に着きました。まだまだ暗い中、自転車を組み立てます。



NCM_0310.jpg


ストレッチなどしながら待っているといよいよスタート地点に集合するようにアナウンスがありました。

今大会のゲストであるトライアスリート白戸太郎氏の指導で体操を行い、宮崎県副知事の挨拶も形式通り行われます。




DSC02571.JPG


そしていよいよスタートです。600人ほどの参加者がゆっくりと走り出していきます。


DSC02572.JPG


しばらく走ると太平洋に登る朝日が見えました。多くの人が自転車を止めて写真を撮っていました。



DSC02574.JPG


朝日を浴びながら走っていきます。まだまだ寒く、指先が冷たくなります。指付きグローブのほうが良かったかな~。




DSC02575.JPG


およそ10キロほどで第1エイド、「道の駅フェニックス」に到着。トイレを済ませ日向夏をいただきました。

ここでは少し休んだだけで出発します。まだまだ先は長い。



DSC02576.JPG


第2エイドまでは30キロ以上ありますが、海岸線を走るのは気持ちよく。快調に走ることができました。



DSC02577.JPG


第2エイドは42キロ地点、「堀川夢ひろば」です。だいぶお腹も減ってきたので、バナナとコロッケをいただきました。

コロッケは美味しかったなあ。



さて、ここからは海岸線を離れ、田園地帯を走ります。ふと見ると田植えが始まっていました。さすが宮崎ですね!




DSC02579.JPG


第3エイドは55キロ地点、「飫肥城址」です。9時20分に到着。

ここの制限時間が11時だったので、余裕をもって到着することができ一安心です。

ここでは、おにぎりと豚汁が出ます。少々早い昼食ですが、朝が早かったのでお腹は減っています。美味しくいただきました。


食事しながら、前回参加の人から、この後の登りがきついという話を聞いたので、しっかり休憩をとって後半をスタートしました。



後半をスタートしてしばらくは足をためながらゆっくり行くつもりでいたのですが、数人のグループができてしまったので、

一人で走るよりも集団の中にいたほうが楽だろうと思い、ついていくことにしました。

ところが、少しづつ坂が始まってくるとついていけなくなり、結局マイペースで進むことになります。


しばらくはだらだらの坂だったのですが、70キロを過ぎると9%ほどの勾配が目の前に現れます。

グイグイ登っていく人もいるのですが、自転車を降りて歩く人もいたり、座り込んで足をマッサージしたりしている人もいます。


愚生は自転車を降りずにひたすら亀のように進みます。実はどんな坂でも上れるように、愚生の自転車はおじさん仕様にしてあるのです。

自転車に乗っている人ならわかると思いますが、愚生の自転車はロードでありながらMTBのようにフロントが3枚になっているのです!

だから、とにかくクルクル高速で回せば大概の坂は登れてしまうのです。もちろんスピードは出ませんけど、蛇行したり歩くよりはましです。




DSC02581.JPG


ということで、ひたすらクルクル回しながら坂を登ることができました。

頂上近くに「飫肥杉峠展望台」があります。飫肥杉の山々を望むことができます。

そしてここからは一気に下りです。スピードを出し過ぎないように気を付けます。

事故でも起こしたら、来年から大会そのものが開催できなくなりますからね。



第4エイドは83キロ地点、「道の駅田野」です(写真はありません)。ここではどら焼きをいただきました。

残りは20キロ。もう一息です。この辺まで来ると集団もばらけていて、ほとんど一人旅です。

ほぼ平地なんですが、時々短い登りが登場します。普通なら問題ない坂ですが、さすがにバテているので苦労します。



NCM_0319.JPG


そしてようやくゴール。午後1時になろうとしています。6時間以上かかってのゴールです。実走時間は約5時間。平均速度が21キロでした。




一夜明けての今日。夕べはさすがに爆睡しましたが、今日は疲れは残っていません。マラソンと違って、そこが自転車のいいところです。

マラソンだとしばらくは走りたくない、いや、走れないという感じですが、自転車はまだまだ乗りたいっていう感じになります。

毎日でも自転車に乗っていたいというのが、自転車好きの特徴だと思います。次のイベントが楽しみです。次は4月の球磨川です。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.03.17 23:55:50
コメント(2) | コメントを書く

2014.03.10
カテゴリ:読書
普段、山の中に籠っていて人と接することは少ないせいか、熊本市や博多に出かけたりした時は人を観察するのがとても楽しみです。

どんな仕事をしているのだとうかとか、複数の人たちだとどんな関係なんだろうかとか、いろいろ推理して楽しんでいます。


先日泊まったホテルでは、朝食の会場で盛り上がっているおばちゃん3人組がいらっしゃいました。

言葉から鹿児島の方だとすぐわかりました。食事を終えた後のおしゃべりが賑やかです。笑い声が響きます。

3人組ですが、観察しているとしゃべっているのは一人のおばちゃんだけだと気づきました。

一人が機関銃のごとくしゃべっていて、あとの二人は相槌を打ちながら笑っているんですね。いつもそんな感じなんでしょうね。



人間観察(マンウォッチング)していて、よくわからないのが自分と同じ年代のおじさんです。

自分と同じくらいのおじさんを探してみるのですが、なかなか見つかりません。

目につくのは、自分より若い人か年上だと思われる人ばかりなんです。


で、考えたんですが、もしかしたら同じ年代の人なのに自分より年上に感じてしまっているのではないのか?

ということは、傍から見たら、自分が思っている以上に、自分は年配のおじさんに見えているのではないか?

都会に行くと若い人が多いので、自分も彼らと同じような感覚でいるのですが、もしかしたら大いなる勘違いではないのか?




これはヤバい! ・・・と思ったので、自分のことを客観的に見なければならないと思い、この本を買ってみました。



【送料無料】おじさん図鑑 [ なかむらるみ ]

【送料無料】おじさん図鑑 [ なかむらるみ ]
価格:1,050円(税5%込、送料込)





先日ラジオで紹介されていたのですが、著者のなかむらるみさんによると、

若い人は若者としてある程度ひとくくりにできる。おじいさんもひとくくりにできる。

でも、おじさんは多様で、ひとくくりにすることはできない。そこが、おじさんの面白いところだというのです。


読んでみるとすごく面白いです。「いるいる!」って感じです。すごい観察力だと感心してしまいます。面白すぎます。

この本で紹介されているおじさんは、どれも「愛すべきおじさん」です。著者の愛情を感じてしまいます。

自分がおじさんであることを忘れて、笑ってしまいます。


この本の帯には、「すべての若者に捧ぐ。おじさんになる前に、おじさんを知るべきだ。」と書いてあります。

若者はそうでしょうけど、すでにおじさんになってしまっている人も、おじさんをしっかり認識することが大切だと感じます。



ひとしきり笑った後、自分はどのようにみられているのだろうかと考えながら、再度読んでみました。

もっとおじさんであることを自覚し、「おじさん力」を発揮しなければ、という気になってしまいました。







Last updated  2014.03.11 06:38:24
コメント(0) | コメントを書く

2014.03.04
カテゴリ:読書

行動習慣コンパス [ 佐藤伝 ]




成功哲学の一つの考え方として、すでにそうなった自分をイメージするというのがあります。

スポーツ選手だったら、「優勝してしまいました。うれしいです。」というような

過去完了形のアファーメーション(宣言)を行います。


これに対して、佐藤伝氏は、

国民の気質の違いから、アングロサクソン系の人たちが開発した手法が、

必ずしも日本人にそのままピッタリと当てはまるとは限らない、とおっしゃいます。


どういうことかというと、日本人は「謙虚さ」という気質を持っているため、

本音の部分で「まだ優勝していないし…」という違和感を感じるというのです。


そこで佐藤氏は、

「~する準備はできています!」という現在進行形の表現をしろとおっしゃっるのです。



確かにこれならしっくりくるかもしれません。







『人生でもっとも、大切なこと。それは、ズバリ「なんとなくイイ気分」で生きていくこと。

それ以上に、たいせつなことなんて、ありません!』


この本の冒頭で、佐藤氏はこう言い切っていらっしゃいます。深いですね。納得できる言葉です。



少しでも前向きに豊かな人生を送りたいと思ったときに、まず、習慣を見直してみるというのは大切です。

悪い習慣をやめ、良い習慣を作っていくために、参考になる本です。





たった1分でできて、一生が変わる!魔法の習慣 [ 佐藤伝 ]




一気に2冊読みましたが、やってみようと思ったものが多くありました。


ケータイの「待ち受け画面」を変える、なんてのはすぐできるのでさっそくやってみました。

そしたら、すぐいいことが起こりました。ちょっと出来過ぎですね。

でも、それで「なんとなくイイ気分」でいられるようになったのです。


いつでもどこでも「なんとなくイイ気分」、「ワクワク」した気持ちで仕事ができる、

そのために習慣を見直してみるというのは、やって損はないことだと感じます。



「異性の友だちを8人」つくる、というのも面白そうです。


迷ったら「やめる」、というのもいいかもしれません。

迷ったら「思い切ってやれ!」みたいになってしまうので、逆の考え方もありですね。






Last updated  2014.03.06 11:28:26
コメント(0) | コメントを書く

2014.02.27
カテゴリ:暮らし
1月に健康診断を受けました。

毎年受けているのですが、先日送られてきた結果を見てみると・・・

いくつかの数字がひどく悪化しているのです。どうしたことでしょう・・・



特に不摂生をしているつもりはありません。

食事は規則正しくバランスよく食べています。偏食はありません。量は多いかな??

タバコは吸いません。お酒は適量だと思います。宴会も少ない方でしょう。

運動はもちろんやっています。少し体重は増えましたが、運動不足ということはありません。

生活面での問題は少ないほうだと思います。



では何が原因なのでしょう?    実は、メンタル面だと考えています。


このところ、メンタル面でシビアな状況が続いています。

正直言って、結果を見たときに、「やっぱりな」と思ったのです。




しかし、これが問題なのです。

中村天風の心身統一法を学んでいるものとして、

ストレスから体調を崩してしまったなどというのは、恥ずかしいことです。


まったく修業が足りません。精進が足りません。




いろんなことにチャレンジし懸命に取り組んでいるのですから、ストレスがないはずはないのです。

精神的な部分でそのことに耐えるだけの胆力は持っているつもりでいます。

しかし、身体に異常が起きてくるようではまだまだ未熟です。このことこそがショックです。



ぼ~っとしていて仕事中に怪我をしたり、大きな病気を引き起こしたりしなかった分、ましなのかもしれませんが、



いずれにしても、試されているのだと思っています。次の健康診断までには改善しなければなりません。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.02.28 07:13:23
コメント(0) | コメントを書く

2014.02.23
カテゴリ:森林・林業
2014-0218-130136671.JPG



毎年出席させていただいている「全国林業グループコンクール」。

今年は、愚生が所属している「芦北地域林研」が九州代表に選ばれたため、

発表者のほか、9名の大応援団を引き連れて上京してきました。



このコンクールでは、近年、産業としての林業活動にとどまらず、

多彩な活動が報告されるようになりました。年を追うごとに面白くなっている印象です。


発表したのは全国各地から選ばれた6グループ。


岩手県盛岡市のグループは、地域住民や大学生らと一緒になって展開している

「Waのまちもりおか『絆の輪」プロジェクト」という活動を紹介してくれました。

冬の街を森林資源を活用し彩っていこうという活動で、

この活動で作った大きなリースも持ち込んでの紹介でした。


群馬県藤岡市のグループは、未来を担う子供たちへの林業普及活動や、

一般市民を対象とした林業体験、里山の再生活動などに取り組んでいます。


長野県中野市のグループは、高校生に対する活動の中で、チェンソーアートという

たいへん珍しいことにも取り組んでいます。

また、木質チップの活用や根曲り材の活用の研究なども行っているとのことでした。


兵庫県多可郡多可町のグループは、強度試験などを行って地域材のブランド化に取り組んでいます。

ホームページもつくってPR活動もしており、たいへん参考になる発表でした。


島根県仁多郡奥出雲町のグループは、土佐の森方式の「林地残材収集システム」の構築に取り組み、

大きな実績を上げておられます。こちらもたいへん参考になる発表でした。




審査の結果、農林水産大臣賞は島根県のグループに決まりました。


芦北林研は大臣賞を狙っていたので、残念な結果になりましたが、全国大会に出場できたことに加え、

多くの応援団も一緒になって参加できたことで、貴重な経験となりました。




   NCM_0269.JPG


大会が終わった後は、新木場にある「木材会館」を見学しました。


国産材をたくさん使ったユニークなビルです。

デザインがすばらしく、木材の使い方の提案としてはたいへん面白いなあと感じました。



NCM_0273.JPG



NCM_0276.JPG

  役員室の木製テーブルに座って満足げの重鎮たち



今回のコンクールにはかなりの準備をして臨みました。それだけに大臣賞をとれなかったのは残念でした。


しかし、芦北林研にとって、全国大会にまで行けたというのは大きな自信になったのは間違いありません。

今後の活動の励みにもなります。


今後は、新たな活動の幅を広げるためにも、若い人の勧誘もやっていこうと思っています。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.02.24 08:29:16
コメント(0) | コメントを書く

2014.02.15
カテゴリ:音楽
20周年コンサートの詳細が、徐々に決まりつつあります。

なんと! 今回は2回公演になります!  ギョギョッ!



 
初日は、4月19日午後6時から水俣市の「もやい館」です。

これまでにない演出を検討中! 必見ですよ!


2回目は、5月3日午後6時半からの「愛林館」です。

こちらは恒例の無電気ライブ! しかも野外です!

飲んで、食べて、フォレモンの音楽を聴いて楽しみましょう! 我々メンバーも楽しみです!



チケットは、


もやい館での公演が、20周年記念手拭い付きで1500円

愛林館が、1000円です。安い!

2回とも観たいという人のために、共通チケット2000円もあります! もちろん手拭い付き!




【追加情報】


なんと今回は、記念手拭いを作ってしまいます! ぜひゲットしてください!


デザインはこれからですので、いいアイデアやご要望があったらお伝えくださいね!



    
お買得和手ぬぐい【1910】めだか 【RCP】【10P01Sep13】 



    
粋な日本製のてぬぐいをお買い得な価格でご提供!昔ながらの綿100%♪【メール便送料無料】日本製 和手ぬぐい(15柄)【smtb-k】【kb】






Last updated  2014.02.16 06:47:54
コメント(0) | コメントを書く

2014.02.14
カテゴリ:読書
     
【送料無料】カンタン成功法則 [ 斎藤一人 ]



久しぶりに、斎藤一人さんの本を読んでみました。


一人さんの言ってることは中村天風に通じるものがあります。

ただ、とてもわかりやすくとても楽しいのが特徴ですよね。

一人さん曰く、

「世界一楽しくて、わかりやすくて、ラクな教え」 なのだそうです。



とは言え、中村天風に匹敵するほどのすごい教えでもあります。

「はじめに」の中では、

「もし、あなたが、成功できなかったら、もう二度とやる必要はありません。

 私の本も、もう読まなくてけっこうです。」


と書かれているくらいの、核心と言っても過言ではないほどの教えなのです。




ポイントは、第一章の「大我」と、第二章の「圧」だと思います。

もし成功できないとすれば、それは「大我」ではなく「小我」で生きていることになります。

「困ったこと」が起こるのは、神様からの「間違いに気付きなさい!」というメッセージなのだそうです。


その「まちがい」に気づき、「大我で生きる」ことができれば、

「新幹線・一人さん号」に乗ることができるはずなのです。




「大我」を口にしながら「小我」で動いている人もいる


愚生の場合はどうなんだろう?

新幹線には乗れていないように感じます。

まだまだ各駅停車のようです。

どっかで「間違っている」のかもしれません。

「大我」で生きているつもりなんですけどねえ・・・


いつかふと振り返ると、「新幹線に乗っていた」と感じることができたりするのでしょうか・・・・






Last updated  2014.02.15 08:38:04
コメント(0) | コメントを書く

2014.02.06
カテゴリ:読書
中村天風先生がお亡くなりなって、すでに40年以上経つというのに、

多くの書籍が出版され、多くの人がその教えを学ぼうとしています。




天風先生の教え-【電子書籍】

1998年に出版されて本ですが、電子書籍で読むことができました。

森田浩一郎氏は、テレビやラジオでもお馴染みの医師ですが、

天風先生の弟子として天風哲学を学び、そして天風先生の最後を看取った方でもあります。


中村天風という希代の人物像を知ることができると同時に、

医師の視点から見た心身統一法が紹介されています。




【送料無料】中村天風心を鍛える言葉 [ 岬竜一郎 ]


天風哲学を学ぼうとする人に最適な入門書だと思います。

もちろん、深く学ぼうという人にとっても、理解を深めることのできる本です。


多くの人にお薦めしようと思います。






Last updated  2014.02.07 09:01:11
コメント(0) | コメントを書く

2014.02.05
カテゴリ:人相を良くする
NCM_0253.jpg



鹿児島の林研グループに呼ばれて、鹿児島市の黎明館で開かれた「森林で働く男女のつどい」に出かけてきました。


よその県の林研グループの集まりに参加するというのは初めての経験です。

いろいろ情報交換することができました。

抱える課題も共有することができましたし、活性化のアイデアも生まれたりしました。

たいへん有意義な集まりでした。



しばらく空き時間もあったので、同じく黎明館で開催されていた「日本藝術院所蔵作品展」を見てきました。


NCM_0255.jpg


わずかな時間を利用しての鑑賞でしたが、素晴らしい作品を観ることができ感動でした。

一日をとても有意義に過ごすことができました。


NCM_0260.JPG    NCM_0258.JPG




夕方からは懇親会にも参加しました。


これまたいろいろな情報交換ができ、かつ楽しく過ごすことができました。

鹿児島ですから、焼酎も美味しくいただくことができました。


帰りの新幹線ではさすがにウトウトしましたが、乗り過ごすこともなく無事帰宅しましたよ。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2014.02.05 20:34:57
コメント(0) | コメントを書く

全2122件 (2122件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

新着記事一覧を見る

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.